グッチのヤブレ


グッチのショルダーバッグです。

 

 

 

 


ショルダーの付け根革が切れています。

 

 

 

 


反対側の付け根革も同様に。。。。

 

 

 

 


後面は体側になり擦れてしまう部分です。

 

 

 

 


丈夫な布地ですがスレスレ。

 

 

 

 


大きな穴が空くまで愛用されてきました。
後面にポケットを追加して引き続き活用できるようにします。

 

 

 

 


全体のフォルムに合わせてデザインしたポケットの追加加工の完了です。

 

 

 

 

 


ポケットの中を見ても擦り切れ穴が見えないように加工しています。

穴が空くほど擦れる部分ですが強度アップにもなっています。
もしも本革のポケットが擦り切れて穴が空いたとしても何度でも修理が可能で、
安心して活用することができるのもメリット。

背面ポケットは便利ですし。。。。

 

 

 

 

 


切れていた付け根革も解体して強化芯材を入れ込み丈夫に復活。

 

 

 

 


本体に大きな穴が空いても使い続けたいと思えるバッグに出会えることは、
多くありません。

傷みが激しいバッグや財布ほどご自身に合ったお気に入りの品である証。
十分に頑張ってくれたバッグですので労わりながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索