エピ財布の擦切れ


ルイヴィトン エピのガマグチ財布です。

 

 

 

 

 


ベロ革の表皮が無くなるまで擦れた部分は汚れが染み込み黒くなっています。

 

 

 

 


擦れやすい角部も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部は革が擦切れて穴が空き欠損しています。
このような状態になると手遅れと判断される修理店が多くなります。

 

 

 


反対側の折り曲げ部は大きく裂けるように傷んでいます。

 

 

 

 


両側の折り曲げ部は解体して強化芯材を入れ込み再生します。

 

 

 

 


角部にも擦切れが見られますが折り曲げ部のように可動しないので、
補修したあと外周の擦れを補色して改善させます。

 

 

 

 


折り曲げ部を解体。

 

 

 

 


内張りを剥がして芯材を入れ込み縫製します。

 

 

 

 


ベロ革や角部など外周の補修補色加工の完了。

染み込んだ黒い汚れを取り除いたあと表皮を整える補修加工を施し、
調色した塗料で補色しています。

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工も完了です。

 

 

 

 


ガマグチの開閉で擦れていた部分も補色しておきました。

 

 

 

 


内部材の擦れも改善。

 

 

 

 


財布では傷みやすい折り曲げ部や外周は損傷を避けることはできませんが、
重症化させる前にメンテナンスをすれば良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索