ルイヴィトンの修理


ルイヴィトンのエピ サンクルーとモノグラム ポパンクールと
モノグラムリバースのショルダーベルトです。

 

 

 

 


通常のモノグラム地の下地と絵文字の色が反転したモノグラムリバース。
ショルダーベルトの全長を短くする難しいご依頼です。

 

 

 

 


最高品時代に作製されたサンクルーですが年代物ですので、
ポケットの中の合成皮革がベタツキ劣化しています。

 

 

 

 


内側のファスナーポケットの中もベタツキ劣化で使用できません。

後面ポケットや内ポケットの内張りを作製交換するとなると、
本体を大きく解体する必要があります。

 

 

 


ポパンクールは最近のモデルという認識でしたが、
2006年1月製造なので、このバッグでも15年近く前に製造されています。

年を重ねると年月の経過が早すぎます。

 

 

 


テーピング革は劣化して硬くなり欠損やひび割れがあります。
本体のモノグラム地まで損傷が及ぶ前に作製交換が必要です。

 

 

 

 


マチ部材で厚みが変わる部分はテーピング革が切れやすい部分です。

錆びて変色した刻印入りカシメ金具も取除かなければ、
テーピング革の作製校は出来ません。

 

 

 


ファスナー引き手革が切れてしまうのは定番の損傷。

切れてしまうのも納得のデザインと構造ですが、
デザインやサイズは変えることなく出来る限り丈夫にします。

 

 

 


ショルダーベルトも革が劣化して硬化しています。

 

 

 

 


素材自体が限界を迎えていますのでショルダーベルトは作製交換します。

 

 

 

 


付け根革も表皮に亀裂が見られますが、しばらくは大丈夫な様子。

 

 

 

 


こちらの付け根革も亀裂が見られますが、もう少し頑張れそうです。

 

 

 

 


ファスナーエンドの革パーツは切れています。
使用には問題なく、ファスナー交換のタイミングで修理するのが最善です。

 

 

 

 


モノグラムリバースのショルダーベルトは短く加工するのが困難です。

 

 

 

 


16センチほど短くする予定ですがデザインを変えることなく、
加工するために大きく解体。

構造的にも短くすることは難しいですが、
何よりモノグラム柄の問題もあり絵柄の配列を無視してカットすると、
ルイヴィトンらしさがなくなります。

 

 

 

 


モノグラム地も裏面の革も薄く厚みは芯材であることが解ります。

 

 

 

 


劣化した内張りを解体。

生産時から30年以上が経過したバッグですが、
良い素材を使用して優秀な職人が丁寧に作製しています。

 

 

 

 


本体を大きく解体する必要があり内張りの張り替えも難しいバッグです。

丁寧に活用されてきたことと保管環境が良い状態だったこともあり、
全体的には良好な状態を維持されています。

 

 

 

 


モノグラム柄の位置を変更することなくカット加工の完了です。

解体した部分には丈夫な芯材を入れています。
取り外した芯材は引っ張ると子供でも切れてしまう強度の芯材です。
返却しますのでお試しください。

 

 

 


ご依頼いただいたテーピング革と引き手革とショルダーベルトを
最高品質のヌメ革で作製交換の完了です。

 

 

 


カシメ金具も錆びを取除いてピカピカ。
マチで厚みが変わり負担が掛かる部分は強化してテーピングしてます。

 

 

 


エピのサンクルーは合成皮革の内張りを本革仕様にしましたので、
ベタツキ劣化の心配がなくなりました。

当社で加工した部分は新品時より丈夫に仕上げていますので、
安心して活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ジバンシー財布修理


擦れや色あせが見られるジバンシー長財布です。

 

 

 

 


色剥がれが目立ちますが外周の表皮が剥がれて白くなった部分が重傷。

 

 

 

 


外周はバッグの中でも擦れやすく傷みやすい部分です。

 

 

 

 


ボールペン汚れは革に染み込んでしまうインク(染料)です。
これもバッグの中で付いてしまうことが多いです。

 

 

 


ファスナーポケットだけでなくガマグチもあるので便利な財布です。

 

 

 

 


内張りの合成皮革はベタツキ劣化で張り替え交換が必要。

間仕切り部はポケットになっているのですが、
合成皮革が張り付いていて活用できない状態です。

 

 

 

 


外周は革を折り返した(ヘリ返し)構造ですが、
負担が掛かる折り曲げ部がペラペラで変形もあり不安です。

 

 

 

 


全ての部材を解体。
合成皮革部は本革や布地で作製交換して安心して活用できるようにします。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


ガマグチの中は少し贅沢ですが本革で作製。
間仕切り部のポケットも使用できる状態に復活です。

 

 

 

 


ペラペラで変形していた折り曲げ部も丈夫になっています。

 

 

 

 


シミのように見えていた色ハガレや外周の擦れも改善して、
ボールペン汚れも解らなくなっています。

財布など小物類は傷みやすいアイテムでバッグの中でも要注意です。
ベタツキ劣化の心配はなくなりましたので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社 レザークリエーション様

お世話になっております。
先ほどお財布を受け取りました。
とても綺麗にしていただいて、本当に嬉しいです!

内側も合皮がベタベタで使えなかったのが、
本革にしてくださったおかげでスベスベで、感無量です。
祖母の遺品のため、ベタベタになってしまったとはいえ
合皮の部分も取っておきたいと後になってから思っていたので、
お財布と一緒に送ってくださってとてもうれしかったです。

これからずっと大切に使います。
おまけもありがとうございました!
これから寒くなりますので、ご自愛ください。

東京都 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
内張りの合成皮革素材はなくなりましたので、
ベタツキ劣化の心配なくご愛用いただけると思います。
大切に長くご愛用ください。

ベアンとLVリュック


ルイヴィトン エピのリュック(ゴブラン)gobelinsと、
エルメス長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


ゴブランの外周はコバ塗料の剥がれだけでなく革の劣化や欠損があり、
このままではコバ面を仕上げ直すことは出来ません。

 

 

 

 


付け根革は金具で擦れてしまうのでコバ塗料が剥がれやすい部分。

 

 

 

 


今回は厚み部分(コバ面)の仕上げ直しのご依頼ですが、
エピの表面も擦れて革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


底角付近も擦れやすくコバ面ではなく表皮がスレスレで毛羽立っています。

 

 

 

 


使い込まれたエルメス長財布(ベアン)はホツレや汚れや擦れだけでなく、
変形や欠損もありメンテナンスのタイミングとしては遅すぎる状態です。

 

 

 


傷みが出やすい折り曲げ部ですが糸の擦切れだけでなく、
革の擦り切れ欠損で重傷です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分で磨り減っています。

 

 

 

 


こちらの角も糸が擦切れ角部は亀裂や欠損が見られます。

 

 

 

 


ベロ革の外周からは毛が生えたように芯材が露出して、
表皮が剥がれた表面には汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


小銭入れ部は波打ち変形がありヨレヨレ。

 

 

 

 


外周のようには擦れない内部材も縫製糸が擦切れています。
内部材にも擦れや汚れやシミがあり重症化させたことが残念です。

 

 

 

 


内側から見ると角部の亀裂や欠損がわかりやすいかな?

 

 

 

 


こちらの角もステッチの針穴がなくなるほど擦切れて欠損。
ボールペン汚れまであり全体的なメンテナンスが必要です。

 

 

 

 


全ての縫製糸を抜き取ってバラバラに解体。
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


ボールペン汚れはインク(染料)ですので革の繊維まで染み込んでいます。
取除くためには表面塗装を取除いて浸透した汚れを取除く必要があります。

手間とリスクを考えると汚れの上から塗装する業者が多いのは理解できます。

 

 

 

 


この辺りのシミ汚れも同様に。。。

 

 

 

 


白い芯材の上に重ねると財布の外周が歪んでいて直線でないことが鮮明。

 

 

 

 


ショルダーベルトのコバ面も劣化して多数のひび割れが見られます。
比較するため左側ベルトは劣化したコバ塗料を取除いた状態です。

 

 

 

 


本体外周も劣化したコバ塗料を取除きコバ面を整える補修をしました。

 

 

 

 


小銭入れ部の波打ち変形も改善してエルメス長財布(ベアン)の、
リニューアルリペア加工の完了です。

シミやボールペン汚れや傷も改善させています。

 

 

 


ヨレヨレだった折り曲げ部も復元強化加工で丈夫になりました。

 

 

 

 


ベロ革もスッキリして手遅れ状態だったベアンの復活です。

 

 

 

 


エピ(ゴブリン)のコバ仕上げも完了。
出来る限りエピ表面の擦れも目立たなく改善させています。

 

 

 

 


天部も部材ハガレや欠損も修正してコバ仕上げ。

 

 

 

 


ショルダーベルトや付け根革も仕上げ直しています。

 

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
良い状態を保ち続けるには早めのメンテナンスが有効です。

重症化させなければメンテナンス費用を抑えることもできますし、
丁寧に取扱えば長く活用することが出来ます。

どちらも良い品ですので大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

オールドグッチ修復


オールドグッチのポシェットです。

 

 

 

 


革パーツには擦れだけでなく色あせや変色が見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


底角のワッペン革は擦れやすく糸もなくなっています。

 

 

 

 


4カ所とも同様に。。。

 

 

 

 


内張りの合成皮革も劣化していますので本革で作製交換します。

 

 

 

 


内張りとショルダー紐を取除きました。
ショルダー紐は10センチ短くカット加工のご依頼があります。

 

 

 

 


内張りを解体しましたので底角パーツのホツレ縫い直しが可能です。

 

 

 

 


革パーツの擦れや色あせを出来る限り改善させながら、
ショルダー紐を短く加工して内張りを作製交換しました。

 

 

 

 


底角ワッペンのホツレも縫い直しながら擦れも補色しています。

 

 

 

 

 


汚れが目立たないように少し濃いめの色の本革を使用して内張りを作製。

 

 

 

 


年代物ですので各部に擦れや損傷はみられましたが、
オールドグッチであることを考えると自然な経年変化だったと思います。

古い品ですので労りながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネル底面交換


シャネルの大きな布製のトートバッグです。

 

 

 

 


底面とパイピングは合成皮革でベタベタに劣化しています。

 

 

 

 


合成皮革のベタツキ劣化で触れるだけで色が付いてしまいます。

 

 

 

 


本体の布地にも色移りしています。

ベタツキ劣化したままで放置された期間が長かったので、
底の劣化の状態を考えると最低限の悪化で済んでいると思います。

 

 

 

 


ベタツキ劣化がある底面とパイピング革を作製交換します。

 

 

 

 


二度とベタツキ劣化しないように本革で作製交換しました。

 

 

 

 


シュリンク加工された革は丈夫です。

合成皮革素材が本革になったことでベタツキ劣化の心配がなくなりました。
活用不可能な状態でした再び活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション 様

お世話になっております。
昨日、荷物を受け取りました。

とても気に入っていたバッグでしたが、
底面が劣化して、色落ちするようになってからは、
置いたところに色が移ってしまうため、
使いたくても使えず、処分するしかないと思っていました。

元通り(本革なので元通り以上ですね)にしていただき、
綺麗になって戻ってきたバッグをみて感激しています。
本当にとても嬉しいです!
また使えるようにしていただきありがとうございました!

 

千葉県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大きなバッグですので底角の擦れに気をつけて、
活用されることをお勧めします。
大切に長くご愛用ください。

ヴィヴィアン修理


ヴィヴィアンウエストウッドのバッグと財布です。

 

 

 

 


バッグは付け根革が切れていますので復元強化加工で、
安心して活用いただける状態にします。

 

 

 


負担が大きなパーツですので反対側も強化します。

 

 

 

 


付け根革だけでなく表面塗装のハガレは各部に見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


大きなバッグで大容量です。
内張りを解体しなければ付け根革の強化加工は出来ません。

 

 

 

 


付け根革の縫い付け部には擦切れ穴が空いています。
日増しに穴が拡大しますし付け根革に引っ張られて裂ける心配もあります。

革の塗装ハガレは見た目の問題ですので放置できますが、
負担が掛かる部分なので本体の縫い付け部も強化する必要がありそうです。

 

 

 


カブセの外周にも損傷が見られますが活用には問題ない部分です。

 

 

 

 


財布も使い込まれた状態です。

 

 

 

 


折り曲げ部には亀裂や欠損が見られますが、
今回はこのままで修理は見送られるとのこと。

この状態を解体して組み立て直すのは難しすぎます。

 

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部も亀裂や穴空きが見られますが放置します。

 

 

 

 


今回は破れている札入れの間仕切り部の内張りを作製交換します。

 

 

 

 


合成皮革のヤブレ部を反対面から見たところです。

 

 

 

 


小銭入れの内張りも破れて底が抜けています。
このままでは活用できませんので作製交換します。

 

 

 

 


内張りを解体して内側から糸をほどいて付け根革を解体。
強化芯材を入れて丈夫にします。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


内張り交換のためには大きく解体する必要があります。
内側からコインも発見。

損傷が激しく修理を諦めるご提案もしましたが、
思い入れのある財布とのことで内張りのヤブレ部のみ張り替えのご依頼です。

折り曲げ部の損傷を放置したまま組み立て直すのが至難です。

 

 

 

 


小銭入れと間仕切り部の内張り交換のご依頼ですが・・・

 

 

 

 


解体すると見つかるヤブレも・・・

 

 

 

 


間仕切りの対面も破れていました。

 

 

 

 


予定外ですが放置できません。

 

 

 

 


付け根革の強化加工の完了です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。
強度は新品時より丈夫になりましたので大きなバッグですが安心。

 

 

 

 


亀裂や穴空きに加えて変形がある財布の組み立てには苦労しましたが、
本革でヤブレ部の作製交換の完了です。

 

 

 

 


財布は予定外の部分も本革で作製交換しています。
バッグは付け根革の縫い付け部付近も強化して擦切れ穴も塞ぎました。

どちらも、ご依頼いただいていない予定外の加工も施しましたが、
バッグは表皮の劣化があり、財布は折り曲げ部4カ所に損傷があるままです。
丁寧に取扱いながらご使用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション様

お世話になります、〇〇です。

本日、カバンと財布が届きました。
カバンも財布もキレイにしっかりと直っており、
また使い続けることができて大変嬉しいです。
財布の交換した生地を見て細かくて大変な作業だったことが伝わりました。
丁寧に直して頂き本当にありがとうございました。
大切に使わせていただきます。
〇〇〇○〇もありがとうござます。
さっそく使わせていただきます。

また、何かございましたらご相談させていただきます。
今後とも何卒よろしくお願いします。

以上よろしくお願いします。

 

東京都 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
財布もバッグも損傷が残る状態ですので、
安心して活用できる状態ではありません。
出来る限り良い状態を保ちながらご愛用ください。