内張りのベタツキ


ルイヴィトン モノグラムとグッチのバッグです。

 

 

 


バケットは合成皮革の内張りがベタツキ劣化で使用不可能です。
天部のテーピング革にもベタツキ汚れが付着していてベタベタです。

 

 

 


持ち手にも劣化した内張りの色移りが見られます。

 

 

 


附属ポーチの内張りも同じ素材ですのでベタベタです。

 

 

 


モンソーはコバ面の塗料が劣化してベタツキが見られます。
保存袋の繊維の付着やひび割れがありコバ面の仕上げ直しが必要です。

 

 

 


本体外周のコバ面もひび割れやベタツキがあります。

 

 

 


底面も同様に。。。

 

 

 


コバ面の塗料が劣化するほどですので内張りもベタベタです。

 

 

 


グッチのバンブー持ち手は代用パーツに交換されているようです。

 

 

 


グッチも内張りは合成皮革ですので手を入れることも出来ないほど、
ベタベタに劣化しています。

 

 

 


ルイヴィトン バケットの劣化した内張りを取除いたところです。

付け根革を刻印入りカシメ金具で留めてある年代のバケットは、
最高品質時代のバッグです。

 

 

 


モンソーの内張り交換のためには大きく本体を解体する必要が・・・

 

 

 


持ち手やベロ革も解体してコバ面を仕上げ直します。

 

 

 


ベタツキ劣化したコバ面の塗料を取除いたところです。

 

 

 


本体も取除きましたが部材が剥がれていています。
補修や接着などでコバ面を整えなければ仕上げ直し出来ません。

 

 

 


グッチも内張りを解体。

 

 

 


ルイヴィトン バケットの内張りの作成交換の完了です。
ベタツキ劣化の心配が無いように少し贅沢ですが本革で作成しました。

ベタツキ汚れの付着だけで無く擦れが目立ったテーピング革も、
最高品質のヌメ革で作成交換しています。

 

 

 


附属ポーチも本革仕様です。

ベタツキ汚れが付着していたファスナーも汚れを取除きましたので、
開閉がスムーズになりました。

 

 

 


モンソーも内張りを本革で作成交換してコバ面を仕上げ直しています。

 

 

 


グッチもベタツキ劣化の心配が無いように本革で作成しました。

 

 

 


同時に御依頼いただいたモンソーのショルダーベルトのコバ仕上げや
プチノエの加工も同時に加工させていただき、
活用できずに、しまい込んでいたバッグたちが全て復活しました。

どれも良い素材で丁寧に作成されていた頃の良い品ですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

Ys財布


Ys(ヨウジ ヤマモト)のガマグチ財布です。

 

 

 


丈夫な財布ですが表皮が剥がれた擦れや欠損があり、
合成皮革の内張りには劣化やヤブレが見られ大掛かりな加工が必要です。

 

 

 


多くのカードポケットやガマグチで使いやすい構造です。

 

 

 


擦れやすい外周は革が擦り切れて無くなり白い芯材が露出しています。
この部分だけでも修理不可能と判断される修理店が多いです。

 

 

 


折り曲げ部は革が欠損していて縫い直すことも不可能です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部はもっと重傷で手遅れ状態です。

 

 

 


ベロ革も欠損や劣化が見られます。

 

 

 


ガマグチの内張りは合成皮革ですので劣化しています。

 

 

 


底面も破れていますので小銭入れとして機能していません。

 

 

 


長年の使用で各部に損傷がありますのでバラバラに解体。
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


基本的には手遅れ状態です。

 

 

 


折り曲げ部は傷みやすい部分ですので強化しながら穴を塞ぎます。

 

 

 


内部材も折り曲げ部は擦り切れ欠損があります。

 

 

 


擦り切れヤブレ部を修復しながら合成皮革の内張りを本革で作成しました。
使い込まれた財布ですので各部に強化加工も施しています。

 

 

 


ホックやベロ革は新品にしました。

 

 

 


擦り切れや欠損が見られた折り曲げ部や外周も復活させました。
強化加工も施していますので活用しながら馴染ませてください。

 

 

 


少し贅沢ですがポケットやガマグチの中は本革で作成交換しましたので、
ベタツキ劣化の心配がなくなりました。

 

 

 


擦れ部の補修補色加工だけでなく口金金具も磨いておきましたので、
丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ケリーバッグ修理


エルメスのケリーバッグですが活用不可能な状態です。
見た目も酷く素材劣化もあり他店様での加工歴もあります。

 

 

 


南京錠は変色や腐食があり革も朽ちています。

 

 

 


革の柔軟性が低下して持ち手も切れています。

 

 

 


ワインレッドとネイビーとモスグリーンの3色の革で作成されたケリーは、
貴重なバッグですので手遅れ状態まで悪化させたのが残念です。

 

 

 


凜とした貴賓を感じるバッグといえばエルメスのケリーですが・・・

 

 

 


この辺りも革の劣化で亀裂が多数見られます。

 

 

 


傷みやすい底角や外周は表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。

青い糸で底角を修理された時にコバ面も仕上げ直していたら、
少しは劣化を遅らせることが出来たのですが・・・

 

 

 


こちらの底角や外周も同様に。。。
擦れて無くなった表皮が元に戻ることはありません。

 

 

 


こちらはネイビーの底面とモスグリーンが前面になる底角。
白くなった部分は表皮がなくなった部分です。

 

 

 


カブセの裏側も汚れや劣化が見られます。
内側に損傷が多い場合は少し使い方を丁寧にする必要があります。

 

 

 


内張りには色あせだけでなく各部に多数の汚れが見られます。

 

 

 


内ポケットも間仕切りステッチにホツレが見られます。

 

 

 


ヒネリ金具も抜け落ちる寸前でグラグラです。
紛失しなくて良かったです。

 

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施し、
手遅れ状態から活用いただける状態を目指します。

 

 

 


外面や附属パーツだけで無く内部材も損傷が激しいです。
最高品質時代のケリーバッグだけに残念すぎます。

 

 

 

 

 


内張りも擦れや汚れやホツレや素材劣化があります。

 

 

 


高品質な素材を組み合わせて丁寧に作成されたバッグですが、
活用いただくためには各部に強化加工が必要です。

 

 

 


芯材として使用されていた革と外面を比較すると、
同じ革とは思えない色です。

 

 

 


まずは各部を強化しながら内部材を補修補色加工しました。

 

 

 


金具の裏面も腐食していましたので片側の金具だけ磨いてみました。
取り付けると見えない部分ですが4個とも綺麗にして取り付けます。

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


持ち手や付け根革やベルトなど負担が掛かる部分は、
新品時より丈夫に仕上げました。

 

 

 


各部を強化してコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 


茶色に腐食していた南京錠(カデナ)や鍵も磨き込んでゴールド色復活。
底角の擦れなども改善しています。

 

 

 


グラグラだったヒネリ金具も再生しました。
緩みが出るパーツですので少し強めに加工しています。

 

 

 


活用不可能な状態まで朽ちた状態のバッグでしたが、
エルメスのケリーバッグらしさが復活しただけでなく、
各部の強化加工で御依頼通り活用いただける状態に改善しています。

劣化した素材が新品時に戻ることはありませんが、
丁寧に活用すればまだまだ活躍してくれる状態に復活しましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

コーチの革パーツ


コーチのバッグと財布です。

 

 

 


財布は引き手革が切れていますので復元強化加工を施します。

 

 

 


バッグは持ち手など附属パーツがボロボロです。

 

 

 


使い方が悪いわけでは無く素材に問題があると思います。

 

 

 


内側パーツも切れています。

 

 

 


ロゴ刻印があるワッペン部分は残したまま革パーツを作成交換します。

 

 

 


財布の小さな引き手革をバラバラにするだけで多くの部材が
組み合わされていることがわかります。

 

 

 


バラバラに解体して丈夫な本革で作成交換します。

 

 

 


ベトナムで製造されていますので芯材も天部まで届いていません。

 

 

 


内張りのパーツ縫い付け部にはガーゼのような芯材がありました。
負担が掛かる部分ですので縫い付け部も強化します。

 

 

 


雑な作業で縫い込まれていなかった芯材も天部まで付け直しています。

 

 

 


切れていた引き手革の復元強化加工の完了です。

 

 

 


全ての合成皮革パーツを本革で作成交換完了です。

 

 

 


デザインやサイズは変更すること無く丈夫に作成交換しています。

 

 

 


全てのパーツに亀裂が入る合成皮革素材から本革仕様になったことや、
各部の強化加工で安心して活用いただける状態にパワーアップしました。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
たった今、ブログを拝見しました。
とても美しく、元より丈夫にして頂いて、
本当にありがとうございました。
大切に使わせていただきます。
また傷んだら、今度は、こんなに酷くならないうちに
お直しをお願いしようと思います。

ありがとうございました。

大阪府 Y 様
素材の問題で傷んでいましたが、
丁寧に活用すれば長く愛用できる状態に復活しました。
大切に長くご愛用ください。

LV小銭入れ


コバ面のハガレやホック金具の変色が見られるモノグラム小銭入れです。

 

 

 


裏面にはカードポケットがあり便利なアイテムです。
ホックのバネが欠損していますので交換が必要です。

 

 

 


小銭入れのカブセは縮みがあり裏面革はボコボコに変形しています。
現行品品質の素材ですので避けようが無い損傷です。

 

 

 


今回は破損したホックを代用金具で交換してカブセ芯材も交換します。

折り曲げ部の強化加工や外周のホツレやコバ面の加工もご提案しましたが、
今回は見送られました。

 

 


小銭入れカブセの芯材交換とホック交換の完了です。

 

 

 


悪戦苦闘しましたがボコボコに変形していたカブセ裏も改善してます。

 

 

 


変色していたホックも磨いてコバ面も仕上げておきました。

 

 

 


ホツレや折り曲げ部の傷みは放置したままですし、
現行品質のアイテムですので丁寧に取扱うことをお勧めします。

詰め込み過ぎに注意しながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
お世話になります。

今回、なかなかお願いしたくても出来なかったレザークリエーションさんに
修理して頂く事が出来て、本当に嬉しく思います。

ブログ、拝見致しました。
私の財布が掲載されていたのを見て、感動しました(笑)

今後、大切に使用した上で、
折り曲げ部の強化や外周のホツレ等が劣化した時は再度、
修理をお願いしたいです。

その時は、ハードルの高い数少ない依頼出来るタイミングを再度、
頻繁にチェックしてお願い出来るように、頑張ります。

今後ともよろしくお願いします。
この度は本当にありがとうございました。

 

高知県 A 様
ホツレや折り曲げ部の強化やコバ仕上げなど、
重要度の高い部分の加工を見送られていますので、
悪化させないためには早めのメンテナンスが必要です。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

モノグラム財布


モノグラムの二つ折り財布です。

 

 

 


この角度からもコバ面が見えるほど外周は反り返り変形が見られます。

 

 

 


現行品品質の財布ですのでモノグラム地が縮んで、
反り返っています。

 

 

 


折り曲げ部はヤブレや欠損があり縫い直すこともできません。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

縫製だけで無くコバ面を仕上げ直すことも不可能ですので、
手遅れ状態と言える症状です。

 

 

 


内部材もホツレだけでなくミシン目に沿ってヤブレがあります。

 

 

 


部材の接着が剥がれた外周は補修しなければ仕上げ直しできません。

 

 

 


重ねて縫製した部材は全て剥がれています。

 

 

 


モノグラム地だけでなく内部材も欠損しています。

リニューアルリペア加工もご提案しましたが、
今回は折り曲げ部と外周コバ面の仕上げ直しのみの御依頼です。

 

 


内部材のヤブレを放置したままで縫製することは出来ません。
予定外ですが内部材も復元強化加工を施して組み立て直します。

 

 

 


折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込み縫製できる状態に
復活させます。

 

 

 


内張りを剥がして強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


コバ面も仕上げ直して折り曲げ部の強化加工の完了です。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


ボロボロで手遅れ状態でしたが縫製可能な状態に復活しています。

 

 

 


欠損やヤブレが見られた折り曲げ部の内部材も復活させながら、
組み立て直しました。

手遅れ状態まで活用された品ですが、
最低限必要な折り曲げ部とコバ面は出来る限り改善させています。
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索