財布のヤブレ


ルイヴィトン モノグラムのガマグチ財布(M61674)です。

 

 

 


ベロ革はコバ塗料が剥がれて芯材が露出しています。

厚み部分の塗料で面積は少なく放置しても問題なく思いがちですが、
湿気や汚れを吸い込んで芯材やモノグラム地が傷んでしまいます。

 

 

 


財布の折り曲げ部は一番傷みが出やすく重要度が高い部分です。
ホツレだけでなく亀裂や欠損があり重傷ですが加工は先送りされます。

 

 

 


旧モデルは左側だけにカードポケットがありましたが、
このモデルは右側にもカードポケットが3段追加されています。

 

 

 


ガマグチ側にもカードポケットが追加されたことで、
固いコインとカードで負担が掛かり革が裂けています。

 

 

 


カードポケットが増えて便利になったM61674モデルですが、
小銭入れとカードの入れすぎには注意が必要です。

 

 

 


裂けた部分を素人修理した痕跡があり悪化させています。

素人修理で増えてしまった亀裂や針穴は新品時に戻ることは無く、
ダメージを与えただけです。

 

 


口金金具を取り外さなければ縫製できない部分です。

 

 

 


ヤブレ部の芯材などを剥がして裏側から強化しながら再生します。
カードポケットを追加するなら生産時から強化してほしい部分です。

 

 

 


口金金具を付け直してヤブレ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 


ベロ革や外周のコバ面も仕上げ直しました。

加工キャンセルの折り曲げ部も少し整えましたが、
丈夫になったわけではありませんので長くは保たないです。

 

 

 


折り曲げ部や角部にはモノグラム地の亀裂がありますので、
現行品品質の財布であることを考えると早めの修理をお勧めします。

財布の素材より固い小銭やカード類は詰め込み過ぎると、
財布側の負担が大きく傷みやすくなります。
出来る限り丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ハイクラス修理


ハイクラスのバーキンです。

 

 

 


金具はメッキが剥がれています。

 

 

 


各部に擦れが見られます。

 

 

 


マチ部材と縫い合わせた部分が裂けています。

 

 

 


後面と縫い合わせた部分も同様に。。。

 

 

 


底角も擦り切れてパイピング革も芯材が飛び出しています。

 

 

 


こちらの底角は穴が空いています。

 

 

 


擦り切れたパイピングに薄い革を接着する修理歴があるようです。

 

 

 


持ち手もスレスレ。
コバ面の仕上げ直しも必要です。

 

 

 


天部も折れています。
厚みがある部分で丈夫なんですが芯材が劣化しているようです。

 

 

 


内ポケットも剥がれています。

 

 

 


大きく解体しなければ縫い直せない部分です。

 

 

 


ヤブレや擦り切れ穴だけでなく芯材の劣化や加工歴もあり、
手遅れ状態と言える品ですのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


バーキンの金具を取り外した内側です。
持ち手を縫い付けた部分の裏側は接着材がアツモリ。

 

 

 


ヒネリ金具を取り外した部分を見ると本来の黒革の色がわかります。

 

 

 


負担が掛かる持ち手付け根も解体して強化します。

 

 

 


マチや前後面の内張りを剥がして強化芯材を入れ込み、
擦り切れやヤブレがある縫い合わせ部を強化して組み立て直します。

 

 

 


内ポケットや底角の修理のためには大掛かりな解体が必要です。

 

 

 


一つの底角だけでマチや本体や底やパイピングなど多くのパーツが、
縫い合わされています。

 

 

 


ベルトも金具を取り外して解体。
ボール紙の芯材を取除いて強化します。

 

 

 


汚れを取除くと持ち手の擦れ具合が鮮明です。
各部を強化しながら組み立て直し見た目も改善させます。

 

 

 

 


金具をゴールドに復活させて本体も黒革に戻し、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


ボール紙の芯材などは丈夫な芯材に交換しました。

しばらくは固く感じますが丈夫になっていますので、
少しずつ馴染ませるように育てる必要があります。

 

 

 


持ち手などコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 


表皮がなくなっていたパイピングや穴が空いて手遅れだった底角も
活用いただける状態に復活です。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


縫い合わせ部のヤブレや持ち手付け根4カ所なども
強化させながら修復しています。

折れていた天部やヨレヨレだったカブセが丈夫になったことで、
馴染むまではカブセの開閉が窮屈に硬く感じます。

手遅れ状態まで活用されたバッグですので強度と耐久性を優先して
仕上げましたので少しずつ馴染ませながら

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション御中
お世話になります。昨日、バッグを受け取りました。
失礼かと存じますが、本当に予想以上に美しい仕上がりで驚きました。
また、切り取ったり差し替えたりしてくださった部品もお送りいただきましたが、
その量が少ないことにも驚きました。
無駄なく作業をされるんだと素人なりに感激しております。
ブログについても、自分のバッグが解体された姿を見て、
こうして丁寧に仕上げてくださったんだ…と興味深く読ませていただきました。
もう20年近く愛用しましたが、
まだまだこれからも使えるようになり嬉しい限りです。
この度は本当にありがとうございました。

 

大阪府 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。

代用品にパーツ交換してしまうのが楽ですし簡単ですが、
本来のバッグと別物になってしまいます。
当社では出来る限り本来の素材のままで仕上げるようにしています。

とても残念な状態でしたが、出来る限り丈夫に仕上げていますので、
少しずつ馴染ませながら大切に長くご愛用ください。

LVリヴィエラ


ルイヴィトン モノグラム マルリーバンドリエールと、
エピの化粧バッグ リヴィエラです。

 

 

 


使い込まれたマルリーバンドリエールは付け根革が切れています。

 

 

 


反対側も限界ですので新品のヌメ革で作製交換します。

 

 

 


付け根革だけでなくショルダーベルトの手元も復元強化加工が必要です。
どちらも負担が掛かる部分ですので新品時より丈夫に強化します。

 

 


付け根革の作製交換のためには内張りの解体が必要です。
内張りを解体せずに縫い付けてしまう修理店もありますので要注意です。

 

 


エピのリヴィエラはコバの塗料が劣化してベタツキ発生。
布袋に入れて保管されていましたので繊維がコバ面に付着しています。

 

 


コバ塗料が劣化していれば合成皮革の内張りもベタベタに劣化しています。

 

 

 


化粧バッグですので複雑なポケット。

 

 

 


大きな外ポケットの中もベタベタ。
バラバラに解体するしか内張りの作製交換はできません。

 

 

 


ビジネスバッグのような大きなバッグは解体だけでも一苦労。
ベタツキ劣化しないように本革で内張りを作製して組み立て直します。

 

 

 


持ち手や外周など劣化したコバ面を仕上げ直しました。

 

 

 


デザインや構造を変えることなく合成皮革から本革仕様に変更して、
内張りを作製交換しています。

ベタツキ劣化の心配が無くなり安心して活用いただけます。

 

 


マルリーバンドリエールもショルダー手元や付け根革は丈夫になり、
安心して活用いただけます。

リヴィエラも組み立て時に強化各部に各部に施しておきました。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

OLD CHANEL


年代物のシャネル チェーンショルダーバッグです。

 

 

 


カビ?

 

 

 


内張りにも白いシミ。

素材の痛み具合から内側に液体をこぼしたものが外面に染み出ていると
想像しますが詳細はわかりません。

 

 

 


製造から40年が経過したバッグですので全体的にスレスレ。

 

 

 


表皮が擦れて無くなった白い部分が目立ちますが・・・

 

 

 


よく見ると全体的に擦れがあり悲惨な状態です。

 

 

 


後面も表皮がなくなった白い部分だけで無く全体がガサガサ。
手遅れ状態ですので直営店にも断られ御依頼いただきました。

 

 

 


折り曲げ部は革が擦り切れて芯材が露出しています。
カブセ天部も鋭角に折れ曲がり補正加工が必要です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 


内側のカブセが擦れてしまうのはチェーン金具が擦れる構造が原因。
外面と比較すると黒に見える内カブセも十分に色あせています。

 

 

 


マチも擦れや色あせがあり変形型崩れも見られます。

 

 

 


内張りや金具を取り外しリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


手遅れ状態まで酷使されたバッグですが最高品質時代に作製された品です。
数種類の芯材を使用しながら丁寧に作製されています。

 

 

 


取り外した金具は再メッキ加工しました。

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

「Made In France」の刻印やchanelのロゴマークを残すために、
内張りは液体で劣化した部分だけを作製交換しました。

 

 


マチの変形を補正しながら擦れ部も出来る限り改善させています。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


折り曲げ部の擦り切れヤブレや鋭角に折れていたカブセ天部も改善。

 

 

 


白いシミの原因は当社ではわかりませんが改善させています。

 

 

 


持ち歩けないほど残念すぎる状態でしたが、
全体的に強化加工を施しながら組み立て直し、見た目も整えています。

一度は手遅れ状態まで活用されたバッグですが、
二度と買換えることが出来ない品質のシャネルですので、
労りながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴィヴィアン財布


ヴィヴィアンウエストウッドの財布です。

 

 

 


こちらの財布はショルダーベルトを取り付けできる構造ですが、
付け根革が切れています。

常時、ショルダーを使用する構造では無く強度不足ですので、
両側の付け根革を強化しながら再生します。

 

 

 


内張りを解体しなければ付け根革を縫製することは出来ません。

 

 

 


ファスナーも擦れが見られ解体時に交換しておくのが理想ですが、
今回は先送りされます。

 

 

 


こちらの財布はポケット天部の帯革が外れています。

 

 

 


擦れがあり使い込まれた様子ですがカード入れに変形は無く、
使い方は悪くないと思います。

 

 

 


外周のテーピング革は限界です。
これ以上、放置すると本体が傷んでしまいます。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

負担が掛かる折り曲げ部は強化する予定ですが変形も気になります。

 

 

 


底の折り曲げ部も破れています。

 

 

 


カブセ外周も全体的に擦り切れていますので、
少し厚みを増した革でテーピング革を作製交換します。

 

 

 


付け根革を解体すると薄いボール紙の芯材が入れてありました。
丈夫な芯材に入れ替えて強度アップさせます。

 

 

 


反対側も同様に。。。
薄い革と紙の芯材で丈夫なわけはありません。

 

 

 


帯革とテーピング革を解体。
御依頼内容に関係ありませんがロゴマークも取り外しています。

 

 

 


両側の折り曲げ部の強化加工は御依頼を頂戴していましたが、
解体すると芯材がボロボロです。

 

 

 


切れていた付け根革の復元強化加工の完了です。

 

 

 


反対側も同様に。。。
強化して組み立て直しましたので新品時より丈夫です。

 

 

 


傷んだ芯材も交換しながらテーピング革の作製交換完了です。

 

 

 


帯革も付け直して小銭入れのファスナーも開閉可能に調整してあります。
目立った擦れも少し改善させておきました。

 

 

 


黒のジッピーはショルダーを多用されても問題なく、
チェック柄財布は全体的に新品時より丈夫になっています。

丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ディオールとミュウミュウ


ディオールとミュウミュウのバッグです。
どちらも加工歴があるほど使い込まれた品です。

 

 

 


全体にスレスレで白くなっていますが他店様で塗装歴があります。

 

 

 


マチ底も同様に。。。

 

 

 


そもそも、色落ちしやすい素材ですので、
綺麗な状態を保ち続けるのは困難なバッグです。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


塗装された色も何色かわかりません。

 

 

 


ディオールは変形が激しく、底角に擦れが見られます。
保管時にタオルなどを詰め込んで形を整えると良い状態を保てます。

 

 

 


擦り切れて穴が空いています。

 

 

 


こちらの底角は黒い色を塗って目立つように悪化させています。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。
解体して底角に革パーツを追加しながら強化します。

 

 

 


附属パーツを取り外して、接着ハガレがあるマチのリボンも解体。

 

 

 


ショルダーベルトも他店様でヌリヌリされています。

 

 

 


リボンを見ると違う色の塗料を手抜きしながら塗っていることが、
わかります。

 

 

 


リボンの接着もお粗末。

 

 

 


接着という作業は簡単なようで、とても難しい作業ですが雑すぎます。

 

 

 


予定外でしたが時間を掛けて他店様の接着材を取除きました。

 

 

 


ショルダーと持ち手の方方だけの塗料を取除いて比較です。

色落ちしやすい素材ですし革に染み込んだ他店様の塗料の影響もあり、
当社での加工は、より条件の悪い再塗装加工になります。

内ファスナーポケット端の小さなベロ革を裏返すと、
元の色が残っていましたので、それを色見本にして、
外面の補修補色加工をします。

 

 

 


附属パーツを取り外し、内張りを解体して底やマチの芯材を外しました。

 

 

 


変形した芯材は硬化して柔軟性がありません。
もしかするとクリーニングなどで水濡れしたかも・・・?

 

 

 


マチ底も解体して革パーツを取り付けます。

 

 

 


ミュウミュウの外面の補修補色加工の完了です。

 

 

 


底角部も同様に。。。

 

 

 


リボンの接着もしてコバ面も仕上げています。

 

 

 


持ち手も割れていましたが接着し直してコバ面を仕上げ直しています。

 

 

 


ディオールもしっかりと自立する状態に復活です。

 

 

 


変形したマチも元の形状に復活です。

擦り切れ穴だけでなく黒い塗料が塗り込まれた底角は革パーツを取り付け、
今後は擦れやすい底角が傷んでも修理出来るようになりました。

 

 

 


ミュウミュウは本体外面の補色予定でしたがショルダーベルトも
残念すぎる塗装がされていましたので仕上げ直しています。

また、色落ちする素材や他店様の加工により不安がありますので、
少しでも耐久性を上げるためにコーティング加工も施しています。

変形を補正したディオールは強度もアップしています。
どちらも、出来る限り丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索