サンローラン巾着


サンローランの巾着バッグです。

 

 

 


綺麗な状態ですが・・・

 

 

 


ワンちゃんにガブガブされて破れています。

直営店に相談されたとのことですが修理不可能で、
当社に御依頼いただきました。

 

 

 


当社からは4通りの修理方法を提案させていただきました。
今回は口紐を通している天部を全交換する方向で御依頼いただきました。

口紐もガブガブされていたようですが直営店で交換されていました。
天修理修理は断りながら口紐交換に応じる直営店の感覚は、
当社では理解するのが難しいです。

 

 


柔らかく薄い素材で構造的にも丈夫とは言えないバッグですので、
当社で加工する部分は新品時より強度を上げながら作製します。

 

 

 


作製した天部は口紐を持ち手代わりにできる強度で作製していますので、
ショルダーを使用しないときは手提げとして活用できます。

擦れに弱く汚れが目立つ素材ですので取扱いに注意しながら、
ガブガブされないようにも気をつけてください。

綺麗な状態を保てれば、とてもお洒落なバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

先程受け取りいたしました。
重要な場所のあれだけの傷だったのに、
とても綺麗に直していただき感謝しています。
ありがとうございます。
大切に使用していきます。
愛用しているものはできるだけ長く使用していきたいので、
今後またお直しやリメイクをお願いすることがあるかもしれませんが
その時はどうぞよろしくお願いいたします。

 

滋賀県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
出来る限り綺麗な状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

ゴヤールのトート


ゴヤールの大きなトートバッグです。

 

 

 


持ち手にビニールを巻いてお送りいただきましたが・・・

 

 

 


既に内側には劣化したコバ塗料の色移りが数多く見られます。
外面素材の裏面がキャンバス地ですので布地を単体にはできません。

 

 

 


前後面とも赤い塗料汚れが複数見られますが外面素材のことを考えると、
溶剤や洗剤を使用して取除くのはリスクが高いです。

 

 

 


ビニールを巻いていなかったストラップもコバ塗料が劣化しています。

 

 

 


ストラップのコバ塗料が糸に色移りしています。
本体を挟み込むように取り付けられた持ち手は構造的に強度不足。

 

 

 


コバ面を見ると負担が大きく切れてきそうな部分がわかります。
必ず切れてしまう部分ですので付け根は強化します。

 

 

 


持ち手やストラップを取り外し、付け根部は解体して強化します。
構造的に8カ所の強化加工が必要で手間が掛かる構造です。

 

 

 


片側の持ち手だけベタツキ劣化したコバ面の塗料を取除きました。

ベタツキの原因が塗料の問題なのか素材の問題なのか、
接着剤などの問題なのかわかりませんが、
ベタツキ劣化したコバ塗料を取除いて仕上げ直すのが、
元の持ち手のままで施せる最大限の加工です。

 

 

 


持ち手付け根の強化加工とコバ面の仕上げ直しの完了です。
心配な構造ですので内外の8カ所を強化して組み立て直しています。

 

 

 


ストラップも一度取り外し劣化した塗料を取除いて仕上げ直しています。

 

 

 


赤い塗料の色移りが目立っていた内側も出来る限り改善させました。

 

 

 


麻や綿の素材に塗料が染み込んだ状態で外面樹脂素材と一体ですので、
数倍の時間や手間が掛かりましたが加工前よりは綺麗になりました。

 

 

 


素材や塗料に問題が無いとすれば保管環境が考えられますが、
ベタツキ劣化の原因を特定するのは困難です。

風通しの良い状態で保管して高温多湿を避けるだけで、
塗料のベタツキ劣化の発生を抑えるには有効です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

LVとバーバリー財布


ルイヴィトン ダミエとエピの二つ折り財布とバーバリ財布です。
ハンドバッグはルイヴィトン エピ マルゼルブです。

 

 

 


エピの二つ折り財布は折り曲げ部に擦り切れ穴が空いています。

 

 

 


両側の折り曲げ部を解体して内張りを剥がして強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 

 


解体すると擦り切れ穴がよくわかります。

 

 

 


ダミエの二つ折り財布も折り曲げ部に損傷が見られます。
また、外周コバ面は塗料が剥がれています。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。
部材の剥がれもありますのでコバ面を整える補修が必要です。

 

 

 


内張りを剥がして強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 


バーバリー財布は大きなシミ汚れや擦れが見られます。

 

 

 


外周のテーピング革は限界を迎えています。

 

 

 


テーピング交換のためには大きく解体する必要がある構造です。

 

 

 


内部材にも色あせや擦れや汚れが見られます。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


口金金具を取除き内部材を取り外してもテーピング革は外せません。

 

 

 


部材を単体になるまで解体してテーピング革を取り外すと、
折り曲げ部だけは織りがほどけるように傷んでいることわかります。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 


エピのマルゼルブは中央に白い染みが目立ちます。
店舗などの入店時に手を消毒するエタノールが飛んでしまったようです。

 

 

 


財布の折り曲げ部の強化加工の完了です。

エピは擦り切れ穴を塞ぎながら強化して、
ダミエはコバ面を仕上げ直し内部材のホツレも縫い直しています。

 

 

 


マルゼルブの目立っていたシミ汚れも目立たなくなりました。

 

 

 


バーバリー財布もテーピング革の交換完了です。
折り曲げ部は強化加工も施しています。

 

 

 


擦れや汚れが見られた内部材も改善。

 

 

 


大きなシミ汚れも改善。

 

 

 


4点とも丁寧活用すれば、まだまだ活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ボッテガ財布の修理


エイ革で作成されたボッテガベネタのジッピーウォレットです。

 

 

 


テーピング革が擦り切れてボロボロでファスナー引き手革も切れてます。

 

 

 


テーピング革は各部に擦り切れ欠損が見られ作製交換が必要です。

 

 

 


この辺りはテーピング革が無くなり芯材が露出しています。
長年の使用でファスナーも摩耗して変色しています。

 

 

 


中のファスナーはエレメント金具が黒ニッケル色ですが、
使用頻度が高い外周ファスナーは下地が露出して茶色くなっています。

これ以上、摩耗が進むと開閉できなくなりますので、
テーピング革の作製交換と同時にファスナー交換します。

 

 

 


内部材とファスナーを取り外してもテーピング革は外せない構造。

 

 

 


この財布は、とても手間が掛かるテーピング革の交換になります。

 

 

 


内部材の裏側にはチップが取り付けてあります。
おそらく偽物には付いていないパーツです。

 

 

 


最高品質のファスナーを使用してテーピング革も作製交換完了です。

 

 

 


引き手革も復元強化加工で新品時より丈夫に復活させています。

 

 

 


最高品質のファスナーは高価ですが開閉がスムーズです。
スムーズに開閉できれば負担が少なく長持ちしますし、
使用していてもストレスが無く快適です。

擦れやすい外周のテーピングが傷んでしまうのは避けようがありませんが、
丁寧な取扱いと中身をスッキリさせることで良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチとLV財布


使い込まれたグッチのショルダーバッグとヴィトン財布です。

 

 

 


グッチの底角は表皮がなくなり革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 


4カ所とも底角は各部に擦れが見られる状態です。

 

 

 


天部も擦れやすい部分。

 

 

 


ショルダーベルトもスレスレです。

 

 

 


古い品ですので素材劣化で表皮に亀裂も見られます。

薄皮の亀裂ですので活用に問題はありませんが、
丁寧に取扱ってあげるのが賢明です。

 

 

 


底面には変形や折れが見られますが今回は加工を見送られました。

 

 

 


高品質時代の丈夫な財布ですが、
外周の反り返りやコバ面のハガレが見られます。

 

 

 


外周は直角に変形しています。

 

 

 


欠損も見られます。

 

 

 


グッチは外面革パーツの汚れを取除きましたので、
この後、擦れ部を補修して補色します。

 

 

 


ヴィトン財布は解体してリニューアルリペア加工を施し、
長く活用いただける状態に復活させます。

 

 

 


外面革パーツの補修補色加工の完了です。
ショルダーに見られた亀裂も修復しておきました。

 

 


底角の擦れも出来る限り改善させています。

 

 

 


予定外ですが内側の革パーツも改善させました。

 

 

 


ヴィトン財布は芯材を全て作成交換して劣化した合成皮革の内張りは、
本革や布地を使用して安心して活用いただける状態にしています。
各部の強化加工もあり新品時より丈夫で高品質な状態です。

活用すれば擦れや汚れは避けられない物ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

先程、修理を終えたバッグと財布を受け取りました。
どちらも新品と見間違う程に綺麗にして頂いて、
本当に感激しています。
どちらもほつれや擦れが酷く、
持ち歩くには恥ずかしくて何年も押し入れにしまい込んでいました。
でも、これを機にまた大切に使用したいと思います。
本当にありがとうございました!!

秋田県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
グッチのバッグは擦れ部を改善させた補色加工ですが、
ヴィトンの財布は構造的にも丈夫にしたリニューアルリペア加工です。
どちらも見た目は改善していますが、
古い品であることに変わりありませんので、
出来る限り丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

犬に噛まれた財布


ルイヴィトンの長財布です。

 

 

 


犬に噛まれています。

 

 

 


裏側は革も芯材も食べられて無くなっています。
諦めるしか無い状態ですが活用できるように復活させます。

 

 

 


両側の折り曲げ部は糸が擦り切れて口が空いていますので強化します。

 

 

 


底の折り曲げ部も糸が擦り切れていますので縫い直しが必要。

 

 

 


両側の折り曲げ部に強化芯材を入れ込んでコバ面も仕上げ直しました。

 

 

 


ホツレも同様に。。。

 

 

 


犬に噛まれた部分は部分作製で復活させています。

 

 

 


使用不可能な状態でしたがホツレやコバ仕上げだけでなく、
傷みやすいカブセ折り曲げ部も強化したことで活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索