グッチ金具修理


グッチのミニボストンです。

 

 

 

 


底角やパイピング革など革パーツには擦れが目立ちます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


白くなっている部分は革の表皮がなくなっています。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


白くなって目立つ部分を補修補色加工します。

天部付近にはGGキャンバス地の擦切れも数カ所にありますので、
布地の織りがほどけてこないように補修します。

 

 

 

 

 


白くなった部分が目立ちますが全体的に擦れて色あせています。

 

 

 

 


持ち手のコバ面は次回に見送られました。

 

 

 

 


汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


合成皮革の内張りも劣化しています。

 

 

 


ベタツキはありませんので今回は保留されました。

 

 

 

 


マチにあるロック金具は破損していて開閉できない状態です。
他店様や直営店では断られて当社に御依頼をいただきました。

 

 

 

 


内張りを解体してロック金具を取り外すことからスタートです。
ロックのレバーもグラグラしていますので解体して修復します。

 

 

 

 


御依頼内容とは関係ない加工ですがロック金具の取り付け部には、
強化加工を施して修復した金具を取り付けます。

 

 

 


外面革パーツの補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


ロック金具もスムーズに開閉できるように復活させています。

 

 

 

 


直営店で断られたロック金具が復活したことで、
引き続き活用いただける状態になりました。

劣化した内張りなど心配な部分はありますが、
丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

YSLカバスシック


イヴサンローラン カバスシックです。

 

 

 

 


底角は擦れて表皮がなくなっています。
コバ面も白い芯材が露出していますので仕上げ直しが必要です。

 

 

 


天部コバ面は部材が剥がれています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手コバ面は全て剥がれています。
変形もありますので解体して強化します。

 

 

 


反対側の持ち手も同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手を解体。

 

 

 

 


革と芯材を剥がしたところです。
黒革以外は全て作製交換が必要です。

 

 

 


持ち手を組み立て直してコバ面を仕上げ直しました。

 

 

 

 


色あせも改善。

 

 

 


天部などの剥がれ部も補修してからコバ仕上げしています。

 

 

 

 


ショルダーベルトもコバ仕上げしておきました。

 

 

 

 


擦れや色あせを改善させながらコバ仕上げしていますのでスッキリです。
持ち手は新品時より丈夫になりましたので安心です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
先程、バッグが届きました。
綺麗に修理して頂いてありがとうございました。
持ち手も丈夫になっているので、もうしばらく使えそうです。
レザークリエーションさんにお願いして良かったです。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。

三重県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
長く活用できるバッグですので丁寧に取扱いながら
大切に長くご愛用ください。

OLD GUCCI


擦れや色あせが目立つオールドグッチのハンドバッグです。
古い品ですので芯材が硬化した持ち手は画像の状態に変形しています。

 

 

 


金具類はメッキハガレがあります。

 

 

 

 


古い品だけに内張りも本革で丁寧に作製されています。

 

 

 

 


負担が掛かる付け根革には亀裂が見られます。

 

 

 

 


反対側の付け根革は大きく裂けています。

 

 

 

 


表皮が擦れた部分は革の繊維が露出して白くなっています。

 

 

 

 


底角も同様に。。。
白く目立つ部分は補修補色加工を施します。

 

 

 

 


負担が掛かる付け根革と持ち手は解体して強化します。

 

 

 

 


付け根革を解体して持ち手を取り外し劣化した芯材を取除きました。

 

 

 

 


両側の付け根革も丈夫に強化します。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。

 

 

 

 


金具は再メッキ加工します。

 

 

 

 


ヒネリロック金具をバラバラにして取り付け脚部を付け直しています。

 

 

 

 


底角の擦れを補修補色で改善させました。

 

 

 

 


持ち手の擦れも同様に。。。

 

 

 

 


付け根革も強化加工で丈夫になりヤブレも改善。

 

 

 

 


メッキハガレが見られた金具も復活です。

 

 

 

 


持ち手は変形の改善だけでなく強度もアップしています。

白くなった擦れ部以外も少し補色しておきましたので、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

 

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

バックが届きました。
期待どおりの出来上がりにとても満足しています。
ありがとうございました。
ブログも拝見しました。
見えない部分まで、とても丁寧な仕事をされているのがよくわかりました。
大切に使わせていただきます。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。

愛媛県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に作製されていた頃の高品質なバッグですので、
買換えることはできません。
出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

シルキーシティとロエベ財布


エルメスのシルキーシティとロエベのジッピーウォレットです。

 

 

 


ロエベ財布は後面ポケットにシミが見られます。

 

 

 


水濡れで内張りの青い染料が染み出たようで糸も染まっています。
針穴から染み出ていますので外面から取除くことはできません。

 

 

 


擦れやすい角部にも損傷が見られます。

 

 

 

 


内部材を解体しなければポケットは縫い直せません。

 

 

 


エルメスのシルキーシティはスカーフに布裏打ちした素材のバッグです。
丈夫な素材ではありませんので長年のご使用で大きく裂けています。

 

 

 


オレンジの布地で裏打ちされた素材です。
薄いスカーフは天部が擦切れて裏地のオレンジ色が露出しています。

 

 

 


見えにくいですが革パーツを縫い付けた部分も裂けています。

 

 

 


縫い付け部を裏側から見ると裂けていることがわかります。

 

 

 

 


アイレット金具付近も負担が掛かりますので裂けています。

負担が掛かる部分は全て破れたような状態です。

 

 

 

 


天部も擦切れて下地のオレンジが露出しています。

スカーフが極細糸で織られた薄い素材ですので避けようが無い損傷です。

 

 

 

 


ロエベ財布の内部材を取り外してポケットを解体しました。
ポケットを取り外した部分を見ると全体の色あせがわかります。

 

 

 

 


シルキーシティも持ち手やアイレット金具などを解体。

同じ柄のスカーフを同梱いただきましたので、
本体を作成することも可能ですがヤブレは天部付近に集中しています。
今回は天部を3センチほどカットしながら組み立て直します。

 

 

 


アイレット金具を取り外した穴の下側でカットします。

 

 

 

 


内ポーチの取り付け紐の縫い付け位置も下にさげる加工が必要です。

 

 

 

 


ロエベのジッピーウォレットの角部の修復完了。

 

 

 


こちらの角部も同様に。。。

 

 

 


ポケットも組み立て直しシミ汚れも目立たなくなりました。

 

 

 


エルメスのシルキーシティも天部をカットして組み立て直し完了。

再生は困難なアイレット金具は代用交換の許可をいただいていましたが、
元の金具のままで復活させています。

 

 

 


同梱いただいた新品のスカーフを温存したままで、
ヤブレ部がなくなりましたので安心して活用いただけます。

薄い素材で各部が裂けてくるのは経験済みですので、
出来る限り軽い状態で使用しながら擦れにも注意です。

ロエベ財布はバッグの中で角部などが擦れるのを注意すれば、
長く活用できる良い財布です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチとディオール


年代物のディオールとオールドグッチのミニボストンです。
グッチのミニボストンは変形したまま硬化していてカチカチです。

 

 

 

 


古いディオールはロック金具が破損していてカブセが閉まらない状態。

 

 

 

 


この金具は古くなると壊れてしまう定番の損傷です。
カブセ側は変更しなくても使用できる代用金具で交換します。

 

 

 

 


ショルダーベルトがあたるので負担が掛かるカブセの折り曲げ部も、
変形していますので解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


硬化したオールドグッチのミニボストンは全体的な加工が必要。

 

 

 

 


底角4カ所は布地が擦切れて破れています。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。
パイピング革もスレが重傷。

 

 

 


革部材は色あせてコバ面は塗料が剥がれて毛羽立っています。

 

 

 


擦れや色あせは全体に見られます。

 

 

 

 


持ち手も白くなりコバ塗料も剥がれています。

見た目の問題だけでなく変形硬化した状態では使用できませんので、
リニューアルリペア加工で活用できるように復活させます。

 

 

 


ディオールはショルダーベルト取り外して折り曲げ部を解体します。

 

 

 

 


グッチのミニボストンを解体。

 

 

 

 


黒い芯材を剥がしましたが本体は硬化したままです。

 

 

 

 


表地に張り合わされた芯材も剥がします。
芯材の硬化だけでなく変色や汚れからも年期が感じられます。

 

 

 

 


持ち手の汚れを取除いたところです。

 

 

 

 


汚れや変色が見られた持ち手の金具は再メッキ加工しました。

 

 

 

 


ディオールのロック金具の交換完了。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部も強化しながら変形を補正しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


変形硬化して本来の姿が見られなかったオールドグッチも、
リニューアルリペアでミニボストンとして復活です。

 

 

 

 


持ち手の色あせも改善してコバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 


擦切れて破れていた底角は革パーツを追加して組み立て直しています。
傷みやすい部分の強化だけでなく高級感もアップしています。

 

 

 


スレスレだったパイピング革も作製交換しました。

 

 

 

 


どちらのバッグも丁寧に取扱えば長く活躍してくれる状態に復活しました。

買い換えできない古い品ですので、
出来る限り良い状態を保つために保管時も良い環境で、
保管することをお勧めします。

保管時はタオルなどを詰め込んで形を整えるのが効果的です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
ご担当者様

お世話になっております。
先程、受け取りが完了しました。
想像していた以上に綺麗に仕上がっていて驚いています。
本当にありがとうございました。

 

福岡県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
買い替えることができない品質のバッグですので、
丁寧に取り扱いながら大切にご愛用ください。