グッチとサンジャック


オールドグッチのショルダーバッグとヴィトンのサンジャックです。

 

 

 

 


サンジャックの持ち手付け根は傷みやすい部分です。

 

 

 

 


4カ所とも同じような状態です。

 

 

 

 


持ち手がクタクタなのは芯材や裏面が劣化してボロボロになっているため。

 

 

 

 


反対側の持ち手も同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手だけでなく本体のコバ面も劣化しています。

 

 

 

 


ホツレがあり金具が欠損したカブセは丸い穴が空いています。

 

 

 

 


メッキが剥がれたロック金具はグラグラで歪んでいるだけでなく、
破損しているのでカブセを留めることができません。

 

 

 


金具の連結部を素人修理しています。

 

 

 

 


丁寧に連結ビスをハンダ付けしていますがロックできずにグラグラです。

 

 

 

 


各部に損傷は見られますが良い素材で丁寧に作製されていた頃のバッグです。

 

 

 

 


カブセ付け根や折り曲げ部は強化します。

 

 

 

 


芯材が露出したコバ面は出来る限り整えて仕上げ直します。

 

 

 

 


ショルダーベルトの付け根は負担が掛かる部分です。

 

 

 

 


ボール紙の芯材も限界を超えています。

 

 

 

 


芯材すら残っていない部分もありますので強化加工を施します。

 

 

 

 


外面には複数のホツレがあります。

外周のステッチは問題ありませんが内側のホツレを縫い直すためには、
外周を大きく解体する必要があります。

 

 

 


この辺りも、一目のホツレを縫い直すために解体します。

 

 

 

 


サンジャックの持ち手解体。

 

 

 

 


ボロボロの裏面は諦めて強化しながら組み立て直します。

 

 

 

 


ショルダーベルトやカブセを解体して強化加工やホツレ部の縫い直しを
します。

 

 

 


カブセの芯材も交換します。

 

 

 

 


ロック金具を取り外して分解。
針金をシャフトにして修理していたようです。

 

 

 

 


この部分にバネなどのパーツがあるはずですが紛失したままで、
連結していたようです。

 

 

 

 


裏面を作製交換しながら強化芯材を入れ込んで組み立て完了です。

 

 

 

 


付け根付近も強度的には新品時より丈夫です。

 

 

 

 


持ち手や天部だけでなくマチ部もコバ仕上げしました。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ロック金具もピカピカに再メッキしながら組み立て完了です。

 

 

 

 


カブセのグローメット金具も取り付けロックの開閉も可能です。

 

 

 

 


本体やカブセ外周のコバ面も仕上げ直してホツレ部も改善。

 

 

 

 


負担が掛かるグッチのショルダーベルトもサンジャックの持ち手も、
強化加工で丈夫になっていますので安心です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

プラダとLV財布


プラダとルイヴィトンの財布です。

 

 

 

 


丁寧に活用されているプラダ財布ですが外面のベロ革やカブセ面は、
内部材と比較すると全体的に薄汚れて擦れが見られます。

 

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部は表皮が無くなり革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


角部も同様に。。。。

 

 

 

 


カブセの外周も傷みやすい部分です。

 

 

 

 


カブセの角は革が擦切れて穴が空き、黒い芯材が見えています。

 

 

 

 


外周は各部に擦れが見られますので外周の補修補色加工を施します。

 

 

 

 


バネが無くなり破損したホック金具も交換が必要です。

 

 

 

 


ヴィトンの財布も角部などは擦れやすい部分です。

 

 

 

 


コバ面の塗料が剥がれるとモノグラム地と内部材が剥がれます。

 

 

 

 


今回は劣化した合成皮革の内張りの作製交換です。

 

 

 

 


小銭入れの内張りも合成皮革で底やマチに劣化が見られます。
複雑な構造ですので張り替えできない修理店が多いモデルです。

 

 

 

 


内張りの作製交換はバラバラに解体する必要があります。

 

 

 

 


合成皮革の内張りを本革で作製交換して組み立て直しました。
プラダの財布と同様にヴィトン財布も外周コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


本革仕様の小銭入れです。

 

 

 

 


ベロ革や角部の擦れは繊維の毛羽立ちもなくなり改善しています。
凹ホック交換も完了しています。

 

 

 

 


カブセ角の擦切れ穴も芯材の露出が目立たなくなりスッキリです。

擦れや汚れや変形は活用すれば避けることが出来ない損傷ですので、
丁寧に取り扱いながら出来る限り良い状態を保つしかありません。

表皮が擦切れたり穴が空いてしまうと基本的には手遅れですので、
丁寧に取り扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスの擦れ


エルメスのトート(プティットサンチュール)と財布(アザップ)です。

 

 

 

 


アザップの外面には擦れや小傷が見られます。

 

 

 

 


最近の素材は革の表面だけを着色した素材ですので、
擦れて塗料が剥がれると傷が目立ってしまいます。

 

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部は革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


外周や角部が擦れやすいのは避けられない損傷です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


こちらの角部付近にはボールペン汚れも見られます。

小さな汚れでもボールペンはインク(染料)ですので、
革の中まで染み込んでしまい取除くのが厄介です。

 

 

 


内側は布製ですが丁寧に活用されていることが解ります。
これだけ丁寧に使用されていても外面には擦れや傷が発生してしまいます。

 

 

 

 


プティットサンチュールは擦れや色あせが全体に見られ重傷です。

 

 

 

 


表皮が剥がれて白くなった部分は補色する塗料を吸い込んでしまい、
このままでは改善させることができません。

 

 

 

 


持ち手付け根の擦れ程度なら補色することが可能ですが・・・

 

 

 

 


底角のように革の表面が磨り減って無くなり、
革の繊維が毛羽立った状態になると重傷です。

 

 

 

 


4カ所の底角は表皮が無くなり手遅れとも言える状態ですが、
補修加工で塗装出来る状態に整えて改善させます。

 

 

 

 


ファスナーポケットもありデイリーに活用できるバッグです。

 

 

 

 


内ファスナーポケットの底にヤブレが見られます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


アザップ外面の汚れを取除きました。

ボールペン汚れを取除いた部分を見ると下地まで見えているように、
インクが革の繊維に染み込んでいたことがわかります。

 

 

 


プティットサンチュールも汚れを取除くことからスタートです。
汚れが取除かれると擦れ部が白くなります。

 

 

 

 


持ち手も汚れを取除くと手垢で隠れていた擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直して外面革パーツの補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


重傷だった底角付近も改善させました。

 

 

 

 


内ポケットの両サイドのヤブレも復活。

 

 

 

 


アザップの擦れも補修加工で整えたあと補色して仕上げています。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直し外周の擦れた毛羽立ちも改善です。

 

 

 

 


擦れや汚れが重傷で持ち歩きにくい状態だったプティットサンチュールも、
擦れや小傷が目立ったアザップも活用いただける状態に改善しました。

バッグや財布は活用すれば擦れや汚れは避けることはできませんが、
丁寧に取り扱いながら早めのメンテナンスを施すことで、
良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

たった今受け取りました。
とても綺麗にしていただき、大満足です。
中々外出をしずらい世の中となってしまいましたが、
機会を作って、大切にたくさん活用させて頂きたいと思っております。
私の都合で休日出勤のお手間までかけてしまい、申し訳ございませんでした。
大切に扱って下さって、本当にありがとうございます。
この出会いに感謝致します。
また是非お願いしたいと思っておりますので、
その際には、どうぞ宜しくお願い致します。

 

千葉県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長く愛用したいバッグや財布は重症化させる前に、
メンテナンスを繰り返すのが賢明です。
大切に長くご愛用ください。

ヴィトン財布修理


ルイヴィトンのエピとモノグラムの財布です。
昨年の台風19号で車が浸水する被害で水没した財布です。

 

 

 

 


エピのジッピーウォレットの革には泥が染み込んでいます。

 

 

 

 


内部材も革に染み込んだ泥は洗い流せません。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


糸や内布や芯材など見えない部分も水没していますので、
全体を解体するリニューアルリペアが必要です。

 

 

 


ファスナーも交換が必要です。

 

 

 

 


モノグラム長財布はカブセ裏に擦れや色あせが見られますが、
大きな損傷は無いようです。

 

 

 


コバ面はモノグラム地と内部材が剥がれています。

 

 

 

 


モノグラム地は全体的に剥がれているようです。

厚み部分で小さな面積ですので放置する方が多いですが、
傷みやすい外周がモノグラム地単体になると劣化が急速に進みます。

 

 

 

 


割れたコバ面を整えて仕上げ直しながら糸が擦切れたホツレも縫い直します。

 

 

 

 


傷みやすいカブセの折り曲げ部は解体して強化加工を施します。

 

 

 

 


エピのジッピーを解体しました。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは全て本革で作製交換します。

 

 

 

 


ボール紙の芯材も作製交換します。

 

 

 

 


マチ部材は薄い革を剥がして強化芯材を挟み込みます。

 

 

 


折り曲げ部に強化芯材を入れ込んで縫製したあと外周コバ面を仕上げます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


泥水が染み込んでいたジッピーのリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


汚れが染み込んだファスナーも新品交換しました。

 

 

 

 


内側も綺麗になりました。

 

 

 

 


各部に強化加工して合成皮革素材が無くなったことで、
強度も品質もアップさせています。

 

 

 


外周のコバ面仕上げ直しと折り曲げ部の強化加工の完了です。

 

 

 

 


接着したあとコバ面を整える加工を施してから仕上げ直しています。

 

 

 

 


丁寧に活用すれば長く活用いただける状態に復活していますので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
ご連絡が遅くなり、申し訳ありません。

期待通りの仕上がりで、大変満足感しております。
車が浸水した時は絶望的で、財布を見たときも大変ショックでしたが、
でも財布はレザークリエーションさんが助けてくれると思った瞬間、
気持ちも前向きになる事ができ、それからHPを毎日チェックしてました。
もう“感謝”です。
本当にありがとうございました。

福島県 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございました。
買換えることが出来ない高品質時代の財布ですので、
大切に長くご愛用ください。

ベアンのコバ仕上げ


エルメス財布(ベアン)です。

 

 

 

 


薄汚れは見られますが折り曲げ部など外周も一直線で変形はありません。

 

 

 

 


軽傷ですが内部材の接着が剥がれてコバ面が割れています。
強化しておくと安心ですが早急に必要な状態ではありません。

 

 

 

 


こちら側も内部材が剥がれてコバ面が割れています。
構造的に避けられない損傷ですが接着し直してコバ面を仕上げ直します。

 

 

 

 


折り曲げ部や角部の擦れは定期的にメンテナンスするしか、
良い状態を保つ方法はありません。

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革の外周からは毛が生えたように芯材が露出しています。

 

 

 

 


折り曲げ部やベロ革を強化するためには解体が必要ですが、
この程度の損傷でしたらコバ面の仕上げ直しだけでも問題ありません。

 

 

 

 


部材が剥がれていた部分を接着したあとコバ面を整えて仕上げ直しました。

 

 

 

 


本体の外周も同様に。。。

 

 

 

 


外周の擦れや部材ハガレは避けることが出来ない損傷ですが、
早めのメンテナンスをご依頼いただいたことで、
コバ面の仕上げ直しだけで問題なく活用いただける状態に復活です。

今後も大掛かりな加工が必要にならないように、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション
ご担当者様

本日、お財布受け取りました。
いつもいつも、本当にご丁寧なお仕事に感謝いたします!!
義理姉からのお下がりなので、使わないと気を悪くされるかなと思いながらも、
所々気になる所があり、使えておりませんでした。
明日から是非とも使わせて頂きます。
前回のオールドグッチ、今回のベアンと本当に修理を出すタイミングが
大事だなとブログを拝見しながら痛感いたしました。
是非、またの機会がございましたらよろしくお願いします。

追伸 いつもお気持ち、同梱頂きありがとうございます。
大切に使わせて頂きます!!

福井県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば外周の擦れや汚れは避けることはできませんが、
良い状態が保たれた財布ですので、
大切に長くご愛用ください。

延長ショルダー


ヴィトンのミュゼット・タンゴとトフ&ロードストーンのバッグです。

ショルダーベルトが短く肩掛けして使用するミュゼットタンゴですが、
斜めがけでも使用できるようにします。

 

 

 

 


リザード型押し革のトフ&ロードストーンは各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


擦れる部分は表皮が剥がれて白くなっています。

 

 

 

 


マチの天部も擦れやすい部分。

 

 

 

 


底角4カ所も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手外周など表皮が剥がれて革の繊維が露出して白くなった部分を、
補修補色加工で目立たなくします。

 

 

 

 


擦れ部の補修補色加工の完了です。

色ハゲが目立つ部分のみの補修補色加工でも擦れが目立たなくなると、
スッキリ感がでます。

 

 

 


底角やパイピング革も同様に。。。。

 

 

 

 


天部口周りも改善。

 

 

 

 


今回、補修補色した部分は擦れやすい部分ですので、
避けることができない損傷ですが重症化する前にメンテナンスすれば、
良い状態を保ちやすくなります。

 

 

 


革の繊維が毛羽立っていた部分は補修加工で整えてから補色しています。

 

 

 

 


斜めがけとしても少し長めのサイズ指定で延長ショルダーを作製。
冬にダウンジャケットなどを着ても斜めがけできるサイズです。

 

 

 

 


ミュゼット本体は何も加工していませんので延長ショルダーを外せば、
通常の肩掛けバッグとして使用することが可能です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

お世話になります。
お願いしていましたバッグ2点、届きました。
ありがとうございました。

T&Lハンドバッグ
毎日のように使っていて 色の剝がれが気になっていたのですが
新品同様に綺麗になっていてとても嬉しいです。
本体の価格からすれば修理はどうかな、とも思っていましたが
大事なバッグなのでお願いして良かったです。
また使えるのが楽しみです。

ミュゼットタンゴ
T&Lとは逆に こちらはほぼ使っていなかったので
使いやすくなって良かったです。
眠っていた分、これからはたくさん使いたいと思います。

2点とも綺麗に加工していただいて本当にありがとうございました。
大切に使います。
また加工が必要になった際にはよろしくお願いいたします。

 

宮崎県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けることは出来ませんが、
出来る限りよい状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。