カルティエ財布のヤブレ


カルティエの長財布です。

 

 

 

 

 


長年の使用で折り曲げ部は革が擦り切れて穴が空き欠損していますので、
縫い直すことも不可能な状態です。

 

 

 

 


両側の折り曲げ部だけでなく外周は革が擦り切れてなくなり芯材が露出しています。

 

 

 

 

 


外周全体の折り返した革が破れて無くなった状態です。

 

 

 

 

 


ここまで悪化させると基本的には手遅れですが・・・・

 

 

 

 


内側を見るとワインカラーの状態を維持されていますし、
まだまだ頑張ってくれそうな様子です。

 

 

 

 


内部材を取り外して負担が掛かる折り曲げ部は強化しながら、
外周全体にワインカラーの革でテーピング加工します。

 

 

 


折り返した外周の革は切れている部分の方が多いです。

 

 

 

 

 


財布の外周の擦れは避けることができない部分ですので、
早めのメンテナンスが最善です。

 

 

 

 


外周革は取り除いて丈夫にテーピング加工します。

 

 

 

 


折り曲げ部の強化加工とテーピング加工の完了です。

 

 

 

 


テーピング加工したことで外周が擦り切れても何度でも修復可能な構造です。

 

 

 

 


外周の折り返していた革よりも厚みを増した革で作成していますので、
耐久性もアップしています。

 

 

 

 


折り曲げ部が強化されて外周の擦り切れヤブレが無くなったことで、
まだまだ頑張ってくれる状態に復活しました。

内部材のホツレも縫い直しましたので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

白革バーキン


白い革のバーキンです。

 

 

 

 

 


両側の持ち手は一皮剥がれて汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


持ち手の付け根付近も表皮が擦れて無くなって革の繊維が露出しています。
白のバーキンはお洒落なんですが擦れや汚れが酷くなると残念感が倍増します。

 

 

 

 


カブセもスレスレでコバ面もひび割れています。

 

 

 

 


底角は改めて見る必要がないですが例にもれずスレスレ。

 

 

 

 


底面は全面に汚れが・・・・

 

 

 

 


汚れで目立たなくなっていますが擦れも各部に・・・・

 

 

 

 


外面全体に汚れや擦れが見られましたが内側も全体に汚れが見られます。

 

 

 

 


赤や黒のボールペン汚れも各部に・・・・

使用していれば外側の擦れや汚れは避けられないものですが、
内側は使い方次第で綺麗な状態を保てます。

 

 

 

 


バッグ本体を裏返すとゴミや埃も山積。

 

 

 

 


ボールペン汚れが目立ちますが全体的に擦れや汚れがあります。

 

 

 

 


今回は内側もクリーニングと補修補色加工を施します。

 

 

 

 


付属パーツと本体を半分だけクリーニングして汚れを取り除いてみました。

補修や補色加工は、まだですので傷や擦れは残っていますが、
汚れを取り除くだけでも激変するほど全体が汚れていたことがわかります。
 

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


汚れを取り除くと外周のパイピング革は表皮が無くなって、
革の繊維が露出していることがわかります。

表皮が無くなった擦れ部や傷部は塗料を吸い込んでしまい染められませんので、
まずは表皮を補修する必要があります。

汚れを取り除いたり擦れ部を補修する工程を省略して、
厚塗り塗装で汚れや傷を隠してしまう修理店が多いですが、
塗料の密着性が悪く剥がれてしまうことや汚れが浮き出てくることを考慮すれば、
手抜き加工は出来ません。

 

 

 

 


ひび割れた持ち手のコバ面の塗料は剥がし取って仕上げ直します。

 

 

 

 

 

 

 


内部材のクリーニングと補修補色加工の完了です。
ボールペン汚れもなくなりました。

 

 

 

 


ポケットの中も綺麗です。

 

 

 

 


このバッグはファスナーポケットの中まで汚れていました。

 

 

 

 


持ち手も復活。

 

 

 

 


付け根付近の擦れも目立たなくなりました。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


復活させるには苦労しましたが汚してしまうのは簡単です。

しかし、綺麗な状態を保てれば白のバーキンは無敵にお洒落です。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ガーデンパーティ


HERMES Garden Party Negonda(革素材のガーデンパーティ)です。

 

 

 

 

 


各部に擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手には擦れた部分に手垢汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


持ち手付け根も擦れやすい部分ですが芯材が抜けていることへの対応が先です。

 

 

 

 


反対側の持ち手も芯材が抜けた部分はグニャグニャ。

 

 

 

 


内布は全体にシミが。。。。

 

 

 

 


布地も擦り切れていますので長く愛用されています。

 

 

 

 

 


ご依頼いただいた持ち手の付け根を解体してみると芯材の長さが足りていません。
外面の革が伸びてしまったために芯材の長さが足らなくなっています。
 

 

 


こちらの付け根も同様に。。。。

 

 

 

 

 


付け根4か所を強化して組み立て完了です。

 

 

 

 


芯材が付け根まで入っているだけでなく外面の革だけが伸びないように、
一工夫して組み立て直しています。

 

 

 

 


各部に擦れや汚れなどは見られますが、
傷みやすい持ち手付け根を強化したことで構造的には安心です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

リザードのベアン


エルメスの長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


折り曲げ部はリザード革(トカゲ革)が擦り切れています。

 

 

 

 


縫い直すことも不可能ですので基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


折り曲げ部は内部材も破れています。

 

 

 

 

 


縫製糸が擦り切れて部材が剥がれたまま使用を続けると重症化します。

 

 

 

 


折り曲げ部以外も革が擦り切れて白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 


メッキが剥がれたH金具のデザインからも古いモデルであることがわかります。

 

 

 

 


ベロ革も糸や表皮がスレスレ。

 

 

 

 


全体に白いシミ。

 

 

 

 


ポケットの縫い合わせ部は負担が掛かり裂けやすい部分です。

 

 

 

 


小銭入れファスナー周囲のステッチもスレスレで色抜けしています。

 

 

 

 


外面だけでなく内側にも白いシミ。

 

 

 

 


小銭入れのマチも同様に。。。。

 

 

 

 


今回はリニューアルリペア加工のご依頼ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 


ポケットの内部材にも白いシミ。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


カビのような感じです。

 

 

 

 


カビだと繁殖する可能性がありますので内張りや芯材もバラバラに。。。。

 

 

 

 


小銭入れのマチはとても薄い革を貼り合せただけの構造。
ステッチによるヤブレや擦り切れ欠損がありますので強化しながら再製します。

 

 

 

 


表皮もスレスレで傷んだベロ革とループ革は強化して組み立て直します。

 

 

 

 


外面は汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明で黒色と呼べる部分は少しだけです。

 

 

 

 


手垢や汚れでカモフラージュされていましたが汚れを取り除くと、
表皮が剥がれた部分は白くなり革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


ベロ革の下に隠れていた部分だけが黒色です。

 

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


小銭入れの中まできれいになりマチ部材やポケットなどは強化しました。

 

 

 

 


外面も黒色が復活して全体の白いカビのようなシミも消えました。

 

 

 

 


擦り切れやヤブレが見られた折り曲げ部も丈夫に復活。

 

 

 

 


H金具のメッキも綺麗になりホツレやヤブレもなくなりました。

古い品ですが丁寧に活用すれば、まだまだ活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

台風20号接近中


台風20号が接近しています。
大きな被害がでなければ良いのですが・・・・
安全確保を優先して行動しましょう。

さて、8月17日に受付したご依頼品が21日から当社に送られてきています。
受付した9割以上の方が21日着で発送いただきましたので、
21日に到着した分だけでも9月なかばまで見積もり作業が続きそうな予定です。

現品診断はお送りいただいた品を開梱して、
バッグや財布の状態を確認しながら最適な修理方法を思案していきます。
修理方法や工程が決まれば、ようやく修理価格や納期を算出できます。
それらをメールでお送りして思案いただきます。

送られてくる品はブランドも型も違う品ですし損傷具合も違いますので、
まとめて現品診断することはできませんので、とても時間が掛かります。
見積もりメールが届くまで気長にお待ちください。

今回も多くのご依頼メールを頂戴しましたが、
すぐに対応可能なご依頼数を超えてしまいました。
受付できずにお断りした多くの方々には申し訳なく思っています。

バッグの修理屋ですのでご依頼をお断りするメリットは何もありません。
しかし、保管場所の問題もありますし納期の問題もあり、
一度に受付できる本数には限りがあります。
見積もりだけを何カ月も続けていては倒産してしまいますし・・・・

ご縁がありご依頼いただくことがありましたら、
お預かりした品の加工は一生懸命に作業させていただいていますので、
うまくタイミングが合いましたら、ぜひご依頼ください。

今回も多くのご依頼ありがとうございました。

 

 

ルイキャトルズ


大きさの違うLouis quatorze(ルイ キャトルズ)のクラッチバッグです。

 

 

 

 


黒のバッグは革が劣化しています。

 

 

 


カブセの付け根やポケット天部が裂けています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


底はマチが飛び出して変形。

 

 

 

 


シンプルな構造の内布も劣化してボロボロ。

 

 

 

 


黒のバッグが限界を超えていますのでワインカラーのバッグを入手されましたが、
大きさが違うために使いにくいとのことでサイズを変更します。

 

 

 

 

 


ワインレッドのバッグのマチは仕切りがあり構造も複雑になっています。

 

 

 

 


シンプルな構造の黒バッグと比べると外観のサイズだけでなく別の構造。

 

 

 

 


全体を解体して各パーツを寸法直し。

同じように見えるバッグもサイズが違えばカブセのラインやロック金具の位置などが、
違っていますので単純に周囲を切り落とすだけではサイズダウンできません。

 

 

 

 


使い方に合ったサイズに加工完了????

 

 

 

 


同じサイズに生まれ変わったバッグは下に重ねています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


後ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 

 


依頼通りペン差しや名刺ポケットは取り外しました。
パーツを取り外したあとの針穴は放置せずに縫い直しておきました。

 

 

 

 

 


サイズや構造が違うとロック金具やマークワッペンの位置がネックになり、
単純にサイズダウンできませんでした。

悪戦苦闘しましたが、ご自身のサイズに合ったバッグになりましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索