ケリーの擦れ傷


パイピングがあるバッグと外面にステッチがあるバッグ。
この画像でバッグの種類が解る方は少ないかな?

 

 

 

 


エルメスのケリーバッグです。
カブセの開閉の度に指先や爪が擦れると避けられない傷です。

 

 

 

 


ヒネリ金具の周囲も同様に。。。

 

 

 

 


カブセの裏側は引っかき傷の面積の方が大きいかも?
ご自身で付ける傷ですから使い方を工夫する以外に避けようがありません。

 

 

 

 


底角などの擦れは避けようがない損傷です。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手の色あせも避けようがありません。
外面の汚れを取り除き擦れ部を補修して補色します。

 

 

 

 


内縫い仕上げのブルージーンのケリーバッグも引っかき傷だらけです。

 

 

 

 


持ち手も同様に。。。

 

 

 

 


底角も表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


こちらのバッグの方が使用頻度が高かったようで色あせや薄汚れが、
全体的に見られます。

 

 

 

 


カブセ付け根や外周は擦れやすい部分。

 

 

 

 


マチ部材もスレスレ。

 

 

 

 


汚れも。。。

 

 

 

 


ボールペン汚れも。。。

 

 

 

 


こちらにもボールペン汚れ。

 

 

 

 


ボールペンはインク(染料)なので革に染み込んでいます。

 

 

 

 


ボールペンだけでも沢山あります。

 

 

 

 


付属パーツも含めて全体の汚れをクリーニング。

 

 

 

 


擦れや色あせが鮮明に。。。。

 

 

 

 


付属パーツも同様に。。。。

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分は塗料を吸い込んで着色できませんので、
補修加工で整えたあと補色します。

 

 

 

 


外面クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


予定外ですがカブセ裏も少し加工しておきました。

 

 

 

 


持ち手やカブセ天部の色あせや傷も目立たなくなりました。

 

 

 

 


こちらのケリーも復活です。

 

 

 

 


外周やカブセ付け根やマチ部材も同様に。。。。

 

 

 


底面の大きな黒い汚れや各部に見られたボールペン汚れも改善して、
底角の擦れも目立たなくなりました。

 

 

 


柔らかい雰囲気になる内縫いのケリーと凜とした外縫いケリー。

どちらも魅力的ですが擦れや汚れや引っかき傷が多いと、
一番残念になるバッグです。

工夫しながら丁寧に活用して良い状態を保ってください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ディオール財布


クリスチャンディオールのサドルウォレットです。

 

 

 

 


多くの部材がマトメ縫いされている折り曲げ部付近は負担が掛かります。

 

 

 

 


こちら側はマチ部材が外れています。

 

 

 

 


折り曲げ部も負担が掛かる部分ですので解体して芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


カブセの外周はコバ塗料が剥がれて黒い芯材が露出しています。

 

 

 

 


芯材が目立つ黒色であることや構造に少し残念な部分もありますが、
負担が掛かるカブセに芯材が入れてあることは好感が持てます。

 

 

 

 


ホックの開閉で指先が擦れる部分も塗料が剥がれてしまう部分です。

 

 

 

 


小銭入れの内側のヘリ返し革も接着し直します。

 

 

 

 


折り曲げ部のヘリ返し革をめくりあげて芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


内張りや芯材も剥がして強化します。

 

 

 

 


カブセのコバ面の仕上げ直し完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部の強化加工も完了。

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


剥がれてくることは避けられない部分ですが、
変形やシワも改善させながら貼り直しています。

 

 

 

 


使い込んだ経年変化や雰囲気を楽しむタイプの財布です。

お知り合いから受け継がれた財布とのことですが、
これからが一番良い雰囲気を楽しめる状態だと思います。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

お世話になっております。
今朝、手元に届きました。
綺麗にしてくださった上に、お気持ちの品まで、凄く嬉しかったです。
私が納得するまで話を聞いてくだったおかげで、
お財布本来の良さを、手にとってみて実感することができました。
お願いして良かったです。
大切に大切に使います。
この度は、本当にありがとうございました。

兵庫県 M 様

お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長く活用したいと思えるバッグや財布に出会えることは、
多くありませんので良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

YSLとLV


サンローランのバッグとヴィトンの財布とバッグ(ポパンクール)です。

 

 

 

 


サンローランは持ち手が長すぎるとのことでカット加工します。

 

 

 

 


内張りにファスナーポケットの間仕切りがありますが、
使いにくいとのことで取り除きます。

 

 

 


二つ折り財布は折り曲げ部の強化加工とコバ面仕上げ直しです。

 

 

 

 


コバ面の塗料が剥がれて部材が剥がれています。

 

 

 

 


ポパンクールは引き手革が切れています。

 

 

 

 


サンローランの間仕切りを取り除いて、持ち手をカットしたところです。

 

 

 

 


間仕切りポケットが膨らむことで隠れていましたが、
取り除いてしまうと底マチ部分の部材が足りなくなってしまいます。

予定外ですが底マチ部分を作成する必要があります。

 

 

 

 


折り曲げ部の強化加工とコバ仕上げの完了です。

 

 

 

 


部材を接着してコバ面を整えたあと仕上げ直しました。

 

 

 

 


同じサイズで同じデザインですが内側にもヌメ革を使用して、
構造や強度は別物です。

ポパンクールの引き手は切れやすいですが丈夫になっています。

 

 

 


カットした部分を本体に縫い付けてカット加工完了。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 


取り外した間仕切りポケットで底マチを作成しました。
間仕切りが無くなりシンプルで使いやすくなりました。

 

 

 

 


サンローランは肩掛けも可能な長さを残していますので、
内布もシンプルな構造になり使いやすくなったと思います。

ヴィトンの2点も、まだまだ活躍してくれる状態ですので、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ベアンの擦れ汚れ


エルメスの長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


ベロ革や付け根のループ革は擦れやすく傷みやすい部分です。
黒くなっている部分は表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んだものです。

ベロ革の外周からは毛が生えたように芯材が出ています。

 

 

 


折り曲げ部は糸が擦り切れてホツレがあり革も限界を超えています。

 

 

 

 


こちら側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分です。
縫い穴が外周に出てしまうほど擦り減っています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


今回は外面の補修補色と折り曲げ部の強化加工のみのご依頼ですが、
内側部材にも擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


内部材も表皮が剥がれた部分には汚れが染み込んで黒くなっています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


メンテナンスのタイミングが遅かったたために、
擦れや汚れだけでなく素材自体の劣化が激しいです。

全体に損傷が見られますのでリニューアルリペアもご提案しましたが、
今回は折り曲げ部のみ強化して外面のみ補修補色します。

 

 

 


負担が大きな折り曲げ部は強化芯材を入れ込んで丈夫にします。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。
予定外ですが毛が飛び出していたベロ革の外周コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 


両側の折り曲げ部は強化加工を施し外面の擦れや汚れも改善しました。

弱ったベロ革や磨り減った角部など心配な部分もありますが、
本体の外周もコバ仕上げしておきましたので、
出来る限り良い状態を保てるように丁寧に取り扱いながら
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ロエベとセリーヌ


セリーヌのバッグとロエベのバニティとダミエ長財布です。

 

 

 

 


年代物のセリーヌですが丁寧に使用されていることが、
体側で擦れやすい後面の状態からもわかります。

補色加工のご依頼もいただきましたが余計な塗装は避けるべきであると、
お伝えして今回は見送りました。

 

 

 

 


古い品ですので持ち手は革が硬化しています。

 

 

 

 


両側の持ち手とも同様に。。。。

 

 

 

 


ロエベのバニティも年代物ですが綺麗に使用されています。

 

 

 

 


角部には擦れが見られます。

 

 

 

 


カブセ角も同様に。。。

全体的な補色加工をご依頼いただきましたが、
セリーヌのバッグと同様の判断で見送ることをお勧めしました。
放置しても問題ない程度の擦れですが今回は白くなった部分のみ改善させます。

 

 

 


木枠に革を接着した構造のバニティですので、
古くなると接着剤が劣化して剥がれてきます。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


気にしなくても良いと思いますが引っ掻き傷も見られます。
完全に消すとなると傷の深さよりも厚みのある塗装が必要になり、
マイナス要因の方が大きくなります。

 

 

 

 


後面も同様に。。。

 

 

 

 


ダミエ長財布はリニューアルリペアのご依頼です。

 

 

 

 


内部材は擦れや表皮のハガレが見られます。

 

 

 

 


折り曲げ部の傷みも激しいです。

 

 

 

 


欠損や亀裂がありますので強化加工が必要です。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


ロエベのバニティの劣化した接着剤を取り除いて綺麗にしたところです。
このままで接着すると剥がれやすいので・・・・

 

 

 

 


接着面の表皮を剥がして接着力をアップさせてます。

 

 

 

 


解体。。。

劣化した合成皮革の内張りは本革で作成交換します。

 

 

 


セリーヌは底の4角に損傷が見られます。

 

 

 

 


持ち手と付け根ループ革を取り外しました。

 

 

 

 


持ち手を取り外した部分も内側から強化加工を施します。

 

 

 

 


持ち手の取り付け部を内側から見たところです。
ボール紙のような芯材ですので取り付け部だけでも強化加工が必要。

 

 

 


持ち手やループ革も芯材はボール紙です。

 

 

 

 


取り外した持ち手で亀裂がない部分ですが・・・・

 

 

 

 


軽く折り曲げるだけでバキッと切れてしまいます。

カブセを開閉するたびに持ち手に負担が掛かるデザインですので、
柔軟性がある革で作成交換します。

 

 

 

 


バニティの擦れ部と剥がれ部の加工完了です。
引っ掻き傷も少しだけ改善させておきました。

 

 

 


ダミエ長財布も表皮のハガレや汚れが改善。

 

 

 

 


傷みが激しかった折り曲げ部も強化しながら組み立てました。

 

 

 

 


カブセの開閉しやすいように持ち手が倒れるように仕様変更も可能でしたが、
今回は元の構造のままを選択されました。

柔軟性がある革と芯材を選択しましたのでカブセの開閉も、
しやすくなっています。

 

 

 

 


角部も改善させておきました。

 

 

 

 


3点とも買い換えできない高品質時代の品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エトロとプラダ


エトロのトートバッグとプラダのバッグ2点です。

 

 

 

 


プラダの内布ヤブレは定番の損傷ですが他店様で修理歴があります。

 

 

 

 


他店様では内布を外縫いで修理されています。

 

 

 

 


この辺りは直営店で修理されたようですが少し破れてきています。

 

 

 

 


プラダの大きなバッグは内布ヤブレでファスナーの開閉時に引っかかります。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 


大きなエトロのバッグは持ち手の付け根の強化加工が必要です。

 

 

 

 


持ち手で本体を挟み込む構造は付け根部が傷みやすいです。

 

 

 

 


コバ面は全体的にひび割れやハガレが見られます。

 

 

 

 


持ち手の付け根強化をご依頼いただきましたので解体。

 

 

 

 


芯材のボール紙は切れています。
本体を挟み込んだ構造ですので裏と表を強化する必要があります。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


他店様や直営店で修理した部分も全部やり直し内布修理の完了です。

強化しながら縫製していますので新品時より丈夫です。
特にプラダの内布は全体的に強化しておくことで全体の強度が上がります。

 

 

 


内布でファスナーが隠れていましたがスッキリしましたので、
ファスナーの開閉もスムーズです。

他店様で縫い直していた部分も、やり直しておきました。

 

 

 


エトロも持ち手付け根4カ所の強化加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面もスッキリ。

 

 

 

 


3点とも当社で加工した部分は新品時より丈夫です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索