シャネルとエルメス


シャネルのチェーンショルダーバッグ2点とエルメスの長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


大きな損傷はないベアンですが折り曲げ部には擦れが見られます。
財布では一番傷みが出やすい部分ですので強化加工を施します。

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も擦れやすい部分です。

ベロ革も心配されていましたが現状では必要ないと判断しましたので、
今回は両側の折り曲げ部の強化加工と外周のコバ面の仕上げ直しをします。

 

 

 

 


良い革が使用されていたころの黒のショルダーバッグですが・・・・

 

 

 

 


色褪せや擦れが各部に見られます。

 

 

 

 


擦れや色褪せだけでなく中折れの底も変形して膨らんでいます。

 

 

 

 


チェーンショルダーが取り付けられた本体のマチには重みが掛かります。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工だけでなくマチ部材の変形も気になると、
補正加工のご依頼をいただきました。

 

 

 


人目には触れない内部材ですが色剥がれが目立ちますので、
補修補色加工で目立たないようにします。

 

 

 

 


ベェージュのチェーンショルダーは他店様で加工歴があります。
外周は本体とは別色の赤みのある塗料で塗装されています。

 

 

 

 


画像ではわかりにくいですが外周の赤い塗料が目立ちます。

 

 

 

 


内ポケットの中は・・・・

 

 

 

 


外周に塗った塗料と同じものを塗装したのでしょうか?

 

 

 

 


補色したのか汚したのかわからない状態です。

 

 

 


後ろポケットも全体に塗装されています。

 

 

 

 


本体とは違う色でマトラッセのステッチが消えるほどの仕上がりです。

 

 

 

 


ポケットだけペンキを塗ったような状態で使用困難です。

今回は他店様で与えられた損傷部を出来る限り改善させるご依頼ですが、
当社では他店様での加工工程や塗料の種類もわかりませんので、
試行錯誤しながら改善させるしかありません。

 

 

 

 


他店様での加工はないようですが底角など各部に擦れや汚れも見られます。

 

 

 

 


エルメスの長財布は折り曲げ部を解体して強化心材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


黒のチェーンショルダーはマチ部材を強化するために解体。

 

 

 

 


マチにはガーゼのような芯材が入れてありました。

柔軟性のある柔らかな構造で仕上げられたマチ部材ですので、
カチッとさせるのはダメです。
でも、大きな変形型崩れは補正したいし重みが掛かるので強化もしたい。

 

 

 

 


汚れを取り除くと各部の擦れや色褪せが鮮明になります。

 

 

 

 


ベェージュのバッグも付属パーツを取り外して他店様の塗料を取り除いてみました。

 

 

 

 


出来る限り他店様の厚塗りされた塗料を取り除きました。

糸に染み込んだ塗料は完全には取り除けませんが、
消えていたポケット部のマトラッセステッチも少し改善。

 

 

 

 

 

 


ベアンの折り曲げ部の強化とコバ仕上げも完了です。

 

 

 

 

 


擦れや色褪せが見られた黒のチェーンショルダーも復活。

 

 

 

 


内部材の色剥がれも目立たなくなりました。

 

 

 

 


大きく変形していたマチ部材も柔軟性を残したまま補正完了です。

 

 

 


予定外ですが膨らんでいた底面も中折れ状態に改善させておきました。

 

 

 

 


外周のも本体と同色に戻りました。
底角などの擦れや汚れも改善させています。

 

 

 


ポケットの中も改善。

 

 

 

 


赤みのある別色で塗装されただけでなくステッチが消えるほどの状態でしたが、
同色になりマトラッセも復活です。

 

 

 


シャネルのバッグは2点とも悪戦苦闘しましたが、
活用いただける状態に復活させることができました。

3点とも丁寧に活用すれば長く頑張ってくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
お世話になります。
無事、バッグとお財布受け取りました。
ありがとうございます。

どれもとても綺麗に仕上がっており、
特にベージュのマトラッセはまた使えるまで改善されていて、感激しております。
ブログも拝見しました。

こちらと同じく、ネットで見つけた他社での修理でしたが、
ひどくされてしまったこともあり、不安な部分もありましたが、
たくさんの修理事例を載せてあった御社を信頼し、
お願いさせて頂き良かったと思っております。

大切に使わせて頂きます。
ありがとうございます。

東京都 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
3点とも強度アップや見た目の改善などで、
丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

ベアンコンパクト


ボックスカーフ素材のエルメスのベアンコンパクトです。
中身を少し減らして使用する方が良いと思われます。

 

 

 

 


H金具はメッキ剥がれだけでなく深い傷が多数みられます。

金具の構造上、深い傷を取り除くまで研磨してしまうと、
2本の橋の部分が薄くなりすぎて強度不足になり折れやすくなります。

金色の真鍮素材が目立たない程度に再メッキ加工するのが安心です。

 

 

 

 


小さな財布ですがファスナー付きの小銭入れやカードポケットを完備。
内部材を見ても詰め込みすぎのように思います。

 

 

 

 


小銭入れの中の擦れや汚れは避けることはできません。

 

 

 

 


リニューアルリペアのご依頼をいただきましたのでバラバラに解体。
H金具やベロ革を取り外した部分を見れば全体の色褪せや擦れ具合が鮮明です。

 

 

 


使用すれば汚れますが小銭入れの中も改善させます。

 

 

 

 


軽傷ですが折り曲げ部は擦れがあり弱っています。

 

 

 

 


底角部は革が擦り切れています。
折り曲げ部と底角の4か所は強化加工が必要です。

 

 

 


折り曲げ部と同じようにベロ革付け根のループ革も擦れやすい部分です。

 

 

 

 


薄い革を剥がして強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


底角部も同様に。。。。

 

 

 

 


底角や折り曲げ部だけでなく各ポケットの縫い合わせ部なども強化して、
組み立て直します。

 

 

 

 


全体の色褪せも改善してリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直して折り曲げ部は強度アップ。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革は芯材交換してループ革の擦れも改善させています。

 

 

 

 


底角の擦り切れも改善。

 

 

 

 


各ポケットの縫い合わせ部も強化しています。

 

 

 

 


小銭入れの中も綺麗になりました。

 

 

 

 


真鍮素材の金色が目立っていたH金具もメッキで真鍮色をカバーしています。

各部の強化加工で強度や耐久性は増していますが、
良い状態を保ちながら使い続けるには詰め込みすぎを控えて、
丁寧に取り扱うのが効果的です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

ただ今、財布が手元に届きました。
丁寧に仕上げていただきまして
大満足です!ありがとうございました。
これからは詰め過ぎに注意しながら
大切に愛用していきます。
そして、お気持ちまでいただき感無量です。
本当にありがとうございました。

 

青森県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に愛用すれば長く活躍してくれる良い財布です。
コンパクトなベアンに似合うボックスカーフ素材で、
カッコいいお洒落な財布ですので、
大切に長くご愛用ください。

色褪せとメッキと変形


シャネルのチェーンショルダーバッグ(マトラッセ)です。

 

 

 

 


メッキが剥がれたヒネリ金具が大きく傾いています。

 

 

 

 


本体の変形で傾いているようでグラグラです。

ショルダーチェーンがカブセを引っ張り、カブセがヒネリ金具を引っ張るので、
マトラッセには多くみられる損傷です。

 

 

 


外面全体に色褪せや擦れも見られ外周には表皮が剥がれた擦れも・・・・

 

 

 

 


マチ部材もスレスレ。

 

 

 

 


カブセの付け根も傷みやすい部分です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


底面もスレスレで色褪せています。

 

 

 

 


チェーンショルダー金具もメッキが剥がれています。

 

 

 

 


何かが付着した赤い汚れもありますので汚れを取り除く作業からスタートです。

 

 

 

 

 


付属パーツを解体して取り外し汚れを取り除きました。

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明になります。

 

 

 

 


比較的、綺麗に見えていたカブセ正面もスレスレ。

 

 

 

 


カブセ裏も同様に。。。。

表皮が剥がれた部分は補修加工を施さなければ塗料を吸い込んでしまって、
補色することができません。(全体的にスレスレですが・・・・)

 

 

 

 


本金メッキで金具の再メッキ加工の完了です。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工も完了しました。

 

 

 


カブセ裏の擦れも改善。

 

 

 

 


金具の取付け部には小さな芯材が入れてあるだけでした。

 

 

 

 


金具の取付け部は全体的に強化しましたので波うちや変形もなくなり、
ヒネリ感具の傾きも改善しています。

 

 

 


擦れや色褪せだけでなくヒネリ金具の傾きもみられたマトラッセですが、
金具類もピカピカになり気持ちよく愛用いただけそうです。

擦れに弱いデリケートな素材ですので工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

キーケースのホツレ


エルメスのキーケースです。

 

 

 

 


フック金具一つ欠損しています。

 

 

 

 


擦れやすいベロ革の折り曲げ部は両側とも糸が擦り切れています。
コバ面の塗料も剥がれていますが今回はホツレのみご依頼です。

 

 

 


本体の折り曲げ部も4か所とも糸が擦り切れてホツレが見られます。

 

 

 

 


角部も擦れやすい部分です。

 

 

 

 

 


糸が擦り切れた部分は傷みやすい部分ですので、
強化加工まではしなくてもコバ面は仕上げ直すのが理想です。

 

 

 

 


違和感のないフック部材を探すのに苦労しましたが、
問題なく活用いただけそうです。

 

 

 

 


7か所に見られたホツレも縫い直し完了です。

 

 

 

 


フック金具の取付けやホツレ部の縫い直しで強度や耐久性がアップすることは
ありませんが部材が剥がれて口が空いたまま使用するよりは、
劣化を遅らせる効果があると思います。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

マイクロマトラッセ財布


全体的に色褪せが見られる使い込まれたシャネルのマイクロマトラッセ長財布です。

 

 

 

 


後面も黒味がなくなっています。

 

 

 

 


全体的の色褪せだけでなく外周は革が擦り切れていて重症です。

 

 

 

 


擦り切れて破れていますので白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


外周には多数の擦り切れ破れが見られます。

 

 

 

 


基本的に外周の革が擦り切れて無くなるまで放置すると手遅れです。

外周全体に擦り切れ破れがあり白い芯材が目立ちますので、
補修して全体を補色します。

 

 

 

 


ベロ革も全体にスレスレで外周が芯材が露出。

 

 

 

 


カブセの開閉で指先が擦れるホックの下あたりもスレスレです。

 

 

 

 


内部材も擦れや汚れが全体に見られます。

 

 

 

 


カードポケットの対面になり擦れることが避けられない部分ですが、
表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んで黒くなっています。

 

 

 


カードポケット側も同様に。。。。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れは避けられない部分ですので破れていなければ、
加工の必要はありません。

 

 

 


今回は革パーツの補修補色加工を承りましたので、
汚れを取り除くクリーニング加工からスタートです。

 

 

 


手垢などでカモフラージュされていたカブセも汚れを取り除くと擦れが鮮明です。

 

 

 

 


予定外ですが小銭入れの中の布も少し綺麗にしておきました。

 

 

 

 


革パーツ補修補色加工の完了です。

 

 

 


外周の擦り切れ破れ部も黒くなり目立たなくなりました。

 

 

 

 


汚れや擦れで外面に負けないくらい重症だった内部材も加工完了。

 

 

 

 


擦れや汚れが目立たなくなり気持ちよく愛用いただけます。

 

 

 

 


擦り切れ破れで白い芯材の露出や毛羽立ちが目立っていましたが、
全体的にシャネルらしい黒味も復活してスッキリです。

擦れに弱いデリケートな素材の財布ですので良い状態を保つには、
工夫しながら丁寧に活用することが必要です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

コインケース内側の破れ


ルイヴィトンの小銭入れです。

 

 

 

 


1989年製造の年代物ですので内張りは本革ですが、
金属のコインを入れますので底面に破れが見られます。

 

 

 

 


マチにも擦れは見られますが小銭を入れるので避けられないものです。

 

 

 

 


今回はヤブレ部のみ作成交換するご依頼ですが、
製造刻印が無くなってしまうことを気にされていましたので、
部分的に残す方向で作業を進めます。

 

 

 

 


解体。

 

 

 

 


革が劣化しているだけでなくボール紙の芯材も硬化してボロボロ。
予定外ですが芯材も作成交換します。

 

 

 


本革にてヤブレ部の内張り作成交換の完了です。
丈夫な芯材に交換していますので強度もアップしています。

 

 

 

 


天部の羽根をめくり上げなければ見えないシリアルナンバーですが残せました。

 

 

 

 

 


傷んでしまうことが避けられないコインケースですが、
最高品質時代に作成された品ですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

無事に商品受け取りました。
大切にまた使いますね・・・
ありがとうございました。

 

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
内張りに本革が使用された最高品質のコインケースです。
現行素材に変えてしまうと現行品質になってしまいますので、
当時の品質を落とさないように内張りは本革仕様で、
外観から見えない芯材も新品交換しています。
大切に長くご愛用ください。