スハリ ロックイット


ルイヴィトン スハリラインのバッグ(ロックイット)です。
本体と付属パーツは別の素材が使用された凝った構造のバッグですが、
白系の素材ですので全体に汚れや擦れが見られます。

 

 

 

 


全体に薄汚れがあり底角は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


こちらの素材は汚れだけでなく表面塗料が劣化した状態です。

 

 

 

 


劣化した塗料と汚れが混ざるような状態で汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


持ち手は、かなり残念な状態で擦れと汚れが重症です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手の付け根などを見ると塗料が劣化して溶けているような状態。
そこに汚れが付着していますので簡単には取り除けません。

 

 

 

 


付け根革の裏側は埃が付いただけに見えますが、
劣化した塗料と埃が混ざり合っていますので拭き取ることができない状態です。

 

 

 

 


ボールペン汚れも同様に。。。。

 

 

 

 


付属パーツも表面塗料が劣化しています。

 

 

 

 


裏面を見ると塗料が溶けているのがわかります。

劣化した塗料の上から塗装しても改善しませんしベタツキが発生します。
何より塗料と混ざり合った埃や汚れを取り除かなくては・・・・

 

 

 

 


汚れが交じり合った塗料を取り除いたところです。

 

 

 

 


付け根革も同様に。。。。

 

 

 

 


劣化した塗料は全て取り除き補修補色加工を施します。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手の汚れや色剥がれも改善しました。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


キーケースも復活。

 

 

 

 

 

 


底角も改善しました。

 

 

 

 


全体に汚れが染み込んだ底面も復活しています。

 

 

 

 


素材も色も違う2種類の革が使用されたバッグですので、
塗料も2種類必要になり手間は3倍です。
その上、塗料の劣化や汚れで通常の5倍以上の時間がかかりました。

持ち歩くのが困難なほど汚れや擦れが目立ちましたがスッキリです。
白系のバッグの汚れは避けられませんが、
良いバッグですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

セリーヌのベタツキ


セリーヌの小さいショルダーバッグです。

 

 

 

 

 


長財布などは入れることができないコンパクトなバッグですが、
ファスナーポケットや間仕切りで使いやすそうです。

 

 

 

 

 

 


全体に多数の引っかき傷や色あせが見られます。

 

 

 

 


後面も全体に傷があり色あせています。

 

 

 

 


カブセは色あせて黒味が半減しています。

画像では傷や色あせしか伝わりませんが実は全体にベタツキがあり、
使用することを躊躇するほどベタベタしています。

 

 

 

 

 


中折れで擦れることが少ない底やマチ部材も引っかき傷が多数あります。

キズや色あせも改善させたいところですが革に染み込んだベタツキを
取り除かなければ補修や補色ができません。

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

これが現状の表皮で、スレスレの革は湿気や汚れを吸い込みやすくなります。
表皮が擦れて吸い込みやすくなった革にグロスのようなワックスを塗り込み、
革に染み込ませたことで全体にベタベタしているようです。

かなり除去しましたが、まだ少しベタベタしています。
完全に取り除かなければ塗料が密着しないので補色できません。

 

 

 

 

 


ショルダーベルトもバックル金具に固定する部分は擦り切れが見られます。

 

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。
ショルダーベルトも色あせがありますので汚れを取り除いて補色します。

 

 

 

 


引っかき傷が多数見られた中折れの底マチも改善して、
クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


マチも同様に。。。。

 

 

 

 


予定外ですがカブセ裏も補色しておきました。

 

 

 

 


スレスレだった部分も改善。

 

 

 

 


ショルダーベルトも補修して補色しています。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 

 


全体に傷や色あせが見られた後面も改善しました。

 

 

 

 


全体に見られた傷や色あせを改善させるために、
革に染み込んだベタツキを除去する必要があり悪戦苦闘しましたが、
ベタベタは完全に消えて躊躇なく使用いただける状態です。

高品質な素材で丁寧に作成された良いバッグですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルとセリーヌ色あせ


セリーヌのラゲージ ナノとシャネルのバッグです。

 

 

 

 

 


大きなシャネルのバッグは内側も本革でマトラッセ加工されています。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな革ですので何かに引っかかると裂けて破れてしまいます。
このままでは重症化する心配がありますので内側から補強して破れ穴を塞ぎます。

 

 

 

 


大きなバッグですので底角はスレスレ。

 

 

 

 


底角4か所は表皮が毛羽立っています。

 

 

 

 


底面も擦れが多数みられます。

 

 

 

 


同様に。。。。。

 

 

 

 


縫い合わせ部も表皮が剥がれています。

 

 

 

 

 


この辺りも同様にスレスレで表皮が剥がれて毛羽立っています。

柔らかくデリケートな革ですので各部に擦れが見られます。
部分的な擦れだけでなく全体に色あせもありますので、
破れ部を補強して塞いだあと補修補色加工を施します。

 

 

 

 


セリーヌのラゲージも各部に表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


天部の内側もスレスレですので・・・・

 

 

 

 


出っ張ったパーツは擦れやすく・・・・

 

 

 

 


擦れを避けることはできません。

 

 

 

 


シャネルの汚れを取り除いてみると持ち手は擦れ具合が鮮明に。
擦れ部を整えて補修したあと外面全体を補色します。

 

 

 

 


全体に色あせも見られた外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 

 


裂けていた部分は内側から補強してヤブレ穴を塞ぎました。

 

 

 

 


スレスレだった底角も改善。

 

 

 

 


縫い合わせ部も同様に。。。。

 

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


全体に擦れが見られたラゲージも改善しました。

 

 

 

 


持ち手付け根も改善しています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


底角も復活。

 

 

 

 


どちらもコーティング加工して汚れが染み込むことを抑えていますが、
柔らかくデリケートな革のシャネルも出っ張りが多いラゲージも擦れに弱く、
良い状態を保つには丁寧に取り扱うしかありません。

丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

スピーディとグッチ財布


ルイヴィトンのミニボストン(スピィーディ)とグッチの二つ折り財布です。

 

 

 

 

 


使い込まれた様子のスピーディですが今回はファスナー引手革のご依頼です。

 

 

 

 


引手革を固定する刻印入りカシメ金具を再製して欠損した引手革を作成します。

 

 

 

 

 


手垢汚れが重症なグッチの財布です。

汚れを取り除いてもGG柄布地の擦れた繊維は元に戻ることはありませんが、
少しベタツキを感じる程の汚れですので布地のクリーニングを優先させます。

 

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部はテーピング革が擦り切れています。
GG柄の布地もよく見ると擦り切れて亀裂があります。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部もテーピング革が擦り切れて布地には亀裂が・・・・

 

 

 

 

 


内側を見ると使い方は丁寧。

 

 

 

 


角部も擦り切れ。

 

 

 

 


折り曲げ部付近にGG柄布地の擦り切れが数か所あり、
放置できない状態でしたのでバラバラに解体しました。

 

 

 

 


GG柄布地を裏側から見ると織糸が擦り切れて亀裂が多数。

折り曲げ部付近の布地が変色しているのは汚れだけでなく、
GG柄布地の白っぽい横糸だけが擦り切れて欠損しているからです。

大きく裂けてくる心配がありますので、
全体に強化芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 


少し厚みを増したヌメ革で引手革の作成交換の完了です。
スライダー金具も綺麗になり刻印入りカシメ金具も再製しています。

 

 

 

 

 


GG柄布地を全体的に強化しながら汚れを取り除きテーピング革の交換完了。

 

 

 

 


繊維の糸が擦り切れた部分はクリーニングで織が改善することはありませんが、
今回は全体的に強化芯材を入れ込んでいますので、
全体がシャキッとして強度も改善。

 

 

 

 


財布は予定外の加工で大がかりになりましたが、
丁寧に使用すれば、まだまだ活躍してくれる状態に復活です。

スピーディは多用する引手革は丈夫に復活していますが、
劣化した付け根革などに大きな負担を掛けないように使用するのが最善です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

セリーヌのボストン


型崩れで疲れたように見えるセリーヌのボストンバッグです。

 

 

 

 

 


付属のショルダーベルトはコバ面の仕上げ直しが必要。

 

 

 

 


キーケースの革ひもは接着が剥がれてバラバラです。

 

 

 

 


天角には白くなった擦れ。

 

 

 

 


持ち手にも擦れや小傷が。。。。

 

 

 

 


今回は他店様で補修された底角を仕上げ直します。

かなり黒っぽい赤の塗料で補色されていますので逆に汚く見えます。

 

 

 

 


こちらの底角も色が違う塗料で補色されています。

 

 

 

 

 


表皮が剥がれているよりは素材をガードできてよいのですが・・・・

 

 

 

 


今回は変色してゴールドでなくなったファスナーも交換します。

 

 

 

 


内張りも作成交換します。

 

 

 

 


床革の残念な素材ですので本革で作成します。

 

 

 

 


内張りにも他店様での補色加工の痕跡が・・・・

 

 

 

 


デザインや構造を変えることなく丈夫な本革で内張りの作成交換の完了です。

 

 

 

 


白い汚れも綺麗になりました。

 

 

 

 

 

 


底角の黒っぽい他店様の塗料は取り除いて補修補色。

 

 

 

 


変色していたファスナーもゴールドになり開閉もスムーズ。

 

 

 

 


革ひもも修復してコバ仕上げしています。

 

 

 

 


持ち手などの色剥げも少し改善させました。
丈夫な内張りに作成交換したこともあり全体の変形も改善して自立しています。

ドクターバッグのようにファスナー周りに鉄芯が入れてあり、
良い状態を保てればカッコいいボストンバッグです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション 御中

本日バッグを受け取りました。クタクタだったボストンバッグが、
ピシッと自立していて感動しました。
直していただいたカギも、開け閉めがスムーズになっていて助かりました。

ブログでの修理工程も拝見しました。

細部までとても丁寧に修理してくださって、
ありがとうございます(*^^*)
大切に使っていこうと思います。

今度は、お財布をお願いしようと思います。
ありがとうございました。

千葉県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
カッコいいボストンバッグですので大切に長くご愛用ください。

フェンディの擦れ


白い革のフェンディのバッグです。

 

 

 

 


持ち手は汚れや色あせだけでなくコバ面が剥がれてひび割れも見られます。

 

 

 

 


底角は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


小傷も各部に見られます。

 

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 

 


汚れも各部に。。。。。

 

 

 

 

 


同様に。。。。。

 

 

 

 

 


エンボス加工された絵柄部は出っ張っていますので擦れて表皮が剥がれやすく、
表皮が剥がれると汚れが染み込みやすくなります。

 

 

 

 

 


僅かな出っ張りですが擦れて汚れやすくなります。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


パーツの外周も擦れやすい部分です。

 

 

 

 

 


この辺りも外周はスレスレ。
表皮が剥がれた部分は補色出来ませんので補修加工を施して整えます。

 

 

 

 

 


ベルト部はコバ面の仕上げ直しが必要。

 

 

 

 

 


持ち手やベルトや金具を取り外して擦れ部を整えたあと補色します。

 

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 

 


ベルトのコバ面や天部も仕上げ直しています。

 

 

 

 

 


表皮剥がれて繊維が露出していた底角も改善。

 

 

 

 


持ち手もコバ面を仕上げ直して改善させています。

 

 

 

 

 


色剥がれや汚れで絵柄部分だけがグレーに変色していましたが、
各部の小傷や汚れも目立たなくなりスッキリしました。

白いバッグですし汚れや擦れが目立ってしまうのは仕方ないことですが、
綺麗な状態を保てると白い革はお洒落でカッコいいです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション御中

お世話になっております
昨日バッグを受け取りました。
新品かと見紛うような状態で、びっくりすると共に大変感動いたしました。
この思いを表現する言葉見つかりません。
魔法ですね・・・もはやこれは・・・。
今回、タイミングよくお直しをお願いすることができて本当に良かったです。
ありがとうございました。
今後もご縁がありますことを願っております。
心より御礼まで。

福岡県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
白いバッグの汚れや擦れは避けることができませんが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。