エルメス コンスタンス


HERMESのコンパクト財布CONSTANCE(コンスタンス)です。

 

 

 

 


大きなH型金具がロックになっています。
表皮が擦れた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


開閉する度に指先が擦れてしまう部分は表皮が剥がれています。

金具を固定するプレートが革の裏面に貼り合せてあり硬くなっているので、
擦れてしまうと傷みやすい部分です。

構造的に擦れは避けられない部分ですので気を付けて使用する以外に、
良い状態を保つ方法はありません。

 

 

 

 


カブセ側の金具はビスが欠損しています。

 

 

 

 


札入れのないコンパクト設計。
カブセの裏側には黒いシミ汚れが見られます。

 

 

 

 


外周のコバ面も擦れや劣化が見られます。
定期的にメンテナンスして良い状態を保ちたい部分です。

 

 

 


汚れを取り除くと内側に入れられたプレート金具の形に擦れていることがわかります。

表皮が無くなってしまう前にメンテナンスするのが最善でしたが、
このままでは擦れが目立ちますので補修したあと同色で補色加工します。

 

 

 

 


劣化したコバ塗料を剥がし取ったところです。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は強化加工を承りましたので解体して強化芯材を入れ込みます。

外周までは足りていませんので強度アップの効果は低いですが、
薄い芯材が入れてありました。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 

 


擦れ部を整えたあと補色加工の完了です。

 

 

 

 


ビスの取付けも完了。

 

 

 

 


カブセの裏側も綺麗にしておきました。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直し完了。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


補修補色加工したことで擦れが目立たなくなったことよりも、
汚れや湿気を吸い込みにくくなったことで革の劣化を抑える効果があります。
見た目の事よりも重要な効果です。

構造的に指先で擦れてしまうのは避けられない部分ですが、
注意しながら開閉して悪化させないようにするのが最善です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

おせわになっておりす。
本日、無事受け取りました。
見る度に残念な気持ちになっていたのですが、
本当に奇麗に修正•補修頂きありがとうございました。
愛情深く直してくださったことがよくわかります。
丁寧に使っていきたいと思います。
この度は、本当にありがとうございました。
また機会がございましたら、是非よろしくお願いいたします。

大阪府 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
中央部の擦れは構造的な問題もありますので、
注意しながら使用するほかに避ける方法はありません。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

クロエの擦れ


クロエのバッグと長財布です。

 

 

 

 

 


シワができてしまうほど重いロック金具ですが高品質でお洒落なロック金具です。

 

 

 

 


シワを伸ばすと金具で擦れる部分は黒く変色しています。

 

 

 

 


擦れやすい底角は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


底角は4か所とも同様に。。。。

 

 

 

 


取り外し可能な持ち手は手垢汚れが染み込んで黒く変色しています。

 

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しが必要。

 

 

 

 


財布はマーク金具のメッキが剥がれてシルバーになっています。
歪んでいるのは・・・・

 

 

 

 


金具が外れてしまっているようです。

 

 

 

 


便利な後面ポケットですが・・・・

 

 

 

 

 


ポケット天部は負担が掛かりやすく裂けています。

 

 

 

 


内側のポケットも・・・・

 

 

 

 


破れています。

 

 

 

 


便利な口金金具の小銭入れですが口金が壊れていて閉まりません。

 

 

 

 


各部に小傷もあります。

 

 

 

 


底角も擦れやすい部分。
財布はバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


片方の持ち手のみ手垢汚れを取り除いてみました。
擦れて表皮が無くなった部分に汚れが染み込んでいたことがわかります。

 

 

 

 

 


ボール紙の芯材も劣化していますが出来る限り整えてコバ仕上げします。

 

 

 

 


底角と持ち手の補修補色加工のご依頼ですが、
各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


この辺りの擦れは汚れでカモフラージュされていますが汚れを取り除くと・・・・

 

 

 

 

 


表皮の擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


財布はバラバラに解体して各部を強化して組み立て直します。

 

 

 

 

 


口金金具もメッキが剥がれています。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて革に穴が空いています。

 

 

 

 


マーク金具を取り外してみると瞬間接着剤を使用した損傷が・・・・
この辺りも改善させながら組み立て直します。

 

 

 

 


黒く汚れていた持ち手も改善してコバ面も仕上げ直し完了です。

 

 

 

 

 


底角の擦れも同様に。。。。

 

 

 

 

 


外面の擦れ部や汚れなど予定外の部分も改善させておきました。

 

 

 

 


再メッキ加工でゴールドになったマーク金具もしっかりと固定して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


傷んだ芯材は丈夫なものに交換しています。

 

 

 

 


ポケットの破れも強度アップさせながら復活。

 

 

 

 


後ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 

 


口金金具も再メッキ加工でピカピカ。

 

 

 

 


しっかりと閉めることが可能に復活しています。

 

 

 

 


汚れや擦れは避けることは難しいものですが丁寧に取り扱うだけで、
重症化させることを防げますし良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメス財布修理


各部に損傷が見られるエルメスの長財布(ベアン)です。

折り曲げ部やベロ革を縫い直した修理歴があることは明らかですが、
全体的にエルメスオレンジとは言えない色合いで塗装歴もあると考えていますが、
ご依頼者からは塗装したことはないとのこと・・・・

 

 

 

 


ベロ革はスレスレでボロボロでも縫い直しているので形状は保っています。
擦り切れた付け根のループ革で隠れていた部分は何故かエルメスオレンジです。

 

 

 

 


折り曲げ部も表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。
残念な縫製ではありますがホツレは縫い直されていてます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


全体的に汚れや擦れで素材が劣化していて重症。

 

 

 

 


塗料の下から浮き出たような傷や汚れが全体に見られ不思議な状態。

 

 

 

 


内部材もエルメスオレンジとは少し違う色で擦れや汚れが各部にあります。

 

 

 

 


外面よりは傷みにくい内部材なんですが・・・・

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


コメントを書きにくい内部材の状態です。

 

 

 

 


小銭入れの汚れは避けることができない損傷です。
小銭入れの中はエルメスオレンジです。

 

 

 

 


外面の角部は擦り切れて無くなっていますので縫い直すことも不可能。
全体を解体して使用できる状態にリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


この赤い塗料はなんでしょう?
・・・・推測すらできません。

 

 

 

 


ポケット上部は外面と同色ですがポケットの中はエルメスオレンジ。

ボールペン汚れが塗料の下から浮き出ています。

 

 

 

 


塗装歴の疑いが深まる一方ですが、まずは解体。

 

 

 

 


ベロ革を解体して芯材を取り除いたところです。

エルメスオレンジのままの部分と比較すると別色であることがわかります。
汚れや色あせが原因でしょうか?

 

 

 

 


取り除いた外周の糸も飛び飛びで別色です。

 

 

 

 


ベロ革を取り除いた部分はエルメスオレンジ。

 

 

 

 


H金具にも塗料が残っていますので一枚革の状態で塗装されたのではなく、
財布の形になってから塗装されたことが確実です。

縫製糸や金具まで塗料が付着していることで塗装修理歴は確定です。

 

 

 

 


表面の塗料を半分だけ取り除くとエルメスらしいオレンジが出てきました。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革も表面だけ塗料を取り除くと裏面とは別色になり、
内部材と同様のエルメスオレンジが出てきました。

 

 

 

 


これだけ色が変わると塗装したことに気が付くと思いますが、
意外と気が付かないものなんでしょうか?

汚れも取り除かずに違う色で塗装した手抜き加工なので、
持ち主には塗装していないと伝えていたのか?

当社としては疑問点が多い現状です。

 

 

 

 

 


他店様での残念な縫製や塗装歴があり余計な加工が必要でしたが、
出来る限り汚れを取り除いて、ようやくリニューアルリペア加工をスタートできます。

汚れや塗装を取り除くとキズや汚れや素材の劣化などで重症すぎる財布です。
引き続き愛用いただけるように各部を強化しながら組み立て直します。

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


コインケースの中も綺麗に復活。

 

 

 

 


ベロ革など各部に強化加工を施して丈夫に復活させています。

 

 

 

 


欠損した角部や擦り切れが見られたベロ革や折り曲げ部なども、
強化加工を施して組み立てコバ面も仕上げ直しています。
その他、多数の損傷や汚れも改善して引き続き愛用いただける状態に復活です。

構造的には新品時より丈夫になっていますし見た目も改善していますが、
他店様で加工歴がありボロボロになるまで活用された財布ですので、
今後は労わるように活用されることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になります。
昨日受け取りました!
想像以上にキレイになっており、とても驚いたのと同時に感動致しました。
本当にありがとうございました!!!!
大切に大切に使わせて頂きます。
また、ブログも楽しみにしております。

暑い日が続いております。
体調を崩されませんようご自愛くださいませ。

千葉県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い状態を保ち続けるためには丁寧な取り扱いが最善策です。
大切に長くご愛用ください。

シャネル色あせ


年代物のシャネルのチェーンショルダーバッグ(マトラッセ)です。

 

 

 

 


マチが無くなるほどペタンコ状態で擦れや色あせが見られます。

 

 

 

 


擦れやすい外周は革の繊維が露出して毛羽立った状態です。

表皮が剥がれてしまうと塗料を吸い込んでしまい補色出来ませんので、
表皮を整える補修加工が必要です。

 

 

 

 


外周の擦れが目立ちます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


金具類はメッキが剥がれてゴールドの部分がほとんどありません。

 

 

 

 


カブセの下部分ですが少し傷がある程度で黒い革に見えます。
しかし・・・・

 

 

 

 


カブセに隠れていた部分と比較すると外面部は擦れや色あせが鮮明です。

カブセに隠れていた部分も色あせしているのですが・・・・

 

 

 

 

 


金具はメッキ加工が必要。

 

 

 

 


再メッキ加工で新品時の輝きが復活。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


金具類も本金メッキで復活。

 

 

 

 


チェーンや中革も同様に。。。。

 

 

 

 


今回は型崩れの補正はキャンセルされましたが保管時にタオルなどを入れて、
形を整えて保管すると悪化を抑えることができます。

今回は見た目を整える加工ですので強度や耐久性は年代物のままです。
丁寧に取り扱いながら出来る限り良い状態を保ってください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
お世話になります。
バッグが無事に届きました。とても丁寧に梱包して頂きありがとうございます。
あんなにボロボロだったバッグが新品のように綺麗になっておりとても驚きました!!
昔つかっていた母も修理に出して良かったねと喜んでおりました。
これで恥ずかしくなくバッグを使うことが出来ます!
今回は型崩れの修理はキャンセルしましたが
次回はお願いしたいです!
またよろしくお願いします。

大分県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
高品質時代の良いバッグですが使用すれば擦れや汚れは避けられません。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

シャネル色あせ


色あせや擦れや汚れなどが全体に見られるCHANELチェーンショルダーです。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな革は擦れに弱く良い状態を保ち続けるのが難しいバッグです。

 

 

 

 


表皮が剥がれると汚れが染み込みやすく黒くなります。

 

 

 

 


全体的に汚れが染み込んで黒くなっていますので全体が擦れた状態です。

 

 

 

 


後面も全体的に黒く汚れて元の色がわからないほどの状態です。
この状態のまま活用されていたのが不思議なくらいで重症です。

 

 

 

 


本体マトラッセ部と比べる軽傷ですがチェーン中革も擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


金具類を取り除いて汚れを取り除きます。
予定外ですがチェーン中革も取り外してクリーニング。

 

 

 

 


黒く汚れが染み込んでいた部分の汚れを取り除いたところです。

 

 

 

 


汚れを取り除いたカブセ外周は表皮が一皮剥がれていることがわかります。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


カブセ内側や中のカブセも改善させています。

 

 

 

 


持ち歩くのが困難なほど汚れが染み込んだ後面もスッキリ。

 

 

 

 


スレスレだったカブセ付け根や外周も同様に。。。。

 

 

 

 

 


革の繊維が毛羽立っていた底角も改善させています。

 

 

 

 


持ち歩くのが困難なほど汚れや擦れやシミや擦れなどが見られましたが、
愛用いただける状態に復活しています。

擦れに弱くデリケートな素材が使用されたバッグですので、
良い状態を保つには丁寧な取り扱いが必要です。

限界を超えるまで擦れや汚れを重症化させるのは避けて、
早めのメンテナンスが良い状態を保つ秘訣です。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
返信遅くなりました。
確認したところ、想像以上の仕上がりで喜んでいます。
これで、もっていても恥ずかしくない良い鞄に復活してくれました。
待った甲斐がありました。
有難うございました。

奈良県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
擦れに弱く汚れも目立つ素材ですので、
良い状態を保つには丁寧な取り扱いと早めのメンテナンスが最善です。
大切に長くご愛用ください。

ボリード色あせ


エルメスのボリードです。

 

 

 

 


各部の縫製糸が擦り切れて無くなっています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


外面にはホツレが多数。

 

 

 

 


持ち手は手で擦れた部分に汚れが染み込んで劣化しています。

 

 

 

 


持ち手も糸が擦り切れて口が空いた状態です。

 

 

 

 


付け根も擦れやすい部分。

 

 

 

 


当然ながら底角は表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。

 

 

 


ガサガサです。

 

 

 

 


ショルダーベルトを取り付けるとナス管金具が擦れて黒くなります。

 

 

 

 


付属パーツも擦れが見られます。

 

 

 

 


各部に擦れや汚れや傷が見られますが・・・・

 

 

 

 


ショルダーベルトと比較すると全体に色あせていることがわかります。
今回は多数あるホツレ部を縫い直して外面を補修補色加工します。

 

 

 

 

 


持ち手に染み込んだ手垢汚れを出来る限り取り除いてみました。
表皮の剥がれ具合が鮮明です。

 

 

 

 


汚れを取り除くと底角だけでなく底の周囲の擦れ具合も浮き彫りです。

 

 

 

 


表皮が剥がれて繊維が露出した部分を整える補修加工を施したあと、
外面全体を補色してコバ面を仕上げ直します、

 

 

 

 


ホツレ部の縫い直しと外面の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 

同様に。。。。

 

 

 

 


ガサガサだった底角も改善。

 

 

 

 

 


ホツレや擦れや汚れで残念な状態でしたが、
色あせた外面全体がショルダーベルトなど付属パーツと同色に復活。

使用すれば汚れや擦れは避けられない損傷ですが、
縫製糸が無くなるまで擦れてしまうとメンテナンスは遅すぎます。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索