グッチのミニボストン


年代物のグッチのミニボストンです。

 

 

 

 


付け根革が裂けています。

 

 

 

 


持ち手も負担がかかるパーツですのでヨレヨレ。

 

 

 

 


各部に擦れや汚れも見られます。

 

 

 

 


パイピング革も全体にスレスレ。

 

 

 

 


負担が大きな付け根革を4カ所と両側の持ち手全体を強化しながら、
外面革パーツの擦れを改善させます。

 

 

 

 


付け根革の芯材はボール紙でパリパリに硬化しています。

 

 

 

 


革パーツ全体に見られる擦れ傷は補修しなければ着色できない状態です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


パイピング革は汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


芯材が入れられてなかった持ち手も汚れを取り除くと残念すぎる状態。
強化芯材を入れ込み丈夫にしながら見た目も改善させます。

 

 

 

 


付け根革4カ所と持ち手の強化加工の完了です。

 

 

 

 


革パーツの補修補色も完了。

 

 

 

 


スレスレだったパイピングも改善。

革の繊維が露出すると汚れや湿気を吸い込んで素材の劣化が早まります。
古い品は見た目の改善よりも劣化の進行を遅らせるための意味合いが強いです。

 

 

 


付け根革と持ち手を強化したことで安心して活用することが出来ます。
しかし、年代物のバッグであることに変わりありませんので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

クロムハーツの擦れ


クロムハーツのミニボストンバッグです。

 

 

 

 


各部に擦れや色あせが見られますので、
外面クリーニングと補修補色加工を施します。

 

 

 


底角もパイピング革もスレスレ。

 

 

 

 


マチ辺りも同様に。。。

 

 

 

 


表面しか着色されていない革は擦れると目立ちます。

 

 

 

 


保管時にタオルなど詰め込んで形を整えて保管することをお勧めします。

 

 

 

 


持ち手もスレスレ。

 

 

 

 


剥がれた部分の方が多いくらいです。

 

 

 

 


パイピングや持ち手など表皮が剥がれた部分は補色しても、
塗料を吸い込んでしまい着色することができません。

擦れ部を補修加工で整えたあと補色加工を施します。

 

 

 

 


擦れや色あせが目立っていた外面全体のクリーニングと補修補色加工の完了。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


少しでも耐久性を増すためにコーティング加工も施しました。

 

 

 

 

 


擦れや色あせがなくなるとスッキリするだけでなくカッコイイ!
素材が良い訳でなく作り込みが丁寧な訳でもないのですが、
とても魅力があるのがクロムハーツです。

高価すぎて買えませんが欲しくなるのは何故でしょう?
羨ましいクロムハーツ。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

プリュムドッグ


エルメス手帳カバー(アジェンダ)とビジネスバッグ(プリュムドッグ)です。

 

 

 

 


内側までオーストリッチ革の手帳カバーはエルメスらしく高級感があります。
羽を抜いた痕(クイルマーク)がない部分もオーストリッチです。

 

 

 


今回は外面のクリーニングと補修補色加工のご依頼です。
表皮が擦れて無くなった部分には手垢汚れが染み込んで黒くなっています。

 

 

 

 


素材自体も劣化していますので、
もう少し早い段階でメンテナンスするのが理想です。

 

 

 


コバ面も仕上げ直しが必要です。

 

 

 

 


少し擦れや汚れはありますが白のアジェンダも内側は綺麗です。

 

 

 

 


外面は汚れだけでなく少しベタツキがあります。
オーストリッチのアジェンダと同様に外面のクリーニングと補修補色です。

 

 

 

 


プリュムドッグの革パーツには擦れや色あせや汚れが見られます。
ビジネスの道具として活用する鞄ですので丈夫に作成された良いバッグです。

 

 

 

 


底角も表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


先ほどからチラチラと映り込んでいるドクロのワッペンですが、
エルメスのビジネスバッグには似合わないように思います。

 

 

 


持ち手の黒い汚れがキャンバス地にクッキリと色移りしていますので、
このままでは使いづらい状態です。

 

 

 

 


こちらの面もクッキリです。

 

 

 

 


持ち手は黒に見えますが汚れで黒いだけです。

 

 

 

 


黒い汚れを隠すように貼り付けてあったドクロワッペンを剥がして、
隠れていた黒い汚れを取り除きました。

 

 

 

 


黒く見えていた持ち手の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


ファスナーの開閉で擦れる引き手革も同様に。。。

 

 

 

 


白のアジェンダもベタツキと汚れを出来る限り取り除きました。
この後、補修補色加工を施します。

 

 

 


オーストリッチのアジェンダも同様に。。。

 

 

 

 


この辺りは劣化具合がよくわかります。

 

 

 

 

 


補修補色とコバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 

 


黒く変色していた部分も改善しました。

 

 

 

 


プリュムドックの革パーツの補修補色とキャンバス地のクリーニングも完了。

 

 

 

 


持ち手もスッキリ。

 

 

 

 


スレスレだった底角も補修で表皮を整えたあと補色して改善させています。

 

 

 

 


持ち手の色移りもわからなくなりました。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


出来る限り汚れを改善させましたのでドクロのワッペンはなくても、
活用できる状態です。

活用すれば汚れは避けられませんので新たな汚れが発生した時点で、
ドクロワッペンを活用ください。

素材や色の問題で3点とも汚れが目立ちやすい品ですので、
丁寧に取り扱う以外に良い状態を保つ方法はありません。

大切に長くご愛用ください。
by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エピ小物の修理


ルイヴィトン エピの小物たちです。

 

 

 

 

 


コインケースは合成皮革の内張りが劣化しています。

 

 

 

 


擦れや汚れが目立ちます。
表皮が剥がれた部分は汚れが染み込みやすく黒くなっています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


小銭入れの中の擦れや汚れは避けることが出来ません。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦切れ破れが見られますので強化します。

 

 

 

 


使い込まれたパスケースです。

 

 

 

 


外周が黒くなっていることから擦れ具合がわかります。

 

 

 

 


外周だけでなく天部もスレスレ。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦切れて穴が開いています。

 

 

 

 


こちら側は縫い直すことも出来ませんので、
直営店では断られてしまいます。

 

 

 

 


こちらは二つ折り財布です。

 

 

 

 


汚れが染み込んでいるとわかりにくいですが、
角部など外周には擦れが見られます。

 

 

 

 


折り曲げ部もわかりにくいですが擦れがあり穴も空いています。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


製造から18年が経過した財布ですが丁寧に活用されています。

 

 

 

 


コインケースを解体したところです。
合成皮革の内張りは本革で作成交換します。

 

 

 

 


黒い汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 

 


予定外ですが底の折り曲げ部も強化しておきます。

 

 

 

 


パスケースも折り曲げ部を解体して汚れを取り除きました。

 

 

 

 


10月になると20年が経過する年代物です。

 

 

 

 


折り曲げ部を強化しながら外周の擦れ部を改善させます。

 

 

 

 


二つ折り財布も折り曲げ部を解体して汚れを取り除くと、
擦切れ穴が鮮明になりました。

 

 

 

 


反対側は大きな穴が空いています。

 

 

 

 


角部の擦れも鮮明になりました。
擦れ部を整える補修加工のあと補色します。

 

 

 

 


合成皮革を本革にしながら折り曲げ部4カ所を強化して組み立て完了。
予定外ですがコインケースの中の擦れや汚れも改善させました。

 

 

 

 


擦れや破れで残念すぎる状態だった年代物パスケースも復活。

 

 

 

 


3点とも負担がかかる折り曲げ部を強化しながら見た目も改善させ、
引き続き愛用いただくことが出来そうです。

小物類はバッグの中でも擦れてしまい傷みやすいアイテムですが、
工夫しながら大切に取り扱うことで長く活躍してくれます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
いつもお世話になっております。

本件、1/16に無事到着致しました。
おまけも付けていただき恐縮ですが嬉しく頂戴致します。

現品を確認して、私が使用していた時の雰囲気は残しながらも、
とても綺麗に蘇らせていただき胸がいっぱいになりました。
修理のブログも拝見し、見えていない部分の損傷も

考えていたよりずっと大きかったことが分かり何とも恥ずかしい限りです。
予定外の作業も組み入れていただき、治していただけたことに心から感謝申し上げま
す。

使用するのがもったいないくらい綺麗にしていただきましたが
使うために修理をお願いしたので、今後は修理前よりも丁寧に扱い
痛みがひどくなる前にメンテナンスしながら出来るだけ長く大切に使っていきたいと
思います。

メンテナンスは、また御社にお願いしたいと考えておりますので
その際はまたよろしくお願い致します。

この度は本当にありがとうございました。

埼玉県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
高品質時代の良い品ですので大切に長くご愛用ください。

財布のシミ汚れ


グッチの長財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部やカブセなど外周には擦れがあり汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


今回の御依頼は後面にある大きなシミです。

画像ではわかりにくいですが後面の1/3ほど面積がシミになっています。
他店様でクリーニング加工された痕跡とのことで残念な状態です。

 

 

 


擦れや汚れに注意が必要な財布です。

 

 

 

 


カブセの下に隠れている部分と比較すると色褪せや汚れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


擦れ部に染み込んだ黒い汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


他店様の加工による後面の大きなシミも出来る限り目立たなくしました。

 

 

 

 


この状態なら活用いただけそうです。

 

 

 

 


折り曲げ部など外周の擦れも改善。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


バッグの中に入れていても擦れてしまうので、
活用すれば擦れや汚れは避けられませんが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション  ご担当者様

お世話になっております。
昨夜無事にお品物を受け取りました。
(問い合わせNo.のお知らせも感謝致します)

とても綺麗に加工してくださり、本当にありがとうございました。
一見すると新品のようなクオリティにただ驚いております。
ブログも拝見させていただき、丁寧に作業してくださったことがよく伝わってきました。

また、角の擦れや汚れなど、依頼していないにも関わらず、きめ細やかな
ところまで丁寧に修復してくださり、そのお心遣いがとても嬉しかったです。
本当にお世話になりました。

そして最後になりましたが、同封されていた〇〇〇○〇は頂戴してしまって
よろしいのでしょうか?予想していなかったのでとても驚いております。

丁寧で目の行き届いたスピーディな作業に加え、素敵なお心遣いまで
本当にありがとうございます。
加工してくださったお財布はできるだけ丁寧に大切に扱います。
この度は本当にありがとうございました。

長崎県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
当社では同時に加工できる部分が傷んでいれば、
ご依頼いただいていない部分でも改善させる努力をしています。
しかし、感謝のお言葉を頂戴することは、すごく稀なことでして、
喜んでいただけて良かったです。
大切に長くご愛用ください。

バーキンとマトラッセ


エルメスのバーキンとシャネルのマトラッセです。

 

 

 

 


シャネルのマトラッセは色褪せや擦れや汚れが全体に見られます。

 

 

 

 


底角の擦れを含めマチ部材も全体的に色褪せて変形型崩れもあります。

 

 

 

 


使い方だけでなく構造的なものも原因ですが本体も変形しています。

 

 

 

 


内部材も擦れや汚れが見られますのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


バーキンは底角が擦れてパイピング革は穴が空いた状態。

 

 

 

 


こちらの底角もパイピング革は磨り減った状態で繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


持ち手は表皮が擦れた部分に手垢汚れが染み込んで茶色く変色しています。

 

 

 

 


天部のコバ面もスレスレで下地から仕上げ直す必要があります。

 

 

 

 


今回は外面のクリーニングと補修補色加工のご依頼です。

 

 

 

 


内ポケットにも傷が多数見られます。

 

 

 

 


ファスナーポケット側も同様に。。。。

 

 

 

 


マトラッセは解体して本体には強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


取り外した内張りには擦り切れて穴が空いた部分が・・・・

 

 

 

 


裂けている部分も・・・・

 

 

 

 


本体の汚れを取り除いたところです。

 

 

 

 


表皮が無くなって白くなった部分が目立ちますが全体にスレスレ状態です。

 

 

 

 


カブセは一皮むけたような状態です。

 

 

 

 


カブセ裏も重症。

 

 

 

 


後面も反り返るように変形しています。

 

 

 

 


バーキンの持ち手に染み込んだ手垢汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


両側マチの天部にはホツレが数か所に発生しています。

 

 

 

 


シャネルのロック金具やチェーンを再メッキ加工で復活させました。

 

 

 

 


HERMESバーキンの外面クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


スレスレで毛羽立っていた底角も改善しました。

 

 

 

 


予定外ですがポケットの擦れも少し改善させました。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


シャネルのマトラッセのリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


カブセ裏も黒に復活しています。

 

 

 

 


擦れや破れが見られた内張りも改善させています。

 

 

 

 


変形も出来る限り改善させながら擦れや色褪せた状態からマチも改善。

 

 

 

 


バーキンはホツレが見られた両マチの天部も縫い直しています。

マトラッセは本体を強化したことで変形も改善しましたが、
丈夫になったことが長く活用する上では効果的です。

どちらも擦れや汚れが目立って持ち歩きにくい状態でしたが、
汚れを取り除いた後に補色加工していますので、
使用しているうちに汚れが浮き上がってくる心配もなく安心です。

擦れや汚れは避けられないものですが出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索