延長ショルダー


ヴィトンのミュゼット・タンゴとトフ&ロードストーンのバッグです。

ショルダーベルトが短く肩掛けして使用するミュゼットタンゴですが、
斜めがけでも使用できるようにします。

 

 

 

 


リザード型押し革のトフ&ロードストーンは各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


擦れる部分は表皮が剥がれて白くなっています。

 

 

 

 


マチの天部も擦れやすい部分。

 

 

 

 


底角4カ所も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手外周など表皮が剥がれて革の繊維が露出して白くなった部分を、
補修補色加工で目立たなくします。

 

 

 

 


擦れ部の補修補色加工の完了です。

色ハゲが目立つ部分のみの補修補色加工でも擦れが目立たなくなると、
スッキリ感がでます。

 

 

 


底角やパイピング革も同様に。。。。

 

 

 

 


天部口周りも改善。

 

 

 

 


今回、補修補色した部分は擦れやすい部分ですので、
避けることができない損傷ですが重症化する前にメンテナンスすれば、
良い状態を保ちやすくなります。

 

 

 


革の繊維が毛羽立っていた部分は補修加工で整えてから補色しています。

 

 

 

 


斜めがけとしても少し長めのサイズ指定で延長ショルダーを作製。
冬にダウンジャケットなどを着ても斜めがけできるサイズです。

 

 

 

 


ミュゼット本体は何も加工していませんので延長ショルダーを外せば、
通常の肩掛けバッグとして使用することが可能です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

お世話になります。
お願いしていましたバッグ2点、届きました。
ありがとうございました。

T&Lハンドバッグ
毎日のように使っていて 色の剝がれが気になっていたのですが
新品同様に綺麗になっていてとても嬉しいです。
本体の価格からすれば修理はどうかな、とも思っていましたが
大事なバッグなのでお願いして良かったです。
また使えるのが楽しみです。

ミュゼットタンゴ
T&Lとは逆に こちらはほぼ使っていなかったので
使いやすくなって良かったです。
眠っていた分、これからはたくさん使いたいと思います。

2点とも綺麗に加工していただいて本当にありがとうございました。
大切に使います。
また加工が必要になった際にはよろしくお願いいたします。

 

宮崎県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けることは出来ませんが、
出来る限りよい状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

アイグナーボストン


変形型崩れが見られる年代物のアイグナーのボストンバッグです。

 

 

 

 


詰め物をして形状を整えると高級感がある高品質なボストンバッグです。
傷や色あせも含めて使い込んだ雰囲気が良い感じです。

 

 

 

 


形状を整えてもマチ部材は波打ち変形が重症です。

 

 

 

 


使い込んだ雰囲気を残すために塗装加工は避けるつもりですが、
表皮が剥がれた部分は放置したままでは劣化が早まります。

 

 

 

 


底面も傷だらけですが直射日光が当たりにくいので色あせが少ないです。

 

 

 

 


擦れてしまう底角は糸が擦り切れています。
コバ塗料も剥がれて芯材も劣化しているようです。

 

 

 

 


カブセ付け根の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手もコバ面の仕上げ直しが必要です。
アイグナーのロゴマークもクルクル回る状態です。

 

 

 

 


カブセやベルトなど付属パーツが多いボストンバッグです。
ベルトなど付属パーツも解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


天部の黒い汚れや金具類のメッキ剥がれは改善させたいところです。

 

 

 

 


負担がかかる付け根革の強化加工は最優先です。

 

 

 

 


大容量。

 

 

 

 


内張には大きな破れがあり放置できない状態です。

 

 

 

 


大きなバッグですし頑丈な構造ですのでバラバラにするだけで悪戦苦闘。

全体に損傷が見られる古いバッグですが蘇らせる価値がある品です。
しかし、各パーツの強化や金具の再生などを施して組み立て直すとなると、
難易度が高いだけでなく手間が掛かりすぎます。

リニューアルリペアはいつまで続けられるでしょう?

 

 

 

 


パーツを取り外した部分は新品時に近い色合いです。

 

 

 

 


マチ部材を単体に解体しても波打ち変形したままです。

 

 

 

 


ベルト類も解体して芯材を取り除きました。

 

 

 

 


変形や硬化や劣化が見られる芯材は全て取り除きました。

 

 

 

 


腐食やメッキ剥がれが見られる金具類は再生します。

 

 

 

 


ボール紙の芯材だけでなく鋼の鉄芯も入れてあるバッグですが、
鉄芯の角が鋭利で革を突き破る可能性があります。

 

 

 

 


外観からは見えない鉄芯材ですが角を丸くして突き破ってこないように、
一手間を加えています。

この辺りは量産品ではスルーされる工程です。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。
アイグナーのロゴマークも再生して正しい位置に固定しています。

 

 

 

 


ヒネリ金具もゴールドに復活して黒い汚れも消えました。

 

 

 

 


波打ち変形が重症だったマチ部材も丈夫に復活。
表皮の剥がれも最低限の補色加工にとどめて使い込んだ感を維持してます。

 

 

 

 


傷みが激しかったカブセ付け根の折り曲げ部も強化しながら復活。

 

 

 

 


持ち手のコバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 

 


底鋲金具までゴールドに復活です。

 

 

 

 


大きく裂けていた内張も部分的に修復してロゴマークを温存しています。
反対側も同じデザインで加工していますので違和感なく使用できます。

 

 

 

 


余計な塗装加工は最低限にとどめながら年代物の雰囲気を残しています。

しかし、各パーツに強化加工を施しましたので構造的には、
新品時より丈夫に復活しています。

買い替えることができないボストンバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

新品の様になり、感激しています。
元々使っていた父にも見せたのですが、感動していました。
これからも大事に使っていきたいと思います。

ブログも拝見しました。
本当に手間のかかるところを再生いただき、ありがとうございました。
お任せして本当によかったです。

また機会がありましたらお願いしたいと思います。
よろしくどうぞお願いします。

それでは失礼します。

 

東京都 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
羨ましく思える高品質時代のバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

 

ディオールの金具


長年、未使用のままで保管されていたディオールのショルダーバッグです。
ロック金具が破損していてカブセを開くことが出来ません。

 

 

 

 


無理矢理ですが、こじ開けました。
トラブルが多いロック金具ですのでマグネットタイプの金具に交換します。

 

 

 

 


カブセ側の金具は表面のディオールのロゴプレートと一対の金具です。

他店様にも相談されましたが他の金具に交換すると、
ロゴマークも無くなってしまうとのことで躊躇されていました。

 

 

 


破損やトラブルが少ないマグネットタイプのロック金具に交換完了です。

 

 

 

 


トラブルが少ないロック金具は安心して活用できます。

 

 

 

 


当社では当然ですがロゴマークは残してあります。

ロゴマークを接着剤で固定して誤魔化しているのではなく、
マグネット金具と一体化させていますので構造も元通りです。

ロゴマークと関係が無いマグネット金具を合体させるのが、
工夫がいるところで難易度も高くなります。

 

 

 


良い時代のバッグですので、しまい込まずに活用することをお勧めします。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

プラダ内布ヤブレ


ルイヴィトン エピ財布とロンシャン長財布とプラダのバッグです。

 

 

 

 


ロンシャン長財布には全体に擦れが見られますが、
今回は外周ホツレ部の縫い直しのみのご依頼です。

 

 

 

 


底の折り曲げ部だけでなくカブセ付け根も負担が掛かり傷みやすい部分です。

 

 

 

 


部材を接着して縫い直します。

 

 

 

 


最高品質時代のエピの長財布ですが各部に損傷が見られます。

 

 

 

 


底の折り曲げ部は縫い直す部分が擦り切れて無くなっています。

基本的には手遅れと判断される修理店が多くなる症状ですので、
メンテナンスのタイミングとしては遅いです。

 

 

 


カブセの折り曲げ部も縫い直す部分が無くなっていますので手遅れです。

 

 

 

 


反対側も擦り切れて大きく口が開いています。

 

 

 

 


カブセ裏は手垢汚れなどで黒くなり数カ所にボールペン汚れもあります。

 

 

 

 


マチ部材も表皮が剥がれて白くなった部分があり変形も見られます。
マチ部材にもボールペン汚れがあります。

 

 

 

 


プラダは定番の内布ヤブレです。

 

 

 

 


画像の様な状態で縫製されているのが本来の姿ですが・・・

 

 

 

 


手縫いで全体的に自己流修理されています。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。

自己流で手縫いされた部分を解体するのは手間が掛かるだけでなく、
無数の針穴を開けて損傷を与えていますので残念です。

 

 

 


エピの財布はリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


マチ部材は擦れやボールペン汚れだけでなく変形が重傷です。

 

 

 

 


張り合わされた薄い革を破らないように剥がして強化芯材を入れます。

 

 

 

 


マチ革は0.2ミリの厚みですので指先で裂くことができます。

 

 

 

 


底やカブセの折り曲げ部も内張りを剥がして強化しながら修復します。

 

 

 

 


カブセ裏や小銭入れの中など汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


プラダの内張りは解体して縫い合わせ部には強化加工を施し縫製します。

 

 

 

 


擦れや汚れを改善させながら組み立て直しリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工も完了して縫製できる状態に復活です。

 

 

 

 


底の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


擦れやボールペン汚れだけでなく変形型崩れも改善させながら、
マチ部材は丈夫に復活。

 

 

 

 


ホック金具も磨き直してボールペン汚れも目立たなくなりました。

 

 

 

 


プラダの内張りも手縫いあとが無くなりスッキリです。
全体的に強化して縫製していますのでバッグ全体が強度アップです。

 

 

 

 


3点とも引き続き活用いただける状態に復活していますので、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

キタムラのトート


変形が見られるキタムラのミニトートバッグです。

 

 

 

 


持ち上げても型崩れが戻ることはありません。
タオルなどを詰めて形を整えて保管しておけば防げるのですが・・・

底角4カ所には表皮が剥がれた擦れも目立ちます。

 

 

 

 


合成皮革素材の内張りにベタツキ劣化があります。
詰め物をして保管するのが難しい状態です。

 

 

 

 


今回は内張りの作製交換のご依頼ですので解体します。

 

 

 

 


マチにはホツレも見られます。

 

 

 

 


解体。

 

 

 

 


ベタツキ劣化しないように本革で内張りを作製しました。
当然ながらデザインは元のままで合皮を本革仕様にしています。

 

 

 


底角に見られた擦れも改善させておきました。

 

 

 

 


マチのホツレも縫い直しておきました。

 

 

 

 


変形型崩れも改善させておきました。

 

 

 

 


ベタツキ劣化が無くなり補正加工で自立するようになりましたので、
安心して活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

アイグナーの修理


アイグナーのショルダーバッグです。

 

 

 

 


良い品を作るブランドだけに直営店の撤退は残念です。

 

 

 

 


使い込まれたバッグですので持ち手の付け根(手元)と付け根革を
解体して強化芯材を入れ込み安心して活用できるようにします。

 

 

 


こちら側の付け根革は革が切れて欠損していますので部分作製します。

 

 

 

 


表皮の革は欠損していますが多くの部材を重ねて作製されていることが、
わかります。

 

 

 

 


持ち手を取り外して付け根革部を大きく解体。

 

 

 

 


ご依頼いただいた持ち手や付け根革とは関係ない部分ですが、
本体の天部も擦切れて破れています。

 

 

 

 


大きな穴が空いていますので付け根革を強化しても、
組み立て直すことができません。

 

 

 

 


使い込まれた古いバッグは余計な加工が必要になり難易度も高いです。

 

 

 

 


付け根革を部分作製しながら強化加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手も付け根革も負担が掛かる部分ですので、
強化加工することで安心して引き続き活用いただけます。

 

 

 

 


擦切れて破れていた本体天部も縫製可能な状態に復活させました。

 

 

 

 


直営店の撤退で高品質時代の古いアイグナーが傷んでしまうことが心配になり、
使えなくなってしまい込んでいる方々も多いと思います。

しかし、長期間しまい込むよりも丁寧に取り扱いながら、
定期的に活用してあげる方がバッグは長持ちします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション 様

お世話になっております。
いまほど、宅急便 受領いたしました。

大変綺麗に直していただき、ありがとうございます。
感謝感激です。

ブログに掲載予定とのこと、承知しました。
また、拝見させていただきます。

はい、大切に長く使わせていただきます。
ブランド品には、ブランド品の価値があるのですね。
ありがとうございました。

(その後・・・)

レザークリエーション 様

ブログ 拝見いたしました。
ひどい状態だったのですね。。。
切れそうになっても、無理くり使っていたので。。。
大切に長く使います。
すばらしい技術に、こころがあたたかくなりました。
ありがとうございました。

 

兵庫県 U 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に活用すれば、まだまだ活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。