ハイクラス修理


ハイクラスのバーキンです。

 

 

 


金具はメッキが剥がれています。

 

 

 


各部に擦れが見られます。

 

 

 


マチ部材と縫い合わせた部分が裂けています。

 

 

 


後面と縫い合わせた部分も同様に。。。

 

 

 


底角も擦り切れてパイピング革も芯材が飛び出しています。

 

 

 


こちらの底角は穴が空いています。

 

 

 


擦り切れたパイピングに薄い革を接着する修理歴があるようです。

 

 

 


持ち手もスレスレ。
コバ面の仕上げ直しも必要です。

 

 

 


天部も折れています。
厚みがある部分で丈夫なんですが芯材が劣化しているようです。

 

 

 


内ポケットも剥がれています。

 

 

 


大きく解体しなければ縫い直せない部分です。

 

 

 


ヤブレや擦り切れ穴だけでなく芯材の劣化や加工歴もあり、
手遅れ状態と言える品ですのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


バーキンの金具を取り外した内側です。
持ち手を縫い付けた部分の裏側は接着材がアツモリ。

 

 

 


ヒネリ金具を取り外した部分を見ると本来の黒革の色がわかります。

 

 

 


負担が掛かる持ち手付け根も解体して強化します。

 

 

 


マチや前後面の内張りを剥がして強化芯材を入れ込み、
擦り切れやヤブレがある縫い合わせ部を強化して組み立て直します。

 

 

 


内ポケットや底角の修理のためには大掛かりな解体が必要です。

 

 

 


一つの底角だけでマチや本体や底やパイピングなど多くのパーツが、
縫い合わされています。

 

 

 


ベルトも金具を取り外して解体。
ボール紙の芯材を取除いて強化します。

 

 

 


汚れを取除くと持ち手の擦れ具合が鮮明です。
各部を強化しながら組み立て直し見た目も改善させます。

 

 

 

 


金具をゴールドに復活させて本体も黒革に戻し、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


ボール紙の芯材などは丈夫な芯材に交換しました。

しばらくは固く感じますが丈夫になっていますので、
少しずつ馴染ませるように育てる必要があります。

 

 

 


持ち手などコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 


表皮がなくなっていたパイピングや穴が空いて手遅れだった底角も
活用いただける状態に復活です。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


縫い合わせ部のヤブレや持ち手付け根4カ所なども
強化させながら修復しています。

折れていた天部やヨレヨレだったカブセが丈夫になったことで、
馴染むまではカブセの開閉が窮屈に硬く感じます。

手遅れ状態まで活用されたバッグですので強度と耐久性を優先して
仕上げましたので少しずつ馴染ませながら

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション御中
お世話になります。昨日、バッグを受け取りました。
失礼かと存じますが、本当に予想以上に美しい仕上がりで驚きました。
また、切り取ったり差し替えたりしてくださった部品もお送りいただきましたが、
その量が少ないことにも驚きました。
無駄なく作業をされるんだと素人なりに感激しております。
ブログについても、自分のバッグが解体された姿を見て、
こうして丁寧に仕上げてくださったんだ…と興味深く読ませていただきました。
もう20年近く愛用しましたが、
まだまだこれからも使えるようになり嬉しい限りです。
この度は本当にありがとうございました。

 

大阪府 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。

代用品にパーツ交換してしまうのが楽ですし簡単ですが、
本来のバッグと別物になってしまいます。
当社では出来る限り本来の素材のままで仕上げるようにしています。

とても残念な状態でしたが、出来る限り丈夫に仕上げていますので、
少しずつ馴染ませながら大切に長くご愛用ください。

ヴィヴィアン財布


ヴィヴィアンウエストウッドの財布です。

 

 

 


こちらの財布はショルダーベルトを取り付けできる構造ですが、
付け根革が切れています。

常時、ショルダーを使用する構造では無く強度不足ですので、
両側の付け根革を強化しながら再生します。

 

 

 


内張りを解体しなければ付け根革を縫製することは出来ません。

 

 

 


ファスナーも擦れが見られ解体時に交換しておくのが理想ですが、
今回は先送りされます。

 

 

 


こちらの財布はポケット天部の帯革が外れています。

 

 

 


擦れがあり使い込まれた様子ですがカード入れに変形は無く、
使い方は悪くないと思います。

 

 

 


外周のテーピング革は限界です。
これ以上、放置すると本体が傷んでしまいます。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

負担が掛かる折り曲げ部は強化する予定ですが変形も気になります。

 

 

 


底の折り曲げ部も破れています。

 

 

 


カブセ外周も全体的に擦り切れていますので、
少し厚みを増した革でテーピング革を作製交換します。

 

 

 


付け根革を解体すると薄いボール紙の芯材が入れてありました。
丈夫な芯材に入れ替えて強度アップさせます。

 

 

 


反対側も同様に。。。
薄い革と紙の芯材で丈夫なわけはありません。

 

 

 


帯革とテーピング革を解体。
御依頼内容に関係ありませんがロゴマークも取り外しています。

 

 

 


両側の折り曲げ部の強化加工は御依頼を頂戴していましたが、
解体すると芯材がボロボロです。

 

 

 


切れていた付け根革の復元強化加工の完了です。

 

 

 


反対側も同様に。。。
強化して組み立て直しましたので新品時より丈夫です。

 

 

 


傷んだ芯材も交換しながらテーピング革の作製交換完了です。

 

 

 


帯革も付け直して小銭入れのファスナーも開閉可能に調整してあります。
目立った擦れも少し改善させておきました。

 

 

 


黒のジッピーはショルダーを多用されても問題なく、
チェック柄財布は全体的に新品時より丈夫になっています。

丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ディオールとミュウミュウ


ディオールとミュウミュウのバッグです。
どちらも加工歴があるほど使い込まれた品です。

 

 

 


全体にスレスレで白くなっていますが他店様で塗装歴があります。

 

 

 


マチ底も同様に。。。

 

 

 


そもそも、色落ちしやすい素材ですので、
綺麗な状態を保ち続けるのは困難なバッグです。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


塗装された色も何色かわかりません。

 

 

 


ディオールは変形が激しく、底角に擦れが見られます。
保管時にタオルなどを詰め込んで形を整えると良い状態を保てます。

 

 

 


擦り切れて穴が空いています。

 

 

 


こちらの底角は黒い色を塗って目立つように悪化させています。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。
解体して底角に革パーツを追加しながら強化します。

 

 

 


附属パーツを取り外して、接着ハガレがあるマチのリボンも解体。

 

 

 


ショルダーベルトも他店様でヌリヌリされています。

 

 

 


リボンを見ると違う色の塗料を手抜きしながら塗っていることが、
わかります。

 

 

 


リボンの接着もお粗末。

 

 

 


接着という作業は簡単なようで、とても難しい作業ですが雑すぎます。

 

 

 


予定外でしたが時間を掛けて他店様の接着材を取除きました。

 

 

 


ショルダーと持ち手の方方だけの塗料を取除いて比較です。

色落ちしやすい素材ですし革に染み込んだ他店様の塗料の影響もあり、
当社での加工は、より条件の悪い再塗装加工になります。

内ファスナーポケット端の小さなベロ革を裏返すと、
元の色が残っていましたので、それを色見本にして、
外面の補修補色加工をします。

 

 

 


附属パーツを取り外し、内張りを解体して底やマチの芯材を外しました。

 

 

 


変形した芯材は硬化して柔軟性がありません。
もしかするとクリーニングなどで水濡れしたかも・・・?

 

 

 


マチ底も解体して革パーツを取り付けます。

 

 

 


ミュウミュウの外面の補修補色加工の完了です。

 

 

 


底角部も同様に。。。

 

 

 


リボンの接着もしてコバ面も仕上げています。

 

 

 


持ち手も割れていましたが接着し直してコバ面を仕上げ直しています。

 

 

 


ディオールもしっかりと自立する状態に復活です。

 

 

 


変形したマチも元の形状に復活です。

擦り切れ穴だけでなく黒い塗料が塗り込まれた底角は革パーツを取り付け、
今後は擦れやすい底角が傷んでも修理出来るようになりました。

 

 

 


ミュウミュウは本体外面の補色予定でしたがショルダーベルトも
残念すぎる塗装がされていましたので仕上げ直しています。

また、色落ちする素材や他店様の加工により不安がありますので、
少しでも耐久性を上げるためにコーティング加工も施しています。

変形を補正したディオールは強度もアップしています。
どちらも、出来る限り丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

カルティエ修理


カルティエのショルダーバッグと財布です。

 

 

 


年代物ですのでショルダーベルトは革が硬化してひび割れています。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


芯材も劣化していますので負担が掛かるショルダーベルトは作製します。

 

 

 


全体に色あせがあり各部に表皮が剥がれて白くなった擦れも見られます。

 

 

 


引っかき傷や汚れも見られますので補修補色加工も施します。

 

 

 


ショルダーベルトが擦れるカブセ折り曲げ部は解体して強化します。

 

 

 


汚れが染み込んだ財布と色あせたバッグでは色が大きく違います。

 

 

 


全体に擦れが見られ汚れが染み込んでいます。

 

 

 


複雑な構造のコンパクト財布ですが内部材までスレスレで、
限界を超えています。

 

 

 


最高品質時代のカルティエだけに重症化するまで放置したことが残念です。

 

 

 


この財布では一番状態が良い札入れ部ですが全体にスレスレ。

 

 

 


折り曲げ部は革が擦り切れて穴が空いています。

 

 

 


折り曲げ部だけで無く角部やカブセ外周も擦り切れ穴がありボロボロです。

ここまで悪化させると基本的にておく

 

 

 


ショルダーベルトを作製交換しながら折り曲げ部を強化して、
外面のクリーニングと補修補色加工を施します。

 

 

 


手遅れ状態まで酷使された財布はリニューアルリペア加工で、
引き続き活用いただける状態に復活させます。

 

 

 


外面の汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 


小銭入れ部も内張りを剥がして強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


小銭入れのカブセも強化します。

 

 

 


ショルダーバッグの修理と財布のリニューアルリペア加工の完了です。
別色に見えていましたがカルティエカラーで復活です。

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直し擦り切れヤブレも改善させています。

 

 

 


ショルダーバッグの折り曲げ部も強化加工で丈夫にスッキリです。

 

 

 


パキパキ折れる状態だったショルダーベルトも柔軟で丈夫に。。。

 

 

 


使用不可能な状態でしたが活用いただける状態に復活しています。

年代物ですので労るように丁寧に取扱いながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
(有)レザークリエーション様

お世話になります。
昨日バックとお財布を受け取りました。
まずはお礼申し上げます。

見事に再生していただいてありがとうございました。
ブログも拝見しました。
お財布はお気に入りすぎてほんとうに使い込んだもので、
買い替えた二代めも日本にはなくロスでやっと見つけました。
インターネット通販などない時代でしたし、
現在は廃番品ですので愛着もひとしおのお財布です。
バックは逆に大切にしていたらあまり使わないうちに
経年劣化してベルトがダメになりました。
お願いして本当に良かったです。
ご丁寧にお仕事していただいたおかげで思い出も色々楽しく甦りました。
また大切にしてバックとセットにして使います。
お力添えありがとうございました。
今後もお願いさせて戴く事もあるとは存じますが
その節はよろしくお願いします。

 

東京都 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い品だけに残念すぎる状態でしたが、
問題なく引き続きご愛用いただける状態に
復活しています。
活用すれば擦れや汚れなどは避けられない物ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

ホワイトハウスコックス


ホワイトハウスコックスの伊勢丹別注マイクロフォールウォレットです。
10年間のご使用で擦れや色あせやホツレなど各部に損傷が見られます。

 

 

 


擦れや色あせは手垢汚れなどが染み込んでカモフラージュされていますが、
変形シワや破れは隠すことは出来ません。

 

 

 


内部材を見ると黒に近いネイビーであることがわかります。

 

 

 


大きく裂けたポケットはブランド刻印があるので交換できません。

 

 

 


札入れの内張りが擦り切れてしまうのはホワイトハウスの定番。

 

 

 


コインとホック金具で両面から擦れる内張りは革でも丸く穴が空きます。
全体的にスレスレですので小銭入れ部は張り替え交換が必要です。

 

 

 


変形したカブセの折り曲げ部は擦り切れ穴で縫製も不可能。
ここまで傷んでしまうと手遅れで直営店では断られてしまいます。

 

 

 


本体の折り曲げ部も擦り切れヤブレがありヒダ状に変形しています。

 

 

 


反対側の折り曲げ部や内部材の天部も擦り切れヤブレが見られます。

 

 

 


全体的に押しつぶされたような状態でヨレヨレです。

既に手遅れ状態と言える財布ですが、このままでは長くはもちません。
全体を解体して各部を強化して引き続き活用できる状態にします。

 

 

 

 


バラバラに解体して革パーツの汚れを取除きました。

 

 

 


汚れを取除くと汚れでカモフラージュされていたことがわかります。

 

 

 


小銭入れ部も同様にスレスレです。
両サイドには小さな擦り切れ穴もあり強化加工も必要です。

 

 

 


各部を強化しながら芯材や内張りを作製交換して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


刻印部のヤブレは復元強化加工を施し擦れや色あせも改善させました。

 

 

 


カブセや本体の折り曲げ部も復元強化加工を施し、
外面の擦れも出来る限り改善させています。

 

 

 


外面革の裏側になる札入れ部は本革で内張りを作製しています。

 

 

 


折り曲げ部以外の外周の擦り切れヤブレも無くなり、
黒に近いネイビーカラーで見た目も整えています。

 

 

 


長年の使用で手遅れ状態まで悪化した財布が、
新品に戻ることなどありませんが構造的には新品時より丈夫になっています。

ペタンコに押しつぶされヨレヨレだった財布ですが、
丈夫になりましたので使い込みながら馴染ませてください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴィヴィアン財布


ヴィヴィアンウエストウッドの財布です。

 

 

 


とても綺麗な状態での修理依頼といえば・・・

 

 

 


合成皮革の内張りがベタツキ劣化しています。
カブセ裏の合成皮革は色移りして対面の革の塗装も浸食しています。

 

 

 


全ての合成皮革が劣化していますのでバラバラに解体。
本革や布地などを使用して全ての内張りを作製交換します。

小銭入れ部の色移りを取除きましたが浸食は深く補修が必要です。

 

 


塗装を浸食していた色移り部も改善させカブセ裏は本革で作製交換。
ホック金具も元のイタリー製ホックのままです。

 

 

 


使用頻度が少ないまま傷んでしまうのは残念でしたが、
ベタツキ劣化の心配はなくなりましたので安心して活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
受け取りのご連絡が遅れてしまいすみません。
受け取った日から毎日使っています。
ベタベタで滑り止めのようになっていたカード入れも小銭入れも札入れも、
なんにも問題もなく使えています。
大切にします。
ありがとうございました。

 

千葉県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
合成皮革の内張りが本革になり、
ベタツキ劣化の心配は無くなりましたので、
大切に長くご愛用ください。