内張りのベタツキ


ルイヴィトン モノグラムとグッチのバッグです。

 

 

 


バケットは合成皮革の内張りがベタツキ劣化で使用不可能です。
天部のテーピング革にもベタツキ汚れが付着していてベタベタです。

 

 

 


持ち手にも劣化した内張りの色移りが見られます。

 

 

 


附属ポーチの内張りも同じ素材ですのでベタベタです。

 

 

 


モンソーはコバ面の塗料が劣化してベタツキが見られます。
保存袋の繊維の付着やひび割れがありコバ面の仕上げ直しが必要です。

 

 

 


本体外周のコバ面もひび割れやベタツキがあります。

 

 

 


底面も同様に。。。

 

 

 


コバ面の塗料が劣化するほどですので内張りもベタベタです。

 

 

 


グッチのバンブー持ち手は代用パーツに交換されているようです。

 

 

 


グッチも内張りは合成皮革ですので手を入れることも出来ないほど、
ベタベタに劣化しています。

 

 

 


ルイヴィトン バケットの劣化した内張りを取除いたところです。

付け根革を刻印入りカシメ金具で留めてある年代のバケットは、
最高品質時代のバッグです。

 

 

 


モンソーの内張り交換のためには大きく本体を解体する必要が・・・

 

 

 


持ち手やベロ革も解体してコバ面を仕上げ直します。

 

 

 


ベタツキ劣化したコバ面の塗料を取除いたところです。

 

 

 


本体も取除きましたが部材が剥がれていています。
補修や接着などでコバ面を整えなければ仕上げ直し出来ません。

 

 

 


グッチも内張りを解体。

 

 

 


ルイヴィトン バケットの内張りの作成交換の完了です。
ベタツキ劣化の心配が無いように少し贅沢ですが本革で作成しました。

ベタツキ汚れの付着だけで無く擦れが目立ったテーピング革も、
最高品質のヌメ革で作成交換しています。

 

 

 


附属ポーチも本革仕様です。

ベタツキ汚れが付着していたファスナーも汚れを取除きましたので、
開閉がスムーズになりました。

 

 

 


モンソーも内張りを本革で作成交換してコバ面を仕上げ直しています。

 

 

 


グッチもベタツキ劣化の心配が無いように本革で作成しました。

 

 

 


同時に御依頼いただいたモンソーのショルダーベルトのコバ仕上げや
プチノエの加工も同時に加工させていただき、
活用できずに、しまい込んでいたバッグたちが全て復活しました。

どれも良い素材で丁寧に作成されていた頃の良い品ですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

Ys財布


Ys(ヨウジ ヤマモト)のガマグチ財布です。

 

 

 


丈夫な財布ですが表皮が剥がれた擦れや欠損があり、
合成皮革の内張りには劣化やヤブレが見られ大掛かりな加工が必要です。

 

 

 


多くのカードポケットやガマグチで使いやすい構造です。

 

 

 


擦れやすい外周は革が擦り切れて無くなり白い芯材が露出しています。
この部分だけでも修理不可能と判断される修理店が多いです。

 

 

 


折り曲げ部は革が欠損していて縫い直すことも不可能です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部はもっと重傷で手遅れ状態です。

 

 

 


ベロ革も欠損や劣化が見られます。

 

 

 


ガマグチの内張りは合成皮革ですので劣化しています。

 

 

 


底面も破れていますので小銭入れとして機能していません。

 

 

 


長年の使用で各部に損傷がありますのでバラバラに解体。
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


基本的には手遅れ状態です。

 

 

 


折り曲げ部は傷みやすい部分ですので強化しながら穴を塞ぎます。

 

 

 


内部材も折り曲げ部は擦り切れ欠損があります。

 

 

 


擦り切れヤブレ部を修復しながら合成皮革の内張りを本革で作成しました。
使い込まれた財布ですので各部に強化加工も施しています。

 

 

 


ホックやベロ革は新品にしました。

 

 

 


擦り切れや欠損が見られた折り曲げ部や外周も復活させました。
強化加工も施していますので活用しながら馴染ませてください。

 

 

 


少し贅沢ですがポケットやガマグチの中は本革で作成交換しましたので、
ベタツキ劣化の心配がなくなりました。

 

 

 


擦れ部の補修補色加工だけでなく口金金具も磨いておきましたので、
丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

コーチの革パーツ


コーチのバッグと財布です。

 

 

 


財布は引き手革が切れていますので復元強化加工を施します。

 

 

 


バッグは持ち手など附属パーツがボロボロです。

 

 

 


使い方が悪いわけでは無く素材に問題があると思います。

 

 

 


内側パーツも切れています。

 

 

 


ロゴ刻印があるワッペン部分は残したまま革パーツを作成交換します。

 

 

 


財布の小さな引き手革をバラバラにするだけで多くの部材が
組み合わされていることがわかります。

 

 

 


バラバラに解体して丈夫な本革で作成交換します。

 

 

 


ベトナムで製造されていますので芯材も天部まで届いていません。

 

 

 


内張りのパーツ縫い付け部にはガーゼのような芯材がありました。
負担が掛かる部分ですので縫い付け部も強化します。

 

 

 


雑な作業で縫い込まれていなかった芯材も天部まで付け直しています。

 

 

 


切れていた引き手革の復元強化加工の完了です。

 

 

 


全ての合成皮革パーツを本革で作成交換完了です。

 

 

 


デザインやサイズは変更すること無く丈夫に作成交換しています。

 

 

 


全てのパーツに亀裂が入る合成皮革素材から本革仕様になったことや、
各部の強化加工で安心して活用いただける状態にパワーアップしました。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
たった今、ブログを拝見しました。
とても美しく、元より丈夫にして頂いて、
本当にありがとうございました。
大切に使わせていただきます。
また傷んだら、今度は、こんなに酷くならないうちに
お直しをお願いしようと思います。

ありがとうございました。

大阪府 Y 様
素材の問題で傷んでいましたが、
丁寧に活用すれば長く愛用できる状態に復活しました。
大切に長くご愛用ください。

ゴヤール財布


ゴヤールの長財布です。

 

 

 


とても丁寧に活用されています。

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部には擦り切れ欠損が見られます。

 

 

 


内部材のポケットなどで厚みが変わる部分も傷みやすい部分です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も擦れています。
また、マチやポケットで厚みが変わる部分はコバに亀裂が見られます。

 

 

 


今回は折り曲げ部の強化加工を施します。

 

 

 


高価な財布ですが外面素材は0.5ミリ程度の厚みで丈夫とは言えません。
強化芯材を入れ込んで縫製します。

 

 

 


コバ直しながら直しながら欠損部も補修しました。

折り曲げ部だけで無くマチやポケットで厚みが変わる部分も、
強化芯材を入れ込んであります。

 

 

 


擦れに弱い素材ですので良い状態を保つには、
詰め込み過ぎに注意しながら丁寧に活用するしかありません。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ロエベ名刺入れ


ロエベのカードケースです。

 

 

 


綺麗な状態でメンテナンスの必要は無い状態に見えます。
実はカードを入れると張り付いてしまうとのことで御依頼いただきました。

内張りが合成皮革で問題があるのでは無いかと・・・
しかし、この名刺入れは本革の内張りでベタツキ劣化の心配はありません。
おそらく生産時に使用する接着剤でカード類が張り付くのだと思われます。

 

 


今回は傷みやすい折り曲げ部の強化加工も御依頼いただきました。

 

 

 


反対側も綺麗な状態ですが傷みやすい部分ですので、
当社では折り曲げ部の強化加工は新品時からお勧めしています。

 

 

 


折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


厚みが増すマチ部材も剥がして芯材を入れることが重要。

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 


折り曲げ部の強化加工の完了です。

 

 

 


折り曲げ部の強化加工よりも手間が掛かりましたが、
各ポケットの中の接着剤も取除いておきました。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ハイクラス修理


ハイクラスのバーキンです。

 

 

 


金具はメッキが剥がれています。

 

 

 


各部に擦れが見られます。

 

 

 


マチ部材と縫い合わせた部分が裂けています。

 

 

 


後面と縫い合わせた部分も同様に。。。

 

 

 


底角も擦り切れてパイピング革も芯材が飛び出しています。

 

 

 


こちらの底角は穴が空いています。

 

 

 


擦り切れたパイピングに薄い革を接着する修理歴があるようです。

 

 

 


持ち手もスレスレ。
コバ面の仕上げ直しも必要です。

 

 

 


天部も折れています。
厚みがある部分で丈夫なんですが芯材が劣化しているようです。

 

 

 


内ポケットも剥がれています。

 

 

 


大きく解体しなければ縫い直せない部分です。

 

 

 


ヤブレや擦り切れ穴だけでなく芯材の劣化や加工歴もあり、
手遅れ状態と言える品ですのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


バーキンの金具を取り外した内側です。
持ち手を縫い付けた部分の裏側は接着材がアツモリ。

 

 

 


ヒネリ金具を取り外した部分を見ると本来の黒革の色がわかります。

 

 

 


負担が掛かる持ち手付け根も解体して強化します。

 

 

 


マチや前後面の内張りを剥がして強化芯材を入れ込み、
擦り切れやヤブレがある縫い合わせ部を強化して組み立て直します。

 

 

 


内ポケットや底角の修理のためには大掛かりな解体が必要です。

 

 

 


一つの底角だけでマチや本体や底やパイピングなど多くのパーツが、
縫い合わされています。

 

 

 


ベルトも金具を取り外して解体。
ボール紙の芯材を取除いて強化します。

 

 

 


汚れを取除くと持ち手の擦れ具合が鮮明です。
各部を強化しながら組み立て直し見た目も改善させます。

 

 

 

 


金具をゴールドに復活させて本体も黒革に戻し、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


ボール紙の芯材などは丈夫な芯材に交換しました。

しばらくは固く感じますが丈夫になっていますので、
少しずつ馴染ませるように育てる必要があります。

 

 

 


持ち手などコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 


表皮がなくなっていたパイピングや穴が空いて手遅れだった底角も
活用いただける状態に復活です。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


縫い合わせ部のヤブレや持ち手付け根4カ所なども
強化させながら修復しています。

折れていた天部やヨレヨレだったカブセが丈夫になったことで、
馴染むまではカブセの開閉が窮屈に硬く感じます。

手遅れ状態まで活用されたバッグですので強度と耐久性を優先して
仕上げましたので少しずつ馴染ませながら

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション御中
お世話になります。昨日、バッグを受け取りました。
失礼かと存じますが、本当に予想以上に美しい仕上がりで驚きました。
また、切り取ったり差し替えたりしてくださった部品もお送りいただきましたが、
その量が少ないことにも驚きました。
無駄なく作業をされるんだと素人なりに感激しております。
ブログについても、自分のバッグが解体された姿を見て、
こうして丁寧に仕上げてくださったんだ…と興味深く読ませていただきました。
もう20年近く愛用しましたが、
まだまだこれからも使えるようになり嬉しい限りです。
この度は本当にありがとうございました。

 

大阪府 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。

代用品にパーツ交換してしまうのが楽ですし簡単ですが、
本来のバッグと別物になってしまいます。
当社では出来る限り本来の素材のままで仕上げるようにしています。

とても残念な状態でしたが、出来る限り丈夫に仕上げていますので、
少しずつ馴染ませながら大切に長くご愛用ください。