エルメス シャネル プラダ


エルメス(ヌメア)とシャネル(キャビアSD)とプラダのキーケースです。

 

 

 


プラダのキーケースはホルダー金具を交換します。

 

 

 


シャネルのキャビアスキンのチェーンショルダーバッグは、
外面の擦れや汚れを補修補色加工します。

 

 

 


擦れて表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んで変色した部分が目立ちます。

 

 

 


全体に薄汚れています。

 

 

 


製造時のボンド汚れも経年劣化で変色。

 

 

 


塗装や革の表皮の何倍も深い傷は塗装で消えることはありませんが、
このままでは補色すらできませんので補修加工で改善させます。

 

 


エルメスのヌメアも擦れや色あせが各部に見られます。

 

 

 


色が剥がれた部分だけが目立ちますが全体に色あせています。

 

 

 


カブセ外周も擦れやすい部分です。

 

 

 


カブセのベルトは全体的に色が剥がれて白くなっています。

 

 

 


使い込まれた年代物ですので革素材が劣化して、
ひび割れています。

 

 

 


反対側も同様に。。。

クリーニングや補修補色加工で革がひび割れた劣化が改善しませんが、
切れて使えなくなる心配もない構造のショルダーです。

 

 

 


カブセは鋭角に折れ曲がって変型しています。

カブセを解体して強化しながら出来る限り補正してみます。

 

 

 


シャネルの附属パーツを取り外したところです。

 

 

 


ショルダーの中革は予定外でしたが補修補色加工します。

 

 

 


クリーニング加工を施すと薄汚れ程度ではありませんでした。

 

 


金具も洗浄しました。

 

 

 


エルメスのヌメアのカブセの中です。
最高品質の革で作成されていますが変型型崩れを抑える芯材はありません。

 

 


ホルダー金具の交換完了。

元の金具よりは耐久性の高い金具を使用していますが、
フックをローテーションして使用するのが長持ちの秘訣です。

 

 

 


キャビアスキンのクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


底角やパイピングの擦れや変色も改善。

 

 

 


こちら側も同様に。。。

 

 

 


エルメスのヌメアもクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


底角や擦れ部も目立たなくなりました。

 

 

 


全体に色あせて白くなっていたショルダーベルトも本体と同色に改善。

 

 

 


鋭角に折れ曲がって変型していたカブセ天部も補正加工しました。

素材自他に劣化が見られる状態ですので、
悪化を抑えるために出来る限り塗装を控えめに見た目を改善させています。

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
丁寧に取扱うことで悪化を遅らせることは出来ます。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

GUCCIの加工


大きく大容量のグッチのバッグです。

 

 

 


各部に擦れや色あせが見られますが今回はカブセの加工のご依頼です。

 

 

 


カブセは差し込んでいるだけですので持ち歩いていると抜けてしまいます。

 

 

 


バッグを揺すると100%でカブセが外れて開いてしまいます。
防犯上も心配ですのでマグネットロック金具を取り付けます。

 

 

 


内張りを解体してマグネットロック金具を取り付けました。

 

 

 


デザインの変化がないようにループ革の下に取り付けています。
バッグを激しく揺すってもカブセが外れることは100%ありません。

 

 

 


差し込み部の下から指を滑り込ませるようにカブセの差し込みを上げると、
簡単にカブセを開くことができます。

早いスピードでカブセを引き抜くことでもマグネットは外れますが、
スマートではないので下から押し上げるのが良いと思います。

 

 

 


カブセ側も解体してマグネットの凸側金具を取り付けています。
凹側も凸側も金具の取り付け部には強化加工を施していますので丈夫です。

 

 

 


カブセが自然に開いてしまうことに対応しながらも、
マグネット金具が目立たないように取り付け部を考慮しました。

知らない間にカブセが開くことはありませんので、
今後は安心して活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
この度はありがとうございました!
どこの店舗でも受けてもらえなかった修理を受けていただき、
大変感謝しております。

 

千葉県 O 様
今回加工を先送りされた色あせや擦れの改善も
革素材が劣化する前に改善させることをお勧めします。
大切に長くご愛用ください。

ボッテガの擦れ


ボッテガベネタのバッグ2点とホワイトハウスコックス財布です。

 

 

 


底角には深い傷があり革の繊維が露出しています。

繊維の荒さから床革に表面加工した素材のようで、
耐久性は期待できない素材です。

 

 


編み込まれた持ち手も擦れが見られボンド汚れも目立ちます。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


メッシュのバッグはラムスキンの本革です。

 

 

 


柔らかくデリケートな革で擦れには弱いです。

 

 

 


ファスナーサイドの擦れは避けることが出来ない構造。

 

 

 


汚れが染み込んで素材劣化も見られる持ち手。
外面の汚れを取除き擦れ部を補修して補色します。

 

 

 


ホワイトハウスコックスの財布は当社で外面を張り替えたことがある品。

 

 

 


今回は内布のヤブレ部を作成交換します。

 

 

 


ポケットのヤブレは札入れ部のヤブレと同じです。
一枚の布地ですのでポケットが裂けると札入れ部にも損傷が出ます。

 

 


汚れを取除くと底面外周に素材劣化でひび割れが見られます。

 

 

 


メッシュのバッグも汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。
全体的に色あせもありますので擦れ部を整えてから補色します。

 

 

 


汚れが染み込んでいた持ち手も同様に。。。

 

 

 


解体して内張りを作成しますが今回は2重構造で、
ポケット部が裂けても札入れには問題が出ないようにします。

 

 


外面クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


持ち手の擦れやボンド汚れも改善。

 

 

 


メッシュのバッグも外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


汚れや擦れが見られた持ち手も改善しています。

 

 

 


二重構造ですので強度アップもしています。

 

 

 


メッシュのバッグやホワイトハウスコックス財布は、
丁寧に活用すれば長く愛用することが出来る素材です。

白のボッテガは丁寧に活用しても傷みが出やすい素材ですので、
出来る限り中身を減らして軽くすることをお勧めします。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

レディディオールの汚れ


使い込まれたレディディオールです。

 

 

 


底角は表皮が剥がれ革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 


表皮が剥がれると汚れも染み込みやすくなります。

 

 

 


天部口周りも同様に。。。

 

 

 


底角や外周だけでなく全体的に擦れや汚れが目立つ状態です。

 

 

 


ここまで汚れが染み込む前にメンテナンスするのが最善です。

 

 

 


持ち手は全体的に表皮が剥がれて汚れが染み込んでいます。

 

 

 


ステッチが茶色く変色した部分が画像部以外にも数カ所あります。
生産時の接着剤が原因だと思われます。

 

 

 


附属パーツを取り外して汚れを取除き毛羽立った擦れ部を補修します。

 

 

 


持ち手には革が擦切れて破れた部分があります。
作成交換もご提案しましたが今回は補修で対応します。

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。
擦れて毛羽立っていた底角も改善。

 

 

 


各部に見られた接着剤の染みだし部も綺麗になりました。

 

 

 


擦れや汚れが激しかった部分も改善しています。

 

 

 


手垢汚れで変色した持ち手も出来る限り改善させました。

 

 

 


口周りや外周外面など全体的に擦れや汚れが見られたバッグですが、
クリーニングと補修補色加工で改善しました。

汚れが目立つ色ですし持ち手にはヤブレも発生したバッグですので、
出来る限りよい状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

miumiu財布


ミュウミュウの長財布です。

外周だけでなく各部に擦れや傷が目立ちますので、
補修補色加工を施します。

 

 


後面にファスナーポケットがあり便利に活用できる財布です。

 

 

 


擦れや傷が全体に見られ残念すぎる状態です。

 

 


後面も同様に。。。

 

 

 


こちら側は少し変型が見られます。

 

 

 


折り曲げ部は革が擦切れて穴が空いていますので強化加工が必要です。

 

 

 


折り曲げ部は解体して強化芯材を入れて擦切れ穴を塞ぎます。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 


解体すると穴が空いていることがわかりやすいです。

 

 

 


外面の補修補色加工と折り曲げ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 


革の繊維が毛羽立っていた外周の擦れも改善しています。

 

 

 


マチや折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 


擦れに弱く色剥がれしやすい素材ですので良い状態を保つには、
丁寧な取り扱いを心掛けるしかありません。

便利に使える財布ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション 様

お世話になります。

先程無事受取りました。
私の使い方が悪く、傷だらけでボロボロだったお財布を、
新品の様にキレイにして頂き感動です!
お財布も喜んでると思います。
ありがとうございました。

これからは丁寧に使い、ずっと大事にします!
またメンテナンスよろしくお願いします。

 
愛媛県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
全体に傷があり残念すぎる状態でしたが、
出来る限り改善させましたので、
大切に長くご愛用ください。

フェラガモ財布


サルヴァトーレ フェラガモ ガンチーニ財布です。
ガンチーニとは「フック」の意味でフェラガモのロック金具の形状です。

 

 


擦れや汚れが見られる財布は白とオレンジとベージュの3色の革を使用。
補修補色加工には3色が必要で通常の3倍以上の手間と時間が必要です。

 

 


表皮が剥がれた部分には汚れが染み込んでいます。

 

 

 


カブセ外周のコバ面の塗料も別色ですので4色の調色が必要です。

 

 

 


カブセの内側も擦れや汚れが見られ十分に活用された様子です。

 

 

 


マチの折れ込んだ部分には黄色い汚れが見られます。
ホコリは溜まりやすい部分ですが擦れや汚れは発生しない部分です。

 

 

 


全体に擦れや汚れが見られる財布ですので外周は表皮が剥がれています。

 

 

 


反対側も同様に。。。

表皮がなくなり革の繊維が露出した部分は塗料を吸い込んでしまいます。
着色出来るように補修加工で表皮を整える作業が必要です。

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。
カブセの内側も色あせや汚れを改善させておきました。

 

 

 


白もベージュもオレンジも擦れや汚れが目立ちやすい色ですので、
綺麗な状態を保つのが困難な財布です。

 

 


財布はバッグの中で擦れてしまい汚れが付着するこ多いです。
特殊な財布ですので他のものと擦れないように工夫しながら、
活用されるのが良い状態を保つ最善策です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索