セリーヌ巾着


セリーヌの巾着バッグです。

 

 

 

 


革の劣化で口紐が切れています。

 

 

 


革が劣化して数カ所が切れていますので紐部を作成交換します。

 

 

 


前ポケットの内張りは合成皮革素材の劣化が見られます。

 

 

 


本体の内張りも同様に。。。。

 

 

 

 


口紐や内張りの劣化からもわかるとおり年代物です。

リニューアルリペアを施すのが安心ですが、
今回は口紐と内張りを本革で作成交換します。

 

 

 

 


解体。

 

 

 

 


内張りを取除いた本体を裏返して前ポケットの内張りを作成します。

 

 

 


デザインや構造を変えることなく本革で内張りの作成交換完了です。
合成皮革のようなベタツキ劣化の心配はありません。

 

 

 


口紐も丈夫に作成しました。
内張りの作成交換で少し本体外面も補正されたように見えます。

古い品ですので負担が掛かるショルダーベルトは、
切れてしまう前に強化しておくのが安心です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

YSLカサンドラ


イヴサンローランのカサンドラです。

 

 

 


今回はマチ底の修理ですが何も問題ないように見えます。

 

 

 


実は革が裂けています。

 

 

 


マチ底を解体して強化しながら組み立て直し修復します。

 

 

 


マチ底ヤブレ部の復元強化加工の完了です。

丈夫に仕上げていますので同じ部分が裂ける心配はありません。

 

 

 


修理とは関係ない話ですがYSLのロゴ文字型のロック金具を考案した、
金具の設計者はすごく優秀な方だと思います。

 

 

 


このバッグの原価はロック金具が占める割合が大きいと思います。

精度の高い金具ですのでトラブルも少なく、
丁寧に開閉すれば破損の心配もありません。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

こんにちは!
お世話になります。

たった今、修理して頂きましたカサンドラ受け取りました。
お忙しい中、迅速なご対応ありがとうございます!

とても綺麗で、あれ?左右どちらが破れていたんだっけ?
とわからなくなるほどでした(*^^*)

目立たない箇所ではあるものの、
購入して1年ほどで破れてしまったので、
とてもショックだったのですが、
また新品のように戻って本当に嬉しいです!
少し、荷物をぱんぱんに入れ過ぎていたかな…と反省もあるので、
今後は慎重に扱っていきたいと思います💦

以前より、ブログを拝見させて頂き、
ブランドバッグの修理は絶対にレザークリエイション様でお願いするぞ!
と思っておりましたので、この度お願い出来まして本当に良かったです!

ブログに紹介して頂いた記事も、
早速拝見致しました(^^)
私もこの金具のデザインと、
装飾と実用性のバランスが取れていた所が気に入って購入したので、
嬉しかったです!

素敵なおまけもありがとうございました!
また、何かありました際には是非ともお願いしたいと思っております✨

この度は本当にありがとうございました!

 

静岡県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
金具や構造が良いバッグだけに、もう少し良い革が使用されていたら、
縫い目から裂けることもなかったのですが、
今回は片側だけの強化でしたので詰め込みすぎや型崩れは要注意です。
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

ケリーバッグ修理


エルメスのケリーバッグとエピのプチノエとルブタン財布です。

 

 

 

 


プチノエは付け根革が切れています。

 

 

 


反対側も限界です。
変色したカシメ金具を取り外して部分的に作成しながら強化します。

 

 

 


他店様で塗装したバッグですので本来の状態がわかりませんが、
各部に亀裂などが見られる状態です。

 

 

 


天部にも亀裂がありますが今回は付け根革の御依頼です。

 

 

 

 


持ち手は塗装剥がれも発生しています。

加工歴がある品は本来の状態がわかりませんので、
修理を受け付けるには大きなリスクがあります。

 

 

 


ルブタン財布の折り曲げ部には擦れだけでなく変形も見られます。

傷みやすい部分ですので強化加工をご提案しましたが、
今回はコバ仕上げで対応します。

 

 

 


角部も同様に。。。。

 

 

 

 


カードポケットの破れや小銭入れのマチの変形から、
少し詰め込みすぎかもしれません。

 

 

 


裂けたカードポケット部を解体して復元強化加工を施します。

 

 

 

 


素材の経年劣化や損傷が激しいエルメスのケリーバッグは、
全体的な加工が必要です。

 

 

 


こちらの付け根革も切れています。

しかし、付け根革よりも無数のひび割れが見られるカブセや持ち手の方が、
革の劣化が激しく重傷です。

 

 

 


カブセの内側も擦れや汚れだけでなくカビが発生していたような、
シミが全体に見られます。

 

 

 


内ポケットは間仕切りステッチが劣化してほつれています。
大きく解体して擦れなども改善させながら縫い直します。

 

 

 


底角だけでなく外周は表皮が擦り切れてなくなっています。

 

 

 


残念すぎる状態で、劣化した革が新品時に戻ることはありませんが、
カブセ付け根など負担が掛かる部分は強化加工を施して、
急激な悪化を抑える加工が必要です。

 

 

 


マチ部材やカブセ付け根の切れた部分は強化しないと、
大きく裂ける心配があります。

 

 

 


プチノエの内張りを解体してカシメ金具を取り外しました。
刻印があるカシメ金具は元通りに再生して付け直します。

 

 

 


傷んだ部分を作成します。

 

 

 


ルブタン財布も解体して裂けた部分を強化しながら再生します。

 

 

 


附属パーツを取り外しました。

 

 

 


持ち手の裏面は縫い直すことも出来ないほど擦り切れて欠損しています。

 

 

 


付け根革を取り外すとカシメ金具が隠れています。

 

 

 


カブセ天部に入れられた鉄芯を固定するためのカシメ金具です。
当然、鉄芯を取り外さなければ付け根革を付け直すことはできません。

 

 

 


内ファスナーポケットもカビが発生していたようです。
ファスナーも限界を超えていますので交換が必要。

 

 

 


鉄芯だけでなくカブセ裏やファスナーも取り外しました。

 

 

 


長年のご使用で良いところが残っていない状態のケリーですが、
年代物ですので作り込みは丁寧で高品質です。

 

 

 


各部に強化加工を施しながら組み立て直します。

 

 

 


マチの縫い合わせ部は裂けています。

 

 

 


マチ天部は負担が掛かる部分ですので内張りを剥がして、
強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


ルブタン財布のカードポケットの復元強化加工の完了です。

 

 

 


コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 


プチノエの付け根革も丈夫に部分作製完了。
刻印入りカシメ金具も磨き直して再生しています。

 

 

 


エルメスのケリーバッグもリニューアルリペアの完了です。
ご要望通り、出来る限り濃い紺色で補色しています。

 

 

 


切れていた付け根革は新品時より丈夫に強化して、
限界を超えていた持ち手は作成交換しました。

カブセの両サイド折り曲げ部やマチ天部なども強化加工を施して、
構造的には丈夫になっています。

 

 

 


ユルユルだったヒネリ金具も長持ち優先で少し固めに加工してあります。

出来る限り見た目も改善させましたが劣化した革の表皮に、
ひび割れが出てくるのは避けようがありません。

すでに限界を超えるまで活用された年代物ですので、
今更、細かなひび割れを気にして活用しないのはもったいないと思います。

構造的には新品時より丈夫になっていますので、
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 御中

お世話になっております。
出来上がったバックの写真を拝見いたしました。
驚きと、感謝の気持ちでいっぱいです。
特にケリーは祖母が使っていたものがよみがえり、
将来娘に渡せるよう
これから大事に大事に使っていきます。
現物を見た母も「魔法がかかったみたい」と
興奮気味に電話をかけてきました。
実は他にも数点修理したいバックがあります….
次回の修理受付日を逃さないよう、更新を心待ちにしております。
3月に入りましたが、寒さが残る日もあるかと思います。
お風邪などひかれませんように。
本当にありがとうございました。

 

ハワイ州 M 様

ケリーは各部の強化加工などで構造的には活用いただける状態に、
仕上げることが出来ました。

しかし、保管状態や使い方の問題もあるだけでなく、
年代物ですので素材劣化が見られるバッグであることに、
変わりはありません。

出来る限り丁寧に取扱いながら、
大切に活用されることをお勧めします。

グッチ内張り


年代物のグッチのバッグ2点です。

 

 

 


こちらはバンブー持ち手のバッグですが、
合成皮革素材の内張りは経年劣化でボロボロです。

 

 

 


こちらのバッグもカブセを開くと内張りはベタツキ劣化しています。

 

 

 


内張りの作製交換のためには大きく解体が必要。

 

 

 


カブセがあるバッグはワインカラーの本革で御依頼いただきました。

本革素材でベタツキ劣化の心配が無くなっただけでなく、
革色を変更したことで気分転換も出来ると思います。

 

 

 


バンブー持ち手のバッグはカブセがないので、
黒の本革で作製しています。

 

 

 


どちらのバッグも丁寧に活用すれば長く愛用できる良い品です。

ベタツキ劣化の心配は無くなりましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ラゲージの変形


見るからにお疲れモードのセリーヌ ラゲージです。

 

 

 

 


後面から見ても自立することはできない様子です。

 

 

 

 


持ち手を縫い付けている本体は引っ張り上げられて変形しています。

 

 

 

 


底角など各部に擦れも見られます。

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分は補修加工で表面を整えなければ、
塗料を吸い込むだけで発色しません。

 

 

 


持ち手付け根も革が伸びて大きな隙間が見られます。

 

 

 


4カ所とも芯材も擦切れてなくなり革が伸びています。

このようになると・・・

 

 

 


持ち手も倒れて自立しません。

 

 

 

 


持ち手のコバ面の塗料劣化や部材の剥がれもあります。

 

 

 


底角も同様に。。。

 

 

 


この辺りも口が空いていますので補修してコバ面を仕上げ直します。

 

 

 


埃やゴミが溜まりやすい部分は時々でよいので清掃することをお勧めします。

 

 

 


本体を解体して持ち手の縫い付け部を見たところです。
部分的に白い布を芯材として貼り付けてありました。

無いよりはましですが左側の芯材は貼り付け位置が悪く効果半減です。

 

 

 


持ち手を取り外し、付け根を解体して強化します。

 

 

 


擦れ部の汚れを取除いたところです。
表皮がなくなった部分は補修してから補色します。

 

 

 


持ち手や本体のコバ塗料は全て取除き仕上げ直します。

 

 

 


持ち手付け根の強化加工の完了です。

 

 

 


強化しながら補正して隙間がなくなりました。

 

 

 


コバ面の仕上げ直しも完了。
擦れ部も補修補色加工で改善しています。

 

 

 


持ち手が倒れないようになり本体も自立するようになりました。
中に詰め物をして自立させているように見えますが・・・

 

 

 


中には詰め物なく空のままでも自立しています。

クタクタ状態で使いにくいほど型崩れしていましたが、
持ち手付け根も丈夫になり擦れ部も改善しました。

何より自立するようになったことで使いやすくなると思います。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

本日、鞄を受けとりました。
久しぶりに自立している姿をみて、
また細やかなところまで修繕を施していただき、
何だか『キリリ』と誇らしげなお顔立ちになって、
我が家に帰ってきたなと感じています。
コロナ禍でお出かけするには少し先になりますが、
あちこち連れて行ってあげたいと思います。

今回はお世話になりました。
ブログも楽しみにしております。

 

大阪府 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けられない物ですが、
丈夫になっていますので良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

ラゲージの擦れ


セリーヌのラゲージです。

 

 

 

 


底角はコバ塗料のハガレだけでなく部材が剥がれて口が空いています。

 

 

 

 


コバ面だけでなく底角付近は擦れも目立ちますので補色加工が必要。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

 

 

 

 


底角以外でも部材が剥がれていますし、ひび割れもありますので、
外周のコバ面は全体的に仕上げ直しが必要です。

 

 

 


この辺りも改善させておきます。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


持ち手も部材が剥がれていますのでコバ面を整える補修が必要です。

 

 

 


こちら側の持ち手も全体的に剥がれています。

 

 

 


カブセ付け根には埃やゴミがたまりやすいので、
時々は清掃されることをお勧めします。

 

 

 


今回は底角付近の擦れの御依頼ですが各部に白くなった部分があります。

 

 

 

 


底角付近の汚れを取除くと表皮がなくなっていることがわかります。

 

 

 

 


ひび割れ劣化が見られたコバ塗料も取除きました。

 

 

 

 


持ち手も同様に。。。。

革の断面は繊維が毛羽立っていますので擦れ部と同様に表皮を整えてから、
仕上げ直します。

 

 

 


擦れ部の補修補色加工とコバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 


持ち手のコバ面も同様に。。。

 

 

 

 


今回は底角付近やコバ面の仕上げ直しでしたが、
各部に見られた小傷も改善させながら埃も清掃しておきました。

丁寧に使用すれば長く活用できる良いバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

この度は、大変お世話になりありがとうございます。

バッグ受け取りました。
工程をお写真で拝見し、綺麗になって喜んでおりましたが、
新しく生まれ変わって戻ってきた実物を見て、
思っていた以上で驚きを隠せませんでした。

前よりも大事に長く使いたいと思います。
色々なアドバイスも頂き、
きめ細やかなお気遣いにも感謝の気持ちでいっぱいです。

インターネットでたくさん探して、
やっとたどり着いたレザークリエーションさんに出会えて本当に嬉しいです。

またお世話になる事があるかと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。

 

大阪府 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
保管時は詰め物をして形状を整えるだけで、
良い状態を保ちやすい丈夫なバッグです。
大切に長くご愛用ください。