LVジッピー修理


モノグラムとダミエのジッピーウォレットです。

現行品品質の財布ですので歪みや変形も見られますが、
便利に使える機能的な財布です。

 

 

 


ファスナー布地に擦り切れがありますので交換します。

 

 

 

 


波うちや変形もあり外面は全体的に強化することを希望されています。

 

 

 

 


ダミエ財布も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部には擦り切れ欠損があり縫い直すことも出来ない状態です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


どちらの財布も同じ加工を施しますのでバラバラに解体。

 

 

 

 


外面全体を強化する前に組み立て直せる状態にすることが先決です。

 

 

 

 


ダミエ地やモノグラム地だけでも20年前のものに戻してほしいのが、
ヴィトンファンの願いですが現実的には難しいようです。

 

 

 

 


ダミエよりは軽傷ですがモノグラムにも欠損が見られます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


ファスナーは高品質なもので交換完了。

 

 

 

 


波うち変形も改善しています。

 

 

 

 


ダミエ財布も縫製できる状態に復活させて高品質なファスナーで交換。

 

 

 

 


財布を変形させるほど詰め込んでしまうことを避ければ、
安心して長く活用できる状態に復活させています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ハロッズ財布


harrods(ハロッズ)の二つ折り財布です。

 

 

 

 


取り扱いが難しいゴールドですが丁寧に使用されています。

 

 

 

 


二つ折り財布は折り曲げ部が傷みやすい部分です。

 

 

 

 


反対側も折り曲げ部も軽傷ですが両側とも解体して強化芯材を入れます。

 

 

 

 


亀裂が発生していた外周のコバ塗料も取り除き仕上げなおします。

 

 

 

 


折り曲げ部解体。

 

 

 

 


札入れ側も同様に。。。。

 

 

 

 


外周のステッチまでは届いていませんが薄い芯材が張り合わせてありました。

 

 

 

 


コバ面を仕上げなおして折り曲げ部の強化加工の完了です。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


財布は折り曲げ部を良い状態に保てれば長く愛用できます。

綺麗な状態を保ったまま使用するのは難しい素材ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

本日、お受け取り致しました。
ずっと、折り曲げ部分の亀裂が気になって使用してました。
この度は綺麗に仕上げて頂き感謝致します。
今まで以上に丁寧に使用していきたいと思います。
どうもありがとうございました。

可愛い〇〇〇○〇も使わせて頂きますね。

沖縄県 G 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
綺麗な状態を保ち続けるのが難しい素材ですが、
工夫しながら良い状態を保って長くご愛用ください。
 

ロエベ トートバッグ


ロエベのトートバッグです。

 

 

 

 


前後の持ち手が同じ向きですので後ろ側の持ち手は捩じったまま使用されています。

 

 

 

 


後側の持ち手は裏返しで使用されていましたので擦れた面が表側です。

 

 

 

 


接着だけで仕上げた持ち手の付け根は部材の剥がれが見られます。

 

 

 

 


負担がかかる部分なのですが残念な構造です。

 

 

 

 


コバ塗料が剥がれた部分を見ると繊維が荒い革であることがわかります。
持ち手のコバ面を仕上げなおしながら付け根4か所を強化します。

 

 

 


外面には擦れも見られます。

 

 

 

 


底角4か所は表皮が無くなるまでスレスレ。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

 

 

 

 


表皮の剥がれた部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


負担がかかる付け根の芯材は合成皮革です。

合成皮革が劣化すれば接着が剥がれることは避けられませんので、
このバッグを購入された方は100%同じ症状がでます。

 

 

 

 


劣化した合成皮革の芯材を取り除いたところです。

 

 

 


持ち手のコバ塗料を取り除いたところです。
革の繊維が荒く塗料を吸い込んでしまいますのでコバ面も補修して整えます。

 

 

 

 


付け根の強化加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手も正しい向きに補正して手垢汚れや擦れを改善させました。

 

 

 

 

 


底角付近の擦れも改善。

 

 

 

 


付け根は剥がれが出ないように工夫しながら強化して、
持ち手のコバ面も仕上げなおしています。

外面の擦れも改善しましたので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ホワイトハウスコックス


ホワイトハウスコックスの長財布です。

 

 

 

 


丁寧に使用されている財布ですが擦れやすい外周にはホツレが見られます。

 

 

 

 


折り曲げ部も縫製糸が擦れて細くなっています。

 

 

 

 


良い感じに使い込まれています。

 

 

 

 


ファスナーポケットの小銭入れもあり使いやすい財布です。

 

 

 


小銭入れの縫い合わせ部が裂けています。

 

 

 


こちら側はマチ部材の幅まで広がるので負担が無いのですが・・・・

 

 

 

 


裂けた側はマチ幅よりも小銭入れの幅が狭く負担がかかる構造です。

ファスナーの幅以上には開かないのでマチの両サイドに分けて縫い込むのは、
疑問が残る作り込みです。

 

 

 

 


解体して裂けた部分を再生します。

 

 

 

 


ファスナーも解体しているのは入れ込む強化芯材をステッチ留めするためです。

 

 

 

 


芯材にステッチが入ることで強度アップします。

 

 

 

 


裂けた小銭入れ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


ファスナー幅以上にマチが開くことはありませんので、
マチ幅がこれ以上開くことはありません。

マチ部材の負担が少ないことがメリットですが不思議な構造です。
 

 

 

 


綺麗に使用されていますので外周は全て縫い直しました。

良い雰囲気を維持したまま上手に使用されていますので、
引き続き丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

ありがとうございました。
実物を確認してからブログ拝見させていただきました。
開いた四すみが気持ち硬くしっかりした感じがしてまた長く使えそうです。

お褒めいただきありがとうございます。
濡らさない、ズボンのケツポケットに入れないぐらいしか注意してないですが
やはり水分は致命傷ですね。
〇〇〇○〇ありがとうございました。

大阪府 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
濡らさない、尻ポケットに入れないに加えて詰め込みすぎに注意すれば、
財布は良い状態を保ちやすくなります。
大切に長くご愛用ください。

ヴィトン名刺入れ


ルイヴィトン モノグラムの名刺入れです。

 

 

 

 


2000年1月にスペインの工房で作製された品ですので、
20年近く経過していますが丁寧に活用されている印象です。

 

 

 

 


マチ部材が大きく裂けていますので使用不可能な状態です。

 

 

 

 


とても薄い革を張り合わせたマチ部材は欠損が見られます。

 

 

 

 


とりあえずは解体してマチ部材を取り外しましたが、
反対側のマチと比較するとペラペラで厚みがありません。

 

 

 

 


厚みを計測すると0.5㎜しかありませんので0.25㎜の革を張り合わせた構造です。

 

 

 

 


厚みを増した革で丈夫に作成交換しました。

 

 

 

 


財布など小物類では部材の厚みに個体差があります。
購入される際には部材の厚みを比較して選ぶと丈夫な品を選択しやすいです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネル財布の擦れ


シャネルの長財布です。

 

 

 

 


後面を見ても丁寧に活用されていることがわかります。

 

 

 

 


丁寧に活用されていても折り曲げ部は傷みやすく、
擦り切れて革に大きな穴が空いています。

ホツレを縫い直せないほど擦り切れると折り曲げ部の損傷としては重症です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


後面のカブセの折り曲げ部も擦り切れて白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部と同様に角部も擦れやすく穴が空いて芯材が露出しています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


擦り切れて穴が空いてしまうと基本的には手遅れですが、
このままでは悪化する一方ですので解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


後面カブセも可動しますので強化しながら擦り切れ穴を塞ぎます。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工の完了です。
強化しながら穴を塞いで改善させましたのでホツレもなくなりました。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


可動しない角部は見た目を整える補修加工で改善させています。

丁寧に活用していても次に傷みが出るのは同じ折り曲げ部や角部です。
穴が空くまで放置すると修理不可能と判断される修理店が多くなり、
縫い直すことができないほど擦り切れると重症で手遅れになることもあります。

手遅れ状態まで悪化させてからの修理よりも早めのメンテナンスが、
費用も抑えられて良い状態を保ちやすくなりますので、
大切な財布は早めのメンテナンスをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。
by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

連絡が遅くなりまして失礼いたします。

修理お願いしていたお財布が買ったばかりのようになって戻ってきて
本当に嬉しかったです。
このお財布は大変に使いやすく15年使っていました。
同じ形のお財布はシャネルではもう作られていないので
再び使えることができることが嬉しいです。
大切に使いたいと思います。

次回の修理の告知の際には、またよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

追伸、お財布の中に色々入っていたものまで
丁寧に返していただいて、ありがとうございました。

 

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に使用されていることがわかる財布ですが、
折り曲げ部や角部は傷んでしまうことは避けようがありません。
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。