底角とクリーニング


エルメスとシャネルのバッグです。

 

 

 

 


突然の雨などで濡れたことがあるのか全体に変形シワが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 


今回は底角のパイピング革の擦り切れ破れの補修をご依頼いただきました。

 

 

 

 


こちらの底角も革が破れて芯材が露出しています。

 

 

 


エルメスのバッグはクリーニングのご依頼です。

 

 

 

 


白のキャンバス地は汚れやシミが見られます。

 

 

 

 


古い汚れは加工してみなければ改善度はわかりません。

 

 

 

 


各部に目立つ汚れやシミがあります。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


全体に見られる茶色いシミはなんでしょうか?

 

 

 

 


底マチのステッチ付近全体に見られる汚れは製造時のボンドが原因かなぁ~?

 

 

 

 

 


クリーニング加工の完了です。

 

 

 

 


底角の黒い汚れも目立たなくなりました。

 

 

 

 


ステッチ周りの汚れも改善。

 

 

 

 


黄色いシミも目立たなくなりました。

 

 

 

 


シャネルの底角は4か所とも部分的に補修しました。
擦れることが避けられない底角ですので丈夫な革で強化しています。

 

 

 


汚れやシミが目立ったエルメスのトートは汚れやシミが改善して、
シャネルも底角の擦り切れ破れを補修したことで悪化を抑えています。

どちらのバッグも、まだまだ活躍してくれる状態ですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスのクリーニング


本革素材のHERMESフールトゥとガーデンパーティです。

 

 

 

 


白革のガーデンパーティは底角が擦れて表皮が剥がれています。

 

 

 

 


4角ともガサガサ。

 

 

 

 


白い革ですので全体に汚れも目立ちます。

 

 

 

 


シミのような汚れも。。。。

 

 

 

 


コーヒーか何かをこぼしたような汚れも。。。。

外面の汚れを取り除くクリーニング加工のあと擦れ部を整える補修加工を施し、
擦れ部や色褪せ部を補色加工します。

 

 

 

 


構造的に避けられない部分ですが底マチの変形型崩れもご依頼いただきました。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


シンプルなデザインのバッグですがエルメスですので構造が複雑。
底マチを補正するためには解体が必要です。

 

 

 

 


内張りを解体して持ち手付け根を裏側から見たところです。
負担がかかる部分ですが強化加工はなく縫製糸を留める黒いテープだけです。

 

 

 


フールトゥも底角には擦れが見られます。
表皮が剥がれるほどではなくガーデンよりは良い状態と感じたのですが・・・・

 

 

 


この辺りも黒い擦れ汚れだけだと思っていましたが、
よく見ると全体的に薄い茶色のシミがあります。

 

 

 


マチも黒い汚れだけでシミも全体に。。。。

 

 

 

 


ホツレもあり薄茶のシミも。。。。
結果的にガーデンパーティよりも重症といえる状態でした。

 

 

 

 


底角など汚れを取り除くクリーニング加工を施したところです。

ガーデンパーティのように表皮が擦り切れて無くなっていませんので、
メンテナンスのタイミングとしては良いタイミングです。

擦り切れて無くなった表皮が元に戻ることはありませんので、
メンテナンスは早めにされるのが良い状態を保つ秘訣です。

 

 

 

 


持ち手も同様に。。。。
汚れを取り除くと擦れやすい部分の色褪せ具合が鮮明になります。

 

 

 


ガーデンパーティも擦れ部などに染み込んだ汚れを取り除きました。

手間が掛かるので汚れを取り除かずに塗装される業者が多いですが、
当社的には絶対に必要な加工です。

 

 

 

 


持ち手は全体的にスレスレ。

 

 

 

 


変形した底角を片側だけ補正したところです。
歪んだままより強化心材を入れ込んで補正する方がスッキリしそうです。

 

 

 


底マチの補正加工の完了です。

変形型崩れが補正されたこともありますが強度アップしていることが、
長く使用するうえでは有効。

 

 

 


クリーニングと補修補色加工も完了です。

 

 

 

 


スレスレだった天部のテーピングも白に復活。

 

 

 

 


持ち手も同様に。。。。
ひび割れたコバ面も仕上げなおしておきました。

 

 

 

 


フールトゥも同様に。。。。

 

 

 

 


黒い汚れや全体に見られた薄茶色のシミも目立たなくなりました。

 

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
カッコいいバッグですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

こんにちは。
お品、とても素敵で感激です。
この度はありがとうございました。

神奈川県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

デカマトラッセ


大きなサイズのシャネルのチェーンショルダー(通称デカマトラッセ)です。
A4サイズも入るので迫力のあるバッグです。

 

 

 

 


表皮は全体にスレスレで色褪せや汚れやシミが見られます。
擦れやすいカブセの角部は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 

 


表皮が擦れると湿気や汚れを吸い込み、全体的に薄汚れて素材が劣化します。
天部の丸い金具(グローメット金具)も外れていますので4か所とも付け直します。

 

 

 

 


カブセ天部は全体にスレスレで革の繊維が毛羽立っています。
汚れも全体に染み込んでいますので悪戦苦闘しそうな予感。

 

 

 

 


底角だけでなく外周は表皮が無くなっています。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


カブセの付け根付近も傷みやすい部分です。

 

 

 

 


後面は体側ですので常に擦れている部分ですが・・・・
後面ポケットだけでも通常のマトラッセよりも大きいので汚れも迫力があります。

 

 

 

 

 


持ち歩けないほどの擦れと汚れです。

もっと早い段階でメンテナンスするのが最善でしたが悔やんでも仕方ありません。
出来る限りの加工を施して使用できる状態に復活させます。

 

 

 

 

 


チェーン中革もスレスレで元の色は剥がれて無くなった状態です。

 

 

 

 


今回は外面だけでなくマチ底付近の変形型崩れも改善させる加工を承りました。

 

 

 

 


付属パーツを解体して出来る限り汚れを取り除いたところです。
大きいので手間も時間も通常サイズの3倍以上です。

 

 

 

 


内張りを解体してマチ底を内側から見たところです。
黒い芯材が部分的に入れてある構造です。

 

 

 

 


全体のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


グローメット金具は4か所とも固定していますので外れる心配はなくなりました。

 

 

 

 


スレスレで汚れが染み込んでいた天部も改善。

 

 

 

 


後面ポケットも、できる限り復活させましたので問題なく活用いただけそうです。

 

 

 

 


変形型崩れが見られたマチ底付近もスッキリです。

 

 

 

 


迫力のあるサイズで収納力がありますので使用頻度は多くなると思います。

綺麗な状態を保てるとカッコいいバッグですが、
シャネルのデリケートな革は擦れに弱く汚れも染み込みやすいので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ゴヤールの底角


ゴヤールのトート2点とシャネルの長財布です。

 

 

 

 


底角に表面コーティングが剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


少し小さいサイズの赤のゴヤールも同様に。。。。

布素材に薄いビニールコーティングされたような素材ですので、
擦れやすい底角などは傷みが出てしまうのは避けることができません。
今回は軽傷なうちにご依頼いただきましたので縫い込み加工で対応します。

 

 

 

 


シャネルの長財布は全体的に色褪せが見られます。

 

 

 


何かが付着した汚れも。。。。

 

 

 

 


底角はスレスレで表皮が無くなり革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


外周は擦れやすく革が擦り切れて白い芯材が露出した部分も見られます。

 

 

 

 


この辺りも革が破れて白い芯材が露出。

 

 

 

 


開閉の度に負担がかかるファスナーの引手革も限界。

 

 

 

 


ゴヤールの底角4か所を解体して剥がれた部分が少し内側に移動するように
少しカットして縫製します。

 

 

 

 


赤のゴヤールも同様に。。。。

 

 

 

 


引手革を解体して外面全体の汚れを取り除いたところです。

 

 

 

 


汚れを取り除くと外周の擦れだけでなく黒とは言えない色褪せ具合が鮮明です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ゴヤールの縫い込み加工の完了です。

 

 

 

 


カットした分だけ擦れた部分が内側に移動しています。

 

 

 

 


今回は早めのメンテナンスをされましたので違和感なく縫製できました。
余談ですが赤の方が丁寧に作りこまれていました。

 

 

 

 


シャネルの長財布も汚れや擦れが目立たなくなりシャネルブラックに復活です。

 

 

 

 

 


強化された引手革は丈夫になり安心して活用いただけます。

 

 

 

 


ゴヤールは折りたためて収納力があり軽く便利に使えるバッグですが、
表面のプリント柄が擦れに弱く傷みが出るのは避けられません。
将来的には底角に革パーツを追加加工して強度や耐久性を上げるのも一考です。

シャネルの財布も色褪せが避けられない素材ですので、
コーティング加工も施しておきましたが良い状態を保つには丁寧な取り扱い必要。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

HERMES財布


エルメスの三つ折りベアンとドゴンです。

 

 

 

 


ベアンは折り曲げ部など外周に擦れやホツレが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


擦れやホツレは見られますが今回はベロ革を現状のままで取り付ける加工のみ、
ご依頼を頂戴しました。

 

 

 


ベロ革を取り付けるためには内部材の解体が必要です。

 

 

 

 


付け根のループ革も取り外さなければ縫製できませんが、
切れてしまいそうですので付け直しは慎重な作業が必要です。

 

 

 

 

 


小銭入れやカードポケットなど便利に使える財布です。
ベロ革を付け直すには邪魔ですが・・・・

 

 

 

 


数年前に折り曲げ部の強化加工などを施したことのあるドゴンです。

 

 

 

 

 


今回は表皮が剥がれた折り曲げ部の補修補色加工のご依頼です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。。

 

 

 

 


表皮は剥がれてい革の繊維が露出して毛羽立った状態ですが、
強化芯材が入れ込まれていますので強度的には問題ない状態です。

 

 

 

 


ベアンの内部材を大きく解体。

 

 

 

 


慎重にループ革を取り外しました。

 

 

 

 


ベロ革の付け直しの完了です。

 

 

 

 


ドゴンも補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


擦れや毛羽立ちも目立たなくなりました。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しておきました。

 

 

 

 


財布など小物類はバッグの中でも他の物と擦れて傷みやすいです。

良い状態を保つには丁寧な取り扱いしかありませんが、
バッグの中に財布だけを入れるポケットがあれば良い状態を保ちやすいです。

工夫しながら良い状態を保って大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
こんにちは
本日、受け取りました。
きれいに仕上がっていて、ありがとうございます。
また、お願いしたいと思います。

大阪府 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
財布などの小物類は傷みやすいものですが、
取り扱いを工夫しながら丁寧に活用することで、
良い状態を保ちやすくなります。
大切に長くご愛用ください。

色褪せとメッキ


全体に色褪せや擦れが見られるシャネルのチェーンショルダーバッグです。

 

 

 

 


全体的にスレスレで黒い部分が少ない状態です。

 

 

 

 


角部は革の繊維が毛羽立っていますので補修加工が必要。

 

 

 

 

 


チェーン金具はメッキが剥がれてゴールドの部分が少し残っている程度です。

 

 

 

 


チェーンと引手金具は再メッキ加工します。

 

 

 

 


付属パーツを解体して本体の汚れを取り除きました。

 

 

 

 


古い品で良い素材が使用された高品質時代のバッグですが、
型崩れも見られます。

保管時にはタオルなどを詰めて形を整えることをお勧めします。

 

 

 

 


汚れを取り除くと全体の擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 

 

 


比較的に状態が良い底面でも黒とは言えない状態です。
現行品とは比べ物にならないくらい高品質な品だけに残念です。

 

 

 

 


メッキ加工は金具を単体にしなければ加工できないので手間がかかります。

 

 

 

 


ピカピカに復活。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


後面も同様に。。。。

 

 

 

 


色褪せや擦れでグレーのようになっていましたが黒に復活です。

 

 

 

 


劣化したチェーンの中革は作成交換しておきました。

 

 

 

 


残念な状態のバッグでしたが金具類もピカピカになりシャネルブラックも復活。
買い替えることができない品質のバッグですの大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索