フェリージの修理


フェリージのブリーフケースです。

 

 

 

 


クリーニング加工歴がありホック金具などに錆が見られます。

 

 

 

 


こちらもカシメ金具には腐食が見られます。

金具類の錆は我慢できるとのことですが負担が掛かり切れてしまった
持ち手付け根は強化加工が必要です。

 

 

 

 


テーピング革も切れています。
厚みが変わる部分は屈曲して切れやすい部分です。

 

 

 


4か所とも同様に。。。。

 

 

 

 


完全に切れた部分だけでなく小さな亀裂は多数見られますが、
今回は完全に切れてしまった部分のみ部分的な加工を選択されました。

 

 

 

 


底角も擦り切れ欠損がある1か所のみ部分作成します。

 

 

 

 


ファスナー交換も必要です。

 

 

 

 


安心のYKKですが低価格のファスナーが使用されていますので、
最高品質のファスナーで交換します。

 

 

 

 


負担が大きな持ち手付け根は4か所とも強化して、
テーピング革は5か所の部分修理で改善させファスナー交換で使用できる状態に
復活させます。

 

 

 

 


損傷部を解体。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


一枚革の持ち手は裏側から強化芯材と本革を貼り合せて丈夫にします。

 

 

 

 


ファスナーを開閉する度に負担が掛かる引手革も心配な様子。

 

 

 

 


解体して強化加工を施します。

 

 

 

 


持ち手付け根の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


切れていたテーピング革も裏側から強化加工を施して組み立て完了。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 

 


大きく欠損していた底角も部分作成で復活です。

 

 

 

 


最高品質のファスナーで開閉もスムーズです。

 

 

 

 


傷みが出やすいテーピング革は部分的な修理で対応しておいて、
もっと損傷が悪化したタイミングで全体交換するのは効率的です。

布製のバッグなのに使い込んだ味が出るフェリージは魅力的です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ブルーエピ財布修理


使い込まれた様子のエピの財布です。

擦れやすい外周は表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んで黒くなっています。
また、カブセ中央は内側のホック金具の影響で当たりが強くなり、
擦れが強くなるので黒くなってしまいます。

 

 

 


裏面もカブセがある財布ですが同様に黒くなっています。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 

 


内部材も外周は擦れやすい部分です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部は革が擦り切れて穴がいています。

 

 

 

 


本体の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


Wカブセなので傷みやすい折り曲げ部が6か所もあり二つ折りの3倍です。
6か所とも擦り切れ穴がありますので解体して復元強化加工を施します。

 

 

 

 


高品質時代の財布ですので内部材の革も良い素材が使用されています。

 

 

 

 


今回は折り曲げ部6か所に加えて劣化した内張りも張り替え交換します。

 

 

 

 


ベタツキ劣化した合成皮革を放置しておくと対面の革にまで色移りしてしまいます。
劣化した合成皮革は早めに交換する方が良い状態を保ちやすいです。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


本体の折り曲げ部もボロボロ。
このように穴が空くまで放置してしまうと修理不可能と判断される修理店が多いです。

 

 

 

 


古い品ですので解体してみるとポケットの縫い合わせ部にも亀裂を発見。
予定外ですが放置できませんので強化して組み立て直します。

 

 

 

 


外周やホックの当たりで黒くなった部分などを少し改善させながら、
折り曲げ部の強化加工と内張りの作成交換の完了です。

 

 

 

 


穴が空いた革が新品に戻ることはありませんが強化しながら穴を塞ぐことで、
引き続き活用いただける状態に復活です。

 

 

 

 


ボロボロだった本体の折り曲げ部も同様に。。。。

傷みやすい折り曲げ部は見た目の改善よりも強度アップしたことが、
財布を長く愛用するうえでは効果的です。

 

 

 

 

 


劣化した合成皮革は本革仕様になりベタツキの心配はなくなりました。
色移りなども改善させながら折り曲げ部以外も強化しています。

古い品ですので使用すれば損傷は避けられないものですが、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション御中

この度はお世話になりありがとうございました
昨日、財布受け取りました

古いものですので一度は処分しようかと悩みましたが
個人的に思い入れのある財布でしたので思い切って修理を
お願いしました

ブログで拝見した通り細部まで丁寧に仕上げていただき感激
しています

これからも大切に使っていきますね
また機会がありましたら是非宜しくお願い致します

兵庫県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
一度は穴が空くまで使用した財布ですので、
今後は労わりながら大切に長くご愛用ください。

S7660の修理


限界を超えるまで活用されたホワイトハウスコックスの財布です。

この財布を見ると濃茶色か黒の財布だと思ってしまいますが、
元々はネイビーの革だったとのことです。

 

 

 


厚みが無くなるまで酷使され変形や型崩れだけでなく、
外面革は劣化も見られます。

 

 

 

 


ホツレだけでなく折り曲げ部は当然のように擦り切れて穴がいています。

 

 

 

 


カブセノ折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


縫い直すことも不可能で手遅れ状態です。

 

 

 

 


内張りも擦り切れてボロボロ。

 

 

 

 


内側も変色や色落ちしていますがネイビーだったことを想像することができます。

使い込んだ雰囲気も楽しみたいとのことですので、
内部材の見た目はこのままでリニューアルリペアを施します。

 

 

 


バラバラに解体したように見えますが、これは捨てるパーツです。
内張りは全て作成交換しながら劣化した外面革はネイビーの革で作成します。

 

 

 


これが、バラバラにした全体のパーツです。
ペタンコになった財布も解体すると多くのパーツで構成されていることがわかります。

 

 

 

 


芯材のボール紙もボロボロでベタベタ。

 

 

 

 


外面革の内側の布地(札入れ)は本革にします。

 

 

 

 


小銭入れや各ポケットの内張りを作成交換しながら各部を強化して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


財布全体の形状も復活して外面のネイビー革は新品革で復活しました。

汚れや傷を気にして使用するタイプの財布ではありませんが、
ホツレやヤブレなど構造面は早めのメンテナンスが最善です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

タイガ財布のヤブレ


ルイヴィトン タイガ二つ折り財布です。
2005年3月に製造された財布ですが綺麗に使用されています。

 

 

 

 


内部材も綺麗ですが・・・

 

 

 

 


ポケットが裂けています。

 

 

 

 


折り曲げ部も擦れが見られますので強化加工を施します。

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部は表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んで黒くなっています。

 

 

 

 


解体してポケットを強化します。

 

 

 

 


折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


反対側も解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


折り曲げ部の強化加工の完了です。
黒くなった擦れ部を整えて補色加工を施しました。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


裂けていたポケットも丈夫に復活です。

 

 

 

 


綺麗に使用されていますので擦れが見られた角部なども、
補修補色加工で改善させておきました。

引き続き良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチ財布のヤブレ


ボッテガベネタの二つ折りとグッチの長財布です。

 

 

 

 


内側はカードポケットで札はクリップで挟む二つ折りです。

 

 

 

 


コバ塗料が剥がれて芯材が露出しています。
このままでは塗料は塗れませんのでコバ面を補修して仕上げ直します。

 

 

 

 


この辺りも芯材が露出しています。

 

 

 

 


グッチの財布はロック金具が外れています。

 

 

 


負担が掛かる取付け部が破れて金具が外れたようです。

 

 

 


金具の取付け部を復元強化加工したあと金具を固定します。

画像の部分を縫製し直すためには他の部分を大きく解体する必要があります。
しかし、この部分を解体して強化することで強度が格段にアップします。
手抜き修理しない修理店だけが理解できることですが・・・・

 

 

 


ボッテガ二つ折りのコバ面の補修と仕上げ直しの完了です。

擦れてしまう部分ですので定期的なメンテナンスが必要となる部分ですが、
コバ面を良い状態に保てると財布は長持ちします。

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


グッチのロック金具も取り付け完了です。
グラツキもなく新品時より丈夫に固定してあります。

 

 

 

 

 


今回は、どちらの財布も部分的な加工でしたが、
どちらの財布も状態はよく丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

クロムハーツ財布のヤブレ


長年使用されたクロムハーツの財布です。

 

 

 

 

 


外ファスナーの小銭入れが便利なコンパクト財布です。

 

 

 

 


変形型崩れはクロムハーツとしては許容範囲といえますが、
ホツレなど構造面は修理しておかないと寿命が縮まります。

 

 

 

 


内側は札入れとカードポケットのシンプル設計。

 

 

 

 


残念すぎるほど大きく裂けていて使用不可能な状態です。

 

 

 

 


使い方の問題というよりは品質の問題といえるかもしれません。

革の部位や厚みや縫製などに問題があり経年劣化も引き金になった損傷だと考えます。

 

 

 

 


大きく解体して裂けた部材を作成交換します。

 

 

 

 


全体が変形したクロムハーツのパーツ交換は難易度が高いです。

 

 

 

 


ヤブレ部の作成交換の完了です。

 

 

 

 


今回は損傷が酷い部分のみの部部修理でしたが、
丁寧に取り扱えば、まだまだ活躍してくれる状態です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になりました。
本日、財布受け取りました。
有難う御座いました。
やっぱりしっくり来ます。

大切に使っていきます。
又、お世話になる時がきましたら
その時は宜しくお願い致します。

本当に有難う御座いました。

大阪府 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
ご自身に馴染んだ使いやすい財布は手放せない品へと愛着が増します。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。