シャネルの汚れ


キャビアスキンのシャネルの長財布とミニポーチです。

 

 

 

 


擦れや汚れが各部に見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


丁寧に使用していても避けられない損傷です。

 

 

 

 


全体的に汚れていることがわかります。

 

 

 

 


内張りの合成皮革は劣化した表面を剥がして使用されています。

 

 

 

 


長財布も全体に色あせや汚れが見られます。

 

 

 

 


手で触るベロ革は擦れや汚れを避けることはできません。

 

 

 

 


外周は全体的にスレスレ。

 

 

 

 


印刷物のインクが色移りした部分も・・・・

 

 

 

 

 


内部材は外面ほど擦れないのですがデリケートな素材ですので・・・・

 

 

 

 


各部に擦れや色あせがありスタンプのインクも色移りしています。

 

 

 

 


全体に大きなシミ汚れが見られ残念な状態です。

 

 

 

 


がま口の開閉で指先が擦れる部分は表皮が剥がれて、
ベロ革の裏側も全体に汚れが染み込んでいます。

全体の汚れを出来る限り取り除いて擦れ部を補修加工で整えたあと補色します。

 

 

 

 


全体に色あせや薄汚れが見られましたがクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


内張りは本革で作成交換。

 

 

 

 


長財布も色あせや汚れが改善しています。

 

 

 

 


内側も同様に。。。。

 

 

 

 


指先で付いた引っかき傷も改善。

 

 

 

 


大きなシミ汚れやスタンプの色移りもわからなくなりました。

 

 

 

 


汚れや色あせが改善するとピンクのシャネルの可愛らしさが復活です。

小物の擦れや汚れはバッグの中でも注意が必要ですので、
工夫しながら出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

OLDグッチの内張り


使い込まれた年代物のグッチです。

 

 

 

 


革部材は擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ショルダーベルトの尾錠穴部は強度が必要な部分ですので強化します。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


内張りも表面劣化で大きく破れていますので本革でさ癖交換します。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


豚革のショルダーバッグも汚れやシミが見られ革が硬化しています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


こちらも内張りが劣化していて使用できませんので本革で作成します。

 

 

 

 


前ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


内張りを解体。

 

 

 

 


劣化した芯材やごみを取り除いた本体の内側です。
縫製糸を内側で結んで留めているところがオールドグッチらしさです。

 

 

 

 


こちらも解体。

 

 

 

 


内側には劣化した芯材や埃などが・・・・

 

 

 

 


尾錠穴部は解体してボロボロになった芯材を取り除きます。

 

 

 

 


強化芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 

 

 


ショルダーバッグの内張り交換の完了です。

 

 

 

 


前ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


デザインや構造も変更なくオールドグッチのタグも元通りです。

 

 

 

 


こちらも本革で作成交換完了です。

 

 

 

 


ショルダー先端部も強化されて変形なくなり丈夫になりました。

 

 

 

 

 

 


使用不可能な状態でしたが内張りが丈夫な本革になり、
引き続き活用いただけます。

古い品で革素材も擦れや劣化が見られますので、
次回のメンテナンスのタイミングでリニューアルリペア加工をお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ダミエ財布の修理


ルイヴィトン ダミエのパスケースと財布です。

 

 

 

 

 


パスケースの内側には擦れや汚れが見られますが今回は見送ります。

 

 

 

 

 


パスケースは擦れやすい外周のコバ面を仕上げ直しのご依頼です。

 

 

 

 


全体を悪化させないためにもコバ面は重要です。

 

 

 

 


ダミエ財布も擦れが目立ちます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


可動する折り曲げ部はコバ塗料が無くなり部材が剥がれています。

 

 

 

 


内部材にも擦れや小傷や汚れが見られます。

 

 

 

 


白くなって埃が積もったように見える部分も簡単に拭き取ることができません。
汚れが染み込んだのか色あせなのかわからない状態。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは劣化しています。

 

 

 

 


財布は全体を解体してのリニューアルリペア加工のご依頼です。
劣化した合成皮革素材は本革で作成して各部に強化加工を施して組み立て直します。

 

 

 

 


パスケースのコバ面仕上げ直しと財布のリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


パスケースは剥がれていたコバ面を整えたあと仕上げ直しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


財布も擦れ部やコバ面を仕上げ直してスッキリです。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


内部材の汚れや小傷も改善。

 

 

 

 


小銭入れの中もスッキリです。

 

 

 

 


白っぽく汚れていた部分も綺麗になりました。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工のダミエ財布は外面全体に芯材を追加していますので、
構造的には新品時より丈夫になっています。

製造から20年近く経過した品ですので良い素材で作成されています。
買い替える事が出来ない品質の品ですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

イエローエピ財布


イエローエピの財布(M63489)です。

 

 

 

 


後面には小銭入れのカブセがあり使いやすい財布です。
使いやすい財布は傷んでしまうものですが丁寧に使用されている印象です。

 

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部は擦れてしまい表皮が剥がれています。

 

 

 

 


角部も擦れやすい部分。

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部も同様に。。。。

表皮が剥がれた部分が目立ちますし放置していると革が劣化しますので、
部分的に補修補色加工して汚れや湿気を吸い込まないようにします。

 

 

 

 


内部材を見ても丁寧に使用される方だとわかります。

 

 

 

 


しかし、内張りの合成皮革素材が劣化していて張り替え交換が必要です。

 

 

 

 


劣化したままで長期間放置していると対面の革に色移りしてしまいます。

 

 

 

 


合成皮革部分を作成交換するには全体の解体が必要です。

 

 

 

 


札入れだけでなくポケットの対面も色移りで革素材にダメージ。
出来る限り取り除いて改善させます。

 

 

 

 


外周の擦れ部の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部の擦れは避けられませんが定期的にメンテナンスすることで、
素材の劣化を防ぐことができます。

色剥がれが目立たなくなる見た目改善もありますが汚れや湿気を防いで、
劣化を抑えることの方が長持ちさせるには重要です。

 

 

 

 


対面の革への色移りも改善させて合成皮革部は丈夫な本革で作成交換しました。

 

 

 

 


この財布からは合成皮革素材が無くなったので安心して活用いただけます。

良い状態を保ったまま使用されているイエローエピ財布ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

財布の擦り切れ


ルイヴィトンのがま口財布(M61663)です。

 

 

 

 


詰め込み過ぎで変形していますので財布は傷みやすくなります。

 

 

 

 


モノグラム地が縮んで内部材が飛び出したような状態です。

 

 

 

 


負担が掛かる折り曲げ部はボロボロで縫製不可能。

 

 

 

 


ベロ革や外周にはホツレがあり部材が剥がれたコバ面も仕上げ直しが必要です。

 

 

 

 


外周は全体的に内部材とモノグラム地が剥がれています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


全体的な加工もご提案しましたが今回は折り曲げ部の復元強化加工と、
ホツレを縫い直しながらコバ面を仕上げ直す加工を施します。

 

 

 

 


折り曲げ部は内部材も裂けています。

 

 

 

 


予定外ですが札入れポケットの縫い合わせ部も傷んでいましたので、
こちら側は大きく開いて折り曲げ部だけでなく全体的に強化します。

 

 

 

 


コバ面を仕上げ直して縫製完了。

 

 

 

 


復元強化加工で折り曲げ部も縫い直すことができました。

 

 

 

 


裂けていた内部材も復活させています。

 

 

 

 

 


ベロ革も同様に。。。。

 

 

 

 


今回は必要最低限の加工でしたが使用不可能な状態から、
問題なく活用いただける状態に復活しています。

限界を超えるまで活用された財布ですので、
中身を減らして財布への負担を軽減させながら活用されることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エピ手帳カバー


ルイヴィトン エピの手帳カバー(agenda)です。

 

 

 

 


外周のコバ面は塗料が擦れて部材が剥がれています。

 

 

 

 


内側を見ると手帳で隠れる部分は綺麗ですが周囲は色剥がれが目立ちます。

 

 

 

 


表皮が剥がれて革の繊維が露出した部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


ベロ革の周囲も同様に。。。。

 

 

 

 


外周コバ面を補修加工で整えたあと仕上げ直しました。
厚み部分で面積は小さいですがコバ面を良好に保つことで長持ちします。

 

 

 

 

 


外周全体に見られた擦れ傷も補修補色加工で改善。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


外面も少し綺麗にしておきましたので気持ちよく活用いただけそうです。

バッグの中でも擦れますので使用すれば擦れや汚れは避けられませんが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索