サックプラの修理


ルイヴィトンの手提げバッグ(サックプラ)です。
モノグラム地に少し波うちが見られますが良い状態で活用されています。

 

 

 

 


持ち手を見ると活用しながら良い状態を保たれていることがわかります。
しかし、持ち手の曲がり具合から荷物が少し重たいように感じます。

 

 

 

 


本体を解体して内張りを取り除きました。

 

 

 

 


サックプラの修理といえば内張りのベタツキ劣化です。

 

 

 

 


外面からは見えませんが天部だけに入れられたボール紙の芯材は限界です。

 

 

 

 


破れている部分も。。。。

 

 

 

 


予定外ですが持ち手を取り外して芯材交換も必要な様子。

 

 

 

 


内張りの作成交換のためには全体を解体する必要があります。

 

 

 

 

 


劣化した合成皮革の内張りを本革で作成交換しました。

 

 

 

 


付け根革4か所も丈夫に強化して本体も強化芯材を入れ込んでいます。

 

 

 

 


同時にお預かりしたミニスピーディのファスナーも交換完了。

 

 

 

 


各部を強化しながら内張りが本革になったサックプラは新品時より丈夫です。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

本日、バッグを受け取りました。
早速のご送付ありがとうございます。

内側のベタ付きで使用できなくなったサックプラ。
長年愛用していただけに残念に思っていましたが、今回
購入した時以上にピカピカになっていて感動しました。
内側から丈夫に仕上げて下さったとのこと。
内張の本革も上品な色合いでとても素敵です。

職人技の凄さを改めて感じました!
ミニスピーディ共々、大切に末永く使っていきます。
本当にありがとうございました。

兵庫県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
ベタツキ劣化の心配が無くなりましたので、
安心して長く活用いただけます。
大切に長くご愛用ください。

ジュヌフィーユ修理


最高品質時代に作成されたジュヌフィーユです。
内張り劣化したサックプラの中に入れていたために色移りしています。

 

 

 

 


残念すぎる状態です。

LV柄などモノグラムのプリントの上にも付着しているので、
色移りした汚れをだけを取り除くのは慎重な作業が必要です。

 

 

 

 


モノグラム地だけでなくヌメ革パーツにも付着しています。

 

 

 

 


このバッグ自身も合成皮革の内張りはベタベタ。

 

 

 

 

 


内側のファスナーポケットの中も同様に。。。

 

 

 

 


前ポケットはベルト留めですので開閉に手間が掛かります。

 

 

 

 


手間を掛けてカブセを開いてもポケットがカブセの縫い付け部付近まで高くて、
中に手も入れられないくらいなのでポケットの活用が困難です。

 

 

 

 


使用できないポケットの中も劣化しています。

 

 

 

 


大きく解体が必要なジュヌフィーユの内張りの張替は非常に困難です。

 

 

 

 


ベタツキ劣化しないように本革で作成します。

 

 

 

 


対面のモノグラム地にはベタベタと色移りしていますのでクリーニング加工も必要。

 

 

 

 

 


前ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


本革で内張りを作成交換しながらサックプラから色移りした汚れも改善。

 

 

 

 


前ポケットが使用できるようにポケットの高さを改善させて、
カブセの開閉がしやすいようにマグネット金具を取り付けました。
活用することがなかったポケットも、これで便利に活用できそうです。

 

 

 

 


外観上のデザインは変更していませんので違和感なく、
ベタツキ劣化しない内張りで安心で便利に使用できるポケットになりました。
今後は使用頻度が増えると思います。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 様

家に帰って、三つとも袋から取り出して、眺めながら喜んでおります。
愛着をもって使っていきたいと思います。
ありがとうございました。

 

大阪府 M 様
3点とも最高品質時代に作成された良い品ですので、
大切に長くご愛用ください。

*頂戴しましたワイン。
美味しく飲ませていただきます。
ありがとうございました。

ベタツキ汚れ


年代物ですが、とても状態の良い最高品質時代のルイヴィトンのスピーディです。

 

 

 

 


同年代のサックプラの中に入れて保管していたようで、
ベタツキ劣化したサックプラの内張りが色移りして付着しています。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


同年代のサックプラの内張り劣化が原因だけに残念です。

 

 

 

 


色移りは全体に見られます。

 

 

 

 


最高品質のヌメ革素材で作成された持ち手にも汚れがベッタリと・・・・

 

 

 

 


サックプラも解体して内張りを張り替えます。

 

 

 

 

 


サックプラの外面にも劣化した内張りの汚れが・・・・
他のバッグを経由して付着したと思われます。

 

 

 

 


サックプラの持ち手も最高品質のヌメ革が使用されています。
塗装加工がされていない素のままの革ですので汚れを取り除くのは困難。

 

 

 

 


各部に色移りしたスピーディのクリーニング加工の完了です。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


手間は掛かりましたが持ち手も無事に復活させることができました。

 

 

 

 


サックプラは内張りを丈夫な布地で作成して付け根革4か所も強化しました。

 

 

 

 


サックプラの持ち手も無事です。

 

 

 

 


最高品質時代のバッグというだけでなく各部の状態も良いので、
羨ましく思えるほどです。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 様

家に帰って、三つとも袋から取り出して、眺めながら喜んでおります。
愛着をもって使っていきたいと思います。
ありがとうございました。

 

大阪府 M 様
3点とも最高品質時代に作成された良い品ですので、
大切に長くご愛用ください。

*頂戴しましたワイン。
美味しく飲ませていただきます。
ありがとうございました。

LVマルソーの修理


ルイヴィトンの大きなショルダーバッグ(マルソー)です。

 

 

 

 


パイピング革は擦れて表皮が剥がれて白くなっています。
また、保管状態が悪かったのか型崩れや変形があります。

 

 

 

 


底角はパイピング革が無くなるほど擦れています。

 

 

 

 


こちらの角はモノグラム地が擦れて穴が空いています。

 

 

 

 


天角も同様に。。。。
パイピング革を縫い込んだ縫製もイマイチですので改善できればと思います。

 

 

 

 

 


負担がかかるショルダーベルトの付け根は強化加工が必要。

 

 

 

 


モノグラム地が裂けた部分も見られます。

直営店でファスナー交換修理されていますので、
その時に負担がかかって裂けてしまったのでしょうか?

 

 

 

 

 


最高品質時代のバッグですので内張りは本革仕様ですが、
擦れや色褪せが見られます。

 

 

 

 


内底にはボールペン汚れも。。。。

 

 

 

 


今回はリニューアルリペアのご依頼ですのでバラバラに解体して、
各部を強化しながら組み立て直します。

 

 

 

 


付け根革も解体して強化しながら錆びて変色した金具も磨き込みます。

 

 

 

 


裂けている部分は復元強化加工で丈夫に復活させます。

 

 

 

 


こんな感じに再生。

 

 

 

 


バックルの付け根も含めて負担がかかる部分は解体して強化加工で丈夫に。

 

 

 

 


負担がかかる部分は全て強化するリニューアルリペアは手間が掛かります。

 

 

 

 


変色したバックル金具を半分だけ磨いたところです。
手間は掛かりますが綺麗に復活しそうです。

 

 

 

 


ボールペン汚れは手ごわい。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


パイピング革を作成交換しながら各部を強化してリニューアルリペアの完了です。
全体的に強化していますので型崩れも改善してスッキリです。

 

 

 

 


内張りのボールペン汚れや擦れも改善。

 

 

 

 


底角の擦り切れ穴も無くなり強化加工でスッキリして丈夫になっています。

 

 

 

 


磨きこんだバックル金具の付け根付近も強化しています。

 

 

 

 


付け根革も付け根革の縫い付け部もショルダーベルトの付け根も強化しました。
負担がかかる部分は全て強化され金具も磨きこんで改善しています。

 

 

 

 


加工前の状態と比較すると画像でも丈夫になっていることがわかります。
出来る限りの強化加工を施していますので構造的には新品時より丈夫です。

あとは使い方と保管が重要ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

オールドヴィトン修理


ルイヴィトンのショルダーバッグ(ドーフィーヌ)とトートバッグ(ウィークエンド)です。
いずれも年代物のオールドヴィトンです。

 

 

 

 


ショルダーバッグ(ドーフィーヌ)は古い品ですので擦れや劣化が見られますが、
状態を維持するためにはコバ面の仕上げ直しが最優先です。

 

 

 

 


コバ面は塗料が剥がれて芯材が露出するだけでなく接着剥がれが見られます。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


古い品ですので芯材と革の接着も剥がれてコバ面が割れています。

 

 

 

 


ショルダーベルトが切れています。
負担がかかる部分ですので芯材交換します。

 

 

 

 


擦れや色褪せも見られますが今回は芯材交換で強度のみ改善させて、
コバ面を仕上げ直します。

 

 

 

 


トートバッグのウィークエンドは底角に擦り切れ欠損が見られます。

 

 

 

 


反対側は、もっと重症で革素材の劣化も見られます。

 

 

 

 


各部に擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 

 


持ち手はコバ面がすべて剥がれてボール紙の芯材がフヤケタ状態。
亀裂も多数みられ限界を超えています。

 

 

 

 


天部は折れ込んでいますので擦れにくい部分ですが色褪せが激しいです。
ウィークエンドは劣化した外面の革部材は諦めてリニューアルリペアします。

 

 

 

 


切れていたドーフィーヌのシヨルダーベルトを解体して、
ボール紙の芯材を取り除いたところです。

 

 

 

 


芯材交換のために取り外したホック金具。

 

 

 

 


ショルダーベルトの芯材を強化芯材に変更し縫製完了。
ホックは代用金具になることを了承いただいていましたが・・・・

 

 

 

 


オールドヴィトンらしさを維持するために復活させましたので刻印も元通り。

 

 

 

 

 


ウィークエンドはバラバラに解体。

 

 

 

 

 


オールドヴィトンですので内張りは本革ですが擦れが目立ちます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


残念すぎるボールペン汚れも広範囲に。。。。

 

 

 

 

 


金具は再メッキ加工で復活。

 

 

 

 


擦れや汚れが見られた内張りも復活させました。

 

 

 

 


ボールペン汚れも改善。

 

 

 

 


革パーツを作成しながら各部を強化してリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 

 


長年頑張ってくれたパーツはお役御免です。
全ての芯材も作成交換しています。

 

 

 

 

 


ご希望通り、ファスナーは交換していません。

 

 

 

 

 


ボール紙に薄い革を張り合わせた構造でしたが丈夫な持ち手になっています。

 

 

 

 


芯材も作成交換していますので底面も丈夫です。

 

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けようがありませんが、
当社で加工した部分は新品時より丈夫な構造に仕上げています。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

ご担当者様

こんばんは。
本日受け取りました!
どちらも最近購入したような感じにリフレッシュして、
とても綺麗になり、とても感激です!
ありがとうございました!
私が産まれるより前、
恐らく40年近く前に祖母が購入して使用していた鞄達ですが、
これからも大切に使い、
私の4歳の娘がいずれ大人になった時にも使えるようにしたいです。

千葉県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
買い替えることができない品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

噛まれたバーキン


エルメスのバーキンです。
薄汚れや色褪せは見られますが全体的には良い状態に見えるのですが・・・・

 

 

 

 


底角は擦れが激しくパイピング革は穴が空いています。

 

 

 

 


こちらの底角はもっと重症。

表皮が擦れて無くなり革の繊維が露出して毛羽立っているだけでなく、
パイピング革が擦り切れて穴が空いていますので、
修理のタイミングとしては遅すぎます。

 

 

 


持ち手は表皮が剥がれた部分に手垢汚れが染み込んだ状態です。

 

 

 

 


尖った歯でガブガブされて多数の傷が目立ちます。
噛まれていますので裏面にも多数の穴があります。

 

 

 

 


噛みつきやすいカブセの角にも歯形が見られます。
持ち手やカブセをガブガブした犯人はニャンコ。

 

 

 

 


マチ天部などの数か所に擦り切れホツレがありますので部分的に縫い直します。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


ボールペン汚れは染料ですので革の中に浸透します。

 

 

 

 


塗装が剥がれるほど拭き取ってもボールペン汚れに変化は見られません。

全体的には良い状態に見えていたバーキンですが、
パイピング革の穴開きや底角の擦れや持ち手の擦れやボールペン汚れだけでなく、
噛まれた傷もあり、かなり重症で諦めるしかない状態です。
悪戦苦闘することは確実ですが活用いただけるように改善させます。

 

 

 

 


汚れを取り除き擦れ部の表皮を補修したあと補色加工を施し加工完了です。

 

 

 

 


手垢汚れや擦れだけでなくボールペン汚れも消えました。

 

 

 

 


ガブガブ噛まれて多数の穴があった部分も目立たなくなりました。

 

 

 

 


カブセの角部も同様に。。。。

 

 

 

 


底角の擦れやパイピング革の穴開きヤブレも改善させています。

 

 

 


底角4か所とも同様に。。。

 

 

 


ガブガブ噛まれた損傷は突発的なものですが、
擦れや汚れは使い方で悪化を抑えることができます。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索