miumiu修理


限界を超えるまで活用されたミュウミュウのバッグです。

 

 

 

 


色褪せ、汚れ、擦れ、シミなどが全体に見られます。

 

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


後面にも大きな染み汚れが見られます。

 

 

 

 


底面をベルトで吊り上げ、デザインとして型崩れさせた構造なんですが、
現状はデザインではなく変形型崩れした状態です。

 

 

 

 


表皮は全体的に無くなっていますが帯革部材が擦れて無くなった部分もあり、
この状態で活用されていたことが不思議に思える状態です。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 


ベルトも革が無くなるまで擦れています。

 

 

 

 


天部も擦り切れて大きく口が空いています。

まだまだ、損傷個所はありますが書ききれませんので、
再び活用いただける状態にリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


バラバラ。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

底面を吊り上げる構造はやめようかとも考えましたが、
ミュウミュウのこだわりでしょうから元のデザインで組み立てました。

 

 

 

 


大きく裂けていた天部も復活。
ショルダーで引き上げられて内部材が出てくる天部も改善させています。

 

 

 

 


後面の大きなシミ汚れも目立たなくなっています。

 

 

 

 


バックルの穴の位置を変更しても底面の吊り上げには変化がない構造ですので、
ミュウミュウとしては譲ることができないデザインなのだと考えます。

 

 

 

 


限界を超えるまで活用されたバッグでしたが再び活用いただける状態に復活です。

出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの持ち手


シャネルのキャビアスキンとトラベルラインのバッグです。

 

 

 

 


ガマグチの様に大きく開くキャビアスキンのバッグは使いやすそうです。

 

 

 

 


細いリング金具で連結されていますので大きく重いココマークが外れています。
少し太いリング金具に交換してココマークを取り付けます。

 

 

 

 


全体的に色褪せていますが底角などは表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手は芯材が複数切断された状態ですので強化します。

 

 

 

 


トラベルラインのトートは布製ですので底角が擦り切れて穴が空いています。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


解体して内側から強化しながら改善させます。

 

 

 

 


底鋲が欠損しています。
抜け落ちることが無い高品質な底鋲に4か所とも交換します。

 

 

 

 


持ち手も傷みが激しく芯材交換が必要。

 

 

 


ボール紙の芯材は劣化しています。

 

 

 


解体。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


床革の芯材は限界です。

 

 

 

 


汚れを取り除くと天部の擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


本体も全体的にスレスレ。
黒く見えていたのは汚れが染み込んでいただけでした。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


ココマークは太いリングで連結。

 

 

 

 


持ち手は強化芯材を入れ込み丈夫にスッキリ。

 

 

 

 

 


トラベルラインのトートも持ち手の芯材交換の完了です。

 

 

 

 


底角の擦り切れヤブレも改善して底鋲も交換。
予定外ですが底面の芯材も交換しておきました。

 

 

 


こちら側も同様に。

 

 

 

 


どちらのバッグも傷みやすい持ち手を強化したことで、
安心して案して活用いただくことができます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

プラダのカビ


白いプラダのショルダーバッグとバレンシアガの大きなトートです。

 

 

 

 


プラダは全体にカビが発生していて使用できない状態です。

 

 

 

 


後面も同様に。。。

 

 

 

 


マチも同様に。。。。

 

 

 

 


底面も。。。。

 

 

 

 


バレンシアガは底角4か所に表皮が剥がれて白くなった擦れが見られます。

 

 

 

 


全体に白い汚れも。。。

 

 

 

 


マチも同様に。。。。

 

 

 

 


白い毛が多量に付着していています。

 

 

 

 


内側も毛だらけ。。。。

補修補色加工の邪魔になりますので取り除きますが、
ご依頼前に清掃していただけると幸いです。

 

 

 

 


左半分だけ汚れを取り除きましたが根深いカビは完全には取り除けません。

 

 

 

 


各部に付着した白い汚れを取り除きました。

 

 

 

 


底角の擦れも改善。

 

 

 

 


多量の汚れが見られたマチも改善しました。

 

 

 

 


残念すぎる状態だったプラダも持ち歩ける状態に復活です。

 

 

 

 


マチも同様に。。。。

 

 

 

 


汚れやカビで使用できない状態でしたが改善していますので、
再び活用いただくことができます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

マークジェーコブス


マークジェーコブスのショルダーバッグと蛇の型押し革のポシェットです。

 

 

 

 


マークジェーコブスのバッグには汚れや擦れが見られます。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

 

 

 

 


正面中央に深い傷も。。。。

 

 

 

 


後面にも小傷や汚れが複数見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


蛇柄のバッグにも擦れや汚れがあります。

 

 

 

 


ショルダー紐にも擦れや色褪せがあります。

どちらのバッグも汚れを取り除くクリーニング加工の後、
補修補色加工を施します。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


黒いシミ汚れなども目立たなくなりました。

 

 

 

 


マークジェーコブスのバッグも底角の擦れや汚れが改善です。

 

 

 

 


後面の小傷も同様に。。。。

 

 

 

 


正面の深い傷も出来る限り目立たなく仕上げています。

 

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
丁寧に活用することで良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ディオールとヴィトン


ディオールとルイヴィトンのバッグです。

 

 

 

 


ディオールのバッグは底角パイピングの部分修理の御依頼です。

 

 

 

 


4か所とも底角を修復します。

 

 

 

 

 


ヴィトンのサンクルーは付け根革が切れています。

 

 

 

 


反対側の付け根革は切れていませんがショルダー側の付け根が切れています。

付け根革もショルダー先端も負担がかかる部分ですし、
年代物のバッグですので4か所とも強化します。

 

 

 

 


後面には大きなポケットがあるのですが・・・・

 

 

 

 


合成皮革の内張りが劣化していて使用不可能な状態です。
モノグラム地への色移りも重症で放置期間の長さで固着しています。

 

 

 


内ポケットの中も同様に。。。。

 

 

 

 


本体を大きく解体しなければ内張り交換はできません。

 

 

 

 


ポケットや芯材や合成皮革の内張りを取り除きました。

 

 

 

 


ポケットの中ですしベタツキはなくなっていますので、
使用には問題ないのですが出来る限り取り除きます。

 

 

 


出来る限り取り除きましたが指先がボロボロになりました。

 

 

 

 


ショルダー付け根も付け根革も解体して強化します。

 

 

 

 


強化加工の完了です。

 

 

 

 


こちら側は部分的に作成交換が必要になり手間が掛かりましたが、
同様に丈夫に復活しています。

最高品質のヌメ革を使用していますので焼け色もすぐに馴染んできます。

 

 

 


ディオールの底角のパイピング部分修理も完了です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 


サンクルーの内張りは本革仕様になりましたので、
ベタツキ劣化の心配はなくなりました。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスとヴィトンの財布


年代物のエルメスのベアンとルイヴィトンのジッピーウォレットです。

 

 

 

 


コバルトカラーのジッピーウォレットは擦れやすい外周の表皮が剥がれています。

 

 

 

 


折り曲げ部も同様に。。。。。

 

 

 

 


厚み部分になるコバ面にも剥がれが見られます。

 

 

 

 


この辺りのコバ面も同様に。。。。

擦れやすい外周やコバ面の擦れは避けることができませんので、
悪化する前にメンテナンスを繰り返すしか良い状態を保つ方法はありません。
ジッピーは外周とコバ面を補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


内部材も全体に色褪せや擦れが見られる年代物のベアンです。

 

 

 

 


良い革が使用されていた頃のベアンですが黒と呼べる部分はわずかです。
糸の色も抜けていますのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れの中の擦れや汚れは避けられないですが改善させます。

 

 

 

 


折り曲げ部など負担が掛かる部分は強化加工を施します。

 

 

 

 


良い時代のベアンだけに、もう少し早くメンテナンスするのが最善でした。

 

 

 

 


ベロ革も糸が擦り切れて部材が剥がれています。

 

 

 

 


外面は色褪せや汚れだけでなく傷が多数見られます。

 

 

 

 


古いタイプH金具もスレスレ。

 

 

 

 


解体。。。

 

 

 

 


汚れを取り除くと色褪せ具合が鮮明です。
黒っぽく見えていたベアンは手垢などの汚れで黒く見えていただけです。

 

 

 

 


汚れを取り除いた小銭入れの中も色褪せていますが、
スレスレの外面よりは黒いです。

 

 

 

 


タイガのジッピーウォレットの外周の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部やコバ面も改善しました。

 

 

 

 


ベアンも各部を強化しながら美観も整え、リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直し折り曲げ部も強化されています。

 

 

 

 

 


ベアンは手垢ブラックから黒革に復活してH金具も再メッキ加工で改善。
しかし、全体を縫い直したことや強化加工など構造面の改善が、
長く愛用していただくためには効果的です。

活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
丁寧に取り扱うだけで良い状態は保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索