フールトゥ底角


エルメスのフールトゥです。

 

 

 

 


底角が擦切れて穴が空いています。
長く活用していると底角の擦れは避けようがない損傷です。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。
布製ですので擦切れると織りがほどけて穴が拡大して悪化が早まります。

 

 

 

 


こちらの底角も大きな穴が空いて芯材も擦切れて欠損しています。

擦切れて穴が空くとエルメスでは修理対象外になり手遅れです。
当然といえば当然ですが・・・

 

 

 

 


シンプルなデザインだけに簡単に作製された布製のバッグに見えますが、
エルメスのバッグは複雑な構造です。説明はしませんが・・・

 

 

 

 


3つの修理方法を提案した中から同系色の布地を内側から当てる方法を
選択いただきました。

 

 

 

 


何度も縫製を繰り返す丁寧すぎる構造のフールトゥですが、
元通りに組み立て直して底角の修復修理の完了です。

 

 

 

 


内側から強化しながら穴を塞いだことで悪化を遅らせる効果があります。

 

 

 

 


底角4カ所が強化されたことでしっかりと自立するようになりました。

買換えることが出来ないバッグですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ドルーオ付け根革


ルイヴィトンのドルーオです。

 

 

 

 


ショルダー付け根革が切れてベルトが外れていますので、
使用不可能です。

 

 

 

 


ショルダーベルトが先に傷んだようで直営店で交換されています。

 

 

 

 


内ポケットの中の合成皮革もベタツキ劣化で張り替え交換が必要。

 

 

 

 


内張りの解体のためにカシメ金具を取り外して、
両側の付け根革を部分作製します。

 

 

 

 


内ポケットの内張り交換のために内張りも解体。

 

 

 

 


内張りに芯材が貼り合わせてある高品質時代のドルーオです。

 

 

 

 


ショルダー付け根革の帯革の下でモノグラム地を継ぎ合わせた構造。

 

 

 

 


内側から見ると帯革ステッチだけでモノグラム地を継いでいるのではなく、
先に数カ所でカガリ留めされていることが解ります。

 

 

 

 


直営店で交換されたショルダーベルトは先端のD型金具を切断して、
金具を開いて本体に取り付けていました。

 

 

 

 


付け根革を強化しながら部分作製しました。
刻印入りカシメ金具も再生して元通りです。

 

 

 

 


内ポケットはベタツキ劣化しないように本革で作製交換しています。

ショルダーベルト交換は少し残念ですが、
丁寧に作製された良い時代のバッグですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
届きました。
母からのプレゼントなので
これからも長く愛用していきます。
母に見せるのが楽しみです♪
綺麗に直して下さり、ありがとうございました!

茨城県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い職人が丁寧に作製したバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

ジャンヌの芯材


ルイヴィトン モノグラムミニ(ジャンヌ)です。

同じ工房で同じ年代に作製されたバッグですが、
状態が大きく違うようです。

 

 

 


芯材の劣化で変形しています。

 

 

 

 


後面もヨレヨレ。

 

 

 

 


ショルダー付け根に革を継ぎ足した他店様での修理歴もあります。

 

 

 

 


古い品ですのでヌメ革は劣化して硬化しています。

 

 

 

 


シミ汚れもあり革パーツを代用の革で作製交換しながら、
劣化した芯材を取除き新たな芯材で強化します。

 

 

 

 


どちらのバッグも内張りを取り外しました。
同じ年代で同じ工房の同じ品番のバッグですが各部の仕様が別物でした。

 

 

 

 


状態が良く見えたバッグも年代物ですので芯材はボロボロ。

モノグラムミニのバッグを振ってみてガサガサと音がしたら、
芯材が劣化してバラバラになっていますので早めの修理をお勧めします。

 

 

 

 


バラバラになりながら張り付いている部分もあります。

 

 

 

 


劣化した芯材を取除いて芯材交換します。

 

 

 

 


この画像は綺麗な方のバッグの芯材ですが・・・

 

 

 

 


使い込まれたバッグの芯材は粉々で少量しか残っていませんでした。
内張りなど隙間から粉々になった芯材が出ていたようです。

 

 

 

 


本体を裏返して劣化した芯材を取除きました。

 

 

 

 


こちらのバッグは革パーツも劣化していますのでバラバラに解体。

 

 

 

 


モノグラムミニの布地は薄く製造時の接着剤も悪影響を与えます。

 

 

 

 


接着剤で硬化した布地は柔軟性がなく折り曲げるだけで切れるほどパキパキ。
すでに数カ所に亀裂が見られます。

 

 

 

 


裏側から見ても同様に。。。

 

 

 

 


使い込まれたバッグですので擦れによる穴空きヤブレも数カ所にあり重傷。

 

 

 

 


今回は劣化したヌメ革を諦めネイビーの革でパーツを作製しました。
刻印入りカシメ金具も元通りに再生しています。

 

 

 


どちらのバッグも劣化した芯材を取除いて芯材交換しました。

劣化した革パーツを作製交換したバッグは擦れやヤブレ部も強化しながら、
組み立て直しましたので問題なく活用いただけると思います。

芯材が劣化して粉が出てくる心配はなくなりましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

こんにちは。
バッグ2点、無事に受け取りいたしました!
修理の過程も見ることができ、有り難く思っております。

使い込んだ方のジャンヌは、ヌメ革のシミや亀裂、
そして劣化した芯材がどこからともなくバッグの中に出てきてしまい、
使用していくことを諦めかけていました。
生まれ変わって帰ってきてくれて感激です。
新しい方のジャンヌも、バッグの中で芯材が劣化して音を立てていて、
見た目はキレイなのに自力ではどうすることもできない…と頭を悩ませていました。

貴社の技術を知り、修理していただくことができ、
バッグも喜んでいるようです。
また一緒にお出かけに行けることが本当に嬉しいです。

ありがとうございました。
大切に使いたいと思います!

 

東京都 A 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
買換えることが出来ないバッグですので、
出来る限りよい状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

シャネル擦切れ


シャネル キャビアスキンのハンドバッグです。

 

 

 

 


カブセに白い汚れが見られますが全体的には綺麗に見えるバッグです。

 

 

 

 


負担が掛かる持ち手付け根は強化加工が必要。

 

 

 

 


カブセ外周に擦れが見られ白い芯材が露出する穴が空いています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


カブセの角部も大きく擦切れて破れています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。

 

 

 

 


底角も擦れて表皮がなくなり革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


大きなカブセで大容量のハンドバッグです。

 

 

 

 


マチとカブセをカガリ留めしている糸も負担が大きく切れやすい部分です。
縫い直しが必要ですが・・・・

 

 

 

 


カガリ留めしたステッチは後面にはありませんので解体が必要です。

 

 

 

 


後面の大きなポケットの天部も擦切れて白い芯材が出ています。

 

 

 

 


全体的に擦切れています。

このバッグを作製した職人は折り返し部の革の厚みが極端に薄いようで、
擦れやすい部分が破れて穴が空きやすいように思います。

 

 

 


持ち手を取り外すだけでなく付け根金具も解体しました。

 

 

 

 


ヤブレもあり限界を迎えた持ち手付け根は強化加工を施します。

 

 

 

 


カブセを解体して金具を取り外した部分です。
鉄の芯材を接着して入れてありましたが角が尖っていて危ないです。

 

 

 


後ポケットの天部の糸を取除くと裂け具合がわかります。

 

 

 

 


鉄芯の角を丸く加工して接着だけでなくプレートで固定しました。
この辺りは大量生産では難しいのかもしれません。

 

 

 

 


カガリ留めも縫い直して加工完了。

 

 

 

 


持ち手付け根は丈夫に強化されています。

 

 

 

 


底角4カ所の擦れも改善。

 

 

 

 


後ポケット天部の擦り切れヤブレも丈夫に改善。

 

 

 

 


カブセ周囲の擦切れ破れも改善して問題なく活用いただけます。

丈夫さよりもスッキリと仕上げる事を優先した職人さんの作品のようで、
外周の革が薄く擦れに弱い印象です。
その辺りを気遣いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

D&GとCD


クリスチャンディオールのバッグとドルチェ&ガッバーナのポーチです。

 

 

 

 


擦れや汚れや色あせが見られるD&Gは補修補色加工を施します。

 

 

 

 


シンプルな構造です。

 

 

 

 


擦れだけでなく大きなシミも見られます。

 

 

 

 


折り曲げ部や角部は表皮が剥がれて汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


ディオールの持ち手です。
なんとも言えないほどボロボロ。

 

 

 

 


持ち手付け根付近もスレスレで傷みが激しいですが・・・

 

 

 

 


今回はボロボロの中央部付近のみ部分作製するご依頼です。
この状態で活用されていたことが不思議なくらいの見た目です。

 

 

 

 


ドルチェ&ガッパーナ汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


内側も同様に。。。。
予定外ですが革が欠損していた引き手革は強化します。

 

 

 

 


擦れが激しい折り曲げ部は革の繊維が毛羽立っています。
このままでは補色出来ませんので補修加工で整える必要があります。

 

 

 

 


持ち手の中央部を切断。
取除いた部分を作製します。

 

 

 

 


D&Gのクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


引き手革は丈夫にしておきました。

 

 

 

 


ディオールの持ち手中央部も作製完了。
強化しながら部分作製していますので問題なく活用いただけます。

持ち手のコバ面や付け付近の擦れも改善させましたが、
今回は部分的な最小限の加工でしたので丁寧に取扱いながら、
大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

OLD VUITTON


モノグラムのパピヨン2点とガマグチ財布2点です。

 

 

 

 


革パーツがヌメ革になってからでも長いので、
どちらも年代物ですが年代が違うパピヨンは革パーツの素材が違います。

素材だけでなくステッチの位置も違いがあり、
ヴィトンも道具や技術を向上させながら洗練度が増しています。

 

 

 


使い込んだ感じはありますが良い素材ですし当時の雰囲気がよいです。
余計な塗装はせずに解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


ステッチ両サイドの縫い代の幅が合っていないことや、
ステッチの雑な感じが当時の技術を表しています。

 

 

 

 


この時代になるとステッチや革パーツの形状も洗練されています。
こちらのバッグは擦れ部を補色して見た目を整えます。

 

 

 

 


パイピング革の擦れも同様に。。。。

 

 

 

 


口金金具で開閉できる小銭入れです。
USAヴィトンですのでフランス仕様が主流の日本ではレアな品です。

 

 

 

 


丁寧に使用されていますが年代物ですので折り曲げ部は強化します。

 

 

 

 


ガマグチ財布もUSAヴィトンの年代物。
製造年代を考えると驚くほど綺麗な財布です。

 

 

 

 


合成皮革素材は経年劣化がありますので作製交換が必要です。

 

 

 

 


一枚目の集合写真には写っていなかったファスナー付き財布は、
ポケット天部の両サイドに擦れて白くなった部分が見られますが、
全体的には良好です。

モノグラム地を内側に折り返した構造のバッグや財布は少なくなり、
大切にしてほしい品です。

 

 

 


古い方のパピヨンの持ち手を解体。
芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 


小銭入れは口金金具を取り外すことからスタート。

 

 

 

 


口金金具を取り外すとマチが黄色くなっていました。
これは口金金具を開閉する度に蝶番部分が擦れて金具が磨り減った金属粉。

 

 

 

 


金属粉を清掃して折り曲げ部を解体。
強化芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 


ガマグチ財布は劣化した内張りの作製交換ですので、
バラバラに解体が必要。

合成皮革素材は本革仕様に変更して組み立て直します。

 

 

 


持ち手に強化芯材を入れ込んで組み立て完了。

 

 

 

 


最高品質時代の財布に合成皮革素材は似合いませんので本革で作製。
ベタツキ劣化の心配が無くなり、より品質向上です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


ガマグチ小銭入れもコバ面を仕上げ直して強化完了。

 

 

 

 


加工予定が無い財布もポケット天部の擦れを補色しておきました。

 

 

 

 


大きい方のパピヨンも擦れ部を補修補色して最後は5人で記念撮影。

どれも買換えることが出来ない品質の品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

品物を確認しました。
本格的に使う前にメンテナンス出来、安心しました。
これからお買い物や旅行に連れ出し活用する予定です。
(ワクワク楽しみ♪♪♪)

有難う御座いました。

 

神奈川県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
製造年代を考えると羨ましく思えるほど良い状態です。
活用すれば擦れや汚れは避けようがありませんが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。