miumiu擦れ


ミュウミュウのバッグです。
色あせや擦れが見られますので補修補色加工を施します。

 

 

 


擦れやすい外周や持ち手は表皮が剥がれ、全体的に白くなっています。

 

 

 


表皮がひび割れてくる素材ですので変化を楽しむのが、
このバッグとの付き合い方かもしれません。

 

 


底角付近やテーピングは表皮が剥がれて汚れが染み込んでいます。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


ひび割れが多くなると白い部分が増えてしまします。

 

 

 


持ち手は傷みやすく擦れや色あせや汚れが見られます。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


附属のショルダーベルトと比較すると持ち手の色あせ具合が鮮明です。

素材の特性でひび割れや色あせが避けられないバッグですので、
同じように変化してしまう事は避けられないのですが、
補修補色で一度リセットすることで部分的な擦れや汚れを改善させます。

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


ひび割れ色あせ汚れが見られた後面も目が覚めるような綺麗なブルーです。

 

 

 


付け根革やテーピング革などマチ部材も同様に。。。

 

 

 


持ち手も汚れや色あせがリセットされています。

 

 

 


色あせやひび割れが避けられない素材ですが、
一度、リセットして擦れや色あせや汚れを改善させたことで、
両親からプレゼントされた時を思い出して新たな気持ちで活用できます。

どのように変化するかは経験済みですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ミュウミュウ塗装


他店などで加工歴があるミュウミュウのバッグです。

 

 

 


汚れや擦れの上から本来の色と違う塗料を細い絵筆で塗り重ねた品で、
素人加工のような損傷を与えられた加工品のバッグです。

 

 

 


塗装された色が2色ありますので赤い方の塗料はご自身の加工でしょうか?
素人以下の加工で綺麗になるどころかダメージだけを与えています。

 

 

 


全体に薄紫色の塗料が塗られてパイピング革などは赤い塗料が・・・
これが修理店の加工だとしたら恐怖で「らくがき」です。

 

 

 


底角を見ると汚れの上から塗装していることがわかります。

 

 

 


絵画のように塗料を塗り重ねた状態のバッグを活用されていたようで、
すでに表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立った部分もあります。

 

 


天部口周りも表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。

このバッグを塗装した修理店は、
バッグの素材を合成皮革だと判断したとのこと。
どのような理由で合皮と判断したかわかりませんが,
このバッグには最高品質の本革が使用されています。

 

 


持ち手は表皮が剥がれた部分に手垢や手の脂汚れが染み込んでいます。

 

 

 


汚れの上から塗料を染み込ませているのが残念ですが、
他店の塗料は汚れと同じですから全体が汚れで包まれています。

2度にわたり別色の塗料を全体に染み込ませたバッグですので、
人為的にダメージを与えた手遅れ状態のバッグです。

二度も塗料という汚れを染み込ませた人たちのフォローを
当社がする理由はありませんが他店のやり直しが多いのが実情です。

 

 

 


当社的には手遅れですが出来る限り汚れを取除くことからスタートです。

 

 

 


他店の塗料汚れが革に染み込んでいて全てを取除くのは不可能です。

 

 

 


頑張りましたが、すべての塗料は取り除けません。
これ以上は素材にダメージを与える心配がありますので放置します。

 

 

 


底面やパイピング革も出来る限りクリーニングしました。

 

 

 


持ち手の汚れや手の脂も出来る限り取除いています。

 

 

 


塗装されていなかった内部材の色にあわせて補修補色加工の完了です。

 

 

 


後面も本来のサーモンピンクに復活。

 

 

 


持ち手も同様に。。。

 

 

 


絵画のようなタッチで塗装されていた付け根革も復活。

 

 

 


柔らかくデリケートな革が使用されていますので、
擦れに弱いだけでなく汚れも染み込みやすいバッグです。

便利に活用できるバッグですし綺麗な状態を保てれば、
ミュウミュウらしい可愛いバッグです。

出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

キャビアスキン修理


傷みが激しすぎるシャネル キャビアスキンのチェーンショルダーです。

 

 


天部にギャザー加工されていますので波打ちはデザインですが、
底角付近まで変型していることや擦れや汚れや色あせで、
ギャザー加工まで型崩れのように見えます。

 

 


カブセ中央部の大きなシワは変型です。
全体に汚れが染み込んでいますし擦れや色あせもあります。

 

 


カブセ折り曲げ部は革が擦切れて大きな穴が空いています。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も糸が擦切れても放置したまま使い続けたために、
丈夫な革に穴が空いています。

シャネルの刻印が無くてもシャネルとわかる丸いアイレット金具は
再利用は不可能な金具です。
しかし、アイレットを取り外さなければ、
穴空き部の補修やホツレの縫い直しができません。

 

 

 


底面にも擦切れ穴があり直営店では断られてしまう手遅れ状態です。

 

 

 


全体に擦れや汚れや色あせがあり数カ所に穴が空くまで活用するのは、
大切で愛着がある証でしょうか?
この状態まで活用していたことが不思議に思えるほど重傷です。

大切に長く活用したいバッグは手遅れ状態まで放置せずに、
早めのメンテナンスを施す方が良い状態を保てます。

最近のバッグや財布なら新品時から強化しておいた方が安心なくらいです。

 

 


カブセ裏もスレスレでグレー色です。

 

 

 


ロック金具はメッキハガレだけでなく黄色い真鍮素材が露出しています。

本来はシルバー色ではなく黒っぽいシルバー(黒ニッケル)ですので、
金具類は再メッキ加工します。

 

 


解体して汚れを取除きヨレヨレの芯材も取除きます。

カブセ折り曲げ部の擦切れ穴を修理するために、
アイレット金具を取り外しましたが本当は外したくないパーツです。

 

 

 


シャネルらしさは感じられない地中から掘り起こした様な状態です。

 

 

 


表皮が剥がれると素材劣化が急激に進行してしまいます。
ここまで悪化させたことが残念です。

 

 

 


外面と比べると傷みにくいカブセの裏側ですらスレスレ。

全体が擦れてグレーになり黒い部分は少しだけです。
白くなった部分は表皮が剥がれて革の繊維が露出した部分です。

 

 


黒っぽいシルバー色(黒ニッケル)で再メッキ加工完了。

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。
残念すぎる状態でしたが本来はぷっくらした本体で可愛いバッグでした。

 

 

 


芯材を交換しながら底角の形状を整えたことでシャネルらしさが復活。
擦切れ穴も塞いで補修しています。

 

 

 


折り曲げ部の擦切れ穴も同様に。。。

アイレット金具は代用品に交換することを覚悟していましたが、
元の金具のままで付け直しています。
再利用の成功率は低いですがシャネル修理では重要度の高い加工です。

直営店でも代用品に替えてしまうので、
アイレットの再生は当社くらいだと思います。

 

 


キャビアスキンのシャネルで過去最高に状態が悪いバッグでしたが、
リニューアルリペアでシャネルらしさも復活です。

仕上げてみると愛着がある大切なバッグであることが少し理解できました。
とても可愛いくシャネルらしいフォルムのバッグです。

汚れや擦れだけで無く変型や穴空きや素材劣化もあったバッグですので、
今後は丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

お世話になりました。
昨日夜、無事バッグ受け取りました。
丁寧な梱包で、安心して受け取ることができました。

ホームページでの作業工程の公開も、了解いたしました。
私も自分のバッグが綺麗になっていく工程を
ネットで拝見できるのを楽しみにしています。

最後に、少し皮の固さが気になるのですが
保護クリーム等でケアすると少しは違うでしょうか。
先生は、おすすめの革用のクリーム保護剤などご存知ですか?

硬いままで使用すると、
またひび割れたり劣化したり等の破損の原因になりそうで不安です。

せっかく時間をかけ、お手間をかけていただき復活したバッグです。
これからも大事に、長く思い出のバッグを利用したいので
革のプロとして最後にご意見、ご助言いただけると助かります。

最後までお手間おかけしたユーザーで申し訳ありませんが
ご返答いただけますと嬉しく思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

千葉県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
まず、ブログは2日ほど前に掲載していますので閲覧ください。

擦れや汚れだけでなく変形型崩れや穴空きまであったバッグで、
過去に例を見ないほど残念な状態でしたので素材も十分に劣化しています。

クタクタだった芯材を入れ替えることで強度や変型も改善させていますので、
使い込んでヨレヨレだった状態と比較すると少し硬く感じると思います。
この辺りは使い込みながら馴染ませていくとよいです。

クリームなどでの皮革製品のお手入れは新品時からすることで効果があります。
表皮が剥がれ穴が空くまで活用してからお手入れを考えるのは遅すぎます。

一度はボロボロになるまで十分に頑張ってくれたバッグですので、
今後は労りながら大切に活用されることが最大のメンテナンスで効果的です。

また、保管時にタオルなどを詰め込んで形を整えておくのも効果的です。
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

有限会社レザークリエーション

 

 

セリーヌLVグッチ


セリーヌのバッグとグッチの巾着バッグとヴィトンの財布です。

 

 

 


年代物ですので高品質時代の財布ですが傷みが激しく、
全体的な加工が必要です。

 

 

 


折り曲げ部は擦切れて穴が空いていますので、
直営店では手遅れ状態と判断されてしまいます。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。
擦切れて穴が空いていますので手遅れ状態との診断に間違いはありません。

 

 

 


内部材も擦れや汚れが目立ち素材の劣化もあります。

 

 

 


ホックの仕様からも古さがわかります。

 

 

 


今回はリニューアルリペア加工を施して引き続き活用できるように、
改善させます。

 

 

 


グッチの巾着バッグも年代物でリニューアルリペア加工が必要です。

 

 

 


アイレット金具はメッキが剥がれてシルバー色になっています。
革部材は汚れだけでなく素材の劣化が激しい状態。

 

 


劣化した革は柔軟性が無くパイピング革など薄い革は裂けてしまいます。

 

 

 


口紐も皮が薄くボロボロ。

 

 

 


ショルダーベルトは革だけでなくボール紙の芯材もボロボロ。

 

 

 


金具類は再メッキ加工します。

 

 

 


金具と金具が擦れて摩耗しているD型金具は交換します。

 

 

 


内張りも劣化していて作成交換が必要です。

 

 

 


前ポケットの内張りも同様に。。。

 

 

 


セリーヌのバッグは底角パイピング革に擦れが見られます。

 

 

 


擦切れて芯材が露出している角もあります。
擦れることが避けられない部分ですので革当て補強して整えます。

 

 

 


エピ財布の解体。

 

 

 


擦れて無くなった革が元に戻ることはありませんが、
裏側から強化しながら擦切れ穴を塞ぎます。

 

 

 


こちら側も同様に。。。

 

 

 


本体に芯材はありませんが最高品質のエピ革が使用されています。

 

 

 


小銭入れ部だけでも多くのパーツがありますが、
全てのパーツごとに加工を施して組み立て直します。

 

 

 


グッチもバラバラに解体。

 

 

 


再メッキします。

 

 

 


ロゴプレートは取り付け脚を丈夫に付け直してからメッキします。

 

 

 


D型金具は折れる前に交換します。

 

 

 


本金で再メッキ加工の完了です。

 

 

 


エピ財布も内布や芯材などを作成交換しながら各部を強化して、
組み立て直しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


擦れや汚れが激しかった内部材も改善させました。

 

 

 


小銭入れの中も綺麗になりました。

 

 

 


強化しながら組み立て直し構造的には新品時より丈夫です。

 

 

 


セリーヌの底角パイピング革の革当て加工も完了です。

 

 

 


4箇所とも同様に。。。

 

 

 


グッチ巾着バッグのリニューアルリペア加工も完了。

全てのパーツの芯材を交換して丈夫に仕上げています。

 

 

 


D型金具は高品質な金具を選択しました。

 

 

 


裂けていたパイピング革も作製。

 

 

 


内張りは本革で作成していますのでベタツキ劣化の心配はありません。

 

 

 


3点とも丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態です。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション御中

この度は大変お世話になりました。
本日、無事受け取りました。
新品のようになっており、本当に驚きました。
全て思い入れの深い品物だけに、本当に嬉しく思います。
大事に使います。

「お気持ち」までいただき、ありがとうございます。

またお世話になることもあると思います。
その際にはよろしくお願い致します。

この度は本当にありがとうございました。

 

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
出来る限りよい状態を保てるように、
丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

(その後)

有限会社 レザークリエーション御中

この度は本当にお世話になりました。
ブログも拝見致しました。
丁寧に記録していただき、感謝致します。
工程がわかり、御苦労がわかります。
こんなにひどい状態だったなんて、お恥ずかしい限りです。
この様な形で修理過程を残していただいて非常に嬉しく思います。

この素晴らしい技術を是非、後世に残していただきいです。

今後ともよろしくお願い致します。

 

東京都 H 様
ブログの閲覧ありがとうございます。
撮影しながら加工してブログを掲載するのも手間が掛かりますが、
当社のような修理作業はブログ掲載の何倍も手間が掛かり過ぎます。
IT世代には効率が悪すぎて後世に残すのは難しい職種ですね。
 

セリーヌの汚れ擦れ


セリーヌ カバ ファントムです。

 

 

 


各部に擦れが見られ革の繊維が露出して白くなっています。

 

 

 


底角など擦れやすい部分は塗装が剥がれると目立ちます。
革の表皮だけを着色した革ですので避けようが無い損傷です。

 

 

 


持ち手付け根の内側も塗装が剥がれているところを見ると、
塗装が剥がれやすい素材のようです。

 

 


黒いシミ汚れが前面や底面にあり目立ちます。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


底面も同様に。。。

 

 

 


後側の持ち手を裏表逆さまに使用されているのが残念です。
持ち手を裏返して活用されている方は多いですが確実に傷みが早いです。

片側だけ裏返し使用はレアケース。

 

 


各部にあった黒いシミ汚れや擦れ部をクリーニングと補修加工で改善させ、
補色加工で仕上げました。

 

 

 


ロゴマークの刻印にも影響なし。

 

 

 


底面のシミ汚れや擦れも改善。

 

 

 


底角の毛羽立った擦れも改善。

 

 

 


色ハガレが見られた内側も同様に。。。

 

 

 


シミ汚れや擦れがなくなりスッキリと改善しました。

着色されている厚みは表皮だけでミクロ単位の厚みしかありません。
擦れに注意しながら丁寧に活用するのが良い状態を保つ秘訣です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーションさま

お世話様です、横浜の〇〇です。
いまカバファントムを受け取りました。
とても綺麗に仕上げていただいてありがとうございます、感動しました!
より一層大事にしていこうと思います。

素敵なキーホルダーも有難うございます、こちらも使わせていただきます。

また機会があればお願いします、ホームページをチェックして申し込みさせていただきますね。
エルメスの財布を考えてます!

ブログも楽しみにしていますね。

では、今回は大変お世話になりました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

神奈川県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

プラダの擦れ


プラダの大きなバッグです。

 

 

 


表皮だけ着色された革ですので、ひび割れたように白く見えます。

 

 

 


ひび割れ模様を自然な風合いとして楽しまれている方も多く、
変化を楽しむ素材と考える方が扱いやすいです。

 

 

 


しかし、各部に見られる擦れは白く目立ちますし放置していると、
素材劣化も進行しやすいです。

 

 

 


パイピング革はひび割れよりも擦れが上回って白くなっています。

 

 

 


コバ面の塗料が剥がれた持ち手も白くなりすぎで擦れが上回っています。

 

 

 


傷んだ底角4箇所のパイピングは少し裂けていますので革当て補強します。

 

 

 


外面の補修補色加工と持ち手コバ面の仕上げ直しと底角革当ての完了です。
内側にも擦れが見られましたので少し改善させておきました。

 

 


持ち手のコバ面も仕上げ直し本体と同色に改善。

 

 

 


傷んだ底角パイピングは革当て加工して補強したあと補色しています。

 

 

 


ひび割れてくる変化を楽しむ素材であることに変わりありませんので、
部分的な汚れや擦れに気をつけながら使用すれば、
ひび割れも楽しめると思います。

変化を楽しみながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索