エルメス修理


エルメスのビジネスバッグ(プリュムドッグ)財布(アザップ)と、
クロコ革の手帳カバー(アジェンダ)です。

 

 

 

 


ビジネスバッグ(プリュムドッグ)は各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


底角も表皮が剥がれています。

 

 

 

 


上側の角部も同様に。。。

 

 

 

 


ファスナーで擦れる部分は革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


持ち手はコバ仕上げが必要ですが実は表皮もスレスレです。

擦れた部分に手の脂分や汚れが染み込んでいるだけですので、
汚れを取り除いて証明します。

 

 

 


長財布(アザップ)は全体に薄汚れが見られます。

 

 

 

 


汚れが塗料の下から浮き出ているようで塗装歴があると考えられます。
出来る限り取り除いて補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


クロコの手帳カバー(アジェンダ)はコバ面の仕上げ直しと、
折り曲げ部の強化加工です。

 

 

 

 


二つ折りの角が表裏で大きくずれています。
折り曲げ部の型崩れが原因ですが修正するのは難易度が高い加工です。

 

 

 

 


折り曲げ部の解体。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。
強化加工を施しながら変形も改善させます。

 

 

 

 


プリュムドッグの持ち手の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明に。。。

 

 

 

 


引き手革も補修が必要。

 

 

 

 


擦れ部を整える補修加工を施したあと補色して修復完了です。

 

 

 

 


上側の角部も改善しました。

 

 

 

 


全体にスレスレで毛羽立っていたファスナーサイドの革も改善です。

 

 

 

 


アジェンダのコバ仕上げと折り曲げ部の強化加工も完了。

 

 

 

 


変形も改善して表裏のズレも改善しました。

 

 

 

 


アザップの外面の補修補色加工も完了です。

塗装歴がありノークレーム加工で引き受けた財布ですが、
出来る限り元の色に近づけるように内部材の色を参考にしました。

 

 

 

 


汚れていたファスナー引き手革も改善させています。

 

 

 

 


擦れ、変形、塗装歴汚れなど三者三様の加工でしたが、
3点とも改善していますので引き続き活用いただけます。

良い品ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴィトン小銭入れ


2005年製造のモノグラムの小銭入れです。

 

 

 

 


カブセの裏側の革が波打ち変形で膨らんでいます。
水没したことが原因で素材の硬化もあり基本的には諦めるしかありません。

 

 

 

 


ポケットの中は人目に触れませんが波打ち変形しています。

外面のモノグラム地とサイズが合わなくなっていますので、
解体すると組み立てるのが不可能になり水濡れは致命傷です。

 

 

 


合成皮革素材の内張りは劣化しています。
解体する以外に改善させる道はありません。

 

 

 

 


組み立て直すことは困難であると理解しながらもバラバラに。。。
モノグラム地も長方形とは言えないほど縮んで変形しています。

 

 

 

 


水濡れでふやけた紙の芯材も取除いて強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


変形したマチ部材も擦切れて穴が空いています。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは、すべて取除いて本革で作製交換して、
リニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


マチ部材の擦り切れヤブレも強化しながら補正して修復しました。

 

 

 

 


カブセ裏の大きな波打ち変形も改善させています。

 

 

 

 


コンパクトなコインケースですが複雑な構造でパーツも多く、
取り外した芯材や内張りだけでも沢山あります。

取り返しが付かない水没変形でしたが、
内張りのベタツキ劣化の心配が無くなり各部の強化で丈夫に仕上げています。
少しずつ馴染ませながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

本日小銭入れ受け取りました。
ヨレヨレでみる影もなかったヴィトンが
パリッとした姿に生まれ変わって帰って
きました。
丁寧な修理ありがとうございました。
可愛がって大切に使っていきたいと思ってます。

 
北海道 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丈夫な構造に仕上げていますので、
少しずつ馴染ませながら大切に長くご愛用ください。

サンジャック修理


ルイヴィトン エピのサン・ジャックとキーケースです。

 

 

 

 

 


持ち手コバ面の塗料が剥がれていますので・・・

 

 

 

 


本体に持ち手のコバ塗料が色移りしています。

 

 

 

 

赤いエピに黒い塗料が目立ちます。

凹凸がある特殊な表面のエピ革に付着した汚れを取除くのは困難です。
しかも、革を着色するための塗料が付着したとなると・・・

 

 

 

 


持ち手の劣化したコバ塗料は取除いて仕上げ直します。

 

 

 

 


本体天部もコバ塗料の劣化が見られますので仕上げ直します。

 

 

 

 


大きく重いバッグですので負担が掛かる持ち手付け根は強化します。

 

 

 

 


大きな損傷はありませんが付け根に負担があることはわかります。

 

 

 

 


裏側から見ても同様に。。。

 

 

 

 


ルイヴィトンらしいデザインのサン・ジャックですが、
底面あたりの構造は特徴的です。

 

 

 


底面には大きく裂けて白い芯材が露出した部分が見られます。
通常の使用では部分的に裂けることは希ですが自転車のカゴは要注意。

 

 

 

 


キーケースは当社でリニューアルリペアしたものです。
ホルダー金具が少し動くとのことで金具を付け直しします。

 

 

 

 


金具を取り外して取り付け穴を強化しました。

取り付け穴が金具の両端ならグラグラしないのですが、
取り付け穴が中央で並んでいますので、
古くなったキーケースで金具が動くのは構造的な問題が大きいです。

 

 

 


持ち手を取り外して付け根付近を解体しました。

 

 

 

 


付け根から本体天部付近まで広範囲に強化芯材を入れ込んで組み立てます。
薄い革を貼り合わせただけの構造ですので付け根の強化は効果的です。

 

 

 

 


持ち手付け根4カ所の強化加工とコバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 

 


付着していた黒い塗料汚れも目立たなくなりました。

 

 

 

 


裂けていた底面も補修補色加工で改善させています。

 

 

 

 


ホルダー金具も固定完了です。

 

 

 

 


本体の天部と持ち手だけでなく両側のマチ部材もコバ仕上げしました。
塗料汚れやコバ面が改善すると全体的にスッキリします。

持ち手付け根の強化加工を施したことで安心して活用いただけます。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

お世話になっております。
〇〇〇〇です。

昨日、バックとキーケース受け取りました。
返信が遅くなってしまいご迷惑おかけしたにも関わらず、
とても丁寧な梱包でお送りいただきありがとうございます。

バックもキーケースも新品になって届き、
前回同様とても丁寧なリペアで感激いたしました。

まだまだ暑い日が続きますが、ご自愛ください。
本当にありがとうございました。

千葉県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
負担の掛かる持ち手付け根が丈夫になったことで、
安心して活用いただけます。
大切に長くご愛用ください。

アイグナーボストン


変形型崩れが見られる年代物のアイグナーのボストンバッグです。

 

 

 

 


詰め物をして形状を整えると高級感がある高品質なボストンバッグです。
傷や色あせも含めて使い込んだ雰囲気が良い感じです。

 

 

 

 


形状を整えてもマチ部材は波打ち変形が重症です。

 

 

 

 


使い込んだ雰囲気を残すために塗装加工は避けるつもりですが、
表皮が剥がれた部分は放置したままでは劣化が早まります。

 

 

 

 


底面も傷だらけですが直射日光が当たりにくいので色あせが少ないです。

 

 

 

 


擦れてしまう底角は糸が擦り切れています。
コバ塗料も剥がれて芯材も劣化しているようです。

 

 

 

 


カブセ付け根の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手もコバ面の仕上げ直しが必要です。
アイグナーのロゴマークもクルクル回る状態です。

 

 

 

 


カブセやベルトなど付属パーツが多いボストンバッグです。
ベルトなど付属パーツも解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


天部の黒い汚れや金具類のメッキ剥がれは改善させたいところです。

 

 

 

 


負担がかかる付け根革の強化加工は最優先です。

 

 

 

 


大容量。

 

 

 

 


内張には大きな破れがあり放置できない状態です。

 

 

 

 


大きなバッグですし頑丈な構造ですのでバラバラにするだけで悪戦苦闘。

全体に損傷が見られる古いバッグですが蘇らせる価値がある品です。
しかし、各パーツの強化や金具の再生などを施して組み立て直すとなると、
難易度が高いだけでなく手間が掛かりすぎます。

リニューアルリペアはいつまで続けられるでしょう?

 

 

 

 


パーツを取り外した部分は新品時に近い色合いです。

 

 

 

 


マチ部材を単体に解体しても波打ち変形したままです。

 

 

 

 


ベルト類も解体して芯材を取り除きました。

 

 

 

 


変形や硬化や劣化が見られる芯材は全て取り除きました。

 

 

 

 


腐食やメッキ剥がれが見られる金具類は再生します。

 

 

 

 


ボール紙の芯材だけでなく鋼の鉄芯も入れてあるバッグですが、
鉄芯の角が鋭利で革を突き破る可能性があります。

 

 

 

 


外観からは見えない鉄芯材ですが角を丸くして突き破ってこないように、
一手間を加えています。

この辺りは量産品ではスルーされる工程です。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。
アイグナーのロゴマークも再生して正しい位置に固定しています。

 

 

 

 


ヒネリ金具もゴールドに復活して黒い汚れも消えました。

 

 

 

 


波打ち変形が重症だったマチ部材も丈夫に復活。
表皮の剥がれも最低限の補色加工にとどめて使い込んだ感を維持してます。

 

 

 

 


傷みが激しかったカブセ付け根の折り曲げ部も強化しながら復活。

 

 

 

 


持ち手のコバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 

 


底鋲金具までゴールドに復活です。

 

 

 

 


大きく裂けていた内張も部分的に修復してロゴマークを温存しています。
反対側も同じデザインで加工していますので違和感なく使用できます。

 

 

 

 


余計な塗装加工は最低限にとどめながら年代物の雰囲気を残しています。

しかし、各パーツに強化加工を施しましたので構造的には、
新品時より丈夫に復活しています。

買い替えることができないボストンバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

新品の様になり、感激しています。
元々使っていた父にも見せたのですが、感動していました。
これからも大事に使っていきたいと思います。

ブログも拝見しました。
本当に手間のかかるところを再生いただき、ありがとうございました。
お任せして本当によかったです。

また機会がありましたらお願いしたいと思います。
よろしくどうぞお願いします。

それでは失礼します。

 

東京都 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
羨ましく思える高品質時代のバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

 

LVとCHANEL


シャネルのトラベルラインとルイヴィトンのリポーターです。

 

 

 

 

 


ファスナーのエレメントが磨り減って噛み合わない状態です。
ファスナーは消耗パーツですので2カ所とも交換します。

 

 

 

 


ショルダー先端の革パーツも本体側の付け根革も限界を迎えています。

 

 

 

 


こちら側の付け根革は交換歴がありますが、
4カ所とも丈夫に作製交換します。

 

 

 

 


スムーズに動かないファスナーの開閉で負担が掛かったのか?
内張りが破れて大きく口が空いています。

裂けた部分よりも大きく解体して強化しながら修復します。

 

 

 

 


トラベルラインは持ち手の芯材交換を施します。

 

 

 

 


取り外し可能なショルダーベルトですので、
付け根革も丈夫な物ではありませんが限界を超えています。

 

 

 


反対側も擦切れて芯材が露出していますので作製交換します。

 

 

 

 


リポーターと同様のダブルファスナーで複雑な構造ですので、
持ち手の芯材交換や付け根革の作製交換のためには数カ所の解体が必要。

 

 

 

 


ファスナーとショルダーベルトを解体。

 

 

 

 


シャネルも持ち手とショルダー付け根革を解体。

 

 

 

 


シャネルの芯材は無数の亀裂があり剥がし取るとボロボロ。
強化加工をお勧めした理由がわかると思います。

 

 

 

 


刻印入りカシメ金具を再生してヌメ革パーツの作製交換の完了です。

どちらのパーツも一枚革を折り曲げただけの既製品の構造では無く、
裏側にも同じヌメ革を貼り合わせて強化芯材も挟み込んでいます。

 

 

 


内張りのヤブレも改善してファスナーの開閉もスムーズです。

 

 

 

 


シャネルのトラベルラインも劣化した芯材を取除いて、
強化芯材を入れ込みハゲハゲだったコバ面を仕上げ直しました。

 

 

 

 


作製交換した付け根革も強化芯材を入れ込んでいます。

 

 

 

 


当社で加工した部分は新品時より丈夫に仕上げていますので、
安心して活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

先ほどバッグ2点、受け取りました!
とっても綺麗に丈夫にして頂いて、嬉しいです。
本当にありがとうございました。
早速これからお出かけに持って行きます!
可愛いおまけの〇〇〇〇〇〇も大切に使わせていただきますね。
残暑が厳しいですが、お身体どうぞおいとい下さい。

北海道 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態ですので、
大切に長くご愛用ください。

 

三つ折りベアン


エルメスの長財布(三つ折りベアン)とプラダのキーケースです。

 

 

 

 


鍵が付いたままのキーケースはフックが2個欠損しています。

鍵を取り付けるフックは定期的に変えて使用すると長持ちしますが、
同じフックを使用していると摩耗して抜け落ちます。

 

 

 


白い革のベアンは擦れや傷が外面全体にあり汚れや変色も重傷です。

 

 

 

 


エルメスの財布だけに人前には出しにくい状態です。

 

 

 

 


ベロ革も縫製糸まで擦切れて表皮が無くなった部分も見られます。

 

 

 

 


当然のように傷みやすい折り曲げ部も擦れやホツレがあります。

 

 

 

 


外面の状態と比較すると内部材は綺麗に見えます。

 

 

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


ポケットの中に隠れている部分と外に出ている折り曲がり部を比較すると、
内部材も擦れや汚れがあることが解ります。

 

 

 

 


ポケットの中はレシートなどの印刷物の色移りが前面に見られます。

 

 

 

 


各部を強化しながら汚れを取り除き、擦れや傷を補修して補色して、
組み立て直します。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部やコバ面も丈夫にしながらスッキリと綺麗になりました。

 

 

 


内部材も同様に。。。

 

 

 

 


小銭入れの中やポケットの中も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


プラダのキーケースはホルダー金具を交換。

 

 

 

 


残念な状態のベアンでしたが強度アップさせながら、
出来る限り改善させましたので引き続き活用いただけます。
キーケースは鍵のローテーションを忘れずに活用ください。

財布などの小物類はバッグの中でも擦れて傷みやすいものですが、
とくにメンテナンスやお手入れをしなくても、
取り扱い方などを少し工夫するだけで良い状態は保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索