サレヤとマリー


ルイヴィトンのマリーとサレヤです。

 

 

 

 


マリーは他店様でクリーニング加工歴があります。

 

 

 

 


サレヤは付け根革が切れて使用できない状態です。

 

 

 

 


完全に切れていない付け根革も時間の問題ですので4か所とも作成交換します。

 

 

 

 


底角はパイピング革が擦り切れて芯材が露出。

 

 

 

 


4か所とも同様に。。。。
パイピング革も作成交換の御依頼をいただきました。

 

 

 

 


マリーとサレヤの持ち手を比較すると同じヌメ革とは言えない素材です。

 

 

 

 


サレヤは持ち手付け根にも亀裂が見られますが今回は見送られました。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革も切れています。

 

 

 

 


サレヤのヌメ革は柔軟性が低下していることが各部のひび割れでわかります。

 

 

 

 

 


他店様のクリーニング加工が原因かどうかわかりませんが、
マリーの芯材は劣化して粉々です。

 

 

 

 


ボロボロですが芯材が張り付いている部分も少しありました。

 

 

 

 


前ポケット部も同様に。。。。

 

 

 

 


付け根革4か所と底面パイピング革の作成交換のためにサレヤも解体。

 

 

 

 


内張りに大きなシミ汚れも見られますが今回は見送られました。

 

 

 

 


作成交換するパーツは新品時より丈夫にしながらカシメ金具も再生します。

 

 

 

 


最高品質のヌメ革を使用します。

 

 

 

 


裏面にもヌメ革を張り合わせますので使用する革は2倍になり、
芯材も挟み込みますので材料費は2倍以上で手間は3倍以上です。

 

 

 

 

 


金具も再生して付け根革の作成交換の完了です。

 

 

 

 


パイピング革も厚みを増した革で作成交換しました。

 

 

 

 


マリーもボロボロになった芯材を取り除いて丈夫な芯材に交換完了。

 

 

 

 


同様に。。。。
縫い目の隙間などから芯材の粉が出てくる心配がなくなりご愛用いただけます。

 

 

 

 


どちらのバッグも容量があり重くなってしまいますので、
丁寧に取り扱うことをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴェルニのコバ仕上げ


ルイヴィトン ヴェルニのジッピーウォレットとキーケースです。

 

 

 

 


今回はコバ面(厚み部分の断面)の仕上げ直しの御依頼です。

ヴェルニはコバ面を良い状態に保たなければ外周からエナメル表皮が剥がれやすく、
重要度の高いメンテナンスになります。

 

 

 

 


ジッピーウォレットも擦れやすいコバ面の塗料が剥がれています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


詰め込みすぎによる膨らみ変形や汚れも見られますが、
使用できないほど重症ではありませんので今回は先送りすることをお勧めしました。

 

 

 

 


外周コバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 

 


ヴェルニのエナメルが剥がれた部分は悪化を抑えるために、
コバ塗料を表皮部分まで広めに塗って対策しておきました。

 

 

 

 


キーケースも同様に。。。。

 

 

 

 


良い状態を保ったまま活用することが難しいヴェルニですが、
コバ面の仕上げ直しで引き続き活用いただけそうです。

コバ面の面積は小さいですが財布やバッグを良い状態に保つには、
とても重要な部分です。

出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

(有)レザークリエーション 御中

お世話になります。
〇〇〇〇です。
本日受け取り致しました。

この度は本当にありがとうございました!
2点ともとても綺麗にしていただき、
過去に他店様に出した時よりも、
しっかりコバに厚みも出ていて、違いが感じられます。
やはりお噂通りだったと実感しております。

ゴバが綺麗になると、全体も若返ったようです。

今後はあまり詰め込みすぎないよう、
より一層大事に扱いたいと思います。

お心遣いもありがとうございました。
また機会がありましたら是非お願い致します。
この度はお世話になりました。

石川県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
擦れてしまう外周の剥がれは避けられないものですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

エピ財布の擦り切れ


擦れや汚れが目立つ使い込まれたルイヴィトン エピ財布です。

 

 

 

 


両面にカブセがあるコンパクト財布です。
本体やカブセに傷みやすい折り曲げ部が合計6か所もあり注意が必要です。

 

 

 


両側のカブセの折り曲げ部4か所は革が擦り切れて穴が空いています。

 

 

 


本体の折り曲げ部も2か所とも擦り切れて革が無くなり大きな穴が空いています。

 

 

 

 


小銭入れのマチの天部が裂けているのは珍しい症状。

新品購入時にマチ部材などの厚みをチェックしておくと、
丈夫な品を購入できます。

 

 

 


各部に擦れや汚れも見られます。

 

 

 

 


複雑な構造のカブセ付け根や折り曲げ部を解体して、
破れて穴が空いた部分を強化しながら修復します。

 

 

 

 


小銭入れの右マチを取り外して本体の折り曲げ部も大きく解体。

 

 

 

 


反対側も大きく解体。

「縫い直す部分が擦り切れて無くなり存在しませんので縫い直せません。」と、
直営店などでは断られてしまいますので基本的には手遅れです。

大切に長く活用したい財布は早めのメンテナンスを小まめに繰り返す方が、
結果的に安上がりですし良い状態のまま活用することができます。

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部も改善しました。

 

 

 

 


裂けていた小銭入れの右マチも強化しながら元通りに改善しています。

 

 

 

 

 


買い替えることができないほど大切な財布とのことですので、
少し見た目も改善させておきました。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

モノグラム財布のリペア


外面のモノグラム地が縮んで内部材が飛び出したガマグチ財布です。

詰め込みすぎで変形も見られ状態の悪い財布ですが、
リニューアルリペア加工で活用できる状態に復活させます。

 

 

 

 


ベロ革や角部など各部にホツレが見られます。

 

 

 

 


モノグラム地が内部材より小さくなっています。
ホツレを放置したまま使用していると急激に変形します。

 

 

 

 


折り曲げ部は縫い直すことが不可能な状態です。
これもホツレを放置したまま使用していたためで手遅れです。

 

 

 

 


糸が擦り切れてホツレやすい部分はコバの塗料も剥がれやすい部分です。

 

 

 

 

 


モノグラム地のサイズが足らなくなったことで反り返ってしまいます。

 

 

 

 


この面だけで1センチ以上は縮んでいますので、
解体すると組み立て直すことが困難です。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 

 


小銭入れのマチやベロ革も解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 

 


モノグラム地に貼り合わせてある内部材の革を見ると、
モノグラム地の縮み具合が鮮明です。

サイズが合わなくなったものを組み立て直すことは不可能ですので、
出来る限り修正しながら組み立て直します。

 

 

 

 


擦れや汚れを改善させながらパーツごとに強化加工をほどこし、
パーツごとにサイズを調整しながらリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


欠損していた折り曲げ部も縫製できる状態に復活。

 

 

 

 


合成皮革素材は本革で作成交換しましたので安心です。

各部の強化加工などで新品時より丈夫に仕上げていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エピ財布の擦り切れ


ルイヴィトン エピ長財布とコインケースです。

 

 

 

 


コインケースの外周が擦り切れて芯材が露出しています。

 

 

 


マチの折り曲げ部も擦り切れて穴が空いた状態です。

 

 

 

 


丁寧に使用されている印象の長財布ですが・・・

 

 

 

 


カビのような汚れが発生しています。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れ欠損があり縫い直すことも不可能な状態。
ここまで悪化させると基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部が鋭角に曲がっています。

 

 

 

 


変形型崩れも見られますので外面全体を強化します。

 

 

 

 


角部も擦り切れて白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


解体して白い芯材を取り除いたところです。

 

 

 

 


角部は革が無くなっています。

 

 

 

 


穴が空いた角も。。。。

 

 

 

 


外周は全体的にスレスレで解体すると重症具合がわかります。

 

 

 

 


内側から強化しながら擦り切れ穴を塞ぎます。

 

 

 

 


長財布の芯材交換と擦り切れ破れ部の復元強化加工、
コインケースの補修補色加工とホツレの縫い直しの加工完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部だけでなく外周の擦り切れヤブレは改善させています。

 

 

 

 


内部材は予定外ですがカビのような汚れや擦れも改善させました。

 

 

 

 

 


コインケースは補修補色加工で外周の擦り切れ破れ部を、
目立たないようにしています。

 

 

 

 


予定外ですがマチ部の穴あきも塞いでおきました。

 

 

 

 


財布など小物類の外周が擦れてしまうことは避けようがない損傷ですので、
工夫しながら丁寧に取り扱う以外に予防する方法はありません。

一度は手遅れ状態にまで擦り切れて穴が空いて破れた品ですので、
労わりながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

お世話になりました。本日、受け取りました。
また、ブログで工程を拝見させていただきました。
強化加工、擦り切れ穴を丁寧に補修していただき、また、
予定外の報酬もしていただき、ありがとうございました。
今まで以上に大切に使い後20年位は愛用したいと思います。

愛媛県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
外面全体を強化していますので丁寧に取り扱えば長く愛用いただけます。
大切に長くご愛用ください。

LV財布の解体


ルイヴィトン モノグラム財布とキーケースです。

 

 

 

 


ホック金具が錆びて変色してモノグラム地にはカビのような汚れが見られます。

 

 

 

 


4か所の折り曲げ部は糸が擦り切れて口が空いています。
カブセに隠れる部分に白い汚れが多いことからもカビで間違いないと思います。

 

 

 


保管環境が良くなかったようで内部材にもカビが発生していたようです。

 

 

 

 


ホルダー金具も錆びて腐食しています。

 

 

 

 


財布は折り曲げ部に口が空き合成皮革の内張りが劣化しています。

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部はモノグラム地が欠損しています。

 

 

 

 


財布もカビが発生。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


合成皮革が劣化したまま放置していると対面に色移りして損傷が拡大します。

 

 

 

 


キーケースをバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


財布もバラバラ。

 

 

 

 


小銭入れ部の内張りを剥がすとカビが大量に残っていました。

 

 

 

 


小銭入れ部のカビを取り除き、モノグラム地の裏側に発生していたカビを
半分だけ取り除いたところです。

 

 

 


キーケースのリニューアルリペア加工の完了です。
劣化した合成皮革は本革で作成交換しながら芯材も強化芯材に変更しています。

 

 

 

 


錆び錆びだっホルダー金具もゴールドに復活。

 

 

 

 


財布も芯材や合成皮革を交換してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


キーケースと同様にカビや擦れはなくなりました。

 

 

 

 


ホック金具もゴールドに復活してモノグラム地のカビも改善。

どちらのアイテムもモノグラム地の縮み変形が重症で、
組み立て直すのに苦労しましたが活用いただける状態に復活しています。

保管環境が悪いと錆びやカビが発生しますので、
注意しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索