エピの内張り劣化


ルイヴィトン エピのマルゼルブとダヌーブです。
いずれも年代物で廃盤モデルですが全体的に良好な状態です。

 

 

 

 


いずれのバッグもポケットに使用された合成皮革が劣化しています。

 

 

 

 

 


ダヌーブは外ポケットと内ポケットの張り替え交換。
内張りを作成交換するとなるとバラバラにする必要が・・・・

 

 

 

 


マルゼルブは内側のファスナーポケットが劣化。
本体を解体して内張りを剥がしてポケット解体します。

 

 

 

 


劣化した合成皮革は本革で作成交換します。

 

 

 

 

 


古い品ですので持ち手などコバ塗料も劣化してひび割れが見られます。

 

 

 

 


本革で作成交換して組み立て完了。

 

 

 

 


本革仕様ですのでベタツキ劣化の心配がなくなりました。

 

 

 

 


コバ面の仕上げ直しも完了。

 

 

 

 


使い傷みが少ない良好なバッグですし合成皮革素材が本革になりましたので、
ベタツキ劣化の心配もなく安心です。

しかし、年代物ですし廃盤モデルで買い替えできない貴重な品ですので、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
今、確認致しました。
大満足です。これからも、大切に使っていきます。
お世話になりました。

福島県 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
高品質時代のバッグですので大切に長くご愛用ください。

馬蹄型コインケース


ルイヴィトン タイガの馬蹄型コインケースです。

 

 

 

 

 

 


折り曲げ部は革が擦り切れて欠損しています。

 

 

 

 


大きく口が空き限界を超えています。

 

 

 

 


反対側も擦り切れて革が無くなりマチ部材まで欠損しています。

 

 

 

 


大きなヤブレも・・・・

 

 

 

 


マチの縫い合わせ部も切れています。

長年の使用で革の劣化もあり強度の低下が見られます。
折り曲げ部が傷んでいるのでカブセの開閉も緩々。

 

 

 

 


損傷個所が多数あり、これまで十分に頑張ってくれた様子ですので、
引退させるのも選択肢の一つですが、もうひと頑張りしてもらえるように、
解体して折り曲げ部周辺の傷んだ部分を強化して組み立て直します。

 

 

 

 


他のコインケースと比べても極端に高額設定されている馬蹄型は、
構造的に修理の難易度も高くなり加工不可能な修理店の方が多いです。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部だけのご依頼でも悪戦苦闘。

 

 

 

 


各部に強化芯材を入れ込んで組み立て完了。

 

 

 

 

 


破れ部も復活して折り曲げ部の強化でカブセもしっかりと閉めることができます。

 

 

 

 


手遅れ状態のコインケースでしたが折り曲げ部の強度アップで、
引き続き頑張ってくれます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

芯材の劣化


ルイヴィトン モノグラムミニのジャンヌです。

 

 

 

 


前後面は芯材が劣化して全体が凹んで波打ち変形が見られます。

 

 

 

 


マチ部材もグニャッと変形しています。
こんな状態ですとファスナーの開閉にも苦労します。

 

 

 

 


底面はヌメ革ベルトで中央部が溝のように変形しています。

 

 

 

 


内張りを取り除いてみると芯材が劣化して粉々状態です。

新品時は布地に芯材が貼り合せてあり丈夫な外面に感じますが、
芯材が無くなるとモノグラム模様も透けるほどペラペラな素材です。
モノグラムミニは内布もペラペラで耐久性よりも軽さを追求したバッグであることが、
わかります。

 

 

 

 

 


外面に張り付いている芯材は僅かです。
すべて取り除いて清掃したあと経年劣化で粉々にならない芯材にします。

 

 

 

 


芯材交換の完了です。
凹んで波打っていた前後面の膨らみが復活しました。

 

 

 

 


変形してつぶれていた天マチも復活。

 

 

 

 


溝になっていたマチも復活しています。

 

 

 

 


粉々になった芯材が縫い合わせ部などから出てきて使用不可能でしたが、
活用できる状態に改善しました。

保管時にタオルなどを入れて形を整えるようにするだけで、
良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

先日、カバンを受け取りました。
ありがとうございます。
もう使用できないと諦めていたところ、
このように修理して頂き感動致しました。大変嬉しく思います。
これから大切に使わせて頂きます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
本当にどうもありがとうございました。

 

福岡県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
取り扱いが難しいバッグですが、
丁寧に活用されていると思います。

タオルなどを入れて形を整えて保管すると、
良い状態を保ちやすくなると思います。

大切に長くご愛用ください。

水濡れダミエ財布


2010年5月に製造されたダミエの長財布です。
大きな損傷もなく良好な状態に見えます。

 

 

 

 


丁寧に使用されている財布ですが折り曲げ部など擦れやすい部分は、
縫製糸が擦り切れています。

 

 

 

 


2010年製造で現行品の品質ですのでカードポケットが変形して反り返っています。

 

 

 

 


ダミエ地が縮んでしまうことで反り返り変形が発生します。

 

 

 

 


カブセを開いてみると本革素材に波打ち変形が見られます。

カブセには芯材が入れてありますので通常では変形しにくい部分です。
水濡れが原因で革は変形したまま乾燥して硬化しています。

 

 

 

 

 


マチ革もゴワゴワに波打ち、硬化しています。

 

 

 

 


小銭入れのファスナーポケット部もボコボコでゴワゴワ。。。。

 

 

 

 


各部の革が変形したまま硬化していますので、どの辺りまで改善するかは、
加工してみなければわかりません。

しかし、見た目だけの問題ではなく、このままでは耐久性や強度に不安があります。

 

 

 

 

 


バラバラに解体。

変形して硬化した部材はダミエ地や各パーツとの寸法も合わなくなっていますので、
組み立て直す難易度が高いです。

 

 

 

 

 

 

 


変形して膨らんだ部分を押すとポコポコと音がするほど硬化しています。

 

 

 

 


①出来る限り見た目を改善させる。

②サイズが合わなくなった部材を元通りに組み立て直す。

③長く愛用できるように強度をあげる。

④品質も向上させる。

上記が今回のミッションですが、どれか一つの項目だけでも、
不可能とする修理店の方が多いように思います。

 

 

 

 

 


ボコボコ変形を改善させてマチ部材の変形を出来る限り改善させたところです。
見た目は改善しましたので芯材を追加して強度アップさせながら、
内張りは合成皮革から本革に張り替えて品質も向上させ組み立て直します。

 

 

 

 

 


ボコボコだった小銭入れポケットや反り返ったカードポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


カブセ裏の変形も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


現行品ではカードポケットの反り返り変形が避けられませんが丈夫にスッキリ。

 

 

 

 


出来る限り変形を補正して見た目を改善させリニューアルリペア加工の完了です。

合成皮革の内張りを本革で作成交換しながら品質を向上させ、
各部の強化加工で耐久性もアップしています。

長く活用するのが不安な状態の財布でしたが、
手にするだけで丈夫になっていることを実感されると思います。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

財布、受け取りました。
シワ一つない新品のような見た目と、丁寧な縫い直し、
そして丈夫になったことも実感出来て、感動しました。
大切に使いたいと思います。
本当にありがとうございました。

宮城県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

スピィーディの修理


持ち手の付け根革が切れた年代物のルイヴィトンのスピーディです。

とても古い品ですのでヌメ革パーツには変色や劣化が見られますが、
出来る限り現状の使い込んだ雰囲気を維持したいとのご要望です。

 

 

 

 


パイピング革に擦り切れヤブレが見られ部分的に補修します。

 

 

 

 

 


ファスナーや引手革は他店様で代用品に交換された修理歴があります。
残念なパーツが使用されていますのでファスナーと引手革は交換します。

 

 

 

 


ベロ革も切れていますが負担を掛けないように使用されるとのことですので、
現状のままで・・・・

 

 

 

 


付け根革は修理しなければ活用できない部分です。

現状の雰囲気を出来る限り残したいとのご要望で、
劣化して柔軟性が無くなり切れてしまった部分のみを部分的に作成する方向で、
ご依頼をいただきました。

 

 

 

 


現状を出来る限り維持したいとのご要望ですが、
左右の付け根革はサイズも素材もデザインも別物に変更されています。

直営店で修理されていますが古いスピーディに現行品のパーツで対応したようです。

 

 

 

 


反対側も片側だけ交換されていますので左右で違う付け根革です。

モノグラム模様の隠れ方でサイズが大きく違うことはわかります。。。。

 

 

 

 


内側から見ると縫製した針穴のずれからも大きくサイズが違うことがわかります。

他店様でファスナーや引手革が代用パーツに変更されただけでなく、
付け根革も左右で違うパーツが取り付けられた品ですが、
現状の使い込んだ雰囲気にこだわりをお持ちですので、
出来る限り現状の雰囲気のままで使用できる状態に復活させます。

 

 

 

 

 

 


今回、修理する付け根革の縫い付け部は修理した形跡はありません。

 

 

 

 


擦り切れたパイピング革は周囲の色合いに合わせて部分的に補修完了。

 

 

 

 


切れていた付け根革も出来る限り色合いの近い新品の革で部分的に作成。
刻印入りカシメ金具も再生しています。

 

 

 

 


内側から見ても針穴は元のままです。

縫製穴が切り取り線のようにモノグラム地が裂けてしまうこともありますので、
出来る限り縫製は元通りに縫い直すことは重要です。

 

 

 

 

 


残念なファスナーやスライダー金具が取り付けてあったので、
最高品質のファスナーに変更。

傷みやすい引手革も厚みのある革で色やけした雰囲気に合わせています。

 

 

 

 


複数のパーツが代用品に交換されている状態のバッグでしたが、
現状の雰囲気を残したいというご要望があり今回は最低限必要な加工を承りました。

当社で加工した付け根革は裏面にも本革を貼り合せながら強化芯材も入れ込んで、
新品時より丈夫に修理しています。

直営店ではパーツが存在しないほど古い品ですので、
労わりながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション御中

こんにちは。
連絡が遅くなりましたが、
実家の方で、ヴィトン スピーディー
確かに受け取りました。

経年による革の変色具合も良い感じに仕上げてくださり、
大変満足しております。
丁寧に修理してくださり有難うございました。

大阪府 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
最高品質時代のバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

エピ財布の擦れ


丁寧に使用されているエピの長財布ですが黄色だけに外周の擦れが目立ちます。

 

 

 

 


擦れやすい外周は表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んで黒くなっています。

リニューアルリペア加工や折り曲げ部の強化加工もご提案しましたが、
今回は外周の補修補色加工のご依頼をいただきました。

 

 

 

 

 


財布では折り曲げ部が一番傷みやすい部分です。

 

 

 

 

 


カブセの開閉で指先が擦れてしまう部分も傷みやすい部分で、
革の繊維に汚れが染み込んでいます。

汚れを取り除いて外周の表皮が剥がれた部分を補色します。

 

 

 

 

 

 


表皮が剥がれて変色していた外周の補修補色加工の完了です。

汚れを取り除いて補色加工することで表皮をガードしますので、
革の劣化を抑える効果があります。

 

 

 

 


擦れやすい財布の外周の色剥がれは避けることができませんが、
定期的に補修することで素材を長持ちさせることができます。

 

 

 

 

 


表皮が剥がれて変色した外周のみの加工ですが補修補色加工で、
全体的にスッキリ見えます。

見た目は改善しましたが強化加工などは施していませんので、
強度や耐久性は長年使用してきた状態のままです。

廃盤モデルで買い替えできない品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索