ディオールとヴィトン


ディオールとルイヴィトンのバッグです。

 

 

 

 


ディオールのバッグは底角パイピングの部分修理の御依頼です。

 

 

 

 


4か所とも底角を修復します。

 

 

 

 

 


ヴィトンのサンクルーは付け根革が切れています。

 

 

 

 


反対側の付け根革は切れていませんがショルダー側の付け根が切れています。

付け根革もショルダー先端も負担がかかる部分ですし、
年代物のバッグですので4か所とも強化します。

 

 

 

 


後面には大きなポケットがあるのですが・・・・

 

 

 

 


合成皮革の内張りが劣化していて使用不可能な状態です。
モノグラム地への色移りも重症で放置期間の長さで固着しています。

 

 

 


内ポケットの中も同様に。。。。

 

 

 

 


本体を大きく解体しなければ内張り交換はできません。

 

 

 

 


ポケットや芯材や合成皮革の内張りを取り除きました。

 

 

 

 


ポケットの中ですしベタツキはなくなっていますので、
使用には問題ないのですが出来る限り取り除きます。

 

 

 


出来る限り取り除きましたが指先がボロボロになりました。

 

 

 

 


ショルダー付け根も付け根革も解体して強化します。

 

 

 

 


強化加工の完了です。

 

 

 

 


こちら側は部分的に作成交換が必要になり手間が掛かりましたが、
同様に丈夫に復活しています。

最高品質のヌメ革を使用していますので焼け色もすぐに馴染んできます。

 

 

 


ディオールの底角のパイピング部分修理も完了です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 


サンクルーの内張りは本革仕様になりましたので、
ベタツキ劣化の心配はなくなりました。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

財布の擦り切れ


リザード革のグッチとルイヴィトンのエピの小物です。

 

 

 

 


エピのキーケースは折り曲げ部4か所とも擦り切れて穴が空いています。

 

 

 

 


擦り切れて穴が空いてしまうと基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


二つ折り財布も折り曲げ部が擦り切れて穴が空き欠損しています。
縫い直すことも不可能な状態ですので基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


内側のポケットも裂けていますので修理が必要。

 

 

 

 


汚れや擦れが見られますので内部材は補修補色加工を施します。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


黒エピの長財布は傷みが激しいですが最高品質時代の品です。

 

 

 

 


折り曲げ部だけでなく擦り切れは外周全体に見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


当然ながら折り曲げ部も擦り切れ穴が空き縫い直すこともできない状態です。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは全て劣化しています。
長財布は全体を解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 

 

 


リザード革のグッチのガマグチ財布は外周の擦れの補修補色加工です。
折り曲げ部に擦れが見られますが、この程度なら問題なく修復可能です。

 

 

 

 


4か所の角部はリザード革が擦り切れて大きく裂けたように穴が空いています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


エピの3点と同様に手遅れ状態ですが擦れが目立ち穴が空いた状態では、
持ち歩きにくい状態ですので活用できる状態に修復します。

 

 

 

 


エピのキーケースを解体して4か所の折り曲げ部に強化芯材を入れ込みながら、
擦り切れた穴を塞ぎます。

 

 

 

 


穴が空いてしまうと直営店では断られてしまいます。

 

 

 

 


ステッチラインまで穴が広がると縫い直すことも不可能ですので、
対応できない修理店が多くなります。

メンテナンスは軽傷なうちに施す方が良い状態を保ちやすく安上がりです。

 

 

 

 


二つ折り財布も同様に。。。。

 

 

 

 

 


裂けていたポケット部を解体して強化しながら修復します。

 

 

 

 

 


エピの長財布はリニューアルリペア加工ですのでバラバラに解体。
劣化した合成皮革部は本革で作成交換しながら各部を強化します。

 

 

 

 


最高品質時代の財布ですので全体に芯材が入れてありました。

 

 

 

 


芯材を取り除いても接着剤が残っていますので半分だけ取り除いたところで撮影。

この辺りの作業は組み立ててしまうと見えない部分ですが、
しっかりと取り除いて新しい芯材をいれます。

 

 

 

 


折り曲げ部の擦り切れ穴は大きく縫製不可能な状態。

 

 

 

 


角部も擦り切れて裂けています。

 

 

 

 


こちらの角部も穴がいています。

 

 

 

 


内部材まで擦り切れています。

 

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部や角部だけでなく直線部分も擦り切れています。

現行商品なら諦めることもお勧めできる状態ですが、
買い替えることができない品質の財布ですので擦り切れや欠損部は放置できません。

 

 

 

 


合成皮革の劣化で対面の革にも悪影響が出ています。

 

 

 

 


内部材の汚れを取りのいたところです。
色褪せや擦れも補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 

 


外周の汚れを取り除くと擦れは折り曲げ部や角部だけでないことがわかります。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


擦り切れて穴が空いたキーケースの折り曲げ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 

 


ボロボロに擦り切れていたグッチのリザード革も活用いただける状態に復活です。

 

 

 

 


外周の擦れが目立たなくなると全体が綺麗に見えます。

 

 

 

 


ポケットの破れや擦れが見られた二つ折り財布の内部材も加工完了です。

 

 

 

 


穴が空いた折り曲げ部も強化しながら修復しています。

 

 

 

 

 


色褪せや擦れが目立ったエピ長財布のリニューアルリペア加工も完了。
合成皮革素材が本革になり擦り切れ穴や破れやホツレも改善。

 

 

 


鋭角に折れ曲がってペタンコでしたが各部の強化で立体感が復活。

 

 

 


4点とも複数の擦り切れ穴が空き諦めるしかない状態でしたが、
引き続き活用いただける状態に復活しています。

買い替えることができない品質の品ですので良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエイション様

無事に商品が到着いたしました
修理費を見て一瞬ぎょっとしましたが
(4点も預けてるのですから、当然のお値段なのですが)

修理されたものを手に取って見たら、
丁寧に強化してもらって、またこれから先長く使っていけるとこを考えたら、
お得感を感じました

長財布は父の物で、首を長くして待っていたので、
ブログでここまでしていただいてる経過を見せて、
商品を渡したいと思います

ボロボロの物をここまでしていただき、
〇〇〇〇〇までいただいて、
本当にありがとうございました

また、お世話になることがございましたら、
よろしくお願いいたします

寒暖の差が激しい時期ですが、
お体ご自愛下さい

 
大阪府 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
今回は7点の現品診断をさせていただき4点の御依頼を頂戴しました。
当社ではご了解いただいた加工価格を変更することはありませんが、
加工完了までの期間が長いので忘れてしまうこともあるようです。

4点とも高品質時代の買い替えることができない品ですし、
丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態に復活しています。
擦れや汚れなどは避けようがない損傷ですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

モノグラム財布


ルイヴィトン モノグラムの長財布です。

 

 

 

 


外周のコバ面は擦れやすい部分で仕上げ直しが必要です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。
可動する折り曲げ部は傷みやすい部分ですので解体して強化します。

 

 

 


底角も擦れやすく縫製糸やコバ面が擦れています。

 

 

 

 


内部材の革に擦れや色褪せは見られますが構造面の立て直しを優先して、
補修補色加工は次回以降のメンテナンスまで見送られました。

 

 

 


現代の財布としてはカードポケットが少ないですが使いやすい人気モデルです。

 

 

 

 


カードポケットの内張り交換のためには間仕切りステッチやホックの脱着が必要。

 

 

 

 


間仕切りステッチを解いて合成皮革の内張りの劣化を確認。

 

 

 

 


間仕切り部のステッチを縫い直すためには縫い付け部の解体が必要。

 

 

 

 


間仕切りステッチを縫い直すよりも解体する部分の方が大きくなります。
負担がかかる縫い付け部にも強化加工を施して組み立て直します。

 

 

 

 


劣化した内張りを取り外しましたので本革で作成します。

 

 

 

 


ベタツキ劣化した合成皮革の色移りもクリーニングが必要。

 

 

 

 


折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


ホツレやコバ面も仕上げなおして加工完了です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


合成皮革の内張りが本革になっていますのでベタツキ劣化の心配がなくなり、
傷みやすい折り曲げ部の強化加工で引き続き活用いただけます。

製造からは20年近く経過した財布ですが使い方は悪くないと思いますので、
詰め込みすぎに注意して良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

 
by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ルイヴィトン修理


ルイヴィトン モノグラムの財布とバッグです。

 

 

 

 


財布を入れることもできない小さなボストンバッグですが、
構造的にはスピーディやキーポルと同じです。

今回は引手革を新品のヌメ革で作成交換します。

 

 

 

 


モノグラムの長財布でガマグチとなるとUSAヴィトンです。

 

 

 

 


こちらの長財布はフランスの工房で作製されたものです。

どちらも20年ほど前に作成された品ですが使用頻度が少なかったようで、
買い替えることができない品質の財布だけに羨ましく思えるほどです。

 

 

 

 


未使用に近い財布ですが合成皮革の内張りは劣化しています。
対面の革に張りついていたのか表面が剥がれています。

 

 

 

 


1989年にフランスの工房で作製されたショルダーバッグ(ジュヌフィーユ)です。
最高品質時代のバッグですのでヌメ革もモノグラム地も丈夫です。

 

 

 

 


底面のループ革やショルダーベルトを固定するホックに破損が見られます。

 

 

 

 


ループ革には何かが染み込んだようで変形して硬化しています。

直営店で内張り交換はしてくれたようですが、
ループ革はパーツが無いとのことで現状のままで返却されたようです。

 

 

 

 


破損して無くなった凸ホックも交換します。

 

 

 

 


劣化したカードポケットの内張りを剥がすためには、
間仕切りステッチやホックも取り外す必要があります。

間仕切りステッチを縫い直すためにはカードポケットの後ろポケットも解体。

 

 

 


ガマグチ財布も解体して劣化した合成皮革部を取り外しました。

 

 

 

 


劣化したままでの放置期間が長かったようで対面の革が剥がれています。

 

 

 

 


ファスナーポケットの中も同様に。。。。
羨ましく思えるほどの財布だけに残念です。

 

 

 

 


残念すぎる状態でしたので予定外ですが少し改善させました。

 

 

 

 


ミニスピーディの引手革の作成交換の完了です。

 

 

 

 


厚みを増した最高品質のヌメ革を使用しています。

 

 

 

 


ジュヌフィーユのループ革も作成完了。

ご依頼時に・・・
「昔のヴィトンの方がブログでも紹介されているように品質の良さを感じられました。
お手入れするとヌメ革も綺麗に焼けて光沢が出て透明感も感じられましたし、
モノグラム地もしっかりしていましたが、
10年くらい前に購入したバティニョールという手提げのバッグは、
同じ様に手入れしているにも関わらず、ヌメ革も綺麗に焼けず光沢も透明感も出ず、
昔、韓国で売られていたスーパーコピーのルイヴィトンのヌメ革の様な感じです。
しかもそのままボロボロになっています。」・・・・と品質低下を実感されています。

 

 

 

 

 


財布の内張りは本革で作成交換してバッグのヌメ革パーツは最高品質の素材です。

4点とも2度と買い替えできない品質ですし良い状態を保って活用されています。
羨ましく思える品ですので出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション
担当者さま

こんにちは、大変お世話になっております、〇〇区の〇〇です。
本日、修理をお願いしておりましたバッグとお財布無事に受け取りました。
そして、とても素敵な〇〇〇〇〇も頂き、ありがとうございます。

ダンボールを開けると、一点一点とても丁寧に包装していただいて、
本当に細かなところまでお気遣いいただきありがとうございます。

またお願いした修理箇所以外にも、色ハゲまで補正していただいて、
何から何までありがとうございます。
ブログも拝見いたしました。
一ヶ所直すのにも、他の部分も解体して修理、
大変な作業に手間がかかっているのも本当によくわかりました。

ミニスピーディの引き手を御社にお願いする直前に
スピーディ35のファスナーを松屋銀座のヴィトン で交換してもらいました。
古いエクレールのファスナーを使っており、
祖母の形見なのでエクレールの引き手だけ移して付け替えて欲しいとお願いしたところ、
担当者は申し伝えると答えてくれましたが、結局、現行のファスナーに全交換されてしまい、
また引き手のヌメ革は、依然とは比べ物にならない品質のヌメ革で、
裏表両面ツルツルのヌメ革のものになっていました。
ルイ・ヴィトンで修理するのが一番だと考えていましたが間違っていました。

今回引き手交換していただいたミニスピーディは、
引き手の金具はルイヴィトン マークは入っていなかったと思うのですが、
ルイヴィトン マークのものに付け替えてくださったんですね。
ありがとうございます。

また、アメリカがま口は購入して一度も使わないでしまっていたものです。
しばらくぶりに見たらベタが出て剥がれてしまっていました。
お財布の包装を開けると、かすかに新しい革の匂いがしました。

一緒にお願いした長財布も1ヶ月使ったかどうかでほとんど使用しておりませんでした。

ジュヌフィーユはお気に入りだったので実は同じものを2つ持っていて、
もう一つは使い潰してボロボロになってしまい、
お願いしたこちらは以前ヴィトン で内張交換してもらって
綺麗だったのでたまに使ってクリームを塗っていました。

何から何まで丁寧なお仕事をしていただいて今回本当に感激しております。

また、修理をお願いしたいものがありますので、
修理受付、再開したらぜひ、またお願いしたいと思っております。
これからも、素敵なお仕事ぶり、ブログで拝見させていただきますね。
またどうぞよろしくお願いいたします。お世話になりました。

東京都 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
4点とも製造から20年前後の年代物ですが良い状態です。
買い替えることができない品質ですので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

M61652財布


両面にカブセがあるルイヴィトンのモノグラム財布(M61652)です。

 

 

 

 


詰め込みすぎによる歪み変形や擦れや汚れが見られ全体的な加工が必要。

 

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部には擦り切れ欠損もあり復元強化加工が必要。

 

 

 

 


波うち変形も大きく良い時代に作成された最高品質の財布だけに残念です。

 

 

 

 


擦れて表皮が無くなった部分に染み込んだ黒い部分が目立ちますが、
よく見ると全体にスレスレであり重症です。

 

 

 

 


この時代の内部材の革は丈夫です。
買い替えできない品質の財布だけに、もっと早くメンテナンスするのが理想でした。

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分は汚れが染み込みやすくなります。

 

 

 

 


年代物ですので合成皮革の内張りは劣化しています。
札入れの中の革までスレスレで酷使されていたことがわかります。

 

 

 

 


合成皮革部は全て劣化して対面の革に色移りしています。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の御依頼ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 


傷みやすい両側カブセの折り曲げ部など各部に強化芯材を入れ込みます。

この時代の財布はモノグラム地や革素材が高品質なだけでなく、
作り込みも丁寧で丈夫です。

 

 

 


各部を強化しながら擦れ部の美観も整え組み立て直しの完了です。

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けられませんがリニューアルリペア加工ですので、
ホツレの縫い直しや強化加工だけでなく見た目も改善。

合成皮革の内張りは本革で作成交換していますので、
ベタツキ劣化の心配もなくなりました。

 

 

 

 


大きな波うち変形も改善。

 

 

 

 


20年以上経過した財布ですが引き続き活躍してくれます。

 

 

 

 


中身をスッキリさせて詰め込みすぎを避けながら丁寧に活用すれば、
まだまだ頑張ってくれる状態に強化しています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

この度は大変お世話になりました。
土曜夜に受け取りました。
20年酷使して変形や汚れ、擦り切れ欠損等々ボロボロで、もう処分しかないと
あきらめておりましたが、御社にお願いでき、よみがえりました。
見事な復元で、丁寧なリニューアルリペア加工です。
ありがとうございました。
今後は詰め込みすぎに気をつけて、大切に使いたいと思います。

東京都 A 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
構造的には新品時より丈夫になっていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

ソミュールとガマグチ


ルイヴィトンのガマグチ財布とソミュールです。
どちらもバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


長年のご使用でヌメ革パーツは限界を超えています。

 

 

 

 


擦り切れて欠損したパーツも見られます。

 

 

 

 


ショルダーの付け根はソミュールでは傷みやすい部分。

 

 

 

 


刻印入りカシメ金具も錆びて変色して革は硬化しています。

 

 

 

 


モノグラムのガマグチ財布は折り曲げ部に擦り切れ欠損が見られます。

 

 

 

 


詰め込みすぎで変形型崩れも・・・・

 

 

 

 


内部材もスレスレです。

ソミュールも財布も最高品質時代の良い品だけに残念な状態です。

 

 

 

 

 


白くなった部分は表皮が剥がれて革の繊維が露出して毛羽立っています。

 

 

 

 


当然ながら合成皮革の内張りは劣化していますので本革で作成します。

 

 

 

 


小銭入れの中も傷みやすい部分です。

 

 

 

 


財布もソミュールもリニューアルリペア加工を施しますのでバラバラに解体。

 

 

 

 


ショルダーベルトは既に切れかけていましたが修理歴があります。

 

 

 


切れた部分を重ねて縫い合わせてある独特な修理です。

 

 

 

 


負担がかかる部分ですので強化しながら元の長さを維持するのが最低条件。
しかし、両側とも重ねて縫い合わせ20センチほど短くなっていますし、
強度アップもしていませんのでデメリットの方が多いように感じます。

 

 

 

 


錆び錆びで変色したバックルを部分的に磨いたところです。
手間が掛かる作業ですが5個とも磨き直します。

 

 

 


ガマグチ財布のリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


小銭入れの中も改善させて口金金具も再メッキしました。

 

 

 


折り曲げ部など各部の強化加工で強度アップさせながら変形も改善。

 

 

 

 

 


錆びていたホックも少し磨いておきました。

 

 

 

 


年代物で加工歴があったソミュールもリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


最高品質のヌメ革で作成交換していますので現行品より丈夫です。

 

 

 

 


バックル金具の錆びもなくなりパイピング革まで新品作成。

 

 

 

 


擦り切れ欠損が見られた中央ベルトも強化芯材を入れ込みながら作成。
刻印入りカシメ金具も再生加工して元通りです。

 

 

 

 


経年変化でショルダーベルトが縮んでも本体に悪影響が出ないように、
内側に隠れる部分は長さに少し余裕を持たせています。

 

 

 


長年、お疲れ様のヌメ革パーツは良く頑張りました。

 

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けることができませんが、
リニューアルリペア加工を施すことで各部が強化されて丈夫になっています。

どちらも一度は限界を超えるまで頑張ってくれた品ですので、
擦れや汚れなどは気にしないで活用されるのが良いと考えます。

強度や耐久性は新品時よりアップしていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索