スハリ ロックイット


ルイヴィトン スハリラインのバッグ(ロックイット)です。
本体と付属パーツは別の素材が使用された凝った構造のバッグですが、
白系の素材ですので全体に汚れや擦れが見られます。

 

 

 

 


全体に薄汚れがあり底角は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


こちらの素材は汚れだけでなく表面塗料が劣化した状態です。

 

 

 

 


劣化した塗料と汚れが混ざるような状態で汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


持ち手は、かなり残念な状態で擦れと汚れが重症です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手の付け根などを見ると塗料が劣化して溶けているような状態。
そこに汚れが付着していますので簡単には取り除けません。

 

 

 

 


付け根革の裏側は埃が付いただけに見えますが、
劣化した塗料と埃が混ざり合っていますので拭き取ることができない状態です。

 

 

 

 


ボールペン汚れも同様に。。。。

 

 

 

 


付属パーツも表面塗料が劣化しています。

 

 

 

 


裏面を見ると塗料が溶けているのがわかります。

劣化した塗料の上から塗装しても改善しませんしベタツキが発生します。
何より塗料と混ざり合った埃や汚れを取り除かなくては・・・・

 

 

 

 


汚れが交じり合った塗料を取り除いたところです。

 

 

 

 


付け根革も同様に。。。。

 

 

 

 


劣化した塗料は全て取り除き補修補色加工を施します。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手の汚れや色剥がれも改善しました。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


キーケースも復活。

 

 

 

 

 

 


底角も改善しました。

 

 

 

 


全体に汚れが染み込んだ底面も復活しています。

 

 

 

 


素材も色も違う2種類の革が使用されたバッグですので、
塗料も2種類必要になり手間は3倍です。
その上、塗料の劣化や汚れで通常の5倍以上の時間がかかりました。

持ち歩くのが困難なほど汚れや擦れが目立ちましたがスッキリです。
白系のバッグの汚れは避けられませんが、
良いバッグですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

イパネマの修理


ルイヴィトン ダミエのショルダーバッグ(Ipanema)です。

 

 

 

 

 


ショルダー付け根革が切れています。

「切り取り口」のような亀裂ができると出先で切れて使えなくなる事もあります。
負担が掛かる部分ですので亀裂が発生する前に強化しておくのが理想。

 

 

 

 


こちら側はご自身で縫ってしまったようです。

 

 

 

 


裏側から見ると完全に切れてしまったようです。

 

 

 

 

 


こちら側も裏側の方が亀裂が大きい。

 

 

 

 


内張りを解体して付け根革を取り外します。

 

 

 

 


機能的には問題ないのですが引手金具の再メッキ加工もご依頼いただきました。

 

 

 

 


元の素材を変更することなく強化しながら修復します。

 

 

 

 


再メッキ加工の完了。

 

 

 

 


強化芯材や本革を内側に入れ込んで復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。。

 

 

 

 

 


負担が掛かる部分ですので新品時よりも丈夫に仕上げています。

 

 

 

 


引手金具も本体に取り付け完了。
こちらも本金メッキで製品よりも高品質。

 

 

 

 


素人修理による損傷が残念でしたが全体的には丁寧に活用されています。

人気があったモデルですが、すでに廃盤モデルで買い替えできませんので、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

スピーディとグッチ財布


ルイヴィトンのミニボストン(スピィーディ)とグッチの二つ折り財布です。

 

 

 

 

 


使い込まれた様子のスピーディですが今回はファスナー引手革のご依頼です。

 

 

 

 


引手革を固定する刻印入りカシメ金具を再製して欠損した引手革を作成します。

 

 

 

 

 


手垢汚れが重症なグッチの財布です。

汚れを取り除いてもGG柄布地の擦れた繊維は元に戻ることはありませんが、
少しベタツキを感じる程の汚れですので布地のクリーニングを優先させます。

 

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部はテーピング革が擦り切れています。
GG柄の布地もよく見ると擦り切れて亀裂があります。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部もテーピング革が擦り切れて布地には亀裂が・・・・

 

 

 

 

 


内側を見ると使い方は丁寧。

 

 

 

 


角部も擦り切れ。

 

 

 

 


折り曲げ部付近にGG柄布地の擦り切れが数か所あり、
放置できない状態でしたのでバラバラに解体しました。

 

 

 

 


GG柄布地を裏側から見ると織糸が擦り切れて亀裂が多数。

折り曲げ部付近の布地が変色しているのは汚れだけでなく、
GG柄布地の白っぽい横糸だけが擦り切れて欠損しているからです。

大きく裂けてくる心配がありますので、
全体に強化芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 


少し厚みを増したヌメ革で引手革の作成交換の完了です。
スライダー金具も綺麗になり刻印入りカシメ金具も再製しています。

 

 

 

 

 


GG柄布地を全体的に強化しながら汚れを取り除きテーピング革の交換完了。

 

 

 

 


繊維の糸が擦り切れた部分はクリーニングで織が改善することはありませんが、
今回は全体的に強化芯材を入れ込んでいますので、
全体がシャキッとして強度も改善。

 

 

 

 


財布は予定外の加工で大がかりになりましたが、
丁寧に使用すれば、まだまだ活躍してくれる状態に復活です。

スピーディは多用する引手革は丈夫に復活していますが、
劣化した付け根革などに大きな負担を掛けないように使用するのが最善です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

キーポル強化加工


ルイヴィトンのボストンバッグ(キーポル50)です。

 

 

 

 

 


持ち手側も本体側も付け根は傷みやすい部分です。

 

 

 

 


ショルダーベルトを取り付けるマチの付け根革も負担が掛かる部分。

革の劣化や長年の使用で負担が掛かる付け根部は、そろそろ限界。
荷物が重くなるボストンバッグですので、すべての付け根革を強化します。

 

 

 

 


刻印入りカシメ金具を取り除いて付け革部を解体。

 

 

 

 


一枚革を折り返しただけの構造ですので素材が劣化すると強度不足です。

 

 

 

 


マチの付け根革も同様に。。。。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手の付け根も解体。

 

 

 

 

 


持ち手の付け根も革を折り返しただけの構造です。
青錆が見られるカシメ金具は再生加工を施して元通りに取り付けます。

 

 

 

 


予定外でしたがショルダーベルトの先端部も負担が掛かる部分ですので、
解体して強化します。

 

 

 

 


強化芯材や本革を内側に入れ込んで強化加工の完了です。

 

 

 

 


ショルダーベルトを取り付ける付け根革も強化完了。

 

 

 

 


ショルダーベルトも丈夫に。。。。

 

 

 

 

 


負担が掛かる付け根8か所を解体して強化加工しましたので、
重たい荷物でも安心して使用できます。

カシメ金具も再生して加工した部分のデザインや見た目に変化は見られませんが、
構造的には新品時より丈夫になっています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション
御担当者様

〇〇〇〇〇です。

この度は本当に、本当にお世話になりありがとうございました!

今日バッグを受け取りました。
ブログを拝見致しましてびっくりしました!
本当に解体したのかしらというくらい、全然わかりません。
ケリーはお願いしていた角スレは綺麗に、また背面も見た瞬間に、
あれっ、ここのキズがないっ!
とお見積もり以外のことまでして頂きましてありがとうございます。

キーポルは去年から急に劣化してしまい、
このまま革がヒビ割れていくのをただ見ているのしかないのかな…と
途方に暮れていた時にレザークリエーション様にご縁を頂きました!
帰ってきたバッグはヌメ革のヒビ割れが無くなっているし、
カシメ金具はピカピカに輝いているし、持ち手はツルツルだし、
蘇らせて頂いて感謝の言葉がありません。
ありがとうございました!
ショルダーも、あれっ、もしかしてきれいになってる?
と思いブログを見たら金具を外して補修してくださったのですね、
本当にありがとうございます!

今回お願いしたものはどれも80年代のもので、
約30年自分と一緒に時間を過ごしてきたものです。
これからも大事に、今までみたいにガンガンではなくいたわりながら使います。

おまけの素敵な〇〇〇〇〇〇もありがとうございました!
私の好きな配色で嬉しいです。

次回も是非お願いしたいものがありますので、
またご縁を頂けますようホームページをマメにチェック致します。
この度はありがとうございました!

埼玉県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
いずれのバッグも丁寧に活用すれば、まだまだ活躍してくれます。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

パロマピカソ


ルイヴィトン ダミエのネバーフルとパロマピカソのリュックです。

 

 

 

 

 

 


大容量のネバーフルは気軽に使えて重宝するバッグです。

 

 

 

 


内ファスナーポケットの中が劣化していますので解体して内布を作成します。

 

 

 

 


リュックは小傷や擦れだけでなく全体に色あせが見られます。

 

 

 

 


底角やパイピング革は表皮が剥がれて革の繊維が露出。

 

 

 

 

 


小傷や色あせだけでなく古い品ですので少し革も硬化しています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


口紐もスレスレですので取り外して加工します。

 

 

 

 


負担が掛かるショルダーベルトの付け根はホツレが見られます。

 

 

 

 

 


下側の付け根も同様に。。。。

 

 

 

 


反対側の付け根も同様に。。。。。

 

 

 

 


ポケットの解体。

 

 

 

 


内張りを作成して組み立て直します。

 

 

 

 

 


デザインや構造を変更することなく加工完了。

 

 

 

 


丈夫な内張りでポケット部の強度もアップ。

 

 

 

 

 


小傷や色あせが目立ったパロマピカソのリックも黒さが復活です。

 

 

 

 


内張りを解体してショルダー付け根4か所も縫い直しています。

 

 

 

 


便利に使えるバッグは使用頻度が増えて傷みやすくなりますが、
しまい込むよりは愛着が増しますしバッグも喜びます。

丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

お世話になります。

昨日、受け取りました。

縫い目もとても自然で修理したとは思えない仕上がりです。

特に、パロマピカソのリュックはピカピカに仕上がっており、
何年も使えなかったのにまた使える事がとても嬉しいです。

両方とも、また年月を重ねながら、好きな物をずっと長く
使える喜びを感じていきたいと思います。
そして、時期が来たら子供に渡してあげたいです。

本当にありがとうございま した。
『お気持ち』もありがとうございました。
とても可愛らしく、ほっこり致しました(笑)

またバッグ等の修理の時は是非お願い致します。
貴方にお願いして本当に良かったです。
ありがとうございました。

石川県 G 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けられませんが、
丁寧に取り扱うことで良い状態を保ちやすくなります。
大切に長くご愛用ください。

ダミエ二つ折り財布


2008年製造のルイヴィトンのダミエ二つ折り財布です。

 

 

 

 

 


すでに10年が経過した財布ですが現行品質の財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部にはダミエ地の欠損やホツレが見られコバ塗料も剥がれています。

 

 

 

 


部材が剥がれたままで使用を続けるとダミエ地に亀裂が発生します。

 

 

 

 

 


反対側もホツレやコバ塗料の剥がれ見られダミエ地に亀裂が発生しています。

亀裂や欠損した部分が新品に戻ることはありませんが、
放置すれば悪化するだけですので解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


外周はダミエ地は剥がれていますのでコバ面の仕上げ直しが必要。

 

 

 

 


両側の折り曲げ部の強化加工とコバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


二つ折り財布は折り曲げ部と外周のコバ面を良い状態に保つのが難しいです。
それだけに早めのメンテナンスを施して良い状態を保つのが最善。

強化した折り曲げ部は新品時より丈夫な構造になりましたが、
現行品はデリケートですので丁寧に取り扱いながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

この度は、誠にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
素晴らしい技術に驚きです。
息子に引き継ぎたいと思っています。

鹿児島県 B 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
強化した折り曲げ部は丈夫になっていますので、
丁寧に活用すれば、まだまだ活躍してくれます。
大切に長くご愛用ください。