LVジッピー修理


モノグラムとダミエのジッピーウォレットです。

現行品品質の財布ですので歪みや変形も見られますが、
便利に使える機能的な財布です。

 

 

 


ファスナー布地に擦り切れがありますので交換します。

 

 

 

 


波うちや変形もあり外面は全体的に強化することを希望されています。

 

 

 

 


ダミエ財布も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部には擦り切れ欠損があり縫い直すことも出来ない状態です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


どちらの財布も同じ加工を施しますのでバラバラに解体。

 

 

 

 


外面全体を強化する前に組み立て直せる状態にすることが先決です。

 

 

 

 


ダミエ地やモノグラム地だけでも20年前のものに戻してほしいのが、
ヴィトンファンの願いですが現実的には難しいようです。

 

 

 

 


ダミエよりは軽傷ですがモノグラムにも欠損が見られます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


ファスナーは高品質なもので交換完了。

 

 

 

 


波うち変形も改善しています。

 

 

 

 


ダミエ財布も縫製できる状態に復活させて高品質なファスナーで交換。

 

 

 

 


財布を変形させるほど詰め込んでしまうことを避ければ、
安心して長く活用できる状態に復活させています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴィトン名刺入れ


ルイヴィトン モノグラムの名刺入れです。

 

 

 

 


2000年1月にスペインの工房で作製された品ですので、
20年近く経過していますが丁寧に活用されている印象です。

 

 

 

 


マチ部材が大きく裂けていますので使用不可能な状態です。

 

 

 

 


とても薄い革を張り合わせたマチ部材は欠損が見られます。

 

 

 

 


とりあえずは解体してマチ部材を取り外しましたが、
反対側のマチと比較するとペラペラで厚みがありません。

 

 

 

 


厚みを計測すると0.5㎜しかありませんので0.25㎜の革を張り合わせた構造です。

 

 

 

 


厚みを増した革で丈夫に作成交換しました。

 

 

 

 


財布など小物類では部材の厚みに個体差があります。
購入される際には部材の厚みを比較して選ぶと丈夫な品を選択しやすいです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴィトン長財布


1995年に製造されたルイヴィトンの長財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部は糸が擦り切れて口が空いています。

24年前の古い品ですが最高品質時代の財布ですので、
リニューアルリペア加工などで各部を強化しておくのが理想ですが、
今回はホツレを縫い直してコバ面を仕上げなおします。

 

 

 


底の折り曲げ部も糸が擦り切れています。

 

 

 

 


革も良い素材が使用されていますがマチの擦れが目立ちますので改善させます。

 

 

 

 


反対側のマチも擦れて表皮が無くなっています。

 

 

 

 


補修補色加工で改善。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。
外周のコバ面やホツレも修理完了です。

 

 

 

 


今回はホツレ部を縫い直してコバやマチの擦れ部の美観を整えた加工ですので、
耐久性や構造は製造から24年が経過した古い財布のままです。

二度と新品購入できない品質の良い財布ですので、
出来る限り良い状態を保ちながらご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

本日、午前中に財布届きました。
綺麗に仕上げていただき嬉しいです!
そして、お心遣いまで頂きありがとうございす!
大切に使わせて頂きます。

広島県 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い時代に作成された財布ですので、
大切に長くご愛用ください。

ダミエ財布の欠損


両面にカブセのあるダミエのコンパクト財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部はダミエ地が欠損していて縫い直すこともできません。

修理する部分が擦り切れて無くなっていますので基本的には手遅れ状態です。
しかし、再び活用いただけるように強化しながら修復します。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 

 


折り曲げ部は多くの部材が重なり合っていますので縫製が困難です。
欠損や変形があると新品を縫製すようなスピードで組み立て直せません。

 

 

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部は使用していると縫製糸が擦れてホツレが発生したり、
コバ塗料が剥がれたりしてきます。
その程度の損傷でメンテナンスするのがベストなタイミングで、
良い状態を保ちやすくなります。

メンテナンスせずに使い続けると次は部材の接着が剥がれて口が空きます。
口が空いても放置したまま使用していると欠損や亀裂が発生します。
それでも放置したまま使い続けると、
縮み変形が発生して内部材が外面より飛び出したようになります。
サイズが違う状態のものを元通りに縫製することはできなくなります。

メンテナンスは早い方が改善度合いも高くなり良い状態を保てますが、
今回は最終段階まで悪化した状態の折り曲げ部です。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部にも欠損が見られます。
加工の御提案はしましたが今回はコバ仕上げだけを施します。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


本体の折り曲げ部は大きく開いて強化芯材を入れ込み縫製できるようにします。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


内部材とサイズが合わなくなっていますので強化した後の組み立てが至難です。

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工と外周コバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 

 


縫製できる状態になり再び活用いただけます。

 

 

 

 


一度は手遅れ状態になるまで活躍してくれた財布ですので、
今後は丁寧に取り扱いながら一日でも長く活用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

モノグラム長財布


最高品質時代に作成されたルイヴィトンの長財布です。

 

 

 

 


コバ面の剥がれや内部材には擦れが見られます。

 

 

 

 


可動する折り曲げ部は傷みやすい部分です。

 

 

 

 


年代物ですので内張りの合成皮革は劣化しています。

 

 

 

 


カブセ裏はファスナーの引手金具が擦れるので損傷が避けられない部分です。

 

 

 

 


小銭入れの中も金属のコインを入れるので傷んでしまう部分です。

 

 

 

 


ポケットの中も引っかき傷や擦れが多数見られます。

 

 

 

 


擦れや汚れは使用すれば避けられない損傷ですので、
重要視する必要はありませんが構造面はしっかりさせて、
長く愛用していただきたい財布です。

 

 

 

 

 

 


ポケット部を解体すると劣化した合成皮革が年代を感じさせます。
ベタツキ劣化しないように本革で作成交換します。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の御依頼を頂戴しましたのでバラバラ。

 

 

 

 


マチ部材も裏面と表面を剥がして強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


あまりに薄かったので厚みを測定すると0.3㎜の厚みでした。
ペラペラの革でも20年以上もつ革が使用されていたことになります。

 

 

 


リニューアルリペア加工ですので小銭入れの中も綺麗にします。

 

 

 

 


カブセ裏や小銭入れの中の汚れを取り除くと表皮の剥がれ具合が鮮明です。

 

 

 


各部を強化しながら美観も整えリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


ポケットの引っかき傷や小銭入れの中も改善。
使用すれば、すぐに傷む部分ですがとりあえずはスッキリです。

 

 

 

 


擦れや汚れの美観の改善よりも各部の強化加工や本革仕様の内張りが、
長く愛用いただくうえでは有効な加工です。

構造的には新品時より丈夫になっていますので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

こんにちはたった今届きました!
30年前のモノグラムの風合いを残しながら
綺麗になって帰ってきました♪
カード入れを見て笑ってしまいます
時代を感じますね 笑
レザークリエーションさんにお願いして
大正解でした♪
息を吹き返したモノグラムのお財布これからも
大切に使用していきたいと思います
ありがとうございました。

P S

職人技のお気持ち
ありがとうございました♪♪

大阪府 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使用すれば擦れや汚れは避けようがありませんが、
構造的には新品時より丈夫に仕上げていますので、
出来る限り良い状態を保ちながらご愛用ください。

タイガ財布の修理


2001年9月製造され18年以上が経過したルイヴィトン タイガ二つ折り財布です。

 

 

 

 


良い素材が使用されていたころの財布ですが長年のご使用で傷んでいます。
折り曲げ部には擦り切れヤブレがあり穴が空いています。

 

 

 

 


内部材には表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 

 


各部に損傷が見られますのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 

 


小銭入れのカブセを開くと擦れ具合が鮮明です。
カブセを開くたびに指先が擦れるので避けようがない損傷です。

 

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 

 


折り曲げ部だけでなく角部も擦り切れて穴が空いています。

 

 

 

 


折り曲げ部も解体すると穴の大きさがわかります。

 

 

 

 


内張りも剥がして強化芯材を入れ込みながら穴を塞ぎます。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工ですのでマチ部材も解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


少しやりすぎかもしれませんが小銭入れのカブセも強化します。

 

 

 

 


汚れを取り除くと外周などの擦れ具合が鮮明に。。。。

 

 

 

 


本体の外周も同様に。。。。
擦れて表皮が無くなった部分を整えたあと補色加工して組み立て直します。

 

 

 

 


擦れや汚れが目立たなくリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部など各部も強化されて丈夫になりました。

 

 

 

 


内張りの合成皮革素材は本革で作成交換していますので、
丁寧に使用すれば安心して長く活用できます。

財布の擦れや汚れは避けられない損傷ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長く愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索