スハリ ロックイット


ルイヴィトン スハリラインのバッグ(ロックイット)です。
本体と付属パーツは別の素材が使用された凝った構造のバッグですが、
白系の素材ですので全体に汚れや擦れが見られます。

 

 

 

 


全体に薄汚れがあり底角は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


こちらの素材は汚れだけでなく表面塗料が劣化した状態です。

 

 

 

 


劣化した塗料と汚れが混ざるような状態で汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


持ち手は、かなり残念な状態で擦れと汚れが重症です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手の付け根などを見ると塗料が劣化して溶けているような状態。
そこに汚れが付着していますので簡単には取り除けません。

 

 

 

 


付け根革の裏側は埃が付いただけに見えますが、
劣化した塗料と埃が混ざり合っていますので拭き取ることができない状態です。

 

 

 

 


ボールペン汚れも同様に。。。。

 

 

 

 


付属パーツも表面塗料が劣化しています。

 

 

 

 


裏面を見ると塗料が溶けているのがわかります。

劣化した塗料の上から塗装しても改善しませんしベタツキが発生します。
何より塗料と混ざり合った埃や汚れを取り除かなくては・・・・

 

 

 

 


汚れが交じり合った塗料を取り除いたところです。

 

 

 

 


付け根革も同様に。。。。

 

 

 

 


劣化した塗料は全て取り除き補修補色加工を施します。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手の汚れや色剥がれも改善しました。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


キーケースも復活。

 

 

 

 

 

 


底角も改善しました。

 

 

 

 


全体に汚れが染み込んだ底面も復活しています。

 

 

 

 


素材も色も違う2種類の革が使用されたバッグですので、
塗料も2種類必要になり手間は3倍です。
その上、塗料の劣化や汚れで通常の5倍以上の時間がかかりました。

持ち歩くのが困難なほど汚れや擦れが目立ちましたがスッキリです。
白系のバッグの汚れは避けられませんが、
良いバッグですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

財布のレストア


変形や擦り切れヤブレなどが見られ疲れた様子の財布です。

高級ブランド財布ではありませんが、お母様からのプレゼントで、
引き続き活用したいとのことでリニューアルリペア加工のご依頼です。

 

 

 

 


カブセは太い紐で縫製されていますが紐も革も擦り切れています。

 

 

 

 


折り曲げ部は当然ながら擦り切れて欠損。

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部は変形も激しい。

 

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部は縫い直すことも不可能で基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


底角もグニャグニャ。

 

 

 

 


長年の使用で折り曲げ部は鋭角に折り曲がりヨレヨレです。

 

 

 

 


内部材も擦れや汚れが全体に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部の内部材も擦り切れて破れていますし、
小銭入れのマチ部材も擦り切れて革が欠損して芯材が露出しています。

 

 

 

 


小銭入れのマチの内張りなど布地は擦り切れて破れています。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工ですのでバラバラに解体。
とても丈夫な良い財布ですがメンテナンスのタイミングが遅すぎます。

 

 

 

 


各部に擦り切れヤブレが見られます。

 

 

 

 


外周のヘリ返し部は切れてしまっています。
黒革に見えていましたがカブセに隠れる部分を見ると濃茶革のようです。

 

 

 

 

 


各部を強化しながら欠損部は部分的に再生して組み立て直します。

 

 

 

 

 


この画像を見ても、どこのパーツかわからないと思いますが、
小銭入れの内部材を開いて裏側から見たところです。

ボール紙の芯材もふやけたようにボロボロですので芯材交換します。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。
小銭入れの内部材は芯材交換だけでなく汚れも改善させています。

 

 

 

 


マチの擦り切れヤブレもなくなりました。

 

 

 

 

 


反対側のマチも同様に。。。。

 

 

 

 

 


外周の擦り切れヤブレも改善して鋭角に折れ曲がっていた折り曲げ部も
強化しながら復活させています。

 

 

 

 


グニャグニャに変形して革が欠損していた部分も丈夫に復元しています。

 

 

 

 

 


各部に損傷が見られ疲れ果てた様子の財布でしたが丈夫に復活です。

消耗パーツであるファスナーやホックの新品交換や内布の全交換など、
書ききれない加工も多数あり丁寧に活用すれば長く愛用いただける状態です。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

WHCガマグチ財布


口金金具が付いたホワイトハウスコックスの財布です。
廃盤モデルで珍しい品ですが長年の使用で大きく変形しています。

 

 

 

 

 


後面はグニャグニャです。

 

 

 

 

 


引っかき傷も全体に・・・・

 

 

 

 

 


がま口は便利なんですが・・・・

 

 

 

 


底面が裂けていて小銭は入れられません。

 

 

 

 

 


内部材にも変形が見られますが丁寧に使用されていた印象です。

 

 

 

 


札入れの内張りは擦り切れて穴が空いています。

 

 

 

 

 


こちらの面も同様に。。。。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は革が擦り切れて穴が空き欠損しています。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


角部も擦り切れて革が無くなっています。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工のご依頼ですのでバラバラに。。。。

 

 

 

 

 


手垢でカモフラージュされていましたが汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明に。。。。

 

 

 

 

 


ベロ革もスレスレ。
傷みやすい部分ですので強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工とは別の加工ですが、
腐食が見られた口金金具を再メッキ加工でピカピカに復活させました。

 

 

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 

 


破れた内布や傷んだ芯材は作成交換しながら各部を強化しています。

 

 

 

 


小銭入れの内張りは本革で作成。

 

 

 

 

 


角部や折り曲げ部の擦り切れヤブレも強化しながら復活させています。

ヨレヨレ感がなくなり丈夫になったので固く感じますが、
使い込みながら少しずつ馴染ませて大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

セリーヌのベタツキ


セリーヌの小さいショルダーバッグです。

 

 

 

 

 


長財布などは入れることができないコンパクトなバッグですが、
ファスナーポケットや間仕切りで使いやすそうです。

 

 

 

 

 

 


全体に多数の引っかき傷や色あせが見られます。

 

 

 

 


後面も全体に傷があり色あせています。

 

 

 

 


カブセは色あせて黒味が半減しています。

画像では傷や色あせしか伝わりませんが実は全体にベタツキがあり、
使用することを躊躇するほどベタベタしています。

 

 

 

 

 


中折れで擦れることが少ない底やマチ部材も引っかき傷が多数あります。

キズや色あせも改善させたいところですが革に染み込んだベタツキを
取り除かなければ補修や補色ができません。

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

これが現状の表皮で、スレスレの革は湿気や汚れを吸い込みやすくなります。
表皮が擦れて吸い込みやすくなった革にグロスのようなワックスを塗り込み、
革に染み込ませたことで全体にベタベタしているようです。

かなり除去しましたが、まだ少しベタベタしています。
完全に取り除かなければ塗料が密着しないので補色できません。

 

 

 

 

 


ショルダーベルトもバックル金具に固定する部分は擦り切れが見られます。

 

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。
ショルダーベルトも色あせがありますので汚れを取り除いて補色します。

 

 

 

 


引っかき傷が多数見られた中折れの底マチも改善して、
クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


マチも同様に。。。。

 

 

 

 


予定外ですがカブセ裏も補色しておきました。

 

 

 

 


スレスレだった部分も改善。

 

 

 

 


ショルダーベルトも補修して補色しています。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 

 


全体に傷や色あせが見られた後面も改善しました。

 

 

 

 


全体に見られた傷や色あせを改善させるために、
革に染み込んだベタツキを除去する必要があり悪戦苦闘しましたが、
ベタベタは完全に消えて躊躇なく使用いただける状態です。

高品質な素材で丁寧に作成された良いバッグですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルとセリーヌ色あせ


セリーヌのラゲージ ナノとシャネルのバッグです。

 

 

 

 

 


大きなシャネルのバッグは内側も本革でマトラッセ加工されています。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな革ですので何かに引っかかると裂けて破れてしまいます。
このままでは重症化する心配がありますので内側から補強して破れ穴を塞ぎます。

 

 

 

 


大きなバッグですので底角はスレスレ。

 

 

 

 


底角4か所は表皮が毛羽立っています。

 

 

 

 


底面も擦れが多数みられます。

 

 

 

 


同様に。。。。。

 

 

 

 


縫い合わせ部も表皮が剥がれています。

 

 

 

 

 


この辺りも同様にスレスレで表皮が剥がれて毛羽立っています。

柔らかくデリケートな革ですので各部に擦れが見られます。
部分的な擦れだけでなく全体に色あせもありますので、
破れ部を補強して塞いだあと補修補色加工を施します。

 

 

 

 


セリーヌのラゲージも各部に表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


天部の内側もスレスレですので・・・・

 

 

 

 


出っ張ったパーツは擦れやすく・・・・

 

 

 

 


擦れを避けることはできません。

 

 

 

 


シャネルの汚れを取り除いてみると持ち手は擦れ具合が鮮明に。
擦れ部を整えて補修したあと外面全体を補色します。

 

 

 

 


全体に色あせも見られた外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 

 


裂けていた部分は内側から補強してヤブレ穴を塞ぎました。

 

 

 

 


スレスレだった底角も改善。

 

 

 

 


縫い合わせ部も同様に。。。。

 

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


全体に擦れが見られたラゲージも改善しました。

 

 

 

 


持ち手付け根も改善しています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


底角も復活。

 

 

 

 


どちらもコーティング加工して汚れが染み込むことを抑えていますが、
柔らかくデリケートな革のシャネルも出っ張りが多いラゲージも擦れに弱く、
良い状態を保つには丁寧に取り扱うしかありません。

丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルのメッキ


大きいサイズのシャネルのチェーンショルダーバッグ(マトラッセ)です。

 

 

 

 

 


底角など各部に擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


カブセの付け根や底角は表皮が剥がれて革の繊維が露出して毛羽立っています。

 

 

 

 


カブセの外周も同様に。。。。

 

 

 

 

 


体側で擦れてしまう後面ポケットは表皮が擦れた部分に汚れが染み込んでいます。
マトラッセのステッチで凹んだ部分は擦れないのでステッチ周りはだけが綺麗。

 

 

 

 


カブセの裏面は全体にカビの様な薄いシミが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


チェーンショルダーの中革も擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


金具類は変色。

 

 

 

 


このバッグは通常のメッキではなくシルバーアクセサリーのような仕上げです。

 

 

 

 


金具類の再メッキ加工と内側も含めた全体のクリーニングと補修補色加工を
施します。

 

 

 

 


解体して汚れを取り除くことからスタートです。

 

 

 

 


チェーンも含めてピカピカしたニッケルメッキではなくシルバーのような仕上げで、
特殊なメッキ加工が必要です。

 

 

 

 


シルバーアクセサリーのような特殊メッキ加工で新品時のように復活。

 

 

 

 


カブセの裏側のカビのようなシミも綺麗になりました。

 

 

 

 


カブセ外周の擦れも改善して金具の変色が改善するとスッキリ。

 

 

 

 


底角などは繊維の毛羽立ちを整える補修加工を施してから補色しています。

 

 

 

 


カブセの付け根も同様に。。。。

 

 

 

 


中革やカブセの外周も同様に。。。。

 

 

 

 

 


ステッチ部分だけが綺麗に見えていた後ポケットもスッキリ。

 

 

 

 


内張りにも汚れが多数見られましたが改善させています。

 

 

 

 


擦れに弱いデリケートな革ですし、汚れが目立つ革色ですので、
綺麗な状態を保ち続けるのが難しいバッグです。

良い状態を保つためには丁寧な取り扱いしかありませんが、
コーティング加工も施してありますので汚れや湿気が革に染み込んでしまうことは、
抑えられていて扱いやすくなっています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索