グラフィット財布修理


ルイヴィトン ダミエグラフィットの長財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部はボロボロで大きく擦り切れて欠損しています。
ダミエ地が無くなっていますので縫い直すことも不可能です。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も大きく欠損しています。

糸がほつれて口が空いても放置したまま使用すると変形や欠損が発生して、
手遅れ状態になってしまいます。

 

 

 

 


角部も口が空いて欠損が見られます。

 

 

 

 


製造販売している直営店でも断られてしまう手遅れ状態の財布ですので、
新品に戻ることはありませんが復元強化加工で活用できる状態に復活させます。

 

 

 

 


外周のコバ面も仕上げなおして折り曲げ部の復元強化加工の完了です。
強化心材を入れて強度アップさせながら縫製できる状態に復活させました。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も復活させておきました。

 

 

 

 


使用不可能な状態でしたが引き続き活用いただける状態に修復しました。

一度は手遅れ状態にまで悪化させた財布ですので労わりながら活用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

LVの内張り劣化


ルイヴィトンの小物類です。

 

 

 

 


内張りの合成皮革素材は全品とも劣化しています。

 

 

 

 


劣化した合成皮革のベタツキは対面の革に色移りしています。

 

 

 

 

 


構造的に避けられない部分ですが角部の折れ曲がりも気になるとのこと。。。

 

 

 

 


反対側の角も同様に。。。。

 

 

 

 


タイガの名刺入れは折り曲げ部が擦り切れて穴が空き、
全体に擦れや色褪せも見られます。

 

 

 

 


エピの小銭入れも同様に擦れや汚れが見れれます。

 

 

 

 

 


エピのガマグチ財布をバラバラに解体。

 

 

 

 


対面の革への損傷を避けるためには早めのメンテナンスが効果的。

 

 

 

 

 


エピの小銭入れもバラバラ。
内張りの張替交換は大きく解体する必要があり大掛かりです。

 

 

 

 


同じように対面の革には劣化した合成皮革が色移りしています。

 

 

 

 


エピの小銭入れも折り曲げ部は擦り切れて穴が空いています。
こちらも穴が空く前に強化しておくのが最善です。

 

 

 

 


カブセの付け根も同様に。。。。

 

 

 

 


タイガ名刺入れもバラバラ。
小さな品ですが解体すると多くのパーツで構成されていることがわかります。

 

 

 

 


タイガ名刺入れも同じように折り曲げ部は穴が空いています。

 

 

 

 

 


予定外ですが角部も穴が空いていますので加工が必要。

 

 

 

 


反対側の角も同様に。。。。

 

 

 

 


汚れを取り除くと後ポケットの天部の擦れも鮮明に。。。。

 

 

 

 


ペンケースも内張りを解体。

 

 

 

 


手帳カバーも同様に。。。。

 

 

 

 

 

 


エピの小銭入れとタイガの名刺入れは多数の擦り切れ穴を塞ぎながら強化して、
外面の擦れや汚れを改善させながら合成皮革の色移りも除去して、
本革で内張りを作成交換しました。

 

 

 

 


どちらも擦り切れ穴が塞がり強化されています。

 

 

 

 


ガマグチ財布の角部の折れ曲がりも改善。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。
両側の折り曲げ部も強化しています。

 

 

 

 


ペンケースの内張りも本革仕様で復活しましたのでベタツキ劣化の心配は、
なくなりました。

角部4か所の擦れも少し補色しておきました。

 

 

 

 


同時にお預かりしていたバッグもマチが飛び出さないように加工。

 

 

 

 


どれも大きく解体が必要な加工でしたが色移り部も改善して、
擦り切れ穴や折り曲げ部は強化されていますので引き続き活用いただけます。

使用すれば擦れや汚れは避けられない小物類ですが、
内張りのベタツキ劣化の心配が無くなりましたので安心です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 様

依頼の品、全て 届きました。
内張りの劣化でベタつきがあり、10年以上 捨てれずに しまっておりました。
他の修理会社に 一度 見積もり依頼をしたのですが、
布地での張り替えとの事で 見送りました。
その後、貴社のブログを知り ここしかないと思い お願い致しました。
どれも素晴らしい仕上がりです。
ブログで修理過程も拝見し、さらに これからも大切に使っていこうと思いました。
バックのマチ開きに対しての、スナップでの対応も 、とても満足です。
本当に有り難うございました。

神奈川県 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
ベタツキ劣化の心配がある合成皮革から本革になったことで、
安心して活用いただけるようになりました。
バッグの中でも擦れてしまう小物類は
工夫しながら出来る限り良い状態を保ち大切に長くご愛用ください。

グッチの底角ヤブレ


グッチの財布とバッグです。

 

 

 

 


革パーツの擦れ具合から使い込まれていることがわかります。

 

 

 

 


本体はキャンバス布地ですが底角は擦り切れて芯材が見えています。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

今回は底角部に革パーツを取り付けながら修復する修理を承りました。

 

 

 


財布も革パーツの擦れから使い込まれている様子です。

 

 

 

 


多くの埃が溜まっています。

 

 

 

 


内部材にも擦れは見られます。

 

 

 

 


今回は亀裂や欠損が見られる折り曲げ部の修理のご依頼です。

 

 

 

 


大きな亀裂や擦り切れて無くなった部分が新品に戻ることはなく、
もう少し早い段階でメンテナンスするのが理想です。

 

 

 

 


折り曲げ部のように動かない部分ですので活用に問題ありませんが、
角部にも欠損が見られます。

 

 

 

 


内張りを解体して底角を開いたところです。

 

 

 

 


財布も折り曲げ部を解体して強化心材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


欠損や亀裂が元に戻ることはありませんが強化することで、
亀裂や欠損が悪化することを抑えながら耐久性がアップします。

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


財布では一番傷みやすい折り曲げ部が丈夫になることで、
引き続き活躍してくれます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


底角に革パーツを取り付け底角の穴開きを塞ぎました。
革パーツの追加で高級感も増しています。

 

 

 

 


使用すれば底角の擦れは避けようがありませんが、
革パーツは何度でも取り換え可能ですので安心して活用できます。

 

 

 

 


バッグは底角が傷みやすく、財布は折り曲げ部が傷みやすいですが、
どちらも引き続き活用いただける状態に復活しましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション殿

バッグと財布を受け取りました。
しっかりとリペアーしていただきありがとうございました。
ブログを楽しみにしています。

これからも長く大切に使っていきたいと思います。

 

岐阜県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使いづらい状態のバッグと財布でしたが、
引き続き活用いただける状態に復活しましたので
大切に長くご愛用ください。

ボッテガの擦れ


ボッテガべネタのバッグ2点とシャネルのキーケースです。

 

 

 

 


角部や折り曲げ部など擦れやすい外周には表皮の剥がれが見られます。

 

 

 

 


外周は全体的に擦れていますが折り曲げ部は革の繊維が露出した状態です。

 

 

 

 


ホルダー金具も金具がすり減ってフックが抜けた状態です。
フックを付け直しても長くはもちませんので代用金具にて交換します。

 

 

 

 


ボッテガは擦れが見られ革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手は全体的にスレスレです。

 

 

 

 


ファスナーの開閉で擦れてしまう天部も同様に。。。。

 

 

 

 


内部材の革と比較すると全体に色褪せて変色していることが鮮明です。

 

 

 

 


メッシュ革が切れている部分もありますので補修します。

 

 

 

 


こちらのバッグも擦れや色褪せは同様に。。。。

 

 

 

 


擦れやすい持ち手は本体よりも白く色褪せています。

 

 

 

 


厚みが増す部分は擦れやすくなりますので色褪せが避けられません。

 

 

 

 

 


ファスナーの引手革も取り外して補色します。

 

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明に。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


手垢などが染み込んでいた持ち手も汚れを取り除きました。

表皮が剥がれた部分は塗料を吸い込んでしまい補色できませんので、
表皮を整える補修加工のあと染め直します。

 

 

 

 


ホルダー金具の交換完了です。
内側の擦れや汚れも少し改善させておきました。

 

 

 

 


擦れや汚れも目立たなくなり再び活用いただけます。

 

 

 

 

 


ボッテガの底角の擦れや全体の色褪せも改善。

 

 

 

 


天部や引手革も同様に。。。。

 

 

 

 


スレスレだった持ち手も本体と同色に復活。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


擦れや汚れだけでなく変色するほど色褪せていましたが、
内側の革パーツに近い色に復元しています。

 

 

 

 


持ち手も同様に。。。

擦れや汚れの上から塗装してしまう修理店もありますが、
擦れや汚れを隠すためには塗料の厚塗りが必要になり、
バッグの外面は革ではなく塗料になってしまいます。
革素材のためにも汚れを取り除いて擦れ部を整える下準備はとても重要です。

 

 

 

 

 


天部や引手革も綺麗になりました。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな革のボッテガべネタは擦れに弱く、
汚れや色褪せは避けることはできません。

出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら丁寧に活用するのが、
良い状態をキープする最善策です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション 様

バッグ受け取りました。
バッグの仕上がりもすばらしかったのですが、
キーケースの仕上がりにはビックリいたしました。
新品のような仕上がりですぐに使いはじめました。

お願いして本当に良かったです。 
ありがとうございました。

寒さ厳しき折ご自愛下さいませ。

千葉県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

オールドディオール


年代物のクリスチャンディオールのショルダーバッグです。

 

 

 

 


解体しなければわかりませんが芯材の劣化で変形しているように見えます。

 

 

 

 


擦れも各部に。。。。

 

 

 

 


ショルダーベルトは劣化が進んでいます。
芯材を入れていない構造ですので長くはもたない状態です。

 

 

 


金具で挟み込む構造のショルダーベルトです。

 

 

 

 


シンプルな構造ですが内張りも本革が使用されていたころの品です。

 

 

 

 


ファスナーは大きく裂けています。
ビニールコイルのファスナーですが金属エレメントの高品質ファスナーで交換します。

 

 

 

 


最高品質のファスナーに交換しましたので高級感がアップしました。

 

 

 

 


金具のメッキや擦れ部の補修補色加工は見送られましたが、
ご自身が使いやすいショルダーベルトの長さになったことで、
使いやすくなると思われます。

ヨレヨレだったショルダーベルトには芯材を入れ込んで作成していますので、
少しずつ馴染ませながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 様

本日、無事にバックが届きました。
この度は ありがとうございました!
両親が新婚旅行で購入した30年以上前のバックを
母から譲り受けて 沢山使い込んでいたのですが  
とても綺麗に仕上がっていて 驚きました。
ボロボロで 一番気になっていたショルダー部分は
元々の革よりしっかりした物になっており
これからまた長く愛用できそうです。

また機会がありましたら 宜しくお願いいたします。

千葉県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
元々は芯材を入れていない構造のショルダーベルトでしたが、
ご希望のように少し長くしたので耐久性を上げるために強化心材を入れ込んで、
丈夫に作成いたしました。
大切に長くご愛用ください。

ティヴォリの修理


グッチのミニボストンとルイヴィトンのティヴォリPMです。

 

 

 

 


切れていませんが負担がかかる付け根革は強度不足です。
4か所とも解体して丈夫に強化します。

 

 

 

 


底角はパイピングが擦れて表皮が剥がれています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


天部は薄い革とボール紙を張り合わせた構造です。
スレスレですのでコバ面を補色します。

 

 

 

 


グッチのミニボストンは全体に色褪せて表皮が剥がれた擦れも各部に。。。

 

 

 

 


底角はガサガサ。。。

 

 

 

 


表皮が剥がれた状態のまま放置すると劣化が早まりますので、
もう少し早めのメンテナンスが理想です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


表皮が無くなった部分は塗料を吸い込んでしま補色できませんので、
補色できる状態に整える必要があります。

 

 

 

 


芯材が抜けている部分も見られます。

 

 

 

 


持ち手のコバ面は表現が難しい状態です。
手垢や汗や皮脂などで持ち手は傷みやすいのですが・・・・

 

 

 

 


芯材が抜けている部分は少し改善させます。

 

 

 

 

 


付け根革を解体して持ち手を取り外したところです。
付け根革の裏側を見ると新品時は白い革だったことがわかります。

 

 

 

 


再利用不可能な刻印入りカシメ金具ですが再生加工して取り付けます。

 

 

 

 


底角の擦れ部に染み込んだ汚れを取り除いたところです。

新品時は白かったヌメ革は日焼けなどで飴色に変色していますので、
塗装はされていない素のままの表皮です。

しかし、表皮が擦れて無くなっていますので色焼けすることはなく、
このままでは白く目立ってしまいます。

邪道かもしれませんがヌメ革を補色して底角の擦れを目立たなくします。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


付け根革の強化だけでなく付け根革を縫い付ける本体側も強化して縫製します。

 

 

 

 


グッチのミニボストンも汚れを取り除いてみました。
擦れ部を整えたあと補色します。

 

 

 

 


付け根革4か所の強化加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手のコバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 


天部のコバ面も同様に。。。。

 

 

 

 


スレスレだったパイピングも補修補色加工で違和感なく擦れが目立たなくなり、
これで革の劣化スピードも遅らせことができます。

 

 

 

 


付け根革も縫い付け部も新品時より丈夫になりカシメ金具も元通りです。

 

 

 

 


色褪せや擦れや汚れが見られたグッチのミニボストンも改善しました。

 

 

 

 


ボロボロだったコバ面も復活です。

 

 

 

 


表皮を整え直すことで素材劣化を抑える効果があり、
見た目を改善させることより重要かもしれません。

しかし、使用すれば底角などの擦れや汚れは避けることができませんので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 様

こんばんは。
本日、修理をお願いしておりましたバッグ2点を
受け取りました。

修理をお願いするのは今回で2回目なのですが、
前回同様に丁寧な修理をしていただき
ありがとうございました。

他にも修理やメンテナンスをお願いしたいものがありますので、
次回の受付を心待ちにしております!

ありがとうございました。

神奈川県 F 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
擦れや色褪せは避けられないものですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。