モノグラム財布


ルイヴィトンのガマグチ財布(M61663)です。

 

 

 

 

 


折り曲げ部はホツレやコバ塗料の剥がれを放置したまま使用していたため、
モノグラム地が欠損しています。

 

 

 

 


口が空いたまま使用するとモノグラム地が縮んでしまい、
損傷が重傷化します。

 

 

 

 


内部材にも擦れが見られます。

 

 

 

 


口金金具も破損していて使用不可能。

 

 

 

 


今回リニューアルリペア加工のご依頼ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 


口金金具を再生したあと再メッキ加工でピカピカ。

 

 

 

 


各部の擦れや汚れもなどもクリーニングと補修補色加工で改善させながら、
各部に強化加工を施してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


小銭入れの中も綺麗になりました。

 

 

 

 


口金金具も復活してコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部の強化加工は財布には効果的な加工です。

 

 

 

 

 


変色した金具も磨いてホツレやコバ塗料の剥がれがなくなると、
ベロ革もスッキリ見えます。

 

 

 


合成皮革素材の内張りは本革で作成交換して各部に強化加工を施していますので、
構造的には新品時より丈夫になっています。

修理するタイミングは少し遅かったのですが基本的には丁寧に使用されていますので、
引き続き大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーションの皆様へ

本日修理完了のヴィトンの財布を受けとりました。
リニューアルリペアでお願いして本当に良かったと感じております。
各部、強化された事が分かり安心して使用できます。

私にとって思い出深い品であるため、
このように綺麗にしていただいて感謝でいっぱいです。
いずれ娘にプレゼントできるように大切にしていきたいと思います。
この度はありがとうございました!

秋田県 F 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
構造的には新品時より丈夫になっています。
今後は労わるように活用しながら良い状態を保ち、
大切に長くご愛用ください。

エピ長財布の修復


製造から20年以上が経過したエピ長財布です。

最高品質時代の財布ですが各部に損傷が見られますので、
リニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


年代を感じさせる内部材ですが高品質な財布であることがわかります。

 

 

 

 


シールを剥がした痕が・・・

 

 

 

 


対面のカードで擦れてしまう部分。

 

 

 

 


ポケットの天部中央付近は札の出し入れの度に指先が擦れて穴が空いています。
解体して内側から補強して穴を埋めて修復します。

 

 

 

 


劣化した合成皮革は対面にも色移りしています。

合成皮革の劣化は自然に治ることはありませんので対面にまで悪影響を及ぼす前に
修理しておくのが最善です。

 

 

 

 


内側にもシールを剥がした痕が見られマチの内張りも劣化しています。

 

 

 

 


鋭角に折れた折り曲げ部は擦り切れヤブレがあり縫製できない状態です。

 

 

 

 


反対側も穴が空き芯材が露出しています。

 

 

 

 


傷んだ状態で長期間保管されていましたので素材の劣化も見られます。

 

 

 

 


簡単には取り除けない色移り。

 

 

 

 


ポケットの破れ部は悪化を抑えるために強化しながら穴を塞ぎます。

 

 

 

 


各部に擦り切れヤブレがあります。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


この辺りのヤブレは素材の劣化が原因です。

傷んだまま保管していても経年劣化で損傷は進行しますので、
メンテナンスは早ければ早いほど効果的です。

 

 

 

 


全体を解体して各部を強化しながら擦り切れヤブレ部を補修して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


ポケット天部は全体的に強化加工を施しています。

 

 

 

 


シールを剥がした痕や擦れも改善。

 

 

 

 


最高品質時代の財布ですので外面全体に芯材が入れられていましたが、
さすがに弱っていましたので強化芯材に交換して合成皮革素材は本革で作成。

良い品だけに素材自体の劣化が残念ですが各部に強化加工を施していますので、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴィトンのヌメ革交換


ルイヴィトンのバティニョール オリゾンタル(batignolles horizontal)です。

持ち手は直営店で交換歴があるようですが全体に変形型崩れも見られます。
今回は外面のヌメ革パーツの作成交換のご依頼です。

 

 

 

 


本体は波打ち変形してヌメ革パーツは劣化が見られます。

 

 

 

 


天部テーピングは劣化。

 

 

 

 


擦り切れたパイピング革は芯材が露出しています。

 

 

 

 


底角のパイピング革も同様に。。。。

 

 

 

 


劣化した革は柔軟性がなく硬化しています。

 

 

 

 


便利に使えるバッグだけに傷みも激しくなります。
2009年1月に作成された品ですので残念ながら現行品素材のバッグです。

 

 

 

 


モノグラム地には複数の亀裂も見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 

 


交換歴がある持ち手付け根の金具と比較すると錆び錆びの尾錠。

 

 

 

 


磨きこむことで輝きを逆転させました。

 

 

 

 


持ち手の先端は折り返すので厚みを薄く加工するのですが・・・・

 

 

 

 


薄くするために芯材がなく裏面のヌメ革も途中までです。
負担が掛かる持ち手の付け根が一番強度の低い構造です。

 

 

 

 


ヨーロッパからヌメ革の到着。
時間をかけて植物タンニン鞣しされた最高級品のヌメ革ですが高価すぎます。

 

 

 

 


ヌメ革パーツの作成交換の完了です。

持ち手付け根部は両面の革を加工して芯材を入れ込んでいますので、
折り返し部の内側にもヌメ革があり丈夫です。
裏面を取り除いた量産品の持ち手とは見えない部分の構造が違います。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


全てのパーツに芯材を入れ込んでいます。

 

 

 

 

 


予定外でしたがモノグラム地の亀裂や変形も気になりましたので、
悪化しないように強化して組み立て直しました。

強化加工で変形も改善してスッキリしましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーションの皆さま

こんにちは、〇〇です。
本日、修理依頼品3点を受け取りました。
ありがとうございます。

特にヴィトンのバッグに関しては、まるで新品のようです!
正直、修理費用は決してお安くはありませんが、
直営店に依頼するより遥かに高品質で丈夫な状態で戻ってきたことに、感動致しました。
御社にお願いして本当に良かったですし、もっと早く知っていれば、とすら思います。

長く愛用できるよう、大切に使わせていただきますね。
また今後もメンテナンス等でお世話になる際は、どうぞ宜しくお願い致します。

取り急ぎお礼まで。

沖縄県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

重症のエピ財布


ルイヴィトン エピの二つ折り財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部はボロボロで縫い直すこともできません。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部もなくなっていまして劣化も見られます。

 

 

 

 


角部もなくなっています。

 

 

 

 


小銭入れも完備で便利な財布です。

 

 

 

 


小銭入れの折り曲げ部は鋭角に折り曲がり擦り切れています。

 

 

 

 


当然のように合成皮革部は劣化。

 

 

 

 


メンテナンスするには遅すぎで手遅れ状態の財布ですが、
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れのカブセも解体して折り曲げ部を強化しながら穴を塞ぎます。

 

 

 

 


小銭入れカブセの折り曲げ部には芯材がありません。

 

 

 

 


外面は折り曲げ部や角だけでなく擦り切れヤブレ部の方が多いくらいです。

 

 

 

 


基本的には修復不可能。

 

 

 

 


ここまで放置してから修理するよりは綺麗なうちに強化しておく方が、
良い状態を保ちやすくなり得策と言えます。

 

 

 

 


角部もなくなっています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


内部材も折り曲げ部は擦り切れて穴が空き欠損しています。

全ての欠損部を部分的に作成して強化しながら組み立て直します。

 

 

 

 


欠損して縫製できない状態だった折り曲げ部や外周を部分的に作成して縫製。
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


内部材の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


大きな穴が空いていた下側の折り曲げ部も縫製できるように復活。

 

 

 

 

 


無くなっていた角部も復元。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


鋭角だったカブセの折り曲げ部も強化しながら擦り切れ穴を塞いでいます。

 

 

 

 


本体の折り曲げ部も強化されています。

 

 

 

 


合成皮革の内張りも本革仕様になり各部の強化加工や再製で、
引き続き活用いただける状態に復活です。

限界を超えるまで活用された財布ですので丁寧に取り扱いながら、
今後は早めのメンテナンスをすることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ダミエ財布の修理


ルイヴィトン ダミエのパスケースと財布です。

 

 

 

 

 


パスケースの内側には擦れや汚れが見られますが今回は見送ります。

 

 

 

 

 


パスケースは擦れやすい外周のコバ面を仕上げ直しのご依頼です。

 

 

 

 


全体を悪化させないためにもコバ面は重要です。

 

 

 

 


ダミエ財布も擦れが目立ちます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


可動する折り曲げ部はコバ塗料が無くなり部材が剥がれています。

 

 

 

 


内部材にも擦れや小傷や汚れが見られます。

 

 

 

 


白くなって埃が積もったように見える部分も簡単に拭き取ることができません。
汚れが染み込んだのか色あせなのかわからない状態。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは劣化しています。

 

 

 

 


財布は全体を解体してのリニューアルリペア加工のご依頼です。
劣化した合成皮革素材は本革で作成して各部に強化加工を施して組み立て直します。

 

 

 

 


パスケースのコバ面仕上げ直しと財布のリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


パスケースは剥がれていたコバ面を整えたあと仕上げ直しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


財布も擦れ部やコバ面を仕上げ直してスッキリです。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


内部材の汚れや小傷も改善。

 

 

 

 


小銭入れの中もスッキリです。

 

 

 

 


白っぽく汚れていた部分も綺麗になりました。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工のダミエ財布は外面全体に芯材を追加していますので、
構造的には新品時より丈夫になっています。

製造から20年近く経過した品ですので良い素材で作成されています。
買い替える事が出来ない品質の品ですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

モノグラム財布


ホツレ、擦れ、欠損、変形など、とても状態が悪いモノグラム財布です。

 

 

 

 

 


手遅れといえる状態で引き続き使用するためには大掛かりな加工が必要です。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて欠損していますのでに直すこともできません。

 

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


両面にあるカブセの折り曲げ部もコバ塗料が剥がれて口が空いています。

 

 

 

 


口が空いたまま使用を続けるモノグラム地が縮んで内部材が飛び出したように、
変形してしまいますので縫い直すこともできません。

 

 

 

 


16年間活用してきた財布で思い入れのある品とのことで、
リニューアルリペア加工を施し引き続き活用できる状態に復活させます。

 

 

 

 


口が空いたまま使用していたのでボール紙の芯材も真っ黒。

 

 

 

 


この財布は各部に数種類の芯材が入れてあり丁寧に作成されています。
良い職人が丁寧に作成した品だけに、ここまで放置されたのが残念です。

 

 

 

 


内部材も擦れや汚れが・・・・

 

 

 

 


ホック金具を取り外して芯材も取り除きましたので丈夫に作成交換します。

 

 

 

 


マチ革の薄い革も接着を剥がして強化芯材を挟み込みます。

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。
表皮が剥がれた部分を補修加工で整えたあと補色します。

 

 

 

 


全ての芯材を作成交換して合成皮革の内張りは本革で張り替え、
各部を強化しながらリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


丈夫になり引き続き活用いただけそうです。

 

 

 

 


折り曲げ部も強化しながら縫製できる状態にしてコバ面を仕上げ直しています。

 

 

 

 


限界を超えるまで活用された財布ですが活用いただける状態に復活しています。

詰め込み過ぎが原因の損傷も多数ありましたので、
出来る限り中身を減らして適切に愛用されることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

昨日届きました。
ブログも拝見しました。

新品以上の仕上がりで感動しました(^-^)

大切に使います。
ありがとうございました。

青森県 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
強化芯材などで構造的には新品時より丈夫になっていますので、
丁寧に使用しながら長くご愛用ください。