Felisi


長年の使用で革パーツに損傷が見られるフェリージのバッグです。

 

 

 

 


各部にホツレが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

ロゴマークなどが刻印されたワッペンですがホツレだけでなく、
擦れや色あせもあり残念な状態です。

 

 

 

 


色落ちや変色や汚れだけでなく革が劣化してひび割れが多数見られます。

 

 

 

 


持ち手以外も同様に。。。。

 

 

 

 


擦れや亀裂や欠損が見られるパーツもあり革素材自体が限界を迎えています。

 

 

 

 


今回は傷んだ革パーツを作成交換します。

 

 

 

 


底角4か所の革ワッペンなどの作成交換にはバッグ本体を解体する必要が・・・

 

 

 

 


解体。。。。

 

 

 

 


取り外した金具は青錆が全体に・・・・

 

 

 

 


革パーツを取り外すと布地も変色していることがわかります。

 

 

 

 


持ち手は芯材もボロボロ。

 

 

 

 


他のパーツも同様に。。。。

 

 

 

 

 

 


傷んだ革パーツの作成交換の完了です。

 

 

 

 


各パーツには強化加工を施しながら組み立て直しています。
青錆で残念な状態だった金具も綺麗になりました。

 

 

 

 


ロゴマークが刻印されたワッペンは交換できませんので、
補修補色加工で改善させています。

一枚革のパーツも裏面に革を貼り合せながら
強化芯材も入れ込んで丈夫に組み立て直していますので、
丁寧に活用すれば長く活躍してくれます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション

本日、バックが届きました
長年使用のため、かなりボロボロでしたが
新品の様によみがえり、とても満足しています。
これからも大切に使用します
本当にありがとうございます

富山県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丈夫な良いバッグですので大切に長くご愛用ください。

水濡れダミエ財布


2010年5月に製造されたダミエの長財布です。
大きな損傷もなく良好な状態に見えます。

 

 

 

 


丁寧に使用されている財布ですが折り曲げ部など擦れやすい部分は、
縫製糸が擦り切れています。

 

 

 

 


2010年製造で現行品の品質ですのでカードポケットが変形して反り返っています。

 

 

 

 


ダミエ地が縮んでしまうことで反り返り変形が発生します。

 

 

 

 


カブセを開いてみると本革素材に波打ち変形が見られます。

カブセには芯材が入れてありますので通常では変形しにくい部分です。
水濡れが原因で革は変形したまま乾燥して硬化しています。

 

 

 

 

 


マチ革もゴワゴワに波打ち、硬化しています。

 

 

 

 


小銭入れのファスナーポケット部もボコボコでゴワゴワ。。。。

 

 

 

 


各部の革が変形したまま硬化していますので、どの辺りまで改善するかは、
加工してみなければわかりません。

しかし、見た目だけの問題ではなく、このままでは耐久性や強度に不安があります。

 

 

 

 

 


バラバラに解体。

変形して硬化した部材はダミエ地や各パーツとの寸法も合わなくなっていますので、
組み立て直す難易度が高いです。

 

 

 

 

 

 

 


変形して膨らんだ部分を押すとポコポコと音がするほど硬化しています。

 

 

 

 


①出来る限り見た目を改善させる。

②サイズが合わなくなった部材を元通りに組み立て直す。

③長く愛用できるように強度をあげる。

④品質も向上させる。

上記が今回のミッションですが、どれか一つの項目だけでも、
不可能とする修理店の方が多いように思います。

 

 

 

 

 


ボコボコ変形を改善させてマチ部材の変形を出来る限り改善させたところです。
見た目は改善しましたので芯材を追加して強度アップさせながら、
内張りは合成皮革から本革に張り替えて品質も向上させ組み立て直します。

 

 

 

 

 


ボコボコだった小銭入れポケットや反り返ったカードポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


カブセ裏の変形も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


現行品ではカードポケットの反り返り変形が避けられませんが丈夫にスッキリ。

 

 

 

 


出来る限り変形を補正して見た目を改善させリニューアルリペア加工の完了です。

合成皮革の内張りを本革で作成交換しながら品質を向上させ、
各部の強化加工で耐久性もアップしています。

長く活用するのが不安な状態の財布でしたが、
手にするだけで丈夫になっていることを実感されると思います。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

財布、受け取りました。
シワ一つない新品のような見た目と、丁寧な縫い直し、
そして丈夫になったことも実感出来て、感動しました。
大切に使いたいと思います。
本当にありがとうございました。

宮城県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

エルメスの修理


エルメスのフールトゥとボリードです。

フールトゥはリニューアルリペア加工でボリードは外面の補修補色加工です。

 

 

 

 


綺麗な色のバッグですが擦れや色あせや汚れが見られます。

 

 

 

 


底角周辺もスレスレ。

 

 

 

 

 


こちらの底角は表皮が擦れて剥がれた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 

 


持ち手の付け根も出っ張っていますので底角同様に擦れやすい部分です。
周囲にも擦れや色あせが見られます。

 

 

 

 


こちらの持ち手付け根も同様に。。。。。

 

 

 

 


持ち手もスレスレ。

 

 

 

 


人目に触れない部分ですので今回は外面のみの加工ですが、
内部材にも擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


フールトゥは革とキャンバス地のコンビ素材です。
キャンバス地には黄ばみや汚れが全体にあります。

 

 

 

 


同様に。。。。

少し湿気が多い場所で保管されているのかボリードどうように、
カビの心配もあります。

 

 

 

 


底面はスレスレ。

 

 

 

 

 


革パーツは全体に色あせています。

 

 

 

 


持ち手は手垢汚れで黒くなっています。

 

 

 

 

 


内側の天部周りもスレスレで色あせています。
内縫いされた構造ですので本体を裏返します。

 

 

 

 


カビかなぁ~?

 

 

 

 


ゴミや埃も・・・・

 

 

 

 

 


時々で良いので清掃されることをお勧めします。

 

 

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 

 

 


革パーツを取り外すと全体の黄ばみ汚れが鮮明です。

 

 

 

 

 


革パーツを取り外した部分の汚れは製造時のボンドです。

 

 

 

 


出来る限り綺麗に改善させました。

 

 

 

 


持ち手の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


負担が掛かる持ち手の付け根は解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 

 


マチの内張りを剥がしたところです。

持ち手の付け根にも芯材のない構造ですからマチにも芯材はありません。
全体的に強化します。

 

 

 

 

 


縫い込まれていた外周と比較すると色落ち具合がわかります。

 

 

 

 

 


ボリードの外面クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 

 


底面の傷もなくなりました。

 

 

 

 


擦れた部分に汚れが染み込んでいた底角も改善しています。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。。

 

 

 

 

 


持ち手の付け根付近もスッキリ。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


フールトゥも黒く汚れが染み込んで表皮が剥がれた持ち手も改善。
持ち手付け根の強化で持ち手が自立してますし丈夫です。

 

 

 

 


キズだらけだった底面も目立たなくなりました。

 

 

 

 

 


帯革やマチも強化して縫製し、色あせも改善させています。

 

 

 

 


内側の口周りも補色して内張りは清掃。

 

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けようがない損傷ですが、
フールトゥは各部を強化することで構造的に丈夫になっていますので、
長く活用いただける状態です。

どちらのバッグも色あせや傷が目立たなくなりましたので、
保管場所も考慮しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション御中

この度はお世話になりました。
修理品が届きました。
開けて驚きました、
2点とも新品同様になっているではありませんか。

特にフールトゥはキャンバスがかなり黄ばんでて使うのが恥ずかしい域だったのに
全くと言っていいほどそれを感じられずに綺麗になっています。
2点ともあまりの仕上がりの良さに感嘆の声を上げてしまいました。

フールトゥは依頼の際に記入をし忘れてしまいましたが、
実は御社の前に他店で依頼したところ修復は難しいと言われ(2店)、
半ば諦めていたのでプチプチの梱包材に包んだまま1年近く
クローゼット内にしまったままでした。

それでカビが生えてしまったのかもしれません。
今後は保管に気をつけて大切に使いたいと思います。

それから素敵な〇〇〇〇〇もありがとうございます。
本当にありがとうございました。

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
リニューアルリペア加工のフールトゥは見た目の改善だけでなく、
構造的に丈夫になっていますので丁寧に使用すれば長く愛用できます。
活用すれば汚れや擦れを避けることはできませんが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

重症のブルガリ財布


変形や擦り切れヤブレなど重症のブルガリ財布です。

 

 

 

 

 


カードポケットにはカードナンバーが読み取れそうな型が出るほど、
膨らみ変形からカード類を詰め込んでいた様子がわかります。

 

 

 

 

 


擦れやすい外面ではなく内部材のテーピング革まで擦り切れるほど活用されてます。

 

 

 

 


外面の折り曲げ部は擦り切れて革が大きく欠損。
無くなっていますので縫い直すこともできません。

 

 

 

 


今回はリニューアルリペア加工のご依頼でバラバラに解体。

 

 

 

 

 


ここまで大きく擦り切れて穴が空いてしまうと手遅れと判断される修理店が多いです。

 

 

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も残念すぎる状態です。

 

 

 

 


角部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


外面革にBVLGARIの刻印がなければ張り替え交換できるのですが・・・・

 

 

 

 

 


小銭入れカブセの折り曲げ部も擦り切れて穴がいていますので解体。

 

 

 

 


小銭入れ部だけでもパーツは多数。

芯材を交換してカブセの折り曲げ部なども強化しながら、
金属の小銭で擦れる内張りは本革仕様にします。

 

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部だけでなくマチ部材にも切れを発見。

解体すると隠れていた損傷が現れて、どんどん手間が増えますが、
リニューアルリペア加工の選択は間違いなかったようです。

 

 

 

 


外面革の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。
汚れだけでなく擦り切れてボロボロの外周革も切り取りました。

誰がどう見ても修理に適さないというか、手遅れというか、
メンテナンスのタイミングが遅すぎる財布です。

 

 

 

 


ここまでボロボロになってもブランドのロゴマークは重要です。

 

 

 

 


傷んだ内布や芯材は丈夫に交換してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


小銭入れ部は内張りが本革になっただけでなく各部に強化加工を施してあります。

 

 

 

 


カードポケットも入れ過ぎで膨らんだ変形を補正しながら組み立て直しています。

 

 

 

 


縫い直すこともできない状態だった折り曲げ部も復活。

 

 

 

 


強化芯材を入れ込んで再製しています。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


角部も同様に。。。。

 

 

 

 


損傷が激しく使用不可能な状態でしたが活用いただける状態に復活しました。
各部の強化加工などで構造的には新品時より丈夫に仕上げています。

しかし、鋼鉄製の財布ではなく傷んだ財布を丈夫に復活させていますので、
カードの詰め込み過ぎなど、使い方が悪ければ損傷を避けることはできません。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

年代物のショルダーバッグ


年代物のロエベとディオールのショルダーバッグです。

 

 

 

 


ロエベはテーピング革などスムース革のパーツがスレスレ。

 

 

 

 

 


この辺りは90%以上が剥がれて革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


スレスレ。

 

 

 

 


ロエベのバッグはスムース革の部分を補修補色加工します。

 

 

 

 


ショルダーベルトも擦れが激しい。

 

 

 

 

 


こちらはディオールですが、ひっかき傷が多数見られます。

 

 

 

 


テーピング革には擦り切れヤブレもあり、全体的に色あせも見られます。

 

 

 

 


ショルダーベルトも擦れて色あせています。

 

 

 

 


型崩れでマチは変形してペタンコ。

 

 

 

 


内張りは合成皮革素材です。

 

 

 

 


亀裂なども多数あり合成皮革が劣化しています。

 

 

 

 


ディオールのショルダーバッグはバラバラに解体してリニューアルリペア加工。

 

 

 

 


擦れた革の表皮を整える補修加工のあと半分だけ補色してみました。
違いは歴然です。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工とは別加工ですが金具類も再メッキしてピカピカ。
ロゴマークも塗装してクッキリです。

 

 

 

 


見えない部分ですが裏面までピカピカ。

 

 

 

 

 


劣化した合成皮革の内張りは本革で作成交換してリニューアルリペア加工の完了。

 

 

 

 


ひっかき傷も出来る限り目立たなくして色あせも改善させました。

 

 

 

 


後面も同様に。。。。

 

 

 

 

 


ペタンコになっていたマチも改善して使いやすく復活。

 

 

 

 


少し贅沢ですが本革で内部材は作成しています。

 

 

 

 


ロエベの色剥げも改善。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


持ち歩きにくい状態のショルダーバッグでしたが活用いただける状態に復活です。

年代物だけに良い素材で丁寧に作成されていたころのバッグです。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ノエとスピィーディ


長年使用されたスピィーディとノエです。

 

 

 

 

 


ノエの天部テーピング革は擦り切れて破れています。

 

 

 

 

 


ヌメ革ですのでシミ汚れは避けられない損傷。

 

 

 

 

 


底面もシミや汚れが目立ちます。
革の硬化や劣化も見られますのでヌメ革パーツ交換をします。

 

 

 

 

 


技術的には刻印も可能ですが他社様の刻印を当社で作成することはできません。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

刻印パーツは交換せずに再利用をご希望されていますので、
このままで使用します。

 

 

 

 


アイレット金具は取り外して付け直すことは不可能な金具です。

 

 

 

 

 


アイレット金具やカシメ金具は圧力を掛けて金具を変形させることで、
固定されている金具ですので取り外すことも困難な金具です。

 

 

 

 


カシメ金具やアイレット金具を取り外さなければヌメ革パーツの交換ができません。
別の金具に変更しながら加工される修理店が多いですが・・・・・

 

 

 

 

 


バックル金具も変色しています。

 

 

 

 


バラバラ。

 

 

 

 


金具類も取り外しました。

 

 

 

 


スピィーディも年季が入っています。
引手革の付け根は切れてしまう寸前です。

 

 

 

 


持ち手には手垢汚れが染み込んでいます。

良い素材が使用されていたころのバッグですし構造的には問題ない状態です。
汚れや変色もヌメ革では当然の変化ですので加工の必要はないと判断しましたが、
このままでは使用したくないとのことでスピィーディも革パーツを作成交換します。

 

 

 

 


刻印入りのカシメ金具は変色しています。
重要パーツですので再製して再利用します。

 

 

 

 


本体を裏返すとゴミや埃が溜まっていました。
時々、清掃してあげてください。

 

 

 

 


バラバラ。

 

 

 

 


真鍮金具ですので青錆は避けられません。

 

 

 

 


10個のカシメ金具は一つ一つ再生加工します。

 

 

 

 


ヌメ革交換とは関係ない加工ですが綺麗にするので、
ノエのアイレット金具を半分だけ磨いてみました。

 

 

 

 


ピカピカ。

 

 

 

 

 


変色や錆が見られた金具類もピカピカ。

 

 

 

 


スピィーディの金具類も同様に。。。。。

 

 

 

 

 


当時のヌメ革に負けない品質の素材でパーツ作成交換の完了です。

 

 

 

 


金具類も変更なく元のままです。

 

 

 

 

 


ノエのヌメ革パーツの作成交換も同様に。。。。
刻印入りのアイレット金具やカシメ金具も元通りです。

 

 

 

 


付け根革など負担が掛かる部分は強化しながら作成していますので、
革パーツが新品になっただけでなく強度もアップしています。

 

 

 

 


ノエも同様に。。。。

新品の白いヌメ革は汚れが目立ちますので、
少し色やけさせてから使用する方が使いやすいです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

ありがとうございました。
こんなに綺麗に仕上げていただき感激しました!
刻印パーツをそのまま残していただいたところが特に気に入り、
こちらでリペアをお願いして本当に良かったと思います。
革の品質についても、あまり詳しくない私でも
とても良いものを使っていただいた事がわかりました。
また丁寧に革やバッグについてご説明いただき更に愛着を持つ事ができました。
大切に、たくさん使っていこうと思います。
本当にありがとうございました^^

兵庫県 G 様
負担が掛かる部分を強度アップすることで、
構造的には丈夫に仕上がっています。
汚れも含めて色やけなどの変化を楽しむバッグですので、
経年変化や使い込んだ雰囲気を楽しみながら、
大切に長くご愛用ください。