クロエの擦れ


クロエのバッグと長財布です。

 

 

 

 

 


シワができてしまうほど重いロック金具ですが高品質でお洒落なロック金具です。

 

 

 

 


シワを伸ばすと金具で擦れる部分は黒く変色しています。

 

 

 

 


擦れやすい底角は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


底角は4か所とも同様に。。。。

 

 

 

 


取り外し可能な持ち手は手垢汚れが染み込んで黒く変色しています。

 

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しが必要。

 

 

 

 


財布はマーク金具のメッキが剥がれてシルバーになっています。
歪んでいるのは・・・・

 

 

 

 


金具が外れてしまっているようです。

 

 

 

 


便利な後面ポケットですが・・・・

 

 

 

 

 


ポケット天部は負担が掛かりやすく裂けています。

 

 

 

 


内側のポケットも・・・・

 

 

 

 


破れています。

 

 

 

 


便利な口金金具の小銭入れですが口金が壊れていて閉まりません。

 

 

 

 


各部に小傷もあります。

 

 

 

 


底角も擦れやすい部分。
財布はバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


片方の持ち手のみ手垢汚れを取り除いてみました。
擦れて表皮が無くなった部分に汚れが染み込んでいたことがわかります。

 

 

 

 

 


ボール紙の芯材も劣化していますが出来る限り整えてコバ仕上げします。

 

 

 

 


底角と持ち手の補修補色加工のご依頼ですが、
各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


この辺りの擦れは汚れでカモフラージュされていますが汚れを取り除くと・・・・

 

 

 

 

 


表皮の擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


財布はバラバラに解体して各部を強化して組み立て直します。

 

 

 

 

 


口金金具もメッキが剥がれています。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて革に穴が空いています。

 

 

 

 


マーク金具を取り外してみると瞬間接着剤を使用した損傷が・・・・
この辺りも改善させながら組み立て直します。

 

 

 

 


黒く汚れていた持ち手も改善してコバ面も仕上げ直し完了です。

 

 

 

 

 


底角の擦れも同様に。。。。

 

 

 

 

 


外面の擦れ部や汚れなど予定外の部分も改善させておきました。

 

 

 

 


再メッキ加工でゴールドになったマーク金具もしっかりと固定して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


傷んだ芯材は丈夫なものに交換しています。

 

 

 

 


ポケットの破れも強度アップさせながら復活。

 

 

 

 


後ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 

 


口金金具も再メッキ加工でピカピカ。

 

 

 

 


しっかりと閉めることが可能に復活しています。

 

 

 

 


汚れや擦れは避けることは難しいものですが丁寧に取り扱うだけで、
重症化させることを防げますし良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

クロムハーツ財布


変形型崩れが見られるクロムハーツの二つ折り財布です。

 

 

 

 


全体に変形していますがチェーンを取り付けるアイレット金具がある角は、
伸びたような状態です。

 

 

 

 

 


外面の革は劣化も激しく素材自体が限界を迎えています。

 

 

 

 


外面革はシュリンク加工された革のシワ模様が消えて変形も重症。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて革が裂けた状態。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も擦れと劣化で縫い直すことも不可能。

 

 

 

 


この辺りも擦れなのか劣化なのかも判断できませんが、
縫い直すための針孔もわからない状態です。

 

 

 

 


大きく歪んで変形しながらも財布の形を保っていますが、
外面は全体的に素材自体が劣化して強度も耐久性もなくなっています。

 

 

 

 


全体に歪んでいるので台形に見えます。

 

 

 

 


変形した外面に縫い合わされている内部材にも影響が出ています。

 

 

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


取り外したホック金具も腐食。

 

 

 

 


コインケースの内部材も歪んでいますが、
これはクロームハーツのつくりの問題。

 

 

 

 


内部材にはシュリンク加工された革のシワ模様が残っています。

 

 

 

 


擦り切れ穴も各部に。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


不思議な部分にも擦り切れ穴が・・・・

 

 

 

 


コインケースのマチ部材です。
クロムハーツならではの雑な縫製でミシン目が裂けています。

 

 

 

 


小銭入れのマチも分解して強化芯材を挟み込みます。

 

 

 

 


腐食した金具類を磨きました。

 

 

 

 


各部を強化しながら変形を整え擦り切れ穴やヤブレ部を補修して組み立て完了。

 

 

 

 


劣化した外面は手触りの良いシュリンク加工された革で作成交換しました。
折り曲げ部など各部に強化加工を施してリニューアルリペア加工しています。

 

 

 

 


伸びて変形していた角部もスッキリ。

 

 

 

 


台形に歪んで波打ち変形も見られた外面は内部材を補正加工で整えながら、
強化することで財布らしい形状に復元しています。

ホツレ、ヤブレ、擦れ、変形、劣化などフルコースで損傷が見られた財布ですが、
引き続き活用いただける状態に復活していますので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ソミュール修復


長年活用された後、長期間放置されていた様子のソミュールです。

 

 

 

 


刻印入りカシメ金具も刻印が読めないほど錆びています。

今回は劣化して硬化したヌメ革パーツの作成交換ですが、
モノグラム地も白く汚れたように変色劣化して残念な状態です。

 

 

 

 


ソミュールでは定番トラブルがショルダーベルト付け根の切れ。

 

 

 

 


ヌメ革は柔軟性が無くなっています。

 

 

 

 


バラバラ。

 

 

 

 


取り外した刻印入りカシメ金具は再生加工して変色した金具は磨きます。

 

 

 

 


金具を磨くのは手間が掛かりますが・・・・

 

 

 

 


ピカピカになると達成感があります。

 

 

 

 


擦れにくいのでカブセなどと比べて傷みが少ないマチ部分のモノグラム地です。

画像右のモノグラム地のように白く変色した素材を、
画像左のモノグラム地のように濃茶色に復活させます。

 

 

 


各部を強化しながらヌメ革パーツ作成交換の完了です。

 

 

 

 


耐久性を増すため少し厚みを増した革でテーピングやパイピングも新品作成。

 

 

 

 


カシメ金具など金具の再製も手間が掛かりますが、
今回はモノグラム地の変色を改善させるのに時間がかかりました。

 

 

 

 


1992年に製造された最高品質時代のバッグですので、
当時の素材に負けないヌメ革を使用しています。

その上、負担が掛かる部分には強化芯材を入れ込んでいますので、
耐久性は新品時以上です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

お世話になっております。
ソミュールを昨日受け取りました。

想像以上に綺麗になっており、とても感動しました。
本当にありがとうございました。

正直、修理費用は決してお安くはありませんが、
新品購入時以上の状態になって戻ってきたことに
うれしく思い、御社に修理をお願いして本当に良かったです。

ブログも拝見しました。
また機会がありましたら、その時はよろしくお願いいたします。

大阪府 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
全体を解体して組み立て直すだけでなく、
各部に強化加工を施し最高品質のヌメ革でパーツ作成しています。
新品のヌメ革は少し色やけさせてから使用する方が
取り扱いやすくなります。
大切に長くご愛用ください。

エルメス財布修理


各部に損傷が見られるエルメスの長財布(ベアン)です。

折り曲げ部やベロ革を縫い直した修理歴があることは明らかですが、
全体的にエルメスオレンジとは言えない色合いで塗装歴もあると考えていますが、
ご依頼者からは塗装したことはないとのこと・・・・

 

 

 

 


ベロ革はスレスレでボロボロでも縫い直しているので形状は保っています。
擦り切れた付け根のループ革で隠れていた部分は何故かエルメスオレンジです。

 

 

 

 


折り曲げ部も表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。
残念な縫製ではありますがホツレは縫い直されていてます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


全体的に汚れや擦れで素材が劣化していて重症。

 

 

 

 


塗料の下から浮き出たような傷や汚れが全体に見られ不思議な状態。

 

 

 

 


内部材もエルメスオレンジとは少し違う色で擦れや汚れが各部にあります。

 

 

 

 


外面よりは傷みにくい内部材なんですが・・・・

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


コメントを書きにくい内部材の状態です。

 

 

 

 


小銭入れの汚れは避けることができない損傷です。
小銭入れの中はエルメスオレンジです。

 

 

 

 


外面の角部は擦り切れて無くなっていますので縫い直すことも不可能。
全体を解体して使用できる状態にリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


この赤い塗料はなんでしょう?
・・・・推測すらできません。

 

 

 

 


ポケット上部は外面と同色ですがポケットの中はエルメスオレンジ。

ボールペン汚れが塗料の下から浮き出ています。

 

 

 

 


塗装歴の疑いが深まる一方ですが、まずは解体。

 

 

 

 


ベロ革を解体して芯材を取り除いたところです。

エルメスオレンジのままの部分と比較すると別色であることがわかります。
汚れや色あせが原因でしょうか?

 

 

 

 


取り除いた外周の糸も飛び飛びで別色です。

 

 

 

 


ベロ革を取り除いた部分はエルメスオレンジ。

 

 

 

 


H金具にも塗料が残っていますので一枚革の状態で塗装されたのではなく、
財布の形になってから塗装されたことが確実です。

縫製糸や金具まで塗料が付着していることで塗装修理歴は確定です。

 

 

 

 


表面の塗料を半分だけ取り除くとエルメスらしいオレンジが出てきました。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革も表面だけ塗料を取り除くと裏面とは別色になり、
内部材と同様のエルメスオレンジが出てきました。

 

 

 

 


これだけ色が変わると塗装したことに気が付くと思いますが、
意外と気が付かないものなんでしょうか?

汚れも取り除かずに違う色で塗装した手抜き加工なので、
持ち主には塗装していないと伝えていたのか?

当社としては疑問点が多い現状です。

 

 

 

 

 


他店様での残念な縫製や塗装歴があり余計な加工が必要でしたが、
出来る限り汚れを取り除いて、ようやくリニューアルリペア加工をスタートできます。

汚れや塗装を取り除くとキズや汚れや素材の劣化などで重症すぎる財布です。
引き続き愛用いただけるように各部を強化しながら組み立て直します。

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


コインケースの中も綺麗に復活。

 

 

 

 


ベロ革など各部に強化加工を施して丈夫に復活させています。

 

 

 

 


欠損した角部や擦り切れが見られたベロ革や折り曲げ部なども、
強化加工を施して組み立てコバ面も仕上げ直しています。
その他、多数の損傷や汚れも改善して引き続き愛用いただける状態に復活です。

構造的には新品時より丈夫になっていますし見た目も改善していますが、
他店様で加工歴がありボロボロになるまで活用された財布ですので、
今後は労わるように活用されることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になります。
昨日受け取りました!
想像以上にキレイになっており、とても驚いたのと同時に感動致しました。
本当にありがとうございました!!!!
大切に大切に使わせて頂きます。
また、ブログも楽しみにしております。

暑い日が続いております。
体調を崩されませんようご自愛くださいませ。

千葉県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い状態を保ち続けるためには丁寧な取り扱いが最善策です。
大切に長くご愛用ください。

モノグラム財布


ルイヴィトンのガマグチ財布(M61663)です。

 

 

 

 

 


折り曲げ部はホツレやコバ塗料の剥がれを放置したまま使用していたため、
モノグラム地が欠損しています。

 

 

 

 


口が空いたまま使用するとモノグラム地が縮んでしまい、
損傷が重傷化します。

 

 

 

 


内部材にも擦れが見られます。

 

 

 

 


口金金具も破損していて使用不可能。

 

 

 

 


今回リニューアルリペア加工のご依頼ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 


口金金具を再生したあと再メッキ加工でピカピカ。

 

 

 

 


各部の擦れや汚れもなどもクリーニングと補修補色加工で改善させながら、
各部に強化加工を施してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


小銭入れの中も綺麗になりました。

 

 

 

 


口金金具も復活してコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部の強化加工は財布には効果的な加工です。

 

 

 

 

 


変色した金具も磨いてホツレやコバ塗料の剥がれがなくなると、
ベロ革もスッキリ見えます。

 

 

 


合成皮革素材の内張りは本革で作成交換して各部に強化加工を施していますので、
構造的には新品時より丈夫になっています。

修理するタイミングは少し遅かったのですが基本的には丁寧に使用されていますので、
引き続き大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーションの皆様へ

本日修理完了のヴィトンの財布を受けとりました。
リニューアルリペアでお願いして本当に良かったと感じております。
各部、強化された事が分かり安心して使用できます。

私にとって思い出深い品であるため、
このように綺麗にしていただいて感謝でいっぱいです。
いずれ娘にプレゼントできるように大切にしていきたいと思います。
この度はありがとうございました!

秋田県 F 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
構造的には新品時より丈夫になっています。
今後は労わるように活用しながら良い状態を保ち、
大切に長くご愛用ください。

エピ長財布の修復


製造から20年以上が経過したエピ長財布です。

最高品質時代の財布ですが各部に損傷が見られますので、
リニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


年代を感じさせる内部材ですが高品質な財布であることがわかります。

 

 

 

 


シールを剥がした痕が・・・

 

 

 

 


対面のカードで擦れてしまう部分。

 

 

 

 


ポケットの天部中央付近は札の出し入れの度に指先が擦れて穴が空いています。
解体して内側から補強して穴を埋めて修復します。

 

 

 

 


劣化した合成皮革は対面にも色移りしています。

合成皮革の劣化は自然に治ることはありませんので対面にまで悪影響を及ぼす前に
修理しておくのが最善です。

 

 

 

 


内側にもシールを剥がした痕が見られマチの内張りも劣化しています。

 

 

 

 


鋭角に折れた折り曲げ部は擦り切れヤブレがあり縫製できない状態です。

 

 

 

 


反対側も穴が空き芯材が露出しています。

 

 

 

 


傷んだ状態で長期間保管されていましたので素材の劣化も見られます。

 

 

 

 


簡単には取り除けない色移り。

 

 

 

 


ポケットの破れ部は悪化を抑えるために強化しながら穴を塞ぎます。

 

 

 

 


各部に擦り切れヤブレがあります。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


この辺りのヤブレは素材の劣化が原因です。

傷んだまま保管していても経年劣化で損傷は進行しますので、
メンテナンスは早ければ早いほど効果的です。

 

 

 

 


全体を解体して各部を強化しながら擦り切れヤブレ部を補修して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


ポケット天部は全体的に強化加工を施しています。

 

 

 

 


シールを剥がした痕や擦れも改善。

 

 

 

 


最高品質時代の財布ですので外面全体に芯材が入れられていましたが、
さすがに弱っていましたので強化芯材に交換して合成皮革素材は本革で作成。

良い品だけに素材自体の劣化が残念ですが各部に強化加工を施していますので、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索