財布の擦り切れ


リザード革のグッチとルイヴィトンのエピの小物です。

 

 

 

 


エピのキーケースは折り曲げ部4か所とも擦り切れて穴が空いています。

 

 

 

 


擦り切れて穴が空いてしまうと基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


二つ折り財布も折り曲げ部が擦り切れて穴が空き欠損しています。
縫い直すことも不可能な状態ですので基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


内側のポケットも裂けていますので修理が必要。

 

 

 

 


汚れや擦れが見られますので内部材は補修補色加工を施します。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


黒エピの長財布は傷みが激しいですが最高品質時代の品です。

 

 

 

 


折り曲げ部だけでなく擦り切れは外周全体に見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


当然ながら折り曲げ部も擦り切れ穴が空き縫い直すこともできない状態です。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは全て劣化しています。
長財布は全体を解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 

 

 


リザード革のグッチのガマグチ財布は外周の擦れの補修補色加工です。
折り曲げ部に擦れが見られますが、この程度なら問題なく修復可能です。

 

 

 

 


4か所の角部はリザード革が擦り切れて大きく裂けたように穴が空いています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


エピの3点と同様に手遅れ状態ですが擦れが目立ち穴が空いた状態では、
持ち歩きにくい状態ですので活用できる状態に修復します。

 

 

 

 


エピのキーケースを解体して4か所の折り曲げ部に強化芯材を入れ込みながら、
擦り切れた穴を塞ぎます。

 

 

 

 


穴が空いてしまうと直営店では断られてしまいます。

 

 

 

 


ステッチラインまで穴が広がると縫い直すことも不可能ですので、
対応できない修理店が多くなります。

メンテナンスは軽傷なうちに施す方が良い状態を保ちやすく安上がりです。

 

 

 

 


二つ折り財布も同様に。。。。

 

 

 

 

 


裂けていたポケット部を解体して強化しながら修復します。

 

 

 

 

 


エピの長財布はリニューアルリペア加工ですのでバラバラに解体。
劣化した合成皮革部は本革で作成交換しながら各部を強化します。

 

 

 

 


最高品質時代の財布ですので全体に芯材が入れてありました。

 

 

 

 


芯材を取り除いても接着剤が残っていますので半分だけ取り除いたところで撮影。

この辺りの作業は組み立ててしまうと見えない部分ですが、
しっかりと取り除いて新しい芯材をいれます。

 

 

 

 


折り曲げ部の擦り切れ穴は大きく縫製不可能な状態。

 

 

 

 


角部も擦り切れて裂けています。

 

 

 

 


こちらの角部も穴がいています。

 

 

 

 


内部材まで擦り切れています。

 

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部や角部だけでなく直線部分も擦り切れています。

現行商品なら諦めることもお勧めできる状態ですが、
買い替えることができない品質の財布ですので擦り切れや欠損部は放置できません。

 

 

 

 


合成皮革の劣化で対面の革にも悪影響が出ています。

 

 

 

 


内部材の汚れを取りのいたところです。
色褪せや擦れも補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 

 


外周の汚れを取り除くと擦れは折り曲げ部や角部だけでないことがわかります。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


擦り切れて穴が空いたキーケースの折り曲げ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 

 


ボロボロに擦り切れていたグッチのリザード革も活用いただける状態に復活です。

 

 

 

 


外周の擦れが目立たなくなると全体が綺麗に見えます。

 

 

 

 


ポケットの破れや擦れが見られた二つ折り財布の内部材も加工完了です。

 

 

 

 


穴が空いた折り曲げ部も強化しながら修復しています。

 

 

 

 

 


色褪せや擦れが目立ったエピ長財布のリニューアルリペア加工も完了。
合成皮革素材が本革になり擦り切れ穴や破れやホツレも改善。

 

 

 


鋭角に折れ曲がってペタンコでしたが各部の強化で立体感が復活。

 

 

 


4点とも複数の擦り切れ穴が空き諦めるしかない状態でしたが、
引き続き活用いただける状態に復活しています。

買い替えることができない品質の品ですので良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエイション様

無事に商品が到着いたしました
修理費を見て一瞬ぎょっとしましたが
(4点も預けてるのですから、当然のお値段なのですが)

修理されたものを手に取って見たら、
丁寧に強化してもらって、またこれから先長く使っていけるとこを考えたら、
お得感を感じました

長財布は父の物で、首を長くして待っていたので、
ブログでここまでしていただいてる経過を見せて、
商品を渡したいと思います

ボロボロの物をここまでしていただき、
〇〇〇〇〇までいただいて、
本当にありがとうございました

また、お世話になることがございましたら、
よろしくお願いいたします

寒暖の差が激しい時期ですが、
お体ご自愛下さい

 
大阪府 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
今回は7点の現品診断をさせていただき4点の御依頼を頂戴しました。
当社ではご了解いただいた加工価格を変更することはありませんが、
加工完了までの期間が長いので忘れてしまうこともあるようです。

4点とも高品質時代の買い替えることができない品ですし、
丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態に復活しています。
擦れや汚れなどは避けようがない損傷ですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

M61652財布


両面にカブセがあるルイヴィトンのモノグラム財布(M61652)です。

 

 

 

 


詰め込みすぎによる歪み変形や擦れや汚れが見られ全体的な加工が必要。

 

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部には擦り切れ欠損もあり復元強化加工が必要。

 

 

 

 


波うち変形も大きく良い時代に作成された最高品質の財布だけに残念です。

 

 

 

 


擦れて表皮が無くなった部分に染み込んだ黒い部分が目立ちますが、
よく見ると全体にスレスレであり重症です。

 

 

 

 


この時代の内部材の革は丈夫です。
買い替えできない品質の財布だけに、もっと早くメンテナンスするのが理想でした。

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分は汚れが染み込みやすくなります。

 

 

 

 


年代物ですので合成皮革の内張りは劣化しています。
札入れの中の革までスレスレで酷使されていたことがわかります。

 

 

 

 


合成皮革部は全て劣化して対面の革に色移りしています。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の御依頼ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 


傷みやすい両側カブセの折り曲げ部など各部に強化芯材を入れ込みます。

この時代の財布はモノグラム地や革素材が高品質なだけでなく、
作り込みも丁寧で丈夫です。

 

 

 


各部を強化しながら擦れ部の美観も整え組み立て直しの完了です。

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けられませんがリニューアルリペア加工ですので、
ホツレの縫い直しや強化加工だけでなく見た目も改善。

合成皮革の内張りは本革で作成交換していますので、
ベタツキ劣化の心配もなくなりました。

 

 

 

 


大きな波うち変形も改善。

 

 

 

 


20年以上経過した財布ですが引き続き活躍してくれます。

 

 

 

 


中身をスッキリさせて詰め込みすぎを避けながら丁寧に活用すれば、
まだまだ頑張ってくれる状態に強化しています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

この度は大変お世話になりました。
土曜夜に受け取りました。
20年酷使して変形や汚れ、擦り切れ欠損等々ボロボロで、もう処分しかないと
あきらめておりましたが、御社にお願いでき、よみがえりました。
見事な復元で、丁寧なリニューアルリペア加工です。
ありがとうございました。
今後は詰め込みすぎに気をつけて、大切に使いたいと思います。

東京都 A 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
構造的には新品時より丈夫になっていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

ソミュールとガマグチ


ルイヴィトンのガマグチ財布とソミュールです。
どちらもバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


長年のご使用でヌメ革パーツは限界を超えています。

 

 

 

 


擦り切れて欠損したパーツも見られます。

 

 

 

 


ショルダーの付け根はソミュールでは傷みやすい部分。

 

 

 

 


刻印入りカシメ金具も錆びて変色して革は硬化しています。

 

 

 

 


モノグラムのガマグチ財布は折り曲げ部に擦り切れ欠損が見られます。

 

 

 

 


詰め込みすぎで変形型崩れも・・・・

 

 

 

 


内部材もスレスレです。

ソミュールも財布も最高品質時代の良い品だけに残念な状態です。

 

 

 

 

 


白くなった部分は表皮が剥がれて革の繊維が露出して毛羽立っています。

 

 

 

 


当然ながら合成皮革の内張りは劣化していますので本革で作成します。

 

 

 

 


小銭入れの中も傷みやすい部分です。

 

 

 

 


財布もソミュールもリニューアルリペア加工を施しますのでバラバラに解体。

 

 

 

 


ショルダーベルトは既に切れかけていましたが修理歴があります。

 

 

 


切れた部分を重ねて縫い合わせてある独特な修理です。

 

 

 

 


負担がかかる部分ですので強化しながら元の長さを維持するのが最低条件。
しかし、両側とも重ねて縫い合わせ20センチほど短くなっていますし、
強度アップもしていませんのでデメリットの方が多いように感じます。

 

 

 

 


錆び錆びで変色したバックルを部分的に磨いたところです。
手間が掛かる作業ですが5個とも磨き直します。

 

 

 


ガマグチ財布のリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


小銭入れの中も改善させて口金金具も再メッキしました。

 

 

 


折り曲げ部など各部の強化加工で強度アップさせながら変形も改善。

 

 

 

 

 


錆びていたホックも少し磨いておきました。

 

 

 

 


年代物で加工歴があったソミュールもリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


最高品質のヌメ革で作成交換していますので現行品より丈夫です。

 

 

 

 


バックル金具の錆びもなくなりパイピング革まで新品作成。

 

 

 

 


擦り切れ欠損が見られた中央ベルトも強化芯材を入れ込みながら作成。
刻印入りカシメ金具も再生加工して元通りです。

 

 

 

 


経年変化でショルダーベルトが縮んでも本体に悪影響が出ないように、
内側に隠れる部分は長さに少し余裕を持たせています。

 

 

 


長年、お疲れ様のヌメ革パーツは良く頑張りました。

 

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けることができませんが、
リニューアルリペア加工を施すことで各部が強化されて丈夫になっています。

どちらも一度は限界を超えるまで頑張ってくれた品ですので、
擦れや汚れなどは気にしないで活用されるのが良いと考えます。

強度や耐久性は新品時よりアップしていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスの小物類


擦れや汚れが目立つエルメスの小物類です。
折り曲げ部が鋭角に折り曲るようになると使用感が増して古く見えます。

 

 

 

 


小さな手帳カバーでも折り曲げ部は傷みやすく糸が擦り切れて口が空いています。

表皮が擦れて無くなった部分は汚れが染み込んで黒くなっていますので、
折り曲げ部を強化しながら外面を出来る限り改善させます。

 

 

 


手帳カバーの内側は薄汚れ程度で綺麗です。

 

 

 

 


キーケースは小物類の中では傷みが出やすいアイテムです。
折り曲げ部4か所の擦り切れホツレや外面全体の擦れや汚れが目立ちます。

ホルダー金具の取付け部は当たりが強くなるので擦れが重症化します。

 

 

 


金属のカギを取り付けますので内側も擦れた部分に汚れが染み込んでします。

キーケースはリニューアルリペア加工でヨレヨレ感もしっかりさせながら、
出来る限り美観も改善させます。

 

 

 


二つ折り財布が一番重症です。
内部材の当たりによるクッキリとした汚れが目立ちますが全体にスレスレです。

 

 

 

 


天部は折り曲げ部だけでなく糸が擦り切れています。

 

 

 

 


口が空いたまま使用していると革の劣化や損傷が早まります。

 

 

 

 


こちら側の折り曲げ部は亀裂や欠損も見られ重症です。

 

 

 

 


外面と比較すると綺麗に見えますが全体に薄汚れや擦れが見られます。

 

 

 

 


外面にクッキリとした汚れが見えていたのは札入れの間仕切りパーツの当たりです。

 

 

 

 


内部材もスレスレですのでホックに巻いた革は破れています。

 

 

 

 


小銭入れ部のカブセやマチなどパーツは内部材の剥がれが見られます。
二つ折り財布もリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


キーケースの縫製糸を抜き取り、外面の汚れを出来る限り取り除いたところです。
表皮が剥がれた部分に手垢などの黒い汚れが染み込んでいたことが鮮明です。

 

 

 

 

 


内側も同様に。。。。

 

 

 

 


財布も縫製糸を取り除いて汚れを取り除きました。

 

 

 

 


全体に擦れていますが、とくに折り曲げ部が傷みやすいことがわかります。

 

 

 

 


内部材も同様に。。。

 

 

 

 


手帳カバーも同様に。。。。

 

 

 

 


ヨレヨレのキーケースはリニューアルリペア加工ですのでバラバラ。

 

 

 

 

 


財布もバラバラ。

 

 

 

 

 


財布の内部材の間仕切りパーツと外面革を比較すると別色に見えるほど。。。

 

 

 

 


手帳カバーの折り曲げ部に強化芯材を入れ込んだところです。

 

 

 


反対側も同様に。。。。
この後、コバ面を仕上げなおして外面の補修補色加工を施します。

 

 

 

 


二つ折り財布のリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部など各部を強化しながら組み立て直し汚れも改善させています。

 

 

 

 


手帳カバーも折り曲げ部が強化されコバ面や外面も改善。

 

 

 

 


キーケースも強化加工で丈夫になり美観も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


汚れやホツレや剥がれなどで使いづらい状態でしたが、
見た目が改善するとスッキリします。
また、強化加工で丈夫になっていることは手に取るだけで実感していただけます。

折り曲げ部が鋭角に折り曲がって押しつぶした様に変形していましたが、
強化加工で丈夫になったことで使い古したヨレヨレ感が無くなりました。

汚れや擦れなどで汚れ傷んでしまうことは避けられない小物類ですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション御中

無事に小物3点到着いたしました。
見違えるように修理していただき、本当に驚きと感謝です。
ブログも拝見しましたが、
完全にバラバラにした状態でここまで完璧に仕上げられる技術に感動です!
大切に使わせていただきます。
また、次回もお願いすることがあると思いますので、
その際はどうぞよろしくお願いいたします。
ミニギフトもつけていただきうれしかったです。(あれはかなりレアものですね!)

兵庫県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
見た目も改善しましたが強化加工で構造的に丈夫になっていることが、
長く愛用いただくうえでは効果があると思います。
傷んでしまうことは避けられない小物類ですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

モノグラム財布のリペア


外面のモノグラム地が縮んで内部材が飛び出したガマグチ財布です。

詰め込みすぎで変形も見られ状態の悪い財布ですが、
リニューアルリペア加工で活用できる状態に復活させます。

 

 

 

 


ベロ革や角部など各部にホツレが見られます。

 

 

 

 


モノグラム地が内部材より小さくなっています。
ホツレを放置したまま使用していると急激に変形します。

 

 

 

 


折り曲げ部は縫い直すことが不可能な状態です。
これもホツレを放置したまま使用していたためで手遅れです。

 

 

 

 


糸が擦り切れてホツレやすい部分はコバの塗料も剥がれやすい部分です。

 

 

 

 

 


モノグラム地のサイズが足らなくなったことで反り返ってしまいます。

 

 

 

 


この面だけで1センチ以上は縮んでいますので、
解体すると組み立て直すことが困難です。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 

 


小銭入れのマチやベロ革も解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 

 


モノグラム地に貼り合わせてある内部材の革を見ると、
モノグラム地の縮み具合が鮮明です。

サイズが合わなくなったものを組み立て直すことは不可能ですので、
出来る限り修正しながら組み立て直します。

 

 

 

 


擦れや汚れを改善させながらパーツごとに強化加工をほどこし、
パーツごとにサイズを調整しながらリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


欠損していた折り曲げ部も縫製できる状態に復活。

 

 

 

 


合成皮革素材は本革で作成交換しましたので安心です。

各部の強化加工などで新品時より丈夫に仕上げていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

LV財布の解体


ルイヴィトン モノグラム財布とキーケースです。

 

 

 

 


ホック金具が錆びて変色してモノグラム地にはカビのような汚れが見られます。

 

 

 

 


4か所の折り曲げ部は糸が擦り切れて口が空いています。
カブセに隠れる部分に白い汚れが多いことからもカビで間違いないと思います。

 

 

 


保管環境が良くなかったようで内部材にもカビが発生していたようです。

 

 

 

 


ホルダー金具も錆びて腐食しています。

 

 

 

 


財布は折り曲げ部に口が空き合成皮革の内張りが劣化しています。

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部はモノグラム地が欠損しています。

 

 

 

 


財布もカビが発生。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


合成皮革が劣化したまま放置していると対面に色移りして損傷が拡大します。

 

 

 

 


キーケースをバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


財布もバラバラ。

 

 

 

 


小銭入れ部の内張りを剥がすとカビが大量に残っていました。

 

 

 

 


小銭入れ部のカビを取り除き、モノグラム地の裏側に発生していたカビを
半分だけ取り除いたところです。

 

 

 


キーケースのリニューアルリペア加工の完了です。
劣化した合成皮革は本革で作成交換しながら芯材も強化芯材に変更しています。

 

 

 

 


錆び錆びだっホルダー金具もゴールドに復活。

 

 

 

 


財布も芯材や合成皮革を交換してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


キーケースと同様にカビや擦れはなくなりました。

 

 

 

 


ホック金具もゴールドに復活してモノグラム地のカビも改善。

どちらのアイテムもモノグラム地の縮み変形が重症で、
組み立て直すのに苦労しましたが活用いただける状態に復活しています。

保管環境が悪いと錆びやカビが発生しますので、
注意しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索