モノグラム財布


ルイヴィトン モノグラム財布とショルダーバッグ(アマゾン)です。

 

 

 

 


20年近く頑張ってくれた付け根革は作製交換が必要です。

 

 

 

 


こちら側は切れていませんが革が劣化していて時間の問題ですので交換します。

 

 

 

 


内ポケットの中の合成皮革はベタツキ劣化。

 

 

 

 


底面など各部に黒い汚れが見られます。

ヌメ革の汚れや傷がクリーニング加工で消えることはありませんが、
ベタベタしたモノグラム地の汚れは取り除きたいと考えています。

 

 

 

 


付け根革と内張りを解体。

 

 

 

 


劣化した合成皮革は対面の革にも付着しています。

合成皮革が劣化すると改善することはありませんので、
対面などに悪影響を与える前に修理するのが理想です。

 

 

 

 


付け根革の縫い付け部も内側から強化しておきます。

 

 

 

 


財布は20年以上経過していますのでリニューアルリペア加工が必要。
小銭入れの中の合成皮革が劣化していますが難易度の高い加工になります。

 

 

 

 


ポケットや札入れ部も劣化して対面に色移りしています。

 

 

 

 


コバ面の塗料は剥がれ落ちてモノグラム地と内部材が剥がれています。

特に問題はないように思えますが部材が剥がれて単体になると、
強度や耐久性が大きく低下して悪化スピードが速まります。

 

 

 


モノグラム地が単体になったことで欠損が発生しています。
コバ面のメンテナンスをしていれば防ぐことができる損傷です。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工ですのでバラバラに解体。

最高品質時代の財布ですが直営店修理ですと、
内部材を現行品質の素材で交換されてしまいますので、
良い時代の財布やバッグは慎重に思案が必要です。

 

 

 

 


ベタツキ劣化しないように合成皮革素材は本革で作成交換しながら、
色移りした部分も改善させます。

現行素材で中身を全交換するほうが何倍も楽で早いのですが、
当時の貴重な素材を出来る限り残してあげたい財布です。

 

 

 

 


欠損部やコバ面も改善してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


本革の内張りになりベタツキ劣化の心配がなくなり品質アップです。

 

 

 

 


札入れ部やポケットも同様に。。。。

この財布からベタツキ劣化する合成皮革素材はなくなり、
各部の強化加工で耐久性や強度も増しています。

 

 

 

 


アマゾンの付け根革の作成交換も完了。

表だけでなく裏面にもヌメ革を張り合わせて強化芯材を挟み込んでいますので、
手間も材料も2倍以上で縫い付け部も強化していますので、
古いバッグには安心な加工です。

 

 

 

 


各部に付着した黒いベタベタ汚れも綺麗に取り除きました。

 

 

 

 


20年も活用すれば十分に頑張ってくれたと評価できるのですが、
買い替えることができない品質ですので丁寧に取り扱いながら、
長くご愛用ください。

 

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

先程
お願いしておりましたバッグと財布を
無事に受け取りました

丁寧に梱包して頂き
またお心遣いにも感謝致します

バッグと財布
本当に綺麗に生まれ変わって
驚いております!

日記も同時に拝見し
どれだけ丁寧に慎重に
心を込めて
大変な作業をして下さったかが分かり
本当に嬉しく感謝しております

こちらでお願いして
本当に良かったと思います

これからさらに大切に
長く使って行きたいと思います

また何かありましたら
お願いしたいと思っております
その際には
どうぞ宜しくお願い致します

ありがとうございました

大阪府 W 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
合成皮革素材がなくなりベタツキ劣化の心配が無くなったことで、
安心して長く活用いただけます。
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

エルメスのベアン


エルメスのベアン長財布とキーケースです。

 

 

 

 


キーケースは傷みやすいアイテムですので色褪せや擦れがあり、
表皮が剥がれた部分には汚れが染み込んで黒くなっています。

 

 

 


金具や鍵で擦れる内側も同様に。。。。

 

 

 

 


縫製糸も擦り切れてホツレが見られます。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しが必要です。

 

 

 

 


ベロ革の外周からは白い芯材が露出しています。
強化加工を施しておくのが理想ですが今回はホツレ縫い直しとコバ仕上げで
対応します。

 

 

 

 

 


財布は折り曲げ部に擦り切れ欠損が見られます。

 

 

 

 


ベロ革の下に隠れている部分と比較すると全体の薄汚れがわかります。

 

 

 

 


内部材にもホツレがあり糸も色が抜けています。
長財布は全体を解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 

 


擦れや汚れが見られるベロ革は芯材交換からスタート。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れは避けられないものですが、
出来る限り内部材まで綺麗にしながら各部を強化して組み立て直します。

 

 

 

 


各部に強化加工を施しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


擦り切れ欠損が見られた折り曲げ部もスッキリ改善。
強度も増して丈夫になっています。

 

 

 

 

 


ヨレヨレだったベロ革も復元強化加工で丈夫にスッキリです。

 

 

 

 


キーケースのホツレ部も縫い直しコバ面の仕上げ直しも完了。

 

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けられない小物類ですが、
丁寧に取り扱えば長く活用できる状態に復活しています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エピの二つ折り財布


角部や折り曲げ部に欠損が見られるルイヴィトン エピの二つ折り財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて無くなっていますので縫い直すこともできません。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も擦り切れて欠損していますので縫製できません。

 

 

 

 


小銭入れのカブセなど内部材にも擦れがあり素材が劣化しています。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは限界を超えています。

 

 

 

 


こちらの札入れポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


ベタツキ劣化したままで放置されていたために対面の本革にも色移りしています。

 

 

 

 


ホツレ、ヤブレ、擦り切れ、欠損、劣化、擦れ、汚れ、変形、色移りなどなど、
フルコースの損傷が見られる財布ですのでリニューアルリペアになります。

 

 

 


小銭入れ部だけでもバラバラにすると多くの部材があります。

 

 

 


擦り切れ欠損で縫製もできない状態だった折り曲げ部も復活して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


本革や布地で内張りを作成交換しいますのでベタツキ劣化の心配はありません。
合成皮革が色移りした部分も改善させています。

 

 

 

 


欠損部が大きく財布が一回り小さくなってしまうことを心配されていましたが、
サイズは元のままで復活していますのでご安心ください。

各部の強化加工で構造的には新品時より丈夫ですが、
出来る限り良い状態を保てるように詰め込みすぎずに、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

お世話になります。
本日財布を受け取りました。

ブログを拝見し、解体された財布の損傷具合から、
見違えるほど綺麗に再生された財布を見て、ただただ驚いております。
本当に折り曲げ部の加工はどのように加工されたのか不思議でなりません。
また、内張りにも対策して下さり感謝しております。
これからも大切に使っていきます。

感謝の気持ちの〇〇〇○〇も大切に使用させて頂きます。
このたびはありがとうございました。

新潟県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
再び活用いただける状態に復活しましたので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

タイガ二つ折り財布


四角い財布が台形になるほど擦り減っている二つ折り財布です。
購入時はルイヴィトンのタイガ二つ折り財布だったようですが面影がありません。

 

 

 

 


持ち主以外が財布と認識するまで少し時間がかかる状態です。

 

 

 

 


内部材を見ると財布と認識できますが革の型押し模様が消えている部分もあり、
素材自体が劣化して限界を超えています。

 

 

 

 


カードを重ねて入れていたようで大きく変形して擦り切れ欠損も見られます。

 

 

 

 


開いた口が塞がらないほどの状態で愕然としましたが擦り切れヤブレだけでなく、
素材自体が劣化していてボロボロですので財布の空いた口も塞がりません。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

外面だけでなく内部材まで擦り切れて無くなっています。
カードの詰め込みすぎなど使い方も丁寧であるとは言えない財布ですが、
何よりメンテナンスのタイミングが遅すぎです。

 

 

 


合成皮革の内張り劣化など気にもならないほど各部の損傷が激しいです。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工で再び財布として活用いただけるように復活させます。

 

 

 

 


損傷がひどく手の脂分や汚れが染み込んでベタベタ感もあり、
素材劣化している外面革は代用革に交換されることでご依頼いただきました。

 

 

 

 


ベタツキ劣化しないように布地や本革で内張りを作成交換しながら、
全てのパーツに強化加工を施しリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


傷みが激しかった小銭入れの外面も作成交換しましたので、
財布として問題なく活用いただけます。

 

 

 

 


愕然とするほど傷みが激しい財布でしたが、
手放すことができない愛着の証ともいえます。

全体的な修理で構造的には新品時より丈夫に仕上げていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

(有)レザークリエーション 御中

お世話になります。

昨日、財布が届きました。予想以上の出来上がりに
大満足です。治らないと諦めていたので本当にうれしいです。

あまり詰め込み過ぎずに財布にも優しい使い方を
心がけたいと思います。

御社の技術に出会えてよかったです。
〇〇〇もありがとうございました。

また修理の際は、ぜひよろしくお願いいたします。

栃木県 A 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
残念すぎる状態まで悪化した財布でしたが、
丁寧に活用すれば、これまで以上に長く愛用いただけると思います。
大切に長くご愛用ください。

ワニ革ケリーの修理


クロコ革で作成されたケリー型のバッグです。
各部の損傷が重症で自立させることもできない状態です。

 

 

 

 


保管状態が悪く型崩れしています。

 

 

 

 


全体的に素材劣化があり変形した持ち手も裂けています。

 

 

 

 


底角も裂けて芯材が露出しています。

 

 

 

 


擦れも各部に見られます。

 

 

 

 


金具はゴールドだった痕跡を探すのが難しいほど。
付け根革や持ち手付け根も限界を迎えています。

 

 

 

 


革や芯材が朽ちるように劣化して無くなっている部分も見られます。

 

 

 

 


カブセの下に隠れる部分ですので擦れなどで欠損したわけでなく、
経年劣化が原因だと思われる症状です。

 

 

 

 


ヒネリ金具の付け根は浮き上がってグラグラしています。
解体して再生加工や再メッキが必要です。

 

 

 

 


外面だけでなく内側も重症です。

このバッグの状態で修理を受け付ける業者は少ないと思いますが、
愛用いただける状態に復活させたいという想いに全力でお答えします。

 

 

 

 


付属パーツを取り外したところです。

 

 

 

 


サイドのベルトは変形したまま硬化しています。

 

 

 

 


持ち手を解体すると芯材は粉々でした。

 

 

 

 


ベルトも解体して強化しながら変形を補正します。

 

 

 

 


付け根革も解体して強化しなければ安心して活用いただけません。

 

 

 

 


両サイドベルトや持ち手の変形もなくなりリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


付け根革も持ち手も新品時より丈夫に復活しています。

 

 

 


底角の擦れや破れ部も復活。

 

 

 

 


中に物を入れることをためらう状態だった内張りも改善しています。

 

 

 

 


ヒネリ金具のグラツキもなくなり再メッキ加工でゴールドが復活。
朽ちて欠損していた2か所もわからなくなっています。

 

 

 

 


ケリーバッグらしく凛とした立ち姿で自立するまで改善。

欠損部分や持ち手が改善しても最終的に自立してくれなければ、
ケリーバッグとしては活用できません。
難しい加工でしたが本体の強度を上げながら補正しましたので、
保管時はタオルなど詰め込んで形を整えて保管ください。

丁寧に使用すれば、まだまだ活躍してくれる状態に復活しましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

オールドバッグの修理


年代物の使い込まれたバッグですがデザインも構造も良く、
使い込んだ雰囲気が似合うバッグです。

 

 

 

 


しかし、変形型崩れだけでなく素材の劣化が激しく、
このままの状態で活用することは不可能です。

 

 

 

 


ロック金具も開閉しないので使用できない状態です。

 

 

 

 

 


素人修理した痕跡もありますが付け根の角管金具もピカピカの金色ですので、
他店様でも修理歴があるようです。

このバッグにはゴールドのピカピカ金具は似合いません。

 

 

 

 


傷みが激しいバッグですが使い込んだ全体の雰囲気は変えずに、
使用に耐えられる状態に復活させます。

 

 

 

 


内張りの劣化した合成皮革は本革で作成交換します。

 

 

 

 


バラバラに解体。
全てのパーツに強化加工を施します。

 

 

 

 


取り外した持ち手付け根の穴の大きさが違います。
カシメ金具を取り外さなければ見えない部分ですが切れる寸前でした。

 

 

 

 


負担がかかる付け根は強化が必要ですので4か所とも解体してみましたが・・・

 

 

 

 


芯材が劣化して硬化していますし切れています。

 

 

 

 


同様に。。。。
安心して活用いただけるように芯材交換しながら強化加工することにします。

 

 

 

 


カシメ金具や角管金具はアンティーク色にしながら全てのパーツを強化して、
リニューアルリペア加工の完了です。

見た目は使い込んだ雰囲気のままですが変形が改善して強度アップしています。

 

 

 

 


持ち手や付け根革も使い込んだままですが強度は新品時より丈夫です。

 

 

 

 


底鋲もアンティーク色の金具に変更。
強化加工で底面の歪みも補正されてスッキリです。

 

 

 

 


ロック金具は代用金具で変更してしまう許可もいただいていましたが・・・

 

 

 

 


しっかりと開閉できる状態にロック金具を復活させました。

少し汚れを取り除くと金具にはロゴマークが刻印されていることを発見しましたので、
代用金具に変更するのがもったいなくなり手間が掛かりましたが再生しました。

 

 

 

 


各パーツのコバ面は仕上げ直しました。
消耗パーツのファスナーも開閉がスムーズになるようにアンティーク色で交換。

 

 

 

 


劣化した合成皮革の内張りは贅沢に本革仕様で作成交換。

 

 

 

 


サイズやデザインを気に入った相方が木のような革で同じバッグを作成。

 

 

 

 


カシメ金具はホームセンターで購入したボルトナット。
革に穴が空いていた部分はターコイズ色の革で塞いだようです。

 

 

 

 


色褪せや擦れは加工せずに使い込んだ雰囲気を残したリニューアルリペアでしたが、
全体のフォルムや強度は新品のバッグと遜色なく仕上がっています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索