LVマルソーの修理


ルイヴィトンの大きなショルダーバッグ(マルソー)です。

 

 

 

 


パイピング革は擦れて表皮が剥がれて白くなっています。
また、保管状態が悪かったのか型崩れや変形があります。

 

 

 

 


底角はパイピング革が無くなるほど擦れています。

 

 

 

 


こちらの角はモノグラム地が擦れて穴が空いています。

 

 

 

 


天角も同様に。。。。
パイピング革を縫い込んだ縫製もイマイチですので改善できればと思います。

 

 

 

 

 


負担がかかるショルダーベルトの付け根は強化加工が必要。

 

 

 

 


モノグラム地が裂けた部分も見られます。

直営店でファスナー交換修理されていますので、
その時に負担がかかって裂けてしまったのでしょうか?

 

 

 

 

 


最高品質時代のバッグですので内張りは本革仕様ですが、
擦れや色褪せが見られます。

 

 

 

 


内底にはボールペン汚れも。。。。

 

 

 

 


今回はリニューアルリペアのご依頼ですのでバラバラに解体して、
各部を強化しながら組み立て直します。

 

 

 

 


付け根革も解体して強化しながら錆びて変色した金具も磨き込みます。

 

 

 

 


裂けている部分は復元強化加工で丈夫に復活させます。

 

 

 

 


こんな感じに再生。

 

 

 

 


バックルの付け根も含めて負担がかかる部分は解体して強化加工で丈夫に。

 

 

 

 


負担がかかる部分は全て強化するリニューアルリペアは手間が掛かります。

 

 

 

 


変色したバックル金具を半分だけ磨いたところです。
手間は掛かりますが綺麗に復活しそうです。

 

 

 

 


ボールペン汚れは手ごわい。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


パイピング革を作成交換しながら各部を強化してリニューアルリペアの完了です。
全体的に強化していますので型崩れも改善してスッキリです。

 

 

 

 


内張りのボールペン汚れや擦れも改善。

 

 

 

 


底角の擦り切れ穴も無くなり強化加工でスッキリして丈夫になっています。

 

 

 

 


磨きこんだバックル金具の付け根付近も強化しています。

 

 

 

 


付け根革も付け根革の縫い付け部もショルダーベルトの付け根も強化しました。
負担がかかる部分は全て強化され金具も磨きこんで改善しています。

 

 

 

 


加工前の状態と比較すると画像でも丈夫になっていることがわかります。
出来る限りの強化加工を施していますので構造的には新品時より丈夫です。

あとは使い方と保管が重要ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

オールドヴィトン修理


ルイヴィトンのショルダーバッグ(ドーフィーヌ)とトートバッグ(ウィークエンド)です。
いずれも年代物のオールドヴィトンです。

 

 

 

 


ショルダーバッグ(ドーフィーヌ)は古い品ですので擦れや劣化が見られますが、
状態を維持するためにはコバ面の仕上げ直しが最優先です。

 

 

 

 


コバ面は塗料が剥がれて芯材が露出するだけでなく接着剥がれが見られます。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


古い品ですので芯材と革の接着も剥がれてコバ面が割れています。

 

 

 

 


ショルダーベルトが切れています。
負担がかかる部分ですので芯材交換します。

 

 

 

 


擦れや色褪せも見られますが今回は芯材交換で強度のみ改善させて、
コバ面を仕上げ直します。

 

 

 

 


トートバッグのウィークエンドは底角に擦り切れ欠損が見られます。

 

 

 

 


反対側は、もっと重症で革素材の劣化も見られます。

 

 

 

 


各部に擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 

 


持ち手はコバ面がすべて剥がれてボール紙の芯材がフヤケタ状態。
亀裂も多数みられ限界を超えています。

 

 

 

 


天部は折れ込んでいますので擦れにくい部分ですが色褪せが激しいです。
ウィークエンドは劣化した外面の革部材は諦めてリニューアルリペアします。

 

 

 

 


切れていたドーフィーヌのシヨルダーベルトを解体して、
ボール紙の芯材を取り除いたところです。

 

 

 

 


芯材交換のために取り外したホック金具。

 

 

 

 


ショルダーベルトの芯材を強化芯材に変更し縫製完了。
ホックは代用金具になることを了承いただいていましたが・・・・

 

 

 

 


オールドヴィトンらしさを維持するために復活させましたので刻印も元通り。

 

 

 

 

 


ウィークエンドはバラバラに解体。

 

 

 

 

 


オールドヴィトンですので内張りは本革ですが擦れが目立ちます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


残念すぎるボールペン汚れも広範囲に。。。。

 

 

 

 

 


金具は再メッキ加工で復活。

 

 

 

 


擦れや汚れが見られた内張りも復活させました。

 

 

 

 


ボールペン汚れも改善。

 

 

 

 


革パーツを作成しながら各部を強化してリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 

 


長年頑張ってくれたパーツはお役御免です。
全ての芯材も作成交換しています。

 

 

 

 

 


ご希望通り、ファスナーは交換していません。

 

 

 

 

 


ボール紙に薄い革を張り合わせた構造でしたが丈夫な持ち手になっています。

 

 

 

 


芯材も作成交換していますので底面も丈夫です。

 

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けようがありませんが、
当社で加工した部分は新品時より丈夫な構造に仕上げています。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

ご担当者様

こんばんは。
本日受け取りました!
どちらも最近購入したような感じにリフレッシュして、
とても綺麗になり、とても感激です!
ありがとうございました!
私が産まれるより前、
恐らく40年近く前に祖母が購入して使用していた鞄達ですが、
これからも大切に使い、
私の4歳の娘がいずれ大人になった時にも使えるようにしたいです。

千葉県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
買い替えることができない品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

バケットと長財布の修理


使い込まれたルイヴィトンのバケットと長財布です。

 

 

 

 


古い品ですので革パーツは柔軟性が低下して劣化しています。

 

 

 

 


綺麗に見える持ち手も素材が劣化していますので・・・・

 

 

 

 


折り曲げると表皮が切れてしまいます。

 

 

 

 


内張りの合成皮革素材もベタツキ劣化で触ることもできない状態です。
外面のヌメ革パーツを作成交換しながら内張りを作成します。

 

 

 


財布も傷みが激しく変形や欠損などもあり基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


内部材も擦れや破れがあり合成皮革の内張りも劣化しています。

 

 

 

 

 


ガマグチ財布で横長のモノグラムは今は亡き「USAヴィトン」だけです。

 

 

 

 

 


貴重なモデルで高品質時代の素材で作成された良い品だけに、
カードポケットが擦り切れて裂けてしまうまで放置されたことが残念です。

 

 

 


口金金具のメッキはゴールドだったことがわからないほど。

 

 

 

 


口金を開閉する度に指先が擦れてしまうためか外周の革が擦り切れて無くなり、
黒い芯材が露出しています。

 

 

 


同様に。。。。
基本的には修復できない損傷ですが工夫します。

 

 

 

 


すでに限界を超えて十分に頑張ってくれた様子の財布ですが、
二度と新品購入できない品ですのでリニューアルリペア加工で、
引き続き活用いただける状態に復活させます。

 

 

 

 


バケットをバラバラに解体。

このバッグは付け根革の縫製を取り除いても革パーツは外れません。
ループの裏で刻印入りカシメ金具でモノグラム地に固定された構造なのです。
付け根革をカシメ金具で固定されていた時代のバケットは大切されるべきです。

 

 

 

 


カシメ金具を取り外して、ようやく付け根革が外れました。
バックル金具や刻印入りカシメ金具には錆びや変色が見られます。

 

 

 

 


底鋲もゴールドとは言えないほど錆び錆び。

 

 

 

 

 


財布も解体。

劣化、縮み、変形、擦れ、ヤブレなどフルコースで損傷がありますが、

パーツごとに修復しながら組み立て直します。

 

 

 

 

 


ガマグチの中の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明で表皮が剥がれています。

 

 

 

 


ベロ革も同様に。。。。

 

 

 

 


基本的には脱着不可能なホック金具を取り外してベロ革を解体。
ベロ革も強化芯材を入れ込んで丈夫に再生します。

 

 

 

 


擦り切れヤブレなど傷みが激しいパーツですが、

USAなどの刻印があるパーツですので交換することはできません。

 

 

 

 


反対側にも擦り切れヤブレは見られます。

 

 

 

 


カードポケットのパーツを裏側から見ると劣化した合成皮革の色が全面に付着。
ベタベタしていますのでポケットの内張りを作成しても接着できない状態です。

 

 

 

 


合成皮革の色移りで茶色くなっていた裏面も綺麗にクリーニング。
傷みが激しすぎて予定外の加工が次々に出てきて戦意喪失寸前です。

 

 

 

 


しかし、再メッキ加工でピカピカになった口金金具を見ると戦意復活。

 

 

 

 

 


USAガマグチ長財布のリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


擦り切れて黒い芯材が露出していた外周も復活です。

 

 

 

 


擦れが激しかった小銭入れの中も綺麗になり口金もゴールドになりました。

 

 

 


折り曲げ部も強化加工で丈夫になりコバ面も仕上げなおしています。

 

 

 

 


バケットも本革と布地を使用しながらベタツキ劣化しないように内張りを作成。

 

 

 

 


外面革パーツも作成交換してリニューアルリペアの完了です。
ループ下の刻印入りカシメも再生してバックル金具も磨きこんでいます。

 

 

 

 


当時のヌメ革に負けない最高品質の革を使用しています。

 

 

 

 

 


大掛かりな加工で悪戦苦闘しましたが多くの強化加工も施しましたので、
安心して長く活用していただけます。

買い替えできない品ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社 レザークリエーション ご担当者さま

〇〇〇〇です。
先ほど、お財布とバッグを受け取りました。
予定より受取り日が遅くなってしまったため、先にブログで修理の様子を読んでいました。
きっと、これまでいろんな状態のものをリペアしてこられたにもかかわらず、
私の依頼品は戦意喪失されるほどのものだったかと恥ずかしくなりましたが、
受け取ってみて、やはりお願いして良かったと思いました。

お財布は、20年以上前の人生の転機に思い切って購入し、それから毎日使ってきました。
私の浮き沈みとともに、お財布に入れられるお金が増えたり減ったり、
どんな経済状態のときもこのお財布でした。
そして去年また人生の転機を迎え、これまでのいろいろを忘れないために、
リペアして使い続けたいと思っての依頼でした。
想像していた以上に、頑丈に、綺麗になっていて驚きました。
とても嬉しいです。

お財布とは逆に、楽しかった思い出がいっぱい詰まっているバッグ。
内部がベタベタに劣化して使えなくなってからも捨てられずにいましたが、
今回のリペアでまた使えるようになって感激です本当にお世話になりました。
お財布もバッグも、大切に飾っておきたいくらいの仕上がりですが、
明日からまた使わせていただきます!
直営店で、古すぎてパーツがないと修理を断られて困っていましたが、
レザークリエーションさんに救っていただきました。
ありがとうございました。

東京都 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
一生の間には、いろんなバッグや財布に出会いますが、
大掛かりな修理を施してまで使い続けたいと思える品に出会えることは少ないです。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

プチノエと二つ折り財布


年代物のプチノエと二つ折り財布です。
古い品だけに丈夫な素材で丁寧に作成された良い品です。

 

 

 

 


古い品ですので底面にはシミ汚れがあり革パーツは経年劣化で硬化しています。

 

 

 

 


良い品ですので革パーツを全て交換するのが理想的ですが、
今回は傷みが激しいテーピング革のみ新品の革で作成交換の御依頼です。

 

 

 

 


二つ折り財布は欠損や劣化があり直営店では断られてしまう状態です。

 

 

 

 


内部材も変色や汚れや擦れだけでなく劣化が激しく限界を超えています。
1988年に作成された最高品質の財布でなければ諦める状態です。

 

 

 

 


このままでは長くは使用できませんのでリニューアルリペアを施します。

 

 

 

 


内張りも本革が使用されていたころの財布ですのでベタツキ劣化はありません。

 

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 

 


小銭入れのカブセも折り曲げ部は擦り切れて穴が空き、
全体的に劣化していることがわかります。

 

 

 

 


パーツごとにチェックしていくと各部に擦り切れや穴開きが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


黒い汚れを取り除くと表皮が剥がれた擦れ具合がわかります。

製造からの年数を考えると納得できますし、
これほど長持ちする品質の財布を製造していたことが凄いです。
ルイヴィトンは頑丈というイメージは、このころの製品のおかげです。

 

 

 


新品のヌメ革でプチノエのテーピング革の作成交換完了です。

当時のヌメ革に負けない品質の革を使用していますし、
すぐに色焼けしてきますので周囲の革に馴染んできます。

 

 

 


手遅れ状態だった二つ折り財布もリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


20か所以上の強化加工が必要でしたが内部材も復活。

 

 

 

 


小銭入れの中も綺麗です。

 

 

 

 


さすがに内張りも劣化していましたので新品の革で作成交換しています。

全体的な強化加工で構造的には新品時より丈夫に仕上げていますので、
使い始めは固さを感じるかもしれませんが少しずつ馴染ませながら、
大切に長く活用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

マルチカラー財布


モノグラム マルチカラー財布とグッチ長財布です。

 

 

 

 


グッチ財布は擦れや色褪せが重症です。

 

 

 

 


擦れだけでなく天部には凹んだ変形もあります。

 

 

 


折り曲げ部は強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


表皮が剥がれて白くなった部分が多いですが補色できるように表面補修が必要。

 

 

 

 


カブセを開いた内側にも擦れが見られます。

 

 

 

 


対面のカードが擦れてしまうので避けられないものですが・・・・

 

 

 

 


引手革も芯材が切れていますので強化します。

 

 

 

 


表面にモノグラム柄がプリントされている素材ですので、
擦れてしまうと柄は薄くなっていきます。

汚れを取り除こうとするとモノグラム柄まで消えてしまいますので、
表面クリーニングは不可能です。

 

 

 

 


外周のヌメ革は汚れや擦れが見られ交換を希望されています。

 

 

 

 


ホック周囲の黒い汚れ程度なら取り除くことが可能ですが、
長年の使用で変色したものはプリントに影響してしまいます。

 

 

 

 


擦れやすい部分は柄が薄くなっています。

 

 

 

 


折り曲げ部は亀裂や欠損が見られます。
本体に損傷がなければよいのですが・・・・

 

 

 

 


内部材も擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


カードポケットの仕切り部はギリギリでつながっている状態ですので強化します。

 

 

 

 


小銭入れ部はカブセの開閉で指先が擦れて表皮が剥がれています。
この辺りは使い方を工夫することで避けることができる損傷です。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れは避けることができません。

 

 

 

 


角部の金具を取り外すことができなければ解体できない財布です。
脱着不可能な修理店が多いので修理を断られてしまう確率が高い財布です。

 

 

 

 


バラバラ。

 

 

 

 


ヌメ革に欠損が見られた折り曲げ部は本体にも亀裂が入っていました。
折り曲げ部は4か所とも同じ症状が見られますので強化します。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明に。。。。

 

 

 

 


カードポケットも解体して強化します。

 

 

 

 


折り曲げ部を強化してクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


カードで擦れて表皮が剥がれた部分も補修補色加工で改善させました。

 

 

 

 


引手革も強化芯材で丈夫に復活。

 

 

 

 


マルチカラー財布もリニューアルリペア完了です。
ヌメ革だけでなく劣化したボール紙の芯材も交換しました。

 

 

 

 


ホック周りの汚れも取り除きコバ面も仕上げなおしました。

 

 

 

 


金具は元通りに取り付けただけでなく再メッキ加工でゴールドが復活。

 

 

 

 


内部材の擦れや汚れも改善。

 

 

 

 


小銭入れの中も綺麗になりました。

 

 

 

 


仕切り部も簡単に切れてしまわないように強化しています。

 

 

 

 


使用頻度が高い財布が傷んでしまうことは避けられないものですが、
丁寧に使用すれば、まだまだ活躍してくれる状態になりました。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチの修復


グッチ(GUCCI)とキャシャレル(cacharel)のショルダーバッグです。

 

 

 

 


キャシャレルのバッグは外周テーピング革が擦り切れています。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


テーピング革の擦れは全体に見られます。

 

 

 

 


後ポケットの天部テーピング革もスレスレ。

 

 

 

 


ショルダーベルトなどにも擦れが見られますが、
今回は外周テーピング革の作成交換のみご依頼いただきました。

 

 

 

 


オールドグッチは塗装や修理歴があります。

 

 

 

 


古い品ですので革や芯材は劣化しています。

 

 

 

 


金具はメッキが剥がれただけでなく錆びや腐食が・・・

 

 

 

 


革はボロボロですがパイピングは樹脂のため擦れにも強く丈夫です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


内張りは直営店で交換したとのこと。

 

 

 

 


前ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


切れてしまった付け根革は瞬間接着剤でダメージを与えています。
瞬間接着剤を使用して素人修理したものは手遅れになることが多いです。

 

 

 

 


本体に瞬間接着剤で張り付けているので本体が硬化して裂けています。
金具も接着されていて動かない状態です。

 

 

 

 


交換するテーピング革を解体。
一目一目糸を抜き取って解体するのは時間がかかります。

 

 

 

 


ここまで解体したので後ポケットのテーピング革も交換します。

 

 

 

 


グッチの直営店で交換した内張りを取り外してみると芯材がボロボロ。

 

 

 

 


他店様での加工歴や素人塗装や瞬間接着剤のダメージなど、
諦めるしかない状態ですがリニューアルリペアで復活させます。

 

 

 

 


瞬間接着剤で張り付いた付け根革を取り外すだけで一苦労しました。
本体が裂けていますし硬化もしていますので内側から強化加工を施します。

 

 

 


錆びや腐食が見られた金具を研磨したところです。
再メッキ加工で復活させます。

 

 

 

 


キャシャレルのテーピング革の作成交換の完了です。

 

 

 

 


オールドグッチもリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


金具もピカピカに復活。

 

 

 

 


本体全体にも芯材を入れ込んでありますので構造的には新品時より丈夫です。

 

 

 

 


直営店や他店様では修理不可能と断られ当社にたどり着いていただきました。

どちらのバッグも引き続き活用いただける状態に復活しましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

本日受け取りました。
驚くほど新品以上と思えるリニューアルリペアの技術に本当に驚いています。
どこの修理屋さんでも断られて諦めかけていたバックでしたが
こんなに綺麗に蘇るなんてレザークリエーションさんに依頼して本当に良かったです。
ありがとうございました。
これからも大事に使います。
またぜひ修理を依頼したい信頼できる修理屋さんに出会えて本当に良かったです。
長い間本当にありがとうございました。

 

神奈川県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
当社で加工した部分は新品時より丈夫に仕上がっています。
大切に長くご愛用ください。