ヴィトンのヌメ革交換


ルイヴィトンのバティニョール オリゾンタル(batignolles horizontal)です。

持ち手は直営店で交換歴があるようですが全体に変形型崩れも見られます。
今回は外面のヌメ革パーツの作成交換のご依頼です。

 

 

 

 


本体は波打ち変形してヌメ革パーツは劣化が見られます。

 

 

 

 


天部テーピングは劣化。

 

 

 

 


擦り切れたパイピング革は芯材が露出しています。

 

 

 

 


底角のパイピング革も同様に。。。。

 

 

 

 


劣化した革は柔軟性がなく硬化しています。

 

 

 

 


便利に使えるバッグだけに傷みも激しくなります。
2009年1月に作成された品ですので残念ながら現行品素材のバッグです。

 

 

 

 


モノグラム地には複数の亀裂も見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 

 


交換歴がある持ち手付け根の金具と比較すると錆び錆びの尾錠。

 

 

 

 


磨きこむことで輝きを逆転させました。

 

 

 

 


持ち手の先端は折り返すので厚みを薄く加工するのですが・・・・

 

 

 

 


薄くするために芯材がなく裏面のヌメ革も途中までです。
負担が掛かる持ち手の付け根が一番強度の低い構造です。

 

 

 

 


ヨーロッパからヌメ革の到着。
時間をかけて植物タンニン鞣しされた最高級品のヌメ革ですが高価すぎます。

 

 

 

 


ヌメ革パーツの作成交換の完了です。

持ち手付け根部は両面の革を加工して芯材を入れ込んでいますので、
折り返し部の内側にもヌメ革があり丈夫です。
裏面を取り除いた量産品の持ち手とは見えない部分の構造が違います。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


全てのパーツに芯材を入れ込んでいます。

 

 

 

 

 


予定外でしたがモノグラム地の亀裂や変形も気になりましたので、
悪化しないように強化して組み立て直しました。

強化加工で変形も改善してスッキリしましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーションの皆さま

こんにちは、〇〇です。
本日、修理依頼品3点を受け取りました。
ありがとうございます。

特にヴィトンのバッグに関しては、まるで新品のようです!
正直、修理費用は決してお安くはありませんが、
直営店に依頼するより遥かに高品質で丈夫な状態で戻ってきたことに、感動致しました。
御社にお願いして本当に良かったですし、もっと早く知っていれば、とすら思います。

長く愛用できるよう、大切に使わせていただきますね。
また今後もメンテナンス等でお世話になる際は、どうぞ宜しくお願い致します。

取り急ぎお礼まで。

沖縄県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

重症のエピ財布


ルイヴィトン エピの二つ折り財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部はボロボロで縫い直すこともできません。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部もなくなっていまして劣化も見られます。

 

 

 

 


角部もなくなっています。

 

 

 

 


小銭入れも完備で便利な財布です。

 

 

 

 


小銭入れの折り曲げ部は鋭角に折り曲がり擦り切れています。

 

 

 

 


当然のように合成皮革部は劣化。

 

 

 

 


メンテナンスするには遅すぎで手遅れ状態の財布ですが、
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れのカブセも解体して折り曲げ部を強化しながら穴を塞ぎます。

 

 

 

 


小銭入れカブセの折り曲げ部には芯材がありません。

 

 

 

 


外面は折り曲げ部や角だけでなく擦り切れヤブレ部の方が多いくらいです。

 

 

 

 


基本的には修復不可能。

 

 

 

 


ここまで放置してから修理するよりは綺麗なうちに強化しておく方が、
良い状態を保ちやすくなり得策と言えます。

 

 

 

 


角部もなくなっています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


内部材も折り曲げ部は擦り切れて穴が空き欠損しています。

全ての欠損部を部分的に作成して強化しながら組み立て直します。

 

 

 

 


欠損して縫製できない状態だった折り曲げ部や外周を部分的に作成して縫製。
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


内部材の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


大きな穴が空いていた下側の折り曲げ部も縫製できるように復活。

 

 

 

 

 


無くなっていた角部も復元。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


鋭角だったカブセの折り曲げ部も強化しながら擦り切れ穴を塞いでいます。

 

 

 

 


本体の折り曲げ部も強化されています。

 

 

 

 


合成皮革の内張りも本革仕様になり各部の強化加工や再製で、
引き続き活用いただける状態に復活です。

限界を超えるまで活用された財布ですので丁寧に取り扱いながら、
今後は早めのメンテナンスをすることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ダミエ財布の修理


ルイヴィトン ダミエのパスケースと財布です。

 

 

 

 

 


パスケースの内側には擦れや汚れが見られますが今回は見送ります。

 

 

 

 

 


パスケースは擦れやすい外周のコバ面を仕上げ直しのご依頼です。

 

 

 

 


全体を悪化させないためにもコバ面は重要です。

 

 

 

 


ダミエ財布も擦れが目立ちます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


可動する折り曲げ部はコバ塗料が無くなり部材が剥がれています。

 

 

 

 


内部材にも擦れや小傷や汚れが見られます。

 

 

 

 


白くなって埃が積もったように見える部分も簡単に拭き取ることができません。
汚れが染み込んだのか色あせなのかわからない状態。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは劣化しています。

 

 

 

 


財布は全体を解体してのリニューアルリペア加工のご依頼です。
劣化した合成皮革素材は本革で作成して各部に強化加工を施して組み立て直します。

 

 

 

 


パスケースのコバ面仕上げ直しと財布のリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


パスケースは剥がれていたコバ面を整えたあと仕上げ直しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


財布も擦れ部やコバ面を仕上げ直してスッキリです。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


内部材の汚れや小傷も改善。

 

 

 

 


小銭入れの中もスッキリです。

 

 

 

 


白っぽく汚れていた部分も綺麗になりました。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工のダミエ財布は外面全体に芯材を追加していますので、
構造的には新品時より丈夫になっています。

製造から20年近く経過した品ですので良い素材で作成されています。
買い替える事が出来ない品質の品ですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

モノグラム財布


ホツレ、擦れ、欠損、変形など、とても状態が悪いモノグラム財布です。

 

 

 

 

 


手遅れといえる状態で引き続き使用するためには大掛かりな加工が必要です。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて欠損していますのでに直すこともできません。

 

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


両面にあるカブセの折り曲げ部もコバ塗料が剥がれて口が空いています。

 

 

 

 


口が空いたまま使用を続けるモノグラム地が縮んで内部材が飛び出したように、
変形してしまいますので縫い直すこともできません。

 

 

 

 


16年間活用してきた財布で思い入れのある品とのことで、
リニューアルリペア加工を施し引き続き活用できる状態に復活させます。

 

 

 

 


口が空いたまま使用していたのでボール紙の芯材も真っ黒。

 

 

 

 


この財布は各部に数種類の芯材が入れてあり丁寧に作成されています。
良い職人が丁寧に作成した品だけに、ここまで放置されたのが残念です。

 

 

 

 


内部材も擦れや汚れが・・・・

 

 

 

 


ホック金具を取り外して芯材も取り除きましたので丈夫に作成交換します。

 

 

 

 


マチ革の薄い革も接着を剥がして強化芯材を挟み込みます。

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。
表皮が剥がれた部分を補修加工で整えたあと補色します。

 

 

 

 


全ての芯材を作成交換して合成皮革の内張りは本革で張り替え、
各部を強化しながらリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


丈夫になり引き続き活用いただけそうです。

 

 

 

 


折り曲げ部も強化しながら縫製できる状態にしてコバ面を仕上げ直しています。

 

 

 

 


限界を超えるまで活用された財布ですが活用いただける状態に復活しています。

詰め込み過ぎが原因の損傷も多数ありましたので、
出来る限り中身を減らして適切に愛用されることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

昨日届きました。
ブログも拝見しました。

新品以上の仕上がりで感動しました(^-^)

大切に使います。
ありがとうございました。

青森県 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
強化芯材などで構造的には新品時より丈夫になっていますので、
丁寧に使用しながら長くご愛用ください。

ベアンコンパクト


エルメスの財布(ベアン コンパクト)です。

 

 

 

 

 


ベアンでは傷みやすいベロ革は表皮が擦れた部分に汚れが染み込み、
茶色くなっている部分があり周囲からは毛が生えたように芯材が露出しています。

 

 

 

 

 


付け根のループ革も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部も擦れやすく縫製糸も擦り切れています。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しが必要。

 

 

 

 


外面は全体に擦れや色あせが見られます。

 

 

 

 


内部材を見れば丁寧に使用されていることがわかります。
詰め込み過ぎないで正しく使用すると良い状態を保てる見本です。

綺麗に使えない人が見ると「あまり使用していないだけじゃないの?」と、
考える方もいると思いますが・・・・

 

 

 

 


小銭入れのマチが擦り切れて破れるほど、しっかり活用されています。

 

 

 

 


今回はリニューアルリペア加工のご依頼ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 


ベロ革の下で擦れにくい部分を見ると全体の色あせがわかります。

 

 

 

 


ベロ革もバラバラ。

 

 

 

 


0.3ミリの厚みしかない革を破らずに剥がしてマチにも強化加工を施します。

 

 

 

 


外面も内部材を剥がして折り曲げ部など各部に強化加工します。

 

 

 

 


汚れが染み込んで変色していた部分の汚れを取り除くと、
表皮が剥がれて革の繊維が露出していることがわかります。
擦れ部を整える補修加工のあと補色します。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


お札やレシートなどの汚れが付着していた札入れも改善。

 

 

 

 


小銭入れの中も綺麗になりマチも強化加工で丈夫に。。。。

 

 

 

 


擦れやホツレがあった折り曲げ部は強化加工で新品時より丈夫です。

 

 

 

 

 


財布を綺麗な状態のまま使い続けるのは難しいですが、
強化加工などで構造面を見直していますので耐久性がアップしています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション ご担当者 様

本日、コンパクトベアンを受け取りました。
新品かと思う程、綺麗に完璧に修理して下さり
どうもありがとうございます。
大切に使います。本当に嬉しいです。
可愛い〇〇〇〇〇もありがとうございます。

また、HPにて修理受付が開始されましたらご依頼いたします。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

東京都 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い財布です御出大切に長くご愛用ください。

コードバンで作成


目を疑う程ボロボロのホワイトハウスコックスの財布です。

 

 

 

 

 


後面も同様にボロボロ。

 

 

 

 


外面は全体的にボロボロです。

 

 

 

 


折り曲げ部はボロボロというよりも擦り切れて存在しない状態。

 

 

 

 


反対側は折り曲げ部だけでなく外周全体が擦り切れていてボロボロ。

 

 

 

 


内布もボロボロ。
限界を超えるまで活用されています。

 

 

 

 


内部材を見て、ようやく財布とわかる状態です。
外面の状態から比べるとましですが内部材も十分にボロボロです。

内側に折り返した外面革を見ると外面はネイビー色の革だったようです。

 

 

 

 


折り曲げ部は内部材も擦り切れて欠損していますので縫製できない状態。

 

 

 

 


ホックは青錆が見られ汚れや変形は全体に見られます。

 

 

 

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


外面は黒い革と比較しても黒いです。
擦れた表皮に汚れや手垢などが染み込んで黒くなっています。

 

 

 

 


ホワイトハウスコックスはブライドルレザーと呼ばれる牛革ですが、
今回はネイビーの馬の尻革(コードバン)で外面革を作成するご依頼です。

世界的にトラクターなどが普及して農耕馬が減少したこともあり、
コードバンは革のダイヤモンドと呼ばれるくらい貴重な素材になっています。

 

 

 

 

 

 


小銭入れの内張り革や内布を作成交換してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


各部に強化加工を施しながら丈夫に組み立て直していますので、
丁寧に活用しながら少しずつ馴染ませて育てていく必要があります。

 

 

 


革の繊維が緻密で牛革の5倍の強度があると言われるコードバンですが、
良い状態のまま風合いを増していくにはお手入れは必要。

 

 

 


財布と認識するのに少し時間がかかるほどの状態でしたが、
活用いただける状態に復活しました。

上手に育て上げていただき数年後に雰囲気の増した姿を見れると嬉しいです。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
本日受け取りました。

最初箱を開けると白っぽく見えてまさかのナチュラルで外側を再生させたのかと驚き、
パッキン包装にさらに茶紙で包装された紙を外すと、
レザークリエーション製の別次元のネイビーのコードバンの
三つ折りの元ホワイトハウスコックスの財布がありました。
開けると新品の様に輝く見慣れたというか、若返った馴染みの財布がありました。
ありがとうの言葉では感謝を伝えきれない感情が湧き上がって、
凄く嬉しくて、ただ、ただ、テンションが上がりまくってました。

震災の後、自主避難して夢中で大阪で暮らしていた時に一緒でボロボロの財布が、
大阪の職人さんの手で、まだまだやれるし、ちゃんと育ててくれよな?そして、お前もな。
今度はあそこまでボロボロは勘弁な。って言われたような、
立ち直りきれてない自分に、喝を入れられた感じです。

この素敵な宝物と一緒にまた年を重ねていけることに尽力いただいた
レザークリエーションに感謝です。
もちろん、ほんの気持ちもありがたく頂戴致します。
素敵でスキがない感じです。
財布ともども大切にします。
言葉に出来ない想いって本当にあるんですね。
やっとバトンタッチ出来ます。

福島県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
多用する財布の汚れや擦れは避けられませんが、
構造的には丈夫に仕上げていますので、
丁寧に取り扱いながら長く活用ください。