LV二つ折り財布


ルイヴィトンのモノグラム二つ折り財布(M61665)です。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れ欠損があり縫い直すことも出来ません。
基本的には修復不可能ですので手遅れ状態です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分で革が擦り切れて無くなっています。

 

 

 


反対側の角部も革が無くなっています。

手遅れ状態になってから修理するよりも早めのメンテナンスをする方が、
財布やバッグは長持ちしますし良い状態を保ちやすくなります。

 

 

 


合成皮革の内張りも劣化していますのでリニューアルリペアで、
出来る限り改善させます。

 

 

 


バラバラに解体して革部の汚れや色移りを取除きました。

最高品質時代の良い品ですので擦れが目立つ部分を補修補色して、
各部を強化しながら組み立て直します。

 

 

 


最高品質時代の革ですので塗料の厚塗りはせずに補色しました。

 

 

 


各部を強化しながら角部の欠損も修復しています。

 

 

 


合成皮革の内張りは本革で作成交換しました。
折り曲げ部も縫製可能な状態に復活させています。

各部の強化加工でしばらくは固く感じますが、
使い込みながら少しずつ馴染ませてください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ケリーバッグ修理


エルメスのケリーバッグとエピのプチノエとルブタン財布です。

 

 

 

 


プチノエは付け根革が切れています。

 

 

 


反対側も限界です。
変色したカシメ金具を取り外して部分的に作成しながら強化します。

 

 

 


他店様で塗装したバッグですので本来の状態がわかりませんが、
各部に亀裂などが見られる状態です。

 

 

 


天部にも亀裂がありますが今回は付け根革の御依頼です。

 

 

 

 


持ち手は塗装剥がれも発生しています。

加工歴がある品は本来の状態がわかりませんので、
修理を受け付けるには大きなリスクがあります。

 

 

 


ルブタン財布の折り曲げ部には擦れだけでなく変形も見られます。

傷みやすい部分ですので強化加工をご提案しましたが、
今回はコバ仕上げで対応します。

 

 

 


角部も同様に。。。。

 

 

 

 


カードポケットの破れや小銭入れのマチの変形から、
少し詰め込みすぎかもしれません。

 

 

 


裂けたカードポケット部を解体して復元強化加工を施します。

 

 

 

 


素材の経年劣化や損傷が激しいエルメスのケリーバッグは、
全体的な加工が必要です。

 

 

 


こちらの付け根革も切れています。

しかし、付け根革よりも無数のひび割れが見られるカブセや持ち手の方が、
革の劣化が激しく重傷です。

 

 

 


カブセの内側も擦れや汚れだけでなくカビが発生していたような、
シミが全体に見られます。

 

 

 


内ポケットは間仕切りステッチが劣化してほつれています。
大きく解体して擦れなども改善させながら縫い直します。

 

 

 


底角だけでなく外周は表皮が擦り切れてなくなっています。

 

 

 


残念すぎる状態で、劣化した革が新品時に戻ることはありませんが、
カブセ付け根など負担が掛かる部分は強化加工を施して、
急激な悪化を抑える加工が必要です。

 

 

 


マチ部材やカブセ付け根の切れた部分は強化しないと、
大きく裂ける心配があります。

 

 

 


プチノエの内張りを解体してカシメ金具を取り外しました。
刻印があるカシメ金具は元通りに再生して付け直します。

 

 

 


傷んだ部分を作成します。

 

 

 


ルブタン財布も解体して裂けた部分を強化しながら再生します。

 

 

 


附属パーツを取り外しました。

 

 

 


持ち手の裏面は縫い直すことも出来ないほど擦り切れて欠損しています。

 

 

 


付け根革を取り外すとカシメ金具が隠れています。

 

 

 


カブセ天部に入れられた鉄芯を固定するためのカシメ金具です。
当然、鉄芯を取り外さなければ付け根革を付け直すことはできません。

 

 

 


内ファスナーポケットもカビが発生していたようです。
ファスナーも限界を超えていますので交換が必要。

 

 

 


鉄芯だけでなくカブセ裏やファスナーも取り外しました。

 

 

 


長年のご使用で良いところが残っていない状態のケリーですが、
年代物ですので作り込みは丁寧で高品質です。

 

 

 


各部に強化加工を施しながら組み立て直します。

 

 

 


マチの縫い合わせ部は裂けています。

 

 

 


マチ天部は負担が掛かる部分ですので内張りを剥がして、
強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


ルブタン財布のカードポケットの復元強化加工の完了です。

 

 

 


コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 


プチノエの付け根革も丈夫に部分作製完了。
刻印入りカシメ金具も磨き直して再生しています。

 

 

 


エルメスのケリーバッグもリニューアルリペアの完了です。
ご要望通り、出来る限り濃い紺色で補色しています。

 

 

 


切れていた付け根革は新品時より丈夫に強化して、
限界を超えていた持ち手は作成交換しました。

カブセの両サイド折り曲げ部やマチ天部なども強化加工を施して、
構造的には丈夫になっています。

 

 

 


ユルユルだったヒネリ金具も長持ち優先で少し固めに加工してあります。

出来る限り見た目も改善させましたが劣化した革の表皮に、
ひび割れが出てくるのは避けようがありません。

すでに限界を超えるまで活用された年代物ですので、
今更、細かなひび割れを気にして活用しないのはもったいないと思います。

構造的には新品時より丈夫になっていますので、
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 御中

お世話になっております。
出来上がったバックの写真を拝見いたしました。
驚きと、感謝の気持ちでいっぱいです。
特にケリーは祖母が使っていたものがよみがえり、
将来娘に渡せるよう
これから大事に大事に使っていきます。
現物を見た母も「魔法がかかったみたい」と
興奮気味に電話をかけてきました。
実は他にも数点修理したいバックがあります….
次回の修理受付日を逃さないよう、更新を心待ちにしております。
3月に入りましたが、寒さが残る日もあるかと思います。
お風邪などひかれませんように。
本当にありがとうございました。

 

ハワイ州 M 様

ケリーは各部の強化加工などで構造的には活用いただける状態に、
仕上げることが出来ました。

しかし、保管状態や使い方の問題もあるだけでなく、
年代物ですので素材劣化が見られるバッグであることに、
変わりはありません。

出来る限り丁寧に取扱いながら、
大切に活用されることをお勧めします。

バティニョール


とても頑張ってくれた様子のルイヴィトン バティニョールと、
本体がくの字に折れたオーストリッチ革のバッグです。

バティニョールのモノグラムもベコベコ状態です。

 

 

 


オーストのバッグは合成皮革の内張りが劣化しています。

 

 

 


前ポケットだけでなく本体も同様に。。。。

 

 

 


持ち手のコバ面は仕上げ直しが必要。

 

 

 


ルイヴィトン バティニョールはヌメ革が限界です。

 

 

 


底角だけでなく硬化した革はバキバキ状態。

 

 

 


革パーツはひび割れ劣化があり金具も変色しています。

 

 

 


天部テーピング革は擦れやすく表皮が無くなった状態です。

 

 

 


外面のヌメ革パーツを作製交換します。

 

 

 


パイピング革も交換しますのでバラバラです。

 

 

 


ヌメ革パーツを作製交換してもベコベコ状態のモノグラム地が残念。

 

 

 


金具の変色も残念すぎますので、まずは尾錠だけ磨いてみました。

 

 

 


オーストリッチは合成皮革から本革に素材を変えて作製交換の完了。

 

 

 


持ち手コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 


バティニョールのヌメ革パーツの作製交換も完了。

付け根革や持ち手先端など負担が掛かる部分は裏側までヌメ革です。
この辺りの品質の違いは理解してもらえない部分ですが重要。
一般的には金具の変色が改善していることの方が喜ばれますが・・・

 

 


パイピング革も少し厚みを増した革で作製。
重傷だったマチ底付近のベコベコ変形も改善させておきました。

 

 

 


本体のくの字に折れたりベコベコ変形も強化しながら改善。

 

 

 


内側ですがナスカン金具の付け根革も作製しておきました。

 

 

 


オーストのくの字に折れた変形も改善させましたので自立します。
どちらのバッグも丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 御中

こんばんは。
本日は、大変お世話になりありがとうございました。

主人が帰宅後、出来上がったバッグを見せたところ
「えっ?新品やん!?どういうこと?」との嬉しすぎる反応!!!
正に、甦り以上の出来栄えに、ただただ驚いておりました!

「修理に出して良かったなぁ~。これならずっと使えるやん!」
とも言ってくれて、しかもバックが2つだったことも初めて知ったらしく
(ちゃんと伝えたのですが、理解してなかったみたいです・・・)

「これは、こんだけの(修理代のこと)すごい値打ちあるわ!ほんまに凄いな!」
と、普段は服にも鞄にもあまり関心の無いタイプなのに
まるで自分の鞄かのように喜んでくれたので、私も更に嬉しくなりました。

今回、ご縁が頂けたことに感謝すると共に、修理への丁寧なお心遣いを感じ
どちらのバッグも購入時以上に愛しさが更に加わり、本当に素敵になりました。
本当にありがとうございました。

早速、オーストリッチの方には、ラッピーをコサージュにして巻いたり
「記念写真」を取って、一人で「Before ⇒ After」しております。笑

教えてくださったミンクオイルも、近日中に購入しようと思っています。

大阪の緊急事態宣言の解除も見送りで、コロナ禍が落ち着くのもまだ先のようですし、
まだまだ寒さも続きますので、どうぞご自愛ください。

大阪府 W 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丈夫に仕上げていますので大切に長くご愛用ください。

クロコのベアン


クロコ革のエルメスの長財布(ベアンスフレ)です。

擦れや色あせがありベロ革も傾いています。
コバ面やクロコ革など塗装歴もありリニューアルリペアを施します。

 

 

 


ベロ革の傾きは縫い付け部の問題のようです。

 

 

 

 


折り曲げ部付近には変形型崩れが見られます。

 

 

 


正面も全体的に大きく波打ち変形があります。

 

 

 

 


底面の折り曲げ部は鋭角に折れ曲がってフ割れもあります。

 

 

 

 


内部材も変形があります。
対面に入れたカードが擦れる部分は避けようが無い損傷です。

 

 

 


ベアンにマチがあるベアンスフレ。
マチがある分だけ容量が大きいモデルです。

 

 

 


こちら側のマチは変形して外周より飛び出した状態です。

 

 

 


全ての縫製糸を取除いてバラバラに解体。

 

 

 


クロコ革の裏面には芯材が貼り合わせてあります。
各部の変形からも、すでに役立ってないので取除きます。

 

 

 

 


変形していたマチは内張りの薄い革を剥がして芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


負担が掛かる部分ですので反対側のマチも解体して強化します。

 

 

 

 


クロコ革パーツに強化芯材を挟み込んで外面の汚れを取除いたところです。

 

 

 

 


汚れや塗装された塗料を取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


白くなっている部分は表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。
汚れや塗装を取除くまでは当社でも本来の状態はわかりません。

 

 

 


H金具のメッキ剥がれも改善させながら組み立て直して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


折り曲げ部も強化してコバ面も仕上げ直しています。
変形して外周より飛び出していたマチ部材も丈夫に補正しています。

 

 

 


小銭入れの中など内部材も擦れや汚れを補色して変形も改善。

 

 

 


後面も変形や擦れや色あせがなくなり折り曲げ部もスッキリです。

 

 

 

 


ベロ革の傾きもなくなり、全体の波打ち変形も改善して凜々しくスッキリ。

各部の強化加工で構造的には新品時より丈夫ですが、
変形や色あせが見られるほど長年使い込んだ財布ですので、
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
本日、品物を受け取りました。
凄く丁寧に綺麗になおして頂き本当にありがとうございます。
これからも長く大切に愛用していきたいと思います。

 

三重県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
他店様での加工暦がある品でしたので、
ノークレーム加工で承りましたが、
高品質な財布であることに変わりありませんので、
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

グッチとディオール


年代物のディオールとオールドグッチのミニボストンです。
グッチのミニボストンは変形したまま硬化していてカチカチです。

 

 

 

 


古いディオールはロック金具が破損していてカブセが閉まらない状態。

 

 

 

 


この金具は古くなると壊れてしまう定番の損傷です。
カブセ側は変更しなくても使用できる代用金具で交換します。

 

 

 

 


ショルダーベルトがあたるので負担が掛かるカブセの折り曲げ部も、
変形していますので解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


硬化したオールドグッチのミニボストンは全体的な加工が必要。

 

 

 

 


底角4カ所は布地が擦切れて破れています。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。
パイピング革もスレが重傷。

 

 

 


革部材は色あせてコバ面は塗料が剥がれて毛羽立っています。

 

 

 


擦れや色あせは全体に見られます。

 

 

 

 


持ち手も白くなりコバ塗料も剥がれています。

見た目の問題だけでなく変形硬化した状態では使用できませんので、
リニューアルリペア加工で活用できるように復活させます。

 

 

 


ディオールはショルダーベルト取り外して折り曲げ部を解体します。

 

 

 

 


グッチのミニボストンを解体。

 

 

 

 


黒い芯材を剥がしましたが本体は硬化したままです。

 

 

 

 


表地に張り合わされた芯材も剥がします。
芯材の硬化だけでなく変色や汚れからも年期が感じられます。

 

 

 

 


持ち手の汚れを取除いたところです。

 

 

 

 


汚れや変色が見られた持ち手の金具は再メッキ加工しました。

 

 

 

 


ディオールのロック金具の交換完了。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部も強化しながら変形を補正しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


変形硬化して本来の姿が見られなかったオールドグッチも、
リニューアルリペアでミニボストンとして復活です。

 

 

 

 


持ち手の色あせも改善してコバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 


擦切れて破れていた底角は革パーツを追加して組み立て直しています。
傷みやすい部分の強化だけでなく高級感もアップしています。

 

 

 


スレスレだったパイピング革も作製交換しました。

 

 

 

 


どちらのバッグも丁寧に取扱えば長く活躍してくれる状態に復活しました。

買い換えできない古い品ですので、
出来る限り良い状態を保つために保管時も良い環境で、
保管することをお勧めします。

保管時はタオルなどを詰め込んで形を整えるのが効果的です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
ご担当者様

お世話になっております。
先程、受け取りが完了しました。
想像していた以上に綺麗に仕上がっていて驚いています。
本当にありがとうございました。

 

福岡県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
買い替えることができない品質のバッグですので、
丁寧に取り扱いながら大切にご愛用ください。

ベアンとLVリュック


ルイヴィトン エピのリュック(ゴブラン)gobelinsと、
エルメス長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


ゴブランの外周はコバ塗料の剥がれだけでなく革の劣化や欠損があり、
このままではコバ面を仕上げ直すことは出来ません。

 

 

 

 


付け根革は金具で擦れてしまうのでコバ塗料が剥がれやすい部分。

 

 

 

 


今回は厚み部分(コバ面)の仕上げ直しのご依頼ですが、
エピの表面も擦れて革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


底角付近も擦れやすくコバ面ではなく表皮がスレスレで毛羽立っています。

 

 

 

 


使い込まれたエルメス長財布(ベアン)はホツレや汚れや擦れだけでなく、
変形や欠損もありメンテナンスのタイミングとしては遅すぎる状態です。

 

 

 


傷みが出やすい折り曲げ部ですが糸の擦切れだけでなく、
革の擦り切れ欠損で重傷です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分で磨り減っています。

 

 

 

 


こちらの角も糸が擦切れ角部は亀裂や欠損が見られます。

 

 

 

 


ベロ革の外周からは毛が生えたように芯材が露出して、
表皮が剥がれた表面には汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


小銭入れ部は波打ち変形がありヨレヨレ。

 

 

 

 


外周のようには擦れない内部材も縫製糸が擦切れています。
内部材にも擦れや汚れやシミがあり重症化させたことが残念です。

 

 

 

 


内側から見ると角部の亀裂や欠損がわかりやすいかな?

 

 

 

 


こちらの角もステッチの針穴がなくなるほど擦切れて欠損。
ボールペン汚れまであり全体的なメンテナンスが必要です。

 

 

 

 


全ての縫製糸を抜き取ってバラバラに解体。
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


ボールペン汚れはインク(染料)ですので革の繊維まで染み込んでいます。
取除くためには表面塗装を取除いて浸透した汚れを取除く必要があります。

手間とリスクを考えると汚れの上から塗装する業者が多いのは理解できます。

 

 

 

 


この辺りのシミ汚れも同様に。。。

 

 

 

 


白い芯材の上に重ねると財布の外周が歪んでいて直線でないことが鮮明。

 

 

 

 


ショルダーベルトのコバ面も劣化して多数のひび割れが見られます。
比較するため左側ベルトは劣化したコバ塗料を取除いた状態です。

 

 

 

 


本体外周も劣化したコバ塗料を取除きコバ面を整える補修をしました。

 

 

 

 


小銭入れ部の波打ち変形も改善してエルメス長財布(ベアン)の、
リニューアルリペア加工の完了です。

シミやボールペン汚れや傷も改善させています。

 

 

 


ヨレヨレだった折り曲げ部も復元強化加工で丈夫になりました。

 

 

 

 


ベロ革もスッキリして手遅れ状態だったベアンの復活です。

 

 

 

 


エピ(ゴブリン)のコバ仕上げも完了。
出来る限りエピ表面の擦れも目立たなく改善させています。

 

 

 

 


天部も部材ハガレや欠損も修正してコバ仕上げ。

 

 

 

 


ショルダーベルトや付け根革も仕上げ直しています。

 

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
良い状態を保ち続けるには早めのメンテナンスが有効です。

重症化させなければメンテナンス費用を抑えることもできますし、
丁寧に取扱えば長く活用することが出来ます。

どちらも良い品ですので大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索