リザードベアン修理


長年の活用で損傷が見られるリザード革のベアンです。

 

 

 


擦切れてホツレた縫製糸は色も抜けて白くなっています。

 

 

 


ボールペン汚れも見られます。

 

 

 


縫製糸の擦切れは各部に見られ角部も磨り減っています。

 

 

 


H金具も変色やメッキハガレが見られます。

 

 

 


手垢汚れが染み込んだベロ革も縫製糸が擦切れています。

 

 

 


お聴かせいただいていませんが他店様での加工歴が見られます。

元の擦切れた糸を取除かずに縫い直していますが、
元通りに縫い直していませんので針穴が増えています。

 

 

 


リザード革の表皮がポロポロと剥がれるような状態です。
他店様の加工が原因か革の劣化が原因か当社ではわかりません。

適正な加工を施すには正確な情報を伝えていただくことが重要ですので、
当社ではお問い合わせ時に加工歴をお聴きしています。

 

 


今回はリニューアルリペア加工を承りましたので、
小銭入れ部の中の擦れや汚れまで改善させます。

 

 

 


解体して各部に強化加工を施します。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


H金具の取り付け部や折り曲げ部や底角などに強化芯材を入れます。

 

 

 


ベロ革とループ革の取り付け部も強化します。

 

 

 


ベロ革やループ革やマチ部材も強化します。
この財布で強化芯材が使用されているのはベロ革だけでした。

 

 

 


各部を強化しながら全て縫い直してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


鋭角に折れていた折り曲げ部も丈夫になっています。

 

 


全て縫い直し各部を強化しています。
小銭入れの中も擦れや汚れがなくなり綺麗になっています。

 

 

 


表面のハガレが見られたリザード革も出来る限り改善させ、
H金具の変色も再メッキ加工で改善させています。

 

 

 


擦切れホツレや色抜けした糸を一目一目取除いて全て縫い直して、
各部に強化加工を施しましたので構造的には新品時より丈夫です。

ボールペン汚れや表皮の剥がれも出来る限り改善させ、
擦れたコバ面も仕上げ直しましたので見た目も改善しています。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
ブログを見ていてとても丁寧に修理をしていただいたのが
伝わってきて、感動しました。
また修理の際にはこちらを利用させていただきます。
ありがとうございました。

 

東京都 A 様
頂き物ということで真贋も心配されていましたが、
高品質な素材で丁寧に作製された良い財布です。
他店様での少し残念な加工歴も見られましたが、
リニューアルリペア加工で構造的には新品時より丈夫です。
大切に長くご愛用ください。

エピ財布とパスケース


年代物のエピのパスケースと財布です。
限界を超えるまで活用された財布は角が擦切れて丸くなっています。

 

 

 


パスケースも傷みが激しいですが最高品質時代の良い品です。

 

 

 


パスケースも全体を解体してリニューアルリペア加工します。

 

 

 


折り曲げ部は擦切れて穴が空いていますので縫い直すことも不可能です。

 

 

 


反対側も同様に。。。
この状態になると基本的には手遅れ状態です。

 

 


エピ財布は折り曲げ部だけでなくカブセ外周全体が擦切れて穴が空き、
芯材が露出しています。
芯材も擦切れてステッチが無くなっている部分もあり手遅れです。

 

 

 


33年前にアルバイトをして初めて買った財布とのことで、
25年間活用されました。

 

 

 


全体のフォルムが変わるほど擦切れて欠損していますので、
十分に活用してくれたと思いますが、
良い素材で丁寧に作成された最高品質時代の財布です。

 

 

 


古い品ですので擦れやヤブレだけでなく素材自体の経年劣化も見られます。

 

 

 


手遅れ状態で活用不可能な状態ですが、
再び活用いただける状態にまではリニューアルリペア加工で
復活させようと考えています。

 

 

 


マチの変型折れは使い方の問題です。
この辺りも改善させます。

 

 


エピのパスケースも解体。

 

 

 


出来る限り汚れを取除きました。

 

 

 


解体すると角部にも擦切れ穴があることがわかります。

 

 

 


エピ財布もバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


内側部材の擦れや色あせや汚れも改善させてセルも交換して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


擦れ傷で見えなかった刻印も鮮明です。

 

 

 


折り曲げ部や角部だけでなく全体的に強化加工を施しました。

 

 

 


外周の擦切れ破れも改善させて財布もリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


擦切れヤブレや縫製できない部分はなくなり活用いただけます。

 

 

 


擦切れ欠損で丸いフォルムに見えていましたが、
四角い財布に復活しました。
マチの変型折れも改善させています。

 

 


ホツレやヤブレがなくなっただけでなく芯材交換や各部の強化加工などで、
構造的には新品時より丈夫に組み立て直しています。

修理加工をためらうほどの状態でしたが引き続き活用いただけます。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 様

この度は大変お世話になりました。
本日、無事受け取りました。
ブログで確認はしておりましたが、実物を手にして驚きました!
一体どうやったらあの状態からこの状態になるのか、
当然のことながらいくら眺めてもわかりませんでした(笑)。
とんでもない状態から救っていただき、
感謝しております。
ありがとうございました。
綺麗な状態を維持できるよう大事に使っていきます。

東京都 W 様
お受け取りのご連絡ありがとうございました。
悪戦苦闘しましたが引き続き活用いただける状態に
復活させることが出来ました。
大切に長くご愛用ください。

LVとエルメス財布


ルイヴィトンとエルメスの長財布です。

 

 

 


折り曲げ部の裏に革でポケットがありますので強化の必要はありませんが、
現行品質のモノグラム財布はカードポケットが反り返りやすいです。

 

 

 


コバ面の仕上げ直しやホツレの縫い直しは必要です。

 

 

 


底角も同様に。。。

 

 

 


革巻きホックは革が擦切れて金具が露出しています。

 

 

 


エルメスのベアンは年代物で各部に損傷があります。

 

 

 


擦切れて縫い直すことも不可能な折り曲げ部。

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 


直営店では断られてしまう手遅れ状態ですが、
引き続き活用できるようにリニューアルリペア加工します。

 

 

 


内張りを剥がしてもベアンには芯材はありません。
年代物で革の劣化もありますので各部に強化加工を施します。

 

 

 


古い財布は解体してみるとポケット天部などに亀裂が発生しています。

 

 

 


傷みやすいベロ革やループ革を解体して汚れを取除きました。
芯材交換して擦れ部を補修補色加工します。

 

 

 


ホツレ部を縫い直してコバ面を仕上げ直し革巻きホックを交換しました。

 

 

 


手遅れ状態だったベアンは擦切れ欠損部を再生しながら各部を強化して、
H金具も再メッキ加工しました。

 

 


内部材も全て縫い直し小銭入れの中まで綺麗にしてあります。

 

 

 


一度は手遅れ状態まで活用された年代物のベアンですが、
各部を強化しながら欠損部を再生したことで構造的には丈夫に復活。

コバ面とホツレ部を修復したヴィトン財布も問題なく活用できます。
金具に革を巻いた構造のホックは擦切れて破れやすい構造ですので、
少し厚みを増した革を使用しておきました。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション ご担当者様

お世話になります。
先ほど、財布2点、無事に受け取り致しました!
思っていた以上に綺麗にしていただき大変嬉しいです😊
ブログも拝見させていただきました!
ありがとうございます。
これからも大切に使っていきます♫
一緒に入れていただいたお気持ちもありがとうございました。
嬉しいです♪
早速使わせてもらいますね😊
本当にありがとうございました。

 

大阪府 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
出来る限りよい状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

 

OLD GUCCI修理


エルメスのガーデンパーティとグッチのショルダーバッグです。

 

 

 


大容量のバッグです。
本体の縮み変型で外面素材に貼り合せてある内布に弛みが出てボコボコ。

 

 


ボールペン汚れが画像部以外にも見られます。

 

 

 


こちら側は擦れやマグネット金具の破損が見られます。

 

 

 


底角付近はスレスレです。

 

 

 


表皮が剥がれて白くなった部分が各部に見られ残念な状態です。

 

 

 


前後面は起毛革で汚れが染み込んで変型も見られます。

 

 

 


起毛革は汚れが染み込みやすく良い状態を保つのが難しい素材です。

 

 

 


ショルダーベルトの擦切れホツレは縫い直しだけでなく、
劣化したボール紙の芯材も限界を超えています。

 

 


ガーデンパーティの底面には表皮が剥がれて革の繊維が露出した、
重傷の擦れが見られます。

 

 


底角も同様に。。。

 

 

 


天部テーピング革も擦れやすい部分。

 

 

 


底面は革の擦れだけでなく縫製糸も擦切れて無くなっています。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


グッチはバラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


素材を単体にしてもマチ部材は大きく変型しています。

 

 

 


内布を外面革に貼り付ける荒々しい構造で解体に苦労しました。
変型や汚れが見られる前後面は起毛革で作成交換します。

 

 

 


付け根革付近の芯材もボロボロ。
リニューアルリペアが正しい選択だと思います。

 

 

 


本体全体に芯材を入れ込み変型を補正しながら組み立てます。

 

 

 


ガーデンパーティのホツレ縫い直しと補修補色加工の完了です。

 

 

 


スレスレだった持ち手も復活。

 

 

 


汚れを取除いて擦れ部を整える補修加工を施し補色しています。

 

 

 


ショルダーベルトや本体全体に強化芯材を入れ込み、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


各部の擦れや汚れも改善。

今回はパイピング革も全体的に強化しましたので、
新品時より頑丈なバッグに仕上がっています。

 

 


ショルダーベルトもスレスレでしたが改善させています。

 

 

 


ガーデンパーティは傷みやすい部分に革パーツが使用されていますので、
底角などの擦れは避けることが出来ない損傷です。
重症化させないことが長く愛用する最善策です。

全体が強化されたグッチは少しずつ馴染ませながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

無事届きました💖
細かいところまで丁寧にお直し頂きありがとうございました。
両親から入学祝いに買って貰った思い入れがある鞄。
クタクタになるまで使いましたがどうしても処分は出来ず…
クローゼットで眠っていた鞄が…

この度、レザークリエーション様とのご縁があり生まれ変わって戻ってきてくれ感動です♡
本当ありがとうございました😊
これからも私みたいな方々に喜びを与え続けて下さいね!

 

大阪府 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けられない物ですが、
出来る限りよい状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

セリエ キーケース


使い古されてボロボロ感があるエルメスのセリエ キーケースです。
セリエのホック金具や縫製糸が擦れて革も重傷です。

 

 

 


黒く見える部分は表皮が剥がれてなくなった部分に、
汚れが染み込んでいます。

外面全体がスレスレですのでエルメスでなければ諦めても良いほど、
活用されてきたキーケースです。

 

 


メンテナンスのタイミングとしては遅すぎるのですが、
リニューアルリペア加工で出来る限り改善させます。

 

 

 


ホルダー金具はメッキが剥がれていますが、
外面と比べると内側は良い状態に見えて錯覚します。

 

 

 


内側も刻印も消えるほどスレスレです。

 

 

 


バラバラに解体して出来る限り汚れを取除きました。

 

 

 


全体を強化しながら組み立て直してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


ホルダーー金具は再メッキ加工して擦れ部を補修補色しました。
ホックも代用品に変えることなく磨き直して再生しています。

 

 

 


押しつぶされてペタンコだった折り曲げ部も丈夫になり、
外周のコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 


スレスレだったセリエ刻印のホック金具も磨き直して再生しています。

財布やバッグと比較しても傷みが出やすいアイテムですし、
一度は限界を超えるまで使い込んだ品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

セリーヌの修理


年代物のセリーヌ ショルダーバッグです。

 

 

 


底角など外周の擦れ部が白くなって黒のバッグには目立ちます。

 

 

 


カブセ外周も同様に。。。

 

 

 


カブセのベロ革を差し込んで使用する金具は綺麗です。

 

 

 


ベロ革の付け根は固定する必要があります。

 

 

 


金具のメッキも良好で大きな問題がないように見えるバッグですが、
年代物ですので金具やステッチの隙間から粉が出てきます。

 

 


前面の波打ち変型からも芯材が劣化して粉々になっていることが、
予想されます。

安心して活用するために大きく解体してリニューアルリペアします。

 

 


内張りにもハガレが発生。

 

 

 


解体。

 

 

 


内張りを剥がしてみると粉々になった芯材が出てきました。

 

 

 


内張りやボール紙の芯材を取り外して劣化した粉を取除きます。

 

 

 


芯材を取除き清掃完了しました。

取り外したボール紙の芯材も限界を迎えていますので、
強化芯材で作成して交換します。

 

 


ショルダーを取り外したマチ部材も内張りや芯材を解体。

 

 

 


ショルダーを取り外したマチ部材の天部はヨレヨレで亀裂もあります。

リニューアルリペア加工ですので各部に強化加工を施しながら、
芯材も交換して組み立て直します。

 

 

 


古い芯材を取除きながら各部を強化して組み立て直し、
リニューアルリペア加工の完了です。

劣化した芯材の粉が出てくる心配は2度とありません。

 

 


カブセ外周などの白くなった擦れも改善させました。
ショルダーベルトも強化芯材を入れ込んでいます。

 

 

 


剥がれていた内張りも改善。

 

 

 


オールドセリーヌですので芯材の経年劣化は避けようがありませんでした。
劣化した芯材を交換しながら各部を強化したことで、
構造的には新品時より丈夫になっていますので安心して活用できます。

解体しなければ芯材の劣化などは見えませんが、
リニューアルリペアを選択されたことは正解だったと思います。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索