三つ折りベアン修理


エルメスの長財布(三つ折りベアン)とプラダのキーケースです。

 

 

 

 


鍵が付いたままのキーケースはフックが2個欠損しています。

鍵を取り付けるフックは定期的に変えて使用すると長持ちしますが、
同じフックを使用していると摩耗して抜け落ちます。

 

 

 


白い革のベアンは擦れや傷が外面全体にあり汚れや変色も重傷です。

 

 

 

 


エルメスの財布だけに人前には出しにくい状態です。

 

 

 

 


ベロ革も縫製糸まで擦切れて表皮が無くなった部分も見られます。

 

 

 

 


当然のように傷みやすい折り曲げ部も擦れやホツレがあります。

 

 

 

 


外面の状態と比較すると内部材は綺麗に見えます。

 

 

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


ポケットの中に隠れている部分と外に出ている折り曲がり部を比較すると、
内部材も擦れや汚れがあることが解ります。

 

 

 

 


ポケットの中はレシートなどの印刷物の色移りが前面に見られます。

 

 

 

 


各部を強化しながら汚れを取り除き、擦れや傷を補修して補色して、
組み立て直します。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部やコバ面も丈夫にしながらスッキリと綺麗になりました。

 

 

 


内部材も同様に。。。

 

 

 

 


小銭入れの中やポケットの中も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


プラダのキーケースはホルダー金具を交換。

 

 

 

 


残念な状態のベアンでしたが強度アップさせながら、
出来る限り改善させましたので引き続き活用いただけます。
キーケースは鍵のローテーションを忘れずに活用ください。

財布などの小物類はバッグの中でも擦れて傷みやすいものですが、
とくにメンテナンスやお手入れをしなくても、
取り扱い方などを少し工夫するだけで良い状態は保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ピコタンとベアン


エルメスの財布(ベアン)とバッグ(ピコタン)です。

 

 

 

 


ピコタンの底角は表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。
剥がれたままで放置していたのか少し劣化も見られます。

表皮が剥がれてしまうと汚れや湿気を吸込んでしまいやすく、
革の劣化スピードが速くなります。

 

 

 

 


持ち手はコバ塗料が剥がれて毛羽立ち外周は表皮も擦れています。

底角や持ち手などに擦れは見られますが、
今回は持ち手の強化加工のみご依頼をいただきました。

 

 

 

 


ベアンはH金具のメッキが剥がれて真鍮の素材が露出しています。

 

 

 

 


ベロ革と付け根ループ革は限界を超えています。

 

 

 

 


外周や折り曲げ部は手遅れ状態です。

 

 

 

 


折り曲げ部は内側も欠損しています。

 

 

 


擦れにくい内側ですが角部は磨り減って欠損しています。
ボールペン汚れも残念です。

 

 

 


内部材も糸が擦り切れています。

直営店では断られてしまう状態ですがリニューアルリペア加工で、
活用いただける状態に復活させます。

 

 

 


ピコタンの持ち手を取り外して解体。

 

 

 

 


芯材のない構造です。

 

 

 


ベアンも解体。

 

 

 

 


ベロ革も解体して汚れを取り除いてみました。
ベロ革と本体の色が違っていますしループは表皮がなくなっています。

 

 

 

 


本体も出来る限り汚れを取り除きました。

 

 

 

 


縫い直せるように修復するだけでなく強度も上げて組み立てます。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


後面も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


内部材も各部を強化しながら組み立て直しています。

 

 

 


H金具の再メッキ加工も施しベロ革と本体も同色に復活。

 

 

 

 


ピコタンの持ち手の強化加工も完了です。

クタァ~っとして波打ち変形や反り返りもありましたが、
コバ面も仕上げ直してスッキリと丈夫です。

 

 

 


革製品は限界を超えるまで使い続けるよりも、
早めのメンテナンスをする方が良い状態を保ちやすいです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスの修理


エルメスのビジネスバッグ(プリュムドッグ)財布(アザップ)と、
クロコ革の手帳カバー(アジェンダ)です。

 

 

 

 


ビジネスバッグ(プリュムドッグ)は各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


底角も表皮が剥がれています。

 

 

 

 


上側の角部も同様に。。。

 

 

 

 


ファスナーで擦れる部分は革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


持ち手はコバ仕上げが必要ですが実は表皮もスレスレです。

擦れた部分に手の脂分や汚れが染み込んでいるだけですので、
汚れを取り除いて証明します。

 

 

 


長財布(アザップ)は全体に薄汚れが見られます。

 

 

 

 


汚れが塗料の下から浮き出ているようで塗装歴があると考えられます。
出来る限り取り除いて補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


クロコの手帳カバー(アジェンダ)はコバ面の仕上げ直しと、
折り曲げ部の強化加工です。

 

 

 

 


二つ折りの角が表裏で大きくずれています。
折り曲げ部の型崩れが原因ですが修正するのは難易度が高い加工です。

 

 

 

 


折り曲げ部の解体。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。
強化加工を施しながら変形も改善させます。

 

 

 

 


プリュムドッグの持ち手の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明に。。。

 

 

 

 


引き手革も補修が必要。

 

 

 

 


擦れ部を整える補修加工を施したあと補色して修復完了です。

 

 

 

 


上側の角部も改善しました。

 

 

 

 


全体にスレスレで毛羽立っていたファスナーサイドの革も改善です。

 

 

 

 


アジェンダのコバ仕上げと折り曲げ部の強化加工も完了。

 

 

 

 


変形も改善して表裏のズレも改善しました。

 

 

 

 


アザップの外面の補修補色加工も完了です。

塗装歴がありノークレーム加工で引き受けた財布ですが、
出来る限り元の色に近づけるように内部材の色を参考にしました。

 

 

 

 


汚れていたファスナー引き手革も改善させています。

 

 

 

 


擦れ、変形、塗装歴汚れなど三者三様の加工でしたが、
3点とも改善していますので引き続き活用いただけます。

良い品ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスのシミ汚れ


シャネルのバッグとエルメスの財布です。

 

 

 

 

 


シャネルのバッグは両面にカブセがありレフティでも使いやすい構造です。

 

 

 

 


ココマークのロック金具も両面にあり再メッキ加工などは、
2倍の費用が必要になりますが、それ以上に活用しやすく高級感があります。

 

 

 

 


今回は底面に見られるT字型のシミを目立たなくするご依頼です。

 

 

 

 


原因は不明ですが画像よりも実物の方がシミが目立ちます。

 

 

 

 


エルメスの財布は使い込んだ雰囲気を楽しむ素材ですが、
引っかき傷が多数みられます。

 

 

 


裏面も引っかき傷が全体に。。。。

 

 

 

 


引っかき傷が付きやすいだけでなく汚れも染み込みやすく、
シミ汚れになりやすい革で綺麗な状態を保つのが難しい財布です。

 

 

 

 


この辺りにも大きなシミが見られます。

 

 

 

 


全体に色あせなど変色もありますが濃いシミは改善させるのが困難です。

 

 

 

 


シャネルの底面に見られたT字型の大きなシミは目立たなくなりました。

 

 

 

 


エルメス財布も全体に見られた引っかき傷やシミ汚れを
出来る限り改善させました。
濃いシミ汚れも見えなくなっています。

 

 

 


エルメス財布は汚れが染み込んでシミになることを抑える加工も施し、
取り扱いしやすく改善させています。

シャネルのシミ汚れの原因はわかりませんが、
吊り下げて保管するようにすれば底面の風通し良くなり対策できると思います。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスのリンディ


エルメスのバッグ(リンディ)です。

 

 

 

 


四角い本体の両側に持ち手があり持ち手をつなぐようにショルダーがある、
独特のデザインと構造です。

 

 

 

 


全体的には綺麗ですが底付近に黒い汚れが複数見られます。
表皮が剥がれた擦れもあり持ち歩きにくい状態です。

 

 

 

 


底面にも同様に。。。。

 

 

 

 


マチにも黒い汚れや擦れが見られます。

 

 

 

 


底角には擦れもあります。

 

 

 

 


表皮が剥がれて白くなった小傷も各部に見られます。

 

 

 

 


最近のエルメスの革は塗装が弱いようです。

 

 

 

 


黒い汚れを取り除いたところです。
簡単に表面塗装まで剥がれてしまいデリケートな革であることがわかります。

 

 

 

 


底角擦れ部のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


マチ部材も目立たなくなりました。

 

 

 

 


底面付近の黒い汚れや擦れも改善しました。

 

 

 

 


綺麗なバッグだけに残念すぎる汚れや擦れでしたが、
沢山見られた小傷も改善させましたので活用いただける状態に復活です。

良い状態を保つのが難しい素材ですが、
丁寧に取り扱いながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
先程とどきました!
本当にきれいにしていただきありがとうございました!感動しました。
また修理の際はよろしくお願いします!
ありがとうございました。

 

兵庫県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
汚れや傷が目立ちやすいデリケートな素材ですので、
出来る限り良い状態を保てるように、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

ケリーバッグ修理


黒とワインカラーのエルメスのケリーバッグです。

 

 

 

 


黒のケリーバッグはカブセ全体の表皮が剥がれて白くなっています。

 

 

 

 


色落ちしやすい素材とも思えませんが重傷です。

 

 

 

 


持ち手も同様に。。。

 

 

 

 


底角は革の繊維が毛羽立つほど擦れ傷が深いです。

 

 

 

 


4角とも同様に。。。。

 

 

 

 


重みが集中するヒネリ金具はユルユル状態でグラつきもあります。

 

 

 

 


ワインカラーのケリーも各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


カブセ付け根も擦れやすい部分。

 

 

 

 


本体カブセと比較するとベルトも色あせています。

 

 

 

 


カブセの開閉の度に指先が擦れる部分は引っかき傷が多数。
この辺りは使い方を丁寧にするしか防ぎようがありません。

 

 

 


ヒネリ金具は緩く、抜け落ちて紛失する前に対策が必要です。

 

 

 


カブセの内側も引っかき傷が多数。
外面より傷が多いことが不思議です。

 

 

 

 


底角やパイピングも擦れやすい部分です。

 

 

 

 


金具を留めてあるビスの周りに赤い塗料が・・・

 

 

 

 


左半分だけクリーニングしてみると塗装された品であることが判明。

 

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


他店様の塗料や汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


持ち手の裏側も同様に。。。。

 

 

 

 


付属品も含めて全体の汚れを出来る限り取り除きました。

 

 

 


底付近も全体的にスレスレです。

 

 

 

 


外周も表皮が剥がれて白くなっています。

他店様の塗料で隠れていましたが古い品だけに素材劣化もあり、
黒のケリーより状態は悪いです。

 

 

 

 


付属パーツも同様に。。。

 

 

 

 


解体してヒネリ金具を内側から見たところです。

 

 

 

 


黒のケリーも同様に。。。

 

 

 

 


金具を再生して外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


底角の擦れも改善。

 

 

 

 


持ち手やカブセ天部も同様に。。。。

 

 

 

 


ワインカラーのケリーも金具再生と補修補色加工の完了です。

 

 

 


持ち手も同様に。。。

 

 

 


底角や底面も改善しました。

 

 

 

 


予定外ですがカブセの内側も少し加工しておきました。

 

 

 

 


塗装歴があるバッグであることが加工途中で判明して、
余計な工程が増えてしまいましたが、
付属パーツも含めて汚れや擦れが目立たなくなりました。

ヒネリ金具は緩んでくることが解っていますので少し硬く仕上げています。

良い状態を保つには丁寧に取り扱うのが最善策ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

 

(お手紙紹介です)

この度はお世話になり、有難う御座いました。
ボックスカーフケリーのレザーの風合いが変わってしまったのは
少し残念でしたが(もちろん、承知しておりましたが)、
他は本当に素晴らしい仕上がりで大変満足しております♡
思い出の多いものばかりでしたので、ここまで復活させて頂けたこと、
心より感謝申し上げます。
大切に大切に使っていきたいと思います。

有難う御座いました。

東京都 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使用すれば汚れや擦れは避けられない物ですが、
丁寧に取り扱うことで良い状態を保ちやすくなります。
大切に長くご愛用ください。