ボッテガとエルメスの擦れ


エルメスのガーデンパーティとボッテガベネタのショルダーバッグです。

 

 

 

 


ガーデンパーティは底角4角の擦れの補修補色加工のご依頼です。
キャンバス地に何かの汚れが付着して固まっているのも気になります。

 

 

 


擦れが激しい底角は表皮が剥がれて無くなり、
革の繊維が毛羽立った状態です。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

ここまで悪化させてしまうと、このままでは補色することもできません。
擦り切れて無くなった表皮が元通りに戻ることはありませんが、
補修加工で表面を整えて補色可能な状態にして補色します。

 

 

 

 


底角以外にも擦れは各部に見られます。

 

 

 

 


この辺りも擦れやすい部分です。

 

 

 

 


面白いデザインのボッテガベネタのバッグで使いやすそうです。

 

 

 

 

 


内張りにホツレがありますので縫い直します。

 

 

 

 


ガーデンパーティと同様に各部に表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


底角の擦れは避けられない損傷です。

 

 

 

 


反対側の底角も同様に。。。。

 

 

 

 


メッシュ部も擦れが見られます。

 

 

 

 


擦れに弱い柔らかな革ですので丁寧な取り扱いが必要です。

 

 

 

 


持ち手もスレスレ。

 

 

 

 


全体的に白っぽく色あせているようです。

 

 

 

 


全体的に擦れが見られる持ち手はコバ面の塗料もなくなっています。

どちらのバッグも汚れを取り除いて擦れ部を補修したあと補色します。

 

 

 

 

 


ガーデンパーティの底角の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


この辺りも外周などに擦れが見られましたが少し改善させておきました。

 

 

 

 


持ち手付け根も同様に。。。。

 

 

 

 


白っぽく色あせて擦れが目立ったボッテガベネタも復活です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 


天部の擦れも同様に。。。。

 

 

 

 


表皮が無くなっていた底角も目立たなくなりました。

 

 

 

 


メッシュの擦れも同様に。。。。

 

 

 

 


ボッテガらしい黒味が復活。

 

 

 

 

 


ガーデンパーティのキャンバス地に付着していた汚れも取り除きましたので、
擦れや色あせも目立たなくなり気持ちよく愛用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチとエルメス


エルメスのヴェスパとグッチのショルダーバッグです。

 

 

 

 

 


口紐とショルダーベルトが連結された構造ですので負担が掛かる部分が、
切れています。

 

 

 

 


芯材が床革であることも強度不足ですし接着だけのつくりにも不安があります。

 

 

 

 


ショルダーベルトはギボシ金具で取り付ける構造です。
穴が緩くなり他店に修理を依頼したら隣に穴を追加されたとのこと。。。

 

 

 

 


なぜか追加で空けた穴の方が少し大きいです。
今回はショルダーを少し長くしたいという要望もありますので作成交換します。

 

 

 


ショルダーベルトの作成交換が簡単にできない理由は先端の金具の取り外しです。
金具を破損させることなく取り除くのが難しい金具です。

 

 

 

 


エルメスのヴェスパはテーピング革の切れです。
こちら側には異常は見られませんが・・・・

 

 

 


内側から見るとテーピング革が切れています。

 

 

 

 


4か所とも同様に。。。。

極端に厚みが変わる部分でショルダーベルトの付け根革と同じ負担も掛かりますので、
構造的に切れてしまう部分です。
長年使用したヴェスパで切れていない方の方が少ない定番の損傷です。

 

 

 

 


底角の擦れも定番ですが目立ちますので補修補色加工します。

 

 

 

 


この部分のテーピング切れは構造上の避けられない損傷ですので、
解体して裏側から強化して悪化を抑えるように加工します

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


ショルダーベルトを延長しながら作成交換の完了です。
金具も元通りに取り付け、穴部は強化して組み立てています。

 

 

 

 


口紐はステッチ入りの丸紐に交換していますので安心です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ヴェスパも切れていたテーピング革の裏側に強化加工して縫製完了。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


既に切れてしまったテーピング革ですが強化加工で構造上は丈夫になっています。

 

 

 

 


底角だけでなく目立つ擦れ部は補修補色加工で改善させていますので、
どちらのバッグも引き続き活躍してくれます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

かばん、届きました!
ご連絡遅くなってすみません。
2つとも綺麗に仕上げてくださって、とっても嬉しいです!!
これからもまた大切に使っていきます。
ありがとうございました(^ー^)
京都府 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

白革バーキン


白い革のバーキンです。

 

 

 

 

 


両側の持ち手は一皮剥がれて汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


持ち手の付け根付近も表皮が擦れて無くなって革の繊維が露出しています。
白のバーキンはお洒落なんですが擦れや汚れが酷くなると残念感が倍増します。

 

 

 

 


カブセもスレスレでコバ面もひび割れています。

 

 

 

 


底角は改めて見る必要がないですが例にもれずスレスレ。

 

 

 

 


底面は全面に汚れが・・・・

 

 

 

 


汚れで目立たなくなっていますが擦れも各部に・・・・

 

 

 

 


外面全体に汚れや擦れが見られましたが内側も全体に汚れが見られます。

 

 

 

 


赤や黒のボールペン汚れも各部に・・・・

使用していれば外側の擦れや汚れは避けられないものですが、
内側は使い方次第で綺麗な状態を保てます。

 

 

 

 


バッグ本体を裏返すとゴミや埃も山積。

 

 

 

 


ボールペン汚れが目立ちますが全体的に擦れや汚れがあります。

 

 

 

 


今回は内側もクリーニングと補修補色加工を施します。

 

 

 

 


付属パーツと本体を半分だけクリーニングして汚れを取り除いてみました。

補修や補色加工は、まだですので傷や擦れは残っていますが、
汚れを取り除くだけでも激変するほど全体が汚れていたことがわかります。
 

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


汚れを取り除くと外周のパイピング革は表皮が無くなって、
革の繊維が露出していることがわかります。

表皮が無くなった擦れ部や傷部は塗料を吸い込んでしまい染められませんので、
まずは表皮を補修する必要があります。

汚れを取り除いたり擦れ部を補修する工程を省略して、
厚塗り塗装で汚れや傷を隠してしまう修理店が多いですが、
塗料の密着性が悪く剥がれてしまうことや汚れが浮き出てくることを考慮すれば、
手抜き加工は出来ません。

 

 

 

 


ひび割れた持ち手のコバ面の塗料は剥がし取って仕上げ直します。

 

 

 

 

 

 

 


内部材のクリーニングと補修補色加工の完了です。
ボールペン汚れもなくなりました。

 

 

 

 


ポケットの中も綺麗です。

 

 

 

 


このバッグはファスナーポケットの中まで汚れていました。

 

 

 

 


持ち手も復活。

 

 

 

 


付け根付近の擦れも目立たなくなりました。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


復活させるには苦労しましたが汚してしまうのは簡単です。

しかし、綺麗な状態を保てれば白のバーキンは無敵にお洒落です。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ガーデンパーティ


HERMES Garden Party Negonda(革素材のガーデンパーティ)です。

 

 

 

 

 


各部に擦れや汚れが見られます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手には擦れた部分に手垢汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


持ち手付け根も擦れやすい部分ですが芯材が抜けていることへの対応が先です。

 

 

 

 


反対側の持ち手も芯材が抜けた部分はグニャグニャ。

 

 

 

 


内布は全体にシミが。。。。

 

 

 

 


布地も擦り切れていますので長く愛用されています。

 

 

 

 

 


ご依頼いただいた持ち手の付け根を解体してみると芯材の長さが足りていません。
外面の革が伸びてしまったために芯材の長さが足らなくなっています。
 

 

 


こちらの付け根も同様に。。。。

 

 

 

 

 


付け根4か所を強化して組み立て完了です。

 

 

 

 


芯材が付け根まで入っているだけでなく外面の革だけが伸びないように、
一工夫して組み立て直しています。

 

 

 

 


各部に擦れや汚れなどは見られますが、
傷みやすい持ち手付け根を強化したことで構造的には安心です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

リザードのベアン


エルメスの長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


折り曲げ部はリザード革(トカゲ革)が擦り切れています。

 

 

 

 


縫い直すことも不可能ですので基本的には手遅れ状態です。

 

 

 

 


折り曲げ部は内部材も破れています。

 

 

 

 

 


縫製糸が擦り切れて部材が剥がれたまま使用を続けると重症化します。

 

 

 

 


折り曲げ部以外も革が擦り切れて白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 


メッキが剥がれたH金具のデザインからも古いモデルであることがわかります。

 

 

 

 


ベロ革も糸や表皮がスレスレ。

 

 

 

 


全体に白いシミ。

 

 

 

 


ポケットの縫い合わせ部は負担が掛かり裂けやすい部分です。

 

 

 

 


小銭入れファスナー周囲のステッチもスレスレで色抜けしています。

 

 

 

 


外面だけでなく内側にも白いシミ。

 

 

 

 


小銭入れのマチも同様に。。。。

 

 

 

 


今回はリニューアルリペア加工のご依頼ですのでバラバラに解体。

 

 

 

 


ポケットの内部材にも白いシミ。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


カビのような感じです。

 

 

 

 


カビだと繁殖する可能性がありますので内張りや芯材もバラバラに。。。。

 

 

 

 


小銭入れのマチはとても薄い革を貼り合せただけの構造。
ステッチによるヤブレや擦り切れ欠損がありますので強化しながら再製します。

 

 

 

 


表皮もスレスレで傷んだベロ革とループ革は強化して組み立て直します。

 

 

 

 


外面は汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明で黒色と呼べる部分は少しだけです。

 

 

 

 


手垢や汚れでカモフラージュされていましたが汚れを取り除くと、
表皮が剥がれた部分は白くなり革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


ベロ革の下に隠れていた部分だけが黒色です。

 

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


小銭入れの中まできれいになりマチ部材やポケットなどは強化しました。

 

 

 

 


外面も黒色が復活して全体の白いカビのようなシミも消えました。

 

 

 

 


擦り切れやヤブレが見られた折り曲げ部も丈夫に復活。

 

 

 

 


H金具のメッキも綺麗になりホツレやヤブレもなくなりました。

古い品ですが丁寧に活用すれば、まだまだ活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメス コンスタンス


HERMESのコンパクト財布CONSTANCE(コンスタンス)です。

 

 

 

 


大きなH型金具がロックになっています。
表皮が擦れた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


開閉する度に指先が擦れてしまう部分は表皮が剥がれています。

金具を固定するプレートが革の裏面に貼り合せてあり硬くなっているので、
擦れてしまうと傷みやすい部分です。

構造的に擦れは避けられない部分ですので気を付けて使用する以外に、
良い状態を保つ方法はありません。

 

 

 

 


カブセ側の金具はビスが欠損しています。

 

 

 

 


札入れのないコンパクト設計。
カブセの裏側には黒いシミ汚れが見られます。

 

 

 

 


外周のコバ面も擦れや劣化が見られます。
定期的にメンテナンスして良い状態を保ちたい部分です。

 

 

 


汚れを取り除くと内側に入れられたプレート金具の形に擦れていることがわかります。

表皮が無くなってしまう前にメンテナンスするのが最善でしたが、
このままでは擦れが目立ちますので補修したあと同色で補色加工します。

 

 

 

 


劣化したコバ塗料を剥がし取ったところです。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は強化加工を承りましたので解体して強化芯材を入れ込みます。

外周までは足りていませんので強度アップの効果は低いですが、
薄い芯材が入れてありました。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 

 


擦れ部を整えたあと補色加工の完了です。

 

 

 

 


ビスの取付けも完了。

 

 

 

 


カブセの裏側も綺麗にしておきました。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直し完了。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


補修補色加工したことで擦れが目立たなくなったことよりも、
汚れや湿気を吸い込みにくくなったことで革の劣化を抑える効果があります。
見た目の事よりも重要な効果です。

構造的に指先で擦れてしまうのは避けられない部分ですが、
注意しながら開閉して悪化させないようにするのが最善です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

おせわになっておりす。
本日、無事受け取りました。
見る度に残念な気持ちになっていたのですが、
本当に奇麗に修正•補修頂きありがとうございました。
愛情深く直してくださったことがよくわかります。
丁寧に使っていきたいと思います。
この度は、本当にありがとうございました。
また機会がございましたら、是非よろしくお願いいたします。

大阪府 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
中央部の擦れは構造的な問題もありますので、
注意しながら使用するほかに避ける方法はありません。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。