バケットのヌメ革交換


ヌメ革パーツにシミ汚れが見られるルイヴィトンのバケットです。
全体的に変形型崩れもある状態ですが高品質時代のバッグです。

 

 

 

 


ヌメ革パーツは経年劣化で硬化しています。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


ベタツキ劣化した内張りの汚れが底面に付着しています。
内張りの汚れが底面に色移りするのは構造的に不可能ですが・・・

 

 

 

 


劣化した内張りはご自身で取り除いて廃棄したようです。

 

 

 

 


ファスナーの裏側にハサミで切り取った内張りの残骸が残っていました。
取り外した内張りの汚れが底面に付着したと考えられます。

 

 

 

 


バラバラに解体。
外面のヌメ革パーツを作製交換しながら本革で内張りを作製します。

 

 

 

 


天部のテーピング革は修理歴があるようです。

 

 

 

 


モノグラム地やヌメ革を傷めてしまう接着剤が使用されていました。

 

 

 

 


予定外の加工ですが接着剤も取り除きます。

 

 

 

 


変色や青錆が見られる金具類も取り外しました。

 

 

 

 


底鋲の取り付け脚が歪んだままで取り付けられていました。
刻印入りカシメ金具や底鋲は再利用出来る状態に再生加工します。

 

 

 

 


金具を磨くと違いは歴然。

 

 

 

 


本革で内張り作製して外面のヌメ革パーツの作製交換の完了です。

 

 

 

 


底面の色移り汚れも改善して底鋲の変色も綺麗になりました。

 

 

 

 


付け根革やショルダーベルトなどは強化しながら作製していますので、
構造的には新品時より丈夫です。

本体の型崩れも改善させましたので気持ちよく活用いただけると思います。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

修理されたバッグを先ほど受け取りました。
HPの修理過程の画像も拝見致しました。
もう使えないだろうなと思っていたバッグを綺麗に復活させて頂き感動しました。
以前の修理はヴィトンのリペアサービスでお願いしたものですが、
あまり質の良いものではなかったのですね。。
大切に長く使います。
この度は本当にありがとうございました。
お心遣いも嬉しかったです。

三重県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用できない残念な状態でしたが丈夫に復活させましたので、
大切に長くご愛用ください。

ピコタンとベアン


エルメスの財布(ベアン)とバッグ(ピコタン)です。

 

 

 

 


ピコタンの底角は表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。
剥がれたままで放置していたのか少し劣化も見られます。

表皮が剥がれてしまうと汚れや湿気を吸込んでしまいやすく、
革の劣化スピードが速くなります。

 

 

 

 


持ち手はコバ塗料が剥がれて毛羽立ち外周は表皮も擦れています。

底角や持ち手などに擦れは見られますが、
今回は持ち手の強化加工のみご依頼をいただきました。

 

 

 

 


ベアンはH金具のメッキが剥がれて真鍮の素材が露出しています。

 

 

 

 


ベロ革と付け根ループ革は限界を超えています。

 

 

 

 


外周や折り曲げ部は手遅れ状態です。

 

 

 

 


折り曲げ部は内側も欠損しています。

 

 

 


擦れにくい内側ですが角部は磨り減って欠損しています。
ボールペン汚れも残念です。

 

 

 


内部材も糸が擦り切れています。

直営店では断られてしまう状態ですがリニューアルリペア加工で、
活用いただける状態に復活させます。

 

 

 


ピコタンの持ち手を取り外して解体。

 

 

 

 


芯材のない構造です。

 

 

 


ベアンも解体。

 

 

 

 


ベロ革も解体して汚れを取り除いてみました。
ベロ革と本体の色が違っていますしループは表皮がなくなっています。

 

 

 

 


本体も出来る限り汚れを取り除きました。

 

 

 

 


縫い直せるように修復するだけでなく強度も上げて組み立てます。

 

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


後面も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


内部材も各部を強化しながら組み立て直しています。

 

 

 


H金具の再メッキ加工も施しベロ革と本体も同色に復活。

 

 

 

 


ピコタンの持ち手の強化加工も完了です。

クタァ~っとして波打ち変形や反り返りもありましたが、
コバ面も仕上げ直してスッキリと丈夫です。

 

 

 


革製品は限界を超えるまで使い続けるよりも、
早めのメンテナンスをする方が良い状態を保ちやすいです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ポパンクールの修理


ルイヴィトンの(ポパンクール・オ)です。

 

 

 

 


2005年製造で15年近く経過したバッグですので、
底角はテーピング革が擦り切れています。

 

 

 

 


本体モノグラム地まで少し擦れていますがギリギリセーフです。

 

 

 

 


ポパンクールは革が劣化すると底角だけでなく上部も切れてしまいます。

 

 

 

 


4カ所とも切れていますので対策が必要ですが、
刻印入りかカシメ金具を取り除かなければテーピング交換できません。

 

 

 

 


擦り切れヤブレや革の劣化が見られますので、
少し厚みを増した新品のヌメ革で作製交換します。

 

 

 

 


テーピング革の交換をすれば刻印入りカシメ金具がなくなるので、
修理を諦めて擦り切れたままで使用される方も多いです。
しかし、放置していると本体が傷んでしまいます。

 

 

 

 


テーピング革の上部が切れていた理由は・・・

 

 

 

 


モノグラム地ある切り込みが原因。
切り込みから亀裂も発生しています。

 

 

 


カシメ金具を取り付けるための穴は必要ですが、切り込みは・・・?

 

 

 

 


切り込みはマチ部材を縫い合わせる位置をマーキングするためだけのもの。

モノグラム模様を合わせるためにマチを取り付ける位置は重要ですが、
切り込みに加えて厚みも変わる部分ですのでテーピング革が傷みます。

 

 

 


最高品質のヌメ革に半分だけミンクオイルを塗ってみました。
すぐに乾いて白くなりますが色焼けが早くなり馴染みやすくなります。

 

 

 


刻印入りカシメも再生してテーピング革の作製交換の完了です。
天部の革パーツも同時に交換しておきました。

 

 

 


少し厚みを増した分だけ耐久性や強度が上がっています。

 

 

 

 


切り込み部はテーピングの下で強化しておきました。

 

 

 


おそらく一年もしないうちに色合いも馴染んでくると思います。

外周のテーピング革はデザインだけでなく本体を守るためのパーツです。
底角などの擦れは避けられませんので消耗パーツと考える方が良いです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ノエのヌメ革交換


長年頑張ってくれた様子のルイヴィトンのノエです。

 

 

 

 


シミや汚れだけでなく革の劣化も見られますが、
最高品質の革やモノグラム地が使用されていたころの良いバッグです。

 

 

 

 


擦り切れて裂けたと言うよりも劣化して裂けたような底角。
全体を解体してヌメ革パーツを作成交換します。

 

 

 

 


刻印入りの金具を取り除かなければ革パーツの交換はできません。

 

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 

 


変色した金具には青錆もあります。

 

 

 

 


洗浄だけした金具と磨き込んだ金具。
この作業が一番大変です。

 

 

 

 


刻印は金具だけではありません。

刻印があるヌメ革パーツは交換してしまうと残念ですので、
裏側からヌメ革を貼り合わせて丈夫にしています。

 

 

 

 


ヌメ革パーツを作成交換してリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 

 


金具も磨いた甲斐がありました。

 

 

 

 

 


刻印入り金具も復活させています。

付け根革やショルダーベルトなど負担が掛かる部分は芯材をいれています。

 

 

 

 


しばらく色焼けさせてから使用する方が扱いやすいです。
自己責任になりますがミンクオイルを塗っておくのも良いと思います。

塗装されていないヌメ革は傷や汚れを気にせずに使い込み、
少しずつ色やけする変化を楽しむのが良い素材です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
こんばんは。
昨日無事に受け取りました。

もう使えないかなと思っていたノエですが
まるで新品のように生まれ変わっていて
開けた瞬間、娘と一緒に感激の声をあげました。
特に金具の復活がすごいですね!

母から私、私から娘へとまだまだ活躍出来そうです。
捨てずに修理をお願いして良かったです。

大変なお仕事だと思いますが
これからも頑張って下さい。
応援しております。
本当にありがとうございました。

兵庫県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
余計な表面加工がされていない本来のヌメ革ですので、
使い込むと味が出てきます。
大切に長くご愛用ぐださい。

エルメスの修理


エルメスのビジネスバッグ(プリュムドッグ)財布(アザップ)と、
クロコ革の手帳カバー(アジェンダ)です。

 

 

 

 


ビジネスバッグ(プリュムドッグ)は各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


底角も表皮が剥がれています。

 

 

 

 


上側の角部も同様に。。。

 

 

 

 


ファスナーで擦れる部分は革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


持ち手はコバ仕上げが必要ですが実は表皮もスレスレです。

擦れた部分に手の脂分や汚れが染み込んでいるだけですので、
汚れを取り除いて証明します。

 

 

 


長財布(アザップ)は全体に薄汚れが見られます。

 

 

 

 


汚れが塗料の下から浮き出ているようで塗装歴があると考えられます。
出来る限り取り除いて補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


クロコの手帳カバー(アジェンダ)はコバ面の仕上げ直しと、
折り曲げ部の強化加工です。

 

 

 

 


二つ折りの角が表裏で大きくずれています。
折り曲げ部の型崩れが原因ですが修正するのは難易度が高い加工です。

 

 

 

 


折り曲げ部の解体。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。
強化加工を施しながら変形も改善させます。

 

 

 

 


プリュムドッグの持ち手の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明に。。。

 

 

 

 


引き手革も補修が必要。

 

 

 

 


擦れ部を整える補修加工を施したあと補色して修復完了です。

 

 

 

 


上側の角部も改善しました。

 

 

 

 


全体にスレスレで毛羽立っていたファスナーサイドの革も改善です。

 

 

 

 


アジェンダのコバ仕上げと折り曲げ部の強化加工も完了。

 

 

 

 


変形も改善して表裏のズレも改善しました。

 

 

 

 


アザップの外面の補修補色加工も完了です。

塗装歴がありノークレーム加工で引き受けた財布ですが、
出来る限り元の色に近づけるように内部材の色を参考にしました。

 

 

 

 


汚れていたファスナー引き手革も改善させています。

 

 

 

 


擦れ、変形、塗装歴汚れなど三者三様の加工でしたが、
3点とも改善していますので引き続き活用いただけます。

良い品ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ワニ革とゾウ革


ワニ革のトートバッグ2点とエレファント革のビジネスバッグです。

 

 

 

 


エレファントのビジネスバッグは持ち手が擦り切れて、
ボール紙の芯材が露出しています。

 

 

 


持ち手を解体して強化しながら擦り切れ部を修復します。

 

 

 

 


負担が掛かる付け根金具にはグラつきが見られます。
カブセを解体して金具を固定します。

 

 

 


持ち手が前後に倒れた長めの持ち手は肩に掛けることも出来て便利。

本体を挟み込むように持ち手を取り付けた構造でコバ仕上げされています。
大きなバッグですので持ち手を強化します。

 

 

 

 


こちらのバッグは外周を折り返して縫製した「ヘリ返し仕上げ」です。

コバ仕上げされたバッグより解体が面倒ですが、
持ち手の芯材を入れ替えながら強化します。

 

 

 

 


こちらのバッグは・・・・

 

 

 

 


黒と茶色のバッグを繋ぎ合わせたバッグでした。

 

 

 

 


天部には擦れが見られます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。

一つのバッグですが縫製糸も革色も違うので、
2個のバッグを修理するのと同じ手間が掛かります。

 

 

 


カブセを解体して持ち手を取り外し解体。

 

 

 

 


擦り切れて大きな穴が空いています。

 

 

 

 


取り外した金具の取り付け脚を丈夫に付け直しました。

 

 

 

 


持ち手を取り外して解体。

片面だけの強化加工で強度的には十分なんですが、
当社では表裏とも芯材交換や強化加工を施します。

 

 

 


こちらのバッグも同様に。。。。

 

 

 

 


すでに亀裂が見られる付け根付近は傷みやすい構造ですので、
出来る限り丈夫にしておきます。

 

 

 

 


底角の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


茶色側の底角も同様に。。。。

 

 

 

 


芯材交換しながら強化して擦り切れ穴も塞ぎました。

 

 

 

 


両側の付け根金具のグラつきも改善。

 

 

 

 


表裏とも強化しながら芯材交換して縫製完了。

 

 

 

 


口周りの擦れも改善。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらのバッグも持ち手全体の芯材交換と強化加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


バッグの持ち手は傷みやすく消耗パーツとも考えられますが、
ビジネスバッグや容量が大きなバッグは丈夫に強化しておくと安心です。

3点とも持ち手の強度は新品時より丈夫に仕上げていますので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索