ディオール財布の修理


ディオールのジッピーウォレットです。

 

 

 

 

 


外周テーピング革は擦り切れて白い芯材が露出しています。

革が破れて芯材が露出すると本体が傷んでしまいますので、
もう少し早めのメンテナンスが最善です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


擦れに弱い柔らかな革ですがテーピング革は全体的にボロボロです。

 

 

 

 

 


ジッピーウォレットは全体を解体して内部材を取り外さなければ、
外周のテーピング革を交換できません。

驚くほど薄い革でテーピングされていましたので厚みを増した革で作成します。

 

 

 

 


外周テーピング革の作成交換の完了です。

 

 

 

 


テーピング革の面積は僅かですが擦り切れたテーピング革が綺麗になると、
全体的にスッキリ見えます。

 

 

 

 


財布の外周はバッグの中でも擦れてしまい傷みやすい部分です。
厚みを増した革で作成交換することで耐久性を増していますが、
良い状態を保つ工夫も必要です。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション 御中

お世話様です。
先ほど届きました。

ブログで工程を見て楽しみにしていましたが、
期待どうり丈夫に仕上げていただき満足です。

〇〇〇○〇もありがとうございました。
また修理する物がでたらお願いしたいと思いますので
よろしくお願いします。

宮城県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
擦れやすい外周テーピング革を良い状態に保てれば、
全体的に綺麗なまま長く愛用できます。
大切に長くご愛用ください。

S7660の修理


Whitehouse Cox-S7660定番の人気モデルです。
長年の使用で外周の縫製糸が擦り切れています。

 

 

 

 


糸の擦り切れだけでなく革も擦り切れて穴が空き限界を超えています。

 

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部は食いちぎられたような状態で縫い直すこともできません。

 

 

 

 


反対側はもっと重症。

なぜ?ここまで悪化させてからメンテナンスするのか不思議に感じますが、
ここまで使い込んだからこそ愛着が増すものだと・・・・理解しています。

基本的には修復不可能な状態まで十分に頑張った様子の財布ですが、
引き続き活用できる状態まで改善させます。

 

 

 


この辺りは大きく裂けています。

 

 

 

 


汚れは色あせは愛着の証ですので今回は折り曲げ部4か所の強化のみの
ご依頼です。

 

 

 


しかし、小銭入れのマチの縫込み部にもヤブレ発見。

 

 

 

 


ホツレが多いので外周の糸は全て取り除きました。

 

 

 

 


限界。

 

 

 

 


限界を超えています。

 

 

 

 


縫い直すこともできない状態ですので手遅れ。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


解体して内側から見ても芯材は使用されていません。

 

 

 

 


破れていたマチも補修して縫込み、折り曲げ部も縫製できるように復活です。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部も強化しながら再製。

 

 

 

 


縫い直すことも不可能だった折り曲げ部4か所は強化しながら復元させています。

 

 

 

 


残念すぎる状態でしたが引き続き活用できる状態に復活です。

手遅れ状態まで頑張ってくれた財布ですので労わりながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

Bottega財布


ボッテガベネタのジッピーウォレットです。

 

 

 

 


ボッテガベネタの中では丈夫な革が使用されたモデルですが、
擦れることが避けられない外周のテーピング革は擦り切れています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


今回は外周のテーピング革の作成交換と紛失された引手革の作成です。

 

 

 

 


テーピング革が内縫いで外面ステッチがない特殊な構造ですので、
全体を解体して内部材を取り外す大掛かりな加工が必要になります。

 

 

 

 

 


持ち主には見えない部分にマイクロチップが紙テープで張り付けてあります。
個体識別番号や購入店などがわかりますので真贋鑑定にも有効。

 

 

 

 

 


テーピング革と引手革の作成交換の完了です。

 

 

 

 


厚みを増した革を使用していますので耐久性もアップしています。

外周のテーピング革の擦れは避けることはできませんが、
本体の損傷をガードしてくれる重要なパーツです。

消耗パーツですが丁寧な取り扱いで良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチのヤブレ


グッチのショルダーバッグです。

 

 

 

 


ショルダーの付け根革が切れています。

 

 

 

 


反対側の付け根革も同様に。。。。

 

 

 

 


後面は体側になり擦れてしまう部分です。

 

 

 

 


丈夫な布地ですがスレスレ。

 

 

 

 


大きな穴が空くまで愛用されてきました。
後面にポケットを追加して引き続き活用できるようにします。

 

 

 

 


全体のフォルムに合わせてデザインしたポケットの追加加工の完了です。

 

 

 

 

 


ポケットの中を見ても擦り切れ穴が見えないように加工しています。

穴が空くほど擦れる部分ですが強度アップにもなっています。
もしも本革のポケットが擦り切れて穴が空いたとしても何度でも修理が可能で、
安心して活用することができるのもメリット。

背面ポケットは便利ですし。。。。

 

 

 

 

 


切れていた付け根革も解体して強化芯材を入れ込み丈夫に復活。

 

 

 

 


本体に大きな穴が空いても使い続けたいと思えるバッグに出会えることは、
多くありません。

傷みが激しいバッグや財布ほどご自身に合ったお気に入りの品である証。
十分に頑張ってくれたバッグですので労わりながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

イサム・カタヤマ財布


ISAMU-KATAYAMAの二つ折り財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部にはストラップを取り付ける付け根革があります。

 

 

 

 

 


すぐに切れてしまう程ではありませんが芯材が剥がれて飛び出していますので、
解体して強化加工を施します。

 

 

 

 


折り曲げ部も大きな損傷は見られませんが確実に傷む部分ですので、
両側とも解体して強化します。

擦れやすい外周のコバ仕上げも同時に。。。

 

 

 


下側の折り曲げ部は部材の縫い合わせが多くて傷みやすい部分。

 

 

 

 


内張りを剥がして強化芯材を入れ込み組み立て直します。

 

 

 

 


上側の折り曲げ部も同様に。。。。

わに革なので傷みやすい折り曲げ部には芯材が入れてあると予測していましたが、
何もありませんでした。

 

 

 

 


付け根革も解体。

 

 

 

 


両側折り曲げ部と付け根革の強化加工とコバ仕上げの完了です。

 

 

 

 


傷んだ芯材から強化芯材に入れ替えましたので安心です。

 

 

 

 


部材が剥がれて割れていたコバ面も整い、折り曲げ部も強度アップです。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 

 


大きな損傷は無い状態でしたが折り曲げ部の強化加工は早めが最善。
芯材が無かったので、この財布には特に有効な加工です。

使い込んだ感じもカッコいい財布ですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

水濡れグッチ


グッチの長財布です。

画像からは良好な状態に見えますが・・・・

 

 

 


避けられない損傷ですが擦れやすい外周は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


後面は水濡れによる波打ち変形が見られます。

 

 

 

 


内部材の間仕切りは「くの字」に折れ曲がっています。
今回は歪みが激しい後面と間仕切り部を強化しながら補正します。

 

 

 

 


解体。

 

 

 

 


後面の波打ち変形部を内側から見たところです。
水に濡れると外観からは見えない芯材が変形して硬化してしまいます。

 

 

 

 


間仕切り部も解体してカードポケットも取り外しました。
2度と組み立て直すことが不可能なほど横幅のサイズが違っています。

 

 

 

 

 


組み立て直すことができないサイズに変形していますので、
2か所のカードポケットもバラバラに解体。

 

 

 

 


芯材を入れ替えながら形を整え、後面の波打ち変形の補正加工の完了です。

 

 

 

 


取り外した内部材と比較すると横幅が大きく違っています。

 

 

 

 


くの字に折れ曲っていた間仕切り部も真っ直ぐに復活。

 

 

 

 


組み立て直すことが不可能だった両面のカードポケットも復活しています。

 

 

 

 


外周の擦れ部も補修補色加工で改善しました。

 

 

 

 


今回は間仕切り部と後面の変形を補正する加工でしたが、
2か所の芯材と12か所の内布を作成交換する必要がありました。

悪戦苦闘しましたが元のサイズに戻り、使用できる状態に復活しています。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索