BPコインケース


BP刻印のワッペンが剥がれたコインケースです。

 

 

 

 


折り曲げ部は傷みやすい部分ですので強化しておくのが理想ですが、
一枚革の構造ですので強化芯材を入れる部分がありません。

 

 

 

 


長年のご使用でホツレも見られます。

 

 

 

 


コバ面の塗料も剥がれていますので仕上げ直しが必要です。

 

 

 

 


ワッペンのコバ面も仕上げなおして外周は全て縫い直しました。

 

 

 

 


折り曲げ部には強化心材と本革を張り合わせて強化しています。

強化芯材をステッチで縫い留めてありますので、
丈夫になり安心して活用いただけます。

 

 

 


コバ面を仕上げ直しと外周全体を縫い直したことで構造面が回復したことに加え、
傷みやすい折り曲げ部の強化加工で耐久性が増しています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

本日コインケースを受け取り、ブログも確認させていただきました。
この度はご丁寧に作業いただき誠に感謝致します。
これからも大切に長く使っていきたいと思います。
ありがとうございました。

東京都 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
味のあるコインケースですので、
出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

カルティエ財布


黒のランバンのコインケースとカルティエ3点です。

いずれも年代物の古い品で、これまで十分に頑張ってくれた様子ですが、
思い入れのある品とのことで引き続き活用できるように復活させます。

 

 

 

 

 


カルティエの長財布は折り曲げ部が擦り切れて大きな穴が空いています。

これだけでも修理不可能と判断される修理店が多く、
メンテナンスのタイミングとしては遅すぎる状態です。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


経年劣化で柔軟性が低下した内張りもボロボロ。
内部材も全体的に汚れが見られます。

 

 

 

 


コインケースも汚れでワインカラーとは言えない状態です。

 

 

 

 


内張りも限界を迎えています。

 

 

 

 


折り曲げ部は4か所とも穴が空いた状態ですので強化します。

 

 

 

 


先ほどワインカラーとは言えないコインケースと書いた画像右側の品も、
左のコインケースと比べると良好に見えます。

左のコインケースは素材自体が劣化して朽ちたような状態です。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 


解体しても大丈夫か心配。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


形状を保っているのが不思議なくらい外面が劣化しています。

 

 

 

 


当然ながら諦めることをお勧めしましたが引き続き愛用したいとのこと・・・・

 

 

 

 


一番古いランバンのコインケースも重症です。

 

 

 

 


内張りはボロボロ。

 

 

 

 


折り曲げ部も擦り切れて欠損しています。
今回は4点ともリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


長財布をバラバラに解体。
各部を強化しながら内張りを作成交換して組み立て直します。

 

 

 

 


コインケースも同様に。。。。

 

 

 

 


こちらのコインケースも解体しました。

 

 

 

 


縫製糸を取り除くと外周は擦り切れて大きく裂けていることがわかります。

 

 

 

 


ランバンのコインケースもバラバラ。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は4か所とも大きな穴が空いています。

 

 

 

 


カビのようなシミも・・・・

年代物で傷みが激しく4点ともインパクトがありすぎる状態ですが、
各部を強化しながら美観も整えて組み立て直します。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

内張りを作成交換しながら擦り切れヤブレを補修して、
各部を強化しながら補修補色加工で美観も整えました。

 

 

 

 


外周の擦り切れやヤブレも改善させながらワインカラーに復活です。

 

 

 

 


内側も綺麗になりました。

 

 

 

 


ランバンも強化や内張りの作成交換で丈夫に復活です。

 

 

 

 


劣化が激しいコインケースも各部を強化しながらワインカラーに。。。。

 

 

 

 


外周全体の擦り切れヤブレも改善。

 

 

 

 


解体しても大丈夫かと不安がありましたがヤブレやホツレが無くなり、
引き続きご愛用いただけそうです。

 

 

 

 


長財布も内張りのヤブレや擦り切れ欠損が改善して丈夫になりました。

 

 

 

 


出来る限り強化しながらホツレやヤブレの構造面をメンテナンスして、
擦れや汚れの美観も整えています。

しかし、年代物の財布であることに変わりなく劣化した素材を加工していますので、
丁寧な取り扱いで良い状態を保つ工夫と努力が必要です。

これまで十分に活躍してくれた品々ですので今後は労わりながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

昨日、無事拝受いたしました。
ありがとうございます。
実家の母に見せにいったところ喜んでおりました。

見違えるほどきれいになっていて驚きました。
特に小銭入れは親子2代にわたり使い込んでいたので、
さすがに修復は無理かなと半ばあきらめていたのですが、
結果的にあきらめないでよかったです。
修復していただいた4点を祖父母の仏壇に置いておきました。

他に祖母が使っていたクロコダイル、象革(?)、
オーストリッチのバッグなどがあるので、またお願いできればと存じます。

引き続き、よろしくお願いいたします。

東京都 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
4点ともバラバラに解体して各部に強化加工を施していますので、
丁寧に使用すれば長く活躍してくれます。
大切に長くご愛用ください。

ボッテガとエルメスの擦れ


エルメスのガーデンパーティとボッテガベネタのショルダーバッグです。

 

 

 

 


ガーデンパーティは底角4角の擦れの補修補色加工のご依頼です。
キャンバス地に何かの汚れが付着して固まっているのも気になります。

 

 

 


擦れが激しい底角は表皮が剥がれて無くなり、
革の繊維が毛羽立った状態です。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

ここまで悪化させてしまうと、このままでは補色することもできません。
擦り切れて無くなった表皮が元通りに戻ることはありませんが、
補修加工で表面を整えて補色可能な状態にして補色します。

 

 

 

 


底角以外にも擦れは各部に見られます。

 

 

 

 


この辺りも擦れやすい部分です。

 

 

 

 


面白いデザインのボッテガベネタのバッグで使いやすそうです。

 

 

 

 

 


内張りにホツレがありますので縫い直します。

 

 

 

 


ガーデンパーティと同様に各部に表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


底角の擦れは避けられない損傷です。

 

 

 

 


反対側の底角も同様に。。。。

 

 

 

 


メッシュ部も擦れが見られます。

 

 

 

 


擦れに弱い柔らかな革ですので丁寧な取り扱いが必要です。

 

 

 

 


持ち手もスレスレ。

 

 

 

 


全体的に白っぽく色あせているようです。

 

 

 

 


全体的に擦れが見られる持ち手はコバ面の塗料もなくなっています。

どちらのバッグも汚れを取り除いて擦れ部を補修したあと補色します。

 

 

 

 

 


ガーデンパーティの底角の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


この辺りも外周などに擦れが見られましたが少し改善させておきました。

 

 

 

 


持ち手付け根も同様に。。。。

 

 

 

 


白っぽく色あせて擦れが目立ったボッテガベネタも復活です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 

 


天部の擦れも同様に。。。。

 

 

 

 


表皮が無くなっていた底角も目立たなくなりました。

 

 

 

 


メッシュの擦れも同様に。。。。

 

 

 

 


ボッテガらしい黒味が復活。

 

 

 

 

 


ガーデンパーティのキャンバス地に付着していた汚れも取り除きましたので、
擦れや色あせも目立たなくなり気持ちよく愛用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ボッテガ財布のヤブレ


ボッテガベネタの長財布です。

 

 

 

 


ファスナーの引手革は芯材が切れて外面の薄い革だけでつながった状態です。

 

 

 

 


今回のメインは小銭入れの底のヤブレです。

 

 

 

 


こちらの底も同様に。。。。

 

 

 

 


ラウンドファスナー付の小銭入れですので内底を加工するとなると大掛かりです。

 

 

 

 


大きく解体して小銭入れの底面を復元強化加工で丈夫に復活させます。

 

 

 

 


解体した小銭入れの内側の様子。

 

 

 

 


ミシン目が切り取り線のように底面が裂けていたようです。

 

 

 

 


引手革も解体して切れた芯材を交換します。

 

 

 

 


小銭入れの底面は全体的に強化して組み立て完了です。

 

 

 

 


こちらも同様に。。。。

 

 

 

 

 


引手革も小銭入れの底面も当社で加工した部分は新品時より丈夫です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチとエルメス


エルメスのヴェスパとグッチのショルダーバッグです。

 

 

 

 

 


口紐とショルダーベルトが連結された構造ですので負担が掛かる部分が、
切れています。

 

 

 

 


芯材が床革であることも強度不足ですし接着だけのつくりにも不安があります。

 

 

 

 


ショルダーベルトはギボシ金具で取り付ける構造です。
穴が緩くなり他店に修理を依頼したら隣に穴を追加されたとのこと。。。

 

 

 

 


なぜか追加で空けた穴の方が少し大きいです。
今回はショルダーを少し長くしたいという要望もありますので作成交換します。

 

 

 


ショルダーベルトの作成交換が簡単にできない理由は先端の金具の取り外しです。
金具を破損させることなく取り除くのが難しい金具です。

 

 

 

 


エルメスのヴェスパはテーピング革の切れです。
こちら側には異常は見られませんが・・・・

 

 

 


内側から見るとテーピング革が切れています。

 

 

 

 


4か所とも同様に。。。。

極端に厚みが変わる部分でショルダーベルトの付け根革と同じ負担も掛かりますので、
構造的に切れてしまう部分です。
長年使用したヴェスパで切れていない方の方が少ない定番の損傷です。

 

 

 

 


底角の擦れも定番ですが目立ちますので補修補色加工します。

 

 

 

 


この部分のテーピング切れは構造上の避けられない損傷ですので、
解体して裏側から強化して悪化を抑えるように加工します

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


ショルダーベルトを延長しながら作成交換の完了です。
金具も元通りに取り付け、穴部は強化して組み立てています。

 

 

 

 


口紐はステッチ入りの丸紐に交換していますので安心です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ヴェスパも切れていたテーピング革の裏側に強化加工して縫製完了。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


既に切れてしまったテーピング革ですが強化加工で構造上は丈夫になっています。

 

 

 

 


底角だけでなく目立つ擦れ部は補修補色加工で改善させていますので、
どちらのバッグも引き続き活躍してくれます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

かばん、届きました!
ご連絡遅くなってすみません。
2つとも綺麗に仕上げてくださって、とっても嬉しいです!!
これからもまた大切に使っていきます。
ありがとうございました(^ー^)
京都府 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

フェリージの修理


フェリージのブリーフケースです。

 

 

 

 


クリーニング加工歴がありホック金具などに錆が見られます。

 

 

 

 


こちらもカシメ金具には腐食が見られます。

金具類の錆は我慢できるとのことですが負担が掛かり切れてしまった
持ち手付け根は強化加工が必要です。

 

 

 

 


テーピング革も切れています。
厚みが変わる部分は屈曲して切れやすい部分です。

 

 

 


4か所とも同様に。。。。

 

 

 

 


完全に切れた部分だけでなく小さな亀裂は多数見られますが、
今回は完全に切れてしまった部分のみ部分的な加工を選択されました。

 

 

 

 


底角も擦り切れ欠損がある1か所のみ部分作成します。

 

 

 

 


ファスナー交換も必要です。

 

 

 

 


安心のYKKですが低価格のファスナーが使用されていますので、
最高品質のファスナーで交換します。

 

 

 

 


負担が大きな持ち手付け根は4か所とも強化して、
テーピング革は5か所の部分修理で改善させファスナー交換で使用できる状態に
復活させます。

 

 

 

 


損傷部を解体。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


一枚革の持ち手は裏側から強化芯材と本革を貼り合せて丈夫にします。

 

 

 

 


ファスナーを開閉する度に負担が掛かる引手革も心配な様子。

 

 

 

 


解体して強化加工を施します。

 

 

 

 


持ち手付け根の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


切れていたテーピング革も裏側から強化加工を施して組み立て完了。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 

 


大きく欠損していた底角も部分作成で復活です。

 

 

 

 


最高品質のファスナーで開閉もスムーズです。

 

 

 

 


傷みが出やすいテーピング革は部分的な修理で対応しておいて、
もっと損傷が悪化したタイミングで全体交換するのは効率的です。

布製のバッグなのに使い込んだ味が出るフェリージは魅力的です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

お世話になっております。

本日、フェリージの鞄を受け取りました。
大変綺麗に修理していただき誠にありがとうございます。
これからもこの鞄を大事に愛用していきたいと思っています。

また、今後使用していく中で更なる修理が必要になった暁には
再度レザークリエーション様にお願いしたいと思います。

ありがとうございました。

奈良県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
ファスナーや持ち手付け根など負担が掛かる部分が丈夫になり、
安心して活用いただける状態に復活しています。

大切に長くご愛用ください。