ゴヤールの底角


ゴヤールのトート2点とシャネルの長財布です。

 

 

 

 


底角に表面コーティングが剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


少し小さいサイズの赤のゴヤールも同様に。。。。

布素材に薄いビニールコーティングされたような素材ですので、
擦れやすい底角などは傷みが出てしまうのは避けることができません。
今回は軽傷なうちにご依頼いただきましたので縫い込み加工で対応します。

 

 

 

 


シャネルの長財布は全体的に色褪せが見られます。

 

 

 


何かが付着した汚れも。。。。

 

 

 

 


底角はスレスレで表皮が無くなり革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


外周は擦れやすく革が擦り切れて白い芯材が露出した部分も見られます。

 

 

 

 


この辺りも革が破れて白い芯材が露出。

 

 

 

 


開閉の度に負担がかかるファスナーの引手革も限界。

 

 

 

 


ゴヤールの底角4か所を解体して剥がれた部分が少し内側に移動するように
少しカットして縫製します。

 

 

 

 


赤のゴヤールも同様に。。。。

 

 

 

 


引手革を解体して外面全体の汚れを取り除いたところです。

 

 

 

 


汚れを取り除くと外周の擦れだけでなく黒とは言えない色褪せ具合が鮮明です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ゴヤールの縫い込み加工の完了です。

 

 

 

 


カットした分だけ擦れた部分が内側に移動しています。

 

 

 

 


今回は早めのメンテナンスをされましたので違和感なく縫製できました。
余談ですが赤の方が丁寧に作りこまれていました。

 

 

 

 


シャネルの長財布も汚れや擦れが目立たなくなりシャネルブラックに復活です。

 

 

 

 

 


強化された引手革は丈夫になり安心して活用いただけます。

 

 

 

 


ゴヤールは折りたためて収納力があり軽く便利に使えるバッグですが、
表面のプリント柄が擦れに弱く傷みが出るのは避けられません。
将来的には底角に革パーツを追加加工して強度や耐久性を上げるのも一考です。

シャネルの財布も色褪せが避けられない素材ですので、
コーティング加工も施しておきましたが良い状態を保つには丁寧な取り扱い必要。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ロエベのベタツキ劣化


ロエベのショルダーバッグです。

 

 

 

 


全体的には綺麗な状態を保たれていますが、
外面の数か所にボールペン汚れが見られます。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 

 


今回はベタツキ劣化した合成皮革の内張りを作成交換するご依頼です。

 

 

 

 


ベタベタして使用することは困難です。

 

 

 

 


内張りを取り外して内ポケットやマーク金具などを取り外します。

 

 

 

 


丁寧に使用されているのに素材が合成皮革素材というだけで、
大掛かりな加工が必要な損傷になってしまいます。

少し贅沢ですがベタツキ劣化しないように合成皮革素材は本革仕様にします。

 

 

 

 


解体してみると芯材も交換が必要でした。

 

 

 

 


丈夫で柔らかな革で内張り作成交換の完了です。
デザインやサイズなどは変更ありませんので違和感なく使用いただけます。

 

 

 


予定外でしたが芯材も交換しておきましたので強度アップして、
ベタツキ劣化の心配はなくなりましたので安心して長く活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチ財布の擦り切れ


GUCCIの長財布です。

 

 

 

 


大きなGGマーク金具はメッキが剥がれて残念な状態です。
メッキの厚みより深い傷も多数みられますが使用していれば避けられない損傷です。

 

 

 

 


カブセ天部は擦れやすく布地が毛羽立っています。
この辺りは、出来る限り悪化させないように工夫して使用する必要があります。

 

 

 

 


本体の外周も擦れやすくカブセの角は革が擦り切れて穴が空いています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 

 


折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も。。。。
革が擦り切れて穴が空くまで使用すると基本的には手遅れです。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部も大きな穴が空いています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

可動するカブセと本体の折り曲げ部は解体して強化しながら穴を塞ぎ、
角部の擦り切れ破れは補修加工で見た目を改善させます。

 

 

 

 


GGマークは取り外して再メッキ加工を施します。

 

 

 

 


折り曲げ部は解体して強化しながら穴を塞ぎます。

 

 

 

 


本体の折り曲げ部も同様に。。。。
丈夫な良い財布だけに、ここまで大きな穴が空くまで放置していたことが残念です。

 

 

 

 


GGマークを再メッキして取付け完了。
GGマークの中の布地の汚れも改善させておきました。

 

 

 

 


擦れて毛羽立った布地が元に戻ることはありませんが少し改善させました。
擦れやすい部分ですので表面加工も施しています。

 

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工と角部の補修補色加工も完了です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


革が擦り切れて大きな穴が空いていましたが目立たなくなく丈夫に復活しました。

GGマークもゴールドメッキが復活したので、
予定外ですが全体的に少し見た目を整えておきました。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチ財布の修理


グッチの財布です。

 

 

 

 


飾り金具の付け根革が抜けています。

 

 

 

 


反対側は抜けていませんが同じ構造ですので外れる可能性が高いです。

 

 

 

 


どちらも弱っていましたので取り外して強化します。

 

 

 

 


強化芯材と本革を付け根革に張り合わせて丈夫にし組み立て完了です。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


飾り金具や付け根革は本体より出っ張っていますので、
擦れたり引っ掛けたりと傷みが出やすい部分です。

丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ゲラルディーニの修理


ゲラルディーニのショルダーバッグです。

 

 

 

 

 


天部はマチ部材がありファスナーは天部より少し低い位置にある構造です。

 

 

 

 


内張りも本体天部まではない構造です。

 

 

 

 

 


天部のマチ部材には破れが見られます。

 

 

 

 

 


薄い布地ビニールコーティングされた素材ですので耐久性はありません。

 

 

 

 


反対側のショルダーベルト付け根付近も破れています。

 

 

 

 


天部の部材と内張りを取り外しました。

 

 

 

 


ショルダーベルト付け根付近は外面本体も少し劣化が見られます。

構造を変えることなく修理する方法を提案させていただきましたが、
今回は破れた部分を取り外してファスナーを本体天部に取り付けるご依頼です。

 

 

 

 


内張りの高さが足りませんし本体天部にも劣化が見られますので、
傷んだ部分を取り除くように高さを調整して組み立てなおします。

 

 

 

 


天部のマチを取り除いて組み立て完了です。

 

 

 

 


天部に入れてあった芯材も交換してショルダー付け根も強化しました。

素材自体の耐久性の問題が大きいですがシンプルな構造になったことで、
取り扱いしやすくなったと思います。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

 

(お手紙紹介です)
体の都合で肩掛けバッグを多用しているので、これから活用します。
また機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
お心遣いの〇〇もありがとうございました。

鹿児島県 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
頑丈なバッグとは言えませんが軽くて便利に使えるアイテムです。
大切に長くご愛用ください。

コンテスの修理


コンテス(comtesse)のホースヘアー素材のバッグです。

 

 

 

 

 


高品質なロック金具。

 

 

 

 

 


開閉時の感触まで微調整しているメーカーです。

 

 

 

 

 


ショルダーベルト付け根の金具がマチ部材に固定されています。

 

 

 

 


反対側の金具はグラグラです。

 

 

 

 


グラグラなので、こちら側にも傾きます。

 

 

 

 

 


内張りを解体しなければ状態を確認できませんし修理もできません。

 

 

 

 

 


金具を取り外してみると取付け足の付け根が黒くなり弱っています。

 

 

 

 

 


金具を取り外したマチの内側です。
台座の固定金具が無く、芯材も破れていますので強化します。

 

 

 

 

 


弱っていた足部も再生加工しました。

 

 

 

 


マチ部の強化や金具の再生加工を施して台座金具も取り付けて固定完了です。

 

 

 

 

 


負担がかかる付け根金具ですが当社で加工した部分は新品時より頑丈です。
安心して長く大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

昨日受け取りました。
ブログも拝見いたしました。
いつも丁寧なお仕事に感謝いたします。
古いバッグですので、丁寧に大切に使用したいと思います。
レザークリエーション様にお直しを頼みたいところですが、
なかなか予約が取れず断念する事もあり、
今回修理をお願いできたのは大変幸運でした。
ありがとうございました。
ぜひ、またの機会にはよろしくお願いします。

静岡県 U 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
当社で加工した部分は新品時より丈夫になっていますので、
安心して活用ください。