クロコとオースト


コンテスのオーストリッチとモラビトのクロコダイルのバッグです。
いずれも年代物ですが最高峰の素材を使用した最高峰のブランドです。

 

 

 

 


モラビトはショルダーや本体のコバ面の塗料が剥がれて白くなっています。

使い込んだ経年感が好みとのことですので加工しませんがコバ面は重要ですので、
早めに仕上げ直す方が良い状態を保ちやすくなります。

 

 

 

 


ショルダーはホックで長さを変えれる構造ですが、
他店様で2か所だけ別のホックに交換されていますので短くできません。

 

 

 

 


凹側のホックもタイプが違う金具に交換されています。
凸凹のホック8か所を交換して2WAYで使用できるようにします。

 

 

 

 


コンテスのオーストリッチのバッグは持ち手に穴あきが見られます。
これはクイルマークと呼ばれる羽が生えていた部分が欠損したものです。

 

 

 

 


擦れて剥がれた部分や毛羽立ちも補修します。

 

 

 

 


クイルマークの欠損や毛羽立ちを補修して加工完了。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


モラビトのショルダーベルトも短い状態で使用可能になりました。

 

 

 

 


8か所とも交換していますのでロングで使用することも可能です。

 

 

 

 


今回はご依頼箇所のみの加工でしたので経年感だけでなく、
強度や耐久性は長年愛用した年代物の状態のままです。

出来る限り悪化させないように注意しながら活用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

本日ぶじに受け取りました!
2つとも、本当に理想の、状態にしてくださり、感謝しきれません。
ブログを拝見し、感激しながら何度も何度も読み返していました。
二つとも、きらきらと輝き、まるでとても喜んでいるように見えました。
レザークリエーションさまに、託して本当に!良かったです!
おっしゃってくださるように、モラビトのコバの部分…
早いうちに、絶対に、手当てしていただかなきゃ、と思ってまいりました
ちかいうちに、必ずコバの手当て、依頼させていただきますね(´▽`)
この度は、修理だけでなく、
ご丁寧な梱包、あと◯◯◯◯◯、ありがとうございました(o⌒∇⌒o)
活用させていただきますね
ありがとうございました

大阪府 A 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
2点とも高品質な良いバッグですので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

ラコステのリュック


名刺入れとパスケースとリュックです。

 

 

 

 


黒の名刺入れは合成皮革の内張り劣化があり本革で作成交換します。

 

 

 

 


バラバラに解体が必要で大掛かりな加工になります。

 

 

 

 


ポロのパスケースには石川島播磨重工と東芝のロゴが入っています。

 

 

 

 


こちらも全体を解体する大掛かりな加工になりそうです。

 

 

 

 


外周のテーピング革も作成交換が必要。

 

 

 

 


ラコステのリュックは2個のマグネット金具で開閉する仕様です。

 

 

 

 


開閉の度に負担がかかる取付け部が裂けています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


パスケースの解体。

 

 

 

 


合成皮革の劣化だけでなく布地も劣化して破れています。

 

 

 

 


黒の名刺入れも解体。

 

 

 

 


リュックのカブセを解体して凸側のマグネットを取り外したところです。

 

 

 

 


内側から強化加工を施してマグネットを付け直します。

 

 

 

 


復元強化加工の完了です。
取付け部は新品時より丈夫になりましたので安心して開閉いただけます。

 

 

 

 


黒の名刺入れも劣化した合成皮革の内張りを取り除いて組み立て完了。

 

 

 

 


本革仕様ですのでベタツキ劣化の心配がありません。

 

 

 

 


予定が大きく狂ったパスケースも加工完了です。
布地の内張りやファスナーポケットの全交換などが追加で必要になりました。

 

 

 

 


少し厚みを増した革でテーピング革を作成。

 

 

 

 


元のファスナーポケットは幅が足りていなくて外周ステッチまで届いていないサイズ。
接着だけで耐えていたようですので全体を作成交換しました。

 

 

 

 


3点とも当社で加工した部分は安心して活用いただける状態に復活しましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
本日、受けとりました。
今回で3回目になりますが、いつもながらの完璧な仕上がりに驚くばかりです。
修理は新しく作るよりも難しいと思いますが、
新品になって戻って来たといっても過言ではありません。
慣れ親しんだものを再び使うことができ、とても嬉しいです。
ありがとうございました。

静岡県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
当社で加工した部分は新品時より丈夫になり、
合成皮革から本革に素材変更したことで品質もアップしています。
大切に長くご愛用ください。

フェラガモ財布の修理


フェラガモの長財布とキーケースです。

 

 

 

 


財布とキーケースは少し色が違います。

 

 

 

 


財布の外周には擦れが見られ角部は革が裂けて芯材が露出しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部にも擦り切れ穴が空いています。
角部や底角の擦り切れは見送られましたが可動する折り曲げ部は強化します。

 

 

 

 


ご依頼いただいた折り曲げ部を解体すると擦り切れ穴が鮮明です。

 

 

 

 


反対側も解体して強化します。

 

 

 

 


ロック部のリボンも擦り切れてボロボロです。

 

 

 

 


リボンは作成交換します。

 

 

 

 


キーケースをバラバラに解体。
キーケースを修理するのではなく素材として財布のリボンを作成するご依頼です。

 

 

 

 


折り曲げ部に強化芯材を入れ込みながら擦り切れ穴を塞ぎました。

 

 

 

 


キーケースがリボンになり財布がゴージャスに復活です。

リボン部は出っ張っていて擦れやすいので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

芯材交換


ジミーチュウのバッグとシャネルの財布とバッグです。

 

 

 

 


シャネルのバッグは他店様で塗装済みですが塗料のひび割れや剥がれが発生。
使用している塗料の色も違うように見えます。

 

 

 

 


色落ちしやすい素材のようで各部に擦れや色褪せが見られます。

 

 

 

 


底角など擦れた部分には他店様で塗装する前からの汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


他店様の塗料や汚れを出来る限り取り除いたところです。

擦れや汚れの上から塗料を塗る修理店が多いですが、
すでに塗料のひび割れが発生していますように汚れの上から塗装すると、
ひび割れや剥がれが発生しやすくなります。

 

 

 


他店様の塗料も含めて汚れを出来る限り取り除いています。

 

 

 

 


マチ部材も同様に。。。。

 

 

 

 

 


画像の中央部に残っている他店様の塗料は取り除けない状態です。
深い傷があったと推測していますが瞬間接着剤で補修されたようです。

 

 

 

 


底面にも数か所に瞬間接着剤を使用した部分があり革が硬化しています。

 

 

 

 


内側の革パーツと比較すると変色具合が鮮明です。

他店様での塗装歴や瞬間接着剤の使用なども含め擦れや色褪せも重症ですが、
表皮が剥がれて白くなった大部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


ジミーチュウのバッグはロック金具のメッキ剥がれが重症です。

全体に擦れや汚れも見られますが今回はロック金具のメッキ加工で、
見た目を改善させます。

 

 

 

 


持ち手は薄い革でボール紙をサンドした構造ですので限界を迎えています。

 

 

 

 


外面の薄い革だけで形状を保っている状態です。

 

 

 

 


内張りを解体してロック金具を取り外し持ち手も解体して芯材を取り除きました。

 

 

 

 


取り除いた芯材はボロボロです。

 

 

 

 


金具のメッキ加工は金具を単体にしなければできないので脱着が必要。

 

 

 

 


財布は縫製糸や革が擦れて穴が空いた折り曲げ部の強化加工の御依頼です。

 

 

 

 


本体やカブセの4か所だけでなくベロ革の折り曲げ部も擦り切れて破れています。

 

 

 

 


すべての折り曲げ部6か所の擦り切れ穴を塞ぎながら強化する加工の御依頼です。

 

 

 

 


ベロ革を解体すると擦り切れ穴の大きさがわかります。

基本的に擦り切れて穴が空くと手遅れで新品状態に戻ることはなく手遅れです。
修理のタイミングとしては、もっと早い段階でメンテナンスしておくのが賢明です。
 


カブセの折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらは本体の折り曲げ部です。
擦り切れて穴が空いた6か所に強化芯材を入れ込みながら修復します。

 

 

 


ジミーチュウのロック金具の再メッキ加工の完了です。

メッキの厚みはミクロ単位ですので深い傷は消えませんが、
本金メッキでゴールドが改善するだけでも高級感が蘇ります。

 

 

 


ボロボロになった芯材を強化芯材に入れ替えて両側持ち手の強化加工も完了。

コバ面も仕上げ直して芯材が硬化してボロボロになる心配もなくなりましたので、
安心して活用いただけます。

 

 

 


財布の折り曲げ部6か所の強化加工も完了です。

擦り切れ穴がが塞がった効果よりも折り曲げ部の強度アップが、
長く愛用するうえでは効果的な加工です。

 

 

 


擦れだけでなく汚れや他店様の塗料が染み込んでいた底角も改善して、
クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


内部材の革との色合いも近くなりました。

 

 

 

 


3点とも使い続けるのは困難な状態でしたが再び活用いただける状態に復活です。

使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
良い状態を保ち続けるには早めのメンテナンスが有効です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になります。
バッグとお財布届きました。
想像以上に綺麗にして頂いてとても感動してます。
大切に使います!
本当にありがとうございました。
「ほんの気持ちです」にもちょっと感動してしまいました。
早速使わせていただきます。

宮城県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

ハロッズ財布


harrods(ハロッズ)の二つ折り財布です。

 

 

 

 


取り扱いが難しいゴールドですが丁寧に使用されています。

 

 

 

 


二つ折り財布は折り曲げ部が傷みやすい部分です。

 

 

 

 


反対側も折り曲げ部も軽傷ですが両側とも解体して強化芯材を入れます。

 

 

 

 


亀裂が発生していた外周のコバ塗料も取り除き仕上げなおします。

 

 

 

 


折り曲げ部解体。

 

 

 

 


札入れ側も同様に。。。。

 

 

 

 


外周のステッチまでは届いていませんが薄い芯材が張り合わせてありました。

 

 

 

 


コバ面を仕上げなおして折り曲げ部の強化加工の完了です。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


財布は折り曲げ部を良い状態に保てれば長く愛用できます。

綺麗な状態を保ったまま使用するのは難しい素材ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

本日、お受け取り致しました。
ずっと、折り曲げ部分の亀裂が気になって使用してました。
この度は綺麗に仕上げて頂き感謝致します。
今まで以上に丁寧に使用していきたいと思います。
どうもありがとうございました。

可愛い〇〇〇○〇も使わせて頂きますね。

沖縄県 G 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
綺麗な状態を保ち続けるのが難しい素材ですが、
工夫しながら良い状態を保って長くご愛用ください。
 

ロエベ トートバッグ


ロエベのトートバッグです。

 

 

 

 


前後の持ち手が同じ向きですので後ろ側の持ち手は捩じったまま使用されています。

 

 

 

 


後側の持ち手は裏返しで使用されていましたので擦れた面が表側です。

 

 

 

 


接着だけで仕上げた持ち手の付け根は部材の剥がれが見られます。

 

 

 

 


負担がかかる部分なのですが残念な構造です。

 

 

 

 


コバ塗料が剥がれた部分を見ると繊維が荒い革であることがわかります。
持ち手のコバ面を仕上げなおしながら付け根4か所を強化します。

 

 

 


外面には擦れも見られます。

 

 

 

 


底角4か所は表皮が無くなるまでスレスレ。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

 

 

 

 


表皮の剥がれた部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


負担がかかる付け根の芯材は合成皮革です。

合成皮革が劣化すれば接着が剥がれることは避けられませんので、
このバッグを購入された方は100%同じ症状がでます。

 

 

 

 


劣化した合成皮革の芯材を取り除いたところです。

 

 

 


持ち手のコバ塗料を取り除いたところです。
革の繊維が荒く塗料を吸い込んでしまいますのでコバ面も補修して整えます。

 

 

 

 


付け根の強化加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手も正しい向きに補正して手垢汚れや擦れを改善させました。

 

 

 

 

 


底角付近の擦れも改善。

 

 

 

 


付け根は剥がれが出ないように工夫しながら強化して、
持ち手のコバ面も仕上げなおしています。

外面の擦れも改善しましたので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索