三つ折りベアン修理


エルメスの長財布(三つ折りベアン)とプラダのキーケースです。

 

 

 

 


鍵が付いたままのキーケースはフックが2個欠損しています。

鍵を取り付けるフックは定期的に変えて使用すると長持ちしますが、
同じフックを使用していると摩耗して抜け落ちます。

 

 

 


白い革のベアンは擦れや傷が外面全体にあり汚れや変色も重傷です。

 

 

 

 


エルメスの財布だけに人前には出しにくい状態です。

 

 

 

 


ベロ革も縫製糸まで擦切れて表皮が無くなった部分も見られます。

 

 

 

 


当然のように傷みやすい折り曲げ部も擦れやホツレがあります。

 

 

 

 


外面の状態と比較すると内部材は綺麗に見えます。

 

 

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


ポケットの中に隠れている部分と外に出ている折り曲がり部を比較すると、
内部材も擦れや汚れがあることが解ります。

 

 

 

 


ポケットの中はレシートなどの印刷物の色移りが前面に見られます。

 

 

 

 


各部を強化しながら汚れを取り除き、擦れや傷を補修して補色して、
組み立て直します。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部やコバ面も丈夫にしながらスッキリと綺麗になりました。

 

 

 


内部材も同様に。。。

 

 

 

 


小銭入れの中やポケットの中も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


プラダのキーケースはホルダー金具を交換。

 

 

 

 


残念な状態のベアンでしたが強度アップさせながら、
出来る限り改善させましたので引き続き活用いただけます。
キーケースは鍵のローテーションを忘れずに活用ください。

財布などの小物類はバッグの中でも擦れて傷みやすいものですが、
とくにメンテナンスやお手入れをしなくても、
取り扱い方などを少し工夫するだけで良い状態は保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ワニ革とゾウ革


ワニ革のトートバッグ2点とエレファント革のビジネスバッグです。

 

 

 

 


エレファントのビジネスバッグは持ち手が擦り切れて、
ボール紙の芯材が露出しています。

 

 

 


持ち手を解体して強化しながら擦り切れ部を修復します。

 

 

 

 


負担が掛かる付け根金具にはグラつきが見られます。
カブセを解体して金具を固定します。

 

 

 


持ち手が前後に倒れた長めの持ち手は肩に掛けることも出来て便利。

本体を挟み込むように持ち手を取り付けた構造でコバ仕上げされています。
大きなバッグですので持ち手を強化します。

 

 

 

 


こちらのバッグは外周を折り返して縫製した「ヘリ返し仕上げ」です。

コバ仕上げされたバッグより解体が面倒ですが、
持ち手の芯材を入れ替えながら強化します。

 

 

 

 


こちらのバッグは・・・・

 

 

 

 


黒と茶色のバッグを繋ぎ合わせたバッグでした。

 

 

 

 


天部には擦れが見られます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。

一つのバッグですが縫製糸も革色も違うので、
2個のバッグを修理するのと同じ手間が掛かります。

 

 

 


カブセを解体して持ち手を取り外し解体。

 

 

 

 


擦り切れて大きな穴が空いています。

 

 

 

 


取り外した金具の取り付け脚を丈夫に付け直しました。

 

 

 

 


持ち手を取り外して解体。

片面だけの強化加工で強度的には十分なんですが、
当社では表裏とも芯材交換や強化加工を施します。

 

 

 


こちらのバッグも同様に。。。。

 

 

 

 


すでに亀裂が見られる付け根付近は傷みやすい構造ですので、
出来る限り丈夫にしておきます。

 

 

 

 


底角の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


茶色側の底角も同様に。。。。

 

 

 

 


芯材交換しながら強化して擦り切れ穴も塞ぎました。

 

 

 

 


両側の付け根金具のグラつきも改善。

 

 

 

 


表裏とも強化しながら芯材交換して縫製完了。

 

 

 

 


口周りの擦れも改善。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらのバッグも持ち手全体の芯材交換と強化加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


バッグの持ち手は傷みやすく消耗パーツとも考えられますが、
ビジネスバッグや容量が大きなバッグは丈夫に強化しておくと安心です。

3点とも持ち手の強度は新品時より丈夫に仕上げていますので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

プラダの内布ヤブレ


ルイヴィトン エピ財布とロンシャン長財布とプラダのバッグです。

 

 

 

 


ロンシャン長財布には全体に擦れが見られますが、
今回は外周ホツレ部の縫い直しのみのご依頼です。

 

 

 

 


底の折り曲げ部だけでなくカブセ付け根も負担が掛かり傷みやすい部分です。

 

 

 

 


部材を接着して縫い直します。

 

 

 

 


最高品質時代のエピの長財布ですが各部に損傷が見られます。

 

 

 

 


底の折り曲げ部は縫い直す部分が擦り切れて無くなっています。

基本的には手遅れと判断される修理店が多くなる症状ですので、
メンテナンスのタイミングとしては遅いです。

 

 

 


カブセの折り曲げ部も縫い直す部分が無くなっていますので手遅れです。

 

 

 

 


反対側も擦り切れて大きく口が開いています。

 

 

 

 


カブセ裏は手垢汚れなどで黒くなり数カ所にボールペン汚れもあります。

 

 

 

 


マチ部材も表皮が剥がれて白くなった部分があり変形も見られます。
マチ部材にもボールペン汚れがあります。

 

 

 

 


プラダは定番の内布ヤブレです。

 

 

 

 


画像の様な状態で縫製されているのが本来の姿ですが・・・

 

 

 

 


手縫いで全体的に自己流修理されています。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。

自己流で手縫いされた部分を解体するのは手間が掛かるだけでなく、
無数の針穴を開けて損傷を与えていますので残念です。

 

 

 


エピの財布はリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


マチ部材は擦れやボールペン汚れだけでなく変形が重傷です。

 

 

 

 


張り合わされた薄い革を破らないように剥がして強化芯材を入れます。

 

 

 

 


マチ革は0.2ミリの厚みですので指先で裂くことができます。

 

 

 

 


底やカブセの折り曲げ部も内張りを剥がして強化しながら修復します。

 

 

 

 


カブセ裏や小銭入れの中など汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


プラダの内張りは解体して縫い合わせ部には強化加工を施し縫製します。

 

 

 

 


擦れや汚れを改善させながら組み立て直しリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工も完了して縫製できる状態に復活です。

 

 

 

 


底の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


擦れやボールペン汚れだけでなく変形型崩れも改善させながら、
マチ部材は丈夫に復活。

 

 

 

 


ホック金具も磨き直してボールペン汚れも目立たなくなりました。

 

 

 

 


プラダの内張りも手縫いあとが無くなりスッキリです。
全体的に強化して縫製していますのでバッグ全体が強度アップです。

 

 

 

 


3点とも引き続き活用いただける状態に復活していますので、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

フェンディ底角


フェンディのトートバッグです。

 

 

 

 


大きなバッグですので底角の擦れは避けることが出来ません。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。
細い糸で織られた布地は擦れを放置していると修復できなくなります。

 

 

 


傷んでしまう部分ですので底角に革パーツを取り付けるご依頼です。

このままで革パーツを縫い付ける修理店が多いですが、
ワッペンを貼り付けたような仕上がりになってしまいます。

 

 

 

 


本体を解体して革パーツを取り付けることで、
元々のデザインのように仕上げることができます。

 

 

 

 


底面も解体。

 

 

 

 


底角に革パーツを追加したことで耐久性だけでなく高級感もアップしました。

使用すれば底角が擦れてしまうことに変わりありませんが、
軽傷なら補修補色加工が可能になります。
また、穴が空くまで放置しても革パーツを取り替えることで復活も可能です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
〇〇〇〇〇です
フェンディのバッグ届きました
底の四隅にワッペン感覚で擦れた所を隠して頂けたらと思っていましたが
本格的なお直し頂き驚いています
お世話様でした
有り難うございます

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に使用されているバッグでしたので、
四隅に貼り付けたような革ワッペンでは残念な状態になると考え、
本体を解体して元からのデザインのように加工しました。
底角の擦れは避けられない物ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

オールドグッチ


年代物のグッチのバッグです。

 

 

 

 


加工歴があると思われるショルダーベルトは取り外しできる構造です。

 

 

 

 


カブセ裏のループ革にショルダーベルトを通して取り付けますが・・・

 

 

 

 


ショルダー先端を折り返してホックで留める構造になっています。
ループ革に負担が掛かるので通常では考えられない構造です。

 

 

 

 


負担が掛かりループ革や付け根は限界です。

 

 

 

 


亀裂が見られるカブセ付け根の強化加工やリニューアルリペアは、
次回以降のメンテナンス時に先送りされました。

今回はループ革とショルダーベルトを作成交換しながら、
安心して活用できる構造にします。

 

 

 


シェリーラインの大きなバッグは変形してヨレヨレです。

布地の擦れなどは織り直すことは出来ませんが、
全体を解体して強化加工を施しながら組み立て直します。

 

 

 


外周のテーピング革は作成交換します。

 

 

 

 


両側の持ち手も限界を超えていますので作成交換が必要。

 

 

 

 


直営店で交換されたファスナーは、もう少し良い品で交換します。

 

 

 

 


変形が激しいのは保管状態の問題だと思われます。
タオルなどを詰め込んで形状を整え保管するだけで良い状態を保てます。

 

 

 

 


変形が残念すぎます。

 

 

 

 


オールドグッチらしくシンプルな内側。

 

 

 

 


高品質な内布ですが擦り切れヤブレが数カ所に見られます。

布の擦り切れは織り直すことは出来ませんが、
このままで放置することも出来ません。

 

 

 

 


ショルダーバッグのカブセを解体してループ革を取り除きました。
ループ革の取り付け部の芯材も外しましたので付け根も強化します。

 

 

 

 


不思議なショルダーの取り付け構造でしたが、
カブセ裏が裂ける前に改善させる加工ができて良かったと思います。

 

 

 

 


シェリーラインのバッグを解体。
古いグッチの解体は時間が掛かりすぎます。

 

 

 

 


変色したファスナーは最高品質のファスナーで交換します。
両サイドの帯革部材も芯材交換して丈夫にしています。

 

 

 

 


金具は再メッキ加工でピカピカ。

 

 

 

 


ショルダーループ革の作成交換と強化加工の完了です。

 

 

 

 


ループ革に負担が掛からないようにベルトの先端を結合する構造に変更。
使用する長さは元のままになるように延長して作成しています。

 

 

 

 


ヨレヨレだったシェリーラインのバッグもリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


全ての革パーツや本体に強化加工を施して組み立て直しましたので、
構造的には新品時より丈夫です。

 

 

 

 


引き手革も作成して開閉しやすくなりました。

 

 

 

 


擦り切れていた内布も出来る限り改善させています。

 

 

 

 


一枚目のツーショット画像と比較するとスッキリ感が違います。

当社で加工した部分は丈夫になっていますが、
買い換えることが出来ない良い時代のバッグですので、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

 

 

 


余談ですが・・・

この箱に入れて送られてきたのですがヨレヨレ感がなくなったバッグは、
梱包することができないほどしっかりしています。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

本日バッグ2点を受け取りました。
元々亡祖母が使っていたもので、
ご依頼させていただいた時は祖父に相談したうえで修理のお願いをしました。
それから一年も経たず祖父が他界してしまい、今バッグを受け取り色々思い返しています。
このオールドグッチは親戚が香港旅行に行った時のお土産でいただいたと聞いており、
きっと綺麗になったこのバッグを見たら祖父もとても喜んでいたと思います。
保存状態が悪く形崩れも酷かったと思いますが、
綺麗な状態へ戻していただき本当にありがとうございました。
大事に使わせていただきます。

 

千葉県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に取り扱うことで良い状態を保ちやすくなります。
大切に長くご愛用ください。

ディオール財布


クリスチャンディオールのサドルウォレットです。

 

 

 

 


多くの部材がマトメ縫いされている折り曲げ部付近は負担が掛かります。

 

 

 

 


こちら側はマチ部材が外れています。

 

 

 

 


折り曲げ部も負担が掛かる部分ですので解体して芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


カブセの外周はコバ塗料が剥がれて黒い芯材が露出しています。

 

 

 

 


芯材が目立つ黒色であることや構造に少し残念な部分もありますが、
負担が掛かるカブセに芯材が入れてあることは好感が持てます。

 

 

 

 


ホックの開閉で指先が擦れる部分も塗料が剥がれてしまう部分です。

 

 

 

 


小銭入れの内側のヘリ返し革も接着し直します。

 

 

 

 


折り曲げ部のヘリ返し革をめくりあげて芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


内張りや芯材も剥がして強化します。

 

 

 

 


カブセのコバ面の仕上げ直し完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部の強化加工も完了。

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


剥がれてくることは避けられない部分ですが、
変形やシワも改善させながら貼り直しています。

 

 

 

 


使い込んだ経年変化や雰囲気を楽しむタイプの財布です。

お知り合いから受け継がれた財布とのことですが、
これからが一番良い雰囲気を楽しめる状態だと思います。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

お世話になっております。
今朝、手元に届きました。
綺麗にしてくださった上に、お気持ちの品まで、凄く嬉しかったです。
私が納得するまで話を聞いてくだったおかげで、
お財布本来の良さを、手にとってみて実感することができました。
お願いして良かったです。
大切に大切に使います。
この度は、本当にありがとうございました。

兵庫県 M 様

お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長く活用したいと思えるバッグや財布に出会えることは、
多くありませんので良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。