オールドグッチ


オールドグッチのバッグと財布です。
変形もあり傷みが激しいバッグは解体してリニューアルリペアします。

 

 

 

 


古い品ですので擦れや汚れやメッキ剥がれは見られますが、
年代を考えると良い状態を保たれています。

 

 

 

 


擦れはありますが内部材も年代を考えると良い状態です。

 

 

 

 


今回は小銭入れの凹側ホックの取り付けです。

 

 

 

 


外面ホックは破損していませんが錆びて変色しています。

 

 

 

 

 


バッグは全体を解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


革パーツは擦れや汚れだけで無く経年劣化もあります。

 

 

 

 


革が擦り切れて欠損した部分も・・・

 

 

 

 


ファスナーも擦り切れて裂けています。

 

 

 

 


革パーツに張り合わされたボール紙の芯材も限界を超えています。

 

 

 

 


大容量のバッグですので底面にフェルト地を貼って活用されています。
荷物で擦れやすい底面を保護するには、とても効果的です。

 

 

 

 


革部材の寸法が足らずにマチ部材が縫い込まれていません。
この時代ならではの大らかさです。

 

 

 

 


反対側も縫い込めていませんし縫いしろも左右で大きく違います。

 

 

 

 


この辺りのステッチもオールドグッチ時代はあたりまえです。

 

 

 

 


金具のメッキや持ち手のホツレ縫い直しも必要です。

 

 

 

 


劣化した革は柔軟性が低下して裂けていますので、
負担が掛かる持ち手は全体的な強化加工が必要です。

 

 

 

 


再メッキ加工します。

 

 

 

 


バラバラ。

当社のブログでは頻繁に見かけるバラバラ状態ですが、
それぞれのパーツを改善させながら組み立て直す作業が必要です。
とくにオールドグッチの解体は手間と時間が掛かり苦労します。

 

 

 

 


ボール紙の芯材はボロボロで硬化しています。
全ての革パーツは芯材を交換して強化します。
 


解体して内布を剥がしましたが本体に芯材はありませんでした。

 

 

 

 


本体には付け根革の縫い付けなど負担が掛かる部分があり、
波打ち変形も見られますので全体的に強化します。

 

 

 

 


持ち手もバラバラにして全体を強化します。

 

 

 

 


メッキ加工の完了です。

 

 

 

 


財布の小銭入れはイタリーのホック取り付け完了。

 

 

 

 


サビサビだった外面ホックも交換しておきました。

 

 

 

 


バッグも全てのパーツを強化してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


擦り切れ欠損部も改善。

 

 

 

 


ボロボロの芯材はなくなり各パーツのコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


切れも見られた持ち手も丈夫に復活。

 

 

 

 


縫い込まれてなかった部分も改善させましたので強度アップしています。

 

 

 

 


波打ち変形まで改善させましたのでスッキリしました。

どちらも貴重な品ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション
ご担当者 さま

お世話になっております。
高知県の〇〇です。

昨日、バッグ等が到着いたしました。
どちらのバッグも直営店ではリペアを断られており、
縋る思いでお願いいたしました。

本当に美しく蘇った様を見て、これからますます大切に、
でも沢山使用していこうと、気持ちを新たにしました。
お願いできて本当に良かったです。
ありがとうございました。

 

高知県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に取り扱えば長く活躍してくれる状態に復活しました。
大切に長くご愛用ください。

バーバリー財布


バーバリーの小銭入れとグッチの財布です。

 

 

 

 


全体に色あせが見られ,外周は黒くなっています。

 

 

 

 


擦れやすい外周は表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んで、
黒くなっています。

 

 

 

 


黒くなっている部分は革の表皮が無くなった部分です。

 

 

 

 


ハート型のロゴプレートもスレスレでメッキが剥がれています。

 

 

 

 


バーバリー小銭入れもメッキ剥がれや革の擦り切れヤブレが見られます。

 

 

 

 

 


黒ニッケルの金具類は再メッキが必要。

 

 

 

 


内張りや芯材には縮み変形がありファスナーは黒ニッケル色のメッキが、
完全に剥がれて素材の真鍮が露出した状態です。

 

 

 

 


脱着不可能なロゴプレートですが再メッキ加工のために取り外しました。

 

 

 

 


擦れた部分に汚れが染み込んで黒くなった外周の補修補色加工を
承りましたので、まずは外周の黒い汚れを取り除きました。

 

 

 

 


黒い汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明で革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


バーバリーのコインケースは引き続き活用いただけるように、
バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


縮んでしまった外面の中に入っていたので内部材はシワシワです。

 

 

 

 


紙の芯材もシワシワになりながら縮んだ外面素材の中に収まっていました。

 

 

 

 


引き続き活用することが困難な芯材やファスナーを交換しながら組み立て、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


内部材の変形も改善。

 

 

 

 


黒ニッケルの最高品質ファスナーで交換完了。

 

 

 

 


メッキ加工も完了。

 

 

 

 


グッチのロゴプレートの再メッキ加工も完了して、
擦れ部のクリーニングと補修補色加工も完了です。

 

 

 

 


金具を単体にしないと施せない本金メッキです。

 

 

 

 


後面にも予定外の加工を施しましたので気持ちよく活用いただけそうです。

 

 

 

 


擦れに弱い素材ですし汚れも目立つ色ですので、
丁寧に取り扱う以外に良い状態を保つ方法はありません。

 

 

 

 


丈夫になったバーバリー小銭入れも綺麗になったグッチ財布も、
丁寧に取り扱えば長く活躍してくれる状態です。

活用すれば擦れや汚れを避けることは困難ですが、
出来る限りよい状態を保ちながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション ご担当者様

こんばんは。
少し遅くなりましたが、届きましたお財布2点を本日確認しました。
どちらも想像以上にキレイになっていて、感動して涙が出ました。
また大事に使っていきたいと思います。
今は色々と大変ですが、どうぞお体にお気をつけ下さい。
本当にありがとうございました。

 

神奈川県 Y 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
擦れや汚れは避けられないものですが、
出来る限りよい状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

カルティエとLV


年代物のカルティエとルイヴィトンのショルダーバッグです。

 

 

 

 


丈夫な構造で作製されていたころのシャンティですがヌメ革は劣化してます。

シャンティは同じようなデザインでシャンティ名で復活していましたが、
復刻シャンティは品番が違うように構造的には別物です。
古いシャンティは、さすがルイヴィトンといえる構造の丈夫なバッグです。

 

 

 

 


このバッグのような構造で大量生産するのは効率が悪いので、
二度と製品化されることはない構造のバッグです。

 

 

 

 


1989年6月に製造された古い品ですのでヌメ革は劣化しています。
ヌメ革パーツは限界を超えていますので作成交換しながら、
各部を強化してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


カブセ裏の革も亀裂が見られます。

 

 

 

 


反対側のカブセ付け根も同様に。。。。

 

 

 

 

 


内ファスナーポケットの中は合成皮革素材が劣化。

 

 

 

 


解体。

 

 

 

 

 


カルティエのショルダーバッグも高品質時代に作成されたものですが、
カブセ外周など擦れやすい部分は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


製造年代を考えると丁寧に活用されてきたことがわかるバッグです。

 

 

 

 


後面も外周はスレスレ。

 

 

 

 


波打ち変形も見られますのでカブセ折り曲げ部や後面は強化します。

 

 

 

 


カブセ付け根や折り曲げ部は傷みやすい部分ですので強化芯材を入れます。

 

 

 

 

 


後面全体も解体。

スポンジが入れてあるだけのソフトな構造です。
雰囲気を維持するためにもガチガチに強化して補正することはできません。

 

 

 

 


前面カブセ部には芯材が入れてありました。

 

 

 

 


スポンジを取り除かずに全体に芯材を入れ込みました。

 

 

 

 


擦れ部を整える補修加工のあと補色しました。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部は強化芯材を入れ込んで丈夫にしたあと補修補色。

 

 

 

 


後面は柔らかい雰囲気のままで波打ち変形を解消しています。

何より本体全体に芯材が入り丈夫になっていることが、
長く愛用いただく上で効果的です。

 

 

 


シャンティのリニューアルリペア加工の完了です。
合成皮革の内張りは本革仕様になりファスナーや芯材も作成交換しています。

 

 

 

 

 

 


負担が掛かる付け根革などは内側から芯材やヌメ革で強化しています。

 

 

 

 


カブセ裏も芯材交換して丈夫にして、折り曲げ部も強化しています。
デザインは変えずにカブセの開閉が楽になる工夫も施しています。

 

 

 

 


どちらも大がかりな加工でしたが復活するとカッコイイです。

活用すれば擦れや汚れは避けられない物ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

モノグラム長財布


ルイヴィトン長財布とピンキー&ダイアンのタバコケースです。

 

 

 

 


タバコケースはカブセ側のマグネット金具を紛失されています。

 

 

 

 


傷みが激しいモノグラム長財布は全体的な加工が必要。

 

 

 

 


ボロボロです。

 

 

 

 


外面のモノグラム地と内側の部材のサイズが大きく違うことから、
糸がほつれて口が空いたままの状態で使い続けていたことがわかります。

 

 

 

 


底角も同様に。。。

 

 

 

 

 


マチ部材も裂けています。

 

 

 

 


縫製する部分が無くなっていますのでホツレ修理もできません。

 

 

 

 


スライダーが折れていてファスナーの開閉もできません。

 

 

 

 


小銭入れの中は表皮が剥がれた部分に汚れが浸み込んで真っ黒。

 

 

 

 


カブセの裏まで小銭入れの中のような状態です。

1994年1月にフランスの工房で作成された最高品質時代の財布だけに、
残念すぎる状態です。

 

 

 


引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


合成皮革の内張はベタベタに劣化して対面のモノグラム時に色移り。

 

 

 

 


この時代の財布だから26年以上も頑張ってくれたとも考えられます。

 

 

 

 


折れ込んでいるので擦れることが少ないマチ部材ですが、
全体的にスレスレで表皮が剥がれて白くなっています。

 

 

 

 


正常な状態のパーツは何もありません。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れを出来る限り取り除くと擦れ具合が鮮明です。

ここまで悪化すると擦れや汚れなどは気にする状態ではありませんが、
欠損部は再生しながら負担がかかる部分を強化するなど構造面を丈夫にしながら、
見た目も改善させて組み立てなおします。

 

 

 

 


リニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


ホツレは無くなり破れや欠損部も出来る限り再生しながら強化しています。

 

 

 

 


マチ部材やコバ面も同様に。。。。

 

 

 

 


小銭入れの中も綺麗になりファスナーも改善。

 

 

 

 


タバコケースのマグネット金具も交換完了。

 

 

 

 


劣化した合成皮革の内張は本革で作成交換しましたので、
べたつき劣化の心配はなくなりました。

芯材も作成交換しながら各部にも強化加工を施しましたので、
しばらくは固く感じますが使い込みながら馴染ませてください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

古いグッチの修理


オールドグッチのミニボストンとショルダーバッグです。

 

 

 

 


年代物の古いショルダーバッグは表皮が剥がれてスレスレです。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部もスレスレですが中央部は擦れが軽傷です。

 

 

 

 


脱着できるショルダーベルトでカバーされていたので中央部の擦れが、
軽傷だったようですが・・・・

 

 

 

 


内側から見るとショルダーベルトが擦れるのでテーピング革に穴が・・・

 

 

 

 


反対側も擦切れて穴が空いています。
折り曲げ部は強化しながら擦れ部を補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


ミニボストンも各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


擦切れて穴が空いた底角も・・・・

 

 

 

 


擦れて縫製糸が擦り切れた部分も・・・・。

 

 

 

 


付け根革も革が擦れて欠損して金具のメッキも剥がれています。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


他店様でファスナ交換の修理歴があります。

元の縫製穴は無視して縫製しているのは技術的な問題としても、
糸の色が違いすぎるのが不思議。

 

 

 

 


内側から見るとファスナー交換する前の糸が残った状態です。

 

 

 

 


オールドグッチは元の糸を取り除くのに手間と時間が掛かりますが、
元の糸を放置したままで、違う色の糸で縫製している残念な修理です。

 

 

 

 


ファスナー交換時にはマチの天部も解体しますが、
ベロ革は傾いたままで縫製されています。

 

 

 

 


持ち手を取り外して本体を裏返しました。

 

 

 

 


他店様のファスナー交換で一度解体されたマチ天部の内側です。
テーピング布を外すのが怖いくらいの縫製です。

 

 

 

 


テーピングを取り外すと、またまた残念な縫製です。
ホッチキスも3本残ったままです。

 

 

 

 


ミニボストンは全体を解体してリニューアルリペアを施します。

他店様が元の糸を取り除けないほどのバッグですので、
解体するだけでも時間が掛かります。

 

 

 

 


傾いたまま縫製されていたベロ革は縫い込み部が蜂の巣状態でボロボロ。

 

 

 

 


前後天部の革もボール紙の芯材が硬化していて革も劣化しています。

 

 

 

 


縫い込み部は限界。

 

 

 

 


ファスナー交換で蜂の巣にされたマチの天部には亀裂も発生。

 

 

 

 


持ち手の付け根革を取り除いた部分も負担が大きく亀裂が見られます。

 

 

 

 


4カ所とも同様に。。。。

 

 

 

 


内側には革で部分的に補強されているので大きく裂けることはなかったと、
思います。

内張りや芯材のない本体構造ですので補強革は効果は絶大です。

 

 

 

 


メッキの剥がれや変色や錆が見られる金具類は・・・・

 

 

 

 


研磨や再メッキ加工で復活。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。
各部に強化加工を施しながら組み立て直しています。

 

 

 

 


傾いていたベロ革もスッキリ。

 

 

 

 


ショルダーバッグの折り曲げ部も強化しながら擦れ部を補色しています。

 

 

 

 


底角やカブセの外周も同様に。。。。

 

 

 

 


擦れやヤブレやホツレが無くなったミニボストンは、
最高品質ファスナーで開閉もスムーズで安心して活用いただけます。

活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション
ご担当者様

お世話になっております。
本日無事お品物受け取りました。
どちらもパリっとして見違えるようで、とても嬉しいです。
大切に使い込んで味を出していきたいと思います。

この度はどうもありがとうございました。

神奈川県 F 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けられないものです。
しかし、買い換えることが出来ない良い時代のバッグですので、
丁寧に取り扱いながら出来る限り良い状態を保ち、
大切に長くご愛用ください。

ゴヤールのトート


大きなゴヤールのトートバッグです。

 

 

 

 


本体に穴空きヤブレが複数見られる状態です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


同様に。。

 

 

 

 


穴だらけです。

 

 

 

 


・・・・。

 

 

 

 


折り曲げないとわからない穴もあります。

 

 

 

 


当然ながら底角も擦切れています。

 

 

 

 


4カ所とも同様に。。。。

 

 

 

 


内張りのない構造ですので修復が難しいです。
バラバラに解体して穴空き部を取り除く方法で対処します。

 

 

 

 


持ち手も限界です。

 

 

 

 


負担が大きな付け根付近は解体して強化加工を施します。

 

 

 

 


特殊な付け根の構造ですので通常の2倍の作業が必要です。

 

 

 

 


各部材の穴空き部を切り取りました。

 

 

 

 


持ち手付け根の強化加工の完了です。

 

 

 

 


ひび割れていた中央部も仕上げ直しています。

 

 

 

 


穴空き部分を取り除いた分だけ小さくなっていますが、
違和感ないバランスで組み立て直しました。

大きすぎるバッグでしたが使いやすいサイズになりましたので、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索