カメリアの型崩れ


カメリア柄のステッチが施されたシャネルのバッグです。

 

 

 

 


布製の柔らかなバッグですが自立しているとは言えない状態です。

 

 

 

 

 


マチ底に変形が見られます。
内張りを解体して両側のマチ底に強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


チェーンショルダーの肩当て部は革ベルトで連結されたデザイン。

 

 

 

 


薄い外面革で芯材を挟み込んだ構造です。

 

 

 

 


こちらのベルトも芯材がヨレヨレですので解体して強化します。

 

 

 

 


強化するマチ底にホツレが見られます。
予定外ですが解体するついでに縫い直します。

 

 

 


加工を開始したのでマチ底がつぶれています。

 

 

 

 


波打ち変形したボール紙の芯材を取り除いたのでマチ底がつぶれました。

 

 

 

 


肩当てベルトも解体。

 

 

 

 


弱った芯材を取り除き丈夫に組み立て完了です。

 

 

 

 


マチ底を強化したことで自立するようになりました。

 

 

 

 


柔らかな布製のバッグの雰囲気は残したまま自立するように強化してます。

 

 

 

 


重たいチェーンショルダーを乗せても自立しています。

使い込むことで張りが無くなりクタァ~としてくることは、
避けられない物ですが自立するだけで使いやすくなりますし、
出先でテーブルなどにもカッコ良く置くことが出来ます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ボロボロのベアン


エルメスとシャネルの財布です。

 

 

 

 


シャネルの二つ折り財布は傷んだゴム紐を取り除きます。

 

 

 

 


伸びきったゴムを縮めるように、かがり留めして活用していたようです。

 

 

 

 


年代物のエルメスのベアンはボロボロで他店様での修理歴もあります。

 

 

 

 


ベロ革は素材自体が劣化していてH金具はメッキ剥がれだけでなく、
金属の腐食も見られます。

 

 

 

 


ホツレや擦れや汚れやコバ塗料の剥がれが重なれば十分に重傷ですが、
革素材自体が朽ちているので強化加工では改善しません。

 

 

 

 


ベロ革だけでなく本体も劣化して朽ちています。
波打ち変形や他店様での修理痕などもありエルメスらしさは感じません。

 

 

 

 


汚れや擦れやホツレで重傷ですが、この程度ならギリギリセーフ?

 

 

 

 


この辺りは革が劣化して表皮がひび割れて剥がれも見られ手遅れです。

 

 

 

 


折り曲げ部の両サイドは朽ちた表皮すら無くなった状態。

 

 

 

 


外面の状態と比較すると軽症に感じますが十分に傷んでいます。
何よりファスナーポケット部は外面からの一枚革ですし・・・・

 

 

 

 


バラバラに解体。

状態の悪さから修理を諦めることもお勧めしたベアンですが、
諦めがつかない財布で大切に保管されていたとのこと。

20年以上が経過した傷みが激しい財布が新品に戻ることはありませんが、
再び活用いただけるようにリニューアルリペアを施しエルメスらしさを、
出来る限り復活させます。

 

 

 

 


出来る限りの加工は施すつもりですが・・・・

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。
各部に強化加工を施しましたので波打ちや変形も改善しスッキリ。

 

 

 

 


擦れや腐食が見られたH金具も研磨加工で形状を整え再メッキ。
朽ちていたベロ革は裏面を表側に利用しながら強化しています。

 

 

 

 


内部材も各ポケットに強化加工を施しながら組み立て直しました。
構造的には新品時より丈夫に復活しています。

 

 

 

 


各部材のコバ面も仕上げ直してスッキリ。

 

 

 

 


小銭入れの中まで改善。

 

 

 

 


シャネル財布はゴム紐を取り除き、ベアンは出来る限り復活させています。

革製品は新品時から小まめなメンテナンスと早めの修理をすることで、
良い状態を維持したまま使い続けることができます。

重症化させた財布の素人メンテナンスは逆効果になることが多く、
詰め込みすぎに注意して丁寧に取り扱うことが、
出来る限り良い状態を保つためには最も効果的です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの色あせ


マトラッセ加工されたシャネルのチェーンショルダーバッグ2点です。

 

 

 

 


全体に擦れや色あせが見られます。

 

 

 

 


表皮が擦れて革の繊維が露出して白っぽく見えます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


底角は傷が深いです。

 

 

 

 


カブセの内側外周も擦れがあり、色あせは全体です。

 

 

 

 


ベージュのバッグは全体的に一皮むけたような状態で、
ステッチの周囲だけに表皮が残っている状態です。

 

 

 

 


表皮が剥がれてしまうと汚れが染み込みやすく劣化が進みます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


ご報告がありませんのでわかりませんが塗装歴があるような気がします。
まずは汚れを取り除くことからスタートします。

 

 

 

 


付属パーツを取り外して汚れを取り除きました。

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。
革の繊維が露出して白くなった部分が目立ちますが全体がスレスレです。

 

 

 

 


内側部材も汚れを取り除くとスレスレでした。

 

 

 

 


ベージュのバッグも付属パーツを取り外してクリーニング。
チェーン中革も表皮は無くなりスレスレです。

 

 

 


ココマークを取り外した部分が本来の色に近いようです。

 

 

 

 


左半分だけ汚れを取り除いたところです。
やはり塗装歴があるように思います。

塗装歴があるバッグは加工方法も変わりますので、
お伝えいただく方が最善の加工を施せます。

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分は塗料を吸い込んでしまいますので、
表面を補修加工したあと補色します。

 

 

 

 


カブセで隠れていた部分は擦れていないように見えますが、
他の部分が重傷過ぎるだけです。

 

 

 

 


カブセ裏も汚れや擦れは見られますが表皮は残っています。

 

 

 

 


どちらのバッグもチェーンの再メッキ加工を施しました。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


シャネルらしい黒味が復活しました。

 

 

 

 


ベージュのバッグも本来の色味に合わせて復活です。

 

 

 

 


汚れだけで無く擦れや色あせが全体に見られた品でしたが、
再びシャネルらしく活用いただけそうです。

表皮が剥がれて汚れが染み込むまで活用したバッグですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

昨日、荷物を受け取りました。
とても綺麗にしていただきありがとうございました。

修理ブログも拝見いたしました。
こんなにひどい状態だったんだと驚きました。

ベージュのバッグの方は譲って頂いたもので、
まさか塗装歴があるとは思ってもみませんでした。
事前にお伝え出来ずすみませんでした。

是非、また修理をお願いしたいです。
その際はよろしくお願いします。

この度は本当にありがとうございました。

 

千葉県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
柔らかく擦れに弱いデリケートな素材ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

バーキンとマトラッセ


エルメスのバーキンとシャネルのマトラッセです。

 

 

 

 


シャネルのマトラッセは色褪せや擦れや汚れが全体に見られます。

 

 

 

 


底角の擦れを含めマチ部材も全体的に色褪せて変形型崩れもあります。

 

 

 

 


使い方だけでなく構造的なものも原因ですが本体も変形しています。

 

 

 

 


内部材も擦れや汚れが見られますのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


バーキンは底角が擦れてパイピング革は穴が空いた状態。

 

 

 

 


こちらの底角もパイピング革は磨り減った状態で繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


持ち手は表皮が擦れた部分に手垢汚れが染み込んで茶色く変色しています。

 

 

 

 


天部のコバ面もスレスレで下地から仕上げ直す必要があります。

 

 

 

 


今回は外面のクリーニングと補修補色加工のご依頼です。

 

 

 

 


内ポケットにも傷が多数見られます。

 

 

 

 


ファスナーポケット側も同様に。。。。

 

 

 

 


マトラッセは解体して本体には強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


取り外した内張りには擦り切れて穴が空いた部分が・・・・

 

 

 

 


裂けている部分も・・・・

 

 

 

 


本体の汚れを取り除いたところです。

 

 

 

 


表皮が無くなって白くなった部分が目立ちますが全体にスレスレ状態です。

 

 

 

 


カブセは一皮むけたような状態です。

 

 

 

 


カブセ裏も重症。

 

 

 

 


後面も反り返るように変形しています。

 

 

 

 


バーキンの持ち手に染み込んだ手垢汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


両側マチの天部にはホツレが数か所に発生しています。

 

 

 

 


シャネルのロック金具やチェーンを再メッキ加工で復活させました。

 

 

 

 


HERMESバーキンの外面クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


スレスレで毛羽立っていた底角も改善しました。

 

 

 

 


予定外ですがポケットの擦れも少し改善させました。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


シャネルのマトラッセのリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


カブセ裏も黒に復活しています。

 

 

 

 


擦れや破れが見られた内張りも改善させています。

 

 

 

 


変形も出来る限り改善させながら擦れや色褪せた状態からマチも改善。

 

 

 

 


バーキンはホツレが見られた両マチの天部も縫い直しています。

マトラッセは本体を強化したことで変形も改善しましたが、
丈夫になったことが長く活用する上では効果的です。

どちらも擦れや汚れが目立って持ち歩きにくい状態でしたが、
汚れを取り除いた後に補色加工していますので、
使用しているうちに汚れが浮き上がってくる心配もなく安心です。

擦れや汚れは避けられないものですが出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

キャビア財布の擦れ


シャネルのキャビアスキン財布です。

 

 

 

 


擦れや色褪せや汚れが見られます。

 

 

 

 


擦れやすい外周は表皮が剥がれて白くなっています。

 

 

 

 


カビが発生した痕跡も見られます。

 

 

 

 


マチ部材も折れ込んでいるのでカビが発生しやすい部分です。

 

 

 

 


カブセの開閉の度に指先で擦れる部分は、
表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立った状態です。

擦れて表皮が無くなった部分は塗料を吸い込んでしまい着色できませんので、
補修加工を施す必要があります。

 

 

 


カブセの折り曲げ部は傷みやすい部分で既に擦り切れています。
強化加工をご提案しましたが今回は放置します。

 

 

 

 


カブセの角部も擦り切れて穴が空き芯材が露出しています。

 

 

 

 

 


カブセの下になっている部分だけは黒色と呼べる状態ですが、
全体的に色褪せていることには変わりありません。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。
擦れやカビの痕も目立たなくなり黒革に復活です。

 

 

 

 


擦れが目立ったカブセ裏も同様に。。。。

 

 

 


カブセ角の擦り切れ穴も補修しています。

 

 

 

 


安心して長く活用するためには構造面のメンテナンスが有効です。

今回は見た目を整える加工のみの御依頼ですので、
長年使用した財布の状態であることに変わりはありません。

詰め込みすぎに注意しながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルのヤブレ


使い込まれたシャネルのバッグです。

 

 

 

 


持ち手には擦れや擦り切れが見られます。

 

 

 

 


天部口回りも擦り切れて芯材が露出しています。

 

 

 

 


今回の御依頼はマチの大きな擦り切れヤブレの修復です。

 

 

 

 


解体して内側から強化しながら修復する予定ですが、
全体的にスレスレで裂けた状態で放置された期間が長かったのか、
素材の劣化も見られます。

 

 

 


反対側のマチも擦り切れて裂けています。

 

 

 

 


両側のマチを解体。

 

 

 


芯材なども剥がして部材ごとに分解して加工します。

 

 

 

 


両側マチの破れ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


予定外ですが天部や持ち手の擦れも少し手直しして、
黒味も少し改善させておきました。

傷みが激しいバッグですので労わりながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索