擦り切れシャネル


カブセ外周が白くなったシャネルのチェーンショルダーバッグです。

 

 

 

 


革が擦り切れて無くなり白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


カブセの外周は全体的に破れて芯材が露出した状態で、
白い芯材が目立ち、持ち歩きにくい状態です。

 

 

 

 


底面の外周も擦り切れて白い芯材が全体に見えています。
また、マチ部材は変形型崩れで前面より垂れ下がった状態です。

 

 

 

 


垂れ下がって本体から飛び出したマチ部材は擦れやすくなり、
表皮が剥がれたり破れたりして悪化しています。

 

 

 

 


こちらの底角は変形が重傷。

 

 

 

 

 


後面にあるポケットの天部も革が擦り切れて破れてしまい、
芯材が露出しています。

 

 

 

 


チェーンの中革も擦り切れています。

 

 

 

 


構造上、チェーンはカブセの外周に擦れるのですが・・・・

 

 

 

 


チェーンで擦れる部分は革だけで無く芯材も擦り切れて大きく欠損。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


チェーンで負担が掛かっていたことがわかる形状に変形しています。

 

 

 

 


他店様や直営店では修理を断られてしまうほど重傷です。
手遅れとも言える状態ですが擦切れ破れやホツレや変形など、
ここまでの損傷は引き続き、放置されるとのことです。

 

 

 

 


擦れやヤブレや変形は放置したまま外面の補修補色加工のご依頼ですので、
現状のままで外面の汚れを取り除きました。

 

 

 


状態が悪いバッグですので表皮も劣化しています。

 

 

 

 


汚れを取り除くと破れていない部分も擦れていることがわかります。

 

 

 

 


紙の芯材が露出した部分は塗料を吸い込んでしまい補色出来ませんので、
補修加工で補色出来る状態に加工してから補色します。

 

 

 

 


汚れを取り除き芯材が露出して白く目立っていた部分を補修して、
外面の補修補色加工を施しました。

擦り切れ部が多すぎて補色出来る状態まで改善させるのに悪戦苦闘でした。

 

 

 

 


ポケット天部の擦切れ破れも補修補色加工で目立たなくなっています。

 

 

 

 


カブセの外周も白い芯材が目立たなくなり持ち歩きやすくなりました。

しかし、リニューアルリペアや復元強化加工を施した訳ではありませんので、
擦切れ破れ部が黒くなっただけで構造的には加工前のままで重傷です。

補色加工で見た目を改善させただけですので、
出来る限り丁寧に取り扱いながらご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスのシミ汚れ


シャネルのバッグとエルメスの財布です。

 

 

 

 

 


シャネルのバッグは両面にカブセがありレフティでも使いやすい構造です。

 

 

 

 


ココマークのロック金具も両面にあり再メッキ加工などは、
2倍の費用が必要になりますが、それ以上に活用しやすく高級感があります。

 

 

 

 


今回は底面に見られるT字型のシミを目立たなくするご依頼です。

 

 

 

 


原因は不明ですが画像よりも実物の方がシミが目立ちます。

 

 

 

 


エルメスの財布は使い込んだ雰囲気を楽しむ素材ですが、
引っかき傷が多数みられます。

 

 

 


裏面も引っかき傷が全体に。。。。

 

 

 

 


引っかき傷が付きやすいだけでなく汚れも染み込みやすく、
シミ汚れになりやすい革で綺麗な状態を保つのが難しい財布です。

 

 

 

 


この辺りにも大きなシミが見られます。

 

 

 

 


全体に色あせなど変色もありますが濃いシミは改善させるのが困難です。

 

 

 

 


シャネルの底面に見られたT字型の大きなシミは目立たなくなりました。

 

 

 

 


エルメス財布も全体に見られた引っかき傷やシミ汚れを
出来る限り改善させました。
濃いシミ汚れも見えなくなっています。

 

 

 


エルメス財布は汚れが染み込んでシミになることを抑える加工も施し、
取り扱いしやすく改善させています。

シャネルのシミ汚れの原因はわかりませんが、
吊り下げて保管するようにすれば底面の風通し良くなり対策できると思います。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

コーチとシャネル


コーチとシャネルのバッグです。

 

 

 

 


シャネルのチェーン金具はメッキが剥がれ、中革もボロボロです。
しかし、本体はテカテカした状態で塗装歴があるようです。

 

 

 

 


擦れやすい外周は表皮が擦り切れてガサガサ状態です。

 

 

 

 


塗料で本来の状態はわかりませんがガサガサなのは底角だけではないようです。

 

 

 

 


合成皮革のようにテカテカな部分と擦れた部分が見られます。

 

 

 

 


付属パーツを取り外して汚れと塗料を取り除きました。

 

 

 

 


外周の表皮が剥がれて白くなった部分が目立ちますが、
全体的に色あせや擦れがあり表皮は毛羽立っています。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


すでに十分に頑張ってくれたバッグであることがわかります。

 

 

 

 


瞬間接着剤を使用した痕跡もあり残念すぎる状態です。

 

 

 

 


後面の半分だけクリーニングしてテカテカ塗装部に
接着力が弱いマスキングテープを貼り付けてみました。

 

 

 

 


接着力の弱いマスキングテープを剥がすだけで表皮が剥がれます。
とても色落ちしやすい状態であることがわかります。

 

 

 

 


コーチのショルダーバッグは付け根革が切れています。

 

 

 

 


両側の付け根革を強化します。

 

 

 

 


内張りを解体して両側の付け根革を取り外しました。

 

 

 

 


付け根革に強化加工を施して組み立て直します。

 

 

 

 


ショルダーベルトのループ革には黒い汚れが付着しています。

 

 

 

 


この辺りにも黒い汚れが染み込んでいます。

色落ちしやすい状態のシャネルが原因ですが、
染め直した黒いシャネルと色移りしやすいエナメル革のコーチを
紙袋に詰め込んでお送りいただいたことが一番の原因だと思います。

複数個のバッグや財布をお送りいただく方の中には、
段ボール箱や紙袋に詰め込むだけで発送される方が希にいます。

型崩れ変形や色移りなどの損傷が出てしまうことを考え、
当社では一個一個包装して発送しています。

 

 

 

 

 


シャネルのクリーニングと補修補色加工とコーチの付け根革強化の完了です。

 

 

 

 


合皮のようなテカテカした感じを抑えて革艶仕上げしています。

 

 

 

 


外面だけの予定でしたがカブセの内側も加工しました。

 

 

 

 


表皮が剥がれてガサガサだった部分も出来る限り補修して、
同色になるように仕上げています。

 

 

 

 


ボロボロだった中革は作成交換しながらチェーンは再メッキしています。

 

 

 

 


コーチの切れていた付け根革は丈夫に強化しています。

 

 

 

 


まったくの予定外ですがシャネルの色移りも改善させておきました。

エナメル革は雑誌や広告のインクなども色移りしやすく、
色移りしてしまうと取り除くことはできませんので、
取り扱い注意です。

 

 

 

 

 


他店様の塗料や汚れを取り除いた画像でも解るとおり、
素材自体に劣化や傷みが見られるシャネルは丁寧な取り扱いが必要です。

コーチの付け根革は丈夫に仕上げていますが、
白のエナメル革は色移りに気をつけることが必要です。

どちらも取り扱いが難しいバッグですが、
丁寧に取り扱う以外に良い状態を保つ方法はありません。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネル長財布


シャネル長財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部など外周には擦れが見られます。

 

 

 

 


擦れた部分には汚れが染み込んでしまいます。

 

 

 

 


ベロ革も擦れやすい部分です。

 

 

 

 


塗料だけでなく表皮もなくなり革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


外面のキャビアスキンよりも内部材の方がデリケートな素材です。

 

 

 

 


シミ汚れが目立ちますが全体に薄汚れや色あせが見られます。

 

 

 

 


口金を開閉するたびに指先が擦れる部分も傷みやすい部分です。

 

 

 

 


小銭入れの外周も表皮が剥がれています。

 

 

 

 


クリーニング加工で汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

表皮が剥がれた部分は汚れと同じように塗料を吸い込んでしまいます。
このままで補色することができませんので、
補修加工で補色出来る状態に擦れ部を整えたあと塗装します。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


表皮が剥がれて汚れが染み込んでいた部分も改善しました。

 

 

 

 


外面の擦れや汚れも改善させています。

汚れや擦れが目立つ素材ですので綺麗な状態を保つには、
工夫しながら丁寧に活用するしかありません。

どのようなお手入れをするよりも丁寧に取り扱うことが、
良い状態を保つには効果的です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション様

お世話になっております。

本日お財布が届きました。
大きなシミがどこにあったのかわからなくなり、
黒ずみも綺麗にしていただいて、本当にうれしいです。

くたびれてペタンコになっていた質感も、
しっかりと元どおりになっているように感じます。

さっそく大事に使っていこうと思います。
〇〇〇〇〇もありがとうございました!

またお願いしたいものが出てきたので、
またチャンスに巡り合えましたら、ぜひお願いいたします。

コロナ対策で思うように動けない日々が続きますが、安全第一でご自愛ください。
本当にありがとうございました!

東京都 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
多用する財布は傷みが出やすく、
素材や色のこともあり擦れや汚れも避けることが出来ません。
丁寧に取り扱いながら大切にご愛用ください。

ボリードとマトラッセ


エルメスのボリードとシャネルのマトラッセです。

 

 

 

 


シャネルは底角やカブセに表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 

 


カブセ付け根あたりは擦れた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


こちらには不思議な形のインク汚れ?

 

 

 

 


底面にも大きなシミが見られます。

 

 

 

 


マチには小さなシミが沢山。

 

 

 

 


ロック金具は浮き上がった状態でグラグラです。

 

 

 

 


外周の擦れ部の補修補色と金具の固定のご依頼です。

 

 

 

 

 


エルメスのボリードで南京錠(カデナ)を使用する方は少ないですが、
ケリーやバーキンでもバッグにぶら下げたままの方が多いです。

 

 

 

 


南京錠が擦れてしまうと革に汚れや擦れが発生します。

 

 

 

 

 


持ち手の擦れや汚れは避けることができません。

 

 

 

 


今回は底角4カ所の補修補色加工のご依頼です。
表皮が削れて深い傷になり汚れも染み込んでいます。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

 

 

 

 


当然ながら表面の塗装の厚みより深い傷は塗装では改善しません。

 

 

 

 

 


擦れ部に染み込んだ汚れを取り除いたところです。

表皮がなくなった部分は汚れを吸い込むように塗料も吸い込んでしまい、
補色することが出来ませんので表面を補修してから補色します。

 

 

 

 


シャネルのロック金具はグラつき無く丈夫に固定しています。

 

 

 

 


外周の擦れ部の加工だけでなく、外面のシミ汚れも改善。

 

 

 

 


ボロボロでガサガサだったボリードの底角の修復完了です。

 

 

 

 


カデナの擦れと同様に持ち手付け根の擦れも改善。

 

 

 

 


付け根だけでなく中央部も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらも予定外ですが南京錠の擦れを改善させました。

 

 

 

 


どちらも汚れや擦れが目立ちやすい色ですが、
丁寧に活用することを心掛けるだけで良い状態を保ちやすくなります。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの色あせ


シャネルのチェーンショルダーです。

 

 

 

 


擦れや色あせが見られます。

 

 

 

 


この辺りも白くなるほど色あせています。

 

 

 

 


擦れて表皮がなくなり革の繊維が毛羽立った部分も・・・

 

 

 

 


こちらのバッグは押しつぶされたように変形して型崩れ。

 

 

 

 


パイピング革は上部側の角でも表皮がなくなっています。

 

 

 

 


全体に色あせや汚れがありシミも多数あります。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


変形を改善させるためには内張りを取り除く必要があります。
内張り天部の中央には不思議な縫製が・・・

 

 

 

 


残念な修理痕なのかどうかも判断できません???

 

 

 

 


擦れや色あせが重症ですので付属パーツを取り外して、
クリーニングと補修補色加工を施します。

黒い革に見えますが、実はネイビーの革で作成されたバッグです。

 

 

 

 


チェーン中革や肩当ても擦れや色あせが見られます。

 

 

 

 


全体の汚れを取り除くと擦れや色あせ具合が鮮明です。

 

 

 

 


こちらのバッグも付属パーツを取り除き、内張りを解体しました。

 

 

 

 


ボール紙の芯材は底でバラバラになっています。

 

 

 

 


前後面の上部やマチ部材だけに芯材が入れてある構造です。

 

 

 

 


白くなった色あせが改善してクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


黒い革と比較するとネイビーままで補色していることがわかります。

 

 

 

 


押しつぶされて変形したベージュのバッグもシミや汚れが改善。

 

 

 

 


底角やパイピング革も同様に。。。。

 

 

 

 


不思議な縫製痕も改善させておきました。

 

 

 

 


再メッキ加工した金具もピカピカです。

 

 

 

 


どちらも残念すぎる状態で持ち歩くのが困難でしたが、
再び活用いただけるように復活しました。

擦れや汚れは避けられない物ですが出来る限り良い状態をたもちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索