シャネルの擦れ


シャネルのチェーンショルダーとルイヴィトンのトロカデロです。

 

 

 

 


表皮が剥がれて白くなった擦れが各部に見られ持ち歩きにくい状態です。

 

 

 

 


カブセの外周や底角は擦れやすい部分です。

 

 

 

 


外周の擦れが目立ちますが全体的に擦れて色褪せています。

 

 

 

 


ポケットの外周も擦れやすい部分。

小さなシミ汚れも数か所にありますので汚れを取り除くクリーニング加工のあと、
擦れ部を整える補修加工を施し、補色加工します。

 

 

 


チェーン中革も擦れが目立ちますので抜き取って補修補色します。

 

 

 


トロカデロは前ポケットの中がベタツキ劣化しています。

 

 

 

 


内ファスナーポケットの中も同様に。。。。

 

 

 

 


大掛かりな解体が必要なトロカデロですが解体しなければ修復できません。

 

 

 

 


モノグラム地にも色移りしています。
ベタツキ劣化の心配がある合成皮革から本革に変更して内張りを作成交換します。

 

 

 

 


シャネルも解体して汚れを取り除きました。

 

 

 


画像ではわかりにくいですが外周以外も表皮が剥がれて白くなっています。

 

 

 

 


汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明になります。

 

 

 

 


カブセも角部だけが擦れていたように見えていましたが、
汚れが染み込んでいただけです。

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


ポケットの外周も表皮が無くなっています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


解体したトロカデロを組み立て直し本革仕様で内張りの作成交換完了です。

 

 

 

 


ファスナーポケットの中も贅沢な本革でベタツキ劣化の心配が無くなりました。

 

 

 

 


スレスレだったシャネルもクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


ポケットの外周やチェーンの中革も改善しています。

 

 

 

 


どちらも使いづらい状態でしたが活用できる状態に復活です。

擦れに弱いデリケートな革のシャネルは擦れや汚れを避けることは難しいので、
丁寧な取り扱いと早めのメンテナンスが唯一の対応策と言えます。

出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの持ち手


シャネルのキャビアスキンとトラベルラインのバッグです。

 

 

 

 


ガマグチの様に大きく開くキャビアスキンのバッグは使いやすそうです。

 

 

 

 


細いリング金具で連結されていますので大きく重いココマークが外れています。
少し太いリング金具に交換してココマークを取り付けます。

 

 

 

 


全体的に色褪せていますが底角などは表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。

 

 

 

 


持ち手は芯材が複数切断された状態ですので強化します。

 

 

 

 


トラベルラインのトートは布製ですので底角が擦り切れて穴が空いています。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


解体して内側から強化しながら改善させます。

 

 

 

 


底鋲が欠損しています。
抜け落ちることが無い高品質な底鋲に4か所とも交換します。

 

 

 

 


持ち手も傷みが激しく芯材交換が必要。

 

 

 


ボール紙の芯材は劣化しています。

 

 

 


解体。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


床革の芯材は限界です。

 

 

 

 


汚れを取り除くと天部の擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


本体も全体的にスレスレ。
黒く見えていたのは汚れが染み込んでいただけでした。

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


ココマークは太いリングで連結。

 

 

 

 


持ち手は強化芯材を入れ込み丈夫にスッキリ。

 

 

 

 

 


トラベルラインのトートも持ち手の芯材交換の完了です。

 

 

 

 


底角の擦り切れヤブレも改善して底鋲も交換。
予定外ですが底面の芯材も交換しておきました。

 

 

 


こちら側も同様に。

 

 

 

 


どちらのバッグも傷みやすい持ち手を強化したことで、
安心して案して活用いただくことができます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

こんにちは。

修理いただいたバッグ、全て確認いたしました。
どれも綺麗に元通りになっていて感動いたしました。

大切に沢山使いたいと思います。
ありがとうございました。

また宜しくお願いいたします。

私も修理経過を見てみたいので掲載いただいて大丈夫です。
楽しみにいたしております。

長崎県 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
再び活用いただける状態に全品復活していますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

エルメスとヴィトンの財布


年代物のエルメスのベアンとルイヴィトンのジッピーウォレットです。

 

 

 

 


コバルトカラーのジッピーウォレットは擦れやすい外周の表皮が剥がれています。

 

 

 

 


折り曲げ部も同様に。。。。。

 

 

 

 


厚み部分になるコバ面にも剥がれが見られます。

 

 

 

 


この辺りのコバ面も同様に。。。。

擦れやすい外周やコバ面の擦れは避けることができませんので、
悪化する前にメンテナンスを繰り返すしか良い状態を保つ方法はありません。
ジッピーは外周とコバ面を補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


内部材も全体に色褪せや擦れが見られる年代物のベアンです。

 

 

 

 


良い革が使用されていた頃のベアンですが黒と呼べる部分はわずかです。
糸の色も抜けていますのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れの中の擦れや汚れは避けられないですが改善させます。

 

 

 

 


折り曲げ部など負担が掛かる部分は強化加工を施します。

 

 

 

 


良い時代のベアンだけに、もう少し早くメンテナンスするのが最善でした。

 

 

 

 


ベロ革も糸が擦り切れて部材が剥がれています。

 

 

 

 


外面は色褪せや汚れだけでなく傷が多数見られます。

 

 

 

 


古いタイプH金具もスレスレ。

 

 

 

 


解体。。。

 

 

 

 


汚れを取り除くと色褪せ具合が鮮明です。
黒っぽく見えていたベアンは手垢などの汚れで黒く見えていただけです。

 

 

 

 


汚れを取り除いた小銭入れの中も色褪せていますが、
スレスレの外面よりは黒いです。

 

 

 

 


タイガのジッピーウォレットの外周の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部やコバ面も改善しました。

 

 

 

 


ベアンも各部を強化しながら美観も整え、リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直し折り曲げ部も強化されています。

 

 

 

 

 


ベアンは手垢ブラックから黒革に復活してH金具も再メッキ加工で改善。
しかし、全体を縫い直したことや強化加工など構造面の改善が、
長く愛用していただくためには効果的です。

活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
丁寧に取り扱うだけで良い状態は保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ケリーの擦れ傷


シャネルのチェーンショルダーバッグとエルメスのケリーバッグです。

 

 

 

 


布製のシャネルのココマークはパールが2か所欠損しています。

 

 

 

 


擦れた底角には汚れが染み込んで黒くなっています。

 

 

 

 


体側で擦れてしまう後面全体も布に黒い汚れが染み込んでいます。

擦れや色焼けなどはクリーニング加工では改善しませんが、
黒い汚れは取り除かなければ使いづらい状態です。

 

 

 

 


開閉の度に爪など指先が擦れてしまう部分は表皮が剥がれています。
このケリーバッグは他店様で塗装加工歴があります。

 

 

 

 


擦れ傷や引っかき傷は丁寧に取り扱う以外に防ぐ方法はありません。

 

 

 

 


底角も擦れやすい部分です。

 

 

 

 


表皮が剥がれた擦れは各部に見られます。

 

 

 

 

 


カブセの内側も同様に。。。。

 

 

 

 


バッグの重みが一点に集中するヒネリ金具はユルユルです。
抜け落ちて紛失する前に改善させます。

 

 

 

 


南京錠(カデナ)は外しておく方が革へのダメージは少ないです。

 

 

 

 


出来る限り他店様の塗料や汚れを取り除いたところです。

 

 

 

 


かなり黒に近い色になっていましたが本来のネイビーが出てきました。

 

 

 

 


持ち手も擦れ具合が鮮明に。。。。

 

 

 

 


解体してヒネリ金具を再生します。

 

 

 

 


ココマークの再生とクリーニング加工の完了です。

 

 

 

 


色やサイズに違和感がないパーツを何日も探し回り、
活用いただける状態に復活しました。

 

 

 

 

 


擦れや変色は改善しませんが全体に見られた黒い汚れは取り除けました。

 

 

 

 


底角も擦れはクリーニングでは改善しませんが黒い汚れは消えています。

 

 

 

 


前面も同様に。。。。

 

 

 

 


金具周りに深い傷が見られましたがケリーも補修補色加工で改善。
必ず緩みが出るヒネリ金具は少し固めに加工してあります。

 

 

 

 


底角も同様に。。。

 

 

 

 


スレスレだった持ち手も復活です。

布製では不可能な補修補色加工が本革素材では可能です。
革素材は修復加工で擦れ部を目立たなく出来るのがメリットです。

 

 

 

 

 


擦れや汚れや色褪せは避けることができないものですので、
使い方を工夫しながら出来る限り良い状態を保つことしかできません。

布製のバッグは、これ以上擦れが酷くなると活用するのが困難になりますし、
ケリーは二度目の塗装ですので三度目はより負担が大きくなります。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネル色褪せ


全体に擦れや色褪せが見られるシャネルのマトラッセです。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな素材ですので擦れに弱く全体的にスレスレ。

 

 

 

 


後面も同様に。。。。

 

 

 

 


底角や各部材の外周は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立った状態です。

 

 

 

 


カブセの外周も表皮が擦れて無くなり毛羽立っています。
街中で使用することが多いシャネルですが持ち歩きにくいほど重症です。

 

 

 

 


チェーンの中革と比較すると本体は黒とは呼べないほど色褪せています。

直営店で交換されたチェーンの中革は、
シャネル本来の素材とは別物ですが牛革に変更されていますので丈夫です。

 

 

 


チェーンは再メッキ加工を承りました。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


スレスレで毛羽立った部分も目立たなくなりました。

 

 

 

 


予定外ですがカブセ裏も改善させておきました。

 

 

 

 


チェーンで擦れてしまう内側のカブセも同様に。。。

 

 

 

 


チェーンも再メッキ加工でゴールドに復活して黒のマトラッセに戻りました。
擦れや色褪せが重症で持ち歩きにくい状態でしたが、
引き続き、活用いただけそうです。

擦れや色褪せが避けられないデリケートな素材ですので、
良い状態を保つには丁寧な取り扱いが最も効果的です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ゴヤールの修理


ゴヤールのトートバッグとシャネルのマトラッセです。

 

 

 

 


シャネルは擦れや色褪せが見られカブセや底の角部は革が擦り切れています。

 

 

 

 


こちらの底角も革が擦り切れて芯材が露出しています。

 

 

 

 


チェーンで擦れるカブセの折り曲げ部も革が擦り切れて白い芯材が露出。

今回はご要望がありませんでしたが、
擦れや色褪せや擦り切れなどが各部に見られますので、
丁寧な取り扱いが必要です。

 

 

 

 


今回はチェーンの中革修理の御依頼です。
剥がれた部分に瞬間接着剤を使用されたことで革が硬化しています。

 

 

 

 

 


ゴヤールの持ち手はコバ面の塗料に劣化や剥がれやひび割れが見られます。

 

 

 

 


負担がかかる付け根付近はヨレヨレ。
本体を持ち手で挟み込む特殊な構造でステッチが繋がっていないので、
傷みが出やすいデザインです。

今回は付け根4か所の強化加工をご依頼いただきました。

 

 

 

 


シャネルの中革は瞬間接着剤で硬化した部分を取り除き部分作成します。

 

 

 

 


付け根4か所を強化するために持ち手を取り外し解体します。

 

 

 

 


持ち手の付け根は4か所ですが本体を挟み込む構造ですので、
実は8か所の強化加工が必要です。

傷んだ付け根部分の芯材を取り除きましたので強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


持ち手付け根4か所(8か所)の強化加工の完了です。
強化した部分は新品時より丈夫に仕上げています。

 

 

 

 


持ち手中央部など劣化して剥がれたコバ面も仕上げなおしておきました。

 

 

 

 


チェーン中革の部分作成も完了です。

 

 

 

 


今回は限定的な修理箇所の御依頼でしたが当社で加工した部分は
問題なく加工完了しています。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索