ベアンの修理


色あせや擦れが見られ使い込まれたエルメスの長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


擦れやすい外周は糸が擦り切れて欠損しています。

 

 

 

 


こちらの角は糸が擦り切れただけでなく表皮が剥がれた部分に、
汚れが染み込んで茶色く変色しています。

 

 

 

 


ベロ革は外周から芯材が飛び出して表皮の剥がれも・・・・

 

 

 

 


糸が擦り切れてしまうと部材が剥がれて芯材が湿気を吸い込んで、
ふやけたように劣化します。

 

 

 

 


折り曲げ部も擦れやホツレが見られます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。
財布では傷みやすい折り曲げ部のみ強化加工を施します。

 

 

 

 


内部材も擦れて表皮が剥がれた部分には汚れが染み込んでいます。
ファスナー周りの糸はスレスレですので縫い直します。

 

 

 

 


コインケースの中の汚れは避けられな損傷です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しが必要です。

 

 

 

 


部材が剥がれた部分などを補修して整えたあとコバ仕上げします。

 

 

 

 


ベロ革の強化加工は見送られましたが縫い直しやコバ仕上げのために解体。
ベロ革の下に隠れていた部分と比較すると全体の色あせや汚れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


折り曲げ部は強化加工のご依頼を頂戴しましたので解体して強化芯材を入れます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革の縫い直しとコバ仕上げの完了です。
芯材は変えていませんので強度は長年使用されてきた状態のままです。

 

 

 

 


折り曲げ部は強化芯材を入れ込んでいますので構造的には新品時より丈夫に。。。

 

 

 

 


ホツレ部がなくなりコバ面を仕上げ直したことで引き続き愛用いただけます。
何より折り曲げ部の強化加工は財布には、とても有効なメンテナンスです。

開閉の度に負担が掛かるベロ革は強度アップしていませんので、
丁寧に開閉するようにして現状を保ちながら大切に愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメス財布修理


各部に損傷が見られるエルメスの長財布(ベアン)です。

折り曲げ部やベロ革を縫い直した修理歴があることは明らかですが、
全体的にエルメスオレンジとは言えない色合いで塗装歴もあると考えていますが、
ご依頼者からは塗装したことはないとのこと・・・・

 

 

 

 


ベロ革はスレスレでボロボロでも縫い直しているので形状は保っています。
擦り切れた付け根のループ革で隠れていた部分は何故かエルメスオレンジです。

 

 

 

 


折り曲げ部も表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。
残念な縫製ではありますがホツレは縫い直されていてます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


全体的に汚れや擦れで素材が劣化していて重症。

 

 

 

 


塗料の下から浮き出たような傷や汚れが全体に見られ不思議な状態。

 

 

 

 


内部材もエルメスオレンジとは少し違う色で擦れや汚れが各部にあります。

 

 

 

 


外面よりは傷みにくい内部材なんですが・・・・

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


コメントを書きにくい内部材の状態です。

 

 

 

 


小銭入れの汚れは避けることができない損傷です。
小銭入れの中はエルメスオレンジです。

 

 

 

 


外面の角部は擦り切れて無くなっていますので縫い直すことも不可能。
全体を解体して使用できる状態にリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


この赤い塗料はなんでしょう?
・・・・推測すらできません。

 

 

 

 


ポケット上部は外面と同色ですがポケットの中はエルメスオレンジ。

ボールペン汚れが塗料の下から浮き出ています。

 

 

 

 


塗装歴の疑いが深まる一方ですが、まずは解体。

 

 

 

 


ベロ革を解体して芯材を取り除いたところです。

エルメスオレンジのままの部分と比較すると別色であることがわかります。
汚れや色あせが原因でしょうか?

 

 

 

 


取り除いた外周の糸も飛び飛びで別色です。

 

 

 

 


ベロ革を取り除いた部分はエルメスオレンジ。

 

 

 

 


H金具にも塗料が残っていますので一枚革の状態で塗装されたのではなく、
財布の形になってから塗装されたことが確実です。

縫製糸や金具まで塗料が付着していることで塗装修理歴は確定です。

 

 

 

 


表面の塗料を半分だけ取り除くとエルメスらしいオレンジが出てきました。

 

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革も表面だけ塗料を取り除くと裏面とは別色になり、
内部材と同様のエルメスオレンジが出てきました。

 

 

 

 


これだけ色が変わると塗装したことに気が付くと思いますが、
意外と気が付かないものなんでしょうか?

汚れも取り除かずに違う色で塗装した手抜き加工なので、
持ち主には塗装していないと伝えていたのか?

当社としては疑問点が多い現状です。

 

 

 

 

 


他店様での残念な縫製や塗装歴があり余計な加工が必要でしたが、
出来る限り汚れを取り除いて、ようやくリニューアルリペア加工をスタートできます。

汚れや塗装を取り除くとキズや汚れや素材の劣化などで重症すぎる財布です。
引き続き愛用いただけるように各部を強化しながら組み立て直します。

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


コインケースの中も綺麗に復活。

 

 

 

 


ベロ革など各部に強化加工を施して丈夫に復活させています。

 

 

 

 


欠損した角部や擦り切れが見られたベロ革や折り曲げ部なども、
強化加工を施して組み立てコバ面も仕上げ直しています。
その他、多数の損傷や汚れも改善して引き続き愛用いただける状態に復活です。

構造的には新品時より丈夫になっていますし見た目も改善していますが、
他店様で加工歴がありボロボロになるまで活用された財布ですので、
今後は労わるように活用されることをお勧めします。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になります。
昨日受け取りました!
想像以上にキレイになっており、とても驚いたのと同時に感動致しました。
本当にありがとうございました!!!!
大切に大切に使わせて頂きます。
また、ブログも楽しみにしております。

暑い日が続いております。
体調を崩されませんようご自愛くださいませ。

千葉県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い状態を保ち続けるためには丁寧な取り扱いが最善策です。
大切に長くご愛用ください。

ボリード色あせ


エルメスのボリードです。

 

 

 

 


各部の縫製糸が擦り切れて無くなっています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


外面にはホツレが多数。

 

 

 

 


持ち手は手で擦れた部分に汚れが染み込んで劣化しています。

 

 

 

 


持ち手も糸が擦り切れて口が空いた状態です。

 

 

 

 


付け根も擦れやすい部分。

 

 

 

 


当然ながら底角は表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。

 

 

 


ガサガサです。

 

 

 

 


ショルダーベルトを取り付けるとナス管金具が擦れて黒くなります。

 

 

 

 


付属パーツも擦れが見られます。

 

 

 

 


各部に擦れや汚れや傷が見られますが・・・・

 

 

 

 


ショルダーベルトと比較すると全体に色あせていることがわかります。
今回は多数あるホツレ部を縫い直して外面を補修補色加工します。

 

 

 

 

 


持ち手に染み込んだ手垢汚れを出来る限り取り除いてみました。
表皮の剥がれ具合が鮮明です。

 

 

 

 


汚れを取り除くと底角だけでなく底の周囲の擦れ具合も浮き彫りです。

 

 

 

 


表皮が剥がれて繊維が露出した部分を整える補修加工を施したあと、
外面全体を補色してコバ面を仕上げ直します、

 

 

 

 


ホツレ部の縫い直しと外面の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 

同様に。。。。

 

 

 

 


ガサガサだった底角も改善。

 

 

 

 

 


ホツレや擦れや汚れで残念な状態でしたが、
色あせた外面全体がショルダーベルトなど付属パーツと同色に復活。

使用すれば汚れや擦れは避けられない損傷ですが、
縫製糸が無くなるまで擦れてしまうとメンテナンスは遅すぎます。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメス財布の傷


HERMESのKelly porte Valeurs(通称ケリーウォレット)です。

 

 

 

 


外面には傷が多数見られ残念な状態です。

 

 

 

 


全体に色あせや薄汚れも・・・・

 

 

 

 


革の表面だけを着色した素材ですので塗料が剥がれると白く目立ちます。

 

 

 

 


塗料が剥がれた部分に汚れが染み込んで黒くなった部分もあります。

 

 

 

 


ボールペン汚れも。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


底面は手垢汚れで変色しています。

 

 

 

 


天下のエルメスですから、しっかりと染め込んだ革素材を使用してほしいものです。

 

 

 

 


コバ面の仕上げ直しも必要。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


内側を見ると外面全体が色あせていることがわかります。
内側の色を参考に外面の傷や汚れや色あせを改善させます。

 

 

 

 


黒くなっていた汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


底面の手垢汚れも取り除きました。

 

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分を補修して整えたあと外面を補色加工します。

 

 

 

 

 

 


内部材の色に合わせて外面の補修補色加工とコバ仕上げの完了です。

 

 

 

 


全体に傷や汚れが目立った残念な状態でしたが改善しています。

表皮だけを着色した素材ですので爪などで引っかいてしまうと、
傷が目立ってしまいます。

便利に使用できる財布だけに詰め込み過ぎには注意しながら、
出来る限り良い状態を保ち大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメス財布の修理


エルメスの長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


ベロ革にはホツレがあり表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


ベロ革と同様に負担が掛かる折り曲げ部も縫製糸が擦り切れています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


内部材にも擦れやホツレが見られますが、
今回は折り曲げ部とベロ革を強化しながらコバ面を仕上げ直します。

 

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分。

 

 

 

 


本体を解体してベロ革を取り外して傷んだ芯材を交換します。

 

 

 

 


芯材のない折り曲げ部には強化芯材を入れ込みながら縫製。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部の強化加工とコバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 

 


外周のホツレはなくなりコバ面の仕上げ直しで角部も復活。

 

 

 

 


今回は最低限必要な加工でしたが、折り曲げ部とベロ革の強化は
安心して活用するうえで、とても効果的なメンテナンスです。

詰め込み過ぎに注意しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

おはようございます。
昨日、お財布届きました。

気になる箇所がすっかり
綺麗に直っていました!

お財布の開け閉めの際に使う
「ベロ」部分が頑丈になっているのも
実感でき、
今日からまた 安心して 使えます。
アドバイス通り、
詰め込みすぎないように気をつけます。

本当にありがとうございました。

おまけの〇〇〇○〇も
ありがとうございました。
かわいいです。

また修理の必要が出てきた時は
よろしくお願いします。

 

埼玉県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に活用することで、まだまだ活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

アザップの擦れ汚れ


エルメスのジッピーウォレット(アザップ)です。
外面には黒い汚れが目立ちます。

 

 

 

 


こちらの面も同様に。。。。

 

 

 

 


縫製糸も擦り切れて無くなっています。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。

 

 

 


底角になる折り曲げ部は傷みやすい部分で縫製糸も擦り切れてます。

外面の黒い汚れは擦れて革の繊維が露出した部分に
手垢や脂分などの汚れが染み込んだものであるようです。

 

 

 

 


内部材にも小傷は見られますが大きな損傷は見られません。

 

 

 

 


小銭入れの中の擦れや汚れは硬貨を入れるので避けようがない損傷です。

 

 

 

 


内部材を取り外して外面の汚れを取り除きました。

 

 

 

 


黒くなっていた部分がスレスレだったことがわかります。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


小銭入れの中も少し改善させました。

 

 

 

 


飛び飛びで各部にホツレが見られましたので外面全体を縫い直し、
汚れを取り除いて補修補色加工の完了です。

全体に見られた黒い汚れやホツレが無くなりコバ面も仕上げ直しています。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション
担当者様

この度は、財布の修理にあたり大変お世話になりました。
昨日、荷物を受けとりました。

素晴らしい仕上がりで、感動しました。
使用者の家族も、『これでまた暫く使える!』と喜んでいます。

本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

京都府 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
財布の外面の擦れや汚れは避けることはできませんが、
丁寧な取り扱いで良い状態を保ちやすくなります。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。