ベアンとLVリュック


ルイヴィトン エピのリュック(ゴブラン)gobelinsと、
エルメス長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


ゴブランの外周はコバ塗料の剥がれだけでなく革の劣化や欠損があり、
このままではコバ面を仕上げ直すことは出来ません。

 

 

 

 


付け根革は金具で擦れてしまうのでコバ塗料が剥がれやすい部分。

 

 

 

 


今回は厚み部分(コバ面)の仕上げ直しのご依頼ですが、
エピの表面も擦れて革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


底角付近も擦れやすくコバ面ではなく表皮がスレスレで毛羽立っています。

 

 

 

 


使い込まれたエルメス長財布(ベアン)はホツレや汚れや擦れだけでなく、
変形や欠損もありメンテナンスのタイミングとしては遅すぎる状態です。

 

 

 


傷みが出やすい折り曲げ部ですが糸の擦切れだけでなく、
革の擦り切れ欠損で重傷です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分で磨り減っています。

 

 

 

 


こちらの角も糸が擦切れ角部は亀裂や欠損が見られます。

 

 

 

 


ベロ革の外周からは毛が生えたように芯材が露出して、
表皮が剥がれた表面には汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


小銭入れ部は波打ち変形がありヨレヨレ。

 

 

 

 


外周のようには擦れない内部材も縫製糸が擦切れています。
内部材にも擦れや汚れやシミがあり重症化させたことが残念です。

 

 

 

 


内側から見ると角部の亀裂や欠損がわかりやすいかな?

 

 

 

 


こちらの角もステッチの針穴がなくなるほど擦切れて欠損。
ボールペン汚れまであり全体的なメンテナンスが必要です。

 

 

 

 


全ての縫製糸を抜き取ってバラバラに解体。
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


ボールペン汚れはインク(染料)ですので革の繊維まで染み込んでいます。
取除くためには表面塗装を取除いて浸透した汚れを取除く必要があります。

手間とリスクを考えると汚れの上から塗装する業者が多いのは理解できます。

 

 

 

 


この辺りのシミ汚れも同様に。。。

 

 

 

 


白い芯材の上に重ねると財布の外周が歪んでいて直線でないことが鮮明。

 

 

 

 


ショルダーベルトのコバ面も劣化して多数のひび割れが見られます。
比較するため左側ベルトは劣化したコバ塗料を取除いた状態です。

 

 

 

 


本体外周も劣化したコバ塗料を取除きコバ面を整える補修をしました。

 

 

 

 


小銭入れ部の波打ち変形も改善してエルメス長財布(ベアン)の、
リニューアルリペア加工の完了です。

シミやボールペン汚れや傷も改善させています。

 

 

 


ヨレヨレだった折り曲げ部も復元強化加工で丈夫になりました。

 

 

 

 


ベロ革もスッキリして手遅れ状態だったベアンの復活です。

 

 

 

 


エピ(ゴブリン)のコバ仕上げも完了。
出来る限りエピ表面の擦れも目立たなく改善させています。

 

 

 

 


天部も部材ハガレや欠損も修正してコバ仕上げ。

 

 

 

 


ショルダーベルトや付け根革も仕上げ直しています。

 

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
良い状態を保ち続けるには早めのメンテナンスが有効です。

重症化させなければメンテナンス費用を抑えることもできますし、
丁寧に取扱えば長く活用することが出来ます。

どちらも良い品ですので大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

フールトゥ底角


エルメスのフールトゥです。

 

 

 

 


底角が擦切れて穴が空いています。
長く活用していると底角の擦れは避けようがない損傷です。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。
布製ですので擦切れると織りがほどけて穴が拡大して悪化が早まります。

 

 

 

 


こちらの底角も大きな穴が空いて芯材も擦切れて欠損しています。

擦切れて穴が空くとエルメスでは修理対象外になり手遅れです。
当然といえば当然ですが・・・

 

 

 

 


シンプルなデザインだけに簡単に作製された布製のバッグに見えますが、
エルメスのバッグは複雑な構造です。説明はしませんが・・・

 

 

 

 


3つの修理方法を提案した中から同系色の布地を内側から当てる方法を
選択いただきました。

 

 

 

 


何度も縫製を繰り返す丁寧すぎる構造のフールトゥですが、
元通りに組み立て直して底角の修復修理の完了です。

 

 

 

 


内側から強化しながら穴を塞いだことで悪化を遅らせる効果があります。

 

 

 

 


底角4カ所が強化されたことでしっかりと自立するようになりました。

買換えることが出来ないバッグですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

水濡れシャネル


エルメス(ピコタン)とシャネル長財布とLV(タイガ手帳カバー)です。

 

 

 

 


キャビアスキンのシャネル長財布は外周が擦れて色あせています。

 

 

 

 


後面ポケットの天部も擦れやすい部分。
後面の外周ステッチが見えないほどの変形も見られます。

 

 

 

 


シャネルの中ではキャビアスキンは丈夫な素材ですが・・・
表皮が剥がれた擦れよりもマチ側に大きく折れ曲がった変形が重傷です。

 

 

 

 


内部材は各部が変形しています。

 

 

 

 

 


変形したまま硬化していますので活用できません。

 

 

 

 


札入れポケット天部のラインと外周は平行とは言えない歪み。

画像で見るより現物は重傷で変形だけでなく硬化して固まっていますので、
再び活用いただける状態に戻せるのか・・・

 

 

 

 


全てのパーツが歪んで硬化しています。

加工してみなければ改善するかどうかもわかりませんが、
バラバラに解体して活用できる状態に復活させます。

 

 

 

 


使い込まれたルイヴィトン(タイガ手帳カバー)は最高品質時代の品です。

 

 

 

 


内側は綺麗です。

 

 

 

 


ポケットが裂けて縫い外れていますので強化しながら縫い込みます。

 

 

 

 


折り曲げ部は革が擦切れて穴が空いています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


エルメスのバッグ(ピコタン)は底角4カ所の擦れを改善させます。

 

 

 

 


こちらの角は擦れよりも深い引っかき傷が気になります。
基本的に塗膜よりも深い傷は塗装加工では消えません。

 

 

 

 


タイガ手帳カバーの折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


解体するとポケットの裂けていた部分が出てきました。
予定外ですが強化して縫い込みます。

 

 

 

 


合成皮革の内張り劣化もあるので結局はバラバラ。

 

 

 

 


折り曲げ部とは関係ない部分ですが擦切れ穴を発見。
放置できませんので穴を塞いで改善させます。

 

 

 

 


水濡れ硬化変形したシャネル財布もバラバラ。
パーツ点数も多いが構造も複雑で解体するだけで一苦労。

 

 

 

 


カードポケットを取除いた部分の接着剤も水濡れでふやけています。

 

 

 

 


外周の折り返した革も剥がして折り曲げ部には強化加工を施します。

 

 

 

 


ピコタン底角の擦れ部に染み込んだ汚れを取除いたところです。

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分は補色しても塗料をす込んでしまい発色しません。
擦れ部を整える補修加工を施したあと補色します。

 

 

 

 


劣化した合成皮革の内張りは本革で作製交換しながら、
折り曲げ部の擦切れ穴などを復元強化加工で改善させ、
ルイヴィトン タイガ手帳カバーの加工完了です。

 

 

 


各ポケットの縫い合わせ部も強化しながら元通りに縫製しています。

 

 

 

 


シャネル財布も変形した内張りや芯材などを交換しながら各部を強化して、
リニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


大きく寸法が違ってしまった内布や芯材の影響で波打ち変形していました。

 

 

 

 


変形や硬化が改善しただけでなく各部の強化加工で安心して使えます。

 

 

 

 


札入れポケットの天部も直線になりました。

 

 

 

 


ピコタンの底角の擦れも改善。
深い引っかき傷も目立たなくなっています。

 

 

 

 


シャネル財布は外周の擦れも改善させました。

活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
水濡れだけは要注意です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの色あせ


シャネルのショルダーバッグとエルメス長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


年代物の使い込まれたオーストリッチ革のエルメス長財布です。

 

 

 

 


古い品ですので擦れや汚れだけでなく素材劣化も見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


最高品質のオーストリッチで作製された財布です。

リニューアルリペアもご提案しましたが、
今回は外周コバ面の仕上げ直しと折り曲げ部の強化加工を施します。

 

 

 

 


クイールマーク(羽を抜いた穴)が欠損した部分もあります。

 

 

 

 


傷みやすいベロ革ですがコバ面の仕上げ直しで様子を見ます。

 

 

 

 


傷みやすい両側の折り曲げ部は強化加工。

 

 

 

 


シャネルの天部付近は白く色あせ、全体に色移りや汚れが見られます。

 

 

 

 


天部は擦れやすい部分で汚れも染み込んでいます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。

ココマークがあるマチ部材と比較すると色あせがわかります。

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


チェーン中革も擦れた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


金具で擦れる部分の黒い汚れは避けられない損傷です。

 

 

 

 


ボールペン汚れはインクですので革に浸透しています。

 

 

 

 


折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


コバ面を仕上げ直して加工完了です。

 

 

 

 


シャネルも外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


中革も抜き取って汚れを取除き補修補色加工を施しました。

 

 

 


表皮が擦れて毛羽立っていた天部も補修加工で整えたあと補色しています。

 

 

 

 


パイピングの擦れや汚れも同様に。。。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな素材のシャネルは擦れに弱く、
汚れも染み込みやすい素材です。

出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメス長財布


使い込まれたエルメス長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


折り曲げ部は糸が擦切れて口が空いて革が欠損しています。
縫い直すことも出来ない状態ですので直営店では手遅れと判断されます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


ベロ革はコバ塗料が剥がれて芯材が露出しています。

 

 

 

 


内側のファスナー周囲のステッチも擦切れています。

 

 

 

 


H金具はメッキが剥がれています。

 

 

 

 


全ての縫製糸を取除いてバラバラに解体。
リニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


底角も擦切れて欠損しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


角部もステッチ穴がギリギリ残る状態で擦切れ欠損が見られます。

 

 

 

 


小銭入れの中の擦れや汚れは避けられない損傷です。
外面からは見えない部分ですが小銭入れの中も改善させます。

 

 

 

 


欠損部の再生だけでなく各部に強化加工を施して組み立て直します。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


強化された折り曲げ部は縫製ができる状態に復活です。

 

 

 

 


H金具のメッキも復活です。

 

 

 

 


折り曲げ部やベロ革だけでなく各ポケットの縫い合わせ部まで強化して、
構造的に強度アップさせていることがリニューアルリペアの魅力です。

擦り切れ欠損などで手遅れ状態でしたが引き続き活用いただけますので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

ご担当者様

お世話になっております。
昨日届きました。

丁寧な梱包にお心遣いまでありがとうございます。
修理受付のタイミングを見逃したりと一年以上待ちましたが、
御社にお願いして本当に良かったです。

今回の財布は母に譲るために修理依頼しましたが、
次回は私の財布メンテナンスでまたお世話になりたいと思っています。

この度は丁寧な修理を本当にありがとうございました。

 

東京都 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
各部の強化加工で長く活躍してくれる状態に復活しています。
大切に長くご愛用ください。

エルメスの擦れ


エルメスのトート(プティットサンチュール)と財布(アザップ)です。

 

 

 

 


アザップの外面には擦れや小傷が見られます。

 

 

 

 


最近の素材は革の表面だけを着色した素材ですので、
擦れて塗料が剥がれると傷が目立ってしまいます。

 

 

 

 


擦れやすい折り曲げ部は革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


外周や角部が擦れやすいのは避けられない損傷です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


こちらの角部付近にはボールペン汚れも見られます。

小さな汚れでもボールペンはインク(染料)ですので、
革の中まで染み込んでしまい取除くのが厄介です。

 

 

 


内側は布製ですが丁寧に活用されていることが解ります。
これだけ丁寧に使用されていても外面には擦れや傷が発生してしまいます。

 

 

 

 


プティットサンチュールは擦れや色あせが全体に見られ重傷です。

 

 

 

 


表皮が剥がれて白くなった部分は補色する塗料を吸い込んでしまい、
このままでは改善させることができません。

 

 

 

 


持ち手付け根の擦れ程度なら補色することが可能ですが・・・

 

 

 

 


底角のように革の表面が磨り減って無くなり、
革の繊維が毛羽立った状態になると重傷です。

 

 

 

 


4カ所の底角は表皮が無くなり手遅れとも言える状態ですが、
補修加工で塗装出来る状態に整えて改善させます。

 

 

 

 


ファスナーポケットもありデイリーに活用できるバッグです。

 

 

 

 


内ファスナーポケットの底にヤブレが見られます。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


アザップ外面の汚れを取除きました。

ボールペン汚れを取除いた部分を見ると下地まで見えているように、
インクが革の繊維に染み込んでいたことがわかります。

 

 

 


プティットサンチュールも汚れを取除くことからスタートです。
汚れが取除かれると擦れ部が白くなります。

 

 

 

 


持ち手も汚れを取除くと手垢で隠れていた擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直して外面革パーツの補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


重傷だった底角付近も改善させました。

 

 

 

 


内ポケットの両サイドのヤブレも復活。

 

 

 

 


アザップの擦れも補修加工で整えたあと補色して仕上げています。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直し外周の擦れた毛羽立ちも改善です。

 

 

 

 


擦れや汚れが重傷で持ち歩きにくい状態だったプティットサンチュールも、
擦れや小傷が目立ったアザップも活用いただける状態に改善しました。

バッグや財布は活用すれば擦れや汚れは避けることはできませんが、
丁寧に取り扱いながら早めのメンテナンスを施すことで、
良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

たった今受け取りました。
とても綺麗にしていただき、大満足です。
中々外出をしずらい世の中となってしまいましたが、
機会を作って、大切にたくさん活用させて頂きたいと思っております。
私の都合で休日出勤のお手間までかけてしまい、申し訳ございませんでした。
大切に扱って下さって、本当にありがとうございます。
この出会いに感謝致します。
また是非お願いしたいと思っておりますので、
その際には、どうぞ宜しくお願い致します。

 

千葉県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長く愛用したいバッグや財布は重症化させる前に、
メンテナンスを繰り返すのが賢明です。
大切に長くご愛用ください。