エルメスの修理


エルメスのビジネスバッグ(プリュムドッグ)財布(アザップ)と、
クロコ革の手帳カバー(アジェンダ)です。

 

 

 

 


ビジネスバッグ(プリュムドッグ)は各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


底角も表皮が剥がれています。

 

 

 

 


上側の角部も同様に。。。

 

 

 

 


ファスナーで擦れる部分は革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


持ち手はコバ仕上げが必要ですが実は表皮もスレスレです。

擦れた部分に手の脂分や汚れが染み込んでいるだけですので、
汚れを取り除いて証明します。

 

 

 


長財布(アザップ)は全体に薄汚れが見られます。

 

 

 

 


汚れが塗料の下から浮き出ているようで塗装歴があると考えられます。
出来る限り取り除いて補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


クロコの手帳カバー(アジェンダ)はコバ面の仕上げ直しと、
折り曲げ部の強化加工です。

 

 

 

 


二つ折りの角が表裏で大きくずれています。
折り曲げ部の型崩れが原因ですが修正するのは難易度が高い加工です。

 

 

 

 


折り曲げ部の解体。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。
強化加工を施しながら変形も改善させます。

 

 

 

 


プリュムドッグの持ち手の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明に。。。

 

 

 

 


引き手革も補修が必要。

 

 

 

 


擦れ部を整える補修加工を施したあと補色して修復完了です。

 

 

 

 


上側の角部も改善しました。

 

 

 

 


全体にスレスレで毛羽立っていたファスナーサイドの革も改善です。

 

 

 

 


アジェンダのコバ仕上げと折り曲げ部の強化加工も完了。

 

 

 

 


変形も改善して表裏のズレも改善しました。

 

 

 

 


アザップの外面の補修補色加工も完了です。

塗装歴がありノークレーム加工で引き受けた財布ですが、
出来る限り元の色に近づけるように内部材の色を参考にしました。

 

 

 

 


汚れていたファスナー引き手革も改善させています。

 

 

 

 


擦れ、変形、塗装歴汚れなど三者三様の加工でしたが、
3点とも改善していますので引き続き活用いただけます。

良い品ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ワニ革とゾウ革


ワニ革のトートバッグ2点とエレファント革のビジネスバッグです。

 

 

 

 


エレファントのビジネスバッグは持ち手が擦り切れて、
ボール紙の芯材が露出しています。

 

 

 


持ち手を解体して強化しながら擦り切れ部を修復します。

 

 

 

 


負担が掛かる付け根金具にはグラつきが見られます。
カブセを解体して金具を固定します。

 

 

 


持ち手が前後に倒れた長めの持ち手は肩に掛けることも出来て便利。

本体を挟み込むように持ち手を取り付けた構造でコバ仕上げされています。
大きなバッグですので持ち手を強化します。

 

 

 

 


こちらのバッグは外周を折り返して縫製した「ヘリ返し仕上げ」です。

コバ仕上げされたバッグより解体が面倒ですが、
持ち手の芯材を入れ替えながら強化します。

 

 

 

 


こちらのバッグは・・・・

 

 

 

 


黒と茶色のバッグを繋ぎ合わせたバッグでした。

 

 

 

 


天部には擦れが見られます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。

一つのバッグですが縫製糸も革色も違うので、
2個のバッグを修理するのと同じ手間が掛かります。

 

 

 


カブセを解体して持ち手を取り外し解体。

 

 

 

 


擦り切れて大きな穴が空いています。

 

 

 

 


取り外した金具の取り付け脚を丈夫に付け直しました。

 

 

 

 


持ち手を取り外して解体。

片面だけの強化加工で強度的には十分なんですが、
当社では表裏とも芯材交換や強化加工を施します。

 

 

 


こちらのバッグも同様に。。。。

 

 

 

 


すでに亀裂が見られる付け根付近は傷みやすい構造ですので、
出来る限り丈夫にしておきます。

 

 

 

 


底角の汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


茶色側の底角も同様に。。。。

 

 

 

 


芯材交換しながら強化して擦り切れ穴も塞ぎました。

 

 

 

 


両側の付け根金具のグラつきも改善。

 

 

 

 


表裏とも強化しながら芯材交換して縫製完了。

 

 

 

 


口周りの擦れも改善。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらのバッグも持ち手全体の芯材交換と強化加工の完了です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


バッグの持ち手は傷みやすく消耗パーツとも考えられますが、
ビジネスバッグや容量が大きなバッグは丈夫に強化しておくと安心です。

3点とも持ち手の強度は新品時より丈夫に仕上げていますので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

擦り切れシャネル


カブセ外周が白くなったシャネルのチェーンショルダーバッグです。

 

 

 

 


革が擦り切れて無くなり白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


カブセの外周は全体的に破れて芯材が露出した状態で、
白い芯材が目立ち、持ち歩きにくい状態です。

 

 

 

 


底面の外周も擦り切れて白い芯材が全体に見えています。
また、マチ部材は変形型崩れで前面より垂れ下がった状態です。

 

 

 

 


垂れ下がって本体から飛び出したマチ部材は擦れやすくなり、
表皮が剥がれたり破れたりして悪化しています。

 

 

 

 


こちらの底角は変形が重傷。

 

 

 

 

 


後面にあるポケットの天部も革が擦り切れて破れてしまい、
芯材が露出しています。

 

 

 

 


チェーンの中革も擦り切れています。

 

 

 

 


構造上、チェーンはカブセの外周に擦れるのですが・・・・

 

 

 

 


チェーンで擦れる部分は革だけで無く芯材も擦り切れて大きく欠損。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


チェーンで負担が掛かっていたことがわかる形状に変形しています。

 

 

 

 


他店様や直営店では修理を断られてしまうほど重傷です。
手遅れとも言える状態ですが擦切れ破れやホツレや変形など、
ここまでの損傷は引き続き、放置されるとのことです。

 

 

 

 


擦れやヤブレや変形は放置したまま外面の補修補色加工のご依頼ですので、
現状のままで外面の汚れを取り除きました。

 

 

 


状態が悪いバッグですので表皮も劣化しています。

 

 

 

 


汚れを取り除くと破れていない部分も擦れていることがわかります。

 

 

 

 


紙の芯材が露出した部分は塗料を吸い込んでしまい補色出来ませんので、
補修加工で補色出来る状態に加工してから補色します。

 

 

 

 


汚れを取り除き芯材が露出して白く目立っていた部分を補修して、
外面の補修補色加工を施しました。

擦り切れ部が多すぎて補色出来る状態まで改善させるのに悪戦苦闘でした。

 

 

 

 


ポケット天部の擦切れ破れも補修補色加工で目立たなくなっています。

 

 

 

 


カブセの外周も白い芯材が目立たなくなり持ち歩きやすくなりました。

しかし、リニューアルリペアや復元強化加工を施した訳ではありませんので、
擦切れ破れ部が黒くなっただけで構造的には加工前のままで重傷です。

補色加工で見た目を改善させただけですので、
出来る限り丁寧に取り扱いながらご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメスのシミ汚れ


シャネルのバッグとエルメスの財布です。

 

 

 

 

 


シャネルのバッグは両面にカブセがありレフティでも使いやすい構造です。

 

 

 

 


ココマークのロック金具も両面にあり再メッキ加工などは、
2倍の費用が必要になりますが、それ以上に活用しやすく高級感があります。

 

 

 

 


今回は底面に見られるT字型のシミを目立たなくするご依頼です。

 

 

 

 


原因は不明ですが画像よりも実物の方がシミが目立ちます。

 

 

 

 


エルメスの財布は使い込んだ雰囲気を楽しむ素材ですが、
引っかき傷が多数みられます。

 

 

 


裏面も引っかき傷が全体に。。。。

 

 

 

 


引っかき傷が付きやすいだけでなく汚れも染み込みやすく、
シミ汚れになりやすい革で綺麗な状態を保つのが難しい財布です。

 

 

 

 


この辺りにも大きなシミが見られます。

 

 

 

 


全体に色あせなど変色もありますが濃いシミは改善させるのが困難です。

 

 

 

 


シャネルの底面に見られたT字型の大きなシミは目立たなくなりました。

 

 

 

 


エルメス財布も全体に見られた引っかき傷やシミ汚れを
出来る限り改善させました。
濃いシミ汚れも見えなくなっています。

 

 

 


エルメス財布は汚れが染み込んでシミになることを抑える加工も施し、
取り扱いしやすく改善させています。

シャネルのシミ汚れの原因はわかりませんが、
吊り下げて保管するようにすれば底面の風通し良くなり対策できると思います。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

プラダの内布ヤブレ


ルイヴィトン エピ財布とロンシャン長財布とプラダのバッグです。

 

 

 

 


ロンシャン長財布には全体に擦れが見られますが、
今回は外周ホツレ部の縫い直しのみのご依頼です。

 

 

 

 


底の折り曲げ部だけでなくカブセ付け根も負担が掛かり傷みやすい部分です。

 

 

 

 


部材を接着して縫い直します。

 

 

 

 


最高品質時代のエピの長財布ですが各部に損傷が見られます。

 

 

 

 


底の折り曲げ部は縫い直す部分が擦り切れて無くなっています。

基本的には手遅れと判断される修理店が多くなる症状ですので、
メンテナンスのタイミングとしては遅いです。

 

 

 


カブセの折り曲げ部も縫い直す部分が無くなっていますので手遅れです。

 

 

 

 


反対側も擦り切れて大きく口が開いています。

 

 

 

 


カブセ裏は手垢汚れなどで黒くなり数カ所にボールペン汚れもあります。

 

 

 

 


マチ部材も表皮が剥がれて白くなった部分があり変形も見られます。
マチ部材にもボールペン汚れがあります。

 

 

 

 


プラダは定番の内布ヤブレです。

 

 

 

 


画像の様な状態で縫製されているのが本来の姿ですが・・・

 

 

 

 


手縫いで全体的に自己流修理されています。

 

 

 

 


この辺りも同様に。。。

自己流で手縫いされた部分を解体するのは手間が掛かるだけでなく、
無数の針穴を開けて損傷を与えていますので残念です。

 

 

 


エピの財布はリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


マチ部材は擦れやボールペン汚れだけでなく変形が重傷です。

 

 

 

 


張り合わされた薄い革を破らないように剥がして強化芯材を入れます。

 

 

 

 


マチ革は0.2ミリの厚みですので指先で裂くことができます。

 

 

 

 


底やカブセの折り曲げ部も内張りを剥がして強化しながら修復します。

 

 

 

 


カブセ裏や小銭入れの中など汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


プラダの内張りは解体して縫い合わせ部には強化加工を施し縫製します。

 

 

 

 


擦れや汚れを改善させながら組み立て直しリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


折り曲げ部の復元強化加工も完了して縫製できる状態に復活です。

 

 

 

 


底の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


擦れやボールペン汚れだけでなく変形型崩れも改善させながら、
マチ部材は丈夫に復活。

 

 

 

 


ホック金具も磨き直してボールペン汚れも目立たなくなりました。

 

 

 

 


プラダの内張りも手縫いあとが無くなりスッキリです。
全体的に強化して縫製していますのでバッグ全体が強度アップです。

 

 

 

 


3点とも引き続き活用いただける状態に復活していますので、
丁寧に取り扱いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

フェンディ底角


フェンディのトートバッグです。

 

 

 

 


大きなバッグですので底角の擦れは避けることが出来ません。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。
細い糸で織られた布地は擦れを放置していると修復できなくなります。

 

 

 


傷んでしまう部分ですので底角に革パーツを取り付けるご依頼です。

このままで革パーツを縫い付ける修理店が多いですが、
ワッペンを貼り付けたような仕上がりになってしまいます。

 

 

 

 


本体を解体して革パーツを取り付けることで、
元々のデザインのように仕上げることができます。

 

 

 

 


底面も解体。

 

 

 

 


底角に革パーツを追加したことで耐久性だけでなく高級感もアップしました。

使用すれば底角が擦れてしまうことに変わりありませんが、
軽傷なら補修補色加工が可能になります。
また、穴が空くまで放置しても革パーツを取り替えることで復活も可能です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
〇〇〇〇〇です
フェンディのバッグ届きました
底の四隅にワッペン感覚で擦れた所を隠して頂けたらと思っていましたが
本格的なお直し頂き驚いています
お世話様でした
有り難うございます

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に使用されているバッグでしたので、
四隅に貼り付けたような革ワッペンでは残念な状態になると考え、
本体を解体して元からのデザインのように加工しました。
底角の擦れは避けられない物ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。