エピの二つ折り財布


角部や折り曲げ部に欠損が見られるルイヴィトン エピの二つ折り財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて無くなっていますので縫い直すこともできません。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も擦り切れて欠損していますので縫製できません。

 

 

 

 


小銭入れのカブセなど内部材にも擦れがあり素材が劣化しています。

 

 

 

 


合成皮革の内張りは限界を超えています。

 

 

 

 


こちらの札入れポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


ベタツキ劣化したままで放置されていたために対面の本革にも色移りしています。

 

 

 

 


ホツレ、ヤブレ、擦り切れ、欠損、劣化、擦れ、汚れ、変形、色移りなどなど、
フルコースの損傷が見られる財布ですのでリニューアルリペアになります。

 

 

 


小銭入れ部だけでもバラバラにすると多くの部材があります。

 

 

 


擦り切れ欠損で縫製もできない状態だった折り曲げ部も復活して、
リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


本革や布地で内張りを作成交換しいますのでベタツキ劣化の心配はありません。
合成皮革が色移りした部分も改善させています。

 

 

 

 


欠損部が大きく財布が一回り小さくなってしまうことを心配されていましたが、
サイズは元のままで復活していますのでご安心ください。

各部の強化加工で構造的には新品時より丈夫ですが、
出来る限り良い状態を保てるように詰め込みすぎずに、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

お世話になります。
本日財布を受け取りました。

ブログを拝見し、解体された財布の損傷具合から、
見違えるほど綺麗に再生された財布を見て、ただただ驚いております。
本当に折り曲げ部の加工はどのように加工されたのか不思議でなりません。
また、内張りにも対策して下さり感謝しております。
これからも大切に使っていきます。

感謝の気持ちの〇〇〇○〇も大切に使用させて頂きます。
このたびはありがとうございました。

新潟県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
再び活用いただける状態に復活しましたので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

タイガ二つ折り財布


四角い財布が台形になるほど擦り減っている二つ折り財布です。
購入時はルイヴィトンのタイガ二つ折り財布だったようですが面影がありません。

 

 

 

 


持ち主以外が財布と認識するまで少し時間がかかる状態です。

 

 

 

 


内部材を見ると財布と認識できますが革の型押し模様が消えている部分もあり、
素材自体が劣化して限界を超えています。

 

 

 

 


カードを重ねて入れていたようで大きく変形して擦り切れ欠損も見られます。

 

 

 

 


開いた口が塞がらないほどの状態で愕然としましたが擦り切れヤブレだけでなく、
素材自体が劣化していてボロボロですので財布の空いた口も塞がりません。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

外面だけでなく内部材まで擦り切れて無くなっています。
カードの詰め込みすぎなど使い方も丁寧であるとは言えない財布ですが、
何よりメンテナンスのタイミングが遅すぎです。

 

 

 


合成皮革の内張り劣化など気にもならないほど各部の損傷が激しいです。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工で再び財布として活用いただけるように復活させます。

 

 

 

 


損傷がひどく手の脂分や汚れが染み込んでベタベタ感もあり、
素材劣化している外面革は代用革に交換されることでご依頼いただきました。

 

 

 

 


ベタツキ劣化しないように布地や本革で内張りを作成交換しながら、
全てのパーツに強化加工を施しリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


傷みが激しかった小銭入れの外面も作成交換しましたので、
財布として問題なく活用いただけます。

 

 

 

 


愕然とするほど傷みが激しい財布でしたが、
手放すことができない愛着の証ともいえます。

全体的な修理で構造的には新品時より丈夫に仕上げていますので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

(有)レザークリエーション 御中

お世話になります。

昨日、財布が届きました。予想以上の出来上がりに
大満足です。治らないと諦めていたので本当にうれしいです。

あまり詰め込み過ぎずに財布にも優しい使い方を
心がけたいと思います。

御社の技術に出会えてよかったです。
〇〇〇もありがとうございました。

また修理の際は、ぜひよろしくお願いいたします。

栃木県 A 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
残念すぎる状態まで悪化した財布でしたが、
丁寧に活用すれば、これまで以上に長く愛用いただけると思います。
大切に長くご愛用ください。

フェラガモ財布の修理


フェラガモの長財布とキーケースです。

 

 

 

 


財布とキーケースは少し色が違います。

 

 

 

 


財布の外周には擦れが見られ角部は革が裂けて芯材が露出しています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部にも擦り切れ穴が空いています。
角部や底角の擦り切れは見送られましたが可動する折り曲げ部は強化します。

 

 

 

 


ご依頼いただいた折り曲げ部を解体すると擦り切れ穴が鮮明です。

 

 

 

 


反対側も解体して強化します。

 

 

 

 


ロック部のリボンも擦り切れてボロボロです。

 

 

 

 


リボンは作成交換します。

 

 

 

 


キーケースをバラバラに解体。
キーケースを修理するのではなく素材として財布のリボンを作成するご依頼です。

 

 

 

 


折り曲げ部に強化芯材を入れ込みながら擦り切れ穴を塞ぎました。

 

 

 

 


キーケースがリボンになり財布がゴージャスに復活です。

リボン部は出っ張っていて擦れやすいので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ワイルドステッチ


シャネルのワイルドステッチのバッグ2点です。

 

 

 

 


本体を挟み込んで固定されたグローメット金具に持ち手を通す構造ですので、
金具の取付け部には大きな負担がかかります。

 

 

 


大きな負担がかかると金具から本体が抜けてしまいます。

 

 

 

 


負担がかかる金具の取付け部は強化加工が必要です。

 

 

 

 


金具が外れていた部分は取付け部がボロボロ。
内張りと外面の間に強化芯材を入れ込んで取付け部を丈夫に強化します。

 

 

 

 


紐と言えるくらい太い糸です。
全体に汚れも多数見られます。

 

 

 


白い汚れに目が行きますが太い糸が擦り切れて無くなった部分の縫い直しの
ご依頼です。

 

 

 

 


この辺りも同様にワイルドステッチが無くなっています。

 

 

 

 


この辺りは糸は残っていますが縫い直しておく方が良いようです。

 

 

 

 


内張りを解体しなければ外面のワイルドステッチは縫い直せません。

 

 

 

 


こちらのバッグは本革素材ですが酷使された様子です。

 

 

 

 


全体の色褪せだけでなく引っかき傷も多数見られます。

 

 

 

 


上側の角ですが革が擦り切れて無くなっています。

 

 

 

 

 


上側でも擦り切れていますので底角は当然の症状です。

 

 

 

 


後面ポケットを多用されていたのかポケット天部や上部の擦れが激しいです。

 

 

 

 


色褪せや擦れや汚れだけでなく革が裂けている部分もあります。

 

 

 

 


擦れや色褪せだけでなくヤブレや擦り切れ穴などの損傷が見られ、
すでに十分に活躍してくれた状態のバッグですが再び活用いただけるように、
補修補色加工で改善させます。

 

 

 

 


ポケット上部や天部の擦れも改善してクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


マチや底角付近も同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手も同様に。。。。

 

 

 

 


破れ部も改善。

 

 

 

 

 


こちらのバッグも金具の付け根に強化芯材を入れて復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


こちらの付け根も同様に。。。
金具の下で芯材を縫製していますので強度は倍増しています。

 

 

 

 


ワイルドステッチのホツレもわからなくなりました。

 

 

 

 


予定外ですが目立つ汚れも改善させています。

 

 

 

 


ファッションアイテムというよりも道具として活用されていたのか、
擦れやホツレや傷などで活用できない状態でしたが、
どちらのバッグも再び活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

芯材交換


ジミーチュウのバッグとシャネルの財布とバッグです。

 

 

 

 


シャネルのバッグは他店様で塗装済みですが塗料のひび割れや剥がれが発生。
使用している塗料の色も違うように見えます。

 

 

 

 


色落ちしやすい素材のようで各部に擦れや色褪せが見られます。

 

 

 

 


底角など擦れた部分には他店様で塗装する前からの汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


他店様の塗料や汚れを出来る限り取り除いたところです。

擦れや汚れの上から塗料を塗る修理店が多いですが、
すでに塗料のひび割れが発生していますように汚れの上から塗装すると、
ひび割れや剥がれが発生しやすくなります。

 

 

 


他店様の塗料も含めて汚れを出来る限り取り除いています。

 

 

 

 


マチ部材も同様に。。。。

 

 

 

 

 


画像の中央部に残っている他店様の塗料は取り除けない状態です。
深い傷があったと推測していますが瞬間接着剤で補修されたようです。

 

 

 

 


底面にも数か所に瞬間接着剤を使用した部分があり革が硬化しています。

 

 

 

 


内側の革パーツと比較すると変色具合が鮮明です。

他店様での塗装歴や瞬間接着剤の使用なども含め擦れや色褪せも重症ですが、
表皮が剥がれて白くなった大部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


ジミーチュウのバッグはロック金具のメッキ剥がれが重症です。

全体に擦れや汚れも見られますが今回はロック金具のメッキ加工で、
見た目を改善させます。

 

 

 

 


持ち手は薄い革でボール紙をサンドした構造ですので限界を迎えています。

 

 

 

 


外面の薄い革だけで形状を保っている状態です。

 

 

 

 


内張りを解体してロック金具を取り外し持ち手も解体して芯材を取り除きました。

 

 

 

 


取り除いた芯材はボロボロです。

 

 

 

 


金具のメッキ加工は金具を単体にしなければできないので脱着が必要。

 

 

 

 


財布は縫製糸や革が擦れて穴が空いた折り曲げ部の強化加工の御依頼です。

 

 

 

 


本体やカブセの4か所だけでなくベロ革の折り曲げ部も擦り切れて破れています。

 

 

 

 


すべての折り曲げ部6か所の擦り切れ穴を塞ぎながら強化する加工の御依頼です。

 

 

 

 


ベロ革を解体すると擦り切れ穴の大きさがわかります。

基本的に擦り切れて穴が空くと手遅れで新品状態に戻ることはなく手遅れです。
修理のタイミングとしては、もっと早い段階でメンテナンスしておくのが賢明です。
 


カブセの折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらは本体の折り曲げ部です。
擦り切れて穴が空いた6か所に強化芯材を入れ込みながら修復します。

 

 

 


ジミーチュウのロック金具の再メッキ加工の完了です。

メッキの厚みはミクロ単位ですので深い傷は消えませんが、
本金メッキでゴールドが改善するだけでも高級感が蘇ります。

 

 

 


ボロボロになった芯材を強化芯材に入れ替えて両側持ち手の強化加工も完了。

コバ面も仕上げ直して芯材が硬化してボロボロになる心配もなくなりましたので、
安心して活用いただけます。

 

 

 


財布の折り曲げ部6か所の強化加工も完了です。

擦り切れ穴がが塞がった効果よりも折り曲げ部の強度アップが、
長く愛用するうえでは効果的な加工です。

 

 

 


擦れだけでなく汚れや他店様の塗料が染み込んでいた底角も改善して、
クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


内部材の革との色合いも近くなりました。

 

 

 

 


3点とも使い続けるのは困難な状態でしたが再び活用いただける状態に復活です。

使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
良い状態を保ち続けるには早めのメンテナンスが有効です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になります。
バッグとお財布届きました。
想像以上に綺麗にして頂いてとても感動してます。
大切に使います!
本当にありがとうございました。
「ほんの気持ちです」にもちょっと感動してしまいました。
早速使わせていただきます。

宮城県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

スハリ財布の修理


ルイヴィトン スハリラインの長財布(ファヴォリ)です。

 

 

 

 


各部に擦り切れホツレが発生するほど使用されています。

 

 

 

 


底の折り曲げ部も糸が擦り切れて無くなっています。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 


カブセの付け根はホツレだけでなくテーピング革が切れています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


中央部の帯革は細くなった糸がわずかに残る程度までホツレがあります。

 

 

 

 

 


内部材がありますので外面の帯革を縫い直すためには解体が必要です。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部は強化芯材を入れ込みホツレ部を縫い直します。

 

 

 

 


現在のヴィトン財布の中では良い品だと思いますが芯材は部分的です。

 

 

 

 


無事に帯革のホツレもなくなり加工完了です。

 

 

 

 


カブセの折り曲げ部は強化加工で丈夫になりました。

 

 

 

 


糸が擦り切れて多くのホツレが見られる状態まで使用された財布ですが、
致命的な損傷が発生していないことでスハリラインの品質の高さがわかります。

丁寧に使用すれば長く活躍してくれる状態ですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索