グッチのヤブレ


グッチのショルダーバッグです。

 

 

 

 


ショルダーの付け根革が切れています。

 

 

 

 


反対側の付け根革も同様に。。。。

 

 

 

 


後面は体側になり擦れてしまう部分です。

 

 

 

 


丈夫な布地ですがスレスレ。

 

 

 

 


大きな穴が空くまで愛用されてきました。
後面にポケットを追加して引き続き活用できるようにします。

 

 

 

 


全体のフォルムに合わせてデザインしたポケットの追加加工の完了です。

 

 

 

 

 


ポケットの中を見ても擦り切れ穴が見えないように加工しています。

穴が空くほど擦れる部分ですが強度アップにもなっています。
もしも本革のポケットが擦り切れて穴が空いたとしても何度でも修理が可能で、
安心して活用することができるのもメリット。

背面ポケットは便利ですし。。。。

 

 

 

 

 


切れていた付け根革も解体して強化芯材を入れ込み丈夫に復活。

 

 

 

 


本体に大きな穴が空いても使い続けたいと思えるバッグに出会えることは、
多くありません。

傷みが激しいバッグや財布ほどご自身に合ったお気に入りの品である証。
十分に頑張ってくれたバッグですので労わりながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

馬蹄型コインケース


ルイヴィトン タイガの馬蹄型コインケースです。

 

 

 

 

 

 


折り曲げ部は革が擦り切れて欠損しています。

 

 

 

 


大きく口が空き限界を超えています。

 

 

 

 


反対側も擦り切れて革が無くなりマチ部材まで欠損しています。

 

 

 

 


大きなヤブレも・・・・

 

 

 

 


マチの縫い合わせ部も切れています。

長年の使用で革の劣化もあり強度の低下が見られます。
折り曲げ部が傷んでいるのでカブセの開閉も緩々。

 

 

 

 


損傷個所が多数あり、これまで十分に頑張ってくれた様子ですので、
引退させるのも選択肢の一つですが、もうひと頑張りしてもらえるように、
解体して折り曲げ部周辺の傷んだ部分を強化して組み立て直します。

 

 

 

 


他のコインケースと比べても極端に高額設定されている馬蹄型は、
構造的に修理の難易度も高くなり加工不可能な修理店の方が多いです。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


折り曲げ部だけのご依頼でも悪戦苦闘。

 

 

 

 


各部に強化芯材を入れ込んで組み立て完了。

 

 

 

 

 


破れ部も復活して折り曲げ部の強化でカブセもしっかりと閉めることができます。

 

 

 

 


手遅れ状態のコインケースでしたが折り曲げ部の強度アップで、
引き続き頑張ってくれます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

イサム・カタヤマ財布


ISAMU-KATAYAMAの二つ折り財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部にはストラップを取り付ける付け根革があります。

 

 

 

 

 


すぐに切れてしまう程ではありませんが芯材が剥がれて飛び出していますので、
解体して強化加工を施します。

 

 

 

 


折り曲げ部も大きな損傷は見られませんが確実に傷む部分ですので、
両側とも解体して強化します。

擦れやすい外周のコバ仕上げも同時に。。。

 

 

 


下側の折り曲げ部は部材の縫い合わせが多くて傷みやすい部分。

 

 

 

 


内張りを剥がして強化芯材を入れ込み組み立て直します。

 

 

 

 


上側の折り曲げ部も同様に。。。。

わに革なので傷みやすい折り曲げ部には芯材が入れてあると予測していましたが、
何もありませんでした。

 

 

 

 


付け根革も解体。

 

 

 

 


両側折り曲げ部と付け根革の強化加工とコバ仕上げの完了です。

 

 

 

 


傷んだ芯材から強化芯材に入れ替えましたので安心です。

 

 

 

 


部材が剥がれて割れていたコバ面も整い、折り曲げ部も強度アップです。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。

 

 

 

 

 


大きな損傷は無い状態でしたが折り曲げ部の強化加工は早めが最善。
芯材が無かったので、この財布には特に有効な加工です。

使い込んだ感じもカッコいい財布ですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

水濡れグッチ


グッチの長財布です。

画像からは良好な状態に見えますが・・・・

 

 

 


避けられない損傷ですが擦れやすい外周は表皮が剥がれています。

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


後面は水濡れによる波打ち変形が見られます。

 

 

 

 


内部材の間仕切りは「くの字」に折れ曲がっています。
今回は歪みが激しい後面と間仕切り部を強化しながら補正します。

 

 

 

 


解体。

 

 

 

 


後面の波打ち変形部を内側から見たところです。
水に濡れると外観からは見えない芯材が変形して硬化してしまいます。

 

 

 

 


間仕切り部も解体してカードポケットも取り外しました。
2度と組み立て直すことが不可能なほど横幅のサイズが違っています。

 

 

 

 

 


組み立て直すことができないサイズに変形していますので、
2か所のカードポケットもバラバラに解体。

 

 

 

 


芯材を入れ替えながら形を整え、後面の波打ち変形の補正加工の完了です。

 

 

 

 


取り外した内部材と比較すると横幅が大きく違っています。

 

 

 

 


くの字に折れ曲っていた間仕切り部も真っ直ぐに復活。

 

 

 

 


組み立て直すことが不可能だった両面のカードポケットも復活しています。

 

 

 

 


外周の擦れ部も補修補色加工で改善しました。

 

 

 

 


今回は間仕切り部と後面の変形を補正する加工でしたが、
2か所の芯材と12か所の内布を作成交換する必要がありました。

悪戦苦闘しましたが元のサイズに戻り、使用できる状態に復活しています。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

Felisi


長年の使用で革パーツに損傷が見られるフェリージのバッグです。

 

 

 

 


各部にホツレが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

ロゴマークなどが刻印されたワッペンですがホツレだけでなく、
擦れや色あせもあり残念な状態です。

 

 

 

 


色落ちや変色や汚れだけでなく革が劣化してひび割れが多数見られます。

 

 

 

 


持ち手以外も同様に。。。。

 

 

 

 


擦れや亀裂や欠損が見られるパーツもあり革素材自体が限界を迎えています。

 

 

 

 


今回は傷んだ革パーツを作成交換します。

 

 

 

 


底角4か所の革ワッペンなどの作成交換にはバッグ本体を解体する必要が・・・

 

 

 

 


解体。。。。

 

 

 

 


取り外した金具は青錆が全体に・・・・

 

 

 

 


革パーツを取り外すと布地も変色していることがわかります。

 

 

 

 


持ち手は芯材もボロボロ。

 

 

 

 


他のパーツも同様に。。。。

 

 

 

 

 

 


傷んだ革パーツの作成交換の完了です。

 

 

 

 


各パーツには強化加工を施しながら組み立て直しています。
青錆で残念な状態だった金具も綺麗になりました。

 

 

 

 


ロゴマークが刻印されたワッペンは交換できませんので、
補修補色加工で改善させています。

一枚革のパーツも裏面に革を貼り合せながら
強化芯材も入れ込んで丈夫に組み立て直していますので、
丁寧に活用すれば長く活躍してくれます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション

本日、バックが届きました
長年使用のため、かなりボロボロでしたが
新品の様によみがえり、とても満足しています。
これからも大切に使用します
本当にありがとうございます

富山県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丈夫な良いバッグですので大切に長くご愛用ください。

芯材の劣化


ルイヴィトン モノグラムミニのジャンヌです。

 

 

 

 


前後面は芯材が劣化して全体が凹んで波打ち変形が見られます。

 

 

 

 


マチ部材もグニャッと変形しています。
こんな状態ですとファスナーの開閉にも苦労します。

 

 

 

 


底面はヌメ革ベルトで中央部が溝のように変形しています。

 

 

 

 


内張りを取り除いてみると芯材が劣化して粉々状態です。

新品時は布地に芯材が貼り合せてあり丈夫な外面に感じますが、
芯材が無くなるとモノグラム模様も透けるほどペラペラな素材です。
モノグラムミニは内布もペラペラで耐久性よりも軽さを追求したバッグであることが、
わかります。

 

 

 

 

 


外面に張り付いている芯材は僅かです。
すべて取り除いて清掃したあと経年劣化で粉々にならない芯材にします。

 

 

 

 


芯材交換の完了です。
凹んで波打っていた前後面の膨らみが復活しました。

 

 

 

 


変形してつぶれていた天マチも復活。

 

 

 

 


溝になっていたマチも復活しています。

 

 

 

 


粉々になった芯材が縫い合わせ部などから出てきて使用不可能でしたが、
活用できる状態に改善しました。

保管時にタオルなどを入れて形を整えるようにするだけで、
良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

先日、カバンを受け取りました。
ありがとうございます。
もう使用できないと諦めていたところ、
このように修理して頂き感動致しました。大変嬉しく思います。
これから大切に使わせて頂きます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。
本当にどうもありがとうございました。

 

福岡県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
取り扱いが難しいバッグですが、
丁寧に活用されていると思います。

タオルなどを入れて形を整えて保管すると、
良い状態を保ちやすくなると思います。

大切に長くご愛用ください。