パイピング革の補修


ルイヴィトンのショルダーバッグ(ミュゼットタンゴ)です。

 

 

 

 


底角はパイピング革が擦り切れて芯材が露出しています。

 

 

 

 


こちら側は芯材が大きく飛び出して重症。

 

 

 

 


今回は破れた個所のみの部分修理をご依頼いただきましたが、
底角の表皮が剥がれて白くなった部分は擦れやすいところですので、
角部全体を修復します。

 

 

 


使い古して変色した革などありませんので少し色焼けした新品のヌメ革で
部分的に修理しています。
使用していると少しずつ色も馴染んできます。

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


使い込まれていますのでショルダーベルトなどのヌメ革パーツも
それなりに傷んでいます。

今後は労わりながら使用されることをお勧めします。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

グッチの修復


グッチ(GUCCI)とキャシャレル(cacharel)のショルダーバッグです。

 

 

 

 


キャシャレルのバッグは外周テーピング革が擦り切れています。

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


テーピング革の擦れは全体に見られます。

 

 

 

 


後ポケットの天部テーピング革もスレスレ。

 

 

 

 


ショルダーベルトなどにも擦れが見られますが、
今回は外周テーピング革の作成交換のみご依頼いただきました。

 

 

 

 


オールドグッチは塗装や修理歴があります。

 

 

 

 


古い品ですので革や芯材は劣化しています。

 

 

 

 


金具はメッキが剥がれただけでなく錆びや腐食が・・・

 

 

 

 


革はボロボロですがパイピングは樹脂のため擦れにも強く丈夫です。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


内張りは直営店で交換したとのこと。

 

 

 

 


前ポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


切れてしまった付け根革は瞬間接着剤でダメージを与えています。
瞬間接着剤を使用して素人修理したものは手遅れになることが多いです。

 

 

 

 


本体に瞬間接着剤で張り付けているので本体が硬化して裂けています。
金具も接着されていて動かない状態です。

 

 

 

 


交換するテーピング革を解体。
一目一目糸を抜き取って解体するのは時間がかかります。

 

 

 

 


ここまで解体したので後ポケットのテーピング革も交換します。

 

 

 

 


グッチの直営店で交換した内張りを取り外してみると芯材がボロボロ。

 

 

 

 


他店様での加工歴や素人塗装や瞬間接着剤のダメージなど、
諦めるしかない状態ですがリニューアルリペアで復活させます。

 

 

 

 


瞬間接着剤で張り付いた付け根革を取り外すだけで一苦労しました。
本体が裂けていますし硬化もしていますので内側から強化加工を施します。

 

 

 


錆びや腐食が見られた金具を研磨したところです。
再メッキ加工で復活させます。

 

 

 

 


キャシャレルのテーピング革の作成交換の完了です。

 

 

 

 


オールドグッチもリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


金具もピカピカに復活。

 

 

 

 


本体全体にも芯材を入れ込んでありますので構造的には新品時より丈夫です。

 

 

 

 


直営店や他店様では修理不可能と断られ当社にたどり着いていただきました。

どちらのバッグも引き続き活用いただける状態に復活しましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

本日受け取りました。
驚くほど新品以上と思えるリニューアルリペアの技術に本当に驚いています。
どこの修理屋さんでも断られて諦めかけていたバックでしたが
こんなに綺麗に蘇るなんてレザークリエーションさんに依頼して本当に良かったです。
ありがとうございました。
これからも大事に使います。
またぜひ修理を依頼したい信頼できる修理屋さんに出会えて本当に良かったです。
長い間本当にありがとうございました。

 

神奈川県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
当社で加工した部分は新品時より丈夫に仕上がっています。
大切に長くご愛用ください。

シャネル復刻トート


ボッテガべネタの手提げバッグとシャネルの復刻版トートです。

 

 

 


ボッテガは全体に色褪せがあり擦れた部分には汚れが染み込んだ状態です。

 

 

 

 


底角は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 

 


持ち手はガサガサ。

 

 

 

 


擦れに弱いデリケートな革ですので全体的に擦れて汚れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


凹凸がありますのでメッシュ部も擦れやすい部分です。

 

 

 

 


出来る限り汚れを取り除き擦れ部を整えたあと補色加工します。

 

 

 

 


シャネルも擦れやすい底角には擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に表皮が剥がれています。

 

 

 

 


このバッグでは持ち手の芯抜けは定番の症状です。

 

 

 

 


かなり上の方まで芯材が抜けています。

基本的にはハンドバッグですので肩に掛けて使用すると、
付け根の負担が大きくなり傷みやすいです。

 

 

 

 


持ち手を取り外して強化します。

 

 

 

 


持ち手を縫い込むだけで済ませる修理店が多いですが、
当社では持ち手の先端も解体して強化加工を施したあと組み立て直します。

 

 

 


元々、白い芯材が入れてありますが縫いこんでしまうと芯材の意味が無くなり、
強度不足で切れやすくなります。

しっかりと強化加工を施すだけでなく芯材も抜けないように一工夫して、
組み立て直します。

 

 

 

 


パイピングの汚れを取り除くと広範囲に擦れていることが鮮明になりました。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。

 

 

 

 


ボッテガも汚れを取り除くと、こんな感じです。
どちらのバッグも擦れ部を整える補修加工のあと補色します。

 

 

 

 


持ち手付け根の強化加工の完了です。

何故か1か所だけ心材が入ってなかったのですが、
当社では、しっかりと4か所とも丈夫に仕上げています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


パイピングの擦れも改善しています。

 

 

 

 


ボッテガべネタのクリーニングと補修補色加工も完了です。

 

 

 

 


擦れや汚れが目立ったメッシュ部も改善しています。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


ガサガサだった持ち手も出来る限り改善させました。

 

 

 

 


使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
どちらのバッグも丁寧に活用すれば長く活躍してくれる良い品です。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

バッグ受けとりました。
シャネルのトート、へたっていハンドルがしっかり立つようになりました。
強化補修のおかげですね。
ボッテガも初期のモデルだったのですが、綺麗な色が復活しました。
ありがとうございました。

東京都 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
強化した持ち手の付け根は新品時より丈夫に仕上がっています。
バッグの擦れや汚れは避けられないものですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

ベアンスフレ修理


札入れにマチがあるエルメスの長財布(ベアンスフレ)です。
全体に波うち変形が見られヨレヨレで疲れた様子です。

 

 

 

 


ベロ革は縫製糸が擦り切れて無くなっています。

 

 

 

 


残念なことに瞬間接着剤を使用されていますので革が硬化して歪な変形。

 

 

 

 


折り曲げ部は糸の擦り切れだけでなく革も擦れて無くなり欠損しています。

 

 

 

 

 


角部も擦れやすく表皮が擦れた部分には汚れが染み込みます。

折れ込んだマチは擦れにくいので外面の色褪せた革とは別色のように見えます。
擦れや汚れや変形やホツレや色褪せ変色など全体的な加工が必要で重症です。

 

 

 


外面に比べると色褪せが少ない内側部材も各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


小銭入れの中も解体して綺麗にします。

 

 

 

 


内部材も縫製糸が擦り切れてホツレ見られます。

 

 

 

 


H金具に小傷は見られますが良好な状態です。

使用すれば小傷程度は避けられないものです。
元々、最高品質のメッキがされていますので加工の必要はありません。

 

 

 

 


リニューアルリペアのご依頼ですのでバラバラに解体。

変形や硬化が見られる財布は各部材のサイズが微妙に違っていますので、
元通り組み立て直すのは至難の業です。

難しい加工ですが各部を強化しながら美観も改善させて組み立て直します。

 

 

 

 

 

 


リニューアルリペアの完了です。
色褪せや汚れが無くなり波うち変形も改善しました。

 

 

 

 


瞬間接着剤を使用して硬化変形したベロ革も違和感なく仕上がっています。
内部材も各部に強化加工を施して小銭入れの中まで綺麗になっています。

エルメスオレンジは汚れが目立つ革色ですが、
綺麗な状態を保てればエルメスには一番似合う色です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 様

お世話になっております。加工を施してくださり、誠にありがとうございました。
丁寧で力強い仕上がり状態に大変満足しております。

財布は10年以上前に購入し、妻にプレゼントしたものでした。
かなり活躍したようでボロボロになっており、処分やむなしと
買い換えようかとも考えましたが、やはり強い想い入れもあり、そしてもったいなくもあり、
今回プレゼント代わりにと思い切って加工をお願いした次第です。

しっかりとした手直しを頂き、見た目も触った感触も新たな息吹きがもたらされたようです。
妻も財布にお帰りと言ってとても喜んでくれて、
御社にお願いして本当によかったと感じました。

(接着剤を使用していたとのこと、ご指摘で初めて分かりました…妻なりに使い続けたくて思い
悩んだ挙句使ってしまってたようで…結果的にお手数おかけして申し訳ございませんでした。)

妻もこれから一層大切に使ってくれると思います。
本当にありがとうございました。感謝します。
またご縁ありましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

福岡県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使用していれば擦れや汚れは避けようがありませんが、
構造的には新品時より丈夫に仕上がっていますので、
大切に長くご愛用ください。

三つ折りベアン修理


エルメスの三つ折りベアン(Three-fold-beant)です。

 

 

 

 


ベロ革は糸が擦り切れて表皮が剥がれた部分に黒い汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


折り曲げ部や外周も同様に。。。。

 

 

 

 


三つ折り財布ですのでポケットが多いです。

 

 

 

 


小銭入れの中の擦れや汚れは避けられない損傷。

 

 

 

 


ポケットの内張りが剥がれています。

 

 

 

 


こちらのポケットも同様に。。。。

 

 

 

 


マチ部材も剥がれています。

その他、カードポケットなど接着不良が多数みられますので、
剥がれた部分は全て張り直し加工が必要。

 

 

 


バラバラ。

 

 

 

 


黒い汚れを取り除いたループ革は擦れ具合が鮮明です。
H金具はゴールドのままですのでメッキの必要はない状態です。

 

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


ヨレヨレだったベロ革もシャキッと丈夫になり擦れや汚れやホツレも改善。

 

 

 

 


折り曲げ部も強化してコバ面を仕上げなおしています。

 

 

 

 


波うち変形もなくなりスッキリ丈夫に仕上がっています。

ポケットが多いので内張りの剥がれの張り直しが多くなりましたが、
薄い革が裂けていなかったのが幸いでした。

使用すれば汚れや擦れは避けられないものですが、
各部の強化加工で構造的には新品時より丈夫に仕上がっています。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

お世話になっております。
お願いしておりましたエルメスの財布をお受け取りしました。
本当にとてもすっきりとリフレッシュしてくださってありがとうございます。

これからもまだまだ長くこのお財布と付き合って行けそうで嬉しいです。
お気持ちのお品もとても嬉しかったです、一緒に使わせていただきます。
また次の機会には今回見送りましたバッグをお願いしたいと思っております、
その際はどうぞよろしくお願いいたします。

ご多忙中とは存じますがどうぞご自愛ください。

 

静岡県 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丈夫に仕上げていますので大切に長くご愛用ください。

エピ財布の擦れ


最高品質時代に作成されたルイヴィトン エピの長財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて穴が空いた状態です。

 

 

 

 


反対側も擦り切れて白い芯材が露出しています。
この部分は変形も重症です。

 

 

 

 


ここまでペタンコになった折り曲げ部も珍しいです。

 

 

 

 


全体的には良い状態を保たれていますが外周の擦れが少し目立ちます。
今回は折り曲げ部の復元強化加工と外周の擦れのみご依頼いただきました。

 

 

 

 


内部材も擦れや色褪せなどが見られますが構造的には問題ない状態です。

 

 

 

 


鋭角に折れ曲がって擦り切れ穴が空いた折り曲げ部の解体。

 

 

 

 


強化心材を入れ込みながら穴を塞いで縫製します。

 

 

 

 


当時の接着剤が硬化していて内部材を剥がすのに苦労します。

 

 

 

 


内部材の角部も革が擦り切れて破れていますが、
可動しない部分ですので構造的には大きな問題はありません。

 

 

 

 


外周擦れ部の補修補色加工と折り曲げ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


鋭角に折れ曲がって穴が空いた折り曲げ部も本来の形状に復活です。

 

 

 

 


内部材の角部の擦り切れ破れも補修しておきました。

 

 

 

 


使用されている素材も作成した職人の技術も「これぞ!ルイヴィトン」といえる財布です。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索