グッチのショルダー


年代物のグッチのショルダーバッグ3点です。

 

 

 

 


保管時にタオルなどを入れて形を整えるようにすると変形や型崩れを
防ぐ効果があります。

 

 

 

 


古い品で芯材が硬化したまま変形しています。

 

 

 

 


外周のコバ面の塗料が剥がれて革の繊維が毛羽立ち、
マチ部材には小傷が多数見られます。

 

 

 

 


古い品だけに最高品質の素材で丁寧に作成されています。

 

 

 

 


変形や擦れなど各部に損傷が見られますが、
今回は緩くなった中央のロック金具の交換のご依頼です。

 

 

 

 


こちらのバッグは内側に口金金具が付いた構造。
とても良い素材で丁寧に作成された最高品質時代のグッチです。

 

 

 

 


ショルダーベルトに亀裂が見られます。

古い品で革が劣化して硬化していますので負担が掛かるショルダーベルトを
作成交換します。

 

 

 

 

 


こちらのショルダーバッグも擦れや傷が多数。

 

 

 

 


カブセを裏側に固定されたショルダーベルトが切れて使用不可能な状態です。

 

 

 

 


カブセを解体してループ革やショルダーベルトを取り外して、
強化加工を施したあと組み立て直します。

 

 

 

 


内部材を解体して壊れた金具を取り外して金具交換の完了です。

 

 

 

 


切れていたショルダーベルトも丈夫に復元強化加工で復活。

 

 

 

 


柔軟性のある新しい革でショルダーベルトの作成交換の完了。

 

 

 

 


デザインや構造を変えることなく作成交換していますので、
違和感なく安心して活用いただけます。

 

 

 


今回は3点とも必要最低限の修理加工でしたが、
経年劣化や変形や擦れなどが見られる状態です。

最高品質時代に作成されたオールドグッチで買い替える事が出来ない品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ベアンの修理


色あせや擦れが見られ使い込まれたエルメスの長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


擦れやすい外周は糸が擦り切れて欠損しています。

 

 

 

 


こちらの角は糸が擦り切れただけでなく表皮が剥がれた部分に、
汚れが染み込んで茶色く変色しています。

 

 

 

 


ベロ革は外周から芯材が飛び出して表皮の剥がれも・・・・

 

 

 

 


糸が擦り切れてしまうと部材が剥がれて芯材が湿気を吸い込んで、
ふやけたように劣化します。

 

 

 

 


折り曲げ部も擦れやホツレが見られます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。
財布では傷みやすい折り曲げ部のみ強化加工を施します。

 

 

 

 


内部材も擦れて表皮が剥がれた部分には汚れが染み込んでいます。
ファスナー周りの糸はスレスレですので縫い直します。

 

 

 

 


コインケースの中の汚れは避けられな損傷です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しが必要です。

 

 

 

 


部材が剥がれた部分などを補修して整えたあとコバ仕上げします。

 

 

 

 


ベロ革の強化加工は見送られましたが縫い直しやコバ仕上げのために解体。
ベロ革の下に隠れていた部分と比較すると全体の色あせや汚れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


折り曲げ部は強化加工のご依頼を頂戴しましたので解体して強化芯材を入れます。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


ベロ革の縫い直しとコバ仕上げの完了です。
芯材は変えていませんので強度は長年使用されてきた状態のままです。

 

 

 

 


折り曲げ部は強化芯材を入れ込んでいますので構造的には新品時より丈夫に。。。

 

 

 

 


ホツレ部がなくなりコバ面を仕上げ直したことで引き続き愛用いただけます。
何より折り曲げ部の強化加工は財布には、とても有効なメンテナンスです。

開閉の度に負担が掛かるベロ革は強度アップしていませんので、
丁寧に開閉するようにして現状を保ちながら大切に愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

クロムハーツ財布


変形型崩れが見られるクロムハーツの二つ折り財布です。

 

 

 

 


全体に変形していますがチェーンを取り付けるアイレット金具がある角は、
伸びたような状態です。

 

 

 

 

 


外面の革は劣化も激しく素材自体が限界を迎えています。

 

 

 

 


外面革はシュリンク加工された革のシワ模様が消えて変形も重症。

 

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れて革が裂けた状態。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も擦れと劣化で縫い直すことも不可能。

 

 

 

 


この辺りも擦れなのか劣化なのかも判断できませんが、
縫い直すための針孔もわからない状態です。

 

 

 

 


大きく歪んで変形しながらも財布の形を保っていますが、
外面は全体的に素材自体が劣化して強度も耐久性もなくなっています。

 

 

 

 


全体に歪んでいるので台形に見えます。

 

 

 

 


変形した外面に縫い合わされている内部材にも影響が出ています。

 

 

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


取り外したホック金具も腐食。

 

 

 

 


コインケースの内部材も歪んでいますが、
これはクロームハーツのつくりの問題。

 

 

 

 


内部材にはシュリンク加工された革のシワ模様が残っています。

 

 

 

 


擦り切れ穴も各部に。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


不思議な部分にも擦り切れ穴が・・・・

 

 

 

 


コインケースのマチ部材です。
クロムハーツならではの雑な縫製でミシン目が裂けています。

 

 

 

 


小銭入れのマチも分解して強化芯材を挟み込みます。

 

 

 

 


腐食した金具類を磨きました。

 

 

 

 


各部を強化しながら変形を整え擦り切れ穴やヤブレ部を補修して組み立て完了。

 

 

 

 


劣化した外面は手触りの良いシュリンク加工された革で作成交換しました。
折り曲げ部など各部に強化加工を施してリニューアルリペア加工しています。

 

 

 

 


伸びて変形していた角部もスッキリ。

 

 

 

 


台形に歪んで波打ち変形も見られた外面は内部材を補正加工で整えながら、
強化することで財布らしい形状に復元しています。

ホツレ、ヤブレ、擦れ、変形、劣化などフルコースで損傷が見られた財布ですが、
引き続き活用いただける状態に復活していますので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネル型崩れ


崩れ落ちやように変形したシャネルのトートバッグです。

 

 

 

 


後面も同様に。。。。

 

 

 

 


マチも大きく変形型崩れ。

 

 

 

 


前後面に大きなポケットがあり便利なんですが、
構造的に頑丈にすることが難しく型崩れしやすいです。

 

 

 


各部に表皮が剥がれた擦れも見られます。

 

 

 

 


底角4か所も表皮が剥がれています。

 

 

 

 


同様に。。。。

今回は自立しないほど変形した型崩れのみご依頼いただきましたので、
内張りを解体して強化しながら自立できる状態に復活させます。

 

 

 

 


バッグの重さで変形しているように見えますが・・・・

 

 

 

 

 


バッグを吊り下げても変形型崩れは改善しませんので、
しっかりと歪んでいて使用不可能な状態です。

 

 

 

 


内張りを解体して強化加工を施しトートバッグらしく自立するように復活しました。

 

 

 

 


念のためにバッグの中は空ですが自立しています。

 

 

 

 


構造的に型崩れしやすいバッグですので保管時にはタオルなどを入れて、
形を整えるようにすることで形状を維持しやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

バンブー持ち手


PRADA財布とGUCCIのバッグです。

 

 

 

 

 


サフィアーノという型押し加工された革で作成された品で、
プラダの財布の中では丈夫なアイテムです。

 

 

 

 


傷みやすい折り曲げ部を解体して強化します。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


バンブー持ち手のグッチでは定番ともいえるトラブルですが、
バンブー持ち手が大きく開いて付け根革が歪んで本体も引きつっています。

 

 

 

 


付け根革の強化加工とバンブー持ち手の補正加工が必要です。

 

 

 

 


バンブーが伸びようとする力は付け根革を切ってしまう程ですので、
ここまで重症化させる前にメンテナンスしておくのが最善です。

 

 

 

 


後面も同様に。。。。

 

 

 

 


今回は加工しませんが底角など各部に擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


財布の折り曲げ部を解体すると擦り切れて小さな穴が空いていました。

 

 

 

 


こちらの折り曲げ部には2か所の穴開きが見られます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらの底角だけは穴は開いていませんでしたが、
革は薄くなっています。

4か所とも強化芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 


付け根革を片側だけ外してみると持ち手の開き具合がわかります。

 

 

 

 


内張りを解体して付け根革の縫い付け部を中から見たところです。
古い品だけに丁寧に作り込まれています。

 

 

 

 


必ず伸びようとするバンブー持ち手は出来る限り内側に曲げ直しています。

 

 

 

 


保管時に持ち手を固定するベルトも作成しておきました。

 

 

 

 


強化芯材を入れ込み擦り切れ穴を塞いで折り曲げ部の復元強化加工の完了です。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 


グッチは表皮が剥がれて繊維が露出した部分の劣化が心配ですが、
当社で強化した付け根革は丈夫になり使用できる状態です。

丁寧に活用すれば長く活躍してくれるアイテムですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

先程受け取りました。
グッチのバッグは20年くらい前の物で
大変思い入れがありますので、これからも
メンテナンスしながら使っていきたいと
おもいます。
また、バンブー用のベルトを作ってくださり
感激です。今後は保管状態も気をつけます。
財布も同様に丁寧なお仕事にすっかり
ファンになってしまいました。
また次の機会にも是非お願いしたいと
おもいます。
ちなみに修理ブログは見るのが趣味になって
います。(笑)
最後にお気持ちありがとうございました!

東京都 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
高品質な素材で丁寧に作成された良い年代のバッグですので、
出来る限り良い状態を保ってほしいと固定ベルトを作成しました。
財布の折り曲げ部は損傷を避けることができない部分ですが、
丁寧に使用すれば、まだまだ活躍してくれます。
大切に長くご愛用ください。

ホワイトハウスのトート


ホワイトハウスコックスのトートバッグです。

 

 

 

 


外周テーピング革が劣化して硬化しているため作成交換します。

 

 

 

 


革に柔軟性がなくなると亀裂が発生します。

 

 

 

 


底角の擦り切れヤブレは使い方の問題です。
テーピング革以外のパーツにも色あせや擦れが見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


テーピング革の作成交換の完了です。

 

 

 

 


構造的に革を厚くすることに限界がありますが、
元の革の1.5倍の厚みでテーピングを作成していますので、
耐久性や強度もアップしています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


スレスレだったパーツも少し補色しておきました。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


長年使用されてきたバッグですがテーピング革の作成交換で、
まだまだ活躍してくれる状態に復活しました。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索