LVアコマ


ルイヴィトン ユタのビジネスバッグ(アコマ)です。

 

 

 


全体に傷や色あせが見られ革素材には劣化が見られます。

 

 

 


持ち手や付け根革などの附属パーツが本体と同色で、
ルイヴィトンのアコマとしては違和感を感じます。

 

 

 


表皮が剥がれた部分の方が多い状態です。

 

 

 


酷使された様子で底角革は擦切れて大きな穴が空いています。

 

 

 


こちらの角も擦切れて破れています。

革素材の劣化やひび割れだけでなく擦切れヤブレもあり重傷です。
パイピング革は直営店で交換歴があると拝聴しています。

大掛かりな修理歴があるとはいえ全体に違和感を感じるバッグです。

 

 


持ち手も色が剥がれて革が劣化しています。

 

 

 


負担が掛かる持ち手付け根は限界ですので強化加工を施します。

 

 

 


付け根革も解体して強化します。

 

 

 


内張りを取り外して持ち手と付け根革を解体。

 

 

 


負担が掛かる部分を丈夫に強化します。

 

 

 


擦切れた底角4カ所も解体して復元強化加工を施します。

 

 

 


解体した付け根革を見ると塗装された加工品であることがわかりました。

全体がスレスレで汚れもあり、わかりにくかったのですが、
なんとなく違和感を感じていました。
革素材の劣化も各部に見られましたが塗装加工が原因のようです。

 

 


持ち手と付け根革と底角の計12箇所の強化加工と、
外面の汚れや擦れを改善させる補修補色加工の完了です。

 

 

 


負担が掛かる持ち手の付け根と本体側の付け根革は、
構造上は新品時より丈夫です。

 

 

 


底角も強化しながら擦切れ穴を塞いでいます。

 

 

 


附属パーツは本体と別色になり全体の擦れや傷も目立たなくなりました。

補色加工や強化加工で素材劣化が元に戻ることはありませんが、
強化した部分は丈夫になり安心して活用いただけます。

色落ちしやすい素材で劣化が見られるバッグですし、
他店様の塗装加工で革素材の劣化もあるバッグですので、
丁寧に取扱いながら良い状態を保ってください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション 担当者様、
本日届きました。
穴の空いた箇所はもちろん、
古くなってしまった部分も直っており大変満足しております。
これからも大切に使用したいと思います。
この度はありがとうございました。

 

名古屋市 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
色落ちしやすい素材ですので、
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

ヴォワヤージュ


ルイヴィトンの書類バッグ(voyage)です。

年代物ですので波打ち変型や革の劣化が見られますが、
最高品質時代の良いバッグです。

 

 


変型や革の硬化は見られますが年代を考えると丁寧に活用されています。

 

 

 


底面だけに芯材が入れてある構造ですが劣化しているのは確実。

 

 

 


入れて入れてある底角付近も変型しています。
また、底角4カ所には擦切れヤブレもあります。

 

 

 


負担が掛かる付け根革と持ち手付け根は解体して強化します。

 

 

 


確実に切れてしまう状態まで劣化していますが、
強化加工を施すことで引き続き活用いただけるように丈夫にします。

 

 

 


ファスナーは他店様で交換済み。

 

 

 


マチのベロ革と帯革が別々の革で作製されて縫製されているモデルは、
最高品質時代のバッグです。

 

 

 


内張りを取り外して解体。
本体全体に芯材を入れ込んで強化します。

 

 

 


マチの芯材は硬化して割れています。

 

 

 


刻印入りカシメ金具を切断して付け根革も解体。

 

 

 


一枚の革を折り返しただけの構造ですので裏面は目が粗い革の繊維です。

 

 

 


繊維が荒く弱った部分を薄く取除いて強化加工します。

 

 

 


内張りで見えない部分ですがチョークで名前が書かれています。
ファスナー交換した方の名前をマーキングするのは直営店アルアルです。

もう少しスマートなマーキング方法はないのでしょうか?

 

 


持ち手も付け根革も傷んだ部分を取除いて強化加工の完了です。

 

 

 


当社で強化した部分は新品時より丈夫です。

 

 

 


劣化した芯材を取除いて全体に芯材を入れ込みました。
ご希望通り底鋲を取り付けて芯材を固定しています。

 

 

 


底マチは元の芯材を取除き交換。
前後面は新たに芯材を入れ込みました。
本体を強化したことで波打ち変型も改善してスッキリしました。

買換えることが出来ない品質のバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

アマゾンとソミュール


ルイヴィトンのアマゾンとソミュールです。

 

 

 


年代物のソミュールですので刻印入りカシメ金具は変色しています。
ヌメ革パーツも擦れや硬化など劣化が見られます。

 

 

 


反対側は腐食したカシメ金具が折れて外れています。

 

 

 


今回は折れたカシメ金具の再生のみ承りました。

 

 

 


アマゾンはショルダーのバックル付け根が切れています。

 

 

 


付け根部を解体して強化芯材を入れ込みながら再生します。

 

 

 


予定外でしたが本体の付け根も取り外しました。

 

 

 

 


モノグラム地が硬化しているため付け根付近に多数の亀裂があり、
放置出来ない状態。

 

 

 


裏側も同様に。。。

 

 

 


バックル付け根と同じように強化芯材を入れて再生します。

 

 

 


裏側も同様に。。。

 

 

 


折れていたカシメ金具の再生完了です。

 

 

 


磨き込んで錆を取除き綺麗にしています。

 

 

 


切れていたバックル付け根も復元強化加工で復活です。

 

 

 


亀裂が多数見られた付け根付近も安心して使える状態に復活です。

 

 

 


今回はどちらのバッグも最低限の加工のみのご依頼でしたが、
最高品質時代の良い品ですので全体的なメンテナンスを施すのも一考です。

買換えることが出来ない品質のバッグですので、
出来る限り良い状態を保ってください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

キーポルの修理


ヴィトンのボストンバッグ(キーポル バンドリエール)と、
プラダのバッグとエルメスのクロシェットとカデナです。

 

 

 


プラダのバッグは傷んだ持ち手を作成交換します。

 

 

 


内張りを解体しなければ持ち手を取り外すことが出来ない構造です。

 

 

 


内側などの革パーツも持ち手同様に擦れが目立ちます。

 

 

 


エルメスの南京錠(カデナ)は変色が見られますので磨きのご依頼です。

 

 

 


ショルダーベルトを取り付けられるタイプのキーポルバンドリエールは、
ヌメ革パーツの作成交換です。

附属のショルダーベルトも革が硬化してひび割れていますので作成します。

 

 


ショルダー先端のメッキが剥がれたナスカン金具は再メッキ加工します。

 

 

 


内側の革パーツです。
ほとんど見えなくなっていますがVI.882という刻印があるので、
内側のヌメ革パーツは残しておきたいとのこと。

外面の革パーツは新品のヌメ革で作成交換します。

 

 

 


解体して持ち手を取り外しました。

 

 

 


革パーツの汚れを取除き擦れ部を整える補修加工のあと補色します。

 

 

 


キーポルバンドリエールもバラバラに解体。

 

 

 


研磨することで綺麗になる真鍮金具は時間を掛けて磨きます。

 

 

 


エルメスのカデナも磨くと綺麗になります。

 

 

 


プラダは持ち手を作成交換して革パーツの補修補色加工の完了です。

 

 

 


スレスレだった内側も改善。

 

 

 


キーポルバンドリエールのリニューアルリペア加工も完了です。
最高品質のヌメ革を使用しています。

 

 

 


負担が掛かる部分は内側からもヌメ革を貼り合せて、
強化芯材も入れ込んでいます。

既製品は一枚革を折り返しただけですので格段に強度アップしてます。

 

 

 


ショルダーを取り付ける付け根革も同様に。。。

新しくなっただけに見えるパイピング革も芯材を入れていますので、
型崩れ防止の効果がアップしています。

 

 

 


ショルダーベルトも作成交換してナスカン金具は再メッキでピカピカ。
ショルダー全体に強化芯材を入れ込んでいますので丈夫です。

 

 

 


最高品質のファスナーで交換しながら引き手金具も再メッキしました。

 

 

 


カデナの磨き加工も完了。

 

 

 


プラダの持ち手は丈夫な革で作成していますので安心して活用できますが、
他の革パーツは擦れに弱い素材ですので丁寧な取り扱いが必要です。

カデナは無垢素材ですので酸化すると変色しますので、
ご自身でも定期的に磨くことで綺麗な状態を保てます。

最高品質時代のキーポルは買換えることが出来ないバッグです。
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

〇〇〇〇〇です。
この度もお世話になっております。

今日受け取りました。

解体されてバラバラになってしまったキーポルをブログで拝見していたのですが、
今日戻ってきた、以前使われていた30年以上前の革を見ていると、
よくここまで耐えてくれていたなと思いました。
それに何でしょう…、
もう表現できる言葉が出てこないほど細かい作業をして下さって
ありがとうございました!
金具はピカピカ輝いていて、
内側はミシンの穴まで揃っているしキーポルが蘇りました、
本当にありがとうございました!
プラダのバッグもまた長く使えます。
カデナは自分で磨いているつもりが
どんどん傷ばかりついてしまってついに錆びてしまいました。
3個とも全て蘇りました。
今回も素敵なお心遣いを頂きましてありがとうございます。
またご縁を頂く機会がありました時はよろしくお願い致します。

 

埼玉県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けられない物ですが、
出来る限り良い状態を保てるように、
丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。

ソミュール修復


2002年に製造されたルイヴィトン ソミュールです。

製造年代を考えると最高品質時代のバッグではないはずですが、
このバッグはヌメ革もモノグラム地も高品質な素材が使用されています。
選んで購入された訳ではないと思いますが良い品と出会われています。

 

 

 


20年が経過した年代物ですので革が劣化していて限界です。

 

 

 


最高品質のヌメ革も経年劣化で表皮がひび割れています。

 

 

 


特にお手入れせずに塗装やコーティングされていないヌメ革が
20年も使用できるだけでも高品質時代のヴィトンは驚きの品質です。

超高品質なバッグを製造していた時代には2度と戻れないのが残念です。

 

 


バラバラに解体してリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


金具を3個だけ磨いたところです。
指が限界なので3日ほど回復させてから残りを磨きます。

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。
当時のヌメ革と比較しても高品質なヌメ革を使用しています。

新品のヌメ革は白く汚れが目立ちますので少し色やけするまで陰干しするか、
ミンクオイルなどを塗り込むなどしてから使用する方が扱いやすいです。

 

 


デザインやサイズは元通りですが各部に強化加工を施していますので、
新品時より丈夫になっています。

 

 

 


このベルトの中にも強化芯材を挟み込んでいます。

 

 

 


刻印入りカシメ金具は再生して磨きました。

 

 

 


パイピングやテーピング革も作成交換して、
パーツの取り付け部はモノグラム地も強化しています。

 

 

 


ソミュールだけでなく最高品質時代の品をリニューアルリペアする度に、
羨ましく思えます。

現在も最高品質時代のバッグを新品購入することが出来るなら、
リニューアルリペアなど提案せずに買換えることをお勧めします。

しかし、現実は2度と買換えることが出来ない品質のバッグですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

本日品物が届きました。
ヌメ革はもちろんのこと、金具まできれいに磨いていただき
とても美しい状態のバッグを手にできたこと、
大変嬉しく思っております。

ブログのお写真では加工中の状態を
見ることができすごくうれしいです。

この度はお世話になりました。

 

埼玉県 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
二度と買換えることが出来ない品質のバッグですので、
大切に長くご愛用ください。

モノグラムミニ


ルイヴィトン モノグラムミニのジャンヌです。

古いバッグですので芯材が劣化して変形していることが多いのですが、
このバッグは当社で芯材交換して対策済みです。

 

 

 


今回はショルダーの付け根革が切れています。

 

 

 


反対側は切れていませんが・・・

 

 

 


こちら側はショルダー付け根が切れています。

 

 

 


付け根革もショルダー付け根も負担が掛かる部分ですので、
両側の付け根革とショルダー付け根を強化します。

 

 

 


内張りを解体して刻印入りカシメ金具を取り外し付け根革を解体。

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 


ショルダー付け根と付け根革に強化加工を施して、
カシメ金具を再生して復元強化加工の完了です。

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 


当社で強化した付け根革とショルダー付け根は新品時より丈夫ですので、
安心して活用いただけます。

大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

こんばんは。
この度は誠にありがとうございました。
お礼が大変遅くなり申し訳ございません。

ブログも拝見しましたが、前回に続いて、
とても丁寧な作業に驚いております。
戻ってきた鞄は、
本当にどこが切れてしまっていたのかわからないほどに元通りに。
引き続き、大切に使っていきたいと思います。
ありがとうございました。

 

福岡県 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。