LV二つ折り財布


ルイヴィトンのモノグラム二つ折り財布(M61665)です。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦り切れ欠損があり縫い直すことも出来ません。
基本的には修復不可能ですので手遅れ状態です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分で革が擦り切れて無くなっています。

 

 

 


反対側の角部も革が無くなっています。

手遅れ状態になってから修理するよりも早めのメンテナンスをする方が、
財布やバッグは長持ちしますし良い状態を保ちやすくなります。

 

 

 


合成皮革の内張りも劣化していますのでリニューアルリペアで、
出来る限り改善させます。

 

 

 


バラバラに解体して革部の汚れや色移りを取除きました。

最高品質時代の良い品ですので擦れが目立つ部分を補修補色して、
各部を強化しながら組み立て直します。

 

 

 


最高品質時代の革ですので塗料の厚塗りはせずに補色しました。

 

 

 


各部を強化しながら角部の欠損も修復しています。

 

 

 


合成皮革の内張りは本革で作成交換しました。
折り曲げ部も縫製可能な状態に復活させています。

各部の強化加工でしばらくは固く感じますが、
使い込みながら少しずつ馴染ませてください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

LVガリエラの修理


ルイヴィトンのガリエラPMです。
とても大きなバッグですが小さい方のモデルで大容量です。

 

 

 


天部テーピング革は擦り切れヤブレや亀裂があり、
素材劣化も重傷です。

 

 

 


テーピング革の作成交換をしたいのですが、
本体モノグラム地に亀裂が数十カ所ありテーピング交換できません。

無理矢理にテーピング革を交換しても長くはもたないですし、
亀裂が入ったモノグラム地は大きく裂ける心配があります。

 

 

 


口周りの亀裂の悪化を抑えるために本体天部を強化して、
最高品質の新品のヌメ革でテーピング革を作製交換します。

 

 

 

 


革もモノグラム地も現行品質ですので頑丈とは言えません。
逆に柔軟で軽いというメリットもあります。

 

 

 

 


モノグラム地に張り合わされた布地も亀裂部が透けて見えるほど・・・

 

 

 


厚みを増した革でテーピング革を作製交換しました。

 

 

 

 


出来る限り亀裂を隠しながら加工しています。
何より強化加工を施してありますので長持ちすると思います。

 

 

 


新品のヌメ革が色焼けして馴染むまでに、
それほど時間は掛からないと思います。

頑丈と言えるモノグラム地や革で作製されたバッグではありませんので、
丁寧に取扱いながらご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション ご担当さま

このたびは大変お世話になり、ありがとうございました。
先ほど修理していただいたGALLIERAが戻ってきました。
ブログで修理状況を拝見はしていたものの、
ぼろぼろだった開口部のテーピング交換はもちろんのこと、
直営店などで断られ続けたモノグラム地の亀裂がまったく
目立たなくなっているのを直接この目で確認できて、
驚きとともにとても嬉しいかぎりです!
ここが本当に修理のネックだったので、御社と出会えたのは大変幸運でした。
しかも、ちょうど次回修理の募集をされていたタイミングだったので、
私は本当にラッキーでした!
開口部の補強もばっちりしていただいたので、
これからひきつづき愛用していくうえでとても心強いです。
あとはヌメ革が周りとなじんでいくのを待つばかり・・・なので、
出かける日はしばらくこれを持って出ようと思います。

 

東京都 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
現行品質のバッグですので丁寧に取扱いながら、
大切に長くご愛用ください。

ケリーバッグ修理


エルメスのケリーバッグとエピのプチノエとルブタン財布です。

 

 

 

 


プチノエは付け根革が切れています。

 

 

 


反対側も限界です。
変色したカシメ金具を取り外して部分的に作成しながら強化します。

 

 

 


他店様で塗装したバッグですので本来の状態がわかりませんが、
各部に亀裂などが見られる状態です。

 

 

 


天部にも亀裂がありますが今回は付け根革の御依頼です。

 

 

 

 


持ち手は塗装剥がれも発生しています。

加工歴がある品は本来の状態がわかりませんので、
修理を受け付けるには大きなリスクがあります。

 

 

 


ルブタン財布の折り曲げ部には擦れだけでなく変形も見られます。

傷みやすい部分ですので強化加工をご提案しましたが、
今回はコバ仕上げで対応します。

 

 

 


角部も同様に。。。。

 

 

 

 


カードポケットの破れや小銭入れのマチの変形から、
少し詰め込みすぎかもしれません。

 

 

 


裂けたカードポケット部を解体して復元強化加工を施します。

 

 

 

 


素材の経年劣化や損傷が激しいエルメスのケリーバッグは、
全体的な加工が必要です。

 

 

 


こちらの付け根革も切れています。

しかし、付け根革よりも無数のひび割れが見られるカブセや持ち手の方が、
革の劣化が激しく重傷です。

 

 

 


カブセの内側も擦れや汚れだけでなくカビが発生していたような、
シミが全体に見られます。

 

 

 


内ポケットは間仕切りステッチが劣化してほつれています。
大きく解体して擦れなども改善させながら縫い直します。

 

 

 


底角だけでなく外周は表皮が擦り切れてなくなっています。

 

 

 


残念すぎる状態で、劣化した革が新品時に戻ることはありませんが、
カブセ付け根など負担が掛かる部分は強化加工を施して、
急激な悪化を抑える加工が必要です。

 

 

 


マチ部材やカブセ付け根の切れた部分は強化しないと、
大きく裂ける心配があります。

 

 

 


プチノエの内張りを解体してカシメ金具を取り外しました。
刻印があるカシメ金具は元通りに再生して付け直します。

 

 

 


傷んだ部分を作成します。

 

 

 


ルブタン財布も解体して裂けた部分を強化しながら再生します。

 

 

 


附属パーツを取り外しました。

 

 

 


持ち手の裏面は縫い直すことも出来ないほど擦り切れて欠損しています。

 

 

 


付け根革を取り外すとカシメ金具が隠れています。

 

 

 


カブセ天部に入れられた鉄芯を固定するためのカシメ金具です。
当然、鉄芯を取り外さなければ付け根革を付け直すことはできません。

 

 

 


内ファスナーポケットもカビが発生していたようです。
ファスナーも限界を超えていますので交換が必要。

 

 

 


鉄芯だけでなくカブセ裏やファスナーも取り外しました。

 

 

 


長年のご使用で良いところが残っていない状態のケリーですが、
年代物ですので作り込みは丁寧で高品質です。

 

 

 


各部に強化加工を施しながら組み立て直します。

 

 

 


マチの縫い合わせ部は裂けています。

 

 

 


マチ天部は負担が掛かる部分ですので内張りを剥がして、
強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


ルブタン財布のカードポケットの復元強化加工の完了です。

 

 

 


コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 


プチノエの付け根革も丈夫に部分作製完了。
刻印入りカシメ金具も磨き直して再生しています。

 

 

 


エルメスのケリーバッグもリニューアルリペアの完了です。
ご要望通り、出来る限り濃い紺色で補色しています。

 

 

 


切れていた付け根革は新品時より丈夫に強化して、
限界を超えていた持ち手は作成交換しました。

カブセの両サイド折り曲げ部やマチ天部なども強化加工を施して、
構造的には丈夫になっています。

 

 

 


ユルユルだったヒネリ金具も長持ち優先で少し固めに加工してあります。

出来る限り見た目も改善させましたが劣化した革の表皮に、
ひび割れが出てくるのは避けようがありません。

すでに限界を超えるまで活用された年代物ですので、
今更、細かなひび割れを気にして活用しないのはもったいないと思います。

構造的には新品時より丈夫になっていますので、
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 御中

お世話になっております。
出来上がったバックの写真を拝見いたしました。
驚きと、感謝の気持ちでいっぱいです。
特にケリーは祖母が使っていたものがよみがえり、
将来娘に渡せるよう
これから大事に大事に使っていきます。
現物を見た母も「魔法がかかったみたい」と
興奮気味に電話をかけてきました。
実は他にも数点修理したいバックがあります….
次回の修理受付日を逃さないよう、更新を心待ちにしております。
3月に入りましたが、寒さが残る日もあるかと思います。
お風邪などひかれませんように。
本当にありがとうございました。

 

ハワイ州 M 様

ケリーは各部の強化加工などで構造的には活用いただける状態に、
仕上げることが出来ました。

しかし、保管状態や使い方の問題もあるだけでなく、
年代物ですので素材劣化が見られるバッグであることに、
変わりはありません。

出来る限り丁寧に取扱いながら、
大切に活用されることをお勧めします。

バティニョール


とても頑張ってくれた様子のルイヴィトン バティニョールと、
本体がくの字に折れたオーストリッチ革のバッグです。

バティニョールのモノグラムもベコベコ状態です。

 

 

 


オーストのバッグは合成皮革の内張りが劣化しています。

 

 

 


前ポケットだけでなく本体も同様に。。。。

 

 

 


持ち手のコバ面は仕上げ直しが必要。

 

 

 


ルイヴィトン バティニョールはヌメ革が限界です。

 

 

 


底角だけでなく硬化した革はバキバキ状態。

 

 

 


革パーツはひび割れ劣化があり金具も変色しています。

 

 

 


天部テーピング革は擦れやすく表皮が無くなった状態です。

 

 

 


外面のヌメ革パーツを作製交換します。

 

 

 


パイピング革も交換しますのでバラバラです。

 

 

 


ヌメ革パーツを作製交換してもベコベコ状態のモノグラム地が残念。

 

 

 


金具の変色も残念すぎますので、まずは尾錠だけ磨いてみました。

 

 

 


オーストリッチは合成皮革から本革に素材を変えて作製交換の完了。

 

 

 


持ち手コバ面も仕上げ直しました。

 

 

 


バティニョールのヌメ革パーツの作製交換も完了。

付け根革や持ち手先端など負担が掛かる部分は裏側までヌメ革です。
この辺りの品質の違いは理解してもらえない部分ですが重要。
一般的には金具の変色が改善していることの方が喜ばれますが・・・

 

 


パイピング革も少し厚みを増した革で作製。
重傷だったマチ底付近のベコベコ変形も改善させておきました。

 

 

 


本体のくの字に折れたりベコベコ変形も強化しながら改善。

 

 

 


内側ですがナスカン金具の付け根革も作製しておきました。

 

 

 


オーストのくの字に折れた変形も改善させましたので自立します。
どちらのバッグも丁寧に活用すれば長く活躍してくれる状態です。
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエーション 御中

こんばんは。
本日は、大変お世話になりありがとうございました。

主人が帰宅後、出来上がったバッグを見せたところ
「えっ?新品やん!?どういうこと?」との嬉しすぎる反応!!!
正に、甦り以上の出来栄えに、ただただ驚いておりました!

「修理に出して良かったなぁ~。これならずっと使えるやん!」
とも言ってくれて、しかもバックが2つだったことも初めて知ったらしく
(ちゃんと伝えたのですが、理解してなかったみたいです・・・)

「これは、こんだけの(修理代のこと)すごい値打ちあるわ!ほんまに凄いな!」
と、普段は服にも鞄にもあまり関心の無いタイプなのに
まるで自分の鞄かのように喜んでくれたので、私も更に嬉しくなりました。

今回、ご縁が頂けたことに感謝すると共に、修理への丁寧なお心遣いを感じ
どちらのバッグも購入時以上に愛しさが更に加わり、本当に素敵になりました。
本当にありがとうございました。

早速、オーストリッチの方には、ラッピーをコサージュにして巻いたり
「記念写真」を取って、一人で「Before ⇒ After」しております。笑

教えてくださったミンクオイルも、近日中に購入しようと思っています。

大阪の緊急事態宣言の解除も見送りで、コロナ禍が落ち着くのもまだ先のようですし、
まだまだ寒さも続きますので、どうぞご自愛ください。

大阪府 W 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丈夫に仕上げていますので大切に長くご愛用ください。

モノグラムデニム


ルイヴィトン モノグラムデニムのバッグです。

 

 

 

 


ネオカヴィはショルダーベルトが短いようでご指定の寸法で作製します。

 

 

 

 


スライトリーは黄色い汚れが各部に見られます。

 

 

 

 


大きな黄色い汚れだけでなく小さな汚れも沢山あります。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


繊維に染み込んだ古い汚れは加工してみなければ改善度がわかりません。
しかし、このままでは活用できないほど目立ちますので、
時間を掛けて少しずつ取除いてみます。

 

 

 

 


本革の附属パーツもありますが特殊な素材の内張りも、
クリーニングが簡単にできない理由です。

 

 

 

 


「綺麗に取れました!」とは言えない状態。
一回目の加工は大失敗で改善は見られません。

汚れの種類もわかりませんし、わかったところでノウハウはありません。
そこで、少し考えたのですがバッグの修理屋ですが、
クリーニング屋の知識は素人です。

何故かクリーニング屋さんで断られた加工が多いのですが・・・
鉄工所でないのに金具の加工も多いです。

 

 

 

 


ロングタイプのショルダーベルトの作製完了です。
ご指定に1メートル前後で活用できるサイズにしてあります。

最高品質の革で芯材も追加しながら作製していますので丈夫です。

 

 

 


全体に見られた汚れも目立たなくなり活用いただける状態に改善です。

 

 

 

 


全体に見られた薄汚れもなくなりスッキリです。

 

 

 

 


パイピングなど底角付近も綺麗になりました。

 

 

 

 


ショルダーが短く使えなかったネオカヴィも、
目立つ汚れで使えなかったスライトリーも活用いただける状態に復活。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ルイヴィトンの修理


ルイヴィトンのエピ サンクルーとモノグラム ポパンクールと
モノグラムリバースのショルダーベルトです。

 

 

 

 


通常のモノグラム地の下地と絵文字の色が反転したモノグラムリバース。
ショルダーベルトの全長を短くする難しいご依頼です。

 

 

 

 


最高品時代に作製されたサンクルーですが年代物ですので、
ポケットの中の合成皮革がベタツキ劣化しています。

 

 

 

 


内側のファスナーポケットの中もベタツキ劣化で使用できません。

後面ポケットや内ポケットの内張りを作製交換するとなると、
本体を大きく解体する必要があります。

 

 

 


ポパンクールは最近のモデルという認識でしたが、
2006年1月製造なので、このバッグでも15年近く前に製造されています。

年を重ねると年月の経過が早すぎます。

 

 

 


テーピング革は劣化して硬くなり欠損やひび割れがあります。
本体のモノグラム地まで損傷が及ぶ前に作製交換が必要です。

 

 

 

 


マチ部材で厚みが変わる部分はテーピング革が切れやすい部分です。

錆びて変色した刻印入りカシメ金具も取除かなければ、
テーピング革の作製校は出来ません。

 

 

 


ファスナー引き手革が切れてしまうのは定番の損傷。

切れてしまうのも納得のデザインと構造ですが、
デザインやサイズは変えることなく出来る限り丈夫にします。

 

 

 


ショルダーベルトも革が劣化して硬化しています。

 

 

 

 


素材自体が限界を迎えていますのでショルダーベルトは作製交換します。

 

 

 

 


付け根革も表皮に亀裂が見られますが、しばらくは大丈夫な様子。

 

 

 

 


こちらの付け根革も亀裂が見られますが、もう少し頑張れそうです。

 

 

 

 


ファスナーエンドの革パーツは切れています。
使用には問題なく、ファスナー交換のタイミングで修理するのが最善です。

 

 

 

 


モノグラムリバースのショルダーベルトは短く加工するのが困難です。

 

 

 

 


16センチほど短くする予定ですがデザインを変えることなく、
加工するために大きく解体。

構造的にも短くすることは難しいですが、
何よりモノグラム柄の問題もあり絵柄の配列を無視してカットすると、
ルイヴィトンらしさがなくなります。

 

 

 

 


モノグラム地も裏面の革も薄く厚みは芯材であることが解ります。

 

 

 

 


劣化した内張りを解体。

生産時から30年以上が経過したバッグですが、
良い素材を使用して優秀な職人が丁寧に作製しています。

 

 

 

 


本体を大きく解体する必要があり内張りの張り替えも難しいバッグです。

丁寧に活用されてきたことと保管環境が良い状態だったこともあり、
全体的には良好な状態を維持されています。

 

 

 

 


モノグラム柄の位置を変更することなくカット加工の完了です。

解体した部分には丈夫な芯材を入れています。
取り外した芯材は引っ張ると子供でも切れてしまう強度の芯材です。
返却しますのでお試しください。

 

 

 


ご依頼いただいたテーピング革と引き手革とショルダーベルトを
最高品質のヌメ革で作製交換の完了です。

 

 

 


カシメ金具も錆びを取除いてピカピカ。
マチで厚みが変わり負担が掛かる部分は強化してテーピングしてます。

 

 

 


エピのサンクルーは合成皮革の内張りを本革仕様にしましたので、
ベタツキ劣化の心配がなくなりました。

当社で加工した部分は新品時より丈夫に仕上げていますので、
安心して活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエ-ション
ご担当者 様

ご連絡 遅れまして 申し訳ございません。
お品物 3点 無事に受け取っております。

サンクルーは 若い頃は
何となくしっくりこなかったのですが
この歳になって 荷物も少なくなり
出番が多くなったバッグです。

ポパンクールも使いやすい形状なので
ナナメ掛けで使っていました。
(少し中身を落としそうになりますが)

リバースのベルトは つい最近のお品物ですが
昔と違い そこまで薄いのですね~。
芯材は 容易に切れてしまいました。
バッグも軽いわけです。

メンテしながら 子どもらに引き継ぐつもりで
お修理をお願い致しました。
本当に どうもありがとうございました。

 

神奈川県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。