ジバンシー財布修理


擦れや色あせが見られるジバンシー長財布です。

 

 

 

 


色剥がれが目立ちますが外周の表皮が剥がれて白くなった部分が重傷。

 

 

 

 


外周はバッグの中でも擦れやすく傷みやすい部分です。

 

 

 

 


ボールペン汚れは革に染み込んでしまうインク(染料)です。
これもバッグの中で付いてしまうことが多いです。

 

 

 


ファスナーポケットだけでなくガマグチもあるので便利な財布です。

 

 

 

 


内張りの合成皮革はベタツキ劣化で張り替え交換が必要。

間仕切り部はポケットになっているのですが、
合成皮革が張り付いていて活用できない状態です。

 

 

 

 


外周は革を折り返した(ヘリ返し)構造ですが、
負担が掛かる折り曲げ部がペラペラで変形もあり不安です。

 

 

 

 


全ての部材を解体。
合成皮革部は本革や布地で作製交換して安心して活用できるようにします。

 

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


ガマグチの中は少し贅沢ですが本革で作製。
間仕切り部のポケットも使用できる状態に復活です。

 

 

 

 


ペラペラで変形していた折り曲げ部も丈夫になっています。

 

 

 

 


シミのように見えていた色ハガレや外周の擦れも改善して、
ボールペン汚れも解らなくなっています。

財布など小物類は傷みやすいアイテムでバッグの中でも要注意です。
ベタツキ劣化の心配はなくなりましたので、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社 レザークリエーション様

お世話になっております。
先ほどお財布を受け取りました。
とても綺麗にしていただいて、本当に嬉しいです!

内側も合皮がベタベタで使えなかったのが、
本革にしてくださったおかげでスベスベで、感無量です。
祖母の遺品のため、ベタベタになってしまったとはいえ
合皮の部分も取っておきたいと後になってから思っていたので、
お財布と一緒に送ってくださってとてもうれしかったです。

これからずっと大切に使います。
おまけもありがとうございました!
これから寒くなりますので、ご自愛ください。

東京都 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
内張りの合成皮革素材はなくなりましたので、
ベタツキ劣化の心配なくご愛用いただけると思います。
大切に長くご愛用ください。

ベアンとLVリュック


ルイヴィトン エピのリュック(ゴブラン)gobelinsと、
エルメス長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


ゴブランの外周はコバ塗料の剥がれだけでなく革の劣化や欠損があり、
このままではコバ面を仕上げ直すことは出来ません。

 

 

 

 


付け根革は金具で擦れてしまうのでコバ塗料が剥がれやすい部分。

 

 

 

 


今回は厚み部分(コバ面)の仕上げ直しのご依頼ですが、
エピの表面も擦れて革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


底角付近も擦れやすくコバ面ではなく表皮がスレスレで毛羽立っています。

 

 

 

 


使い込まれたエルメス長財布(ベアン)はホツレや汚れや擦れだけでなく、
変形や欠損もありメンテナンスのタイミングとしては遅すぎる状態です。

 

 

 


傷みが出やすい折り曲げ部ですが糸の擦切れだけでなく、
革の擦り切れ欠損で重傷です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


角部も傷みやすい部分で磨り減っています。

 

 

 

 


こちらの角も糸が擦切れ角部は亀裂や欠損が見られます。

 

 

 

 


ベロ革の外周からは毛が生えたように芯材が露出して、
表皮が剥がれた表面には汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


小銭入れ部は波打ち変形がありヨレヨレ。

 

 

 

 


外周のようには擦れない内部材も縫製糸が擦切れています。
内部材にも擦れや汚れやシミがあり重症化させたことが残念です。

 

 

 

 


内側から見ると角部の亀裂や欠損がわかりやすいかな?

 

 

 

 


こちらの角もステッチの針穴がなくなるほど擦切れて欠損。
ボールペン汚れまであり全体的なメンテナンスが必要です。

 

 

 

 


全ての縫製糸を抜き取ってバラバラに解体。
引き続き活用いただけるようにリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 

 


小銭入れの中の汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


ボールペン汚れはインク(染料)ですので革の繊維まで染み込んでいます。
取除くためには表面塗装を取除いて浸透した汚れを取除く必要があります。

手間とリスクを考えると汚れの上から塗装する業者が多いのは理解できます。

 

 

 

 


この辺りのシミ汚れも同様に。。。

 

 

 

 


白い芯材の上に重ねると財布の外周が歪んでいて直線でないことが鮮明。

 

 

 

 


ショルダーベルトのコバ面も劣化して多数のひび割れが見られます。
比較するため左側ベルトは劣化したコバ塗料を取除いた状態です。

 

 

 

 


本体外周も劣化したコバ塗料を取除きコバ面を整える補修をしました。

 

 

 

 


小銭入れ部の波打ち変形も改善してエルメス長財布(ベアン)の、
リニューアルリペア加工の完了です。

シミやボールペン汚れや傷も改善させています。

 

 

 


ヨレヨレだった折り曲げ部も復元強化加工で丈夫になりました。

 

 

 

 


ベロ革もスッキリして手遅れ状態だったベアンの復活です。

 

 

 

 


エピ(ゴブリン)のコバ仕上げも完了。
出来る限りエピ表面の擦れも目立たなく改善させています。

 

 

 

 


天部も部材ハガレや欠損も修正してコバ仕上げ。

 

 

 

 


ショルダーベルトや付け根革も仕上げ直しています。

 

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
良い状態を保ち続けるには早めのメンテナンスが有効です。

重症化させなければメンテナンス費用を抑えることもできますし、
丁寧に取扱えば長く活用することが出来ます。

どちらも良い品ですので大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

オールドグッチ修復


オールドグッチのポシェットです。

 

 

 

 


革パーツには擦れだけでなく色あせや変色が見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


底角のワッペン革は擦れやすく糸もなくなっています。

 

 

 

 


4カ所とも同様に。。。

 

 

 

 


内張りの合成皮革も劣化していますので本革で作製交換します。

 

 

 

 


内張りとショルダー紐を取除きました。
ショルダー紐は10センチ短くカット加工のご依頼があります。

 

 

 

 


内張りを解体しましたので底角パーツのホツレ縫い直しが可能です。

 

 

 

 


革パーツの擦れや色あせを出来る限り改善させながら、
ショルダー紐を短く加工して内張りを作製交換しました。

 

 

 

 


底角ワッペンのホツレも縫い直しながら擦れも補色しています。

 

 

 

 

 


汚れが目立たないように少し濃いめの色の本革を使用して内張りを作製。

 

 

 

 


年代物ですので各部に擦れや損傷はみられましたが、
オールドグッチであることを考えると自然な経年変化だったと思います。

古い品ですので労りながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

D&GとCD


クリスチャンディオールのバッグとドルチェ&ガッバーナのポーチです。

 

 

 

 


擦れや汚れや色あせが見られるD&Gは補修補色加工を施します。

 

 

 

 


シンプルな構造です。

 

 

 

 


擦れだけでなく大きなシミも見られます。

 

 

 

 


折り曲げ部や角部は表皮が剥がれて汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


ディオールの持ち手です。
なんとも言えないほどボロボロ。

 

 

 

 


持ち手付け根付近もスレスレで傷みが激しいですが・・・

 

 

 

 


今回はボロボロの中央部付近のみ部分作製するご依頼です。
この状態で活用されていたことが不思議なくらいの見た目です。

 

 

 

 


ドルチェ&ガッパーナ汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


内側も同様に。。。。
予定外ですが革が欠損していた引き手革は強化します。

 

 

 

 


擦れが激しい折り曲げ部は革の繊維が毛羽立っています。
このままでは補色出来ませんので補修加工で整える必要があります。

 

 

 

 


持ち手の中央部を切断。
取除いた部分を作製します。

 

 

 

 


D&Gのクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


引き手革は丈夫にしておきました。

 

 

 

 


ディオールの持ち手中央部も作製完了。
強化しながら部分作製していますので問題なく活用いただけます。

持ち手のコバ面や付け付近の擦れも改善させましたが、
今回は部分的な最小限の加工でしたので丁寧に取扱いながら、
大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

OLD VUITTON


モノグラムのパピヨン2点とガマグチ財布2点です。

 

 

 

 


革パーツがヌメ革になってからでも長いので、
どちらも年代物ですが年代が違うパピヨンは革パーツの素材が違います。

素材だけでなくステッチの位置も違いがあり、
ヴィトンも道具や技術を向上させながら洗練度が増しています。

 

 

 


使い込んだ感じはありますが良い素材ですし当時の雰囲気がよいです。
余計な塗装はせずに解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


ステッチ両サイドの縫い代の幅が合っていないことや、
ステッチの雑な感じが当時の技術を表しています。

 

 

 

 


この時代になるとステッチや革パーツの形状も洗練されています。
こちらのバッグは擦れ部を補色して見た目を整えます。

 

 

 

 


パイピング革の擦れも同様に。。。。

 

 

 

 


口金金具で開閉できる小銭入れです。
USAヴィトンですのでフランス仕様が主流の日本ではレアな品です。

 

 

 

 


丁寧に使用されていますが年代物ですので折り曲げ部は強化します。

 

 

 

 


ガマグチ財布もUSAヴィトンの年代物。
製造年代を考えると驚くほど綺麗な財布です。

 

 

 

 


合成皮革素材は経年劣化がありますので作製交換が必要です。

 

 

 

 


一枚目の集合写真には写っていなかったファスナー付き財布は、
ポケット天部の両サイドに擦れて白くなった部分が見られますが、
全体的には良好です。

モノグラム地を内側に折り返した構造のバッグや財布は少なくなり、
大切にしてほしい品です。

 

 

 


古い方のパピヨンの持ち手を解体。
芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 


小銭入れは口金金具を取り外すことからスタート。

 

 

 

 


口金金具を取り外すとマチが黄色くなっていました。
これは口金金具を開閉する度に蝶番部分が擦れて金具が磨り減った金属粉。

 

 

 

 


金属粉を清掃して折り曲げ部を解体。
強化芯材を入れ込んで組み立て直します。

 

 

 

 


ガマグチ財布は劣化した内張りの作製交換ですので、
バラバラに解体が必要。

合成皮革素材は本革仕様に変更して組み立て直します。

 

 

 


持ち手に強化芯材を入れ込んで組み立て完了。

 

 

 

 


最高品質時代の財布に合成皮革素材は似合いませんので本革で作製。
ベタツキ劣化の心配が無くなり、より品質向上です。

 

 

 

 


コバ面も仕上げ直しています。

 

 

 

 


ガマグチ小銭入れもコバ面を仕上げ直して強化完了。

 

 

 

 


加工予定が無い財布もポケット天部の擦れを補色しておきました。

 

 

 

 


大きい方のパピヨンも擦れ部を補修補色して最後は5人で記念撮影。

どれも買換えることが出来ない品質の品ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション様

品物を確認しました。
本格的に使う前にメンテナンス出来、安心しました。
これからお買い物や旅行に連れ出し活用する予定です。
(ワクワク楽しみ♪♪♪)

有難う御座いました。

 

神奈川県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
製造年代を考えると羨ましく思えるほど良い状態です。
活用すれば擦れや汚れは避けようがありませんが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

エピのネヴァーフル


ルイヴィトン エピのネヴァーフルです。

 

 

 

 


底角は表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。

 

 

 


LV刻印がある前面の底角も同様に。。。。
黒のエピ革ですので擦れ部が目立ちます。

 

 

 


天部も擦れやすい部分。

 

 

 

 


附属パーツも同様に。。。

 

 

 

 


持ち手から色落ちして洋服に付いてしまうとのこと。
劣化して溶けたような状態のコバ塗料が原因です。

 

 

 


擦れが少ない持ち手の付け根のコバ塗料も溶けたようにブツブツです。

おそらく革と芯材を貼り合わせた接着剤の溶剤の影響で、
コバ塗料が劣化したと考えられます。
接着剤の乾燥が不十分だったかもしれません。

 

 

 


通常はコバ仕上げで持ち手を取り外すことはありませんが・・・

 

 

 

 


本体にも溶けたコバ塗料が付着していましたので解体しました。

 

 

 

 


ベタベタした持ち手のコバ塗料を取除いたところです。
革に芯材が挟み込まれていることが断面からわかります。

接着剤の影響が出ないようにコバ面を整えて仕上げ直します。

 

 

 


擦れ部を補修補色加工で改善させました。

 

 

 

 


附属パーツも同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手のコバ面も仕上げ直し完了。
手間を掛けましたのでベタツキ劣化の心配もありません。

 

 

 


底角付近もスッキリ。

 

 

 

 


現行品質のバッグですので擦れると塗装が剥がれて白く目立ってしまいます。
出来る限り丁寧に取り扱いながら擦れを重症化させないことが重要です。

表皮が剥がれてしまうと湿気や汚れを吸い込み傷みやすいので、
早めのメンテナンスを施すのが最善です。

色落ちで使用できなかった持ち手は問題なく活用いただけますので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション御中

お世話になっております。〇〇市 〇〇〇〇と申します。
修理をお願いしていたネヴァーフルが届きました。
綺麗に仕上げて頂きありがとうございました。
ブログも拝見しました。
大切に使用いたします。
またメンテナンスをお願いしたいと思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

神奈川県 A 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けられませんが、
丁寧な取り扱いをするだけで良い状態を保ちやすくなります。
大切に長くご愛用ください。