財布と時計ベルト


コーチのビジネスバッグとボッテガ財布と時計ベルトです。
すべて汚れや擦れが激しく酷使された状態です。

 

 

 


コーチはファスナー引き手革が切れていますので復元強化加工を施します。

 

 

 


底角のパイピング革も大きく擦切れて黒い芯材が露出しています。

 

 

 


反対側の底角も全体的に擦切れています。

今回はパイピング革を部分的に補修する方向で修理します。

 

 

 


手の脂汚れなどが染み込んでいますのでわかりにくですが、
全体的に色あせや擦れがあります。

 

 

 


カルティエのベルトは裏面革を張り替えます。

 

 

 


ボッテガ財布も擦れや汚れが激しくコバ面のホツレホツレ縫い直しが必要。

 

 

 


黄色い財布の方が重傷に見えますが同じくらい傷んでいます。

 

 

 


今回は外面のクリーニングと補修補色加工のご依頼ですが、
内側も擦れや汚れが見られます。

マネークリップで札を挟みますので避けられない損傷です。

 


ワインカラーの財布も同様に。。。

 

 

 


コーチの引き手は解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


汚れを取除き劣化した裏面の革を解体すると、
擦れや色あせ具合がよく解ります。

 

 

 


折り曲げ部のホツレを縫い直すためにはマネークリップ部の解体が必要

 

 

 


こちらのマネークリップは瞬間接着剤を使用していたことがわかります。
見えない部分ですが革素材が傷んでしまい取り返しが付かない損傷です。

 

 

 


出来る限り汚れを取除いても擦れや傷で綺麗に見えないほどボロボロ。

 

 

 


ひび割れやハガレが見られたコバ面の塗料も剥がし取りました。

 

 

 


コーチの引き手革の復元強化加工の完了です。
強度的には新品時より丈夫ですので安心して活用できます。

 

 

 


大きく裂けていた底角パイピング革も部分修理で修復。

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 


補修補色加工とコバ面を仕上げ直し時計ベルトの加工も完了です。
裏面を張り替えたカルティエベルトは波打ち変型も改善。

 

 


裏面革は元より汚れが目立たない革を選択しました。

 

 

 


ボッテガ財布の外面クリーニングと補修補色加工とコバ仕上げの完了です。
ホツレ部も縫い直してマネークリップも固定しています。

 

 


内側も少し改善させておきました。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


革製品は早めのメンテナンスを繰り返すことで良い状態を保てます。

悪化させてからのメンテナンスは出来る限り改善させることしかできず、
大掛かりな加工が必要になってしまいます。

出来る限り良い状態を保ちながら活用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エールバッグのベルト


エルメスのエールバッグTPMとグレー色のシャネルのマトラッセです。

 

 

 


ベルトを金具に通すだけのロックですが金具の穴が大きく簡単に抜けます。

使いにくいバッグの代表ですのでエールバッグと検索すると、
「使いにくい」と表示されるほどです。

 

 


エルメスに相談されたそうですがベルトの厚みを増すしか方法はなく、
対応は出来ないとのこと。。。

 

 

 


ベルトを抜き取ることでバッグが解体されて布地の本体を交換できます。

ショルダーベルトもサイドベルトに通しているだけですので、
何度か抜落ちた事もあるようです。

 

 


カブセも金具もベルトで固定されています。

 

 

 


解体するには1分もかかりません。
横長タイプの本体に入れ替える事が出来ます。

 

 

 


現状のベルトの厚みでギリギリ通すことが出来る金具固定部。

 

 

 


ベルトを固定していた中央部は大きく凹むほどベルトの厚みはギリギリ。

エルメスの店員のベルトの厚みを増すアドバイスは何でしょう?
厚みを増すとバッグを組み立てることも解体も出来ません。

 

 

 


使用感が少ない現行品質のシャネル マトラッセです。
青味がある濃いグレーで複雑な色です。

 

 

 


カブセ中央部に擦れが見られます。

 

 

 


正面中央で目立ちますが擦れとしては軽傷です。
しかし、軽傷の擦れでも色が剥がれてしまう素材である証です。

 

 

 


カブセ中央部の擦れを気にされている様子でしたが、
底角にも擦れがあり白くなっています。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


底角は4箇所ともに擦れがありカブセの付け根にも擦れがありますが、
深い傷はありませんので軽傷です。

 

 

 


エールバッグTPMのロック部の改善加工の完了です。
何度も揺さぶってみましたがベルトが抜けることはありません。

 

 

 


ベルトの裏面に革を貼り合せてコバ面も仕上げ直しています。
しかし、厚みを増してしまうと組み立てることは出来ませんので。。。

 

 

 


ヨレヨレだった繊維部分を取り除いたあと革を貼り合せましたので、
ベルトのヨレヨレ感は改善しましたが厚みは増していません。

それでは抜落ちてしまうのではと・・・
このバッグが発売された当時から何度もご依頼があった加工ですので、
抜落ちないように加工しています。

 

 


マトラッセのカブセ中央部の擦れ傷の補修補色加工の完了です。

 

 

 


底角も同様に。。。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


カブセ付け根付近も改善。

 

 

 


エールバッグは当社独自の加工もあり金具への抜き差し強度も強くなり、
使用中にバッグが落下するようなことはありません。

シャネルは表皮だけを薄く着色しただけの革ですので、
良い状態を保つのは難しすぎるバッグです。

ある程度の傷は覚悟して革の繊維が毛羽立つような深い傷になる前に、
メンテナンスを繰り返すしか良い状態を保つ方法はないと考えます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

擦れ汚れ色あせ


使い込まれたシャネルのチェーンショルダーです。
上部の汚れが酷いのは手が擦れて汚れや脂分などが染み込んでいます。

 

 

 


表皮が剥がれて汚れが染み込んだココマークは色濃く変色。

 

 

 


底角パイピングは表皮が毛羽立った状態で汚れも染み込んでいます。

 

 

 


後面は全体にスレスレで全体に汚れが染み込んで黒くなっています。

 

 

 


チェーン中革は後面より黒く変色。

 

 

 


引き手の中革も同様に。。。

 

 

 


半分だけ汚れを出来る限り取除いてみました。
汚れた状態も重症ですが汚れを取除いても残念すぎる状態です。

 

 

 


引き手やチェーンショルダーもバラバラにして汚れを取除きました。

色濃く汚れていたココマークやパイピングは表皮が剥がれていますので、
汚れを取除くと周囲より白っぽくなります。

 

 

 


状態が悪かった後面の汚れや擦れも改善して補修補色加工の完了です。

 

 

 


毛羽立ちや劣化が見られたパイピング革も出来る限り改善させました。

 

 

 


チェーン中革やココマークなどスレスレだった部分も同色に改善。

表皮が剥がれ汚れが染み込みひび割れや毛羽立ちも各部に見られたバッグを
均一に補色するためにはクリーニングや補修加工などの下処理が肝心です。

出来る限り汚れを取除いて仕上げ直しましたので、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

LV,グッチ、カルティエ修理


グッチのバッグとカルティエの眼鏡ケースとLV財布とミニスピーディです。

 

 

 


色あせや小傷や擦れが見られるカルティエ眼鏡ケースは、
汚れを取除き擦れ部を整えたあと補色します。

 

 


カブセを開くと擦れや色あせ具合がわかります。

 

 

 


表皮が剥がれた部分も見られます。

 

 

 


ミニスピーディは引き手革を作製します。

 

 

 


ヴィトン財布はモノグラム地を内側に折り返していた頃の年代物です。
内側の革部材も全体に擦れや色あせが見られます。

 

 

 


合成皮革の内張りが劣化して対面革にも悪影響を与えています。

 

 

 


モノグラム地が縮んでしまい裏側の革がシワシワになっています。

 

 

 


グッチのバッグは他店様で内張りを布地に張り替えています。

 

 

 


内張り交換で解体したコバ面は仕上げ直さずに放置されてます。

 

 


コバ面から芯材や内布が露出して汚いだけでなく、
湿気や汚れも吸い込んでしまい劣化が早まります。

解体した部分ぐらいは元通りに仕上げ直して欲しいです。

 

 


アルコール消毒の機会が増えるとバッグに被害が出る案件が増えます。
白くなった部分はアルコールでの影響です。

 

 

 


内張り交換で解体した部分は縫製糸の色が薄い部分ですが、
ショルダーベルトを取り付ける付け根革の縫い込みが少ないようです。

当社ならこの部分を解体すれば付け根革も強化します。
手間は掛かりますが負担が掛かる重要な部分です。

 

 

 


内カブセのコバ面も剥がれて芯材が露出しています。

 

 

 


前ポケットのベルトも同様に。。。

 

 

 


ベタツキ劣化した内張りの汚れがショルダーベルトに付着しています。
内張りが合成皮革だったことがわかります。

 

 


ショルダーベルトもコバ面の仕上げ直しが必要です。

 

 

 


全体的には綺麗に使用されていますが・・・

 

 

 


持ち手が金属で重いため擦れると本体に影響が出ます。
この辺りは保管時に対策が必要です。

 

 

 


カルティエ眼鏡ケースの汚れを出来る限り取除いた状態です。
擦れ部を整える補修加工を施し補色します。

 

 

 


刻印入りカシメ金具を再生して作成した引き手革を取り付けます。

 

 

 


ヴィトン財布はリニューアルリペア加工しますのでバラバラ。

 

 

 


発掘現場から出てきたような状態ですが最高品質時代の財布です。

 

 

 


マチ部材には余計な折れもあり強化しながら補正する必要があります。

 

 

 


前後のカブセは同じサイズのはずですが・・・

 

 

 


芯材を取り外して別のカブセに合わせてみると大きさが別物です。
比較すると大きく変型してサイズが変わっていることがわかります。

 

 

 


カブセ、ベルト、ポケット、ショルダーなどコバ面の塗料を取除き、
コバ面を整えたところです。

ここまで仕上げれば、あとはコバ塗料で仕上げるだけです。

 

 


カルティエのクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


厚みを増したヌメ革で引き手革を作製して刻印入りカシメ金具も再生。

 

 

 


財布のリニューアルリペア加工も完了です。
芯材交換しながら各部を強化して合成皮革の内張りは本革で作成しました。

 

 


擦れや汚れが見られた内部材も改善させています。

 

 


マチ部材が補正強化され発掘されたようだった小銭入れも綺麗です。
ホックも元の金具のままで再生しています。

 

 


アルコール消毒のシミもなくなり擦れ部も改善です。

 

 

 


仕上げを放置されガサガサだったポケットのコバ面やカブセも、
仕上げ直してスッキリ。

 

 

 


底角の擦れも改善。

 

 

 


後面も出来る限り改善させました。

 

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けようが無くアルコールも注意が必要ですが、
バッグや財布は丁寧に取扱う以外に良い状態を保つ方法はありません。
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
有限会社レザークリエイション様

先ほど財布を受け取りました。お世話になりました。
ご丁寧に粗品まで添えていただき、ありがとうございました。

緑のカバンは、5年ほど前に、娘に譲ろうと引っ張り出してきたところ、
内張りがえらいことになっていて、
レザークリエイション様にみていただこうと、
受付を待っていたのですが、旅行に持っていくとなって、
急遽、百貨店のカバン修理のところへ持っていき、
布に修理してもらったのです。

そこからたびたび使っていますが、
そんなひどい状態だとは思っていませんでした。

やっぱり受付を待って、
内張もしていただいたらよかったかなと今は思います。

アルコールがこんなシミになるなんて思ってなかったから、
これからは、用心して消毒したいと思います。

お財布は、義母が、ここまで綺麗になったのにすごくびっくりして、
もったいなくて使えないと言ってます。
(ブログを見て、ご苦労がわかって余計に、もったいないと言います)
せっかく直したのだから、丁寧に大事に使いましょって説得してます。

眼鏡ケースも、きれいな色に戻していただき、
ミニスピーディのチャックの引き手も復活!
大事に扱いながら使用させていただきます。

こちらの修理工房、二回目なのですが、
やはり受付を待った甲斐がありました。

修理だけでも、大変な作業なのに、
写真を撮ってブログにあげて・・って。
ご苦労様です。感謝です。

体調に気を付けて、これからも助けてください。
またいつかお世話になるかもしれませんが、長く続けてて下さいね。
本当にありがとうございました

 

大阪府 M 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
この度は財布が別発送になってしまいご心配をお掛けしました。
ブログに掲載するために撮影したあと
撮影台に置き忘れて発送してしまいました。
たしかにブログの負担は大きいのですが
出来る限り続けたいと考えています。
バッグや財布など皮革製品は活用すれば
擦れや汚れは避けようがありませんが、
出来る限りよい状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

グッチのキーケース


グッチのキーケースです。
傷みやすいアイテムですが綺麗に活用されています。

 

 

 


外周テーピング革が擦切れて破れています。

このキーケースのテーピング革の厚みが極端に薄く、
少し耐久性に問題があるように感じます。

テーピング革の厚みは個体差がありますので購入時に見比べると、
丈夫な品を手に入れやすいです。

 

 

 


このモデルのホルダー金具のフックの欠損は避けようがありません。

フック付け根が擦れて金属摩耗して抜落ちますので対応策はなく、
キーを取り付けるフックをローテーションしても耐久性不足な金具です。
知らないうちに抜落ちて大切な鍵を紛失した方も多いです。

 

 

 


今回は耐久性があるホルダー金具に交換して厚みを増した革で、
テーピング革を作成交換します。

 

 

 


テーピング革とホルダー金具の交換の完了です。

 

 

 


耐久性がアップしたホルダー金具と厚みを増したテーピング革で、
新品時より丈夫になっています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエイション御中

お世話になっております。
本件、本日AMに無事に受領致しました。
またブログにてお直しプロセスも確認させて頂きました。
長らく待った甲斐がありました。
今回も大変ご丁寧なお仕事ありがとうございました。
永く愛用させて頂きます。
最後におまけまで賜りありがとうございました。

 

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
キーケースは傷みやすいアイテムですので、
丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

miumiu擦れ


ミュウミュウのバッグです。
色あせや擦れが見られますので補修補色加工を施します。

 

 

 


擦れやすい外周や持ち手は表皮が剥がれ、全体的に白くなっています。

 

 

 


表皮がひび割れてくる素材ですので変化を楽しむのが、
このバッグとの付き合い方かもしれません。

 

 


底角付近やテーピングは表皮が剥がれて汚れが染み込んでいます。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


ひび割れが多くなると白い部分が増えてしまします。

 

 

 


持ち手は傷みやすく擦れや色あせや汚れが見られます。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


附属のショルダーベルトと比較すると持ち手の色あせ具合が鮮明です。

素材の特性でひび割れや色あせが避けられないバッグですので、
同じように変化してしまう事は避けられないのですが、
補修補色で一度リセットすることで部分的な擦れや汚れを改善させます。

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


ひび割れ色あせ汚れが見られた後面も目が覚めるような綺麗なブルーです。

 

 

 


付け根革やテーピング革などマチ部材も同様に。。。

 

 

 


持ち手も汚れや色あせがリセットされています。

 

 

 


色あせやひび割れが避けられない素材ですが、
一度、リセットして擦れや色あせや汚れを改善させたことで、
両親からプレゼントされた時を思い出して新たな気持ちで活用できます。

どのように変化するかは経験済みですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索