アニスグリーン財布


エルメスの長財布(ベアン)です。

雨蛙色?、ライムグリーン?、カワサキファクトリーカラー?
エルメスではアニスグリーンと言います。

薄汚れは見られますが綺麗な色の財布です。

 

 


傷みやすいベロ革の外周やループ革は表皮が剥がれた部分に、
汚れが染み込み黒くなっています。

黒い革なら放置出来ますがアニスグリーンでは目立ちます。

 

 

 


ベロ革が傷んでしまうのは避けようが無いので、
早めのメンテナンスが良い状態を保つ最善策です。

 

 

 


折り曲げ部は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。
当社のブログでは軽傷ですが直営店としては、そろそろ限界と判断します。

 

 

 


直営店で2度ほど縫い直し修理されています。
強化加工を施さなければ縫い穴から裂けそうな状態です。

 

 

 


内部材にもホツレは見られますが丁寧に活用されている様子です。

 

 

 


ファスナー部や各ポケットにホツレが見られます。

折り曲げ部などからも革の経年劣化があります。
綺麗に使用できる方ですのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 


全ての糸を取除き解体。

 

 

 


ループ革やベロ革は強化します。

 

 

 


ベロ革縫い付け部やH金具の取り付け部など各部に強化加工を施します。

 

 

 


底の折り曲げ部や小銭入れのマチを取り付ける部分も負担が掛かる部分。

 

 

 


マチ部材も張り合わされた薄い革を剥がして強化します。

 

 

 


元通り組み立て直してリニューアルリペア加工の完了です。

擦れや汚れやホツレが改善している事よりも、
20カ所以上の部分に強化加工を施していることが重要です。

 

 

 


カードポケット天部にステッチがあるモデルは構造的に丈夫です。

 

 

 


ベロ革とループ革も丈夫になっています。
擦れや汚れも改善させていますが当社としては見た目より強度です。

 

 

 


汚れが目立つアニスグリーンは損傷が目立つので、
メンテナンスのタイミングがわかりやすく、
手遅れ状態まで悪化させることが少ないと思います。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

LV財布の修理


LOUIS VUITTON M61730 モノグラム財布です。

1995年2月にフランスの工房で作製された最高品質時代の品ですが、
すでに25年以上が経過していますので全体的なメンテナンスが必要です。

 

 


内部材には擦れや汚れが見られます。

 

 

 


マチ部材は負担が掛かる部分です。

 

 

 


折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 


折り曲げ部の内部材も擦り切れて欠損があり縫い直すこともできません。

 

 

 


合成皮革の内張りは劣化しています。

年代物ですので各部に損傷が見られますが、
最高品質の財布ですのでリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


バラバラに解体。

LOUIS VUITTON財布の中でも構造的に複雑で難易度の高いモデルです。

 

 

 


出来る限り長く活用していただけるように、
モノグラム地に芯材を貼り合わせます。

 

 


弱った芯材やファスナーも交換しながら各部を強化して組み立て直しました。

合成皮革の内張りは本革で作製しましたので、
ベタツキ劣化の心配がありません。

 

 

 


裂けていたマチ部材も復活。

 

 

 


擦れや汚れも出来る限り改善させました。

 

 

 


25年前の財布ですが構造的には新品時より丈夫に仕上げています。

丁寧に活用しながら少しずつ馴染ませて長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になります。
たった今、財布を確かに受け取りました❗
丁寧に薄紙に包んで下さり、明日母の元に届けて開けさせて頂きます。
今日も母とブログに掲載して頂いた作業の様子を拝見し、
複雑な手のかかる加工を丁寧にして下さっている事に感動しました。
母も財布を手にしたら喜ぶと思います。
そしてお心遣いまで頂きうれしいです。
この度は本当にありがとうございました。

 

神奈川県 W 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
最高品質時代の財布ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

エピ モンソー


LOUIS VUITTON エピのモンソーです。
年代物で擦れや傷が目立ちますが最高品質時代のバッグです。

 

 

 


傷んだ持ち手は切り取って廃棄されています。

 

 

 


マチ底が裂けるのもモンソーの特徴です。

 

 

 


カブセとマチの縫い合わせ部も負担が掛かる部分です。

 

 

 


底角は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 


内ポケットの中の合成皮革は劣化してベタベタです。

 

 

 


ロック金具の差し込み部先端は樹脂が磨り減って、
開閉はスムーズにできません。

 

 

 


擦れやヤブレや劣化だけでなく変形や持ち手の欠損がありますので、
全体を解体してリニューアルリペアを施します。

 

 

 


前ポケットのマチも裂けていますので内張りを剥がして復元強化します。

 

 

 


前ポケットの中はカビは発生。

 

 

 


ファスナーを取り外した内部材も強化加工が必要です。

 

 

 


マチ底部分も内張りを剥がして強化芯材を挟み込みます。

 

 

 


各部を強化しながら組み立て直しリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


スムーズに開閉できるようにロック金具も加工しました。

樹脂のように磨り減りませんが丁寧に開閉しないと、
本体側の金具に打痕が付きやすいです。

 

 

 


ポケットやマチなど各部のヤブレも改善して強度もアップしています。

 

 

 


ポケットの中のカビや汚れも綺麗になりました。

 

 

 


底角の擦れや変形も改善させながらコバ面も仕上げ直しています。

 

 

 


切れてしまう持ち手は1ミリほどサイズアップしながら、
丈夫に作製してあります。

ボール紙の芯材は本革にするなど3種類の芯材を使用しています。

 

 

 


残念すぎる状態でしたが芯材を交換しながら各部を強化して、
擦れや汚れも改善させました。
劣化した合成皮革の内張りは本革で作製交換しています。

構造的には新品時より丈夫になっていますが、
買い換えできないモデルですので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エブリンとガンボライン


シャネルのガンボラインとエルメスのエブリンです。

 

 

 


外面に色あせや擦れが見られるガンボラインのバッグは、
底角など各部に表皮が剥がれた損傷が見られます。

 

 

 


こちら側の底角も革の繊維が露出して毛羽立っています。
黒革パーツもありますので修復が困難です。

 

 

 


汚れが染み込んでいて目立ちませんがCHANELのココマークもスレスレ。

 

 

 


後面ポケットも擦れた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 


傷や擦れが目立ちますが全体的に色あせや汚れもあります。

 

 

 


天部は擦れが重傷です。

 

 

 


薄汚れに加え、ボールペン汚れも見られます。
汚れを取除き本体の外面を補修補色加工します。

 

 

 


エルメスのエブリンも擦れが激しい状態です。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


マチ底もスレスレです。

 

 

 


全体に擦れや汚れが見られるだけでなくテーピング革は擦り切れています。

 

 

 


天部のテーピング革は擦れだけでなく劣化してボロボロです。

 

 

 


金具の磨り減り具合からも十分に活用されたバッグですが、
今回は外周のテーピング革を厚みを増した代用革で作製交換しながら、
外面の補修補色加工を施します。

 

 

 


テーピング革を取り外して出来る限り汚れを取除いた状態です。

 

 

 


CHANELガンボラインも同様に。。。

 

 

 


汚れを取除くとココマークの擦れも鮮明になりました。

 

 

 


後面ポケット外周に染み込んだ汚れも取除きました。
このままでは塗料を吸い込むだけですので補色出来る状態に補修します。

 

 

 


本体も黒革パーツもクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


スレスレだった天部も改善しました。
ボールペン汚れも消えています。

 

 

 


エブリンの補修補色加工とテーピング革の作製交換も完了です。

 

 

 


後面も同様に。。。。

 

 

 


傷みが激しかった底マチも出来る限り改善させています。

 

 


どちらも持ち歩きにくいほど擦れや汚れが見られましたが、
引き続き活用いただける状態に復活しました。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
無事受け取りました、本当にありがとうございました。
スレスレだったのが、新品のように綺麗になっていて驚いています!
梱包も丁寧にしていただき、感謝しかありません。
今は嬉しくて飾っていますが、大切に使わせていただきますね。
どうもありがとうございました!

 

北海道 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
活用すれば擦れや汚れは避けようが無い損傷ですが、
出来る限りよい状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

マトラッセ変形


傷みが激しくボロボロ状態のシャネルのマトラッセです。
汚れや擦れだけでなく変形も激しく自立しない状態です。

 

 

 


全体がスレスレで表皮がなくなり毛羽立った状態です。
そこに汚れが染み込んでいますので素材も劣化しています。

 

 


後面も汚れが目立つだけでなく起毛革のような状態です。
波打ち変形も改善させながら自立させることができるかどうか・・・

 

 

 


表皮がなくなると湿気や汚れが染み込みやすくなります。

 

 

 


外面だけでなくカブセの裏側も同様に。。。

 

 

 


手で触れることが多いベロ革は手垢汚れが染み込んでいます。

表面がガサガサに起毛したままでは塗装不可能ですが、
塗装できたとしてもヤスリのように仕上がります。

 

 

 


チェーン中革も汚れや擦れや劣化が見られます。

 

 

 


底面も汚れやシミが目立ちますが表皮がありますので、
このバッグの中では一番状態が良い部分です。

 

 

 


解体。。。

 

 

 


内張りもガサガサで天部には擦り切れて白い芯材が露出した部分もあります。

 

 

 


内張りを解体して本体を強化します。

 

 

 


本体の補正強化加工と外面の補修補色加工の完了です。

 

 

 


起毛革状態だった後面も改善しました。

 

 

 


予定外ですがカブセ裏も改善させました。

 

 

 


内張りも少し改善させておきました。

 

 

 


しっかりと自立するようになりシャネルらしさが復活です。

あの状態まで活用されていたことが不思議に思えるほど、
残念すぎるシャネルでしたが変形の改善だけでなく、
本体の強度も上がっていますので大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

バリーとエルメス


エルメス フールトゥと三つ折りベアンとバリーのミニボストンです。

 

 

 


バリーのミニボストンはファスナー大きく裂けていて交換が必要です。

 

 

 


外面には色あせや擦れが見られます。

 

 

 


底角4カ所は表皮がなくなり革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 


持ち手付け根も擦れやすい部分。

 

 

 


持ち手のコバ面はひび割れていますので仕上げ直します。

 

 

 


三つ折りベアンは擦れや色あせが重傷でヨレヨレ感もあります。

 

 

 


ベロ革は縫製糸が擦り切れて無くなっています。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


折り曲げ部は口が空き、劣化や欠損が見られます。

 

 

 


内部材も擦れや汚れはありますがオレンジ色は保っています。
ファスナーポケット部の波打ち変形は小銭を入れると避けられない損傷です。

 

 

 


外面と比べると綺麗に見える内部材も擦れや汚れは見られます。

 

 

 


フールトゥは底角4カ所が擦り切れて穴が空いています。

 

 

 


今回は底角に革パーツを取り付ける加工方法を御依頼いただきました。

 

 

 


こちら側も同様に。。。

 

 

 


ベアンはリニューアルリペア加工ですのでバラバラに解体。

 

 

 


リニューアルリペアですので小銭入れの内側も綺麗にしますが・・・

 

 

 


まずは小銭入れの内張りを剥がして強化芯材を入れ込み、
波打ち変形を改善させます。

 

 

 


外面はベロ革の縫い付け部とH金具の取り付け部だけがオレンジ色で、
全体的に一皮むけたような状態。

もっと早い段階でメンテナンスする方が良い状態を保てます。

 

 


ベロ革やループ革を内部材と比較すると状態の違いがわかります。

 

 

 


バリーのボストンも持ち手や内張りを解体して汚れを取除きます。

 

 

 


汚れを取ると持ち手の擦れ具合も鮮明になりました。

 

 

 


ひび割れたコバ塗料は取除いて・・・

 

 

 


クリーニングと補修補色加工とコバ面の仕上げ直しの完了です。

 

 

 


底角の擦れや汚れも改善。

 

 

 


ファスナー交換して重傷だった天部の擦れも改善させました。

 

 

 


フールトゥは底角に革パーツを取り付けました。

 

 

 


活用すれば必ず擦れてしまう部分ですが補色加工が可能になり、
穴が空いても革パーツの交換で何度でも修復可能です。
強度も高くなっていますので、しっかりと自立するメリットもあります。

 

 


小銭入れの中も綺麗になり三つ折りベアンのリニューアルリペア完了です。

 

 

 


外面もエルメスオレンジの復活です。
ベロ革や折り曲げ部など各部に強化加工も施しヨレヨレ感も改善。

 

 

 


内部材も各部に強化加工を施し擦れや汚れも改善させました。
強化アップで少し固く感じますが使い込んでると徐々に馴染んできます。

 

 

 


3点とも、まだまだ活躍してくれる状態に復活しましたので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション 御中

お世話になっております。
〇〇です。
依頼品受け取りました。

3点とも捨てるしかないのかと思っていたのですが、
新品のようになって戻ってきて、毎回感激しております。

特に、あちこち破れていて色も手垢で汚れていた
ベコベコのベアンがふっくらオレンジになって、
持ち主の従姉妹が本当に喜んでいます。

この状態が少しでも長持ちするように、
丁寧に使いたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

千葉県 N 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
3点とも、まだまだ活躍してくれる状態に復活しましたので、
丁寧に取扱いながら大切に長くご愛用ください。