old chanel


45年以上前に購入されたCHANELのチェーンショルダーバッグです。

 

 

 


ココマークもメッキが剥がれています。

 

 

 


カブセ裏も色あせや擦れが見られます。
短いチェーンショルダーは斜めがけできるように延長します。

 

 

 


腐食も見られますので再メッキします。

 

 

 


年代を考えると丁寧に活用された印象ですが後面には、
深く大きな傷があります。

 

 


カブセ外周も擦れやすい部分です。

 

 

 


内張りは劣化していますので作成交換が必要です。

 

 

 


マチ部材は変型型崩れでヨレヨレです。

 

 

 


解体しましたが、この程度では改善させることはできませんので・・・

 

 

 


バラバラに解体。

 

 

 


カブセ裏や前面も色あせが改善。

 

 

 


内張りは本革で作成交換しました。

 

 

 


ヨレヨレに変型していたマチもスッキリ。

 

 

 


後面の傷も目立たなくなりました。

 

 

 


金具も再メッキ加工でピカピカ。

 

 

 


ショルダーも斜めがけできる長さになりましたので使いやすいです。

45年前に独身だったお母様が使用していたバッグとのことですが、
構造的には当時より丈夫に仕上げています。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

有限会社レザークリエーション 御中

この度は、お世話になりありがとうございました。
先日、無事にバックを受け取りました。
また、ブログも拝見させていただきました。
丁寧に作業していただきありがとうございました。
綺麗に仕上がったバックを私の娘と共に大切に使っていきたいと思います。
また、自宅に使い込んで使えないバックや小物が眠っており、
今後タイミングをみて修理をお願いしたいと思います。
ありがとうございました。

 

埼玉県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
年代物のバッグですが丁寧に取扱えば、
まだまだ活躍してくれる強度に復活しています。
大切に長くご愛用ください。

エルメス シャネル プラダ


エルメス(ヌメア)とシャネル(キャビアSD)とプラダのキーケースです。

 

 

 


プラダのキーケースはホルダー金具を交換します。

 

 

 


シャネルのキャビアスキンのチェーンショルダーバッグは、
外面の擦れや汚れを補修補色加工します。

 

 

 


擦れて表皮が剥がれた部分に汚れが染み込んで変色した部分が目立ちます。

 

 

 


全体に薄汚れています。

 

 

 


製造時のボンド汚れも経年劣化で変色。

 

 

 


塗装や革の表皮の何倍も深い傷は塗装で消えることはありませんが、
このままでは補色すらできませんので補修加工で改善させます。

 

 


エルメスのヌメアも擦れや色あせが各部に見られます。

 

 

 


色が剥がれた部分だけが目立ちますが全体に色あせています。

 

 

 


カブセ外周も擦れやすい部分です。

 

 

 


カブセのベルトは全体的に色が剥がれて白くなっています。

 

 

 


使い込まれた年代物ですので革素材が劣化して、
ひび割れています。

 

 

 


反対側も同様に。。。

クリーニングや補修補色加工で革がひび割れた劣化が改善しませんが、
切れて使えなくなる心配もない構造のショルダーです。

 

 

 


カブセは鋭角に折れ曲がって変型しています。

カブセを解体して強化しながら出来る限り補正してみます。

 

 

 


シャネルの附属パーツを取り外したところです。

 

 

 


ショルダーの中革は予定外でしたが補修補色加工します。

 

 

 


クリーニング加工を施すと薄汚れ程度ではありませんでした。

 

 


金具も洗浄しました。

 

 

 


エルメスのヌメアのカブセの中です。
最高品質の革で作成されていますが変型型崩れを抑える芯材はありません。

 

 


ホルダー金具の交換完了。

元の金具よりは耐久性の高い金具を使用していますが、
フックをローテーションして使用するのが長持ちの秘訣です。

 

 

 


キャビアスキンのクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


底角やパイピングの擦れや変色も改善。

 

 

 


こちら側も同様に。。。

 

 

 


エルメスのヌメアもクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


底角や擦れ部も目立たなくなりました。

 

 

 


全体に色あせて白くなっていたショルダーベルトも本体と同色に改善。

 

 

 


鋭角に折れ曲がって変型していたカブセ天部も補正加工しました。

素材自他に劣化が見られる状態ですので、
悪化を抑えるために出来る限り塗装を控えめに見た目を改善させています。

 

 


活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
丁寧に取扱うことで悪化を遅らせることは出来ます。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

リザードベアン修理


長年の活用で損傷が見られるリザード革のベアンです。

 

 

 


擦切れてホツレた縫製糸は色も抜けて白くなっています。

 

 

 


ボールペン汚れも見られます。

 

 

 


縫製糸の擦切れは各部に見られ角部も磨り減っています。

 

 

 


H金具も変色やメッキハガレが見られます。

 

 

 


手垢汚れが染み込んだベロ革も縫製糸が擦切れています。

 

 

 


お聴かせいただいていませんが他店様での加工歴が見られます。

元の擦切れた糸を取除かずに縫い直していますが、
元通りに縫い直していませんので針穴が増えています。

 

 

 


リザード革の表皮がポロポロと剥がれるような状態です。
他店様の加工が原因か革の劣化が原因か当社ではわかりません。

適正な加工を施すには正確な情報を伝えていただくことが重要ですので、
当社ではお問い合わせ時に加工歴をお聴きしています。

 

 


今回はリニューアルリペア加工を承りましたので、
小銭入れ部の中の擦れや汚れまで改善させます。

 

 

 


解体して各部に強化加工を施します。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


H金具の取り付け部や折り曲げ部や底角などに強化芯材を入れます。

 

 

 


ベロ革とループ革の取り付け部も強化します。

 

 

 


ベロ革やループ革やマチ部材も強化します。
この財布で強化芯材が使用されているのはベロ革だけでした。

 

 

 


各部を強化しながら全て縫い直してリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 


鋭角に折れていた折り曲げ部も丈夫になっています。

 

 


全て縫い直し各部を強化しています。
小銭入れの中も擦れや汚れがなくなり綺麗になっています。

 

 

 


表面のハガレが見られたリザード革も出来る限り改善させ、
H金具の変色も再メッキ加工で改善させています。

 

 

 


擦切れホツレや色抜けした糸を一目一目取除いて全て縫い直して、
各部に強化加工を施しましたので構造的には新品時より丈夫です。

ボールペン汚れや表皮の剥がれも出来る限り改善させ、
擦れたコバ面も仕上げ直しましたので見た目も改善しています。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
ブログを見ていてとても丁寧に修理をしていただいたのが
伝わってきて、感動しました。
また修理の際にはこちらを利用させていただきます。
ありがとうございました。

 

東京都 A 様
頂き物ということで真贋も心配されていましたが、
高品質な素材で丁寧に作製された良い財布です。
他店様での少し残念な加工歴も見られましたが、
リニューアルリペア加工で構造的には新品時より丈夫です。
大切に長くご愛用ください。

シャネル色あせ


外面全体に擦れや色あせが見られるシャネルのマトラッセです。

 

 

 


焦げ茶色に見えるほど色あせています。

 

 


後面は擦れて表皮がなくなり白くなっています。

 

 

 


カブセ外周や底角は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。

 

 

 


附属パーツを取除いてクリーニングと補修補色加工を施します。

 

 

 


汚れを取除くと表皮の擦れ具合が鮮明になります。

 

 

 


金具も洗浄しました。

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。
カブセの内側も少し改善させておきました。

 

 

 


擦れと色あせで疲れ果てた様子でしたが、
チェーンや金具も洗浄したことでスッキリです。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの擦れ汚れ


20年ほど活用されたシャネルをクリーニングと補修補色加工します。

 

 

 


財布は外周に表皮が剥がれた擦れが見られます。

 

 

 


こちら側の外周も同様に。。。

 

 

 


全体的に擦れや色あせもあります。

 

 

 


小さいマトラッセも外周は表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立って、
全体的に色あせが見られます。

 

 

 


体と擦れる後面は擦れが広範囲で重傷です。

 

 

 


白と黒のツートンカラーのバッグも底角やカブセ外周は、
表皮が剥がれて補色出来ない状態です。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


白い部分は全体に薄汚れが見られます。

 

 

 


カブセの内側は本体やチェーンに擦れるので汚れが染み込みます。
今回は外面の加工のご依頼ですが少し改善させる予定です。

 

 


チェーン中革も擦れや汚れが見られますので改善させます。

 

 

 


定番のマトラッセも外周の擦れや外面の色あせが見られます。

 

 

 


後ポケットの天部に深い傷があります。
塗装より深い傷は塗装で消えることはありませんが、
出来る限り改善させます。

 

 


天ファスナーのチェーンショルダーバッグは、
全体が一皮剥がれた様な状態で元の色すらわからないほどです。

 

 


テーピング革の擦切れヤブレや表皮のハガレで素材劣化も見られます。

 

 

 


後面は全体的に表皮がなくなり起毛革のような状態です。

 

 

 


附属パーツを取り外して汚れを取除きました。

擦れ部は補修加工で表面を整えなければ塗料を吸い込んでしまい、
着色することが出来ません。
このバッグは全面の補修加工が必要です。

 

 

 


元の色がわからないほどスレスレのバッグですが、
天部ファスナーサイドの革パーツを裏返すと本来の色がありました。
この部分を参考にしながら補修補色加工します。

 

 

 


マトラッセはチェーン中革の加工は予定外でしたが、
擦れや汚れを見つけましたので補修補色や金具洗浄も施します。

 

 

 


擦れや汚れや色あせが見られたシャネル キャビア財布の、
クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


擦れと色あせが重傷だった小さなマトラッセも補修補色加工の完了です。

 

 

 


ツートンバッグも擦れや汚れが改善。
チェーン金具の洗浄や中革の補修補色加工もありスッキリです。

 

 

 


マトラッセもクリーニングと補修補色加工を施し、
チェーンショルダーも改善させておきました。
内側のカブセも少し改善させてあります。

 

 


全体がスレスレだったチェーンショルダーバッグも加工完了。
汚れを取除いて外面を補修したあと補色していますので、
擦れ部も劣化部も均一に着色されています。

チェーンショルダーも洗浄しておきました。

 

 


表皮が剥がれたままでは革の劣化が早くなり汚れも浸透しやすくなります。

汚れを取除いて擦れ部を整える補修を施した後に補色加工したことで、
素材をガードして汚れや劣化を防ぐ効果があります。

コーティング加工も施しましたので、
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーション様

本日商品受け取りました。
想像以上の仕上がりに驚いております。
この度は、本当にありがとうございました。

東京都 T 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
現行品とは比べものにならないほど良い品ですので、
大切に長くご愛用ください。

ボッテガの擦れ


ボッテガベネタのバッグ2点とホワイトハウスコックス財布です。

 

 

 


底角には深い傷があり革の繊維が露出しています。

繊維の荒さから床革に表面加工した素材のようで、
耐久性は期待できない素材です。

 

 


編み込まれた持ち手も擦れが見られボンド汚れも目立ちます。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


メッシュのバッグはラムスキンの本革です。

 

 

 


柔らかくデリケートな革で擦れには弱いです。

 

 

 


ファスナーサイドの擦れは避けることが出来ない構造。

 

 

 


汚れが染み込んで素材劣化も見られる持ち手。
外面の汚れを取除き擦れ部を補修して補色します。

 

 

 


ホワイトハウスコックスの財布は当社で外面を張り替えたことがある品。

 

 

 


今回は内布のヤブレ部を作成交換します。

 

 

 


ポケットのヤブレは札入れ部のヤブレと同じです。
一枚の布地ですのでポケットが裂けると札入れ部にも損傷が出ます。

 

 


汚れを取除くと底面外周に素材劣化でひび割れが見られます。

 

 

 


メッシュのバッグも汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。
全体的に色あせもありますので擦れ部を整えてから補色します。

 

 

 


汚れが染み込んでいた持ち手も同様に。。。

 

 

 


解体して内張りを作成しますが今回は2重構造で、
ポケット部が裂けても札入れには問題が出ないようにします。

 

 


外面クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


持ち手の擦れやボンド汚れも改善。

 

 

 


メッシュのバッグも外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 


汚れや擦れが見られた持ち手も改善しています。

 

 

 


二重構造ですので強度アップもしています。

 

 

 


メッシュのバッグやホワイトハウスコックス財布は、
丁寧に活用すれば長く愛用することが出来る素材です。

白のボッテガは丁寧に活用しても傷みが出やすい素材ですので、
出来る限り中身を減らして軽くすることをお勧めします。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索