マトラッセ再生


35年前に購入されたCHANELです。

丁寧に使用されていた印象ですが外周パイピングよりも、
全体が凹んだ状態で変形が見られます。

 

 


底角などには擦れが見られます。

 

 

 


カブセ外周も同様に。。。

 

 

 


チェーン擦れが擦れが見られ全体に色あせています。

 

 

 


古い品ですので金具にはメッキの剥がれだけでなく、
ポツポツと錆や腐食が発生しています。

 

 

 


良い状態に見えますが芯材が劣化していて使用不可能な状態です。
パーツや縫い目の隙間から細かな粉が出てきます。

 

 

 


底面もボコボコに変形。

 

 

 


基本的に修復不可能な状態ですが最高品質時代のバッグですし、
とても丁寧に使用されていますのでリニューアルリペアで、
再び活用できるように改善させます。

 

 

 


ボール紙の芯材はヨレヨレでマトラッセの芯材は粉々です。

 

 

 


ボール紙の芯材を取除いてマトラッセを再生します。

 

 

 


小石のように固く硬化した芯材が粉を吹き出しながら
マラカスのような音がします。
全て取除くにはマトラッセを解体する必要があります。

 

 

 


劣化した芯材を全て取除きました。

 

 

 


前面も同様に。。。

今回は劣化して粉々にならない芯材を使用して組み立て直します。

 

 

 


各部の擦れや金具のメッキ加工も施してリニューアルリペアの完了です。

 

 

 


外周パイピングより凹んでいた変形も改善して活用できる状態に復活です。
2度と劣化した芯材の粉が出てくることもありません。

 

 

 


代用品に交換することも了解いただきましたが、
元の金具のままで復活させることが出来ました。

 

 

 


粉を吹き出しながらマラカスのような音が鳴っていたシャネルですが、
引き続き活用いただける状態に復活しました。

金具の再メッキ加工や擦れ部の補修補色で腐食や劣化の進行をとめて、
見た目も改善しています。

各部に強化加工も施しましたので丈夫になっていますが、
保管時はタオルなどを詰め込んで形状を整えて保管すると、
良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの型崩れ


傷みが激しくとても状態が悪いシャネルのチェーンショルダーバッグです。

 

 

 


全体に擦れ傷が見られ表皮が剥がれた外周は擦り切れ穴も見られます。
カブセだけでなく本体も変形していて全体的に反り返っています。

 

 

 


白くなった部分が目立ちますが全体にスレスレで毛羽立った状態です。

 

 

 


深い傷も多く見られ持ち歩くのは困難なほどボロボロです。

 

 

 


深い傷や表皮がなくなった部分は塗料を吸い込んでしまい着色が困難です。

塗装の厚みよりも深い傷が塗料で消えることはありませんが、
周囲と同じ黒色にできれば活用いただける状態に復活します。

 

 


外周は全体的にボロボロで革に穴が空いて白い芯材が露出した部分も
あります。

 

 

 


後面も全体に変形していて船底のような状態です。

 

 

 


全体に凹んでいます。

前面には反り返り変形があり擦れや傷や色あせも全体にあり、
手遅れ状態といえるほど重傷です。

 

 

 


カブセ裏も色あせや傷がありますが外面が重傷すぎて綺麗に見えます。

 

 

 


附属パーツを取り外し汚れを取除くことからスタートです。

 

 

 


綺麗に見えていたカブセ裏も汚れを取除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 


当然ながら外面はもっとスレスレでボロボロ。

 

 

 


カブセも同様に。。。

カブセ中央には大きな染みがあり革が少し硬化しています。

 

 

 

 


カブセの下になる前面が一番状態が良い部分。

 

 

 


内張りを取り外して変形を補正しながら全体的に強化します。

 

 

 


金具は再メッキ加工します。

 

 

 


チェーン中革も補修補色加工を施します。

 

 

 


金具の再メッキ加工の完了。

 

 

 


前面やカブセの反り返り変形を補正して補修補色加工しました。

 

 

 


色あせや擦れが目立っていた底角や外周も黒色に復活です。
リニューアルリペア加工で底面もスッキリして丈夫になっています。

 

 

 


鋭角に折れ曲がっていた天部も強化しながら補正しています。

 

 

 


船底状態に変形していた後面も丈夫にスッキリです。

 

 

 


持ち歩くのが困難で手遅れ状態まで傷んだマトラッセでしたが、
各部に見られた擦り切れ穴なども改善させながら、
擦れや色あせを出来る限り改善させています。

何より変形を改善させながら全体的に強化したことで、
丁寧に活用すれば長く活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

マトラッセ色あせ


シャネル マトラッセ チェーンショルダーバッグです。

 

 

 


正面の画像と同様に全体的には綺麗な状態に見えます。

 

 

 


底角には擦れが見られますが表皮も残っていますので軽傷です。

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。

 

 

 


カブセの角も擦れやすい部分です。

 

 

 


カブセの付け根付近も擦れやすい部分です。

この画像で気が付いた方もいると思いますが綺麗に見えていた外面は、
擦れにくいマチ部材と比較すると黒味がなく色あせています。

 

 

 


今回は外面の補修補色加工ですがカブセの裏側も汚れや色あせがあります。

 

 

 


内張り全体にも汚れが目立ちます。

 

 

 


マチ部材には変形型崩れが見られ補正加工の御依頼も承りました。

 

 

 


附属パーツを取り外し外面の補修補色加工を施します。

 

 

 


金具を取り外した部分を見ると全体の色あせがわかります。

 

 

 


ヒネリ金具を取り外した部分も同様に。。。

 

 

 


内張りを解体して内側から強化芯材を入れ込み変形を補正しました。

 

 

 


貧素な芯材が入れてありましたが丈夫な芯材に入れ替えました。
変形型崩れの改善だけで無く強度も増しています。

 

 

 


外面全体の補修補色加工で金具を取り外した部分と同じ黒味に復活。

 

 

 


底角やカブセ外周の擦れも改善しています。

 

 

 


カブセ裏や内張りも予定外ですが少し改善させてあります。

出来る限り良い状態を保ちながら愛用するためには、
今回程度の症状でメンテナンスするのが効果的です。

化粧品の汚れが内側全体に見られましたが使い方は丁寧だと思います。
引き続き丁寧に活用しながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネル色あせ


シャネルのチェーンショルダーバッグです。

 

 

 


外周には表皮が剥がれて繊維が露出して白くなった部分が目立ちます。

剥がれて無くなった表皮が元に戻ることはありませんが、
放置したままでは劣化が急激に早くなり見た目も残念です。

 

 

 


底角も表皮が剥がれて革の繊維が毛羽立っています。
この状態で補色しても塗料を吸い込むだけで改善しません。

 

 

 


表皮が剥がれて白くなった部分が目立ちますが、
よく見ると全体的にスレスレ状態であることがわかります。

もっと早い段階感でメンテナンスする方が良い状態を保てましたが、
ここまで悪化させてから悔やんでもしかたありません。

 

 

 


外面全体がスレスレですのでココマーク金具もメッキが剥がれています。
金具の凹んだ部分は擦れにくいのでゴールドが残っています。

 

 

 


チェーンが擦れるカブセの折り曲げ部は一番傷みやすい部分です。
これは構造的に避けることが出来ない損傷です。

 

 

 


カブセ開閉の度に指先が擦れる部分も傷みやすい部分です。
この辺りは丁寧な取り扱いで対応するしか良い状態を保つ方法はありません。

 

 

 


チェーンとココマークは再メッキ加工を施しチェーン中革は交換します。

 

 

 


外面の補修補色加工の御依頼ですがカブセの裏側もスレスレです。

 

 

 


傷みやすいカブセの折り曲げ部は解体して強化加工を施します。

 

 

 


反対側も同様に。。。
表皮が剥がれた部分は革が劣化してガサガサになり朽ちた状態です。

 

 

 


金具の再メッキ加工と外面の補修補色加工の完了です。

 

 

 


折り曲げ部は復元強化加工で復活しました。

 

 

 


外面全体の擦れやメッキ剥がれなどで残念すぎる状態でしたが、
活用いただける状態に復活しました。
チェーン中革も作製交換してカブセの裏側も改善させています。
出来る限り丁寧に取扱いながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

マトラッセの修理


古いシャネルのマトラッセ チェーンショルダーバッグです。

 

 

 


ロック金具が付いた前面はヨレヨレで変形が見られます。
また、内側カブセと外面の質感に大きく違和感を感じます。

しかし、見た目の問題よりも引き続き活用していただくための、
強度や耐久性が心配な状態です。

 

 

 


このタイプのマトラッセは凹凸が少なく良い状態を保ちやすいです。

 

 

 

 


古い品ですのでポケットはマトラッセに凹みが見られます。

 

 

 


今回はリニューアルリペア加工の御依頼ですの大きく解体。

 

 

 

 


前面だけでなく後側のポケットもヨレヨレです。

 

 

 


ポケット天部の芯材も交換します。

 

 

 


凹凸がある古いマトラッセを解体すると内側に劣化した芯材が、
大量に溜まっているケースが多くブログでもよく紹介しますが、
このバッグの内側は驚くほど綺麗です。

引き続き安心して活用いただけるように全体的に強化します。

 

 

 


外面の汚れを取除きました。

 

 

 


加工する前から違和感を感じていましたが塗装されたバッグでした。

 

 

 


汚れと同時に他店様の塗料を取除くと各部の擦れ具合が鮮明になります。

 

 

 


ポケットも本来の状態がこれです。

この状態を見れば年代物の傷んだバッグであることがわかります。

 

 

 

 


ポケットも解体して強化します。

 

 

 


ポケットを強化して擦れ部を補修したところです。

このように擦れ部を整えたあと補色して仕上げます。
当社では汚れや他店様の塗料の上から塗装することはしません。

 

 

 


前面のボコボコも強化加工で修正。
擦れ傷を整えましたので、このあと補色して仕上げます。

 

 

 


金具はピカピカに再メッキ。

 

 

 


カブセを含め全体に芯材を入れ込み全体の耐久性や強度を上げています。

 

 

 


補修補色加工を施しリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


鋭角に折れていたカブセ天部も強化加工で自然な曲がりに復活。

アイレット金具は代用品になることも覚悟いただいていましたが、
代用金具になると偽物感が強くなるシャネルならではの金具です。

解体してみると驚くほど良好な芯状態状態でしたので、
アイレット金具は維持できました。

シャネル刻印などない平凡なアイレット金具に見えますが、
本物と偽物の違いがでる重要なパーツです。

 

 

 

 


色あせや擦れが見られ強度も低下していたポケットも復活しています。

 

 

 


残念すぎる状態のシャネルのチェーンショルダーバッグでしたが、
構造や強度は新品時より丈夫になっています。

年代物ですので出来る限り良い状態を保ちながら、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション ご担当者様

お世話になっております。
本日鞄を受け取りました。
お休みの中、ご発送頂いたとのこと、大変申し訳ございません。
ご対応下さり誠にありがとうございました。
今夏、仕事が多忙となり、
お受け取りが難しい日々が続いておりました為、
発送までお待たせして大変申し訳ございませんでした。

実物を拝見し、同じものとは思えない位の仕上がりに驚きました!
塗装歴があったとのこと、確かにお送りする前のテカテカとした感じではなく、
しっとりと深みのある黒で、確かにCHANELの雰囲気はこうだ、
と納得いたしました。
とても素敵なバッグに復活(構造の強化からすると復活以上)してくださり、
ありがとうございました。

ブログも拝見し、とても細やかかつ丁寧な作業に貴社に
お願いして本当に良かったとおもいました。
叔母のバッグをしっかり引き継いで、活躍させたいと思います。
また、同梱のお心遣いもありがとうございます!
こちらも早速活用させていただきます。

また機会がございましたらどうぞよろしくお願い致します。
この度は誠にありがとうございました。

 

東京都 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
変形や型崩れだけでなく汚れや他店様の塗料を取除くと、
残念すぎる状態に愕然としましたが、
古い品だけに品質の良いバッグであることは間違いはありません。
出来る限りの加工を施しましたので、
出来る限り丁寧に取扱いながら、
大切に長くご愛用ください。

OLD CHANEL


年代物のシャネル チェーンショルダーバッグです。

 

 

 


カビ?

 

 

 


内張りにも白いシミ。

素材の痛み具合から内側に液体をこぼしたものが外面に染み出ていると
想像しますが詳細はわかりません。

 

 

 


製造から40年が経過したバッグですので全体的にスレスレ。

 

 

 


表皮が擦れて無くなった白い部分が目立ちますが・・・

 

 

 


よく見ると全体的に擦れがあり悲惨な状態です。

 

 

 


後面も表皮がなくなった白い部分だけで無く全体がガサガサ。
手遅れ状態ですので直営店にも断られ御依頼いただきました。

 

 

 


折り曲げ部は革が擦り切れて芯材が露出しています。
カブセ天部も鋭角に折れ曲がり補正加工が必要です。

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。

 

 

 


内側のカブセが擦れてしまうのはチェーン金具が擦れる構造が原因。
外面と比較すると黒に見える内カブセも十分に色あせています。

 

 

 


マチも擦れや色あせがあり変形型崩れも見られます。

 

 

 


内張りや金具を取り外しリニューアルリペア加工を施します。

 

 

 


手遅れ状態まで酷使されたバッグですが最高品質時代に作製された品です。
数種類の芯材を使用しながら丁寧に作製されています。

 

 

 


取り外した金具は再メッキ加工しました。

 

 

 


リニューアルリペア加工の完了です。

「Made In France」の刻印やchanelのロゴマークを残すために、
内張りは液体で劣化した部分だけを作製交換しました。

 

 


マチの変形を補正しながら擦れ部も出来る限り改善させています。

 

 

 


同様に。。。

 

 

 


折り曲げ部の擦り切れヤブレや鋭角に折れていたカブセ天部も改善。

 

 

 


白いシミの原因は当社ではわかりませんが改善させています。

 

 

 


持ち歩けないほど残念すぎる状態でしたが、
全体的に強化加工を施しながら組み立て直し、見た目も整えています。

一度は手遅れ状態まで活用されたバッグですが、
二度と買換えることが出来ない品質のシャネルですので、
労りながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索