シャネル底面交換


シャネルの大きな布製のトートバッグです。

 

 

 

 


底面とパイピングは合成皮革でベタベタに劣化しています。

 

 

 

 


合成皮革のベタツキ劣化で触れるだけで色が付いてしまいます。

 

 

 

 


本体の布地にも色移りしています。

ベタツキ劣化したままで放置された期間が長かったので、
底の劣化の状態を考えると最低限の悪化で済んでいると思います。

 

 

 

 


ベタツキ劣化がある底面とパイピング革を作製交換します。

 

 

 

 


二度とベタツキ劣化しないように本革で作製交換しました。

 

 

 

 


シュリンク加工された革は丈夫です。

合成皮革素材が本革になったことでベタツキ劣化の心配がなくなりました。
活用不可能な状態でした再び活用いただけます。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション 様

お世話になっております。
昨日、荷物を受け取りました。

とても気に入っていたバッグでしたが、
底面が劣化して、色落ちするようになってからは、
置いたところに色が移ってしまうため、
使いたくても使えず、処分するしかないと思っていました。

元通り(本革なので元通り以上ですね)にしていただき、
綺麗になって戻ってきたバッグをみて感激しています。
本当にとても嬉しいです!
また使えるようにしていただきありがとうございました!

 

千葉県 S 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大きなバッグですので底角の擦れに気をつけて、
活用されることをお勧めします。
大切に長くご愛用ください。

シャネル擦切れ


シャネル キャビアスキンのハンドバッグです。

 

 

 

 


カブセに白い汚れが見られますが全体的には綺麗に見えるバッグです。

 

 

 

 


負担が掛かる持ち手付け根は強化加工が必要。

 

 

 

 


カブセ外周に擦れが見られ白い芯材が露出する穴が空いています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


カブセの角部も大きく擦切れて破れています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。

 

 

 

 


底角も擦れて表皮がなくなり革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


大きなカブセで大容量のハンドバッグです。

 

 

 

 


マチとカブセをカガリ留めしている糸も負担が大きく切れやすい部分です。
縫い直しが必要ですが・・・・

 

 

 

 


カガリ留めしたステッチは後面にはありませんので解体が必要です。

 

 

 

 


後面の大きなポケットの天部も擦切れて白い芯材が出ています。

 

 

 

 


全体的に擦切れています。

このバッグを作製した職人は折り返し部の革の厚みが極端に薄いようで、
擦れやすい部分が破れて穴が空きやすいように思います。

 

 

 


持ち手を取り外すだけでなく付け根金具も解体しました。

 

 

 

 


ヤブレもあり限界を迎えた持ち手付け根は強化加工を施します。

 

 

 

 


カブセを解体して金具を取り外した部分です。
鉄の芯材を接着して入れてありましたが角が尖っていて危ないです。

 

 

 


後ポケットの天部の糸を取除くと裂け具合がわかります。

 

 

 

 


鉄芯の角を丸く加工して接着だけでなくプレートで固定しました。
この辺りは大量生産では難しいのかもしれません。

 

 

 

 


カガリ留めも縫い直して加工完了。

 

 

 

 


持ち手付け根は丈夫に強化されています。

 

 

 

 


底角4カ所の擦れも改善。

 

 

 

 


後ポケット天部の擦り切れヤブレも丈夫に改善。

 

 

 

 


カブセ周囲の擦切れ破れも改善して問題なく活用いただけます。

丈夫さよりもスッキリと仕上げる事を優先した職人さんの作品のようで、
外周の革が薄く擦れに弱い印象です。
その辺りを気遣いながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

キャビア財布の修理


シャネル キャビアスキン長財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部は擦切れて穴が空いた状態です。

 

 

 

 


反対側の折り曲げ部も同様に。。。。
両側の折り曲げ部は強化芯材を入れて擦切れ穴を塞ぎます。

 

 

 

 


角部も穴が空いて白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


こちらの角も同様に。。。。
可動しない角部は補修補色加工で見た目を改善させます。

 

 

 

 


外面のキャビアスキンにも擦れや色あせが見られますが、
デリケートな素材の内部材は外面よりも重傷です。

 

 

 

 


長年の使用された札入れ部の内布には亀裂が見られます。

 

 

 

 


金属の小銭で擦れる小銭入れも大きく穴が空いてボロボロ。

 

 

 

 


小銭入れと札入れ部の内張り交換でも大きく解体する必要があります。

 

 

 

 


両側の折り曲げ部は強化芯材を入れ込んで縫製します。

 

 

 

 


札入れ部は布地ですが小銭入れ部は本革で内張りを作製しました。

 

 

 

 


今回は内布や折り曲げ部などの擦切れ穴が空いた部分のみの加工でしたが、
買換えることが出来ない高品質時代の財布ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの色あせ


シャネルのチェーンショルダーバッグです。

 

 

 

 


全体に色あせが見られるマトラッセは濃茶色に見える状態で、
表皮が擦れて削れた部分は白くなっています。

 

 

 

 


カブセ外周も擦れやすい部分でステッチの黒糸と比較すると、
色あせによる変色がよくわかります。

 

 

 


全体的に擦れが見られ革の繊維が毛羽立った状態です。
最高品質の革が使用されていた頃のバッグが黒革には見えません。

マトラッセは外面全体の補修補色加工が必要です。

 

 

 


キャビアスキンのバッグも底角やカブセ外周に擦れが見られます。

 

 

 

 


表皮がなくなった部分が目立ちます。

 

 

 

 


マチ天部なども擦れやすい部分です。

 

 

 

 


カブセの開閉で指先が擦れる部分も色ハゲしやすい部分です。

キャビアスキンのバッグは表皮が剥がれて目立つ部分を補色して、
持ち歩きやすい状態に復活させます。

 

 

 

 


カブセ天部が鋭角に折れ曲がって変形しています。

構造的に避けられない損傷ですがタオルなどで詰め物をして、
形状を整えて保管すれば変形を抑えやすいです。

 

 

 


チェーン中革やロック金具を取り外して汚れを取除くことからスタート。

 

 

 

 


ココマーク金具を取り外した部分と比較すると色あせが鮮明。

 

 

 

 


キャビアスキンは表皮が剥がれた剥がれた部分の補色だけで大丈夫。

 

 

 

 


カブセを解体すると多くの芯材を使用しながら、
丁寧に作成されていることがわかります。

カブセが鋭角に折れ曲がっていると傷みやすいので、
天部に強化芯材を入れ込みます。

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


スレスレだった底角も改善。

 

 

 

 


チェーン中革も黒に復活。

 

 

 

 


各部に表皮が剥がれた擦れが目立っていたキャビアも改善。

 

 

 

 


カブセ天部も強化しながら補正してスッキリ。

 

 

 

 


色あせや擦れで持ち歩きにくい状態でしたが改善しています。

使用すれば擦れや色あせは避けられない物ですので、
出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

水濡れシャネル


エルメス(ピコタン)とシャネル長財布とLV(タイガ手帳カバー)です。

 

 

 

 


キャビアスキンのシャネル長財布は外周が擦れて色あせています。

 

 

 

 


後面ポケットの天部も擦れやすい部分。
後面の外周ステッチが見えないほどの変形も見られます。

 

 

 

 


シャネルの中ではキャビアスキンは丈夫な素材ですが・・・
表皮が剥がれた擦れよりもマチ側に大きく折れ曲がった変形が重傷です。

 

 

 

 


内部材は各部が変形しています。

 

 

 

 

 


変形したまま硬化していますので活用できません。

 

 

 

 


札入れポケット天部のラインと外周は平行とは言えない歪み。

画像で見るより現物は重傷で変形だけでなく硬化して固まっていますので、
再び活用いただける状態に戻せるのか・・・

 

 

 

 


全てのパーツが歪んで硬化しています。

加工してみなければ改善するかどうかもわかりませんが、
バラバラに解体して活用できる状態に復活させます。

 

 

 

 


使い込まれたルイヴィトン(タイガ手帳カバー)は最高品質時代の品です。

 

 

 

 


内側は綺麗です。

 

 

 

 


ポケットが裂けて縫い外れていますので強化しながら縫い込みます。

 

 

 

 


折り曲げ部は革が擦切れて穴が空いています。

 

 

 

 


反対側も同様に。。。。

 

 

 

 


エルメスのバッグ(ピコタン)は底角4カ所の擦れを改善させます。

 

 

 

 


こちらの角は擦れよりも深い引っかき傷が気になります。
基本的に塗膜よりも深い傷は塗装加工では消えません。

 

 

 

 


タイガ手帳カバーの折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


解体するとポケットの裂けていた部分が出てきました。
予定外ですが強化して縫い込みます。

 

 

 

 


合成皮革の内張り劣化もあるので結局はバラバラ。

 

 

 

 


折り曲げ部とは関係ない部分ですが擦切れ穴を発見。
放置できませんので穴を塞いで改善させます。

 

 

 

 


水濡れ硬化変形したシャネル財布もバラバラ。
パーツ点数も多いが構造も複雑で解体するだけで一苦労。

 

 

 

 


カードポケットを取除いた部分の接着剤も水濡れでふやけています。

 

 

 

 


外周の折り返した革も剥がして折り曲げ部には強化加工を施します。

 

 

 

 


ピコタン底角の擦れ部に染み込んだ汚れを取除いたところです。

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分は補色しても塗料をす込んでしまい発色しません。
擦れ部を整える補修加工を施したあと補色します。

 

 

 

 


劣化した合成皮革の内張りは本革で作製交換しながら、
折り曲げ部の擦切れ穴などを復元強化加工で改善させ、
ルイヴィトン タイガ手帳カバーの加工完了です。

 

 

 


各ポケットの縫い合わせ部も強化しながら元通りに縫製しています。

 

 

 

 


シャネル財布も変形した内張りや芯材などを交換しながら各部を強化して、
リニューアルリペアの完了です。

 

 

 

 


大きく寸法が違ってしまった内布や芯材の影響で波打ち変形していました。

 

 

 

 


変形や硬化が改善しただけでなく各部の強化加工で安心して使えます。

 

 

 

 


札入れポケットの天部も直線になりました。

 

 

 

 


ピコタンの底角の擦れも改善。
深い引っかき傷も目立たなくなっています。

 

 

 

 


シャネル財布は外周の擦れも改善させました。

活用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
水濡れだけは要注意です。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

シャネルの色あせ


シャネルのショルダーバッグとエルメス長財布(ベアン)です。

 

 

 

 


年代物の使い込まれたオーストリッチ革のエルメス長財布です。

 

 

 

 


古い品ですので擦れや汚れだけでなく素材劣化も見られます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 


最高品質のオーストリッチで作製された財布です。

リニューアルリペアもご提案しましたが、
今回は外周コバ面の仕上げ直しと折り曲げ部の強化加工を施します。

 

 

 

 


クイールマーク(羽を抜いた穴)が欠損した部分もあります。

 

 

 

 


傷みやすいベロ革ですがコバ面の仕上げ直しで様子を見ます。

 

 

 

 


傷みやすい両側の折り曲げ部は強化加工。

 

 

 

 


シャネルの天部付近は白く色あせ、全体に色移りや汚れが見られます。

 

 

 

 


天部は擦れやすい部分で汚れも染み込んでいます。

 

 

 

 


底角も同様に。。。

ココマークがあるマチ部材と比較すると色あせがわかります。

 

 

 


反対側も同様に。。。

 

 

 

 


チェーン中革も擦れた部分に汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


金具で擦れる部分の黒い汚れは避けられない損傷です。

 

 

 

 


ボールペン汚れはインクですので革に浸透しています。

 

 

 

 


折り曲げ部を解体して強化芯材を入れ込みます。

 

 

 

 


コバ面を仕上げ直して加工完了です。

 

 

 

 


シャネルも外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


中革も抜き取って汚れを取除き補修補色加工を施しました。

 

 

 


表皮が擦れて毛羽立っていた天部も補修加工で整えたあと補色しています。

 

 

 

 


パイピングの擦れや汚れも同様に。。。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな素材のシャネルは擦れに弱く、
汚れも染み込みやすい素材です。

出来る限り良い状態を保ちながら大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索