クロエとバレンシアガ


クロエのバッグとバレンシアガの財布です。

 

 

 

 


ブランドのロゴマークは小さく控えめなクロエ(chloe)。

 

 

 

 


黒と茶のコンビカラーのバッグですが擦れが見られる茶色の革部のみ、
補修補色加工します。

 

 

 

 


この辺りは擦れた部分に汚れが染み込んで黒く薄汚れています。

 

 

 

 


底角も同様に。。。。

 

 

 

 

 


キズもあります。

 

 

 

 


天部口周りも擦れやすい部分です。
表皮が剥がれて革の繊維が露出していますので補修したあと補色します。

 

 

 

 


黒革パーツですが持ち手コバ面は塗料が剥がれて部材がフヤケタような状態。

 

 

 

 


色あせや汚れが見られるバレンシアガ財布です。

 

 

 

 


外周や出っ張ったパーツは擦れやすく、擦れてしまうと汚れが染み込みます。

 

 

 

 


カブセの下に隠れている部分と比較すると色あせ具合が鮮明です。
汚れも重症で残念すぎる外面です。

 

 

 

 


カブセの開閉で指で擦れる部分は表皮が剥がれて汚れが染み込みます。

 

 

 

 


同様に。。。

 

 

 

 

 


使いづらいほどの汚れです。

色あせする素材ですので綺麗な状態を保つのが難しい財布です。
表皮の塗料が剥がれて色あせしてしまうと汚れが素材に染み込んでしまいます。

 

 

 


外面と比べるとカブセ裏は色あせしていないように見えますが・・・・

 

 

 

 


内側ポケットと比較するとカブセ裏も白っぽく色あせしています。

色落ちしてしまう素材ですので汚れも避けることができずに、
綺麗な状態のまま使用するのは難しい財布です。

 

 

 

 


引手革やスライダー金具が擦れる部分も色落ちしやすく傷みやすい部分です。

 

 

 

 


マグネット付近も指先ですれるので塗料が剥がれています。

 

 

 

 


出来る限り汚れを取り除いて色落ちが少ない部分の色に合わせて補色します。

 

 

 

 


黒くなっていた外周など全体の汚れを出来る限り取り除いたところです。

 

 

 

 

 


クリーニングと補修補色加工の完了です。

元の素材のままですので色あせしてしまう素材に変わりはないですが、
少しでも改善させるためにコーティング加工も施しました。

 

 

 

 

 


汚れが染み込んでしまうことを抑える効果もあり扱いやすくなっています。

 

 

 

 


クロエのバッグの傷や擦れが改善。

 

 

 

 


汚れが染み込んだ部分も改善しています。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手のコバ面も補修加工で整えたあと仕上げ直しました。

 

 

 

 


バッグの中でも他の物と擦れてしまう財布は工夫しながら持ち歩くことで、
良い状態を保ちやすくなります。
クロエのバッグも擦れや傷がなくなり気持ちよく使用いただけます。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

プラダとグッチ


グッチとプラダのバッグです。

 

 

 

 

 


グッチのパーティーバッグはカブセに大きな擦れが目立ちます。

 

 

 

 


正面のロゴマーク付近が擦れで白くなり残念な状態。
目立ちすぎますので改善させます。

 

 

 

 


構造的には丈夫なバッグですが擦れに弱く色あせしやすい素材です。

 

 

 

 


スレスレ。

 

 

 

 


持ち歩きにくいほど表皮が剥がれて革の繊維が露出しています。

 

 

 

 


マチもスレスレ。

 

 

 

 

 


反対側のマチも同様に。。。。

 

 

 

 


持ち手もハゲハゲ。

 

 

 

 


天部も擦れが見られます。

 

 

 

 

 


グッチも擦れ傷が残念。

 

 

 

 


表皮だけを着色した革ですので擦れてしまうと傷が目立ちます。

 

 

 

 


底面も同様に。。。。

 

 

 

 


引っかき傷が多数見られます。

 

 

 

 


持ち手もハゲハゲ。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


ファスナー周りの革はコバ塗料が擦れて革部材が剥がれています。

 

 

 

 


グッチのパーティーバッグの擦れを補修補色加工で改善させました。
大きな擦れで白く目立っていましたが使用いただける状態に復活です。

 

 

 

 


引っかき傷が多数見られたグッチも補修補色加工で、
出来る限り改善させましたので活用いただけそうです。

 

 

 

 

 


引手革やファスナー周りの革も同様に。。。。

 

 

 

 


スレスレだった持ち手も同様に。。。

 

 

 

 


グラデーション仕上げされたプラダのバッグも復活です。

 

 

 

 


天部の擦れも同様に。。。。

 

 

 

 


重症だったマチ部分も改善しました。

 

 

 

 


持ち手も復活。

 

 

 

 


擦れが目立った後面も出来る限り改善させています。

 

 

 

 

 


擦れてしまうと表皮の剥がれが目立つグッチの2点と、
色あせしやすく擦れに弱い素材が使用されたプラダのバッグですので、
補修補色加工を施したあとコーティング加工を施しています。

活用すればキズや擦れを避けるのは難しいのですが、
良い状態を保ち続けるには丁寧に取り扱うしか方法はありません。

出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

エルメス財布の傷


HERMESのKelly porte Valeurs(通称ケリーウォレット)です。

 

 

 

 


外面には傷が多数見られ残念な状態です。

 

 

 

 


全体に色あせや薄汚れも・・・・

 

 

 

 


革の表面だけを着色した素材ですので塗料が剥がれると白く目立ちます。

 

 

 

 


塗料が剥がれた部分に汚れが染み込んで黒くなった部分もあります。

 

 

 

 


ボールペン汚れも。。。。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


底面は手垢汚れで変色しています。

 

 

 

 


天下のエルメスですから、しっかりと染め込んだ革素材を使用してほしいものです。

 

 

 

 


コバ面の仕上げ直しも必要。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 

 


内側を見ると外面全体が色あせていることがわかります。
内側の色を参考に外面の傷や汚れや色あせを改善させます。

 

 

 

 


黒くなっていた汚れを取り除くと擦れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


底面の手垢汚れも取り除きました。

 

 

 

 

 


表皮が剥がれた部分を補修して整えたあと外面を補色加工します。

 

 

 

 

 

 


内部材の色に合わせて外面の補修補色加工とコバ仕上げの完了です。

 

 

 

 


全体に傷や汚れが目立った残念な状態でしたが改善しています。

表皮だけを着色した素材ですので爪などで引っかいてしまうと、
傷が目立ってしまいます。

便利に使用できる財布だけに詰め込み過ぎには注意しながら、
出来る限り良い状態を保ち大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

バレクストラ財布


バレクストラとボッテガベネタの財布です。

 

 

 

 


バレクストラ財布はコバ面の塗料を革の表面に、はみ出した特殊な仕上げです。
コバ塗料を表皮に塗っていることもあり剥がれてくることは避けられません。

 

 

 

 


この辺りもハゲハゲ。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


コバの塗料なのでコバ面(厚み部分)は剥がれていません。

 

 

 

 


柔らかくデリケートな素材のボッテガは外面全体がスレスレ。

 

 

 

 


カブセに隠れていた部分と比較すると色あせや汚れが鮮明です。

 

 

 

 


表面が擦れた部分は汚れが染み込みやすくなります。

 

 

 

 


底角など擦れやすいコバ面は塗料が剥がれ芯材が露出しています。
各部にコバ塗料の割れなどもありますが今回は加工を見送られました。

 

 

 

 


カブセ付け根の折り曲げ部は擦れも重症で亀裂もありますので、
強化しておくのが最善ですが、これも見送ります。

 

 

 

 


反対側のカブセ付け根も亀裂が見られますが放置します。

今回は外面のクリーニングと補修補色加工を施しますが、
本来は折り曲げ部やコバ面など傷んだ構造面を立て直すのが安心。

 

 

 

 


汚れが染み込んで黒くなった部分の汚れを取り除くと白くなり、
表皮の擦れ具合が鮮明になります。

擦れた部分は革の繊維が毛羽立っていますので、
表皮を整える補修加工を施したあと補色します。

 

 

 

 

 

 


外面の補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


カブセを開いても同色に。。。。

 

 

 

 


バレクストラ財布の外周の仕上げ直しも完了です。

 

 

 

 


必ず剥がれてきますので表皮の塗料を取り除いてしまうことも提案しましたが、
バラクストららしく元のデザインのままで仕上げ直しています。
色剥がれは避けられませんが、このブランドの財布なら理解できる選択です。

 

 

 

 


今回は強度や耐久性は改善させることなく使い込んだままの状態のまま、
見た目を改善させる方向の加工でした。

いずれの財布も耐久性に心配がありますが工夫しながら丁寧に活用することで、
現状を保てると思います。

大切にご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

レザークリエーションの皆さま

こんにちは、〇〇です。
本日、修理依頼品3点を受け取りました。
ありがとうございます。

特にヴィトンのバッグに関しては、まるで新品のようです!
正直、修理費用は決してお安くはありませんが、
直営店に依頼するより遥かに高品質で丈夫な状態で戻ってきたことに、感動致しました。
御社にお願いして本当に良かったですし、もっと早く知っていれば、とすら思います。

長く愛用できるよう、大切に使わせていただきますね。
また今後もメンテナンス等でお世話になる際は、どうぞ宜しくお願い致します。

取り急ぎお礼まで。

沖縄県 H 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
大切に長くご愛用ください。

シャネルの汚れ


キャビアスキンのシャネルの長財布とミニポーチです。

 

 

 

 


擦れや汚れが各部に見られます。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


丁寧に使用していても避けられない損傷です。

 

 

 

 


全体的に汚れていることがわかります。

 

 

 

 


内張りの合成皮革は劣化した表面を剥がして使用されています。

 

 

 

 


長財布も全体に色あせや汚れが見られます。

 

 

 

 


手で触るベロ革は擦れや汚れを避けることはできません。

 

 

 

 


外周は全体的にスレスレ。

 

 

 

 


印刷物のインクが色移りした部分も・・・・

 

 

 

 

 


内部材は外面ほど擦れないのですがデリケートな素材ですので・・・・

 

 

 

 


各部に擦れや色あせがありスタンプのインクも色移りしています。

 

 

 

 


全体に大きなシミ汚れが見られ残念な状態です。

 

 

 

 


がま口の開閉で指先が擦れる部分は表皮が剥がれて、
ベロ革の裏側も全体に汚れが染み込んでいます。

全体の汚れを出来る限り取り除いて擦れ部を補修加工で整えたあと補色します。

 

 

 

 


全体に色あせや薄汚れが見られましたがクリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


内張りは本革で作成交換。

 

 

 

 


長財布も色あせや汚れが改善しています。

 

 

 

 


内側も同様に。。。。

 

 

 

 


指先で付いた引っかき傷も改善。

 

 

 

 


大きなシミ汚れやスタンプの色移りもわからなくなりました。

 

 

 

 


汚れや色あせが改善するとピンクのシャネルの可愛らしさが復活です。

小物の擦れや汚れはバッグの中でも注意が必要ですので、
工夫しながら出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

無事に届きました。
開けた瞬間にびっくりです!!

買ったばかりのようになっていて感動しました。
お気に入りだったのでお願いして本当によかったです。

ありがとうございました。

岡山県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
よごれや擦れは避けられない損傷ですが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

エピ手帳カバー


ルイヴィトン エピの手帳カバー(agenda)です。

 

 

 

 


外周のコバ面は塗料が擦れて部材が剥がれています。

 

 

 

 


内側を見ると手帳で隠れる部分は綺麗ですが周囲は色剥がれが目立ちます。

 

 

 

 


表皮が剥がれて革の繊維が露出した部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


ベロ革の周囲も同様に。。。。

 

 

 

 


外周コバ面を補修加工で整えたあと仕上げ直しました。
厚み部分で面積は小さいですがコバ面を良好に保つことで長持ちします。

 

 

 

 

 


外周全体に見られた擦れ傷も補修補色加工で改善。

 

 

 

 


同様に。。。。

 

 

 

 


外面も少し綺麗にしておきましたので気持ちよく活用いただけそうです。

バッグの中でも擦れますので使用すれば擦れや汚れは避けられませんが、
出来る限り良い状態を保ちながら大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索