芯材交換


ジミーチュウのバッグとシャネルの財布とバッグです。

 

 

 

 


シャネルのバッグは他店様で塗装済みですが塗料のひび割れや剥がれが発生。
使用している塗料の色も違うように見えます。

 

 

 

 


色落ちしやすい素材のようで各部に擦れや色褪せが見られます。

 

 

 

 


底角など擦れた部分には他店様で塗装する前からの汚れが染み込んでいます。

 

 

 

 


他店様の塗料や汚れを出来る限り取り除いたところです。

擦れや汚れの上から塗料を塗る修理店が多いですが、
すでに塗料のひび割れが発生していますように汚れの上から塗装すると、
ひび割れや剥がれが発生しやすくなります。

 

 

 


他店様の塗料も含めて汚れを出来る限り取り除いています。

 

 

 

 


マチ部材も同様に。。。。

 

 

 

 

 


画像の中央部に残っている他店様の塗料は取り除けない状態です。
深い傷があったと推測していますが瞬間接着剤で補修されたようです。

 

 

 

 


底面にも数か所に瞬間接着剤を使用した部分があり革が硬化しています。

 

 

 

 


内側の革パーツと比較すると変色具合が鮮明です。

他店様での塗装歴や瞬間接着剤の使用なども含め擦れや色褪せも重症ですが、
表皮が剥がれて白くなった大部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


ジミーチュウのバッグはロック金具のメッキ剥がれが重症です。

全体に擦れや汚れも見られますが今回はロック金具のメッキ加工で、
見た目を改善させます。

 

 

 

 


持ち手は薄い革でボール紙をサンドした構造ですので限界を迎えています。

 

 

 

 


外面の薄い革だけで形状を保っている状態です。

 

 

 

 


内張りを解体してロック金具を取り外し持ち手も解体して芯材を取り除きました。

 

 

 

 


取り除いた芯材はボロボロです。

 

 

 

 


金具のメッキ加工は金具を単体にしなければできないので脱着が必要。

 

 

 

 


財布は縫製糸や革が擦れて穴が空いた折り曲げ部の強化加工の御依頼です。

 

 

 

 


本体やカブセの4か所だけでなくベロ革の折り曲げ部も擦り切れて破れています。

 

 

 

 


すべての折り曲げ部6か所の擦り切れ穴を塞ぎながら強化する加工の御依頼です。

 

 

 

 


ベロ革を解体すると擦り切れ穴の大きさがわかります。

基本的に擦り切れて穴が空くと手遅れで新品状態に戻ることはなく手遅れです。
修理のタイミングとしては、もっと早い段階でメンテナンスしておくのが賢明です。
 


カブセの折り曲げ部も同様に。。。。

 

 

 

 


こちらは本体の折り曲げ部です。
擦り切れて穴が空いた6か所に強化芯材を入れ込みながら修復します。

 

 

 


ジミーチュウのロック金具の再メッキ加工の完了です。

メッキの厚みはミクロ単位ですので深い傷は消えませんが、
本金メッキでゴールドが改善するだけでも高級感が蘇ります。

 

 

 


ボロボロになった芯材を強化芯材に入れ替えて両側持ち手の強化加工も完了。

コバ面も仕上げ直して芯材が硬化してボロボロになる心配もなくなりましたので、
安心して活用いただけます。

 

 

 


財布の折り曲げ部6か所の強化加工も完了です。

擦り切れ穴がが塞がった効果よりも折り曲げ部の強度アップが、
長く愛用するうえでは効果的な加工です。

 

 

 


擦れだけでなく汚れや他店様の塗料が染み込んでいた底角も改善して、
クリーニングと補修補色加工の完了です。

 

 

 

 


内部材の革との色合いも近くなりました。

 

 

 

 


3点とも使い続けるのは困難な状態でしたが再び活用いただける状態に復活です。

使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
良い状態を保ち続けるには早めのメンテナンスが有効です。
大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

お世話になります。
バッグとお財布届きました。
想像以上に綺麗にして頂いてとても感動してます。
大切に使います!
本当にありがとうございました。
「ほんの気持ちです」にもちょっと感動してしまいました。
早速使わせていただきます。

宮城県 O 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使用すれば擦れや汚れは避けられないものですが、
出来る限り良い状態を保てるように工夫しながら、
大切に長くご愛用ください。

ロエベ トートバッグ


ロエベのトートバッグです。

 

 

 

 


前後の持ち手が同じ向きですので後ろ側の持ち手は捩じったまま使用されています。

 

 

 

 


後側の持ち手は裏返しで使用されていましたので擦れた面が表側です。

 

 

 

 


接着だけで仕上げた持ち手の付け根は部材の剥がれが見られます。

 

 

 

 


負担がかかる部分なのですが残念な構造です。

 

 

 

 


コバ塗料が剥がれた部分を見ると繊維が荒い革であることがわかります。
持ち手のコバ面を仕上げなおしながら付け根4か所を強化します。

 

 

 


外面には擦れも見られます。

 

 

 

 


底角4か所は表皮が無くなるまでスレスレ。

 

 

 

 


こちらの底角も同様に。。。。

 

 

 

 


表皮の剥がれた部分を補修して整えたあと補色します。

 

 

 

 


負担がかかる付け根の芯材は合成皮革です。

合成皮革が劣化すれば接着が剥がれることは避けられませんので、
このバッグを購入された方は100%同じ症状がでます。

 

 

 

 


劣化した合成皮革の芯材を取り除いたところです。

 

 

 


持ち手のコバ塗料を取り除いたところです。
革の繊維が荒く塗料を吸い込んでしまいますのでコバ面も補修して整えます。

 

 

 

 


付け根の強化加工の完了です。

 

 

 

 


持ち手も正しい向きに補正して手垢汚れや擦れを改善させました。

 

 

 

 

 


底角付近の擦れも改善。

 

 

 

 


付け根は剥がれが出ないように工夫しながら強化して、
持ち手のコバ面も仕上げなおしています。

外面の擦れも改善しましたので大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ロエベ マルケトリ


ロエベのショルダーバッグです。

青、オレンジ、黒、白、モスグリーン5色の革を切り出してつなぎ合わせた、
マルケトリ技法で作成された絵柄で革にプリント印刷されたものではありません。
芯材にパズルのようにパーツを張り合わせて絵柄を作っています。

 

 

 

 


モスグリーン色の革に擦れが見られます。
画像には写りにくいのですが現物は広範囲に白くなった部分があります。

 

 

 

 


直営店で擦れ部にクリームを塗り込んだようで画像に写っている以上に、
現品は広範囲に白くなった部分があります。

擦れて表皮が無くなった部分にクリームなどを塗り込むと表皮だけでなく、
革の繊維の中に染み込んでしまいます。

 

 

 

 


出来る限り直営店で塗り込まれたクリームを取り除いてみました。

擦れキズは表皮や塗装の厚みよりも深いことが鮮明になりました。
これほど深い傷をクリームで改善させることは不可能であることは明白です。

 

 

 

 


擦れた部分にクリームを塗り込んだことで色が濃くなった部分が全体に見られます。
表皮のクリームは取り除けても革の繊維にまで浸透したクリームは取り除けません。

角部にも擦れが見られますがクリームは塗り込まれていないようです。

 

 

 


反対側の底角にも擦れが見られます。

 

 

 

 


革に染み込んだクリームが悪影響を与えることは確実でしたので、
ノークレーム加工でお引き受けしましたがクリームによる変色よりも、
キズを気にされていましたので深い傷を改善させることはできています。

 

 

 

 


モスグリーン色の部分は全体的に均一な補色加工を施していますが・・・・

 

 

 

 


見る角度によっては染み込んだクリームの影響があります。

 

 

 


4回ほど改善させる加工をやり直しましたがクリームの影響は消えませんでした。

 

 

 

 


汚れや脂分が浸透しやすいロエベの上質な革でなければ、
直営店での加工は大きく影響しなかったと思われるので、
当社としては残念です。

 

 

 

 


擦れ傷が目立たなくなりクリームで白くなっていた部分もなくなりましたので、
活用していると手の脂分や汚れなどで馴染んでくるかとも考えています。

大切に長くご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

ヴィトン長財布


1995年に製造されたルイヴィトンの長財布です。

 

 

 

 


折り曲げ部は糸が擦り切れて口が空いています。

24年前の古い品ですが最高品質時代の財布ですので、
リニューアルリペア加工などで各部を強化しておくのが理想ですが、
今回はホツレを縫い直してコバ面を仕上げなおします。

 

 

 


底の折り曲げ部も糸が擦り切れています。

 

 

 

 


革も良い素材が使用されていますがマチの擦れが目立ちますので改善させます。

 

 

 

 


反対側のマチも擦れて表皮が無くなっています。

 

 

 

 


補修補色加工で改善。

 

 

 

 


こちら側も同様に。。。。
外周のコバ面やホツレも修理完了です。

 

 

 

 


今回はホツレ部を縫い直してコバやマチの擦れ部の美観を整えた加工ですので、
耐久性や構造は製造から24年が経過した古い財布のままです。

二度と新品購入できない品質の良い財布ですので、
出来る限り良い状態を保ちながらご愛用ください。

 

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)

本日、午前中に財布届きました。
綺麗に仕上げていただき嬉しいです!
そして、お心遣いまで頂きありがとうございす!
大切に使わせて頂きます。

広島県 I 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
良い時代に作成された財布ですので、
大切に長くご愛用ください。

リザードベアン


リザード(トカゲ革)の長財布エルメスのベアンです。

 

 

 

 


ベロ革は表皮が擦れた部分に汚れが染み込んで黒くなった部分が見られ、
外周のコバ塗料が剥がれて白い芯材が露出しています。

 

 

 

 


全体に黒ずみや色褪せが見られます。

 

 

 

 


ベロ革の下で隠れている部分と比較すると汚れ具合が鮮明です。

 

 

 

 


黒く見えるシミ汚れもあります。

 

 

 

 


折り曲げ部には他店様か素人修理か判断できない縫い直しが見られます。

 

 

 

 


内側から見ると糸が切れています。

 

 

 

 


予定外ですが糸を取り除いて縫い直します。

 

 

 

 


内部材を見ると丁寧に活用されていることがわかります。

ベアンの中では丈夫なリザード革の財布ですし丁寧に使用されていますので、
全体を解体するリニューアルリペア加工は次回以降で良いと判断しました。

 

 

 

 


小銭入れ部は使用されていないのか良好です。

 

 

 

 


外面の汚れを出来る限り取り除くとループ革の擦れが鮮明です。

 

 

 

 


外面のクリーニングと補修補色加工の完了です。
折り曲げ部も縫い直してコバ面も仕上げなおしています。

使用すれば財布の外面は汚れや色褪せは避けることはできませんが、
丁寧に取り扱うことで良い状態を保ちやすくなります。

大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索

(お手紙紹介です)
レザークリエーション様

べアンの財布受け取りました。
ここまで綺麗にして頂き、誠にありがとうございます。
これからも大事に使っていこうと思います。

岐阜県 K 様
お受け取りのご連絡ありがとうございます。
使用すれば財布の擦れや汚れは避けられないものですが、
とても丈夫で良い財布ですので、
引き続き丁寧に取り扱いながらご愛用ください。

ワニ革ケリーの修理


クロコ革で作成されたケリー型のバッグです。
各部の損傷が重症で自立させることもできない状態です。

 

 

 

 


保管状態が悪く型崩れしています。

 

 

 

 


全体的に素材劣化があり変形した持ち手も裂けています。

 

 

 

 


底角も裂けて芯材が露出しています。

 

 

 

 


擦れも各部に見られます。

 

 

 

 


金具はゴールドだった痕跡を探すのが難しいほど。
付け根革や持ち手付け根も限界を迎えています。

 

 

 

 


革や芯材が朽ちるように劣化して無くなっている部分も見られます。

 

 

 

 


カブセの下に隠れる部分ですので擦れなどで欠損したわけでなく、
経年劣化が原因だと思われる症状です。

 

 

 

 


ヒネリ金具の付け根は浮き上がってグラグラしています。
解体して再生加工や再メッキが必要です。

 

 

 

 


外面だけでなく内側も重症です。

このバッグの状態で修理を受け付ける業者は少ないと思いますが、
愛用いただける状態に復活させたいという想いに全力でお答えします。

 

 

 

 


付属パーツを取り外したところです。

 

 

 

 


サイドのベルトは変形したまま硬化しています。

 

 

 

 


持ち手を解体すると芯材は粉々でした。

 

 

 

 


ベルトも解体して強化しながら変形を補正します。

 

 

 

 


付け根革も解体して強化しなければ安心して活用いただけません。

 

 

 

 


両サイドベルトや持ち手の変形もなくなりリニューアルリペア加工の完了です。

 

 

 

 


付け根革も持ち手も新品時より丈夫に復活しています。

 

 

 


底角の擦れや破れ部も復活。

 

 

 

 


中に物を入れることをためらう状態だった内張りも改善しています。

 

 

 

 


ヒネリ金具のグラツキもなくなり再メッキ加工でゴールドが復活。
朽ちて欠損していた2か所もわからなくなっています。

 

 

 

 


ケリーバッグらしく凛とした立ち姿で自立するまで改善。

欠損部分や持ち手が改善しても最終的に自立してくれなければ、
ケリーバッグとしては活用できません。
難しい加工でしたが本体の強度を上げながら補正しましたので、
保管時はタオルなど詰め込んで形を整えて保管ください。

丁寧に使用すれば、まだまだ活躍してくれる状態に復活しましたので、
大切に長くご愛用ください。

by レザークリエーション http://www.brand-repair.com 「大切なブランドバッグ」で検索